1. HOME
  2. 転職サイトを探す
  3. 総合転職サイト
  4. MIIDASの口コミ・評判。特徴やおすすめポイントを徹底比較
総合転職サイト

MIIDASの口コミ・評判。特徴やおすすめポイントを徹底比較

MIIDAS(ミイダス)とは?

パーソナルキャリア株式会社(旧社名:インテリジェンス)が運営する、業種・職種を問わない総合人材サービス会社です。パーソナルキャリア株式会社は人材紹介サービスを60年以上も続ける業界を知り尽くしたパイオニアなのです。MIIDAS(ミイダス)はアルバイト情報サービスの「an」「LINEバイト」や転職サービスの「doda」を提供もしており、人材紹介を中心とした事業を展開しているためこの分野のノウハウの蓄積は多くあるといえるでしょう。

MIIDAS(ミイダス)の転職活動方法は、プロフィールと希望条件を記入し企業からの面接確約オファーを待つのみとなるシンプルなスタイルになります。市場価値診断によって自分の想定年収や条件の合致した企業数が分かるのも大きな参考になるでしょう。自分と似たようなスペックの転職者情報から多くの情報を提供しており、興味深い内容となっています。

従来のスカウト制度は、企業からのスカウト通知が来てからが書類選考の開始になるため、面接まで到達しないという案件も多くあったのではないでしょうか。このため内定可能性の低い企業への準備もしなくてはならず、求職者にとって大きな負担となっていたことは間違いないでしょう。

MIIDAS(ミイダス)ではこの負担を取り除き、書類選考が通過している企業からのオファーのみ登録者に届けるといったシステムをとっています。このことで忙しい求職者の時間も節約でき、ポイントとなる企業にのみ時間をかけて対応することができるので、内容の濃い転職活動ができるといえるでしょう。

内定可能性が低い企業の対応に手間をかけるより、確率の高い会社に準備時間をかけたい気持ちは誰にでもあるかもしれません。この要望を受けて新しい転職スタイルをとっているMIIDAS(ミイダス)は時間短縮して活動していきたい求職者にとっては適した求人サイトといえるでしょう。面接確約オファー待ち受け型の転職スタイルは、転職者と企業の負担を最小限に抑えたマッチング方法なのではないでしょうか。

転職情報を得やすいのもMIIDAS(ミイダス)の魅力の一つです。市場価値診断だけではなく、日経新聞者の「日経バリューリサーチ」の一部が閲覧可能になることで求職者の情報収集が容易になるでしょう。またパーソナルキャリアは多くの診断サービスをwebでおこなっており、転職活動の前に自分の適性を知ることができる有益な情報サイトともいえます。

自分の転職したい時期に勢いで転職してしまうと、転職後に何も変わらないまま後悔してしまうことになるかもしれません。一方周囲の転職情報を十分に把握し、自分の市場価値が高い時期に転職するとキャリアアップにもつながりやすく満足のいく結果が得られることになるのではないでしょうか。

自分を求めている企業はどういった企業なのか、競争率は高いのか、転職時期は適当かなどを考慮して現在の職場より確実にレベルアップできる会社のみに応募していくことが可能なのです。

参考サイト:MIIDAS

参考サイト:パーソナル株式会社

MIIDAS(ミイダス)の特徴を他社サイトと徹底比較

MIIDAS(ミイダス)の他社にはない特徴をご紹介します。登録してオファーを待つのみの転職活動となりますが、他にも多くのポイントがありますのでチェックしてみてください。内容は、市場価値診断・企業へのアプローチ・オファーの内容などになります。

転職を開始する前に自分の市場価値が分かる

MIIDAS(ミイダス)では会員登録前に無料の市場価値診断をおこなっています。自分の経歴やキャリアを選んでいくと、類似ユーザーの面接確約オファー数や想定年収が表示されるので転職活動の目安の一つになるでしょう。なぜ市場価値が明らかになるかというと200万人近くの転職データがあるからです。MIIDAS(ミイダス)の運営は大手人材サービス会社のパーソナルキャリア株式会社がおこなっているので、そこからの転職情報をもとに求職者の価値を割り出しているのです。確かなデータを基にした自分の市場価値は転職活動の大きな助けとなるかもしれません。

転職の際に一番気になるのが自身はどのくらい需要があるのかということではないでしょうか。転職を希望しても受け入れてくれる企業はどのくらいあるのか、また他の人はどの位の年収オファーをもらっているのかなどがポイントでしょう。

