1. HOME
  2. 転職エージェントを探す
  3. 看護師転職エージェント
  4. 看護師専門のナース人材バンク。おすすめポイントと特徴を大調査
看護師転職エージェント

看護師専門のナース人材バンク。おすすめポイントと特徴を大調査

ナース人材バンクとは?

年間10万人もの看護師さんが就職や転職に利用しているという看護師専門の転職支援サイト「ナース人材バンク(NJB)」は、2003年(平成15年)設立の「株式会社エス・エム・エス」が2005年にサービスをスタートさせた人気の人材紹介サービスです。病院やクリニック(診療所)だけでなく、介護施設や治験(CRC)といった分野の求人案件も幅広く保有しています。

無料で会員登録をすれば、条件面や働き方の要望などに合わせてプロのコンサルタントが利用者ひとり一人にピッタリの求人を紹介してくれますので、初めての転職や再就職も安心。使いやすいウェブサイトにくわえ、大手法人特集や看護師向けコラム、写真・動画のギャラリーや職員のインタビューがチェックできる「WEB上病棟見学」などの豊富なコンテンツも人気です。

2015年には株式会社エス・エム・エスの医療介護のキャリア関連事業として100%持ち株会社である「株式会社エス・エム・エスキャリア」に業務が受け継がれ、利用者満足度97%を誇る人気の転職支援サービスとして現在にいたります。

エス・エム・エスキャリアでは、ナース人材バンクのほかにもナース人材バンク、ナース専科など複数の看護師向けサイトを運営しており、約120万人の看護師さんが利用しています。本社は東京都港区にあり、日本各地の主要都市に12の事業所を構えています。

ナース人材バンクの特徴を他社サイトと徹底比較

ここでは業界でも特に高い人気を誇るナース人材バンクの魅力とおすすめポイントを要約して紹介します。他サイトとの比較に活用してください。

1分でカンタン登録

ナース人材バンクの会員登録はもちろん無料です。無登録でも掲載情報を閲覧することができますが、問い合わせには登録手続きが必要になります。各ページに登録フォームへのリンクが張られていますので、いつでも入力できて使いやすいです。ハローワークに掲載されている案件や、非公開の求人情報も入手することができます。

ナース人材バンクの会員登録はほとんどがプルダウンリスト式で、該当する項目をクリックするだけなので1分で申し込みが完了します。ウェブサイト全体がとても見やすいので、転職サイトの利用が初めての人でも直感的に操作ができるでしょう。仕事終わりで疲れているときでも余計なストレスになりません。

豊富な求人数

ナース人材バンクのウェブサイトには、2018年6月現在で172,000件以上の求人情報が集まっています。新着求人も多く、さらに非公開求人も加わりますので、登録しておけば条件に合った求人に出会える可能性が格段に高くなるでしょう。管理職や非常勤などの案件も多く、コンサルタントに相談すれば細かい要望にも柔軟に対応してもらえます。

口コミ情報は8,000件以上

看護師さんの意見を大切にするナース人材バンクには、利用者の満足度をあらわすようにいつも多くの口コミが寄せられています。2010年6月18日現在の口コミは8,842件で、担当キャリアパートナーへの感謝が伝えられているのが印象的です。口コミを見るときは、エリアごと、性別ごと、年代ごと、雇用形態・事業形態ごとに絞って検索することも可能なので、自分に近い看護師さんの体験談や口コミだけをスピーディーにピックアップして読むことができて便利です。

出典:ナース人材バンク

業界トップクラスの紹介実績

公式ウェブサイトによれば、2005年から看護師専門の求人情報サービスを続けているナース人材バンクは、2012年の自社調べて紹介実績が業界トップです。10年以上にわたって多くの看護師さんと事業所のマッチングに取り組んでいるため当然の結果といえますが、それだけにサービスの質も洗練されているといった印象が強いです。

