20代に信頼されている転職エージェントNo1マイナビエージェント。特徴を徹底比較

マイナビエージェントとは?

マイナビエージェントは、株式会社マイナビが運営する人材紹介サービスです。株式会社マイナビは、昭和48年に毎日新聞社の関連会社として設立された非常に歴史のある会社です。初めて、人材派遣事業本部ができたのは平成10年5月で、新宿にオフィスを構えました。

その後順調に事業を展開していき、平成19年3月に、人材情報ポータルサービス新ブランドを「マイナビ」に統一しています。平成23年に、株式会社 毎日キャリアバンクが株式会社マイナビエージェントに社名を変更して、現在に至ります。現在マイナビは、マイナビエージェントの他にも、「マイナビ転職」「マイナビ薬剤師」など多数の転職サービスを運営しています。

マイナビエージェントは人材紹介サービスです。そのため、マイナビエージェントの特徴は、登録後に専任のキャリアアドバイザーがつき、キャリアの相談から求人の紹介、職務経歴書の添削まであなたの転職成功まであらゆる形でサポートする点です。様々な業界の知識が豊富な、転職サポートのプロとしてあなたの転職を応援するキャリアアドバイザーが多数在籍しています。

公式サイト内に掲載している公開求人は全体求人のわずか20パーセントで、残りの80パーセントは、企業が何らかの理由で公開できない非公開求人となります。そのため、登録すると、人気の高い求人も含め非公開求人を紹介してもらえる大きなチャンスがやってきます。

それでは、マイナビグループの1つである人材紹介サービス「マイナビエージェント」についてご紹介しましょう。

出典:マイナビエージェント

マイナビエージェントの特徴を他社サイトと徹底比較

幅広い業界の求人を持っている

マイナビは、マイナビエージェントの他にも一定の職種を専門に扱う人材紹介サービスも運営しています。「マイナビ看護師」は看護師に特化した人材紹介サービス、「マイナビ薬剤師」は薬剤師に特化した人材紹介サービスです。また、「マイナビ2019」は、新卒者向けの就職情報サイトで、「マイナビ転職」は転職活動を始める人向けの情報サイトです。

このようにマイナビは、様々な人材紹介サービスや転職情報サイトを運営していますが、マイナビエージェントは、IT・営業・金融・会計・販売などあらゆる業界の求人を扱っている人材紹介サービスです。多種多少の求人を掲載している転職マイナビとの違いは、マイナビ転職は、ご自分で求人検索し企業に直接応募しますが、マイナビエージェントは、人材紹介サービスのため、キャリアアドバイザーのサポートのもとで、企業に応募する点です。

非公開求人80パーセント

マイナビエージェントの大きな特徴の1つに、抱えている求人の80パーセントが非公開求人という特徴があります。企業が求人を非公開にするのには、様々な理由がありますが、最も多い理由の1つに人気の企業や職種では、大多数の応募が予想され、採用の際企業の負担がとても大きくなることが挙げられます。より効果的に選考を進めるために、企業は求人を非公開にすることが非常に多いのが一般的です。

つまり、マイナビエージェントはこのような人気の企業、人気の業種の求人を非常に多く抱えていることになります。マイナビエージェントの公式サイトで、求人検索をしても、掲載されている求人は全体求人のわずか20パーセントです。

求人検索はご自分の希望の職種で、どのような求人があるのか参考にするために利用するのは非常に便利ですが、会員登録すれば、残り80パーセントの非公開求人を紹介してもらえるチャンスがきます。求人検索で手ごたえがありそうなら、ぜひ会員登録をしてチャンスを広げてみましょう。

出典:マイナビエージェント

企業の情報収集が徹底している

マイナビエージェントは、取引先企業の下調べをきちんと行っています。求職者にとって、求人先企業のより多くの情報を得ることはとても大事なことです。そのため、マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは、企業の情報収集のために各企業へ向かい、様々な情報を得ている「リクルーティングアドバイザー」と一緒になって、面接前に少しでも多くの企業情報を求職者に知ってもらうために働いています。

企業がどのような人材を求めているのか、どのような社員が活躍しているのか、会社の雰囲気はどうか、採用の背景は何かなど様々な情報をリサーチしているので、キャリアアドバイザーとリクルーティングアドバイザーの両方のサポートで、面接前に求人について、又は企業についての詳細を知れるので、安心して面接に行くことができます。

