1. HOME
  2. 転職サイトを探す
  3. 医師転職サイト
  4. 業界トップクラスの求人数と優良求人がある医師求人リクルートドクターズキャリア。他社との特徴を徹底比較
医師転職サイト

業界トップクラスの求人数と優良求人がある医師求人リクルートドクターズキャリア。他社との特徴を徹底比較

リクルートドクターズキャリアとは?


リクルートドクターズキャリアは、医師の転職・アルバイトに特化した転職エージェントです。就職・転職業界では誰もが知っているリクルートグループの一員として、人材を求める病院・医療機関と仕事を求める医師とを結ぶ架け橋となり30年以上にわたって転職のサポートをしています。

皆さんは、「リクルート」の文字の前についているロゴのデザインの意味をご存知ですか?それは「架け橋」を表し、「まだ、ここにない、出会い。」の思いを込めて作られています。さまざまな人とモノ・コトの架け橋となってスタートしたリクルートは、1960年に人材を求める企業と仕事を探す学生達を結びつける情報誌を発行するところから出発しました。その後、住宅情報・とらばーゆ・ゼクシィ・ケイコとマナブ・タウンワーク・じゃらんなど、さまざまな分野での情報誌を発行し成長してきました。仕事探しに至っては、情報誌発行だけでなく人材紹介や人材派遣なども数多く取り扱い、さまざまな業界で人と企業を結びつける架け橋の役割を果たしています。

その中で、株式会社リクルートメディカルキャリアは医師と病院・医療機関を結びつける架け橋となるリクルートドクターズキャリアを運営、看護師人材紹介「ナースフル」や薬剤師人材紹介「リクナビ薬剤師」などの転職エージェントも運営し、医療分野の架け橋となってさまざまな出会いを実現しています。

出典:リクルートドクターズキャリア
出典:リクルート

リクルートドクターズキャリアの特徴を他社サイトと徹底比較


30年を超える実績を積んできたリクルートドクターズキャリアですが、どのようなノウハウを蓄積してきたのでしょうか。また医師・看護師・薬剤師向けの転職サポートで築かれた医療分野の強力なネットワークを活用し、公開求人・非公開求人は業界トップクラスの求人数を誇ります。また医師専任のキャリアアドバイザーは、豊富な経験と実績で医師の転職支援をバックアップ。求人紹介から入職に至るまで、フルサポートしていきます。

他にもリクルートドクターズキャリアの特徴はありますが、ここでは他社と比較しながら詳しく紹介していきます。

転職支援30年を超える実績+大手の安心感

現在の前身となる株式会社医療情報センター(JAMIC)は、「医師が自らの意思で、自らの職場を自由に選ぶことができる社会を作りたい」という志のもとに、医師専門の人材紹介事業を1980年にスタート。2005年にはリクルートが資本参加、翌年リクルートの100%子会社となり、大手であるという信頼感と知名度をプラス。信頼と実績で多くの医師に選ばれているとともに、多くの病院・医療機関からも支持され、現在に至るまで長期にわたり医師専門の転職支援を続けてきました。リクルートグループなら利用したいと考える医師は約83%と大手ならではの安心感で多くの医師から支持されています。

業界で2番目にスタートした長年の実績と情報・蓄積されたノウハウの一部は、「科目別転職動向」「転職成功事例」「求人・転職Q&A」などの数多くある読み物として公開されています。30年を超える実績と情報・ノウハウは、ぜひ利用したいものですね。

出典:リクルートドクターズキャリアQ&A
出典:リクルートドクターズキャリア

求人数と優良求人は業界トップクラス

リクルートドクターズキャリアの公開求人はおよそ1万8千件好条件の多い非公開求人も1万件以上取り扱っています。この求人数は他社と比較しても業界トップクラスの求人数を誇っています。また全国を対象に求人を取り扱っていますので、上京・Uターン転職などを検討する人にも利用しやすいといえますね。

また転職のプロが選んだ「医師が重視する勤務条件(高収入・週4〜4.5日・クリニック勤務・当直無し・専門医、認定医取得)」をクリアしている優良求人数は全体の64%と多くを占め、年収2千万円以上の求人もおよそ240件と多数あります。

