口コミNo.1のリクルートスタッフィング。おすすめポイントや特徴を他社と徹底比較

リクルートスタッフィングとは?

日本最大の派遣会社であるリクルートスタッフィング。派遣という勤務形態を選んだ方もそうでない方も、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。リクルートの名称からで安心感や親しみを持つ方も多くいるよう。印象的なCMも知名度が高い一因かもしれません。

松山ケンイチさんが優しい表情を浮かべながら「働き方は自分で決める。」と穏やかな声で語りかけます。佇む女性。さらに微笑んだ自然体の松山さんが「週3勤務。」「ダブルワーク。」「子育てと両立。」と派遣だからこそ実現できる働き方の例を挙げます。

松山さんの語りかける声が届いたのか、晴れやかな笑顔を浮かべてこちらを見つめる女性。この女性は、Hesui(ヒスイ)さんというモデル。資生堂プロフェッショナルや新宿伊勢丹、無印良品やAYURAなどの広告や装苑、クロワッサンといった雑誌、またagnes.bやDolce & Gabbanaなどのショーでも幅広く活躍されている方です。穏やかながらも凛とした佇まいがとても素敵な方ですね。松山さんの優しい表情と相まって、自分に合った幅広い働き方で自分の納得いくような、笑顔になれるような働き方を模索したくなる、そんな温かさを感じるCMです。

このCMを通して、リクルートスタッフィングが派遣という働き方についてどのように考えているのか、垣間見えるのではないでしょうか。

リクルートスタッフィングの特徴を他社サイトと徹底比較

派遣業界の大手といわれるリクルートスタッフィング。その知名度や求人数の多さはもちろんのこと、充実した研修制度や福利厚生もリクルートスタッフィングを特徴づけているようです。

派遣業界での抜群な知名度と実績

就職・転職業界において絶大な知名度を持ち歴史もあるリクルートグループの一員として、抜群の知名度を誇っているのがリクルートスタッフィングといえるでしょう。リクルートスタッフィングが設立されたのは1987年。約30年前には誕生していたことになります。今でこそ派遣という働き方は多くの人に認知され、活用している企業の数も派遣労働者数もかなりの数に上りますが、創業当時はまだ一般的ではない働き方でした。

リクルートスタッフィングの創立の前年、1985年に成立、1986年施行となった労働者派遣法によって人材派遣が初めて正式に法律で認められることになります。それまでは業務請負」という名目で人材派遣は行われていました。法整備されたこと、かつ時代は80年代後半というバブル真っ盛りの頃。徐々に派遣という働き方は一般に浸透していき、規制緩和による派遣業務の対象範囲の拡大や原則自由化、紹介予定派遣の解禁など、派遣市場は大きく広がりを見せます。

2007年には派遣社員を取り扱った内容が話題となったドラマ「ハケンの品格」が登場するなど、世間的にも派遣は一つの働き方としてすっかり浸透した感がありました。ところが2008年にリーマンショックが起こり、世界中の経済が大きな影響を受けました。「100年に一度の不景気」ともいわれ、日本経済も例外なく大打撃を受けたことは記憶にある方も多いことでしょう。バブル崩壊の痛手から完全に立ち直っていないままに受けたリーマンショックに日本経済は持ちこたえることができず、大不況に陥ります。「派遣切り」や「雇い止め」が社会問題として取り上げられるようになり、リーマンショック以前とは別の意味で派遣は注目される存在にもなりました。

「ワーキングプア」「ネットカフェ難民」といった言葉が生まれたのもこの頃です。こうした状況を重く見た政府は2012年に改正派遣法を実施。日雇い派遣を禁止するなど規制強化に傾き、派遣労働者保護、直接雇用を促進する方向の内容となりました。このように派遣は比較的新しい働き方ということもあり、時代によってさまざまに法改正がなされその性質を変化させてきたという面もあります。現在の人材派遣システムの元となった労働者派派遣法の施行後すぐに設立されたリクルートスタッフィングは、この波乱の人材派遣の歴史と共にずっと成長を続けてきました。

目まぐるしく変わる世界情勢、景気に左右される雇用、それに伴って実施される法改正などにも対応し、その時代ごとに最適な派遣とは何かを模索してきた実績があります。それが現在安心して登録できる派遣会社として選ばれている理由の一つといえるでしょう。