求職者と求人のマッチングに強化

リクルーティングアドバイザーがリサーチした情報は、単に面接前に求職者を安心させるためではありません。リクルーティングアドバイザーは、企業の求める人物像や業務内容をしっかりと確認しています。

そのため、キャリアアドバイザーは求職者と面談を行う際に、企業が求める人物像と求職者の経歴、スキル、条件、又は価値観を照らしあわせ、企業と求職者を上手にマッチングすることができます。このマッチングは企業への徹底した情報収集があるからできることで、このような情報収集は求職者と企業とのミスマッチを防ぐことにつながります。

また、マイナビエージェントでは、内定決定後に企業側と内定者からフィードバックをもらっています。そのため、内定のもらえた人物像と、もらえなかった人物像を確認しています。彼らのそのようなフィードバックから、マッチング率を高める強化も行っています。

徹底したキャリアアドバイザーのサポート

マイナビエージェントの特徴の1つに、キャリアアドバイザーのプロフェッショナルなサポートが挙げられます。マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは、それぞれの業界の知識と転職市場に詳しく、転職サポートの経験も豊富です。マイナビエージェントの全キャリアアドバイザーは、複数の業界の転職市場に詳しいので、求職者が他の職種で求人を探している場合にも、上手に対応することができます。

また、職務経歴書を含めた応募書類を、各企業にとって魅力的になるようにアドバイスしてくれます。書類審査は現状とても厳しく応募者の2割程度しか通過しないと言われています。マイナビエージェントは、求職者がまずは書類審査に通過できるよう全面的にサポートします。

また、書類審査を通過した後は、面接に向けて対策をたてます。面接が苦手な方は多いと思いますが、もしそれが初めての転職なら、なおさら緊張してしまうし、面接のポイントもわからないでしょう。マイナビエージェントは、面接が苦手な方に、模擬面接を行い求職者が面接に対して、自信がもてるようにサポートしています。

面接対策では、キャリアアドバイザーが様々な視点からアドバイスしてくれます。また、リクルーティングアドバイザーが得た各企業の面接で過去に出た質問や、求職者が伝えるべき情報なども含めて練習します。そのため、各企業で求められる理想の受け答えができるように準備し、面接本番に向けて自信をつけることができます。

その他には、キャリアアドバイザーは面接の日程調整や給料の交渉、円満退職のアドバイスも責任を持って担当してくれます。まさに転職完全サポートと呼ぶことができそうです。

マイナビエージェントの登録者データ

マイナビエージェント登録者の年齢層

マイナビエージェントは25歳~35歳の若手登録者が中心の人材派遣会社です。2012年10月~2013年3月末までのマイナビエージェントの登録者調査結果を見ると、登録者の59パーセント、つまり全体のおよそ6割が25歳~35歳だということがわかります。2位は、36歳~45歳までの18パーセントです。1位の25歳~35歳の割合に比べると、ぐんと少なくなっています。

3位は、25歳以下の17パーセントで、46歳~55歳の5パーセント、56歳以上の1パーセントがあとに続きます。マイナビエージェントの登録者6割が、ある程度の経験を持つ求職者であり、キャリアアップ、もしくはキャリアチェンジのための転職を試みていると見ることができます。

また、36歳~55歳以上の登録者の割合は24パーセントですので、管理職ポジションを狙っての転職活動を行っている求職者の割合は多くはありません。

出典:マイナビエージェント

マイナビエージェント登録者の経験職種

マイナビエージェントは、登録者の経験職種を公表しているので、ご紹介しましょう。同じ期間2012年10月~2013年3月末までのマイナビエージェントの登録者調査結果を見ると、営業経験のある登録者が最も多く、全体の29パーセントで1位ということがわかります。

またIT・インターネット・通信の経験がある登録者は20パーセントで2位でした。3位は経営企画・管理部門全般です。4位以降の割合は少なく、全てひとけた代になるので、全体で見ると、マイナビエージェント登録者は営業・IT・管理部門を経験している方が中心であることがわかります。

では、4位以降の割合を見て行きましょう。4位は、流通・消費財・アパレル/フードの7パーセントと、同じく4位で機械・電子/電気・素材の7パーセントです。クリエイティブ系の6パーセントが5位に、金融・コンサルティングの5パーセントが6位、医薬・医療機器・バイオの4パーセントと不動産・建設が同じく4パーセントで7位、8位と続きます。

