公認会計士の転職はJICPA Career Navi。おすすめポイントを大調査

JICPA Career Naviとは?

JICPA Career Naviとは、公認会計士や公認会計士になりたい人のための求人情報サイトです。すでに公認会計士として働いた経験がある人や、公認会計士の試験合格者のみを対象としています。会計士として働きたいと考えている人にとってはぴったりのサイトだと言えます。

公認会計士は会計のプロフェッショナルとして、企業や団体を運営する上でなくてはならない存在です。具体的にどのような仕事内容を行う職業かというと、主には

  • 企業や団体の会計監査
  • 経理に関する作業
  • 税務作業
  • 会計などに関するコンサルタント

などです。

公認会計士の資格を活かした求人というのは、専門性が高く、なかなか見つけづらい職業ではありますが、JICPA Career Naviはそんな公認会計士の就職を応援し、支援するサイトとして多くの人に活用されています。

JICPA Career Naviの特徴を他社サイトと徹底比較

この求人情報サイトは、他のサイトとは何が違うのでしょうか。一般的な転職サイト・求人情報サイトとは異なる点をいくつかご紹介していきますので、ぜひJICPA Career Naviを活用する際の参考としてみてください。

専門的な求人

一般的な転職・求人情報サイトは、様々な職種の求人を取り扱い、幅広くサービスを展開していますが、JICPA Career Naviはすべての求人が、公認会計士を対象とした求人となっています。
求人の内容としては、税理士やコンサルタント会社、個人事務所、監査法人など、様々な就職先を紹介しています。内容や企業によって、特色が大きく変わる場合もあるので、自分に合ったものを探すことが就職活動のカギとなります。

公認会計士の求人のみが掲載されている専門性こそが、JICPA Career Naviのメリットです。公認会計士の求人は、他のサイトでは膨大な求人に埋もれてしまってなかなか探しづらいものです。しかし JICPA Career Navi なら簡単に探せて、自分とマッチした就職先が見つけやすくなります。

会計士としてのキャリアップや、専門性を活かした就職を希望する際には、非常に使いやすいサイトであると言えます。ただし公認会計士の資格がないとサイトに登録できないため、注意してください。

カバーしている地域も非常に広く、全国を対象におよそ120件ほどの求人が掲載されているため、希望の地域での就職を探せるようになっています。ぜひ、自分が働きたい地域で検索をしてみてください。

求人情報がメールで届くのでわかりやすい

JICPA Career Naviは、まず求職者登録を行い必要な情報をサイトに登録します。そうすると、JICPA Career Naviの方から、あなたに合う求人情報がまとめられたものがメールで定期的に届きます。このメール配信をうまく活用するのが、就職活動をスムーズに終えるコツとなってきます。

配信メールの内容は、希望の職種や地域、過去の職歴、学歴などからマッチングした、あなたにぴったりの求人情報です。これによって、膨大な求人情報を自分で一つ一つ確認していく手間が省けます。
忙しい方や、早く就職活動を終えたい人にとって非常に役に立つ機能なので、ぜひこまめにチェックして自分の希望に合う求人を見逃さないようにしましょう。

届いたメールの中に気に入った求人情報が載っていれば、そのまま手続きを進めていき企業との面接を行うという流れになっています。

女性会計士の活躍を応援

JICPA Career Naviを運営する日本公認会計士協会は、女性会計士の就業を応援しています。妊娠や出産、育児などで仕事から一旦離れた女性の復職支援を積極的に行っているのです。具体的には、女性会計士の積極的な採用を企業に呼び掛けたり、働き方に対する正しい認識を深めるために企業向けの研修会を定期的に行うなどをしています。

また、JICPA Career Naviにも女性が働きやすい職場が多く掲載されています。そもそも会計士という職業は性別に関係なく、個人が自分の能力によって活躍できる職業として多くの人から注目を集めています。会計士は公認会計士の資格が必須の職業なので、資格さえ持っていれば、待遇や仕事内容を性別で区別されることが非常に少ないのです。

また、とても専門的な職業なので、資格を持ち続けていれば一度会社を離れても再び就業することが比較的容易です。そのため、会計士は女性のみならず、育児や介護で職場を一旦離れた方にとっても嬉しい職業です。

そのような職業の特徴と、日本公認会計士協会の働きかけが作用して、JICPA Career Naviには多様な雇用形態の求人が掲載されており、多くの女性公認会計士にとって活用しやすいサイトとなっているのです。

