仕事が辛い人に読んで欲しい記事

人と関わらない仕事は意外と多い。人間関係に疲れた人は注目

人と関わりたくないと思ってしまった人に伝えたいこと

人間関係は時にとても複雑になります。そのたびに私たちを悩ませてしまうものです。仕事を通して人と関わりたくないと思ってしまった経験を誰もがしたことがあるのではないでしょうか。大切なことは、そこで立ち止まらずに自分はどのような仕事ならできるのだろうと前向きに考えてみることです。

人とあまり関わらずにできる仕事は多くあります。特に、最近はPCがあれば在宅でできる仕事も増えてきています。この記事では、人と関わらない仕事を探している人に、職業の具体例を挙げてどのような選択肢があるかをご紹介します。

まずは自分の「人と関わりたくない」度合いを知ろう

仕事を探す時に、まっさきに人と関わなくてもいい仕事を探そうと思うこともあるでしょう。それでは一体あなたはどのような度合いで人と関わりたくないのでしょうか?何が原因で人と関わりたくないかによって、選べる仕事は異なります。

大所帯の会社が嫌だ

大きな組織で働くのは合う人と合わない人がいます。大企業は小規模の企業よりも社員数が多い分、人間関係も複雑になります。派閥ができれば、それに関する様々な人間関係や問題も生じるため大所帯の会社は苦手と感じることはあるでしょう。

大所帯の会社で働きたくないというレベルは、人との関わりはそれほど苦手ではないけれど、複雑な人間関係は難しい・なるべく人間関係から起こる問題を避けたいという度合いだと言えます。

大所帯の会社は嫌だけれど、いわゆる組織の中で働く自体はそれほど問題がないということもありませんか?その場合は、小規模の会社を選べばいいので仕事の選択肢は広がります。

余計な交流がわずらわしい

会社に所属していると、どうしても人と関わるのが必要になります。同じ職場で働く限り同僚や上司との関係は大切にしたいので、あまり乗り気のしない飲み会なども、付き合いで参加する場合もあります。このような交流は、職場での人間関係を上手く保つために必要なので仕方ありません。

そのように、仕事以外で個人的に職場の人と関わる付き合いがわずらわしいという理由で、人と関わる仕事をしたくない場合があります。

仕事場での事務的な会話だけならいいけれど、あまり性格が合わない人とも交流しないといけないのがめんどうくさいことは、誰にでもあることです。その時は、そのような付き合いが仕事を変えたいほどわずらわしいのか、考えてみましょう。

とにかく一人でいたい

職場で関わる人と事務的な会話は必要になりますが、事務的な会話さえも嫌に感じることもあるでしょう。「人と一切関わりたくない」。「とにかく一人でいたい」。このレベルにくると、職場の人と関わらないといけない仕事をするのは難しくなります。

企業で働くのは精神的にとても厳しくなるでしょう。とにかく、仕事関係の人とは話をしたくないと思ってしまっては、人と関わる仕事は避けた方がいいです。

一人で働きたいという人は在宅の仕事をするなど、人と関わらなくていい仕事を探しましょう。自分でどの度合いで人と関わりたくないかを把握していれば、どのような職業が合うか合わないかがわかります。そうすると自分に合う仕事が見つけやすくなります。

家にいたい

人と関わる以前に出勤が嫌だという場合もありますね。外に出て働くことに抵抗がある場合には、様々な理由があります。家でしたいことがある・通勤がめんどうくさい・外出するとストレスになるなどの理由です。人に関わるのも得意ではないけれど、出勤するのが嫌だとわかっているのなら、自宅でできる仕事を探すのがいいでしょう。

現在はPC一つでできる仕事の幅はとても広いため、在宅でできる仕事でもある程度収入を得ることは可能です。家にいて仕事をしたいのなら、自分はどのような在宅ワークに興味があるのかを考えて前に進んでいきましょう。