さて、ホームページには公開されない非公開求人には条件のいい優良案件が多いといいますが、どのような案件があるのでしょうか。

非公開求人に多い案件
・応募が殺到すると予想される優良求人
・重役ポスト(院長・施設長)の求人
・病院の内外に知られずに募集をかけたい など

それでは、なぜ応募が殺到すると困るのでしょうか。それは採用側の業務量が膨大になってしまうからです。履歴書の精査をするところから始まり、応募者への連絡など大変な労力が必要になってきます。また、重役ポストの募集に関しても、人材紹介会社に依頼することで、プロの目で候補者を絞り込むことができますので、採用側にはメリットが大きいといえるのです。

求人を特定の人材紹介会社に依頼するということは、その紹介会社を信頼しているということになります。

非公開求人は、会員登録後に条件の合う求人があれば、紹介されますよ。

出典:リクルートドクターズキャリア

医師専任のキャリアアドバイザー

キャリアアドバイザーは常時忙しい先生に代わって、転職に必要な情報収集からお仕事探し、応募、面接日の調整など入職までしっかりサポートをします。必要に応じて条件交渉なども行い、転職をしてよかったと言える結果を出しています。

キャリアカウンセリングでは、先生に直接会うために希望の場所まで出向き、じっくりヒアリング。希望条件やプライベートなこと、転職を検討するに至った背景なども確認していきます。自分でも気づいていなかった条件をより明確にし、本当の優先順位を一緒に考えるなど二人三脚で先生の転職を支援していきます。

確認した希望条件を元に求人を紹介。希望通りの求人が見つかりやすいのか、そうでないのかも、ありのまま説明し、その背景もお知らせします。医師専任のキャリアアドバイザーとして経験を積み、医療の現場に関する知識も豊富なため、キャリアアップ・キャリアチェンジ(転科)についても相談できますので、とても頼れる存在といえます。また、状況を総合的に判断して、現在の職に留まることを提案する場合もあるといいます。転職を無理に推し進めることはありませんので、安心といえますね。

ホームページにはキャリアアドバイザーの紹介ページがあり、どの方も真摯な姿勢が伝わってきます。

さまざまな働き方を支援

非常勤(アルバイト)に注目して求人数をチェックしてみると、非常勤(アルバイト)の求人は6千件以上と全体の3分の1を占めていることがわかります。収入アップやキャリアアップの為に週一日からのアルバイトを探す医師は多いですが、子育てとお仕事の両立を希望する女性医師の存在も多いといえます。リクルートドクターズキャリアでは、さまざまな医師の働き方に対応するために、非常勤専任のキャリアアドバイザーを設置しています。

出典:リクルートドクターズキャリア

一人ひとりに合わせた情報提供

入職してから「こんなはずでは」となってしまうのを防ぐ為に、キャリアアドバイザーはより多くの情報を先生方にお知らせします。紹介先の人事情報・勤務事情・病院の方針・医局の情報なども合わせてお伝えしますので、不安は最小限になりますよね。さらに面接の際には、採用側の担当者の情報などもお伝えし、少しでも緊張を和らげるようにと、細やかに情報を提供しています。

また医局という独自の人事組織に所属していると、自身の給与の水準は適正なのかということもわかりません。先生の年齢・スキルから判断する「市場価値」エリアごとの求人数の違い・不足している診療科目などから判断する「求人の相場」などの最新情報もお伝えします。

全国の病院情報を検索

ホームページで、全国の病院・クリニックを検索し情報収集できるようになっています。求人の有無に関わらず、都道府県名、診療科目から施設の基本的な情報・施設基準・医療機器・病床数といった詳細情報まで調べることができるようになっています。また求人がある病院だけを表示することもできます。
気になる求人があればキャリアアドバイザーに相談してみましょう。

継承開業・事業譲渡の架け橋

リクルートドクターズキャリアでは、独立開業したい先生と、何らかの理由で医院を続けられなくなった先生を結びつける支援もしています。

継続が難しくなった医院をそのまま引き継ぎますので、資金面で節約できるとともに、今まで通っていた患者さんも引き継げますので、経営面での心配は少ないといえますね。前任の先生と比較されたり、設備が古いなどデメリットもありますが、日本全体の高齢化によって、今後はこういった継承開業という形が増えてくるかもしれません。

開業という思い切った挑戦も支援できるのは、リクルートドクターズキャリアの強みですね。先生にとっては、選択肢が広がりますので、興味があればキャリアアドバイザーに相談してみましょう。

読み応えのある情報コンテンツが充実

リクルートドクターズキャリアでは、会員登録すると月1回発行の医師のキャリア応援マガジン『RECRUIT DOCTOR’S CAREER』が届けられます。転職に関する情報や医療の現場の最新情報など医師にとって役立つ情報が満載の内容となっています。情報誌が得意なリクルートならではのサービスですね。

