「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 転職サイトを探す
  3. 歯科技工士を転職したい。歯科医院の将来性も心配
転職サイトを探す

歯科技工士を転職したい。歯科医院の将来性も心配

歯科技工士を辞めたいと思ったらどうすればいい?

入れ歯やさし歯、ブリッジ、歯の被せ物、インプラント、矯正装置など、歯の治療になくてはならな品を専門に作るのが歯科技工士の仕事です。

歯科技工は表立って目立たない仕事ですが、歯科治療の要となる仕事で、高齢化社会に伴い需要が増してきています。国家資格が必要で安定した職業と思われますが、様々な理由で転職をしたくなる人も多く見られます。

ここでは、歯科技工士の転職についてご紹介しているのでお悩みの方は参考にして下さい。

歯科技工士を辞めたくなる理由とは?

歯科技工士を辞めたくなる理由についてご紹介しています。

長時間労働で給料が少ないことが問題とされる歯科技工士ですが、歯科医院自体の経営にも問題があることが多く、歯科業界自体から転職するかどうかの判断材料にもなります。

コンビにより数が多いといわれる歯科医院ですが、少子化により患者数が減ってきており、生き残りが難しくなってきているようです。それではご紹介します。

歯科医院自体の経営が苦しいから

コンビにより数が多いといわれる歯科医院ですが、子供の数が減ってきており、かつてのように開業すれば患者が絶え間なく訪れる状態とは違います。

子供の虫歯対策も昔に比べて徹底してきており、全体に虫歯自体が減ってきているという傾向もあります。高齢者の入れ歯も一度作ると5年は持つことから、歯科医院の患者獲得が難しくなり、経営に問題が生じることもあります。

経営状態の良い医院を探すのも難しく、将来性も考えると歯科技工を辞めることを考慮する人も多く見られます。

歯科技工料が安いから

精密な入れ歯や被せ物、インプラントなどは大変高い技術の必要な品で、専門の技工士でないと作ることは出来ません。

しかし、技工士が受け取る代金はかなりピンハネされて、安くなるのです。歯科医院は銀歯ひとつ約800円で技巧所に発注しますが、歯科技工士が受け取る代金は400円と半額を営業経費としてピンハネされるといわれます。

このことから独立開業している技工士の収入はかなり低く、長時間労働になる原因となっているのです。

残業が多いから

歯科医院の経営の問題もあって、多くの技巧スタッフがいない医院がほとんどです。

このため、多くの仕事を少人数が大量にこなすことになり、残業が多くなってしまうのです。長時間労働で給料が少ないといわれる歯科技工士ですが、これから先の医院の経営状態によってはさらに残業が多くなることも考えられます。

転職を考えている人は、歯科医院の将来性も考慮することが必要でしょう。

CAD/CAMが進歩しないから

コンピュータにより、インレーやクラウンなどを設計、製造する技術がCAD/CAMです。

工業製品の分野でも多く用いられており、これまで手作業で行ってきた仕事をコンピュータが行うため、作業の効率化やばらつきがなく、技工士の仕事を助けてくれる装置になります。

しかし、このCAD/CAMの進歩がいまひとつで精密さが劣るため、これまでの手作業が求められるという現状です。CAD/CAMが発展したら歯科技工士の仕事が減るため、どちらにしろ技工士にとっては喜ばしいことではないといえるでしょう。

給料が安いから

歯科技工士の給料は安いことで知られています。

長く勤務しても、医院の経営状態により年収アップは見込めないことが多く転職を考える一番の原因になっています。

看護師と比べてもかなり低く、平均は400万ですがそれより低いこともしばしばです。技工士は男性が多く、家庭を持つ人も多くいます。給料アップの望みがなく将来性も薄いのなら、歯科技工士自体を辞めることを考える人も多いのです。

職種 平均年収
歯科技工士 400万円
歯科医師 700万円
看護師 480万円

歯科技工士を辞めて転職する方法とは?

歯科技工士の具体的な転職方法をご紹介します。現在歯科医院や技巧所に勤務している人は時間もないことから、転職エージェントが楽でしょう。

また、転職サイトなどを利用し自分で探して応募してみるのもおすすめです。歯科医院では見学会を催しているところもあるため、よさそうなところを見つけたらホームページなどでチェックしてみるのもよいでしょう。

歯科医療系専門エージェントを使う

もしこのまま歯科技工士として他の医院に転職したいのなら、歯科医療系専門エージェントがおすすめです。

医療系の転職エージェントは多くありますが、看護師が中心というところが多く見られます。

歯科に特化したエージェントなら、的を絞った効率的な転職活動が行えるのです。希望の勤務地があるのなら、地域を絞ったエージェントを利用すると狭い範囲で詳細な情報が得られるので時短でよい情報を見つけることが出来ます。

総合転職エージェントを使う

歯科技工士としてだけではなく、ほかの職種の可能性も考えているのなら総合転職エージェントの利用が便利です。

歯科医療系専門エージェントとの併用もおすすめで、あらゆる転職の可能性を探すことが出来ます。総合型のよいところは、自分がどの仕事に向いているか客観的にアドバイスをもらえることです。