専門職でなくても経験なしで始められる仕事はあるので、自分次第で何らかの仕事は見つけられるはずです。

そもそも就職したくない

人と関わる仕事が嫌な以前に、就職自体したくないという理由が挙げられます。今は就職を考えていないという場合は、アルバイトなどで生計を立てるという選択肢もありますが、人と関わることが苦手なら趣味でできるような仕事を始めてみるのもいいでしょう。

大学を卒業したからといって、すぐ就職しなければならないというわけではありません。自分を見つめる期間をとってもいいし、企業に就職するというスタイルをとらなくてもいいでしょう。

自分は就職したくないと感じたら、まずは分が好きな分野を仕事につなげるにはどうすればよいかを考えてはどうでしょうか。趣味が仕事になるのも夢ではありません。

周りに人はいても関わらなくていい仕事

人と関わるのは嫌いなので、職場の人となるべく関わらなくてもいい仕事を見つけたい。その場合は、在宅ワーク以外でも人とは基本的に関わらなくてもいい仕事があるので、ご紹介しましょう。

工場のライン作業

工場のライン作業は、職場の人が周りにいても人とあまり関わらなくていい仕事です。工業では、自分の持ち場について作業を行うため、人と話すのが難しい職場環境です。

人と話したくないという場合は、このように工場での勤務を選択できます。工場のライン作業なら、職場の人間関係による悩みをかかえる状況が少なくなります。また、工場勤務なら仕事中は人と関わる自体難しいので、静かに作業ができます。

工場の作業内容が好きになれるかどうかの問題はありますが、人との関わりがなるべく少ない仕事を優先して考えたいのなら、工場のライン作業を選ぶのも一つの選択肢になります。

倉庫業務など小売業の裏方

小売業の倉庫業務は、手元で機器を見ながら商品の補充や棚卸しだけをする業務です。倉庫業務も周りに人がいても関わることなく仕事ができます。一度仕事内容を教えてもらえば一人でできる仕事なので、職場の人間関係や付き合いなどを気にすることなく仕事ができます。

社交的ではない、職場の付き合いがめんどうくさいけれど在宅ワークに興味がないと思うならば、倉庫業務を選ぶこともできます。自分に合う仕事かどうかの確証が持てなければ、アルバイトから始めて様子を見てみるのもいいでしょう。

最初だけ教えてもらったらあとは一人でできる仕事

一般的なオフィスワークは、仕事始めに研修を受けても、そのあとたった一人でできることは少ないです。しかし、研修を受ければあとは一人で進められる仕事もあります。こちらでは、一度教えてもらったらあとは一人でできる仕事をご紹介します。

電気・ガスなどの検針

電気やガスの検針の仕事は、担当のエリアの住居を訪れ、電気やガスのメーターを決まった日に検針する業務が中心です。慣れるまではメーターの場所が分からなかったり、事務処理に時間がかかったりと思ったより大変です。

しかし、基本的に一度やり方を教えてもらえば、後は自分一人で改善していけます。夏も冬も担当の家から家を何件もまわるため体力的には大変な仕事ですが、人とはほとんど関わりません

時々検針先の住人と話をする機会もあるようですが、自分にプレッシャーをかけてくる上司はすぐ側にいない、良い関係を築くことが難しい同僚も側にいないのは、精神的には楽でしょう。

夜型の人におすすめの新聞配達

新聞配達の仕事は早朝勤務と思いがちですが、普通勤務時間は深夜2時頃から早朝5時頃までです。そのため、夜遅くまで起きていることのできる夜型の人には向いています。

新聞配達の業務内容は、ただ新聞を配達するだけではありません。普通は新聞を配達する前に、まずチラシを新聞に入れたりという作業があります。しかし、その作業が終わればあとは一人で配達業務に取り掛かります。

深夜・早朝の仕事ということで、静かな環境で働ける仕事でもあります。仕事柄勤務時間が深夜から早朝なので、安全面を考えると女性よりも男性に向いています。

昼型の人におすすめのポスティング

昼型で人に関わる仕事はしたくないなら、ポスティングの仕事ははどうでしょうか。ポスティングの仕事は広告やチラシをポストに入れるのが主な業務です。一人でできるため、職場の人間関係に気を揉むことはなくなるでしょう。