MIIDAS(ミイダス)はこの疑問に簡単な無料診断で応えてくれるのです。診断結果で思いのほか結果がよくて転職活動を意欲的に開始する気になった人や、反対にがっかりして活動を中止したという人もいるでしょう。しかしあくまでマクロデータの目安の一つなので参考までにとどめておき、転職の情報の一つとして活用していくのがよいでしょう。

転職でチェックしておきたいオファー数や年収が分かるだけで活動しやすくなるので、利用価値の高い便利なシステムといえます。

参考サイト:MIIDAS

参考サイト:パーソナル株式会社

優良企業15,000社が利用している

MIIDAS(ミイダス)を利用している企業には業界の中心となる大手の優良企業が多い状況です。一部をご紹介します。

SEGA/ソニーミュージック/ヤクルト/森永乳業/ソフトバンク/ヤフー/NTTドコモ/資生堂/味の素 /キッコーマン /アサヒビール/ 武田薬品工業/ KDDI /アディダスジャパン/ ユニリーバ・ジャパン/日本テレビ放送網 /任天堂/ アマゾンジャパン/ 日産自動車 /旭化成 /オリンパス 吉本興業/ カプコン/ 日清食品/ホールディングス/ 東レ /GEジャパン/ ミスミ /PHILIPS /キリンビール/ 日本オラクル 他

 

参考サイト:MIIDAS(ミイダス)

 

キャリアコンサルタントとの面談がない

MIIDAS(ミイダス)では自分のキャリアや職歴を匿名で公開して企業からのオファーを待つのみとなる、待ち受け型の転職活動となっています。このためキャリアコンサルタントとの面談ややり取りはなく、カウンセリングなどのアドバイスはありません。このため自分主体で転職活動をしたい求職者は自由に企業とやりとりができるので好都合な人材サービスといえるかもしれません。

もしコンサルタントとの面談を希望するのなら、ほかの転職会社との併用がよいでしょう。企業も求職者も無駄を省いた活動方法となりますので、マッチングの方法は公開のプロフィールのみとなります。

フォローとアピール二つのアプローチを使い分けられる

MIIDAS(ミイダス)での企業アプローチの方法は二種類あります。「フォロー」と「アピール」との使い分けによって、求職者の情報収集がしやすくなるでしょう。フォローは気になる企業の一つでまだ応募するか分からないというときにチェックすると適切な情報を送ってもらえるという機能です。

一方「アピール」は応募が決定している企業へ連絡していく方法となります。フォローとアピール二つのアプローチ方法を使い分けることによって、自分にとって有利な転職活動をしていくことが可能となるでしょう。最初から応募企業が決まっている求職者は数が少ないかもしれません。条件によっては受けてみたいという企業が多いのではないでしょうか。

応募企業を決めていく際に、他と条件や仕事内容を比べてみたいという人が多いでしょう。それを容易におこなえるのがMIIDAS(ミイダス)です。このシステムによって自分の知りたい情報を的確に早く手にすることができ、最適なアプローチができるといえるでしょう。

日経バリューリサーチが閲覧可能

業界や企業の情報収集に多くの法人が利用している日本経済新聞社の「日経バリューリサーチ」で提供する『業界レポート』が閲覧できます。MIIDAS(ミイダス)に登録し面接確約オファーをもらった求職者は期間限定で見ることが可能になるサービスです。

オファー受信から5日間、応募した場合最大30日間閲覧可能

参考サイト:パーソナルキャリア

転職活動を成功させるために、業界や市場の傾向、また競合の状態などの情報を把握することが必要となってくるでしょう。しかしこの情報収集も忙しい求職者にとって負担となることは間違いありません。MIIDAS(ミイダス)ではこの負担を軽減し、求職者が業界の情報を簡単に得て転職活動に活かしていけるお手伝いをおこなっているのです。

転職実績データを活用できる

MIIDAS(ミイダス)には多くの転職実績データがありそこから現在の傾向を知ることができます。企業と求職者二種類の実績データがあり、それぞれ業種や職種、年収などの属性データを入力すると結果を出してくれるというシステムです。こういった企業にはこんなユーザーが転職しているという情報や、こんなスペックの求職者はこういった企業に転職しているなどの情報が分かりやすく表示されるので、転職者は市場価値診断と合わせて現在の自分の状況が把握しやすいといえるえしょう。