頼れる「キャリアパートナー」

ナース人材バンクのコンサルタントは、「キャリアパートナー」の名称で呼ばれている看護職専門のプロフェッショナル。求職者に寄り添ったサポートにも定評があります。

利用者の条件によっては新しい就職先を紹介してくれるだけでなく現職に留まることも提案してくれるなど、本人以上に将来のことを考えたアドバイスがもらえることで信頼を集めています。人柄のよいパートナーが揃っていますので、安心していろいろなお悩みを相談してみましょう。

エリア専任だから職場の雰囲気までわかる

同じ日本国内であっても、各都道府県や市町村によって医療業界の傾向は異なりますので、ナース人材バンクのキャリアパートナーは、地域密着型のエリア専任制です。一般的な情報だけでなくその土地ならではの募集情報に精通している専門家の意見は的確であり、より効率的な求職活動を可能にします。各エリアに複数のキャリアパートナーが在籍していますので、相性の良いコンサルタントを選ぶことができます。

交渉からアフターフォローまで

ナース人材バンクのコンサルタントサービスは、マッチングから入職後のアフターフォローまで徹底サポート。経験豊富なコンサルタントが自分ではなかなか切り出せない就労条件の交渉も代行してくれますので、初めての転職で自信のない人や、在職中や育児との両立で時間に余裕がない場合でもしっかり対応できます。

オリジナリティが自慢の多彩なコンテンツ

ナース人材バンクの豊富なコンテンツの中でも特に気になるのは、たくさんの写真や動画、実際に勤務しているスタッフへのインタビューなど、求職者が知りたい情報がつまった「WEB上病院見学」でしょう。所長挨拶や配属先チェック など現場の細かな情報に、写真・や動画ギャラリー が添えられた臨場感たっぷりの情報です。

履歴書の書き方を分かりやすく解説

ナース人材バンクでは、履歴書や職務経歴書など面接時に必要な書類の作成もフォローしています。まずはサイトに掲載されているお役立ちコンテンツの中にある「看護師さんのための履歴書・職務経歴書の書き方」を見ながら書いてみましょう。履歴書の選び方から書くときの心構え、それぞれの項目についての注意点が見やすい図入りで説明されています。ほかにも実際にキャリアパートナーが添削した履歴書の実例集などもあり、とても参考になります。

面接に同行してくれる

ナース人材バンクのキャリアパートナーは、面接会場に同行して看護師さんの紹介や労働条件の交渉にもサポート力を発揮します。事業所に確認しておきたいことがあれば、パートナーとあらかじめすり合わせをしておきましょう。一般的に転職の機会は人生にそう何度もあることではないですが、看護師の転職支援に精通したサポーターが一緒なら、慣れない面接でせっかくのチャンスを逃してしまう心配もありません。

スマートフォンにも対応

ナース人材バンクのウェブサイトはスマートフォンにも対応していますので、移動中や休憩時間など、いつでも空いた時間を利用して最新の求人情報をリアルタイムでチェックすることができます。シンプルなインターフェイスで検索しやすいのが特徴です。

都道府県ごとの求人動向もわかる

初めての転職で右も左も分からないという場合や、コンサルタントに相談する前に少しでも自分の要望をまとめておきたいと思うとき、キャリアアップしたいという漠然とした希望はあるものの、情報をどこから見ればよいか分からないといった手さぐり状態のときは、まず希望する都道府県の求人ページにある「看護師求人のいろは」をチェックしてみましょう。

それぞれの地域ごとに場合によっては希望するエリアに合わせて条件を変更するなどの対策を取ることで、計画的に活動をすすめられるでしょう。

ナース人材バンクの登録者データ

続いて、転職支援サイトを選ぶ際にぜひ押さえておきたい登録者データについて紹介します。ナース人材バンクの登録者データは2016年のものが最新ですが、会員数の増加率から見て年間の利用者はさらに増えていることが想像できます。

