1. HOME
  2. 転職サイトを探す
  3. 総合転職サイト
  4. 首都圏で正社員を目指すならウズキャリ既卒。メリットデメリットを大調査。
総合転職サイト

首都圏で正社員を目指すならウズキャリ既卒。メリットデメリットを大調査。

ウズキャリ既卒とは?

ウズキャリ既卒とは、株式会社UZUZというベンチャー企業が提供する就活サポートです。このUZUZは、数ある就活サポート企業の中でも20代の既卒・フリーター・第二新卒で正社員を目指す方むけに特化した、珍しい企業です。

ウズキャリ既卒では、首都圏の既卒者向けの求人を中心に扱っており、手厚い個別サポートが受けられるのが魅力です。全てのサービスが、最初から最後まで全て無料(交通費・通信費除く)で受けられるようになっています。

そもそも「既卒」「第二新卒」とは?

「既卒」や「第二新卒」というのはあまり聞き慣れない言葉だと思いますので、その定義について簡単にご説明します。

まず「既卒」とは、大学や専門学校等を卒業した後、正規社員(正社員や契約社員)として働いた経験のない方を指します。このうち、アルバイト等をされていればフリーターとも呼ばれますが、アルバイトの場合は就業経験があるとはみなされないため、就職活動を行う上ではフリーターも既卒に含まれると考えてよいでしょう。また、卒業後に国家資格取得を目指すなどされていた方も、就業経験がなければ「既卒」となります。

既卒者の場合、新卒の時期に実際に就活を行ったかどうかにかかわらず「就活に失敗した」というイメージがつきまといがちで、面接官からは「能力が低い、意欲が低い」などというレッテルを貼られることもあります。また、実際に就活をして上手くいかなかった経験があった場合には、本人も「自分は失敗した」というマイナス思考に陥りがちです。

一方「第二新卒」とは、卒業後に一度就職してから3年以内に離職した方を指します。既卒や新卒の方に比べて就業経験があることが有利に働くこともありますが、離職理由を尋ねられたり面接官の目が厳しくなったりと、新卒に比べて苦戦することが多い立場にあります。

このように、就活の場面では「既卒」や「第二新卒」の方は「新卒」とは区別され、往々にしてネガティブなイメージを持たれたり積極的に採用してもらえなかったりということがあり、新卒者に比べて不利と言われています。

UZUZでは、こうした就活に不利な立場の既卒や第二新卒の方と真摯に向き合い、自信を持って就活に取り組めるよう手厚いサポート体制がとられています。特に、ウズキャリ既卒では既卒者に適したサポートと求人の紹介が受けられるようになっています。

既卒者の求人は新卒枠?中途採用枠?

既卒者が就活を進めるにあたって、新卒枠で応募するべきか中途採用枠で応募するべきか、迷うこともあるかと思います。応募自体はどちらにも応募することが可能です(募集している企業によっては応募可としていない場合もあります)。これは、国が卒業後3年以内は新卒として認めているためです。

しかし、実際には新卒枠で既卒者が採用されることは少なく、既卒で就職した方の大半は中途採用枠となっています。チャンスを広げるためには中途採用枠での応募の方が可能性が高いと言えるでしょう。

ですが、最近では既卒者を積極的に採用している企業もあり、「既卒枠」というものも出てきているようです。とはいえ、そういった求人を個人で見つけるのはなかなかに難しく、中にはブラック企業にあたるということもあり得るのが現状です。既卒者を積極採用している企業を見つけるならば、やはり既卒の就職支援に力を入れているサポート会社を頼るのが、一番の近道かもしれません。

ウズキャリ既卒のスタッフも既卒者と第二新卒者

ウズキャリ既卒のサポートを受けられるのは、既卒やフリーター、第二新卒の方に限られていますが、実はそのサポートスタッフも社長も全員が元既卒や元第二新卒という経歴です。

これは会社としてとても珍しく、中には不安に思う方もいるかもしれません。ですが、そういった経歴があるからこそ、同じ立場にある求職者からすれば相談しやすい雰囲気があると言えます。