シンプルで使いやすい求人情報サイト

JICPA Career Naviの非常に大きな特徴として、シンプルで使いやすいという点があげられます。過剰なサービス提供がなく、サイトにも必要な情報しか記載されていないので、迷わずにサクサクと自分の求める求人情報が探せます。

しかしその反面、面接対策や自己PR文の添削などのサービスは行っていないため、就職や転職活動に慣れていない人にとっては少々物足りなく感じるかもしれません。しかし、サービスや情報にあふれて自分にとって有用な情報はどれなのか悩んでしまいがちな人にとってはとても使いやすいサイトです。

ある程度転職活動に慣れた人や、これまでも公認会計士として働いていた人、もしくは自分のペースで就職活動を進めていきたい人にとっては、非常に使い勝手の良い求人情報サイトなのです。

JICPA Career Naviの採用募集データ

JICPA Career Naviの採用募集データはどのようなものとなっているのでしょうか。採用募集データは数多の転職・求人情報サイトの中から、自分が使っていくサイトを選ぶ際の一つの判断材料ともなる情報です。ここではそんな採用募集データ、つまり掲載されている求人数やその職種などについてご紹介していきます。

JICPA Career Naviの求人数

JICPA Career Naviには約120件ほどの求人情報が掲載されています。(2018年11月現在)

全国の求人情報をカバーしていますが、専門的な職種ということもあって、主に関東での求人、または各地域でも比較的都市部での求人が多い傾向となっています。もちろん、その他の地域の求人も掲載されていますので、自分が希望する地域で検索をしてみましょう。

JICPA Career Naviで募集している職種・業界

JICPA Career Naviは公認会計士を対象とした求人情報サイトなので、募集している職種や業界は非常に限られたものとなっています。

公認会計士は会計に関する専門家なので、その職種はほぼすべて経理や会計に関するものです。税理士法人や監査法人、公益法人の求人情報が主に掲載されています。その他にはコンサルタント会社が、会計コンサルタントの求人を出している場合もあります。

公認会計士の資格を活かして働ける職場にも様々なバリエーションがあるので、自分の希望に沿った求人がきっとみつかるでしょう。

管理/事務 ■財務/経理■会計/法務
業界専門職系  ■コンサルタント

JICPA Career Naviの会員登録から内定までの流れ

実際にサイトを使っていく上で気になるのが、会員登録や求人を探していく手順がどのようなものなのか、というところですよね。そこでここでは、実際にJICPA Career Naviを使って就職先を決定していく流れについて細かく説明していきます。

会員登録方法

JICPA Career Naviで求人を見たり、応募するにはまず会員登録をしなければなりません。その登録方法は非常に簡単で、短時間で完了することができます。JICPA Career Naviにアクセスし、求職者情報を入力するだけなので、数分しかかかりません。

注意事項としては、登録の際、公認会計士であるということを証明するために、研修登録番号の記載が求められるという点です。研修登録番号は、公認会計士の試験を合格すると付与されるものなので、忘れずに入力しましょう。

履歴書・職務経歴書の提出方法

JICPA Career Naviに、履歴書や職務経歴書などを事前に提出する必要はありません。履歴書の添削サービスや、履歴書をもとにしたエージェント面談などがないので、事前に提出する必要がないのです。また、おすすめの求人情報も、履歴書ではなく登録者情報をもとにして集められているから、という理由もあります。

気に入った求人情報が見つかったら、詳細ページ内にある「この求人の面接を希望する」というボタンをクリックします。そうすると、あなたの情報が求人元に送られ、採用担当者から履歴書提出と面接についての連絡がきます。履歴書はこのタイミングで、直接求人元に提出するということになります。

お仕事紹介・マッチング

お仕事紹介はすべてメールで行われます。JICPA Career Naviは登録情報をもとに、あなたの希望にあった求人情報をまとめて定期的にメールでお知らせしています。なので、メール配信はこまめにチェックするようにしましょう。自分で検索機能を使って探していた場合には見落としていた求人が紹介されているかもしれません。

