ヤフー株式会社(Yahoo Japan)の平均年収、年齢別給与などを徹底解剖!

Yahoo!(ヤフー)の平均年収や平均年収推移

みなさんご存知のYahoo!JAPANの平均年収や年齢別の平均年収の推移をここでは見ていきましょう。Yahoo!JAPANはインターネットの検索ポータルサイトを中心に、天気のサービス、動画サービス、オークションなど様々な事業を展開しています。会社の規模も大きく東証一部に上場しています。

ではYahoo!JAPANの平均年収や年齢別の平均年収はどうなっているのかご紹介します。

Yahoo!(ヤフー)年度別平均年収の推移

各年度のYahoo!(ヤフー)の有価証券報告書を参考に平均年収の推移をグラフ化したものです。

年度 平均年収
2015年度 714万円
2014年度 652万円
2013年度 677万円
2012年度 663万円
2011年度 622万円
2010年度 646万円
2009年度 591万円
2008年度 609万円

Yahoo!(ヤフー)の年齢別平均年収の推移

Yahoo!(ヤフー)の年齢別平均年収の推移をグラフ化したものです。Yahoo!(ヤフー)の毎年公表されている有価証券報告書の平均年収から算出したものです。参考程度にご活用ください。

年度 平均年収
20-24歳 383万円
25-29歳 527万円
30-34歳 597万円
35-39歳 661万円
40-44歳 714万円
45-49歳 810万円
50-54歳 852万円
55-59歳 832万円
60歳以上 544万円

Yahoo!(ヤフー)の年齢別の月々の平均給与と平均ボーナスの推移

Yahoo!(ヤフー)の年齢別の月々の平均給与と平均ボーナスの推移をグラフ化したものです。上記同様こちらもYahoo!(ヤフー)の毎年公表されている有価証券報告書の平均年収から算出したものです。参考程度にご活用ください。

年度 月々の平均給与 平均ボーナス
20-24歳 24万円 96万円
25-29歳 33万円 132万円
30-34歳 37万円 149万円
35-39歳 41万円 165万円
40-44歳 45万円 179万円
45-49歳 51万円 203万円
50-54歳 53万円 213万円
55-59歳 52万円 208万円
60歳以上 34万円 136万円

Yahoo!(ヤフー)の推定生涯賃金について

Yahoo!(ヤフー)の推定生涯賃金は「2億7,132万円」です。会社員の生涯賃金が2億〜3億と言われているので、他の企業と比べて若干高いでしょうか。企業規模が大きいため収入も安定しています。

Yahoo!(ヤフー)の学歴別のそれぞれ平均年収 ※50-54歳の時

学歴 平均年収
大学院卒 1114万円
大学卒 947万円
短大卒 624万円
高卒 608万円

Yahoo!(ヤフー)の役職別の平均年収と月々の平均給与と平均ボーナス

役職 年収 月々の平均給与 平均ボーナス
部長 1017万円 64万円 254万円
課長 845万円 53万円 211万円
係長 664万円 42万円 166万円
非役職者 634万円 40万円 159万円

Yahoo!(ヤフー)の職種別の年収と月々の平均給与と平均ボーナス

職種 平均年収 月々の平均給与 平均ボーナス
総合職 964万円 60万円 241万円
技術職 860万円 54万円 215万円
一般職 639万円 40万円 160万円

Yahoo!(ヤフー)の年度別の平均役員報酬

年度 役員区分 役員報酬(年収) 役員数
2015年度 取締役 1億4,400万円 5人
監査役 1,300万円 4人
社外役員 5,900万円 10人
2014年度 取締役 1億8,300万円 4人
監査役
社外役員 7,100万円 7人
2013年度 取締役 1億円 2人
監査役
社外役員 7,400万円 7人
2012年度 取締役 8,500万円 5人
監査役
社外役員 6,800万円 8人
2011年度 取締役 3億4,300万円 4人
監査役
社外役員 6,800万円 5人

Yahoo!(ヤフー)に転職を考えている人が気になる情報

ここからはYahoo!(ヤフー)に転職を考えている人が気になる情報をお伝えします。Yahoo!(ヤフー)は検索ポータルという収益基盤を持ちつつ、インターネット上で様々な事業を展開しているので、今後の成長が期待できます。また安定して収益をあげてますので、安定を求める人にはおすすめの企業でしょう。

転職サイトや企業のサイトだけでなく、様々な情報から転職を考えましょう。転職や就職活動は情報勝負とよく言われますので、調べすぎ、なんてことはありません。入社してから勘違いや聞いていた話と違うという事があっては手遅れです。

キャリア採用の有無と募集職種

インターネット業界は人の流動が激しいので、Yahoo!(ヤフー)も例外なくキャリア採用に力を入れています。募集職種は営業からエンジニア、デザイナーなど多岐に渡り、色々な人が活躍できる会社です。

