1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事が嫌い
  4. 仕事が続かない女性の心理とは。よくあるパターンと5つの解決策

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

仕事が嫌い

仕事が続かない女性の心理とは。よくあるパターンと5つの解決策

仕事が続かないのはなぜ?いつもすぐ辞める女性の謎

人間関係が悪いわけでも仕事内容に問題があるわけでもないのに、せっかく見つけた仕事をどうしてすぐに辞めてしまうのでしょうか?仕事に慣れるまでは嫌だ、辞めたいと思ってはいても、そのまま実際に辞めてしまう人は少ないでしょう。それでも辞めてしまう人というのがいます。数年で辞めるというのはまだ長く務めているほうで、ひどい場合は数か月、数日で辞めてしまうこともあります。

ここではいつもすぐに仕事を辞めてしまう女性のパターンや、そのことがどんなリスクになるのか、またどうしたら仕事が続けられるようになるのかを解説します。

仕事が続かない女性のパターン

どんな仕事に就いても、なぜかいつも続かず辞めてしまう女性がいます。若い女性に限らず、アルバイトや正社員に限らずです。

仕事が自分には難しくミスばかりしてしまう、同僚や先輩からひどいいじめがある、上司のパワハラがあるなど、中には辞めざるを得ない理由で続けられない場合もあります。しかし何度も仕事に就いては辞めてを繰り返す女性には、仕事を辞めるということについて軽く考えている場合が多く、辞めざるをえない場合とはまた違う、いくつかのパターンがあります。

飽きっぽい・根気がない

何事にもすぐ飽きてしまう、続けることができないという性質のためにすぐ辞めてしまう女性がいます。趣味や興味、服や靴にすぐ飽きて買い替えるのと同じように、仕事も飽きたらすぐに辞めてしまい、同じことを根気よく続けられないのです。

「少し仕事ができるようになったら、また次の新しいチャレンジがしたくなる」「少し難題に当たると、すぐに無理だと投げ出してしまう」ということが、辞めたい気持ちに直結してしまいます。

慣れてきたら次は少し違う、難しいことをさせてもらえばよいのです。先輩や上司も、少しくらい難しくてもできると思って任せてくれるわけですから、素直に教えてもらいながら仕事をするなど、少し考え方を変えるだけで長く続けていけそうです。

嫌なことを嫌だと考えすぎる

誰でも嫌なことは嫌なものですが、少し嫌だと思うだけのことでもずっとそればかり考えていたら疲れますよね。それが仕事内容についてでも、同僚や先輩、上司のこと、通勤の満員電車、早起きなどでも、嫌だ嫌だと考えすぎれば今よりももっと嫌になってしまいます

考えすぎるとますます嫌になるだけでなく疲れますよね。その疲れはストレスになって不眠や食欲不振など体調不良にも繋がってしまいます。
仕事をすぐに辞めてしまう女性は、そこまでストレスがひどくなる前に辞める場合が多いですが、嫌なこと、嫌いなこと、苦手なことなどマイナスなことは、あまり考えすぎると心にも体にもいい影響を与えません

嫌なことを嫌だと考えすぎるのではなく、その中に少しでも興味の持てそうなことはないでしょうか。そちらに少し考えを向けるだけでも嫌なことを考える時間は減ります。

他にしたいことがあると我慢できない

趣味や興味など仕事の時間外でできることでも、一度他のことに興味が向いてしまったら元に戻せない女性もいます。ネイルやフラワーアレンジメントなどスクールに通いたい、長期の海外旅行に行きたいなど、事を辞めないと実現できないことに興味を持ってしまうと、我慢できずすぐに仕事を辞めてしまいます。

仕事のためにやりたいことを全て我慢しろというわけではありません。スクールに通いたいのなら、まずは会社帰りや休日にもできる短時間の習い事から始めてみる、長期の海外旅行に行きたいのならその旅費を貯めるために仕事をがんばるなど、とりあえずは仕事を続けながらできることをしてみましょう。

どこでまた興味がそれてしまうかわからないし、思っていたものと違うことが出てくるかもしれません。まずは一呼吸分我慢してみましょう。

責任ある立場につかないので仕事への意識が低い

何度も仕事に就いて辞めてを繰り返していると、いつも新人ですよね。新人は責任ある立場にはつけませんし、難しい仕事も任せてもらえません。そうなると当然仕事への意識も低くなって、真剣に仕事に取り組もうとしません。責任感もないので簡単に仕事を辞めてしまいます。