ホームページには、「科目別転職動向」・「科目毎の年収事情」・「開業コンテンツ」・「医師の求人・転職にまつわるQ&A」や「医師の転職キャリアチェンジ特集」・「全国施設の医師&院長・理事長が語る現場インタビュー」などの体験談やインタビュー記事も豊富に公開しています。

また、検索結果を見ていると、雇用形態やエリア・募集科目に合わせた情報も自動的に表示されますので、効率よく情報収集することができます。例えば、非常勤の求人を検索していると、「医師の働き方”非常勤”とは」や「非常勤で働く医師の給与相場」などが表示されます。他にも多くの情報が公開されていますので、必要に応じて情報収集に役立てていきましょう。

出典:リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの採用募集データ

リクルートドクターズキャリアの求人数

ホームページに掲載されている公開求人はおよそ1万8千件非公開求人は1万件以上と常時2万8千件程度の求人を取り扱っています。求人は毎日更新され、求人数が増減します。例年1月~2月にかけては、年度始めの4月からの人事を見据えての求人が増えてきますので、時期によっても増減します。

出典:リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアで募集している診療科目・施設形態など

常勤は約1万1千件非常勤(アルバイト)の求人も約6千件取り扱っています。不定期(スポットアルバイト)の求人は取り扱っていませんが、キャリアアドバイザーに相談することで、ニーズの有無などの調査を行える場合もあります。

雇用形態 常勤
非常勤(アルバイト)
募集科目 内科系 一般内科・総合内科
消化器内科
循環器内科
呼吸器内科
血液内科・腫瘍内科
心療内科
神経内科
内分泌内科・糖尿病内科・代謝内科
腎臓内科
老人内科
訪問診療
外科系 一般外科
消化器外科・肛門外科・肝胆膵外科
心臓血管外科
呼吸器外科・胸部外科
脳神経外科
整形外科
形成外科
乳腺外科・内分泌外科・甲状腺外科
泌尿器科
婦人科・産婦人科
他科目 リハビリテーション科
小児科・新生児科・小児外科
精神科
眼科
耳鼻咽喉科
皮膚科
放射線科
人工透析
麻酔科
救命救急
総合診療科
緩和ケア
美容外科・美容皮膚科
人間ドック・健診
病理科・病理診断科・臨床検査科
その他 産業医
老健施設
その他
施設形態 一般病院
診療所・クリニック
大学病院
療養型
特別養護老人ホーム
ペインクリニック
健診センター
企業・会社
生命保険会社
製薬企業
保健所
刑務所
発達医療センター
地域医療センター
業務内容 外来
病棟管理
透析管理
人間ドック・健診業務あり
検診
往診
治験
内視鏡検査
コンタクト診療

出典:リクルートドクターズキャリア
参考:リクルートドクターズキャリア・科目別転職動向

リクルートドクターズキャリアの会員登録から内定までの流れ

会員登録方法(サービス申込)

会員登録をするとキャリアアドバイザーによる転職支援を受けられるだけでなく、月1回発行の情報誌『RECRUIT DOCTOR’S CAREER』の提供新着求人のお知らせが届けられるようになります。また、非公開求人からの紹介も可能になります。

情報収集を目的とする場合や具体的な転職時期を決めていない場合も登録することができ、サービス利用料なども一切かかりませんので、まずは気軽に登録してみましょう。キャリアアドバイザーは無理に転職させることはありませんので安心してくださいね。

会員登録はリクルートドクターズキャリアのWEBサイト、もしくは電話で行います。会員登録は数分で終わる簡単なものです。

電話で登録する場合

フリーコール:0800-888-0010
受付時間:9:00ー18:00 ※土日祝祭日を除く

電話の場合には、そのまま希望条件を伝えることになります。

上記の時間に電話するのが難しい場合には、WEBからの登録をしておいて、フリーワードの部分に希望する連絡方法や日時などを入力しておきましょう。希望日時を指定することでスムーズに連絡のやり取りができますよ。

WEBサイトから登録する場合

パソコンもしくはスマートフォンから、リクルートドクターズキャリアのWEBサイトを開きます。

「転職・アルバイトのご相談はこちらから」をクリックすると、入力フォームが開きますので必要事項を順に入力していきます。また、ホームページ上で希望条件を検索した際に、問い合わせてみたい求人が合った場合、「この求人に問い合わせる」をクリックすると同様の入力フォームが開きます。