また、仕事内容もとても簡単なため、責任から来るプレッシャーに弱い人にも向いています。人間関係に疲れて仕事を辞めた人など、一度誰とも関わらずに仕事をしてみたい人には一定時期やってみるにはいいかもしれません。

ポステイングの仕事は、在宅ワークとは違い出勤する必要がありますが、一度説明を受ければすぐにできるため、一人が好きな人にはちょうどいいです。収入面で会社勤めよりも低くなることもあるため、不安はあるかもしれませんが、アルバイト感覚で始めて様子を見てみても悪くはないでしょう。

師匠や親方ひとりだけと関わる職人

職人の仕事も複雑な人間関係を避けられ、きちんと教えてもらえれば一人でできます。寿司職人・靴職人などの専門職は師匠のもとに弟子入りしたら、師匠の指導をもとに仕事ができます。師匠との人間関係はとても大切になりますが、多くの人と関わることは少ないです。

もちろん、専門職に興味がないと始められないし、興味がなければ続けられない仕事ではあります。しかし、人と関わる仕事を避けたいのであれば一つの選択肢として考えてみるのはいかがでしょうか。探してみると、アクセサリー職人・家具職人など師匠のもとで働く職人業は他にも多くあります。

責任の軽い派遣の仕事

派遣社員として働くのも一つの選択肢に挙げられます。全ての派遣社員の業務が簡単で責任が軽いとは言えません。しかし、入れ替わりがよくある派遣社員なら、社員同士の複雑な人間関係や争いに巻き込まれることが少なく、仕事の引継ぎを受けてある程度仕事内容を覚えたら、その後は一人でこなせる仕事は多いです。

また、派遣社員として働くメリットは、自分に合わない職場なら、契約期間が終了したら更新せずに辞められることです。人と深く関わらず、一度覚えれば自分の業務のみに集中できることの多い派遣の仕事は、とても幅が広いのであなたの希望に合う仕事があるかもしれません。

人と関わって仕事をするのが疲れた人は、このように派遣の仕事を探すのもいいでしょう。在宅ワークだと仕事内容の幅は狭まりますが、派遣の仕事ができそうなら仕事の幅は広がります。

一人でいる時間が長い仕事

人と関わらない仕事と枠を狭めてしまうと、選べる仕事がとても少なくなってしまいます。しかし、人と関わっても一人でいる時間が長い仕事なら、仕事の選択肢も増え、希望に近い仕事に出会えるかもしれません。

トラック運転手

トラック運転手は、勤務のほとんどの時間は運転しています。長い時間一人で運転することになるため、人と関わる時間はとても少ないです。また、タクシードライバーも一人の時間が長いですね。乗客の行先だけわかればあとは料金を受け取るだけなので、無理に乗客と会話をする必要はありません。

運転手の仕事は人を安全に目的地に連れて行く、または荷物を運ぶのが中心の業務なので、その責任を果たせば人と深く関わる必要がありません。人と全く関わらない仕事ではないけれど、一人の時間が長く、人間関係を心配することなくできるのではないでしょうか。

車を運転するのが好きな人、新しい職業に挑戦してみたい人は、トラック運転手・タクシー運転手も候補となるでしょう。

清掃や監視が中心のビル管理・マンション管理

ビルやマンションの管理も、仕事内容が清掃や監視が中心なら勤務中ほとんどの時間一人でいられます。同じビルやマンション管理の仕事でも、各部屋に訪問したり住人の許可をとる必要のある業務を含むメンテナンスが中心の内容の場合もあります。

しかし、ビルによってはメンテナンス業が含まれず清掃な監視モニターを確認している業務が中心の場合があります。そのような仕事内容なら、勤務中はほとんど人と関わることなく自分のペースでできる仕事ではないでしょうか。なるべく人と関わる仕事をしたくない人には、向いています。