ウズキャリ既卒の特徴を他社サイトと徹底比較

ここからは、気になる内定率やサポート体制について他社サイトと比較しながら、ウズキャリ既卒にどのような特徴があるかを見ていきましょう。

平均20時間の個別就活サポート

ウズキャリ既卒では、初回の約2時間の面談によるキャリアカウンセリングをはじめとして、一人あたり平均20時間にも及ぶマンツーマンの就活サポートが実施されています。これは、他社のおよそ10倍近くと言われています。

キャリアカウンセリングでは、専門のキャリアカウンセラーが希望を聞くだけでなく、能力や長所や短所といった求職者の性格までもを把握することによって、仕事選びやキャリアプラン作りを求職者と一緒に進めていきます。

性格まで加味して、適した求人を紹介する就活サポート会社はなかなかありません。

既卒/フリーターの内定率83%以上

ウズキャリ既卒を利用した方の就職内定率は、83%以上となっています。既卒者の内定率としては文句なしにトップクラスです。

カスタマイズされた面接対策

内定率83%を誇る秘密は、上記のキャリアカウンセリングの他に充実した面接対策にもあります。

ウズキャリ既卒では過去に面接を受けた方の事例や、その時々の企業の状況を把握した上で、各企業、各業種に合わせて一人ひとりカスタマイズした面接対策のノウハウを蓄積しており、実際の面接毎にみっちり1~2時間かけて模擬面接を行うそうです。一人ひとりの経歴や強みによっても対策は違ってきますので、個人に合わせたカスタマイズが必要なのだそうです。何かと不安の多い面接ですが、想定される質問への回答をしっかり準備した上で本番に臨めるのは心強いですね。

また、面接後には企業の担当面接官から評価できる点や懸念点についてフィードバックを得ており、内定に至らなかった場合にも次の面接に活かす態勢ができています。普通、合否に関わらず面接官からそういったことは教えてもらえないものですので、次の面接がある場合には大変ありがたいですね。

出典:ウズキャリ既卒

1年後の定着率94.7%

ウズキャリ既卒から実際に就業された方のうち94.7%以上の方が、入社1年後もその企業に定着しているそうです。入社後3年以内に3割以上の若者が離職すると言われており、そのうち入社後1年以内の離職率が最も高いことを踏まえれば、1年後の離職率が6%弱というのは充分に定着率が高いと言えるでしょう。

ブラック企業を徹底排除

ウズキャリ既卒のサポートで就業した方の定着率が高い背景には、しっかりとしたキャリアカウンセリングによって、求職者の希望と企業が求める人材や実際の仕事内容とのマッチングができているということがあります。

また、その他の理由の一つに、ブラック企業の求人を徹底的に排除しているということもあるかと思われます。

ウズキャリ既卒では、スタッフが企業に実際に足を運んで見極める他、過去にウズキャリから就職した方への聞き取り調査も行っているそうです。聞き取り調査の結果、若手社員の離職率が高い企業や慢性的な長時間残業を行っている企業、またハラスメントが有る職場、求人情報との差異があるなど、独自の基準でブラック企業の疑いがある求人は排除しています。

そして、過去にウズキャリから入社した方が退社された場合には、その時点で一旦その企業からの求人をストップし、退社に至った経緯などを調査して問題がないことを確認した上で求人を再開するそうです。

入社前に、自分でブラック企業を見極めることは容易ではありません。また、求人数の多い大手の就活サポートサイトなどでは、このようにブラック企業を排除することは難しいでしょう。これだけ厳しくブラック企業を排除しているならば、安心してエントリーできますね。

出典:株式会社ウズウズSERVICE

入社後3ヶ月間のアフターフォロー

ウズキャリ既卒では、内定が出たらそこでサポート終了ではありません。入社までの準備についてもサポートがある他、入社後3ヶ月間まで担当スタッフに相談などができるアフターフォローがあります。