出典:マイナビエージェント

マイナビエージェントの転職回数

同じ期間2012年10月~2013年3月末までのマイナビエージェントの登録者調査結果を見ると、マイナビエージェント登録者は、転職回数が0回、つまり初めての転職となる方は46パーセント、全体の約半数いることがわかります。また、過去に1度だけ転職経験がある方も23パーセントいるため、過去の転職が0回~1回の方が約70パーセントと大半を占めていることがわかります。

3位が転職経験が3回の15パーセント、4位は2回で9パ-セント、最も少ないのは3回以上で8パーセントという結果でした。この結果は、マイナビエージェントの登録者の年齢層が25歳~35歳という結果と大いに関連しています。25歳~35歳までの若手社会人なら、今までに1社しか経験がない、もしくは2社経験がある求職者が多い理由に納得がいきますね。

出典:マイナビエージェント

マイナビエージェントの採用募集データ

マイナビエージェントの求人数

マイナビエージェントの2018年10月現在の公開求人数は、1万426件です。マイナビエージェントは幅広い職種の求人を取り扱っていますが中でも、SE・システムエンジニア(IT・通信・インターネット)の求人が最も多く2852件です。また、営業職の求人も比較的多く、1799件あります。3番目に多いのは、機械・電気/電子・素材等の求人で、1443件です。

マイナビエージェントの登録者は、ITや営業職の経験がある方がとても多いので、求人の職種もそれに伴った形になっています。また、求人数は大手人材紹介会社と比較すると、多くはありませんが、公開求人は全体のわずか20パーセントですので、会員登録後はより多くの魅力的な求人を紹介してもらえる可能性があると期待してもいいかもしれません。

出典:マイナビエージェント

マイナビエージェントで募集している職種・業界

マイナビエージェントは幅広い業種の求人を扱っています。マイナビはマイナビ薬剤師やマイナビ看護師など、一定の職業に特化した転職サイトもありますが、マイナビエージェントはこのように、多種多様の職種を扱っているので、誰もが利用できる人材紹介サービスです。

営業 ■不動産営業・不動産仲介/営業企画・営業推進/金融系営業(ホールセール・リテール)/医療系営業/その他営業職
医療 ■医療/バイオ/医師/薬剤師/看護師/保育士
エンジニア ■機械系エンジニア/工学系エンジニア/組込・制御系エンジニア/生産管理/工場長・施設運営・管理職/電気系エンジニア/化学系エンジニア/生産技術/品質管理・品質保証/メンテナンス・設備保証/プロダクトデザイナー
管理部門 ■経営企画・事業企画・事業統括/経理・財務・税務/購買・物流/事務・秘書/マーケティング・企画・広告宣伝/総務・人事/IR・広報/マネジメント・エグゼクティブ系/その他(経営・企画・管理・事務)
IT・Webエンジニア ■ITコンサルタント /アプリケーションエンジニア/営業支援/インフラエンジニアシステム運用・保守・サポート/車内SE(社内情報システム)/製品開発(上流)・研究開発/品質管理・QA・QC/Web・インターネット・ゲーム/出版・広告・販促・印刷/その他
販売・サービス ■バイヤー・マーチャンダイザ―/店舗管理(エリアマネージャー・スーパーバイザー)/コールセンター・カスタマーサポート/店長・販売スタッフ/ブライダル・ウエディング・ホテル/
金融  ■運用/開発/審査・査定/サービサー/不動産金融/投資銀行系銀行/コマーシャルバンキング/格付機関/調査・分析/投資事業/資産管理/オペレーション
不動産・建設  ■不動産開発/不動産鑑定・デューデリジェンス/建築技術開発・・調査・エクステリア/設備保守・設備メンテナンス/マンション管理・賃貸管理/建築設計・デザイン・設備/プラントエンジニア/その他技術系(建築設計・土木・プラント・設備等)

マイナビエージェントの会員登録から内定までの流れ

会員登録方法

マイナビエージェントの登録は、公式サイト内の転職支援サービス申し込みボタンから簡単にできます。あなたのプロフィール、学歴、職務経歴、さらに希望条件などを入力していきます。登録は無料で、人材紹介の様々なサービスを受けることができます。