自分だけの持ち場がある警備員

警備員の仕事は、その場にいる人の安全を確保する仕事であり、持ち場を守るだけでなく多少は人と関わる仕事です。人に何かを聞かれたり、何かのクレームを聞くこともあります。

警備員の仕事は基本的に一人でいる時間が長い仕事ですが、会社によっては自分の持ち場がなく数人で管理することもあるため、自分の持ち場がある警備員の仕事に限られます。

自分の持ち場がある会社であれば人と一緒に働く必要はなく、必要な時にのみ担当場所にいる人との関わりがある程度なので、職場の人間関係で悩みたくない人には向いているでしょう。

自動販売機の補充

自動販売機の補充は、体力的には厳しく重いものを持つことが多いため、男性向きの仕事です。自動販売機の補充をして、次の自動販売機に移動する。このような仕事内容が中心なので、移動時間もあるため一人でいる時間が長いです。

補充先が会社やデパートの場合は、必要であれば人と話をすることもありますが、基本的には一人でできます。勤務時間が長い、体力的に大変と言われていますが複雑な人間関係は避けられる仕事でしょう。

水道や家電の修理業者

家庭や会社で水道や家電に問題があった時に対応する修理業者も、一人でいる時間が長い仕事です。しかも、この仕事は客先から客先への移動時間が長いことも多く、一日の業務の中でもクライアントと話す時間を除けば、人とあまり関わらずにできます。

しかし、この仕事は水道や家電に知識や資格が求められる仕事です。研修制度を設けている会社もあると思いますが、興味のある人は水道や家電のある程度の知識を身につけてから、考慮したほうがいいでしょう。

在宅勤務の仕事

在宅の仕事は、人と関わる機会を最低限にしたい方だけでなく、結婚や出産など生活に変化が起こりやい女性にもとても便利です。また在宅勤務の仕事は、家族の介護などの理由で会社に相談すれば、転職をしなくても今の会社の正社員のままでできることもあります。

WEB系やプロダクト系のデザイナー

WEBデザイナーなどPCを使ってできる専門職は在宅勤務が可能です。企業でもWEB系やプロダクト系のデザイナーは必要とされていますが、現在では在宅勤務の仕事も増えてきています。

すでに企業でこのような仕事の経験がある人は、同じ仕事でも在宅でできる仕事は見つけやすいでしょう。フリーランスで働く勇気のない人は、これらの専門職で在宅勤務募集を探してみましょう。

このようにPC一つあれば、自宅でもできる仕事は出産や子育てなどで通勤することが難しくなる女性にとってとても便利です。現在は経験や資格がない人も、将来的なことを考えて今からチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

黙々と作業をするプログラマー

プログラマーの仕事も在宅でできる仕事です。基本的にプログラマーの仕事は単独でするので、会社とはメールや電話で連絡をとりながら、自宅で仕事を進めます。プリグラマーは人と関わることはほとんどありません。

プログラマーは専門職なため多くの知識が必要になります。また経験も必要になる場合が多いでしょう。しかし、将来的に在宅勤務をしたい人はプログラマーに必要なスキルを今から身につけても遅くありません。給料などの条件面もよいためチャレンジする価値はあるのではないでしょうか。

WEB系だと特に求人の増えているライター

ライターの仕事も在宅勤務が可能な仕事の一つです。最近は多くの雑誌がWEB版でもサービスを提供しています。そのためWEB系のライターの求人はとても多くあります。ライターは書くことが好きな人に向いています。そして一般的には経験が求められます。

しかし、経験が求められず未経験でも始められるため、在宅勤務を希望している人は注目したい職業です。女性は、子育てをしながらでも時間を上手に管理すればできる仕事なので、現在人気のある職業でもあります。

まずは、あなたの興味のある分野、書きたい分野を決めてその分野でのライター募集がないかインターネットで検索してみましょう。

アルバイト感覚でできるデータ入力などの内職

書くことはあまり好きではないという人は、アルバイト感覚でできるデータ入力などの仕事もあります。データ入力は多くが単発の仕事となりますが、会社にこだわらずに幅広く仕事を探せるというメリットがあります。