専門エージェントはその業界に特化してしまうため、専門的なアドバイスはもらえますが、ほかの転職先については情報を得ることが出来ません。うまく使い分けて転職活動を効率化させましょう。

希望の医院や会社に自分で応募する

インターネットで探したり、人の紹介で希望の医院が決まっているのなら、自分で応募するのもおすすめです。

歯科医院によっては、定期的に説明会を催しているところもあるため、ホームページでチェックしてみましょう。

歯科衛生士など、歯科医院のスタッフすべてに向けての説明会となることもあるので、医院の雰囲気が分かり転職先を見極めやすくなるでしょう。

歯科技工士から転職しやすい職種とは?

歯科技工士から転職しやすい職種をご紹介します。こつこつと長時間作業する根気の必要な仕事をしてきた経験を活かして、似たような職場を探してみるのもおすすめです。

ものづくりの現場も向いていると思われますが、社会で需要の多い一般的な仕事が転職しやすいでしょう。将来性も考えて、自分のライフスタイルに合う仕事を見つけましょう。

残業が少ない工場勤務

歯科技工士と同じくこつこつとした精密な作業を求められる工場の仕事です。ライン工だけではなく溶接や鋳造など、歯科技工と共通するセンスが必要な仕事もあります。

大手の工場は残業がないので、長時間労働の問題も解決されます。給料も歯科技工士よりは高い場合が多く、生活にも余裕が出る場合がほとんどです。歯科技工士の経験や腕も活かされる、安定した転職先の一つといえます。

仕事が多い事務職

安定して仕事のあるのが企業の事務職です。ワードやエクセルを一通り使えるようになれば、何かしら仕事をすることが可能です。何よりも土日が休めるだけで、かなり体が楽になるでしょう。

特別な仕事ではありませんが、年次昇給もあり、残業も少ないおすすめの仕事です。とりあえず歯科技工士を辞めて、つなぎで仕事をしたいという人にも良い仕事です。

現代のものづくりプログラマー

システム開発や、アプリ開発で欠かせない存在のプログラマーです。実際のものづくりではありませんが、プログラムも現代のものづくりのひとつといえるでしょう。

システムエンジニアやwebディレクターと違い、こつこつとプログラムを組む仕事のため、歯科技工士と共通する忍耐力が必要な仕事です。言語を習得するなど、最初は時間がかかりますが、一度就いてしまえば仕事自体が豊富にある安定した職業です。

歯科技工士からの転職に使える志望動機・自己PR例

歯科技工士が転職する際に効果的なPR例をご紹介します。

歯科業界とは全く異なる職種へ変わるのなら、これまでの経験でやしなわれた手先の器用さや、忍耐力を前面に出してアピールしましょう。精密作業でも人の体に合わせる装置は、難易度が違います。

コンピュータでは行えない細かな調整や、完成度の高い歯科技工の技を効果的に伝えて自分のプラスポイントを知らせましょう。

手先が器用である

手先の器用さは特徴的なアピールポイントです。もし製作系の職場へ転職するのなら絶対に必要な能力であり、多くの職場への可能性が広がります。

ものづくり系はもちろん、パンやスウィーツなどの料理関係、精密機器の組み立てや修理など、手先の器用さが求められる職場は豊富に見つかります。手先を使う仕事は有力な候補ですが、国家資格は必要ないため、競争率の激しい世界です。このため経営の力が必要とされるでしょう。

精密作業が得意である

入れ歯や義歯などの口の中に装着するものは狂いが許されず、第二の歯として多くの人に高い技術が求められる、貴重な仕事です。職人的な器用さが求められる仕事では大きなアピールポイントになり、ものづくりの現場では存在感が高いでしょう。

手先が器用でも、仕事で精密作業をこなしてきた人は仕事の完成度が違うため、制作の現場への転職はしやすいといえるでしょう。最近はシルバーアクセサリーなどの製作者への転職も人気で、活躍の場は広がっています。

忍耐力がある

長時間集中して歯科技工の作業を続けるだけの忍耐力や集中力があることは大きなPRポイントです。忍耐力が必要なプログラマーや工場勤務ではプラスポイントになり、よい評価につながるでしょう。

ものづくりにも通じる能力になりますが、自分自身では気づかない人も多いのです。集中力の高さと手先の器用さを合わせると、職人系が転職先として良いように思われますが、内容によって向き不向きがあります。転職先を決定する際は見学するなどしてしっかり考慮してみましょう。

転院か転職かをよく考えて将来を決めよう

歯科技工士の転職についてご紹介しました。現在の歯科業界は医院の供給過多で、生き残りが激しくなっています。

今勤務している医院の経営状態を見据えて、転院も考慮しましょう。転職をするなら早い時期がよいですが、一生の仕事としてやりがいのある職に付きたいものです。

独立している人も歯科技工料がどんどん下がっている状態で、転職を考える人も多いのです。業界を見据えて、最善の策を探しましょう。

適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