ナース人材バンクの登録者数

「ナース人材バンク」ではリアルタイムでの登録者数は公開されていませんが、2016年12月末時点での会員数は55万人以上と紹介されています。パソコンの公式サイトやスマートフォンだけでなく、同じくエス・エム・エス キャリアが運営する会員数約60万人の看護師・看護学生のコミュニティサイト「ナース専科」などから年間19万人を超える登録者数(2016年調べ)があり、そのうち10万人の看護師さんが利用しているということです。

2016年現在の登録者数は1か月に19,000人で、2013年からの3年間で実に200%の成長率となっていますので、現在もますます増え続けているものと思われます。実際にウェブサイトを訪れて「登録画面」に進んでみると、全国で会員登録者数が増えるたびにリアルタイムで表示されますので、そこをしばらく眺めてみるだけでも登録者数が刻々と変化しているのを実感できるでしょう。

出典:ナース人材バンク

ナース人材バンクの登録者の男女比

ナース人材バンクの公式サイトでは登録者数の男女比は公開されていないようですが、利用者から寄せられている口コミ数を見てみると、女性の8,745件に対して男性の比率は100件以下と少なく、全体の1.1%でした(2018年6月現在)。ここでは、この口コミ投稿の比率にざっくり登録者の男女比が反映されているものと仮定してみます。

厚生労働省が平成29年(2017年7月)に公表した「平成 28 年衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況」によれば、平成28年末現在の就業医療関係者のうち看護師(正看護師)は1,149,397人で、そのうち女性看護師が1,065,204人、男性の看護師は84,193人となっていますので、現在日本国内で活躍している看護師のうち、女性が全体の92.7%であるのに対して男性看護師の占める割合は7.3%です。

日本の男性看護師の数はこの10年間で2倍以上に増加していますが、少なくとも現在ナース人材バンクのサイトに投稿されている口コミ数を見る限りにおいて、男性登録者の割り合いは低めなのかなといった印象です。

出典:ナース人材バンク

ナース人材バンクの登録者の年齢層・平均年齢

同じくナース人材バンク登録者の年齢層を利用者の口コミから推測してみると、全体の19%が20代で、30代がやや多く29%、40代がもっとも多い34%、50代以上が18%という構成になっています。

これに対し、厚生労働省が発表した平成28年末現在の就業看護師(正看護師)数のうち21%が20代で、30代がやや多い27%、40代がもっとも多い28.2%、50代以上が24%ですので、ナース人材バンクの口コミ数は看護師全体の割り合いに対して40代が少なく、50代以上が多い傾向にあるようです。

したがって、ナース人材バンクの登録者の中には長くキャリアを積んだ50代以上の看護師が多いか、満足度が高い可能性が考えられます。

厚生労働省

ナース人材バンクの採用募集データ

ナース人材バンクの求人数

ナース人材バンクで公開されている各県ごとの求人数をカウントしてみたところ、2018年6月18日現在のトータルは172,506件でした。求人は広く全国をカバーしており、もっとも数の多い東京都で19,140件、次いで大阪府の14,710件となっており、もっとも少ない高知県でも625件の求人があります。

また、ナース人材バンクではウェブサイトで都道府県ごとの求人情報欄に医療現場の状況や看護師の給与、年収などがわかりやすくデータ化してまとめられています。在職中の人は、データを一読するだけでも転職するべきか留まるべきかの判断材料になるかもしれません。

出典:ナース人材バンク

ナース人材バンクで募集している職種・業界

以下は、ナース人材バンクに掲載されているおもな職種です。病院以外にも、美容クリニックのスタッフや治験業務、介護施設などのさまざまな募集があり、資格を生かせる働き方や条件に合った職場が選べます。各エリアによっても特有の傾向がありますので、キャリアアドバイザーに相談のうえ条件を調整してみてください。

看護師 ■正看護師/准看護師(正職員・契約社員・パート・派遣社員・紹介予定派遣)
その他の業種 ■保健師/助産師/その他(介護施設訪問看護、入浴・介護サービス)/一般企業の専門スタッフ/治験業務(CRC)や産業看護師など