いつまでも仕事への責任感がないままだとやりがいも感じられません。やりがいが感じられないと楽しくもないですよね。人間少しは楽しいと思えるものでないとなかなか長く続けることができません。少しでも今の仕事に面白みが見つけられたら、今までより長く続けられそうです。

辞める人の多い業界に慣れてしまっている

辞める人が多い業界と言えば宿泊業や飲食業です。宿泊業や飲食業は昔から大変なわりに給料が安いところが多いので、好きでないとなかなか続けられません。

辞める人が多い業界というのは、特に資格もいりませんし初心者でも雇ってもらえることが多いです。だからと言っていつも同じ業界で働いていると、すぐに辞める人が多いのが普通だという感覚になってしまって、長く仕事を続けることができません。

初心者でも雇ってもらえるというのは嬉しいですが、他の業界でも初心者を雇ってくれるところはあります。違う職種も視野に入れて仕事を探してみましょう。

家族の援助があるなど甘やかされている

仕事をすぐに辞めてしまうのは、金銭的に困ることがない状況だからという理由もあります。実家暮らしだったり、家族からの仕送りや援助があり、仕事を辞めても何も言われない、など甘やかされている場合です。

一度社会に出ると、収入がなくなるという理由だけではなく、仕事を辞めると家族から何かを言われることがあります。無職だと家に居づらいという人もいます。しかし、金銭的に甘やかされている女性はそういったストレスもなく、家の居心地がよく外に出たくないといった理由もあり、仕事に就いても働く意義が見つからずすぐに辞めてしまうのです。

このまま甘えていては自分のためになりませんよね。興味が持てない仕事だからすぐに辞めてしまうのであれば、少しでも興味のある分野の仕事や、自分のためになりそうな仕事を探してみるのもいいかもしれません。

仕事をよく変えることのリスク

飽きたから、おもしろくないから、働きたくないから、嫌なことを我慢できないからなどと言う理由で仕事を次々と変えていくと、後々の自分のためになりません。

若い間や最初の頃はいいかもしれません。しかし、辞めては次の仕事に就くということを何度も繰り返した履歴書を見て、次の就職先の面接官はどういった印象を持つでしょうか。あまりいい印象を持たれないのは確かですよね。

ここでは、すぐに仕事を変えてしまうことによって自分が被るリスクについて解説します。

根気のない人だと判断される

何度も何度も短期間に仕事を変えていると根気がない人だと判断されてしまい、ここもすぐに辞めてしまうのだろうと思われてしまいます。

企業側は根気がなくすぐに辞めてしまう人を採用したいとは思いません。根気があるかないかを最初に見極められるのが履歴書です。履歴書は一番最初に面接官に見られます。そこでまずふるい落とされることになってしまうのです。

これを何度も繰り返していると、すぐに辞めてしまうどころか採用すらしてもらえないということになってしまいます

すぐに辞めてしまう女性がいきなり長く働くようにするのは難しいかもしれませんが、前回よりも少し長く働くというところから改善してはいかがでしょうか。

スキルが身につかない

仕事をすぐに辞めてしまっていては、どんな職種についてもスキルが全く身につきません。どの職種も最初からスキルが必要な難しい仕事をさせてくれるわけではないので、スキルが身につく前に辞めてしまうということになります。

何度もすぐに仕事を辞めてということを繰り返していると、どの職種のスキルもない上に、短期間で辞めているというところしか見てもらえず、再就職にとても不利になってしまうのです。

仕事でスキルが身につかないなら、興味のある分野の仕事に必要なスキルを前もって勉強するという手もあります。資格が必要なら先に取ってしまうのもいいでしょう。

社会的地位がずっと低いまま

仕事をすぐに辞めてしまうということは、社会的地位がずっと低いまま、昇進という機会もないまま辞めてしまっているのでずっと平社員のままです。

ずっと平社員のままということは、昇給の機会もなく、ボーナスももらえないままです。ボーナスのもらえる制度自体はあっても、査定を待たずに辞めてしまっていると思うともったいないですよね。

社会的地位なんてなくてもいいと思うかもしれませんが、ある程度の年齢になっても平社員で給料は低いままとなると、貯蓄もできなくなってしまいます。
今後のことを考えて、少しでも長く働けるように工夫してみましょう。

将来が保証されない

何度も短期間で仕事を変えていると、当然働いていない期間というものが出てきます。その期間というのは健康保険に加入していない可能性がありますよね。マメに健康保険の切り替えをしているなら大丈夫ですが、していない人が大半です。その期間もし病院に行かないといけなくなった場合、健康保険は使えないというリスクがあります。