入社後にも職場環境や人間関係など悩みは尽きないものですし、既卒者の場合は中途採用で周りに同じ立場の新入社員がいないということも充分にあり得ます。そういった時、気軽に相談できる場があると心の余裕にも繋がりますね。

研修型集団サポートのウズウズカレッジ

ウズキャリ既卒では、個別サポートの他に集団サポートも選べるようになっています。このウズウズカレッジは、大学のゼミのような独自のカリキュラムを受講することによって、未経験から就業までをトータルサポートしてくれるサービスです。

ウズキャリ既卒で取り扱いの多い、インフラエンジニア、プログラマ、CADエンジニア、営業などのコースがあり、それぞれ4~7週間で必要となる知識やスキルを身につけた後、就職活動を行い内定を目指すとうもので、完全無料で受講できます。このウズウズカレッジへの入校は、毎週行われているので、自分のタイミングで始められるのも嬉しいポイントです。

未経験から就業となると不安も多いですが、しっかりと研修を受けた上で就職できるので安心です。採用する企業側としても、それだけ研修の期間を短くできるので、お互いにメリットの高いシステムとなっています。もちろん、個別サポートを選んだ場合でも途中でウズウズカレッジに変更することもできますし、その逆も可能です。自分の就活にはどちらがより適しているのか、キャリアカウンセラーに相談してみるのも良いでしょう。

ウズキャリ既卒の登録者データ

ウズキャリ既卒の就活サポートに申し込めるのは、原則20代の既卒/フリーターの方に限られていますが、第二新卒や18卒(高校卒業後就業していない18歳以上)の方もOKとなっています。

また、取り扱いのある求人は首都圏の正社員に限られていますので、首都圏在住の方が中心のようですが、面談などはskypeでもできるということで、地方在住で首都圏で働きたいという登録者もいらっしゃるようです。地方在住で地方での就職を希望する場合には、地方に対応している提携先の就活サポート企業に紹介という形をとるようです。

ウズキャリ既卒のサポート実績と登録者数

2012年の創業時から2017年までの5年間累計サポート実績見てみると、19002名となっています。また、2017年の年間登録者数は9520名となっています。これらはいずれも、ウズキャリ・第二新卒ナビ・ウズウズカレッジの合計値として出されています。

2012年創業のベンチャー企業ということですし、採用企業向けのページでは、月間集客数が2000名以上となっています。これらの数字を見る限り、まだまだ成長途上にある企業という印象を受けますね。

出典:株式会社ウズウズ 株式会社ウズウズSERVICE

ウズキャリ既卒登録者の男女比

登録者の男女比としては、おおよそ男性が6割、女性が4割という比率になっているそうです。紹介される求人が正社員のみということで、多少男性の方が多くなっているのかもしれません。

出典:株式会社ウズウズ

ウズキャリ既卒の採用募集データ

ここまででも言及したように、ウズキャリ既卒で紹介可能な求人は首都圏の正社員枠にほぼ限られます。また、大量の新卒採用に力を入れている大企業よりも、そこまでネームバリューはなくとも若手の人材採用や育成に積極的な、老舗やベンチャー企業などの求人が多くあります。

ウズキャリ既卒の求人数

ウズキャリ既卒の取引企業数は、2017年時点で1002社となっています。大手と比べて決して多いとはいえない数ですが、まだまだ新しい取引先を開拓しているようです。

求人数については具体的な数字はわかりませんが、ウズキャリ既卒から採用された方の定着率の高さから、同一の会社から複数の部門で求人が出ていたり、定期的に出されたりといったことも多いようです。

出典:株式会社ウズウズSERVICE

ウズキャリ既卒で募集している職種・業界

ウズキャリ既卒のサイトに掲載されている求人は、営業職やIT業界が圧倒的に多いようです。サイトに登録していなくても公開されている求人情報を見ることはできますが、サイトから直接エントリーなどはできないようになっています。