転職では自分が入りたい企業の採用傾向と競争率を知ることが成功のポイントとなるのではないでしょうか。MIIDAS(ミイダス)の転職データを活用して有益な情報を得ていきましょう。

企業からのオファーは面接確定の場合のみ

MIIDAS(ミイダス)でのオファーは面接が確約している企業のみの通知となります。登録完了後すぐに面接可能な企業からのオファーが届くので、応募から書類審査の時間がなくなります。応募した企業とは確実に面接ができるため転職活動の効率化に役立つでしょう。

企業からのスカウト機能となるオファーですが、スカウトを受けても書類選考で落とされてしまったという求職者も多いことでしょう。会社を受けられると思って丁寧なやり取りを心がけ、時間もかけてメールを作成していたのに、面接をしてもらえなかったということもあります。こうなるとそれまでの時間が無駄になってしまう可能性も高いでしょう。

また条件付き応募に登録すれば、求職者の細かい条件に通過した企業からのみオファーを受けられるという仕組みになっているのです。希望条件に合致したオファーは細かい求人を探す手間が省けるので忙しい求職者には最適なシステムとなるでしょう。このことで的を絞った転職活動が可能になり、面接可能企業数もアップしていくでしょう。

可能性のある企業のみに時間をかけて面接の準備をすることができるので、時間を有効に使っていけるシステムとなっています。

MIIDAS(ミイダス)の採用募集データ

MIIDAS(ミイダス)の求人数

MIIDAS(ミイダス)の求人数についてのデータ掲載はありませんでした。しかし登録企業は15,000社に昇り業界を牽引する大手企業が多いようです。業績のよい優良企業ほど採用の無駄を省き、プロフィールのスペックにポイントをおいて求職者を探していっていることの表れかもしれません。

参考サイト:MIIDAS

参考サイト:パーソナル株式会社

MIIDAS(ミイダス)で募集している職種・業界

MIIDAS(ミイダス)は業種や職種の限定はない、総合人材サービスを提供しています。取り扱い求人は以下となりますが、企業からオファーを待つ形の転職活動となるので業種や職種が決まってしまう場合もあるでしょう。

営業・販売 ■営業/海外営業/企画営業/代理店営業/MR/販売職/仲介(人材マッチング/ブライダル)/オペレーター
管理/事務 ■人事/労務■財務/経理■会計/法務■総務/広報■受付/秘書
企画/マーケティング ■商品企画/サービス企画/経営企画/事業企画/業務企画■マーケティング/販促■市場調査/分析
業界専門職系 ■建築/土木/設備 ■医療/医薬/化粧品 ■金融専門職 ■不動産専門職・プロパティマネジメント ■コンサルタント ■デザイナー・クリエイター・イラストレーター ■編集・ライター・制作管理
技術系 ■Web・インターネット・ゲーム ■SE/ITエンジニア ■電気/機械/化学/食品エンジニア
金融系 ■ファンドマネージャー/トレーダー/ディーラー/運用/アクチュアリー/クオンツ/金融工学/M&A/ストラクチャードファイナンス/PE/調査/分析/金融エコノミスト/金融アナリスト
建築系  ■建築/土木/設備/設計/測量/積算/施工管理/施工監理/保守/メンテナンスなど
編集・ライター・制作管理系  ■編集・ライター■制作進捗管理・工程管理■プロデューサー・ディレクター・プランナー・AD
Web・インターネット・ゲーム ■Webプロデューサー/Webディレクター/Webデザイナー■フロントエンドエンジニア■サイト管理■ゲーム開発

MIIDAS(ミイダス)の会員登録から内定までの流れ

MIIDAS(ミイダス)の会員登録方法

MIIDAS(ミイダス)の会員登録はweb登録のみとなります。ホームページの「自分の市場価値を調べる」をクリックすると診断の質問が表示されますので必要事項を記入します。2~3分で診断は終わり最後に、選考条件に合致した企業数と想定オファー年収が表示されるので参考にしてください。その後に会員登録を促されるので希望者はメールアドレスかフェイスブックアカウントを記入し登録をします。

MIIDAS(ミイダス)の転職活動はオファー待ち

MIIDAS(ミイダス)の転職活動は、自分のプロフィールを公開して企業からのオファーを待つといった待ちうけ型となっています。自分から企業に応募することはできませんが「フォロー」と「アピール」二つのアプローチ方法で企業への熱意を表せます。条件によっては受ける可能性がある企業はフォローをし、ぜひ応募したい企業にはアピールをしていくという使い分けができるので、待ち受け最中でも自分の意思を表現していくことができるでしょう。