登録が完了したら、マイナビエージェント担当者から、面談に関しての連絡がきます。キャリアアドバイザーとの面談の日程調整をしたら、いざ面接にうつります。

面談前の準備

マイナビエージェントは、キャリアアドバイザーとの面談の重要性と面談前の準備について公式サイト内で紹介しています。企業にとって、中途採用は基本的にスピード重視となり、すぐに働ける人を雇う傾向にあります。ですので、1つ目のキーとして、面談前に転職時期を明確にし、キャリアアドバイザーに伝えることを挙げています。

2つ目のキーは、自分のスキルや経験をキャリアアドバイザーに十分にアピールすることです。それは、キャリアアドバイザーはその方のスキルや経歴を具体的に知れば知るほど、その方に適したお仕事が把握しやすくなり、お仕事を紹介しやすくなるからです。ですので、面談前には、ご自分の具体的な実績を、できれば数字も含めてアピールできるように準備しておきましょう。

3つ目のキーは、あなたの転職に関する希望や条件を明確にしておくことです。あなたが、どのような規模のどのような雰囲気の会社で働きたいのか、給料はどのくらいもらいたいのか、残業はどれくらいできるのかなど、面談前にもう一度具体的にあなたの転職の希望や条件を考えてみましょう。

あなたの希望や条件が具体的なほど、キャリアアドバイザーは適した求人を探しやすくなります。逆に条件があいまいだと、応募後、又は就業後に、希望と異なっていたというミスマッチに気が付くことになりかねません。ですので、面談前にあなたのこだわり条件をリストにして準備しておくなど、希望・条件を明確にしておき、伝えられるようにしておきましょう。

出典:マイナビエージェント

実際の面談内容

キャリアアドバイザーとの面談は、1対1で個室面談となります。プライバシーが確保された場所での面談ですので、他人の目を気にせず、ゆっくりとキャリアアドバイザーに相談することができるので、安心です。面談は個人差があるものの、通常は約1時間から1時間半かかります。ですので、時間に余裕をみて面接に行きましょう。

まずは、あなたの経歴やお仕事への希望、条件をキャリアアドバイザーに伝えることから始まります。求職者の中には、転職理由やキャリアプランが明確でない方が多くいます。そのため、キャリアアドバイザーには、転職に何を求めているのか、将来的に何をしたいのかを含めた相談もできます。来社が難しい場合は、電話でのカウンセリングも実施しているので、問い合わせてみましょう。

また、面談では、履歴書や職務経歴書の添削もしてもらえます。プロの目であなたの職務経歴書がより魅力的になるよう丁寧にアドバイス、添削してくれます。希望の業界に適切で、応募する企業に魅力的にうつる履歴書になるよう、それぞれの応募先によって調整してくれるのもとてもあり難いですね。

お仕事紹介・マッチング

キャリアアドバイザーはあなたの価値観や希望を把握しながら、あなたに最適と思われる求人を紹介します。面談時にあなたの条件に合う求人があれば、その場で紹介してもらえます。

キャリアアドバイザーは、あなたの転職希望理由や転職後の抱負を聞いたうえで、紹介する求人を検索しますが、時には、あなたの希望と多少異なる求人を紹介されるかもしれません。それは、キャリアアドバイザーが、あなたの将来的な可能性を見出し適切と考慮した企業です。その際には、根拠となるデータ等も提示してもらえます。

面談時には、人によっては複数の求人を紹介してもらえますが、その場で応募するかを決める必要はありません。ですので、自宅でじっくりと考え応募するか判断しましょう。興味のない求人であれば、応募しなくても構いません。

応募する企業が決まると、キャリアアドバイザーはそれぞれの企業に向けての対策をアドバイスしてくれます。その際、企業の雰囲気や、業界の動向、又は書類選考や面接選考通過の難度についても、聞くことができるので、多くの情報のもとに面接に挑むことができます。

面接

面接が苦手な人でも、マイナビエージェントに登録していれば、安心です。面接が苦手な方は、キャリアアドバイザーが面接の練習として、模擬面接を行ってくれます。それぞれの企業に向けたアピールポイントも教えてくれるので、面談までに徹底的に準備することができるので、自信を持って面接に挑めそうですね。