業界トップクラスの求人数の多さ

リクルートスタッフィングの求人数は非公開求人も合わせて平均約10,000件と非常に豊富な求人数を誇ります。

これは派遣後業界内においてはトップクラス。誰もが知っているような超有名企業や大手企業、一部上場企業などの優良企業を数多く扱っているのはもちろんのこと、様々な業界・職種を取り扱い幅広いお仕事紹介を行っています。事務や販売・接客などはもちろん、研究開発や金融などその取扱い職種は多岐にわたります。また長年の歴史と確かな実績からくるのではないかと思われますが、他の派遣会社より高給での派遣が多い傾向にあるようです。

派遣の紹介を行っている企業の一例として、三菱商事、早稲田大学やKDDI、日本マイクロソフト、楽天、バンダイナムコグループ、日本オラクルなどがあります。

充実した研修制度

リクルートスタッフィングには、登録したら利用できる無料の研修などが多く用意されています。インターネットを利用して自宅学習が可能なeラーニングも充実しており、事務などには必須ともいえるWordやExcel、PowerPointなどの使い方を自分のレベルに合わせて学ぶことができます。

リクルートスタッフィングはeラーニングシステム「エラン」を独自に開発しており、登録スタッフの研修に非常に力を入れてることが窺えます。

「エラン」のOAコースは全部で9種類。全くの初心者からブランクのある方、ある程度は使用できるがさらにステップアップしたい方など幅広いレベルに対応します。ビジネスの現場で即戦力となるように工夫された研修内容、充実した演習機能などで使いやすく必要な知識が身につけられると評判です。

また、「エラン」動画コースでは、ビジネスマナーや紹介予定派遣の仕組みの説明や面接対策、ビジネスメールのマナーや書き方、面接・職場で好印象を与える自分の見せ方のコツなど、4つのコースを展開しています。動画コースはそれぞれ動画を見ながら行うので実際の講師の立ち居振る舞いや表情、声の出し方なども参考にできます。

より高度なOA研修を受けたい場合や自宅にパソコンがないという場合はリクルートスタッフィングに出向いて受けるOA研修(セルフトレーニング)も視野に入れるといいでしょう。「エラン」よりも多くのコースが用意されています。

「Excel IF・VLOOKUP実践」や「Excel ピボットテーブル実践」、「Access 即効クエリ」や「HTML」、「ビジネス電子メール(Outlook)」など、幅広く高度なコースを自習形式で学ぶことができます。また資格取得支援や語学のスキルアップ支援なども行っており、提携スクールやWebレッスンの割引なども行っています。その他にも無料のキャリアカウンセリングやキャリアセミナー、情報セキュリティ研修、職場見学のチェックポイント・就業ガイドなどの就職支援も充実。ここまで様々なサポートはあまり類を見ないリクルートスタッフィングならではの特徴です。

安心の福利厚生

一定の条件を満たすと健康保険はリクルート健康保険組合に加入となります。このリクルート健康保険組合のサービス内容がかなり充実したものになっています。フィットネスクラブを法人会員料金でお得に使用できたり、健康相談やメンタルヘルスに関する無料相談、対象者は自己負担1万円で人間ドックは受診できるなどのサービスを受けることが可能です。

またそれ以外にも年に一回の無料健康診断を実施(一定の基準を満たすことが条件)、無料の歯科検診や矯正相談、有給休暇の付与、ベビーシッター割引サービスなどもあります。一定の条件を満たせば育児休暇、介護休暇も取得できるなど充実した福利厚生を用意し安心して働くことができる環境が整えられているといえるのではないでしょうか。

リクルートスタッフィングの登録者データ

リクルートスタッフィングの登録者数

リクルートスタッフィングの登録者数は2018年4月の時点で107万人。2017年の有効求人数が182万人という数値がありますから、単純に考えると求職者の半分以上がリクルートスタッフィングに登録してるということになりますね。