MIIDAS(ミイダス)では自分で求人を検索したり、コンサルタントに求人を紹介してもらったりするということはないので、プロフィールの希望条件をしっかり記入していく必要があります。

企業からのオファー到着

オファーの中から自分が受けたい企業を選び出し、採用担当者と直接メールや電話のやり取りをしていきます。MIIDAS(ミイダス)のオファーは面接が確定しているもののみなので、内定も早く決まる可能性もあります。コンサルタントの介入はないのでしっかり面接の準備をしていきましょう。

面接

企業での面接を受けます。コンサルタントの同行はないので待遇や年収の交渉は自分でしていく必要があるでしょう。MIIDAS(ミイダス)の転職データを参考にして市場価値に合う条件を把握しておくことをおすすめします。MIIDAS(ミイダス)でオファーを出してくる企業は、求職者のキャリアや経歴を一番に評価しているので面接も有利に進む可能性が高いでしょう。

内定から入社までの流れ

企業からの内定が出れば入職手続きをしていきます。必要事項のチェックや書類の準備もすべて自分がやる必要があるので、一つ一つ確実にこなしていきましょう。このときの企業とのやり取りもすべて自分でおこないます。現在の職場を退職する手続きも必要になるので、新しい職場への入職は余裕を持ったスケジュールがよいかもしれません。

MIIDAS(ミイダス)の評判・評価・口コミ・体験談

MIIDAS(ミイダス)の評判や口コミをご紹介します。よい口コミや悪い口コミと様々ありますが、転職活動をしていく際の情報の一つとして活用してみてください。

MIIDAS(ミイダス)の良い口コミや評判

自分の市場価値が分かる

  • ・自分を必要としている企業数が分かり転職の参考になった

    ・業種別の条件合致数が分かるため他業種への転職も考慮している

    ・想定年収が分かったので転職するかどうかの目安になった

一つ目のよい口コミに自分の市場価値が分かって良かったという口コミが上げられていました。転職活動を始めるにあたり一番必要な情報が簡単に分かるのは求職者にとって便利かもしれません。想定年収も出してくれるので今の職場を本当にやめるべきか悩んでいる人は参考になるでしょう。年収アップのための転職を希望している人は、業界の需要と自分の市場価値を合わせてタイミングを見計らっての転職が良いかもしれません。

面接確定の企業オファーだけ受けられる

  • ・通常のスカウト機能ではなく書類通過した企業からのみの通知なので無駄がない

    ・書類が通過するかどうか分からない企業からのオファーはない

    ・転職エージェントからのスカウトは来ない

二つ目のよい口コミに面接可能な企業からのみのオファーを受けられることが挙げられていました。一般的なスカウトはオファーが来てからが書類選考のスタートとなるため面接まで到達できない案件のメールも多いようです。その点MIIDAS(ミイダス)は既に書類を通過している会社からだけの通知なので双方の手間がありません。

これまでこのことに不満があった人には評判の良いシステムのようです。

キャリアコンサルタントとのやり取りがない

  • ・コンサルタントの仲介がないので転職のスピードがアップした

    ・自分主導で転職活動ができた

    ・仲介は必要なく案件のみが知りたい自分には向いていた

三つ目のよい口コミにコンサルタントの仲介がないことが挙げられていました。MIIDAS(ミイダス)の転職活動はコンサルタントによるキャリア面談がなく、お仕事紹介もありません。すべてweb上で、求職者と企業とのやり取りのみで進められていくのです。自分で受ける企業を決定したいという人には適した方法で、転職活動のスピードもアップするため良い評判となっているようでした。自分の希望する業種や職種が決まっている人や、自分で動向を調べて決定したいという人にはよい転職サービスでしょう。

MIIDAS(ミイダス)の悪い口コミや評判

オファーの業種が今と同じ案件が多い

  • ・他業種への転職も考慮しているがオファーの内容が今の業種中心だった

    ・他業種への転職はしにくい

残念な口コミにオファーの業種が限定されていることが挙げられていました。求職者は異業種への転職の可能性も考えている人が多いので幅広いオファーが欲しいという人もいるのではないでしょうか。MIIDAS(ミイダス)でのオファーの中心は現在と同業種のものが多いので他業種へ転職したい人にとっては満足できないという人がいるようでした。