営業・販売 ■営業/海外営業/企画営業/代理店営業/MR/販売職/仲介(人材マッチング/ブライダル)/オペレーター
管理/事務 ■人事/労務■財務/経理■会計/法務■総務/広報
企画/マーケティング ■商品企画/サービス企画/経営企画/事業企画/業務企画■マーケティング/販促■市場調査/分析
業界専門職系 ■建築/設備 ■ヘルスケア/化粧品 ■金融専門職 ■不動産専門職・プロパティマネジメント ■コンサルタント ■デザイナー・クリエイター ■編集・ライター・制作管理
技術系 ■Web・インターネット・ゲーム ■SE/ITエンジニア /インフラエンジニア■電気/機械/化学/食品エンジニア
金融系
建築系 ■建築/設備/設計/施工管理/施工監理/保守/メンテナンスなど
編集・ライター・制作管理系 ■編集・ライター■制作進捗管理・工程管理■プロデューサー・ディレクター・プランナー・AD
Web・インターネット・ゲーム ■Webプロデューサー/Webディレクター/Webデザイナー■フロントエンドエンジニア■サイト管理■ゲーム開発

ウズキャリ既卒の会員登録から内定までの流れ

会員登録方法

ウズキャリ既卒では、会員登録=就活サポート申し込みとなります。

申し込みの手順については、サイトの「就活サポートに申し込む」から、最終学歴や就職時期と勤務地の希望、名前、住所、メールアドレス等の必要事項を入力していけば、速い場合は30秒ほどで折り返し連絡が届くようになっています(時間外の場合は翌営業日の連絡になります)。

いきなりサポートを申し込むのは少々気が引けるかもしれませんが、申し込みをしたからといって、必ず訪問して面談を受けなければいけないわけではありません。まずはどんなサービスがあるかなど電話やメールで話を聞くだけでも大丈夫とのことです。

実際に求人へ応募するまでの流れ

サポートを申し込んだ後は一人ひとりに担当者が付き、キャリカウンセリングが行われます。初回から2時間ほどの面談となり長く感じますが、それぞれの性格や長所と短所、悩み、スキルや希望、将来のキャリアプランなどまでじっくりと個別に聞き取り、それに応じて最適な求人が紹介されるという流れになります。

実際に応募する先が決まれば、履歴書等の書類を作成することになります。その際、履歴書等はしっかりと添削なども行ってくれますし、推薦状も作成され、何かネガティブな他要素があれば、その点もあらかじめ記載されますので、安心して次の段階に進むことができます。

面接

他社サイトと徹底比較の項でも触れたように、面接の前には、各求人・企業に合わせた面接対策が実施されます。みっちりと模擬面接で対策を行った後、本番を迎えることができます。

内定後

内定後も、入社時に必要な手続きなどについてもサポートがあります。また、環境や人間関係などの相談など、入社後3ヶ月間はアフターフォローも受けられます。

ウズキャリ既卒の評判・評価・口コミ・体験談

良い口コミや評判

スタッフの対応が良い

  • ・若いスタッフが多くフレンドリーで、自分の話をよく聞いてくれた

    ・丁寧なカウンセリングをしてくれて、選択肢が広がった

    ・電話を折り返し行った際、電話代がかからないようにとかけなおしてくれた

1つ目の良い口コミとして、スタッフの対応が良く、話しやすいという声が多数ありました。既卒からの就活というと、高圧的だったり強引なエージェントも多いという話は耳にしますが、ウズキャリ既卒ではカウンセラーが親身になって話を聞いてくれるという声が多いようです。

また、懇切丁寧なキャリアカウンセリングによって、今までなんとなくで考えていたビジョンが明確になったり、別の選択肢が生まれたという声もありました。

様々なサポートを通して自信を持つ事ができた

  • ・初歩的なビジネスマナーも教えてもらえた

    ・空白期間も強みに変えてくれる

既卒者やフリーターの場合、卒業後から内定をもらうまでの間は空白期間となってしまいます。その期間はどうしてもマイナスに取られがちですが、ビジネスマナーや書類作成方法を教えてもらったり、面接練習を通して自信を持つことができたという口コミがありました。