出典:株式会社リクルートスタッフィング

リクルートスタッフィングの採用募集データ

リクルートスタッフィングの求人数

リクルートスタッフィングの求人数は、非公開求人も合わせて平均常時10,000件程度。そのうちの3~4割程度が非公開求人にあたるようです。

出典:数字で見るRS

リクルートスタッフィングで転職が決定した数

リクルートスタッフィングを通して転職が決定した数は2016年時点で約50,000人。長い歴史の中で多くの派遣労働者の就業を手掛けてきたことがわかります。

出典:数字で見るRS

リクルートスタッフィングで募集している職種・業界

事務系の職種が特に充実しているようですね。派遣の中でも人気のある職種ということも関係しているのではないでしょうか。その他には販売関連が多くみられるようです。

営業・販売系 ■営業/企画営業■家電販売■通信・携帯販売■カウンター受付■アパレル販売■コスメ・ファッション販売■その他販売・接客系
オフィスワーク・事務系 ■一般事務■OA事務■営業事務■貿易・海外営業事務■人事・総務事務■経理事務■財務・会計事務■法務・特許事務■英文事務■学校事務■医療事務■秘書■受付/案内事務■企画/マーケティング/広報■通訳/翻訳■OA・IT系インストラクター■データ入力■その他事務系
テレマーケティング系 ■スーパーバイザー■テレフォンオペレーター■テレマーケティング(営業)
メディカル・バイオ系 ■メディカル・臨床開発■研究開発・実験職■臨床開発関連職
クリエイティブ系 ■Webディレクター■Webデザイナー・コーダー■Web更新・修正■グラフィックデザイナー■DTPオペレーター■編集/制作/校正■CADオペレーター■設計/製図
IT・技術系 ■SE/プログラマー(オープン系)■SE/プログラマー(パッケージ)■SE/プログラマー(制御系)■SE/プログラマー(汎用機)■テスト/評価■サーバーエンジニア■ネットワークエンジニア■セールスエンジニア■ヘルプデスク■テクニカルサポート■運用管理/保守■その他IT/技術系

リクルートスタッフィングの会員登録から内定までの流れ

会員登録方法

リクルートスタッフィングに登録するには、リクルートスタッフィングの登録センターにで出向いて登録する来社登録と、来社の必要はなくWeb上の手続きで完了するオンライン登録の2種類から選べます。基本的には利用しやすいほうで登録を行えばOKですが、派遣の利用が初めての場合や直接担当の方にいろいろ相談したり質問したい場合は来社登録をおすすめします。

来社登録の場合は、まず派遣登録会の参加予約をします。全国29ヶ所にある登録センターの中で希望の場所・日時を指定して予約してください。予約はWeb、または電話でも受け付けています。

Webの場合は簡単に2分程度で予約が完了します。氏名と生年月日、性別、電話番号とメールアドレス、登録会参加希望エリアの必須項目を選択し、入力します。後は任意の希望職種やアンケートに返答し、利用規約・プライバシーポリシーを確認して同意できるのならば送信して登録会に選択画面へと進みます。

ここで終了してもOKですが、このまま事前情報登録を行うと登録会当日の時間が短縮されるということ。自宅で落ち着いて情報登録ができるので、可能であればそのまま事前情報登録を済ませてしまいましょう。もちろん無理な場合は当日会場で行ってください。

登録会

登録会には、運転免許証などの本人確認書類、これまでの経歴側がわかるもの(履歴書や職務経歴書に準ずるもの)、後は任意ですが給与振込口座を確認できるものを持参しましょう。

派遣登録会当日は約束時間に遅れないように時間に余裕を持って会場を訪れましょう。まずは派遣という働き方について、その仕組みやリクルートスタッフィングのサービス内容、福利厚生などについて担当者から説明があります。わからないことなどはそのままにせず、その都度質問してクリアにしておきましょう。特に初めて派遣に登録する方はシステムについてわかりにくいこともあるかと思います。

一通りの説明が済んだら、パソコンを使っての情報登録を行います。自分で入力していきますが、もしわからないことがあったら質問することもできるので安心してください。この情報登録を事前に済ませていればこの部分は登録会当日は省略され、時間も30分~1時間程度短縮されます。

その後、スキルチェックや適性検査が行われた後、本人確認に必要な写真撮影が行われ、面談に移ります。登録した情報をもとに経歴についての質問を受けたり、詳細な希望についての聞き取りがありますのでしっかりと自分の希望は伝えておきましょう。

Web登録の場合

Web登録を選んだ場合は来社不要、全てWebで完結します。これまでに派遣会社での登録経験や就業経験があり、はっきりと希望が決まっている、また転職時期が未定という場合には時間・交通費ともに節約できるWeb登録がいいかもしれません。