出典:ナース人材バンク

ナース人材バンクの会員登録から内定までの流れ

ここでは、会員登録したら入職後のアフターケアまでサポートしてくれるナース人材バンクの利用法について、順を追って説明しています。

会員登録方法

ナース人材バンクは、看護師・准看護師・保健師・助産師の資格保有者であればどなたでも無料で登録することができます。電話による登録はフリーダイヤルで、平日は9:30から20:00まで、土日・祝日は9:00から18:00まで受け付けています。

ネットから登録する際は、入力フォームがシンプルなので所要時間は1分もあれば十分でしょう。細かい職務歴は必要ありません。入力する項目は次の5つです。

 

それぞれの登録内容は変更ができますので、今後のアナウンスが負担にならないためにも今の正直な意向を伝えましょう。連絡先の電話番号は必須で、メールアドレスは任意による入力となっています。最後に「利用規約に同意の上、理想の職場を探しに行く!」のボタンをクリックすれば無料の会員登録が完了です。

電話による相談・ヒアリング

会員登録が済んだら、利用者の所在地を担当するキャリアパートナーから電話連絡が入るのを待ちます。マッチングのためのヒアリングでは、自身の現状や転職に望む細かい条件などを相談しましょう。気になっていた近所のクリニックの求人を紹介され、晴れて就職することができたとの口コミもあります。

ナース人材バンクのような人材紹介サービスでは事業所に向けたサポートも行っているため、施設によっては個人での問い合わせには応じてもらえない場合も多いようです。近くの事業所で求人を募集していなくても、ナース人材バンクの案件に含まれている可能性がありますのでチェックしてみましょう。

お仕事紹介・マッチング

電話によるヒアリングに基づいて、希望に沿った求人案件が紹介されます。もちろん納得できないときは断ることもできますし、気になる求人があって選びきれない場合には複数の求人に応募することも可能です。

地域に特化したキャリアパートナーが職場の雰囲気や人間関係などの気になる部分まで教えてくれますので、そこから判断して候補を絞るというのも賢い選択肢のひとつでしょう。事前に提出する履歴書の添削をしてくれたり、面接に対応したサポートもあるので安心です。ウェブサイトから履歴書のサンプルをダウンロードすることもできます。

面接

ナース人材バンクでは利用者の都合を優先し、小まめに連絡をとって面接日時を設定・調整してくれます。面接日が決まれば、あとは決められた日時に会場へ向かうだけです。

面接に不安があるという場合には事前にレクチャーを受けたり、キャリアパートナーに同行してもらい、条件交渉を代行してもらうことも可能です。人材紹介サービスとして事業所の採用担当者からも信頼を得ているナース人材バンクだからこそできる交通費や残業などの細かい交渉もありますので、有効に活用したいものです。

内定から入社までの流れ

面接の結果、無事に事業所から内定が出た場合は、ナース人材バンクから入職の意思確認があります。雇用条件などを確認する内定書類を取りかわせば入職が決定です。

看護師の転職のうち、「失敗した」と思う理由の大半が「契約内容が募集時の条件と違う」というものです。キャリアアップを目指して転職を決めたはずが前職と変わらない条件で、立場だけが新人に逆戻りということのないよう、書面による契約内容の確認は欠かせません。ナース人材バンクなら、入職後に何らかのトラブルがあった場合にもしっかり対応してもらえます。

出典:ナース人材バンク

ナース人材バンクの評判・評価・口コミ・体験談

ここでは、実際にナース人材バンクのサービスを利用しで転職に成功した人からの気になる口コミや、他サイトと比較した感想などをまとめています。

良い口コミや評判

初めての転職にも安心して臨めた

  • ・初めての転職だったが親切に対応していだいたので不安がなかった。
    ・無理なお願いをしても否定的なことを言わず何でも相談することができた。
    ・小まめに連絡をしてもらえたので、安心して活動できた。