営業ではメインはYahoo!が持つ各媒体の広告営業となり、その他商品企画やマーケティングコンサルタントなど様々です。どれも基本は法人営業となるため、規模の大きい企画に強みを持った人は存分にアピールしましょう。

デザイナーはYahoo!(ヤフー)の各サービスのUI/UXの改善や新規サービスのデザインがメインの業務となります。どのサービスもユーザ数が多く、少しの改善が回遊率やCVに影響を及ぼす点はやりがいに感じるでしょう。必須のスキルはPhotoshop、Illustratorなどのグラフィックツール使ったWeb制作経験と、HTML5、CSS、JavaScriptのマークアップスキルとなっています。

エンジニアは「アプリ開発エンジニア」「インフラエンジニア」「セキュリティエンジニア」など様々な職種で募集があります。企業規模が大きく、社員数も多いため、エンジニアの仕事も細分化されていて、何かに特化した人を募集しています。必須のスキルは募集職種によって別れていて、浅く広く経験している人よりは1つの言語や技術に特化している人が有利です。

その他「データ分析アナリスト」「マーケティング」「Web編集者」「サービス企画」「システム企画」「Webディレクター」「事業戦略担当」「コーポ−レートスタッフ」「カスタマーサポートスタッフ」など様々な職種で募集があります。

Yahoo!(ヤフー)のキャリア採用の難易度

Yahoo!(ヤフー)はインターネット業界では名前を知らない人がいないくらいの人気企業で、キャリア採用の難易度は高いです。事業の柱であるポータルサイト「Yahoo!」は1日に約2億PVと日本で最大級のインターネットサービスです。安定した収益をあげているのが、人気が高い理由の1つとなっています。

基本的には年齢や学歴での制限はなく、今まで何をやってきたか、これから何をしたいのか、といった部分を重視します。インターネット業界ならではの企業文化で、「自走経験」や「自走力」がある人が採用では有利になるでしょう。年次に関係なく、手をあげれば挑戦できる文化があります。

今まで何か自信をもってやりきった経験がある人や、特化したスキルがある人はエントリーしてみてはどうでしょうか。

Yahoo!(ヤフー)の事業内容と強み

ポータルサイト「Yahoo!JAPAN」を始め、ヤフオク、Yahoo!ショッピング、Yahoo!ニュース、Yahoo!知恵袋など様々なインターネットサービスを運営しています。検索サイトや電車の路線検索など、日常生活で使っている人は多いのではないでしょうか。広告やeコマース事業が収益の柱となっていて、サービスを日常的に使っているユーザが多いことから、安定しています。

知名度が高く、日常的に使うアプリやサービスを展開しているため、ユーザが離れない点が強みで、安定した収益基盤があります。安定した収益基盤があるため、新しい事に挑戦しやすいといった点も強みでしょう。

最近は大ヒットと呼ばれるようなサービスは生み出せていませんが、既存の事業は売り上げを伸ばしています。

Yahoo!(ヤフー)の業界別年収ランキング

インターネットメディア業界に属するYahoo!(ヤフー)は、業界内年収ランキングでは「12位」です。上位には「ニフティ」や「DeNA」「ミクシィ」など人気有名企業がランクインしています。

全体的な業界から見ればインターネットメディア業界はまだまだ年収が高いとは言えませんが、これから伸びる事が予想されます。スマホの激的な普及により、インターネットが身近になりインターネットメディアへの需要は高まっています。

Yahoo!(ヤフー)はそれほど年収は高くありませんが、インターネットメディアの中では断トツに安定していて、福利厚生が充実しているので、給料以外の保証などが嬉しいという人にはおすすめの企業です。

従業員数、平均年齢、勤続年数

従業員数 平均年齢 平均勤続年数
5,547人 35.5歳 6年

従業員数ではIT業界では最大級の企業規模と言えます。平均年齢についてはインターネット業界では一般的か少し上である印象です。平均勤続年数はインターネット業界の中では長く、2〜3年が一般的な数字となっています。

企業が安定しているので、勤続年数が長くなるのでしょう。また福利厚生も充実しているのも勤続年数が長い理由のようです。

残業時間、休暇について

残業は配属される部署によって変わってきますが、それほど多くありません。ワークライフバランスが取りやすい企業と言われており、いくら忙しくても残業時間が月に100時間を超える事はありません。

また休暇については完全週休2日で、休日出勤はめったにありません。祝日や年末年始もしっかりと休めます。それ以外にも福利厚生として「積立有給休暇」や「特別休暇」など色々な休暇がとれる制度が充実しています。

有給休暇も取りやすく、すべて消化する人も中にはいます。