遠方でも対応してくれた

  • ・遠方でもskypeや電話で対応してもらえた

    ・地方在住で東京で就職したいと相談したら、面接本番まで上京することなく就活できた

面談等はskypeでも対応してもらえるため、実際の面接までのサポートは地方にいてもしっかり受けられたという体験談もありました。首都圏が対応エリアとなっていますが、地方在住ではなかなか難しい首都圏での就活が、スムーズにできるというのはありがたいですね。

UZUZBASEが良かった

  • ・無料で使える就活スペースがあって助かった

    ・自由に使えるスペースで、情報を集めたり同じ境遇の仲間と出会えた

ウズキャリ既卒には、社内に無料で使えるUZUZBASEという就活スペースがあり、そこを利用できて良かったとの声がありました。このスペースでは就活に関する様々な情報を集めることができ、同じような状況にある就活仲間との情報交換もできる場として活用できるようです。履歴書などを書く際にも、家では集中できないという方や、困ったときにすぐに相談したいという方にはとても有用だと思います。

また、キャリアアドバイザーが常駐しているので気軽に相談することもでき、企業の人事担当者が訪れることもあるようで、選考の場では聞けないような質問もできる機会があるそうです。

オウンドメディアが充実している

  • ・サイトに掲載されている記事が役立った

    ・いろんなノウハウや業界のことが学べた

ウズキャリ既卒では、就活に関するノウハウや様々な業界や職種についての解説、体験談などの情報がオウンドメディア上で発信されています。就活情報を検索する中で、オウンドメディアからウズキャリ既卒に行き着いたと言う方も多いようです。

悪い口コミや評判

地方での就活には向かない

  • ・地方からの就活は難しい

    ・地方での就職には対応していない

ネガティブな口コミとしては、地方在住の方からの不満があるようです。キャリアカウンセリングや面接練習などをskypeで行えるとはいっても、やはり体面して行わないと細かいところが伝わらないという感想がありました。

また、ウズキャリ既卒では、地方での求人はほぼありません。個別密着型のサポートをウリにしているので仕方ないですが、地方でも手厚いサポートを受けたいという声があるようです。

面談が長い

  • ・面談等に時間をとられすぎる

平均20時間に及ぶ面談や1~2時間の面接練習が長すぎて大変だという声もありました。手厚いサポートはありがたいものの、特にアルバイト等をしている方にとっては、なかなかまとまった時間をとるのが難しいということのようです。

キャリアカウンセラーに厳しい事も言われる

  • ・面接指導が厳しい

    ・カウンセラーから多少厳しいことも言われる

親身になってくれるという意見の一方で、少々厳しいという意見もありました。ただ、実際の面接でも厳しいことを言われる事も多いので、そういった事への耐性を付けるためにも敢えて厳しくしているという面もあるようです。

IT系の求人に偏っている

  • ・求人が少なく、IT系に偏っている

    ・希望する職種の求人がなかった

多くの方の口コミで、紹介される求人の数が少ないことや、職種がIT系に偏っているのが残念だということが挙げられています。

ウズキャリ既卒では確かに、IT業界やベンチャー企業、そこまで有名ではない老舗メーカーといったところの求人が多く、逆に、誰もが知っているような大手企業やIT系以外の職種が少ないというデメリットがあります。希望する職種の求人が少なければ不満に思うのも無理はないですが、確固たる希望がある場合には、正直に相談していきましょう。

担当カウンセラーとの相性が残念だった

  • ・担当者と合わなかった

人と人との関わりですので、こればかりは仕方ありません。特に、ウズキャリ既卒では個別密着型サポートというだけあって、ビジネスライクな関係を望む方には向いていないかもしれませんね。

ウズキャリ既卒を利用する際のポイント

欲しい情報や募集要項を検索するときのポイント

ウズキャリ既卒では、ホームページ上から条件を絞り込むなどして、自分で求人情報を検索するには向いていません。これは、キャリアカウンセラーが求職者と企業をしっかりとマッチングさせ、紹介するという形をとっているためです。