何となくコンサルタントに気を遣ってしまったり、相手がどんな人か分からないという不安から、利用者が個人情報を開示できないとミスマッチを招くリスクが高くなります。

転職支援に実績のあるナース人材バンクのキャリアパートナーは、求職者が抱えがちな不安や心配事を先回りして気遣ってくれるため、結果として転職が成功しやすいようです。

キャリアパートナーの懇切丁寧なサポート

  • ・初出勤の日の朝にメールをいただいた。緊張していたのでとても心強かった。
    ・履歴書の書き方や面接での話し方なども丁寧に教えてくれた。
    ・第一希望だった施設の内定をいただくことができた。
    ・極度のアガリ症なので、面接にご同行いただけたのは心強かった。

豊富な経験と実績をもつナース人材バンクのキャリアパートナーだからこその行き届いたサポートには、看護師さんの年代や性別を超えて感謝のコメントが多数寄せられています。

利用者優位の活動ができる

  • ・遅い時間でも丁寧に対応してもらった。
    ・約束の時間に電話連絡をくれたのはナース人材バンクさんだけだった。
    ・担当のパートナーがスピーディーに動いてくれたので最速で次の職場が決まった。

多くの人材紹介サイトは成約一件ごとに収入を得る「成功報酬型サービス」なので、転職エージェントによっては利用者よりも担当コンサルタントの方が転職を焦っていることも少なくありません。利用するサイトを間違えると、急かされるようにして転職を決めて後悔するという不幸なケースにもつながりかねませんので、注意しましょう。

業界一の老舗としてスキルを詰んだナース人材バンクなら、洗練されたサービスでさまざまな事情を抱える利用者それぞれのペースに合わせたサポートをしてくれます。できるだけスムーズに転職したい場合でも、入職までに少し休養したいと考えている人も、じっくり次の職場を探せると評判です。

豊富な求人

  • ・さすがは大手だけあって、求人の数が豊富。
    ・職務経験ナシでもキャリアアップできる事業所を紹介してもらえた。
    ・転職は考えていなかったが軽い気持ちで登録。条件の良い求人が多数あったので転職を決意した。

職場に不満はなかったものの、他のクリニックの待遇が気になって登録してみたという人の中には、有利な求人案件を見ているうちに気が変わって転職活動に積極的になったという人もいます。

看護師は体力勝負ともいわれるほどハードなお仕事。知らないうちに損をしてあとで悔やんだりすることのないように、日ごろから情報を集めたいところです。

紹介がハッキリしている

  • ・アドバイスや紹介がとてもハッキリしているので元気づけられた。
    ・1件がだめでも、すぐに次を紹介してくれた。

残念ながら希望する事業所から内定が出なかった場合には、すぐに別の求人を探してくれるので安心です。ひとりの活動なら諦めてしまいそうなときでも、パートナーが元気づけてくれるので最後までモチベーションを維持することができます。

残念な口コミや評判

少し不安があった

  • ・やり取りが電話とメールだけだったので、少し不安だった。
    ・復職希望でしたが気持ちが付いて行かず、押し切られたような感じ。

ナース人材バンクの口コミの中からネガティブな意見を探すのは難しいですが、「最後まで寄り添ってもらえて安心した」という感想がある一方で、「気持ちが伝わらなかった」という反対の口コミもありました。

希望する求人がなかった

  • 希望していた条件の求人がなかったため、あまり紹介してもらえず困った。

全国的に豊富な求人を保有しているナース人材バンクですが、地域性によっても業種や勤務形態に偏りが生じるようです。

細かいニュアンスが伝わらないことも

  • ・担当のキャリアパートナーとは別の人が面接調整係をしていたようで、情報伝達に齟齬があるように感じた。

    ・面接後に交渉してもらったことを書面で確認ができなかったので不安だった。
    ・条件によっては交渉してもらえなかった。
    ・事前に交渉して欲しかった事柄が担当者に伝わらず、面接のときに自分で直接訊ねることになった。