応募の手順としては、おすすめの求人情報の中で気に入った求人があった際は応募をして、求人元と直接面接の日時などを決めていくという流れになります。

面接

面接対策などは特にありません。求人情報を求職者に提供するといったスタンスのサイトなので、それ以外のサービスは基本的には行っていません。

面接の日時や場所の決定なども、求職者と求人元が直接やり取りをして決めていきます。自分のペースでやり取りを進めていきたい人にとっては使いやすい仕組みと言えます。

内定から入社までの流れ

JICPA Career Naviには、コンサルタントが内定先との仲介をするサービスはありません。自分で内定先とやりとりをし、入社日までに必要書類などを準備しましょう。

内定が決まり、正式に就職が決定した後は、サイト内の「就職が決まった方へ」というボタンをクリックします。クリックした先のページでは、登録した求職者情報の削除作業を行うことができます。個人情報を保護するためにも、きちんと削除の手続きを行いましょう。

他の就職支援サイトを活用して就職が決まった場合にも、この作業は忘れずに行うようにします。

JICPA Career Naviの評判・評価・口コミ・体験談

良い口コミや評判

専門性が高い

・他の求人サイトは情報が多くてわかりづらい場合があるが、このサイトはとてもシンプル。公認会計士の仕事だけを探せるので使いやすかった。

就職活動中は頻繁に使うものだからこそ、使いやすさは大事ですよね。JICPA Career Naviはシンプルで専門性が高く使いやすいと評判です。

登録から就職までの流れが簡単

・登録するだけで、自分に合った求人の情報が自動で届くので、とても簡単に就職活動を終えられました。

自分にマッチした会社を見つけやすいというのは、重要なポイントです。気になる求人情報が自動で届くメールサービスは嬉しいという声が多く寄せられています。

自分のペースで進められる

・自分で決めて、自分の力で就職活動を進めていかなければいけないが、マイペースに進められるので自分には合っていた。

就職活動のペースは使用する転職サイトによっても影響されます。自分でどんどん進めたい人にとってはJICPA Career Naviはぴったりのサイトなのです。

悪い口コミや評判

面接や自己PRの添削などがない

・シンプルな求人情報サイトなので、基本的には面接のアドバイスや自己PRの添削などはなく、自分の力が試される。

JICPA Career Naviには面接のアドバイスなどのサービスがありません。そのようなサポートを受けたい人にとっては相性が合わないサイトかもしれません。

求人の情報が少ない地域もある

・公認会計士の求人のみを取り扱うサイトなので、地域によっては求人の数が少ない場合もあります。専門性が高いのは嬉しいですが、その分どうしても都会に偏ってしまっています。

どのような職業も都会に求人が偏ってしまいがちですが、JICPA Career Naviでは専門性が高い分特にその傾向が強くあります。

情報が少ないこともある

・過剰な情報やサービスがないため、シンプルで見やすいのがこのサイトの良い点ですが、求人によっては情報が少ないなぁと感じる場合もあります。

シンプルで見やすい分、情報が少なく感じて物足りないという声も挙げられています。多少見づらくても多くの情報を得たいと考えている人にとっては、不満があるかもしれません。

JICPA Career Navi を利用する際のポイント

欲しい情報や募集要項を検索するときのポイント

転職サイトや就職支援サイトで重要なのが、自分にマッチした就職先が探しやすいか、またその探し方はどのようなものなのか、というところになります。自分の希望の求人情報が簡単に手に入るのが、使いやすい転職・求人情報サイトを見極めるうえでの最大のポイントとなるからです。

JICPA Career Naviでは、最初に登録した求職者情報に基づいて、おすすめの求人を定期的にメールで送ってくれるので、かなりマッチした就職先が見つけやすいです。

JICPA Career Naviが主催するイベント情報

JICPA Career Naviは日本公認会計士協会無料職業紹介所が運営する求職支援サイトです。なので、日本公認会計士協会による研修会やイベントが多々行われています。公認会計士の資格を活用して会計士として働きたいと考えている方は、積極的に参加してみることをおすすめします。

研修会

日本公認会計士協会は、「キャリアの多様性について」や「公認会計士にという職について」の研修を各地で行っています。新社会人や学生に向けた研修会も多く開催されているので、公認会計士を目指している方は参加してみるといいでしょう。会計士として働くうえで役に立つ情報がたくさん得られます。

また、日本公認会計士協会は女性公認会計士の活躍を推進しています。女性会計士が独立開業をする際のポイントについての研修会や、企業に向けて女性の活躍を推進する内容の研修会も行われています。女性会計士の方は、自分のネットワークを広げ仕事を円滑に進めるためにも、積極的な参加をおすすめします。