キャリアアドバイザーは面接の日程調整をしてくれて、面接のフィードバックをしっかりしてくれます。面接の企業からの評価から、次回の面接に活かすこともできるの、自分の自信にもつながるでしょう。

内定から入社までの流れ

無事に内定が決まっても、マイナビエージェントのサービスはそこで終わりではありません。マイナビエージェントは、勤務開始日の日程調整、又は労働条件の交渉もあなたの代わりにしてくれます。特に給料の交渉をするのは、個人では難しいのが現実です。こういった金銭面の交渉を代行してしてくれるのは、とても助かりますね。

また、2018年10月現在は、お祝い金制度やキャンペーンなどは行っていません。

マイナビエージェントの評判・評価・口コミ・体験談

良い口コミや評判

職務経歴書をしっかり添削してくれる

担当のキャリアアドバイザーが丁寧に職務経歴書を添削してくれた。

職務経歴書を魅力的にする方法を教えてもらえた。

マイナビエージェントはキャリアドバイザーが転職成功まで全ての面においてサポートする人材紹介サービスです。サービスの中には、履歴書や職務経歴書の添削も含まれています。良い口コミには、しっかりと職務経歴書を添削してくれた、又は丁寧に添削してくれたという良い評判が多いです。

このように口コミを確認すると、書類審査通過の確立をあげるためにプロの目で真剣に添削していることがわかります。書類審査通過率は一般的に非常に低いと言われています。審査対象となる書類の添削をしっかりとしてくれるのは、非常に良いサービスでしょう。

他社と比べて求人数が多い

中堅企業の求人が他社と比較して多いと感じた。

自分の希望している職種の求人が多く、多数求人を紹介してもらえた

マイナビエージェントは、2018年1月の楽天リサーチで「20代に信頼されている転職エージェントNo1」に選ばれています。登録者も初めての転職となる方、2回目の転職になる方が非常に多いため、若手層が探している求人が多いと見ることができそうです。

求人数も豊富なため、条件に合う求人を複数紹介してもらえたという良い口コミも多いです。

出典:マイナビエージェント

キャリアアドバイザーが親切に対応してくれる

担当のキャリアアドバイザーが優しく対応してくれたのが嬉しかった。

担当者が、親身になって自分に合う求人を見つけてくれた

キャリアアドバイザーに関しての良い口コミは全体的にとても多いです。優しくアドバイスをくれる、親身になってサポートしてくれるなどの口コミが多い為、キャリアアドバイザーは全体的に対応がよく、徹底的にサポートしてくれるという印象を受けました。

転職成功のカギはキャリアアドバイザーにあると言っても過言ではありません。マイナビエージェントのキャリアアドバイザーはプロ意識を持ち、仕事をしている方は多いように見受けられます。

担当者の対応が速くて連絡がスムーズにいく

とにかく、担当者の返信が速く、無駄に待つ期間がなかったので助かった。

担当者と密に連絡がとれたので、その点でストレスはなかった

マイナビエージェントは、とにかく返信が早い、連絡が取りやすいという良い口コミが非常に多いです。担当者とのコミュニケーションのとりやすさは、転職活動をする上でとても大切です。また、連絡が速いことから、担当者の真剣さや誠意が伝わってきますね。

転職活動を無駄なくスムーズに続けるために、こちらは大切な要素になるので、連絡・返信の速さはマイナビエージェント担当者の強みと言ってもいいでしょう。

悪い口コミや評判

30代以上の転職にはあまり向かない

マネージングクラスの求人は少ない方だと思う。

自分の希望する管理職レベルの求人は少なくいと感じた。

マイナビエージェントは20代の登録者には評判が良いものの、30代以上のハイレベルの求人は多くないとの口コミがありました。具体的な内容は、自分の求める求人がなかった、マネージングクラスの求人を紹介してもらえなかったなどです。

マイナビエージェントの登録者は25歳~35歳が中心です。また、サイトには、「20代の転職」「30代の転職」と支援する特別枠も設けられています。しかし、2018年10月時点で、サイト内で掲載している管理職・マネージャーの求人数は54件です。やはり、全体的に見ると、ハイクラスの求人は少ないことがわかります。そのため、このような口コミが出ても仕方ないかもしれません。