キャリアパートナーとの意思疎通がうまくいかなかったという事例もあるようです。

親切すぎるとの声も

  • ・情報量が多すぎてメールや電話が長いので、もっと簡潔にしてほしい。
    ・電話で話した内容が後日メールで送られてきた。
    ・担当のコンサルタント以外からメールや電話が来るのは嫌だった。

電話で話したり、メールを読んだりする時間がとれない看護師さんの中には、丁寧さよりもシンプルさを求める人もいるようで、さらなるサービスの向上が期待されます。

ナース人材バンクを利用する際のポイント

次に、ナース人材バンクで求人を探すときのコツについてまとめています。

欲しい情報や募集要項を検索するときのポイント

あらかじめ希望するエリアや職種が決まっており、条件に合った求人情報を手早く探したいというときには、ウェブサイトのトップページにある「希望エリアの求人情報を知りたい!求人を検索する」ボタンをクリックして、都道府県を選択します。マップから選ぶこともできますし、「駅名・市区町村名」や「病院・施設・企業名」から選ぶこともできます。

勤務したいエリアや業種が決まっていないようなら、サイトの中ほどにある「人気のキーワード」のコーナーから気になるキーワードを選んで検索してみてはいかがでしょうか。扶養内の求人や病院外の求人案件など、バラエティに富んだ情報の中から、自身が転職に求めている条件を効率的に取捨選択することができるでしょう。

公式アプリ「看護師求人」をダウンロードしておく

ナース人材バンクの公式アプリ「看護師求人」は、10,000件にもおよぶ豊富な看護師の求人情報を手軽に検索できるアイテム。「転職活動を始める時期」と「入職したい時期」を入力するだけで、病院、施設、クリニックだけでなく、産業保健師や治験スタッフなどの求人を検索可能です。

情報は随時更新されていますので、最新の情報をいち早くチェックできます。わずかな時間で募集要項を閲覧したら、気になる案件はお気に入り登録しておきましょう。実際に応募する場合は個人情報の入力が必要です。登録後は担当キャリアパートナーとの連絡や応募もカンタンにできます。

出典:ナース人材バンク(NJB)公式アプリ-「看護師求人」

スマートフォンでも求人をチェック

スマートフォンでナース人材バンクを検索すると、トップに「ナース人材バンクで転職」という公式のPR広告が上がってきます。アクセスすると「近いうちに転職したい」「今は情報収集したい」のポップアップが表示されますので、今の気持ちに近い方をタップして次の登録画面に進んでください。

PC版とは異なり、スマートフォンでは未登録で求人情報を閲覧することはできませんが、インターフェイスがシンプルで見やすく、アイコンがさりげなく手順を案内してくれる使いやすさが特徴です。入力する情報はPC版のウェブサイトと同じですが、操作しやすいのでスピーディーに会員登録が完了します。

エス・エム・エスキャリアが主催するイベント情報

NURSE FES TOKYO2018

2018年5月27日(日)・28日(月)には、ナース人材バンクの姉妹サイトである看護師・看護学生向けコミュニティ「ナース専科」後援のイベント「NURSE FES TOKYO2018」が開かれました。

日本最大級のナース向けイベントで、来場登録でたくさんの限定プレゼントがもらえたり、たくさんの企業ブースや無料セミナー、子ども連れでも楽しめるキッズエリアも設けられるなど、たのしいコンテンツ満載の2日間で、SNSで実施されたアンケートの結果に基づいてゲストを招いたり、人気講師のセミナーが無料で受けられたりとメリットの多いイベントだけに、期間中は6,000人の看護師・看護学生でにぎわったようです。

ナース人材バンクを運営する「SMS(株式会社 エス・エム・エスキャリア)」では、ウェブサイトでイベント情報などの告知をしていますので、時どきチェックしてみてはいかがでしょうか。