同業種の情報はMIIDAS(ミイダス)で得て、他業種は他社を利用するという活用方法もあるかもしれません。

MIIDAS(ミイダス)を利用する際のポイント

プロフィールを記入して企業からのオファーを待つ

MIIDAS(ミイダス)では自分で企業を検索して見つけ出して応募していくことはありません。プロフィールを公開し条件に合った企業からのオファーを待つ形の転職活動になります。スカウトとの違いは、オファーが来た時点で面接が確定しているということです。スカウトは企業から通知があってからが本当の転職活動となり、ここからが書類選考のスタートとなるのです。

このためスカウトは希望の企業とのマッチングに時間がかかり、内定可能性の低い企業との対応もすることになるでしょう。MIIDAS(ミイダス)はこの無駄をなくし双方の手間をなくしていくことのできるシステムをとっています。希望条件を細かく記入するとそれに合った企業からのみオファーがくるようになっており、さらに効率もアップします。

自分のプロフィールを見た企業や職務経歴書をリクエストしている企業の数が分かるため、具体的な需要が分かります。また自分が希望している企業にはどういった人が転職しているのか、また自分と同じような経歴を持った人がどういう転職をしたのかということまで分かるため業種や職種を決める際の参考にもなるでしょう。

このように自分からは応募できないシステムですが、アプローチしていくことはできます。「フォロー」と「アピール」の二つの異なった方法で企業への問いかけが可能となっています。フォローは受けることは決まっていないが条件次第では応募したい場合に利用し、アピールはオファーがあればぜひ受けたいという場合に利用します。二つの使い分けにより企業も自社への熱意が分かるので、マッチングもしやすくなるかもしれません。

どちらにしろ企業からのオファーが来ないことには転職活動は始まりません。企業の人材ニーズが高まる時期は業種や職種によっても異なるので、年収を確実に上げたい人はMIIDAS(ミイダス)で業界の転職動向を得て自分の市場価値が高まっている時期に活動をするというのも方法の一つではないでしょうか。

スマホアプリを活用して効率よく転職活動

MIIDAS(ミイダス)にはスマホアプリが出ています。使い方はPCサイトと変わりませんが企業からのオファー通知を早く知るにはスマホの利用がよいでしょう。現在在職中の人もスキマ時間を使い素早く効率的な転職活動をしていくことをおすすめします。MIIDAS(ミイダス)のようなオファー待ち受け型の求人サービスこそスマホアプリを活用していきましょう。

MIIDAS(ミイダス)が発行するwebマガジン

MIIDAS(ミイダス)ではキャリアや転職に関する情報を届けるwebマガジンを「ミイダスマガジン」をホームページに掲載しています。面接のちょっとしたコツや転職市場の動向などの情報が得られるので活用してみてはいかがでしょうか。一部をご紹介しますので参考にしてみてください。

英語力と年収の関係

ミイダスマガジンでは、誰もが気になる社員の年収と能力の実態について分かりやすくデータを掲載して説明しています。英語などの能力が高ければ高いほど年収もアップしていくと考えられがちですが実態を詳しく調査していくとあながちそうともいえないようです。全体の傾向としては、800万円以上の高額年収者の英語力は高くなっており、ビジネス会話レベル~ネイティブレベルの割合が多くなっているとありました。

しかし業種や職種によっては高い英語力があっても年収が低いというケースもあり、英語力が必要な職場にいないと年収に比例していかないようです。またその英語スキルを活かせる能力があるかという点も採用側はみていますので、面接時は英語テストのスコアだけではなくこのポイントもアピールしていくことが大切とのことです。

ちなみにビジネス会話レベルの英語力が多く求められている職種は、医療関係のライセシングや投資銀行、通訳や翻訳、貿易などがあてはまります。英語を転職の武器にしている人は、自分の希望している業種や職種に英語力は必要なのかしっかりチェックしておくことがポイントといえるということでした。

転職者のみならず企業で働いているビジネスマンにとって英語能力は大切なポイントとされていますが、実際の年収との関係を見ていくことで英語の苦手な人も収入アップの可能性が十分あることがわかるのではないでしょうか。

参考サイト:MIIDAS

営業職の転職事情

どの業種でも求められる汎用性の高い営業職ですが、みなさんどういった業種や職種へと転職しているのでしょうか。転職者にとって気になるポイントでしょう。

営業職経験者が同営業職として転職する割合は71%を占めている一方、企画系7%、事務系6%、コンサルタント4%と
約3割の転職者は職種を変えていらっしゃることがわかります。