このような在宅の仕事のよい点は、自分が働きたいだけ働けることです。時間のある日に多くの仕事をこなして用事がある時は少な目に仕事を引き受ければいいというように、自分のライフスタイルに合わせて仕事量を調整できます。

そのため、人と関わらずにできフレキシブルである点が最大のメリットになります。本業で始めるとなると収入面がどうなるのか不安になるため、まずは副業で始めて様子を見たほうがいいでしょう。

語学のスキルが役立つ翻訳

語学のスキルがある人は、スキルを活かして在宅で翻訳の仕事をしてはいかがでしょうか。翻訳はスキルとPCがあれば在宅でもできる仕事です。

翻訳ができるレベルまでの語学のスキルを持つのはとても難しいことですが、すでに高い語学レベルがあるのであれば、一つの選択肢として考えてもいいでしょう。

実際には、翻訳の世界はとても厳しく経験が求められることがとても多いです。未経験の場合は、報酬がわずかである場合も多いです。しかし、将来的に翻訳家になりたいのであれば、報酬は低くても今から少しずつ経験を重ねていくことが大切です。翻訳を学べるコースやスクールもあるため、本気で翻訳を仕事にしたい人は調べてみるとよいでしょう。

会社に所属しなくていい仕事

人と関わらない仕事を考える時、会社に属さなくていい仕事が挙げられます。会社に属さないと、収入面はどうなるのかなどの心配があるかもしれませんが、要は自分次第です。ここでは、会社に属さなくていい具体的な仕事例を6つご紹介します。

資格や技能を生かしたフリーランス

フリーランスは会社に属さず、個人事業主として起業することを言います。自分の今までの職歴・スキル・ノウハウを活かせて、今まで経験を積んできた同じ業界で、会社を通してではなく自分で直接仕事を受け入れることで、フリーランスとして働くことになります。

フリーランスで働くのは、自分で仕事を見つけなければならない大変さもあります。しかし、会社に所属して働く時に生じる複雑な人間関係やめんどうくさい付き合い、そして仕事内容の制限などはなくなります。自分が本当にしたい仕事を実現できる点も大きなメリットです。

漫画家やイラストレーターなどのクリエイティブ職

漫画家・イラストレーター・または小説家などクリエイティブな仕事も、会社に属さずにできます。漫画やイラストを描くのが好きな人は、自分の作品を発信して売り込めば仕事がもらえる可能性もあるでしょう。

また、文を書くのが好きな人は小説家になることを目指すのはどうでしょうか。これらの仕事は好きなだけでなく、スキルがあることも大事です。もしかしたら売れるまでに時間がかかるかもしれません。

しかし、すぐに本業にならなくても将来的に漫画家・イラストレーター、または小説家として生きていきたいと目標をたてて、少しずつ仕事量を増やしていくのも一つの方法です。

女性に人気のハンドメイド作家

特に20代~40代の女性で主婦に人気なのが、物作りをして生計をたてるハンドメイド作家です。ハンドメイド作家は、ジュエリー・バック・アクセサリー・小物などを手作りして販売して収入を得ます。物作りが好きな人は、自分の作った作品を売ることを仕事にするのはいかがでしょうか。

会社に属さずに働けるだけでなく、自分の好きな事で収入が得られるので達成感や充実感が違ってくるのも嬉しい点です。自分が頑張っただけ成果が返ってくるのも、仕事を続ける大きなモチベーションとなるはずです。また、得意であれば、美術系の大学を出ている必要も肩書もいりません。

とにかく素敵な作品を作ることに集中して、あなたの作品を売り出す場所を考えていきましょう。

PCひとつでできるアフィリエイト

アフィリエイトは、ブログなどに広告をいれて、広告した商品が売れた時に収入が得られる仕事です。PCひとつあればできるのが、アフィリエイトの仕事で、個人でできるのもメリットです。アフィリエイトは在宅で、基本的に人と関わらずにできます。