出典:マイナビエージェント

経験によっては求人を紹介してもらえない

職務経験が少ないので、紹介できる求人がないと言われた。

キャリアチェンジを考えていたが、経験がないので紹介してもらえなかった。

マイナビエージェントの口コミには、求人を紹介してもらえないという内容の口コミがいくつかありました。求人数は悪くないはずですが、希望や条件の合う企業に就職できた、という方もいれば、希望の求人を紹介してもらえないという方もいる、ということです。

これは、登録者の希望職種・職務経験・スキルや資格などにより異なます。そのため、企業が求める人物と登録者の希望や条件がマッチしなければ、やはり紹介できないというケースもでてくるのだろうと思います。

面談してもらえない場合もある

キャリアアドバイザーとの面談を希望していたが、断られた。

紹介できる案件がなければ、面接をしてもらえない

お仕事紹介の前に、キャリアアドバイザーとの面接さえ断られたという口コミもありました。マイナビエージェントの場合は、会員登録の時点で、職歴やスキルなどを入力します。そのため、登録内容から紹介できる求人がないと判断された場合は、面談は行われず、メールで其の折を伝える連絡が来るようです。

キャリアアドバイザーに将来的な方向性も含め相談しようと思っていたのに、断られた方もいるようです。このように、面談に基準を設けているのはマイナビエージェントだけではありません。しかし、お仕事を紹介できる可能性があると判断できる方しか、面談をしてもらえないのは、少し残念ですね。

担当者からの連絡がこまめすぎる

担当者からの連絡が密すぎてプレッシャーを感じた。

担当者と連絡をきちんととれるのはいいけれど、何度も電話がくるのは困った。

マイナビエージェントの担当者は、連絡や返信がとても速いという、良い口コミがとても多かったのですが、逆にまめなやりとりが面倒くさい、多すぎて困ると感じた登録者もいるようです。

これは、まさに感じ方の違いかと思いますが、転職活動を真剣にしているのであれば、密な連絡も非常に有り難いと思うのが普通でしょう。しかし、他の人材紹介サービスを同時に利用している、又は転職を急いでいなければ、何度も連絡がくるのは、少し困るかもしれません。

マイナビエージェントを利用する際のポイント

マイナビエージェントで転職を成功させるためのポイント

マイナビエージェントは、サイト内で、キャリアアドバイザーとの面談の重要性を記載しています。キャリアアドバイザーにどれだけ、あなた自身のこと、又あなたのキャリアのことを明確に知ってもらえるかが転職成功のキーになるからです。

まずは、キャリアアドバイザーの面談前に、転職時期を明確にして、ご自分のスキルや経歴をしっかりアピールできるように準備しましょう。そして、転職理由をもう一度よく考え、お仕事の希望や条件をはっきりさせましょう。これらの内容をしっかりと明確にキャリアアドバイザーに話せれば、あなたに最適と思われる求人をきっと紹介してもらえるでしょう。

キャリアアドバイザーに頼るだけでなく、ご自分でも、マイナビエージェントの公式サイトを最大限に利用してみましょう。マイナビエージェントの公式サイトには、転職に必要な情報が全て詰まっていると言っても過言ではありません。特に役立つのは、「転職ノウハウ」欄と「転職お役立ち情報」欄です。

転職ノウハウには、履歴書や職務経歴書の書き方だけでなく、面接対策完全ガイドや自己PR完全ガイド転職成功のポイントなどが紹介してあります。転職が初めての方に役に立つ情報が沢山ありますので、転職についての知識がない方はぜひ利用してみましょう。

転職お役立ち情報は、平均年収ランキング、転職市場レポートの他に取引先企業情報も紹介しています。こちらも転職活動をする上で知っておきたい情報が多くあるので、目を通してみたらいいでしょう。

出典:マイナビエージェント

出典:マイナビエージェント

マイナビエージェントが主催するイベント情報

テーマ別転職相談会

マイナビエージェントは、職業別に転職相談会を開催しています。こちらは全ての業界が対象になるわけではなく、対象になる業界は、IT・営業職・医療系・エンジニアです。では、そのうちの1つ、エンジニアの相談会についてご紹介しましょう。

ものづくりエンジニアのための転職相談会

こちらの相談会は、エンジニアの転職を目指す方の相談会です。35歳までのものづくりエンジニア経験を3年以上方が対象になります。相談会では、エンジニアの採用動向を知ることができる他、エンジニアとしての職務経歴書のアピール方法を学び、キャリアアドバイザーにエンジニアとしてのキャリアプランを相談することができます。