転職先の業種比率はどうでしょうか。サービス業24%、メーカー22%、メディカル16%、IT・通信14%
営業人員数が必要な産業に対する転職が多いようですね。

参考サイト:MIIDAS

やはり同じ営業職への転職が多いようです。サービス業など営業職が多く必要となる業種に的を絞って転職活動をしていくのも方法の一つかもしれません。同じ営業職でも製薬会社のMRなど専門知識が必要な業種は、全くの他業種からの転職は難しいかもしれません。現在の業界で得た知識が活かせる業種への転職が一番の近道といえるでしょう。また有形営業と無形営業の年収比較も掲載されていますので参考にしてみてはいかがでしょうか。

参考サイト:MIIDAS

増える事務職人口

2010年以来企業の事務職人口が増えています。これまで事務職を希望していたけれど募集が少なく就労できなかったという人も多いのではないでしょうか。このため企画や事務職への転職希望者は今がチャンスといえるでしょう。

事務従事者の増加要因は、好景気による企業の求人ニーズの高まり、そしてマーケッターなどの今まで職種として存在していなかった管理部門系職種の概念が増えていることなどが挙げられるでしょう。会計や法務などの有資格者が有利なのはもちろんのこと、ウェブ、マーケティングなどの知識やスキルも転職や年収アップのトレンドにつながっています。

参考サイト:MIIDAS

現代の顧客獲得に重要とされるマーケティングスキルは年収アップのポイントとなるようです。またエクセルやワードといったビジネスツールのスキルも必須となるため、事務職希望者は転職の前に必要な条件をチェックしておくことをおすすめします。

参考サイト:MIIDAS

残業時間は企業規模によって違うのか

月60時間を越す残業をしている人もいれば、ほとんどしていないという人もいるのが現状のようです。企業規模にはあまり関係なく20~40時間が最も多いという結果になっています。労働基準法によって様々な取り決めがある残業ですがここ数年で変化がみられるようです。

厚生労働省の定める大企業では、従業員に1ヶ月60時間を超える法定時間外労働を行わせた場合、50%以上の割増賃金を支払う義務があります。中小企業に関しては、割増賃金の支払いを猶予されており、従来通り25%以上の割増賃金を支払うことで済んでいます。
しかしながら、この適用猶予が平成34年4月以降廃止されることが決まり、風向きが変わりつつあります
※平成29年9月15日の「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案要綱」の答申では、平成34年4月1日から割増賃金率の見直しを行うと記載

企業としては、人員増加をして従業員1人あたりの業務負担を減少させ、業務・人材のアウトソースを行うことで回避することや業務そのものを効率改善することにより、生産性を上げる対応策が考えられます。

参考サイト:MIIDAS

平成34年から企業での働き方は大きく変わるかもしれません。このことを視野に入れて転職時期や企業を決めていくことも方法の一つでしょう。このように転職の求人情報だけではなく、転職動向も得られる便利な「ミイダスマガジン」で効率よく市場情報を得ることをおすすめします。

参考サイト:MIIDAS

MIIDAS(ミイダス)の対応しているエリア

求人数 非公開
求人エリア 全国(東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、茨城、栃木、北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、愛知、岐阜、静岡、三重、新潟、富山、石川、福井、長野、山梨、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

このようにMIIDAS(ミイダス)は全国の求人を取り扱っています。運営会社のパーソナルキャリア株式会社は全国に30箇所の事業所があるため、全国各地の企業ネットワークがあるといえるでしょう。

参考サイト:MIIDAS

参考サイト:パーソナル株式会社

MIIDAS(ミイダス)に関するよくある質問

MIIDAS(ミイダス)の転職活動で料金は発生しますか?

すべて無料で利用可能です。MIIDAS(ミイダス)は掲載企業から広告収入をもらっており、さらに転職が決まれば採用先企業から報酬を得るようになっていますので安心して転職活動をおこなってください。

面談はないのですか?

MIIDAS(ミイダス)ではキャリアコンサルタントとの面談は必要ありません。プロフィールを匿名で登録し、企業からのスカウトを待つ形の転職活動となります。このため面談してキャリアコンサルタントからアドバイスを受けたいという求職者には向いていないかもしれません。このため企業も求職者も転職の効率を追及していく転職サービスといえるでしょう。

新卒や第二新卒でも利用できますか?