入力必要事項
・勤務体系
・就任希望時期
・希望勤務地
・名前
・生年月日
・性別
・メールアドレス
・電話番号(携帯電話)
・住所
・希望条件・問い合わせ(フリーワード入力)

最後のフリーワードの部分には、希望条件だけでなく、キャリアアドバイザーとの連絡を取りやすくするために希望の連絡方法(電話もしくはメール)や連絡希望日時などを入力しておきましょう。

連絡を取り合う際に利用する電話は、プライバシー保護の為にも、先生がお持ちの携帯電話の番号を入力するようにしましょう。勤務先などの電話を利用すると転職を考えていることが知られてしまいますので、注意が必要です。

登録が完了するとキャリアアドバイザーから連絡があります。

キャリアアドバイザーから連絡があった時には、直接会って行うキャリアカウンセリング(面談)の日程を決めますが、それ以外に大まかな希望条件も伝えます。キャリアカウンセリングの日時・場所は、先生の希望に合わせて柔軟に対応してもらえます。都合のいい駅近くの喫茶店やホテルのラウンジなど落ち着いて話せる場所を指定しましょう。

多忙のため、キャリアアドバイザーに直接会うことができない場合には、電話での対応も可能です。

毎日のお仕事でお疲れとは思いますが、人生の一大転機である転職を依頼するキャリアアドバイザーがどんな人なのか確認するためにも、直接会ってお話することを検討してみましょう。希望条件を十分に理解してもらうためにも、必要な時間といえますし、会うことで親近感を抱いたり、互いに信頼関係を築くことができますよ。キャリアアドバイザーも先生の希望条件をできるだけ詳細に確認するために、些細な表情も読み取って、先生の思いを汲み取ろうとします。結果として、より条件に合う求人を紹介することができ、満足できる転職へとつながります

キャリアカウンセリング

キャリアカウンセリングでは、先生の希望条件を詳細にヒアリングしていきます。

面談時間はおよそ1時間程度かけて行います。

キャリアカウンセリングで聞かれる内容
・希望条件(勤務地・年収・雇用形態・職種など)
・今までの経験(診療科目など)
・転職理由
・中長期的なキャリアプラン
・今後のライフプラン
・プライベート

条件が明確になっていない場合もヒアリングしていく中で、見つけられるように進めていきますので、質問されたことには素直に答えていきましょう。

転職の時期や転職することも迷っているという場合は、その旨を伝えておきましょう。

キャリアアップ、キャリアチェンジ(転科)についても相談しながら、計画を立てることができます。医療分野に詳しいキャリアアドバイザーが実際の事例などを交えてアドバイスしますので、些細なことも相談してしましょう。

人柄なども含めてキャリアアドバイザーは先生を理解しようと努め、結果として一番条件に合うお仕事を導き出していきます。

お仕事紹介・提案

カウンセリング後、キャリアアドバイザーは、条件に合う求人を公開・非公開求人から探し出します。

3~4件ほどの求人を紹介がありますので、比較検討し応募するかどうかを決めます。

紹介された求人は、気に入らなければ断ることができます。今後のマッチング精度を上げるためにも、なぜ断ることにしたのかという理由も伝えましょう。

応募したい病院・医療機関があればキャリアアドバイザーに伝え、さらに詳しい情報をもらいましょう。また、不安なことや確認しておきたいことがあれば、解消しておきます。

求人検索しても出てこない病院・医療機関でも、求人の有無や雇用条件などを調べてもらうことが可能です。もし、求人募集する予定があれば、そのまま応募につながる可能性もありますので、気になる病院・医療機関などがあれば、アドバイザーに相談してみましょう。

応募

応募先を決めたら、キャリアアドバイザーが面接日の調整を行います

いくつか同時に応募することもできますので、キャリアアドバイザーと相談の上、決めましょう。

また、施設の見学などを希望する場合も問い合わせてもらいましょう。

履歴書・職務経歴書の提出方法

履歴書・職務経歴書の提出は、応募先によって異なりますが多くは面接の際に持参します。
作成のタイミングや提出方法などはキャリアアドバイザーに確認しましょう。

履歴書・職務経歴書を作成するにあたって、注意事項などがホームページ上に掲載されていますので、それを元に作成するようにします。上手な転職のポイント

履歴書について

採用担当者は、履歴書から応募者のプロフィールや経歴、志望動機を見るだけでなく、丁寧に書けているかということも見ています。雑に書かれているとマイナスのイメージを与えてしまうこともありますので、きれいな文字で見やすく書くことを心がけましょう。書き損じてしまった場合には、修正液や修正テープは使用せず、面倒でも書き直すようにします。字が汚いという方は、とにかくゆっくり丁寧に書くようにしてみましょう。