出典:エス・エム・エスキャリア

ナース人材バンクの対応しているエリア

以下は、各地に点在するナース人材バンクの事業所で求人情報が探せる都道府県です。サイト上に一覧がないので、以下にエリアと都道府県別の求人数を抜き出してみます。

求人数 172,506件(2018年6月18日現在・非公開求人を除く)
求人エリア 全国(東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、茨城、栃木、北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、愛知、岐阜、静岡、三重、新潟、富山、石川、福井、長野、山梨、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

 

転職エージェントの中には、主要都市にばかり募集が集中してそれ以外のエリアは極端に求人が少ないという業者も少なくありませんが、全国的に見てもまんべんなく豊富な求人を保有しているのがナース人材バンクの強みです。非公開案件の中には管理職の求人や公務員待遇の案件も多いようです。

もっとも求人数の少ない高知県は人口当たりの看護師数が国内トップで、病院数においても国内第1位です。次いで求人数の少ない鳥取県は看護師の年収が全国平均を上回るなど労働環境がよく、離職率が低いのが特徴です。

出典:ナース人材バンク

ナース人材バンクに関するよくある質問

ここではナース人材バンクを利用する際に気になるポイントをまとめてみました。そのほかの疑問に関しては、担当のキャリアパートナーかフリーダイヤルで問い合わせてみてください。

利用はずっと無料ですか?

転職支援に必要なすべての経費は、求人を募集している施設・医院からの収益によってまかなわれています。利用者は会員登録やコンテンツの利用だけでなく、面接や履歴書のサポート、入職後のアフターサポートまで一貫して無料でサービスを受けることができます。積極的に活用して理想の転職を実現しましょう。

登録なしでも求人情報を見ることはできますか?

どんな求人があるのか知りたいときは、働きたいエリアの中から条件を指定することで会員登録なしでも求人情報を検索することができます。特定の施設や医院名で検索することも可能です。非公開求人をチェックしたいときや、もっと効率的に自分の条件に合った案件を探したいときは会員登録ののち、担当のキャリアパートナーに相談してください。

時間がなくても転職活動はできますか?

ナース人材バンクでは1分で会員登録すれば折り返し電話連絡があり、そこでヒアリングが行われますので、その際に希望する条件や譲れないポイントなどの要点を伝えておくだけで、あとは担当のキャリアサポーターに丸投げで大丈夫です。スキマ時間に読めるようメールを送ってくれたり、利用者の都合に合わせて電話連絡をしてくれるなど、在職中や育児との掛け持ちで忙しい看護師さんをしっかりサポートしてくれます。

他の求人サイトとどこが違うの?

ナース人材バンクの強みは、2005年から蓄積された施設・医院とのつながりです。生きた豊富な情報と、ウェブサイト上の求人数やコンテンツでは表現できないサポート力が自慢のエージェントです。関係者にしかわからない細かい情報や職場の雰囲気などがあらかじめ把握できるので、それだけ転職後のミスマッチで後悔することが少ないといえるでしょう。

無理に転職させられるのでは?

多くの看護師さん人材紹介サービスを活用して転職をしていますが、コンサルタントとの関わりに煩わしさを感じている人も少なくありません。残念ながら一部の紹介サービス利用者の中には、「まるで商品のように扱われた」「すすめられた転職先では長続きしなかった」というユーザーの声もあります。

その点、ナース人材バンクなら一方的に求人案件をすすめられたり、毎日電話がかかってきて急かされたりすることがなく、むしろユーザーにとって転職が不利になる場合にはおすすめしないなど、利用者の立場に立ったサポートが受けられるので最後まで安心して転職活動に専念できます。

求人斡旋業者との違いは?

サイトのユーザーに求人案件を紹介するだけでなく、人材を探している施設・医院とユーザーとのより良いマッチングを目指しているのがナース人材バンクのポジションです。

いくら求人案件が多くても、入職してみたらイメージしていたような職場ではなかったとか、条件が違っていたなどのミスマッチがあれば、せっかくの貴重な資格も生かされません。一人ひとりのニーズや条件をしっかりヒアリングしたうえで、それぞれのユーザーに最適な転職をサポートしてくれます。

個人情報は守られますか?