可能です。しかしMIIDAS(ミイダス)は中途採用が中心のサービスとなっていますので企業のオファーは少なくなるでしょう。MIIDAS(ミイダス)はプロフィールを登録して企業からのオファーを待つのみの転職活動となるので書類選考の作業がなくなります。登録時の記入プロフィールのみで、企業の採用者は判断しオファーをしますので普通の転職サービスとは異なるという点を把握しておいてください。

新卒や未経験でも全く可能性がないとは言えないので、企業からのオファーが届いたら積極的に自己アピールしてみることをおすすめします。

どのようなオファーが届くのですか?

企業の書類選考を通過した案件のみのオファーが届けられるシステムになっています。一般的な転職サービスではスカウトを受けて丁寧なメールのやり取りをしたけれど、書類選考で落とされてしまったという場合もあるので非効率だと感じている求職者もいることでしょう。

MIIDAS(ミイダス)ではこの無駄を省き、面接確定の案件のみのオファーが求職者に知らせられるので、可能性のある企業の準備だけできるようになります。的が絞られた企業のみの対応となるので、現在在職中の転職希望者は時間短縮して活動できるでしょう。

個人情報のセキュリティ対策はありますか?

MIIDAS(ミイダス)では企業に公開するプロフィールに、氏名や住所などの個人情報は含みません。あくまで個人の能力に対してのオファーとなりますのでセキュリティに関しては問題ないでしょう。

MIIDAS(ミイダス)に向いているのはどんな人ですか?

人材エージェントからのオファーは必要なく、企業の人事担当者からだけ連絡が欲しいという転職者に向いているでしょう。従来のスカウト型転職方法では、転職サービス会社からのお知らせやオファーばかり届いて、肝心な企業オファーが全く届かないという場合も多くあるようです。また面接の可能性が低いオファーも送られてくるので、忙しい転職者にはどれが自分にとって可能性が高い企業なのか判断できないのではないでしょうか。MIIDAS(ミイダス)では書類選考を通過した面接確定のオファーのみが届く仕組みなので無駄のない企業対策がしていけるといえます。

キャリアコンサルタントとの面談や、可能性の低い企業とのやり取りに時間を潰したくない求職者には向いている転職サービスではないでしょうか。

MIIDAS(ミイダス)の会社概要

MIIDAS(ミイダス)はパーソナルキャリア株式会社が運営する人材紹介会社です。パーソナルキャリア株式会社は、パート・アルバイトサービスの「an]や転職サービスの「doda」などの様々な求人情報を届ける総合人材サービス会社として60年の実績がある企業なのです。日本国内の主要都市にオフィスが30箇所ある全国展開している企業なので各地との密接なネットワークがあるといえるでしょう。

会社名 パーソナルキャリア株式会社
本社

〒100-6328
東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F 電話:03-6213-9000(大代表)

拠点 北海道オフィス
〒060-0001
北海道札幌市中央区北1条西6-1-2 アーバンネット札幌ビル2F
〒060-0001
北海道札幌市中央区北一条西4丁目2-2 札幌ノースプラザ9F東北オフィス
〒980-0803
宮城県仙台市青葉区国分町3-4-33 仙台定禅寺ビル3F
〒980-0013
宮城県仙台市青葉区花京院2-1-65 花京院プラザ4F首都圏オフィス
〒100-0005
東京都千代田区丸の内2-5-2 三菱ビル8F
〒100-0004
東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル2F・5F
〒101-0021
東京都千代田区外神田3-5-12 聖公会神田ビル7F
〒108-0014
東京都港区芝五丁目33番1号 森永プラザビル19F
〒107-0052
東京都港区赤坂7-3-37 カナダ大使館ビル2F
〒111-0052
東京都台東区柳橋1-4-4 ツイントラスビル3F
〒194-0013
東京都町田市原町田6-29-3 朝日生命原町田ビル3F
〒190-0023
東京都立川市柴崎町3-6-15 アーバン立川ビル4F
〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸1-11-15 横浜STビル14F
〒221-0056
神神奈川県横浜市神奈川区金港町1番地4 横浜イーストスクエア5F
〒220-0012
神奈川県横浜市西区みなとみらい3-6-3 MMパークビル6階
〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区宮町2-81 いちご大宮ビル5F
〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町20-17 NMF渋谷公園通りビル8F
〒160-0023
東京都新宿区西新宿3-2-7 KDX新宿ビル10F
〒160-0023
東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー20F
〒163-0451
東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビルディング32F中部オフィス
〒450-6490
愛知県名古屋市中村区名駅三丁目28-12 大名古屋ビルヂング14F
〒450-0003
愛知県名古屋市中村区名駅南1-24-30 名古屋三井ビル本館12F
〒460-0004
愛知県名古屋市中区新栄町1-5 栄中央ビル8F
〒444-0043
愛知県岡崎市唐沢町1-4-2 朝日生命岡崎ビル4F
〒491-0858
愛知県一宮市栄1-9-20 朝日生命一宮ビル8F関西オフィス
〒530-0011
大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪タワーB 17F
〒541-0052
大阪市中央区安土町3-5-12 御堂筋安土町ビル8F
〒600-8008
京都府京都市下京区四条通烏丸東入長刀鉾町20 四条烏丸FTスクエアビル4F
〒651-0088
兵庫県神戸市中央区小野柄通7-1-1 日本生命三宮駅前ビル11F中国オフィス
〒700-0907
岡山市北区下石井2-1-3 岡山第一生命ビルディング14F
〒730-0011
広島県広島市中区基町11-10 合人社広島紙屋町ビル 4F