パソコン・スマートフォンどちらでも登録が可能なので便利ですね。

まずはMyPageの開設手続きを行います。MyPage開設は氏名、生年月日、性別、電話番号とメールアドレスを入力したらOK。これも約2分で開設が完了します。

Web登録では本人確認書類と顔写真をアップロードする必要があります。本人確認書類は有効なものを手元に用意しておきましょう。運転免許証、パスポート、写真付きの住民基本台帳カード、住民票の写し、健康保険証、もしくは氏名と生年月日、写真を確認できる公的証明書類か氏名と生年月日、現住所を確認できる公的証明書類が必要になります。

いずれの書類も、マイナンバーや本籍地、家族などの情報は必要ないので不要な個人情報が流出しないように塗りつぶしたり付箋で隠すなどしてからスマートフォンやデジタルカメラで撮影、もしくはカラースキャンしてアップロードしてください。

そして顔写真も必要となります。もし手元に証明写真などがあればそれをカラースキャンしてアップロードしてもいいですが、スマートフォンで撮影してそのままアップロードすることも可能です。

その後に詳細な情報を登録していきます。これまでの経歴や希望など、できるだけ詳細に登録しておくとより希望に合ったお仕事が紹介されやすくなるので、面倒がらずに細かい希望までしっかりと登録しておきましょう。

登録が完了した翌営業日以内には、リクルートスタッフィングの担当者からメールや電話で連絡があり、お仕事の紹介がスタートする、といった流れになります。

実際の面談内容

来社登録の際に行われる実際の面談では、所要時間は人によっても多少の差はありますが30分~45分程度が平均的なようです。

面談ではかなり詳細にわたって希望についての質問があります。ここで希望を担当者がしっかりと把握しておくことで登録者に紹介できるお仕事の質が変わってくるので、大切なポイントです。

登録者自ら希望を伝えるのはもちろんですが、特にはじめての派遣登録の場合は勝手もよくわからず、希望があいまいになってしまうということも良くあります。そういう場合には何度でも丁寧に理解できるまで派遣の仕組みを説明してくれ、不安を解消して希望を導き出してくれます。

小さな子供がいるから不安、未経験でも仕事が紹介してもらえるのかなど、不安に思うことは何でも相談しておきましょう。これからのキャリアについての相談なども可能です。こうした一人一人に合わせた内容を直接担当者と顔を合わせて面談できるのが来社登録のメリットです。

お仕事紹介・マッチング

登録が完了したら、いよいよお仕事紹介が始まります。電話やメールで担当者から希望にマッチした仕事があると連絡が来るようになります。

またMyPageにはリアルタイムでどんどんお仕事が更新されていきます。どれも経験や規模を考慮したものですので見逃さないようこまめにチェックしましょう。もし紹介されたお仕事についてわからないことや質問したいことがあったら、担当者に質問してみてください。

いざ、これはというお仕事が見つかったらエントリーし、次の段階へ進みます。この段階になると担当から確認の為の電話があり、お仕事の詳細条件の確認や経験についてのより詳細な聞き取りがあります。

希望者が多い場合は社内選考が行われるようですが、通過すれば就業条件や仕事内容などの最終確認があり、職場見学・派遣先企業との面談へと進みます。

職場見学・面談

派遣予定先の企業を担当者と一緒に訪れて、実際にどんな環境で働くのか見学します。スタッフの雰囲気や職場環境など、これから自分が働くことになる企業ですからしっかりと観察しましょう。

その後派遣先の担当者とリクルートスタッフィングの担当者、派遣スタッフの三者での面談があります。諸条件などはすでに確認済みですので、職場見学をして感じたことや疑問に思ったことは訪ねてみるといいでしょう。

職場見学・面談に訪れる際には社会人としての服装に気を配り、マナーに適った振舞いをするように心掛けてください。派遣先企業の担当者にとっては、あなた一人の印象がリクルートスタッフィングに登録しているスタッフ全体の印象になる可能性もあります。

面談や職場見学に行く際にもし不安なことがあれば事前にリクルートスタッフィングの担当者に相談してみましょう。適切なアドバイスでサポートしてくれます。

お仕事決定から入社までの流れ

希望通りのお仕事が決定したら、営業担当者から連絡があり就業についての説明を受けます。もし就業に際してわからないこと、気になることがある場合はこの営業担当に質問・相談をして就業日までには疑問点がない状態にしておきましょう。