また、仕事をすぐに辞めてしまうと、年齢に比例して額が上がる退職金は期待できません。もらえないと考えるほうがいいかもしれません。昇給の機会もないので給料も低いままです。そうなると将来のための貯蓄も思うようにできなくなってしまいます。

仕事をいくつも変えながら節約して生活していくか、ひとつの会社で長く働いて退職金がもらえるようにするかで将来の生活や不安の大きさが変わるということになります。

続けられる仕事をするためには

何度も仕事を変え、すぐに辞めていたけれど、今後のためにもひとつの会社で長く働きたいと思う女性は少なくありません。しかし今までの自分の仕事の仕方、考え方、意識のままでは難しいということもわかっているはずです。

根気がない、スキルがない、昇進できない、将来が不安などを改善するにはどうすればいいのか。ここでは続けられる仕事をするためには何から始めればいいのか、どういう基準で仕事を選べばいいのかを解説します。

自分の意識を変える

まず自分の意識を変えてみましょう。
そのためには、今までの退職を振り返って辞めた理由を思い出してみることです。何が原因で辞めたのか、仕事が嫌だったのか人が嫌だったのか、本当に辞めなければいけないほどの理由だったのかを考えてみてください。

もしかしたら辞めた原因を乗り越えられたら楽しくなった仕事や、自分を成長させてくれるような仕事があったかもしれません。

本当にどうしても我慢ができなかったのか思い返してみると、そうではなかった場合が多いのではないでしょうか。それなら次は同じようなことがあっても乗り越えられるかもしれません。

自分の中の基準を変える

すぐに仕事を辞めてしまう女性の周りには、もしかしたら同じようにすぐに仕事を辞めてしまう女性が多いのはないでしょうか。

同じような考えの友達といると居心地がいいものですが、周りも同じだからと安心してしまって今の状況を変えようという気になれない上に、変えないといけないという危機感を持つこともできません。

その場合は思い切ってその友達とは少し距離を置いてみるのもいいかもしれません。長く仕事を続けていて堅実な生活をしている人と仲良くなってみるのもいいかもしれません。
付き合う人によって自分も変わっていくので、なりたい自分に近い人と付き合うようにするといいでしょう。

本当に好きなことを選んで転職する

やりたいこと、好きなことがあるならそれを選んで仕事にするということを目標にするといいでしょう。
転職エージェントなどを上手く使って興味のあることを仕事にする、まず勉強をする資格を取るなど、少しでも有利に転職できるように進めてみましょう。

今まで待遇面や通勤の近さだけで選んできたならなおさら、好きなこと、興味のあることを仕事にしてみようと現実的に考えてみてください。ただ興味がないから続かなかっただけかもしれません。その場合好きなことを仕事にできれば、すぐに辞めたいとは思わないでしょう。

転職して続けられそうか事前にチェックする

何度も続けて求人が出ているところは、何かが原因で人が定着しない会社であるとか、求人を見るだけでもわかる情報はあります。ネットでも評判を調べることができます。

現場の雰囲気がわかるように動画を見られるようにしている会社もありますし、下見や見学ができる職場もあるので、その機会を利用してみましょう。仕事内容よりも重要な職場の雰囲気が事前に見られるなら、自分に合うかどうか、その職場で続けられそうかの判断材料になります。

周りに「仕事の続かない女」がいたら

仕事が続かない女性の周りには、同じように仕事が続かない友達がいることも多いです。自分だけが悩んでいるとは思わないで、一緒に長く働けるようになるように考えてみるのもいいかもしれません。

あまり真剣に考えていないようなら、自分の経験をもとにアドバイスしてあげるといいでしょう。同じ経験をしていて、同じ悩みも持っている人からの話は素直に聞けるものではないでしょうか。人に話すことは、自分に言い聞かせるという効果もあるため、長く働くために変わらないといけないという思いが強くなるかもしれません。

息抜きをしてリラックスしよう

以上のことから、仕事が続かない女性にはいくつかのパターンがあり、そのことがもたらすリスクがあるということがわかりました。
長く働くにはどうすればいいかという改善方法もあります。しかし、変わらなければと強く思い続けるのもストレスになって逆効果になってしまいます。

今すぐ変わらなければと思うとなかなか思うように進みません。今自分にできることから、無理なく始めていきましょう。あまり考え続けてもいい考えは思いつかないので、焦る気持ちもあるとは思いますが、そういうときこそ息抜きを上手に取り入れてリラックスしてください。

ランキング

記事一覧