ナース人材バンクでは、全社員が徹底した個人情報の保護に努めています。アクセス状況などの統計やセキュリティー保持を目的としてユーザを識別するクッキー(HTTP cookie)を使用していますが、利用者が登録フォームに入力した情報以外のデータを無断で取得することはありません。利用者が退会した場合は、自社規定に従って速やかに情報が削除されます。

出典:ナース人材バンク

お祝い金のシステムはありますか?

ナース人材バンクではお祝い金制度は採用されていません。「お祝い金制度」とは、転職が決まった時に数千円から数万円のお金が利用者に支給される制度ですが、お金目当てに転職を繰り返す人が増えてきたことも問題になり、2018年1月より職業安定法が改正されました。これにより、転職をあっせんするナース人材バンクのようなサイトではお祝い金が規制されています。

現在お祝い金を支給しているのは求人情報のみを提供しているサイトで、専任のキャリアパートナーのサポートを受けられるナース人材バンクで転職をしてもお祝い金はもらえません。その代わりナース人材バンクのキャリアアドバイザーは人柄がよく、質の高い支援が受けられると評判です。

厚生労働省・都道府県労働局

 

ブランクがあり復職できるか不安です

ブランクの長さや年齢にもよりますが、ナース人材バンクでは結婚や出産などを機に医療の現場を離れ、ふたたび看護師として復職する人に最新の医療知識やスキルの衰えを補う復職支援セミナーへの参加や、働きやすい職場をすすめています。ウェブサイトにもコラムが掲載されていますので、再就職をあきらめる前に一度相談してみることをおすすめします。

出典:ナース人材バンク

 

ナース人材バンクの会社概要

ナース人材バンクは株式会社 エス・エム・エスキャリア(SMS)が運営する看護師専門の転職支援サービスです。東京本社のほか、全国12か所の事業所を拠点として事業を展開しています。

会社名 SMS(株式会社 エス・エム・エスキャリア)
本社 東京都港区芝公園2-11-1 住友不動産芝公園タワー
拠点 12事業所(札幌・仙台・大宮・東京・千葉・横浜・名古屋・京都・大阪・神戸・広島・福岡)
ホームページ https://www.sms-c.co.jp/
電話番号 03-6895-0880
メールアドレス privacy-c@bm-sms.co.jp(個人情報に関する苦情・お問い合わせ窓口)
営業時間 非公開
定休日(年始年末) 非公開
アクセス ・都営三田線「芝公園駅」 A3 出口より徒歩2分
・都営大江戸線・都営浅草線「大門駅」A3出口より徒歩6分
・JR線・東京モノレール「浜松町駅」金杉橋口より徒歩7分
・都営大江戸線「赤羽橋駅」より徒歩8分
問い合わせ https://www.sms-c.co.jp/contact/

出典:株式会社エス・エヌ・エスキャリア

まとめ

圧倒的な口コミの良さで注目度の高いナース人材バンクについて紹介しました。看護師専門の転職支援サイトとして業界でも長いキャリアを有することから洗練されたサービスと交渉力があり、利用者のみならず事業所からの信頼も集めているのがナース人材バンクの強みです。

仕事に誇りとやりがいを感じているナース人材バンクのキャリアパートナーは、人生を大きく変えてしまうかもしれない転職を後押ししてくれる心強いパートナーであり、初めての転職や再就職に不安を抱える求職者のプライドを鼓舞するサポーターでもあるため、転職後も末永くお付き合いしたいと望む看護師さんは少なくありません。

豊富な求人数はもちろんのこと、利用者目線に立ってしっかりとサポートしてくれるエージェントを選んで、悔いのない職場選びをしたいものです。

ランキング

記事一覧