なお、お仕事開始にはリクルートスタッフィングが行っている無料の情報セキュリティ研修を受講し、確認テストに合格しておくことが必須です。情報セキュリティ研修はWeb上で受けることが可能。

必要時間は15分~20分程度。現代の企業で働く人に最低限必要な情報セキュリティの知識を身につけるためのものです。まず情報セキュリティの意味を理解し、ケーススタディを行い、確認テストが実施されます。

この確認テストは40問。9割以上の正解率で合格と認められますので不正解は4問までということになりますね。

もし不合格になった場合でも安心してください。何度でもテストは繰り返し受けられますので、しっかりともう一度学んでから合格すれば問題ありません。

もう一つ就業までに行っておきたいことがあります。それは「就業上のルールとマナー」の確認。

情報管理についてや日々のお仕事を行っていく上での心構えやマナー、注意事項や守らなければならないことが記載されています。これまでに就業経験がない方はもちろん、就業経験がある方も改めて目を通しておき、新しいお仕事への準備を整えておきましょう。

お仕事を始めてからも実際に条件が違っていたり、人間関係に悩んだりなど何か問題があった場合はリクルートスタッフィングに相談しましょう。きめ細かなサポートが受けられます。

お仕事開始後も定期的に訪問や連絡があり、職場の様子や問題がないかなどケアしてくれますのでその際に相談してみてもいいでしょう。

リクルートスタッフィングの評判・評価・口コミ・体験談

良い口コミ・評判

面談では専任担当がじっくりと話を聞いてくれる

  • はじめての派遣でも不安がなくなるまで質問を聞いてくれて安心できた
  • 複雑な希望があったので来社登録にしたが、面談では丁寧に話を聞いてくれた

やはり対面での面談にはリクルートスタッフィングも大きく力を入れているようです。自宅で手軽に完了するWeb登録ではなく来社登録を選んでいる以上、その登録者は不安があったり聞きたいこと、直接対面で話したい理由を何か持っています。

派遣そのものが初めてという場合もあるでしょうし、家庭の事情などで複雑な希望を持っているのかもしれません。

そこでありきたりの説明しかしなかったりろくに話を聞かない、登録者の意図を汲んでいない面談になってしまうと信用を失い、登録に至らない可能性も出てくるかもしれません。もしくはその時は何も言わなくても、黙って他の派遣会社に登録してお仕事を始めているかもしれません。

そうはならずに何らかの不安要素を抱えて登録会に足を運んだ方にわざわざ来てよかったと思えるような面談を行っているようです。中には、小さな子供がいるので就業に不安があり何度も同じような質問を繰り返してしまったが、根気よく納得できるまで説明してくれた上、他に不安なことはないかと笑顔で尋ねられ、心から安心したといった声もありました。

これからスタッフに安心して働いてもらうためにも、面談で信頼関係を築いていなければいい結果は出にくくなるでしょう。リクルートスタッフィングでは面談を重視してスタッフとのいい関係を創り出すように心掛けていることが感じられますね。

就労までがスピーディ

  • 登録から就労までがとても速かった
  • 面談後すぐに仕事が紹介され、思ったより早く就労できた

登録後のお仕事紹介から就労までがとてもスピーディで、こんなに早く就労できるとは思っていなかったという声が多くありました。

やはり求人数の多さ、そしてリクルートスタッフィングのこれまでの実績がスムーズな就労に結びついているのではないでしょうか。

また、これほどスピーディに仕事が決定する裏側には、仕事のマッチング率の高さというものも関係していると考えられます。

スタッフの経験、キャリア、そして希望と紹介する求人がぴったり合っているからこそ成約に至りやすくなり、素早い就労を可能にしていると考えられます。これはスタッフにとっても企業側にとってもいい結果を生み、さらにはリクルートスタッフィングにもいい結果を生み出すこととなりまた求人の掲載が増える、という循環を生み出しているのではないでしょうか。

こうしたことの繰り返しが、リクルートスタッフィングがスタッフ、企業ともに高く支持されている実績のある派遣サービスとして成長を続けている理由なのではないでしょうか。

研修制度が充実

  • ブランクがあり不安だったが、無料で受講できる研修があり良かった
  • PCスキルについての研修が就労してからもかなり役立った

リクルートスタッフィングにはかなりの種類の研修プランがあり、登録者は誰でも受講することができます。自宅に居ながらにして学ぶことができるeラーニング「エラン」などは無料でさまざまなOAに関する知識を取得することが可能です。