履歴書の記入内容は少し調べれば埋めていくことができる項目がほとんどですが、実際に書き始めた際に悩むのは志望動機です。また採用担当者が知りたいことの一番は志望動機といわれています。キャリアアドバイザーに相談することもできますが、下記のようなことを軸に、まずはご自身で考えてみましょう。

・仕事への意欲
・病院の方針への共感、感じたこと
・医師になった理由
・今後どうしていきたいか

職務経歴書

職務経歴書は、履歴書には書ききれない職務内容の詳細を記入します。ご自身の経歴をアピールする書類になりますので、パソコンなどを使用して作成をします。

履歴書や職務経歴書の作成方法のサポートは可能ですので、心配であれば相談しましょう。

面接

面接対策として、当日気をつけるポイントやマナーについても必要に応じてアドバイスがありますが、心配なことがあればアドバイザーに相談するようにしましょう。

面接の当日は、キャリアアドバイザーが同行します。

面接の際に同席する採用担当者の人柄などの情報もお伝えします。

面接でよく質問されること
・志望動機
・退職理由
・自己PR
・何か聞きたいことはありませんか?という逆質問

志望動機は、履歴書に書き込んだ内容と食い違うことのないようにし、スムーズに答えられるようにしておきます。

また、「何か聞きたいことはありませんか?」と聞かれた場合、「ありません」と答えてしまうと、本当にここに入りたいのだろうか?と意欲がないように思われてしまいます。急に聞かれても、すぐには思い浮かばない可能性もありますので、あらかじめ考えておくようにしましょう。

面接で聞きそびれてしまったことや終了後に疑問に思ったことも、先方に問い合わせることができますので、キャリアアドバイザーに伝えましょう。どんな些細なことも確認し、不安なことは解消しておきましょう

転職を成功させるために納得できるまで条件交渉を

キャリアアドバイザーは条件交渉のプロです。入職の決断をする前に、勤務時間・指定の曜日は研究日に当てたい・車通勤希望・長期休暇は1週間欲しいなど、納得できるまで条件交渉をしてもらいましょう。それぞれこだわる内容は違いますが、妥協してしまうと長続きせずに転職を繰り返してしまう場合があります。そうならないためにも、些細なこともキャリアアドバイザーに相談するようにしましょう。

内定から入職までの流れ

面接の結果は、数日後には、キャリアアドバイザーから連絡があります。めでたく内定をいただけた場合、先方より提示された勤務条件等を明記した内定通知書をキャリアアドバイザーがお渡しします。

条件など再度確認し、最終の就任意向をキャリアアドバイザーに伝えます。

入職後、一旦サポートは終了しますが、条件などが交渉した内容と相違が合った際には、必ずキャリアアドバイザーに連絡しましょう。また不定期になりますが、状況確認を行うこともあります。

出典:リクルートドクターズキャリア

円満退職の仕方

転職先のめどがついたら、退職する意思を直属の上司に伝えます。できれば誰にも迷惑をかけることなく円満に退職したいものです。どのような手順で進めていくと良いのでしょうか。いくつかポイントがありますので紹介します。

1)退職日を決める

まずは、現在勤めている病院や医療機関の退職に関する規約を確認しましょう。退職の申し出についての規約がある場合は、それに準ずる形で退職日を検討します。しかし、後任の求人や引き継ぎなどのことを考えて、3ヶ月以上の余裕をもって設定されることをおすすめします。また有給休暇などの消化も考えている場合には、それも考慮した上で決めましょう。

2)退職理由を決める

退職理由を決める場合、必ず自己都合の理由を考えます。スキルアップの為や個人的な理由を考えてみましょう。なぜかというと、病院側が対処して解決できてしまうことを退職理由にすると引き止められてしまうからです。例えば、残業が多いからといった理由にすると、対処するから考え直してほしいと引き止められてしまいます。相手に対処できるような理由にしないということが重要です。