アフィリエイトは、すぐに収入が得られるとは限らないのが難点になりますが、まずは副業として始め、ある程度まとまった金額が収入になれば、本業にするのもいいでしょう。

また、アフィリエイトは在宅の仕事なので、子育てでまだ外で働けない主婦にも人気の仕事です。

自分で商品を持たなくてもいいネットショップ運営

今の時代、PC一つあれば様々な仕事ができますが、ネットショップの運営もその一つです。またネットショップの運営は個人でできるため、会社に所属する必要がありません

ネットショップの運営は、ネット上で商品を売るため、普通のお店を開くよりもコストを抑えることができます。また、自分で商品を持たなくても、注文が入ったら直接メーカーに注文がいき、そこから直送になるため便利です。24時間販売でき全国・世界どこでも販売できるというメリットもあります。

一度ネットショップ運営について勉強すればできますが、すぐに集客出来ない場合は、利益がでるまで時間がかかることが一つのデメリットです。ネットショップ運営も始めは、副業として始めたほうが低リスクではあります。

株やFX・仮想通貨などの投資

株やFX、また仮想通貨などの投資にもリスクはつきものです。まずはそれぞれの投資の仕方とリスクをしっかり学ばなければ始められません。投資は確かにどこにも所属せずに始められますが、ある程度金銭面で余裕がないと始められないと言えます。

上手に投資ができれば、投資を本業にすることもできますが、まずはリスクを避けるために副業から始めてみるのが最善ではないでしょうか。興味のある人は現職中に少しずつ勉強していくほうがいいかもしれません。

人ではないものを相手にする仕事

会社に属するとどうしても人と関わらないといけません。しかし、人を相手にする仕事でなければどうでしょうか。こちらでは、人ではないものを相手にする仕事を3つご紹介します。

農業

農業は農作物を相手にする職業であるため、毎日人と関わることはあまりありません。しかし、誰もができる仕事ではありません。例えば、実家が田舎ですでに田んぼや畑がある人、両親が農家だという人なら始めやすいし大きなアドバンテージもあります。

しかし、都会に住んでいて農家に関する知識が全くない人は、すぐに農業を本業にするのは難しいです。将来を考えて本格的に農業をしたいと考えているのであれば、今から少しずつ農業について学び、農作業ができる土地へ移る覚悟で始めたほうがいいでしょう。

動物の飼育

動物を相手にする仕事も人との関わりは少ないです。例えば、飼育員・ペットショップの裏方・ブリーダー・犬の散歩をする仕事など、動物を相手にする仕事はいくつかあります。

これらの仕事に向いている人は、まず動物好きの人です。そして、ある程度飼育をする動物の知識がある人なら、楽しく仕事ができるのではないでしょうか。

飼育員は経験が求められる場合が多く、民間の動物園で働くには、公務員採用試験を合格しなければなりません。しかし、ブリーダーや犬の散歩サービスは経験がなくてもできます。

一から動物の飼育の仕事を始めるのであれば、少しずつ学びながら自分の目標に向かって進んでいきましょう。

理系研究職

理系の人なら、研究職も一つの選択肢に挙げられます。植物や細菌などの研究は長い時間をかけて研究することが多いので、人との関わりも少なく自分のペースでできる職業でしょう。

しかし、これは誰もができる仕事ではなく、理系の大学や大学院を出てさらに研究を続けたい人に限ってしまいます。理系の人は続けたい研究があるのなら、研究室に入ることも選択肢にしてもいいでしょう。

自分で納得のできる仕事を選ぼう

人と関わるのが苦手な人でも、このように人と関わらずにできる仕事は沢山あります。会社に属していて人とは多少関わっても、一人で仕事をする時間が長い仕事もあれば、会社に属さずにできる仕事もあります。

自分がどれだけ人と関わっても大丈夫なのかをよく把握して、自分の性格やライフスタイルに合う仕事ができればストレスもたまらず長続きがするのではないでしょう。自分で、この仕事ならできそうと納得のできる仕事を選んでみましょう。