イベント

研修会よりも気軽に参加できる雰囲気で行われているのがイベントです。すでに公認会計士として活躍している人や、公認会計士を雇う企業以外に向けたイベントも多数あります。学生に向けて、会計士としての就職を応援するイベントや、女性会計士同士の交流を深めるためのイベントも各地で行われています。
会計士に興味を持っている方や、会計士同士のネットワークを広げたい方にとっては注目すべきでしょう。

JICPA Career Naviの対応しているエリア

求人数 約120件
求人エリア 全国(東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、茨城、栃木、北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、愛知、岐阜、静岡、三重、新潟、富山、石川、福井、長野、山梨、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

JICPA Career Naviは幅広く全国の求人情報を掲載しています。なので、自分が住んでいる地域や就職先として選びたい地域に合わせて、就職活動を行うことができます。

公認会計士の求人しか掲載されていないので、ある程度求人数に地域差はでますが、かなり広い地域の求人を探すことができるといえます。

JICPA Career Naviに関するよくある質問

JICPA Career Naviを使っていくうえで気になることについて、その質問と回答をまとめてみました。使用する際に気になるポイントをチェックしておくと、気軽に使えますよね。ぜひ参考にしてみてください。

すべて無料でできますか?

JICPA Career Naviはすべてのサービスを無料で活用することができます。

登録や求人探しも簡単にできるので、会計士を目指している人や、会計士として転職したい人などにはぴったりの求人情報サイトです。

新卒や第二新卒でも募集はありますか?

新卒や第二新卒といった形で募集していることはあまり多くありませんが、公認会計士試験合格者を対象に求人を出している企業は多々見られます。

新卒や第二新卒など、会計士として経験が浅い方でも、気軽に応募できる求人もたくさんあるのでぜひ応募してみてください。

派遣の仕事を探しているのですが派遣のお仕事もありますか?

雇用形態に関しては、常勤・非常勤といった形で区分されています。

また、勤務時間や勤務日数などに柔軟な姿勢をとっている企業も多数求人を出しているので、フルタイムでの勤務が難しい場合でも、自分に合った働き方をすることができます。

退会した後なのにメール配信が続くことはありませんか?

就職が決まり退会したはずなのに、引き続きメール配信が届き続けて困っているという状況は、求人情報サイトや転職サイトを活用していた人からよく聞く悩みですよね。

前述したとおり、JICPA Career Naviでは「就職が決まった方へ」というページから退会手続きができて、登録情報は確実に削除されるので、JICPA Career Naviの場合はほぼ無いといって問題ないでしょう。
有資格者だけを対象としたサービスだからこそ、こういうところがきっちりしているのは嬉しいですね。

JICPA Career Naviの会社概要

JICPA Career Naviは、日本公認会計士協会無料職業案内所が運営しています。ここでは、JICPA Career Naviがどのような団体によって運営されているかをご紹介します。

協会名 日本公認会計士協会
本部 公認会計士会館
〒102-8264 東京都千代田区九段南4-4-1
ホームページ https://jicpa.or.jp/
電話番号 03-3515-1120(無料職業案内所を担当する総務本部の連絡先)
メールアドレス sodan@jicpa.or.jp
営業時間 9:00~17:00
定休日(年始年末) 土日・祝日・年末年始
アクセス JR市ヶ谷駅から徒歩5分

まとめ

JICPA Career Naviは、日本公認会計士協会が運営する就業支援サイトです。他の求人支援サイトと違うところとして大きい点は、公認会計士の求人のみが掲載されているという点です。

このような専門的な転職サイトというのは、その職業が専門的であればあるほど効果を発揮します。様々な職種の求人を網羅した総合的なサイトは、幅広い職種の求人情報を求めている人にとっては使いやすいですが、ピンポイントに一つの職種について調べたい場合には使いにくくなってしまいます。そのような専門的な職業の求人は、埋もれてしまって探しづらいからです。

そこで、何か専門的な資格を持っている人や、一つの職種について求人を調べたい場合などは、ぜひこのような専門的な求人情報サイトにも目を向けてみてください。きっと自分に合った職場がみつかるはずです。
会計士として活躍したいと考えている人はぜひ、JICPA Career Naviを使って就職活動をしてみましょう。