3)直属の上司に伝える

退職日・退職理由を決めたら、必ず直属の上司に伝えるようにします。きちんと時間をとってもらい、静かな場所で落ち着いて話ができる環境を用意してもらいます。その時点では、何の話をするのかはまだ伝えません。事前に知らせてしまうと、引き止め理由を考える時間を与えてしまいますので、注意が必要です。
また、友人であっても同僚には、まだ知らせないようにします。

伝える際には、うやむやになってしまわないように明確に退職の意思を伝えます。引き止められた場合には、断固として断ります。引き止めてもらったことへの感謝の気持ちや今までお世話になったことなどを淡々と伝えます。また、勤務条件の向上を提示されたとしても、なぜ転職しようと決めたのかを再度思い出して、断るようにしましょう。

また、以前に勤めていた方がどうやって辞めたのかなども参考に、少し情報収集しておくとスムーズに退職できるヒントが得られるかもしれません。その際も周囲の人には気付かれないように注意して情報収集しましょう。

退職の意思を伝えたあとは、引き継ぎなどの準備も含めて、現在のお仕事をしっかりやり遂げましょう

退職の仕方についても、キャリアアドバイザーが適宜アドバイスしますので、随時相談しましょう。

リクルートドクターズキャリアの評判・評価・口コミ・体験談

良い口コミや評判

転職を希望した理由が解消、希望通りの転職がかなった

  • ・年収が増えた
    ・家族との時間ができた

リクルートドクターズキャリアでは、希望条件を確認するだけでなく、優先される希望条件や転職をしようと思った理由なども含めて丁寧にヒアリングしています。家族との時間を増やしたい・年収をアップさせたい・当直を減らしたいなどの希望条件に対して、なぜそう思ったのかも確認していくことで、本当の希望条件を見つけ出すことができるからです。
結果として、年収の大幅アップ、家族と過ごす時間の確保、オンコールからの開放など、納得のいく転職につなげることができています。

キャリアアドバイザーは知識が豊富

  • ・医局という人事組織について詳しかった
    ・紹介先の情報に詳しかった
    ・診療科や地域ごとの需要とバランスがわかった
    ・バイトの時給の相場もわかった
    ・面接で同席する先生の情報も教えてもらったので、緊張しなかった

医局という病院独自の人事組織のこと以外にも紹介先の情報、地域の医療の現状・求人状況についても詳細など調べ情報を伝えています。長年培われてきた裏付けのある情報ですので、納得して話を聞けますよね。また医局に入っていると、自分自身の勤務体系や給与などの相場もわからないこともありますが、そういった情報も調査し、現在の状況と比較することもしますので、とても参考になるのではないでしょうか。また、医師専門のキャリアアドバイザーですので、様々な病院の現状や最新の医療情報を熟知しているといえますね。

忙しいがメールや電話を利用し、連絡時間を配慮してくれた

  • ・時間がなかったがうまく対処してくれた
    ・電話に出ることが難しかったのでメールで連絡を取り合った

昼間はお仕事で電話に出ることが難しいという方やキャリアカウンセリング(面談)の時間を取ることもできないくらい忙しい場合にも、その旨を伝えるようにすれば配慮してもらえますので、最初に伝えておくようにしましょう。

キャリアカウンセリングは、基本的には直接会ってお話を伺うスタンスですが、キャリアアドバイザーとは面接の日に初めて会ったという方もいますので、必ずしもというわけではないようです。れぞれの事情に合わせて転職活動をサポートしてもらえますので、些細なことも相談していきましょう。

悪い口コミや評判

面接などのサポートが少ない

  • ・履歴書や職務経歴書の添削がなかった

履歴書や職務経歴書の添削や面接対策については、ホームページ上に掲載されていますので参考にできますよ。それだけで不安な場合は、キャリアアドバイザーに相談してみましょう。面接の際にはキャリアカウンセラーも同行しますので、その点は心強いといえますね。

参考:上手な転職のポイント

リクルートドクターズキャリアを利用する際のポイント

求人検索・情報収集するときのポイント

リクルートドクターズキャリアの求人検索機能は、簡単に利用できるように使いやすく作られています。もちろんスマートフォンからも手軽にできますので、ちょっとしたスキマ時間にも求人情報を検索することができます。

ホームページを開くと、常勤医師転勤と非常勤(アルバイト)と大きく分かれていますので、まずは希望する雇用形態を選択します。

常勤の場合には、はじめに募集科目と勤務地を選択します。「この条件で検索する」をクリック。さらに年収や特徴(働き方、スキル・経験)、施設形態などを選択し、絞り込んでいきます。