九州オフィス
〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神1-1-1 アクロス福岡13F
〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神2-14-13 天神三井ビル4F

ホームページ https://miidas.jp/
電話番号 03-6213-9000
メールアドレス
営業時間
定休日(年始年末)
アクセス JR「東京駅」地下道より直結
東京メトロ丸の内線「東京駅」地下道より直結
東京メトロ千代田線「二重橋前駅」7番出口より徒歩2分
都営三田線「大手町駅」D1出口より徒歩3分
東京メトロ東西線「大手町駅」B1出口より徒歩5分
東京メトロ半蔵門線「大手町駅」A5出口より徒歩6分
問い合わせ https://miidas.jp/inquiry

参考サイト:MIIDAS

参考サイト:パーソナルキャリア

 

まとめ

自分の市場価値を知ることができる転職サービス、MIIDAS(ミイダス)をご紹介しました。プロフィールを登録し企業から面接確定のオファーを待つだけの、待ちうけ型の活動なので自分から応募することはありません。このことで企業も求職者もマッチングのための時間を最小限にすることができるので効率的な方法となっています。また市場価値診断で分かる条件適合企業数やオファー想定年収で自分の現在の需要を知ることができるので転職活動の参考になりやすいシステムといえるでしょう。

運営会社は人材紹介で長年の実績があるパーソナルキャリア株式会社です。アルバイト情報サービス「an」や「LINEバイト」、転職サービスの「doda」などを運営する60年以上人材サービス中心の事業を展開する業界のパイオニアといえるでしょう。1990年代から進路適正診断事業を始め、現在でも「年収査定」や「キャリアタイプ診断」「合格診断」などの多彩な診断サービスをwebで実施しています。自分と社会のマッチングが分かるサービスは転職者の大きな情報となるので、職場選びに不安が付きまとう求職者の大きな助けとなるといえるでしょう。

MIIDAS(ミイダス)での市場価値診断と待ちうけ型の転職スタイルは、長年の人材サービスをおこなってきた会社だからこそ提供できるサービスなのではないでしょうか。企業と求職者にとって本当に必要なサービスに的を絞り、転職活動の時間を大幅に短縮させたこのスタイルは、自分主導型の活動をしていきたい求職者に評判がよく、転職活動におけるスタイルの一つとなるかもしれません。

これまでのスカウト中心の求人サイトをさらにブラッシュアップさせ無駄を省いたこのスタイルですが、戸惑ってしまう求職者もいることでしょう。しかしMIIDAS(ミイダス)の市場価値診断+面接確定オファーの待ちうけという活動スタイルは、自分に最適な企業を短時間で見つけ出して可能性のある企業にのみ問いかけていくという必要最小限の転職活動になるため、自分の仕事そのものの時間を妨げることはないといえるでしょう。

業界の求人情報収集の一つにもなる求人サイトなので、すべての転職者はチェックしておきたいサイトとなるかもしれません。自分の価値を知って効率のよい転職活動をしていくためにも、MIIDAS(ミイダス)を活用してみてはいかがでしょうか。

 

ランキング

記事一覧