リクルートスタッフィングの求人の中でも多くを占める事務職には、OAの知識は欠かせません。どちらかといえば即戦力が求められる派遣の場合、基本的なOAの知識があるのとないのでは成約に差が出てくるのはもちろん、就業後の業務内容にも響いてきます。

リクルートスタッフィングでは「エラン」を用いた研修以外にも来社してセルフトレーニング形式で受講するスタイルのOA研修などがあり、そこでは「エラン」よりもかなり進んだ内容の研修を受けることもできます。

この口コミのように前職からブランクがあったり、また未経験などでOA知識などに自信がない方の大きな味方となっている様子が窺えますね。

また提携スクールの割引があったり、各種資格支援なども受けられるので自身のスキルアップを図れる上、今後のキャリアアップを目指すこともできるのでこの充実した研修はとても評価されているようです。

悪い口コミや評判

担当者がしょっちゅう変わる

  • 登録している間中担当者が頻繁に変更になった
  • あまりにしょっちゅう担当が変更になるので戸惑った

口コミでは、頻繁に担当が変わるという声がかなり多く見られました。

リクルートスタッフィングの従業員数は2018年4月時点で2,168人、これに対して登録者数107万人。

全登録者が常に積極的に活動しているわけではないとは思いますが、リクルートスタッフィングの資料によると新人の従業員が1年で担当した派遣スタッフ数は約100名、担当した企業数は約35社に及ぶとのこと。

入社1年目の新人でこの数なのですから、2年目以降の従業員になってくるともっと担当する派遣スタッフ数、担当企業数が増えることは想像に難くありません。そうした中でさらに登録者は日々増えてくのですから、配置換えも多くあるのでしょう。

そういった状況は理解できますが、登録しているスタッフからするとなるべく同じ担当者でいて欲しいというもの理解できます。ある程度の信頼関係は出来上がっていますし、担当が変わるたびにまた一からその信頼関係を作っていくと思うとちょっとしんどいかな、と思ってしまうことあるでしょう。

もちろん必要な引継ぎなどは行われているとは思いますが、やはり慣れ親しんだ担当者のほうが相談しやすかったりという面はあるのではないでしょうか。

中には、対人関係に自信がなく新しい人と知り合うのはそれだけでもかなり緊張する、仕事先で精一杯なのに派遣会社の担当までそんなに頻繁に変更になるとかなりきつい、という深刻な声もありました。

担当の質にばらつきがある

  • 担当が変わったら派遣先への訪問もなくなった、熱意が感じられない
  • 前の担当ははっきりとした受け答えがあってよかったが、新しい担当は質問への答えも的確でなく何を言いたいのかわからない

派遣会社の担当者も人間ですから、個性があって当然。それぞれ人によってある程度の差は生じるのは当然のことですし、人と人との付き合いですから相性も関係してくることと思います。

でもそういった個人差レベルの問題ではなく、これはちょっと……という例も中にはあるようです。

電話での声が聞き取れないほど小声で何を言っているのかもわからない、それを指摘しても改善がない、という口コミもありましたがこれは業務にも影響してくる深刻な問題ともいえるでしょう。

また担当が変わったとたんにそれまで定期的に行われていた派遣先への訪問がなくなった、という声も。派遣会社はスタッフを成約に導いたら終わりなのではなくその後のフォローなどもその業務の一環としてあると思いますが、担当者が変更になったとたんなくなったのではスタッフがその担当者に不信感を持っても無理はないのではないでしょうか。

企業との面談の際に何と担当者が大幅に遅刻してきたうえ、他人の職務経歴書を持ってきていたり、職務経歴書を忘れてきていた、という声も。

担当が頻繁に変わる上、その担当者ごとに業務内容やサービスの質が異なる、こういった状態ではスタッフがリクルートスタッフィングに疑問を持つことになる可能性があります。

レスポンスがとにかく遅い、連絡がない

  • エントリーしても連絡がなかなか来ない
  • こちらから連絡します、といったきり連絡が途絶えたまま

希望のお仕事が見つかってエントリーしたものの一向に連絡が来ない、といった声は複数聞かれました。

こちらから確認しなければ反応なし、電話で確認すると他の仕事を紹介されるばかり…といい、結果は〇日に、といったお知らせすらないことに不満を持つようです。

確かにエントリーしている間は他の仕事で気になるものが見つかってもそのエントリーの結果が出るまでは、と思って少し待つこともあると思います。それなのにいつまでも連絡がないとなると、その間にいいお仕事を逃してしまった、そういう気持ちにもなるのではないでしょうか。