セミナーの所要時間は1時間~2時間で、土日祝日を除いて毎日朝10時から夜8時まで、開催場所は、株式会社マイナビ東京(京橋第一)オフィス・東京(京橋第二)オフィス・大阪オフィスです。それぞれのテーマの相談会申し込みはサイト内でできるので、興味のある方は確認してみましょう。

出典:マイナビエージェント

若手営業職 はじめての転職セミナー

マイナビエージェントは営業職の転職を考えている方向けに転職セミナーを行っています。こちらのセミナーの対象者は大卒以上の25歳~29歳までの方で、営業経験が2年半以上ある方、また今回が初めての転職になる方になります。

セミナーでは、キャリアアドバイザーによる希望条件やあなたの経歴などのヒヤリングから、職務経歴書の書き方やアピールの仕方、面接対策などを指導してもらえます。また、その場で求人紹介もしてもらえるので効果的なセミナーと考えていいでしょう。

セミナーの所要時間は1時間~2時間土日祝日を除いて毎日朝10時から夜8時までです。あなたの都合のいい時間に予約ができます。セミナー会場は、株式会社マイナビ東京(京橋第一)オフィス・東京(京橋第二)オフィス・大阪オフィスです。申し込みは公式サイト内からできます。

初めての転職は、進め方などの知識も含めてわからないことが多くあり、一人で応募するのは、難しいと思う方も多いでしょう。こちらのセミナーは今回が初めての転職になる方向けのためのセミナーなので、転職に関する様々な不安を取り除くことができるでしょう。対象に当てはまる方で、セミナーに興味のある方は申し込んでみてはいかがでしょうか。

出典:マイナビエージェント

マイナビエージェントの対応しているエリア

 

求人数 10426件
求人エリア 全国(東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、茨城、栃木、北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、愛知、岐阜、静岡、三重、新潟、富山、石川、福井、長野、山梨、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)海外

マイナビエージェントの2018年10月現在の公開求人数は、1万426件です。マイナビエージェントはこのように、全国に求人を抱えていますが、海外求人も38件あります。地方でも各県で少なくても50件は求人があるため、他社と比較すると、地方に強い人材紹介サービスと見ることができそうです。

出典:マイナビエージェント

マイナビエージェントに関するよくある質問

マイナビエージェントとマイナビ転職の違いは何ですか?

マイナビエージェントとマイナビ転職の大きな違いは、マイナビエージェントは人材紹介サービスで、マイナビ転職は転職情報サイトであるという点です。マイナビ転職は情報サイトですので、ご自信で求人検索し直接求人に応募します。しかし、マイナビエージェントは人材紹介サービスですので、エージェントがつき、ありとあらゆる転職のサポートをするという点で異なります。

マイナビ転職は幅広い求人を豊富に掲載しており、未経験のお仕事も多数あります。ご自分のペースで求人に応募できることもあるため、それぞれにメリットがあります。

出典:マイナビエージェント

登録後すぐに求人を紹介してもらえますか?

キャリアアドバイザーとの面談の場で、あなたの希望や条件に合うお仕事があれば、その場で紹介してもらえます。しかし、あなたの年齢、経験やスキルによっては、すぐに希望の求人を紹介してもらえない場合もあります。そのため、登録者によって求人紹介の時期は差があると言えます。

経験やスキルによっては面談の場で複数紹介してもらえる場合もあるので、まずはキャリアアドバイザーとの面談で相談してみましょう。

求人を紹介してもらいやすい職種はありますか?

マイナビエージェントは、非公開求人も含めて、とても幅広く求人を取り扱っています。その中でも、キャリアアドバイザーが比較的紹介しやすい業種や職種は確かに存在します。最近、得に需要があり注目されているのが、IT・通信系のお仕事です。

IT・通信系の業界に求人が多く、経験やスキルによって紹介しやすい理由は、大手企業が第二新卒を多く採用する傾向にあるからです。また、看護師・薬剤師・医師などのメディカル系のお仕事や、メーカー系のお仕事も増えていますので、求人が多い分他の業種よりは、紹介しやすいと言えるかもしれません。

登録すれば必ず求人を紹介してもらえますか?