非常勤の場合には、曜日時間帯を細かく指定し、勤務地を選択します。あとは、常勤と同じように希望条件を入れていくことで、求人を絞り込んでいくことができます。

また上記以外にも科目・エリア・条件・施設形態といった項目からも検索ができますので、ご自身でやりやすい検索方法で利用しましょう。

求人検索をしながら、画面をスクロールしていくと診療科目や勤務地の医師の数や求人状況、地域の特色などの情報が掲載されています。また、常勤と非常勤でも異なる情報が掲載されています。検索するとそれに関連する情報も自動的に表示されますので、情報収集もスムーズにできますね。

出典:リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの対応しているエリア

求人数 公開求人:約1万8千件(毎日更新されます)
非公開求人:約1万件以上
求人エリア 全国(東京神奈川千葉埼玉、群馬、茨城、栃木、北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、愛知、岐阜、静岡、三重、新潟、富山、石川、福井、長野、山梨、大阪兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

このように全国展開しており、幅広い地域の求人も探すことができます。特に東京は求人数が最も多く1千件を超える求人がありました。続いて、埼玉・大阪・千葉・北海道・兵庫・神奈川・愛知・福岡と大きな都市を抱える県で求人が多くなっています。

出典:リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアに関するよくある質問

個人情報の漏えい等は大丈夫ですか?

リクルートドクターズキャリアは、プライバシーマークを取得していますので、個人情報の取り扱いには十分に配慮されています。

プライバシーマーク制度とは、日本工業規格「JIS Q 15001個人情報保護マネジメントシステム-要求事項」に適合して、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等を評価して、その旨を示すプライバシーマークを付与し、事業活動に関してプライバシーマークの使用を認める制度です。

さらに、個人情報を入力する必要のあるページには、ベリサイン社のSSLサーバ証明書を使用し、お客様の大切な個人情報の保護をしております。ご入力いただいた情報は、暗号化処理をされた上で送受信されます。

個人情報の取り扱いについても、コンピュータ上のセキュリティ管理にも配慮されていますので安心ですね。

出典:プライバシーマーク制度
出典:リクルートドクターズキャリア

応募する際、個人情報を病院等へ開示しなくてはなりませんか?

応募の際には、履歴書や職務経歴書の提出を応募先から求められます。しかし、面接を受ける前に経歴やスキルを元に採用されるかの見込みを知りたい場合には、匿名で打診することも可能です。希望する場合には、キャリアアドバイザーに相談してみましょう。

人材紹介会社を利用するメリットは何ですか?

転職に関わる作業は意外と多くございます。
情報収集・お仕事検索・求人の比較・応募先への問い合わせ・面接日の調整・給与や勤務時間などの条件交渉など、毎日多忙に過ごす医師にとっては、とても負担が大きく、転職を後回しにしてしまうため、ズルズルと時間だけが過ぎていってしまうことがあります。

リクルートドクターズキャリアのような人材紹介会社を利用することで、日々の業務をこなしながら、着実に転職を進めることができ、迷ったときや悩んだ時には、事実に基づいた多くの最新情報を持っているキャリアアドバイザーが相談にのってくれますので、とても心強いのではないでしょうか。

また給与や勤務時間などの条件交渉は、うまくやらないと後々しこりを残してしまうこともありますので、プロに任せるのが確実といえます。

特に女性の場合には、結婚・出産・子育てなどのライフイベントに大きく影響されます。勤務時間を一時的に短くしたいと思うことは当たり前のことで、職場に一定の理解を得ることも必要です。またキャリアアップもしていきたいという気持ちとの葛藤もあります。理解ある病院探し、時短勤務の条件交渉も含めて、キャリアアドバイザーと相談しながら、交渉してもらうことで、無理のないお仕事が可能となってくるのではないでしょうか。

以前と違って、転職に人の手を借りることは「当たり前」になってきています。80代の気力に溢れた元気な先生も利用していますので、一歩踏み出すためにも人材紹介会社を利用してみましょう。

出典:リクルートドクターズキャリア

転職する時期は決まっていませんが利用できますか?

可能です。
随時希望する条件の求人があれば紹介することも可能です。情報収集しながら、より良いタイミングを見極め、将来の目標に向けて計画を立てられるようサポートします。

求人募集はしていないが希望する病院があります。

求人募集が出ていない病院・医療機関への転職を希望する場合もキャリアアドバイザーに相談しましょう。アドバイザーが募集枠の有無や待遇などの確認をし、募集枠があれば通常の応募と同じようにサポートを行います。

後期研修中ですが求人はありますか?