他社ではほとんどそういう連絡はメールで知らせてくれる場合が多く、改善が求められる点だといえるかもしれません。

またお仕事の詳細などについて担当者に質問した際に「後ほどこちらからメールします」といったまま放置されたことがある、という口コミも多くありました。中には担当者が3人変更したが3人ともそうだった、という声もあり、こういう状況が常態化しているようにも感じられます。

多くのスタッフを担当して多忙なのだとは思いますが、こまめな連絡はビジネスの基本でもあります。スタッフが連絡はまめに欲しいと思うのは当然のことなのではないでしょうか。

リクルートスタッフィングを利用する際のポイント

気になるリストやよく使う検索条件を活用する

お仕事を検索する際、気になるものが見つかったら気になるリストを活用してみましょう。

気になるお仕事を登録しておけば、後から簡単に見直すことができます。MyPageにログインして使用すれば保存件数の制限はないので、気になるものはどんどん登録して活用しましょう。ログインしていない状態だと、20件まで登録可能。

気になるリストに登録したお仕事はパソコン、タブレット、スマートフォンなどの端末で共有できるので外出先でも確認できて便利です。

またよく使う検索条件ははお仕事を検索する際に使用すると、とても便利な機能です。

これまで自分が検索した条件を最近使った検索条件として最大5件を自動保存して表示してくれます。また自分で指定した検索条件を保存することも可能。こちらも最大5件までとなっていますので、両方の機能を合わせて効率よくお仕事を検索しましょう。

豊富な研修プログラムをフル活用

競合他社と比較しても、リクルートスタッフィングの研修プログラムは非常に豊富。

OA研修だけでも、初心者向けのものからかなりの専門知識を習得できるものまでさまざま揃っています。しかもそれが無料なのですから、これを利用しない手はないでしょう。

時間を選ばず好きな時に自分のペースで行えるeラーニングもとても便利ですし、パソコンが家にない、さらにハイレベルな研修が受けたい場合は来社してのOA研修がおすすめです。

また実務面以外でも、社会人として身につけておかなければならないことはたくさんあります。ビジネスマナーやビジネスメールについてのマナーなどの研修は、自身の社会人経験に自信のない方の強い味方になってくれることでしょう。

お仕事を探してる間はもちろん、就業してからも自身のキャリアアップの為に活用してみてはいかがでしょうか。

リクルートスタッフィングが主催するイベント情報

外国人留学生のための「Japaning ゼミ」

ここ数年増加を続ける外国人留学生。日本での就職を希望する学生も多いといいますが、言葉や文化の違いなどが壁となりなかなか難しい面があるのが実情のようです。

そこでリクルートスタッフィングが立ち上げたのが外国人留学生の派遣サービス「Japaning」。2015年に始まり、今年2018年で3年目を迎えるサービスです。

日本での就職活動のポイントや成功の秘訣、模擬エントリーシート体験や座談会などを通じて様々な面から日本での就職に対するアドバイスを行う「Japaning ゼミ」が初めて昨年2017年の11月に開催されました。

第2回は2018年3月、この時は就職活動で必要になるグループディスカッション対策を中心とたゼミが行われ、個別フィードバックを通して日本での就職活動に対する具体的なアドバイスをするといったものに。これまで以上に外国人留学生の就職機会を創出しようというリクルートスタッフィングの思いが感じられるようです。

60代を中心とした就職支援セミナー

2018年の3月には、定年退職後の60代を中心とした「熟戦力」を活かすためのセミナーが開催されました。労働人口が減り続け一億総活躍が叫ばれる現在、豊富な経験を持つ熟年層の労働力にも注目が集まっています。この熟年層の就業意欲と、即戦力を求めている企業との架け橋として派遣という働き方を提案しているリクルートスタッフィング。

このセミナーは、60代を中心とした定年後の方に派遣の働き方についての説明をする内容になりました。今後の展開にも期待が集まります。

リクルートスタッフィングの対応しているエリア

求人数 平均10,000件
求人エリア 東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、茨城、栃木、北海道、岩手、宮城、秋田、福島、愛知、岐阜、静岡、三重、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山、広島、福岡、長崎

首都圏や関西、名古屋など、ある程度規模の都市を中心とした展開。四国や北陸、中国地方や沖縄などはサービス対象外となっています。

その中でも、関東、特に首都圏で約7,000件と多くの求人が集中している様子が窺えます。

リクルートスタッフィングに関するよくある質問

サービスの利用に金額は発生しますか?