マイナビエージェントは、多種多少の求人を持っています。中には、経験やスキルがあまり問われない求人もあります。しかし、登録すれば必ずお仕事を紹介してもらえるわけではありません

登録者の経歴やスキル、又は希望の職種や条件にもよるので、求人の紹介が難しい場合もあります。また、非公開求人は一般に公開しないことになっており、企業が求める経験やスキルのある方で、応募可能と判断した方にのみ、提案しています。

複数の求人に同時に応募することは可能ですか?

はい、可能です。マイナビエージェントを利用する求職者は普通、同時に3社~6社応募する傾向にあります。応募先企業の志望順位や企業の選考の進め方を考慮し、それぞれの企業の選考期間を同時に進めることが可能です。

書類選考の通過率も登録者によって差があるので、同時に複数応募する場合は、応募者数や応募期間を慎重に決めることが大切です。これらは、担当のキャリアアドバイザーがアドバイスしてくれます。

担当のアドバイザーはどのようにして決まりますか?

マイナビエージェントは、あなたの経験や希望の職種、又は住んでいるエリアを確認して、対応できるキャリアアドバイザーを決めます。マイナビエージェントは、それぞれの業界・業種の知識が豊富なキャリアアドバイザーが在籍しているので、安心して相談できます。

30代でのキャリチェンジは可能ですか?

一般的には、30代でのキャリアチェンジは20代の転職に比べると成功率が低くなると考えられています。30代前半であれば、ある程度の求人があることもありますが、後半になるとキャリアチェンジは現実的に難しいと思われます。それには、企業が30代の人材に即戦力を求めているから、という理由があります。特に、営業・経理・人事へのキャリアチェンジは難しいでしょう。

転職は何度目くらいから不利になりますか?

転職回数に関しては、業種や職種によって異なります。しかし、一般的には転職歴が過去に3回あると少し多いかな?という印象を与えてしまうかもしれません。転職歴が4回以上になると、多くの職種でマイナス点として評価されてしまうことが多いのが一般的です。しかし、最近転職は以前よりも一般的になってきているので、今までの転職回数が2回以下なら、あまり問題はないでしょう。

マイナビエージェントの会社概要

マイナビエージェントは株式会社マイナビが運営する人材紹介サービスです。株式会社マイナビは、昭和48年に毎日新聞社の関連会社として設立されて、始まりました。人材派遣事業本部ができたのは平成10年5月です。その後事業を展開していき、平成19年3月に、人材情報ポータルサービス新ブランドを「マイナビ」に統一しました。平成23年に、株式会社 毎日キャリアバンクが株式会社マイナビエージェントに社名変更し、現在に至ります。

会社名 株式会社 マイナビ
Mynavi Corporation
本社 東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号
拠点 東京本社をはじめ全国に拠点を持つ
ホームページ https://www.mynavi.jp/
電話番号 03-6267-4000(代表)
アクセス 竹橋駅の九段下寄り改札口より直結
問い合わせ こちらの問い合わせフォームから問い合わせしましょう

非公開求人80パーセントのマイナビエージェント

マイナビエージェントは、サービスの手厚い人材紹介サービスで、知名度も高く評判もよいため、利用価値のある人材紹介サービスだと思います。「総合型転職エージェント」と呼ばれる多種多少の職種を持つエージェントの良さと、一定の職種を専門にした「特化型転職エージェント」の良いところを持ち合わせているのが特徴です。

口コミや評判で、キャリアアドバイザーの対応が全体的に良いこともわかります。親切にしっかりと相談にのってくれるだけでなく、様々な業界の知識があるアドバイザーが多く在籍しているのは、非常にいいことです。アドバイザーの質の良さは転職成功の1つのキーだと思います。

マイナビエージェントは、株式会社マイナビが運営している転職サービスの1つですが、正社員のお仕事を目指していて、20代、30代の方で初めての転職、もしくは2回目の転職になる方には向いている会社だと思います。同じマイナビでも、マイナビ転職は求人数は豊富なものの、人材紹介サービスではないので、キャリアアドバイザーがつかず応募もご自分でする形です。

逆に、マイナビエージェントはキャリアアドバイザーがつき転職の全般的なサポートをしてくれます。キャリアアドバイザーに相談したい、初めての転職なので職務経歴書の添削もしてもらいたい、現職中なので面接の日程調整や給料交渉も全て任せたいという方には、ピッタリのサービスです。