情報をより広く、もしくは深く知りたいという時には、じっくり担当者に聞いてみるのが良いでしょう。スタッフは直接企業を訪問しているそうなので、普通は求人情報に乗ることのない客観的な雰囲気や内情まで、事前に知ることもできるそうです。

ウズキャリ既卒が主催するイベント情報

セミナー

ウズキャリ既卒の社内にある、無料で使える就活スペースUZUZBASEでは、毎週水曜日と木曜日に少人数制の就活セミナーが行われています。こちらは、ウズキャリ既卒の登録者が無料で気軽に参加できるセミナーです。

また、30歳未満の無職の方を対象とした就活セミナーや、30歳未満の無職・フリーターの子供を持つ両親を対象とした社会復帰支援セミナーなど、不定期に様々な無料セミナーが開催されています。これらはUZUZのサイトやフェイスブックなどで告知され、申し込みできるようになっていますので、興味のある方はチェックしてみてください。

内定祝いイベント

内定を得られた方向けに、お祝いイベントが開かれています。ウズキャリのスタッフ達と、内定を得られた方達が集まって楽しく食事をしたりお酒を飲んだりするというイベントで、中には同じ会社に内定が決まったという方もいて、入職前に仲良くなれるということもあるようです。

UZUZアラムナイ

ウズキャリ既卒に登録して就職した卒業生の交流会です。ウズキャリ既卒の他、運営会社である株式会社UZUZが提供する就活サポートセンターの「ウズキャリ第二新卒」「ウズウズカレッジ」の卒業生も一緒に合同で行われているイベントで、年に数回不定期に開かれています。

ウズウズカレッジ内で開かれるカジュアルな交流会で、初回の参加費は無料、2回目以降は参加費千円だそうです。

ウズキャリ既卒の対応しているエリア

求人数 非公開
求人エリア 東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、茨城、栃木

地方在住者であっても相談やサポートは対応していますが、求人のあるエリアは首都圏を中心としたエリアにほぼ限定されています。

ウズキャリ既卒に関するよくある質問

完全無料でサービスを受けられるのはなぜ?

ウズキャリ既卒のような就職サポートを行っている企業では、採用する企業側から紹介手数料を得ているため、求職者には無料でサービスの提供ができるような仕組みになっています。

こうした企業はわざわざお金を払って人材を採用しているので、若手の力に期待し、自然と得た人材を大切に育てていこうという企業が多いようです。

既卒以外はサポートを受けられないのですか?

ウズキャリ既卒は既卒・フリーターの方を専門にしていますが、第二新卒の方専門の部門もあります。ですが、それ以外の方、また20代以外の方は残念ながら申し込むことができません

ウズキャリ既卒のスタッフは、全員が既卒や第二新卒という経歴の持ち主です。自分達がそういった立場で就活に苦労した経験があるため、同じ境遇の方をサポートしたいとの想いから既卒専門のサービスを行っているそうです。

地方在住でも就活サポートを受けることはできますか?

ウズキャリ既卒は、地方在住の方でも就活サポートに申し込むことは可能です。求人のほとんどは首都圏での勤務となっていますが、地方の人材紹介サービス会社と提携しているため、全国規模での求人紹介が可能になっています。

特に、キャリアカウンセリングにおいては電話やSkypeを利用して実施できますので、地方在住の方でもサポート可能です。

他社の就活サポートを利用中でも、申し込みはできますか?

他社のサポートを受けていても、もちろん大丈夫です。ウズキャリ既卒ではむしろ、効率的に就職活動を行うためには複数の就活サポートを併用することをおすすめしているようです。

会社によって得意・不得意な分野があり、サポート体制も違いますので、自分に合った就活サポート、キャリアカウンセラーに出会えるのが一番でしょう。

どのくらいの期間で就職できるでしょうか?