後期研修中歓迎の求人もございますので、キャリアアドバイザーにご相談ください。また求人検索の特徴の中で「後期研修中歓迎」を指定できますので、具体的な求人をチェックすることもできます。

転職はどれくらいの期間でできますか?

一般的には、3ヶ月から6ヶ月程度の期間をかけて転職先を決めます。おおよその転職希望時期をキャリアアドバイザーに伝え、計画的に転職を進めていくようにしましょう。

内定を承諾した後に気が変わってしまいました。

一度内定を承諾してしまった場合、内定を辞退することは難しいといえます。なぜ気が変わったのかも含めてキャリアアドバイザーに相談し、もう一度考えてみましょう。
どうしても難しい場合には、辞退する旨を採用担当者にキャリアアドバイザーから伝えますので、安心してください。

キャリアアドバイザーの交代は可能ですか?

キャリアアドバイザーとの相性は、転職を成功させるうえで大切なことになります。お互いに人間ですから合う、合わないは必ずあります。ちょっと合わないなと感じたら、思い切ってアドバイザーの交代を申し出てもいいのではないでしょうか。他のアドバイザーの意見を聞きたいという理由でも構いません。

人生がかかった転職ですから、キャリアアドバイザーとの相性も重要視したいものです。

転職サポートの利用には費用はかかりますか?

転職サポートには、利用料などの費用は一切かかりません
リクルートドクターズキャリアは、厚生労働省認可の有料職業紹介事業を行っています。人材を求める病院・医療機関に医師を紹介することで、病院・医療機関から仲介料を得ていますので、先生が負担する費用はありませんので、安心してください。

出典:リクルートドクターズキャリア

退会の手続きはどのようにしたらいいですか?

キャリアアドバイザーに連絡しましょう。速やかに登録した個人情報を削除する手配をします。

リクルートドクターズキャリアの会社概要

リクルートドクターズキャリアは、株式会社リクルートメディカルキャリアが運営しています。知名度抜群のリクルートグループの一員で、リクルートドクターズキャリア以外に、看護師人材紹介「ナースフル」、薬剤師人材紹介「リクナビ薬剤師」などの医療・看護における転職サポートサイトを運営しています。どのサイトも、その業種でトップクラスの求人数を誇り、高いレベルの転職支援を行っています。

会社名 株式会社 リクルートメディカルキャリア
本社 〒105-0004 東京都港区新橋2-6-2 新橋アイマークビル4F
拠点 東京・東京アネックス・大阪・名古屋・福岡など
ホームページ https://www.recruit-dc.co.jp/
電話番号 0120-953-616
営業時間 9:30~18:00
定休日(年始年末) 土・日・祝
アクセス ・JR線「新橋駅」日比谷口より徒歩約2分
・地下鉄銀座線・都営浅草線「新橋駅」より徒歩約1分
・都営三田線「内幸町駅」A1出口より徒歩約2分
問い合わせ https://www.recruit-mc.co.jp/information/

出典:リクルートドクターズキャリア

まとめ

ここ最近、かかりつけの医院に行くと、カレンダーに院長先生のお休みの日が書かれていて、代わりの先生のお名前が書いてあることがよくあります。私自身が子どもの頃には、いつも同じ先生が診てくれて、体質などよく知ってもらっていたという記憶があります。プライベートを優先することもできなかった時代から、本業をお休みして研究日を確保したり、家族との時間や趣味も充実できるように医師の働き方も変わってきたのだなと感じます。

一方で、自らのスキルアップを目的にアルバイトを探す先生も多くいることに驚きを感じました。日々進化する医療業界についていくためには、努力は欠かせない大変なお仕事であるといえますね。

転職を成功させるためのポイントとして、紹介会社を利用する場合には1社だけでなく、少なくとも2社に登録して両方から求人紹介・情報収集することをおすすめしています。紹介会社も数多くあり、どこを利用すべきか本当に悩みます。その中で、リクルートドクターズキャリアは、大手の安心感、積み上げられたノウハウと長年の実績、求人数の多さやキャリアアドバイザーの対応についても、利用しない理由が見つからない転職エージェントです。数社のうちの1社におすすめできる人材紹介会社です。

ランキング

記事一覧