登録やお仕事紹介、担当者との相談や面談への同行などのお仕事に関するサービスは何度でも無料で利用できます。

一部の研修などに有料のものも存在します。これは希望者が受講するものなので、無理に受講する必要はありません。

未経験でも問題ありませんか?

例えば事務の仕事の経験はないけれどチャレンジしてみたい、そういった場合でもリクルートスタッフィングには充実した研修制度があります。

事務に必須とされるWordやExcelなどはその研修で充分に身につけることが可能。自分のやる気次第でお仕事に必要なスキルは身につけられる環境が整っています。無料の研修もたくさん用意されているのでフル活用して未経験の仕事にもチャレンジしてみましょう。

派遣のシステムがよくわかりません。

派遣が初めて、システムが全く分からなくても心配しないでください。

来社登録を選択すると、担当から必ず派遣のシステムについて説明があります。マンツーマンでの面談なので、周囲を気にすることなくしっかり理解できるまで質問して派遣に対する疑問を失くしておきましょう。

面談後も気になることがあったらいつでも担当に相談が可能。派遣が初めてでも不安に思うことなく、安心して利用できます。

派遣からそのまま社員になることは可能ですか?

リクルートスタッフィングでは派遣スタッフとして一定の期間勤務した後、勤務先の企業に「正社員」もしくは「契約社員」としての雇用に変更できる紹介予定派遣のお仕事も取り扱っています。

登録の際にその旨を申し出ておけば紹介予定派遣の中から希望に合ったお仕事が紹介してもらえます。成約したら精一杯派遣先で自分の能力を発揮できるように努力しましょう。

リクルートスタッフィングの会社概要

リクルートスタッフィングは1987年に創業されたリクルートスタッフィング株式会社が運営しています。

2018年4月の時点で従業員数は2,168名、従業員の平均年齢は37歳。「就職機会の創出によって、社会に貢献する」をミッションに、長年派遣サービスを展開しています。

リクルートスタッフィング以外にも若年層を中心にリクルートスタッフィング自身が無期雇用し、研修を施した上で派遣する新しいサービスの形「キャリアウィンク」や週4日や一日の就業時間が短い働き方に注目した「短時間ジョブ」、専門性を活かす「ZIP WORK」、障がい者雇用に特化した「アビリティスタッフィング」、外国人留学生に焦点を当てた「Japaning」などの幅広い派遣サービスを展開しています。

会社名 株式会社リクルートスタッフィング
本社 東京都中央区銀座8-4-17?リクルートGINZA8ビル
拠点 銀座・東新橋・新宿2拠点・渋谷・池袋・北千住・立川・横浜・湘南・川崎・厚木・千葉・西船橋・さいたま・水戸・つくば・宇都宮・高崎・梅田・神戸・京都・名古屋(名駅)・豊田・静岡・浜松・札幌・仙台・秋田・盛岡・郡山・広島・福岡・北九州・長崎・南大沢・浦和・別府
ホームページ https://www.r-staffing.co.jp/corporate/
電話番号 03-6274-3600
アクセス JR「新橋」駅 銀座口より徒歩6分出口? ? 東京メトロ銀座線「新橋」駅 5番出口より徒歩5分? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ?
問い合わせ 03-6274-3600

派遣を考えたなら、リクルートスタッフィングは外せない

ワークライフバランスなど働き方について様々な意見や考え方が飛び交う昨今、派遣という働き方を選ぶ方も増えています。

リクルートスタッフィングは、派遣が初めての方には丁寧な面談を、またすでに派遣の経験のある方にはよりスピーディーな登録が可能になっているなどそれぞれの登録者に合わせたサービスを豊富にそろえた派遣サービスです。

特に充実した研修、キャリア支援サービスには目を見張るものがあります。こういったものをうまく活用して、自身のスキルアップを図ることでよりお仕事の成約率も高くなるのではないでしょうか。

派遣という働き方を視野に入れたならば、リクルートスタッフィングは最もチェックしておきたい派遣サービスのうちの一つであるといえるでしょう。