期間はもちろん人によって様々ですが、ウズキャリ既卒では平均して1~2ヶ月くらいかかるようです。アルバイト等をしていて働きながら就職活動をされる場合など、長い方では半年程かかることもありますが、逆に、最短では1週間ほどで就職活動が終了したという事例もあるそうです。

内定をもらった後はどうなりますか?

複数の内定をもらった場合には、1社に決定することになります。内定先に断りの連絡はしづらいものですが、担当のスタッフが間に立ってくれるので安心です。

入社時期は、内定後1ヶ月ほど後になることが多いようです。この点は、新卒者と大きく異なる点でしょう。準備期間としては短く感じるかもしれませんが、企業はなるべく早く来てくれる人材を欲しています。ウズキャリ既卒では、入社準備や必要なこと、入社後についても担当スタッフが情報共有とサポートをしてくれるそうです。また、ウズキャリの卒業生が集まるイベントも定期的に開催されているようです。

いきなり個別サポート申し込みをするのはハードルが高いのですが?

ウズキャリ既卒では、会員登録=個別サポートへの申し込みとなりますが、個別サポートに申し込んだからといって、必ず面談を受けなければいけない、紹介された求人に必ずエントリーしなければいけないというわけではありません。中にはまだ、本格的に就職活動をしようと決めていない方もいらっしゃるでしょう。そんな場合でも、就活情報を得ることはムダにはならないかと思います。何より、無料でサポートを受けられるのですから、気軽に申し込んでみても良いのではないでしょうか。

株式会社UZUZの会社概要

ウズキャリ既卒は株式会社UZUZが運営しています。

会社名 株式会社UZUZ(英語名:UZUZ, Inc.)
本社 東京都新宿区西新宿3丁目11-20オフィススクエアビル新宿4階
拠点 UZUZ本社オフィス
〒160-0023
東京都新宿区西新宿3丁目11-20オフィススクエアビル新宿4階ウズウズカレッジ初台キャンパス
〒151-0071
東京都渋谷区本町2-5-1 スクエア初台第2ビル3階
ホームページ https://kisotsu.daini2.co.jp/
電話番号 03-5333-0802
メールアドレス info@uzuz.jp
営業時間 平日10:00 ~ 18:00
アクセス 京王電鉄京王新線/都営新宿線「初台」駅(東口)より 徒歩12 分
都営大江戸線「都庁前」駅(A3 出口)より 徒歩10 分
問い合わせ https://uzuz.jp/contact/inquiry/

まとめ

ウズキャリ既卒は20代の既卒者に限った就活サポートで、求人も首都圏のIT系への正社員枠が中心となっており、非常に対称が限定されているという特徴があります。しかし、そうした中でも高い内定率と定着率を誇る、実績がある企業です。裏を返せば、その限定された特徴にぴったり合致すれば、満足のいく就職ができる可能性が高いとも言えます。

徹底した個別密着型のサポートでは、キャリアカウンセラーが非常に親身になって相談にのってくれることで定評があります。実際に、平均して一人ひとりに20時間以上のサポートに1~2時間の模擬面接というのは、他に類を見ない質量ですね。

既卒者の就職活動は本当に厳しいものですし、周りには一緒に頑張る仲間がいなくて孤独だったり、焦りが募っていたりということも多いようです。ウズキャリ既卒では、スタッフがそんな求職者の心に寄り添って二人三脚で内定を目指してくれます

こうした長時間の拘束やじっくり相談することが苦手な方、また、自分でどんどん就活を進めて行きたいという方には向いていないかもしれません。ですが、キャリアカウンセリングを受ける中で、気付いていなかった自分のアピールポイントに気付けたり、選択肢が広がったり、様々なノウハウを学べたりと、たくさんのメリットがあります。

何より、こうした手厚いサポートが無料で受けられるのですから、自分に合っているかどうか見極めるためにも、利用してみて損はないのではないでしょうか。特に、首都圏で正社員を目指す既卒の方にはおすすめです。

 

ランキング

記事一覧