1. HOME
  2. タクサポの口コミ・評判まとめ。メリット・デメリットを徹底調査

タクサポの口コミ・評判まとめ。メリット・デメリットを徹底調査

タクサポの特徴
  • 東京23区で働きたいタクシードライバーのための転職サイト
  • 未経験から月収50万円を目指せる「タクサポプログラム」が高評価
  • ブラック企業は排除し、売上の安定しているホワイト企業のみを紹介
タクサポの口コミ
★★★★★
★★★★★
3.8
5
4
3
2
1
タクサポの基本情報
運営会社
株式会社ソーシャル・コア
本社
東京都渋谷区神宮前1-8-5 メナー神宮前5F
営業時間
9:00~20:00
アクセス
東京都渋谷区神宮前1-8-5 メナー神宮前5F
求人数
-
非公開求人数
-
登録者数
-
転職決定数
-
得意ジャンル
タクシードライバー専門
対象年齢
幅広い年代に対応
対象男女比
男性が中心
御祝い金の有無
-
スカウト制度の有無
-
公式サイトをチェック
解説

タクサポとは?

東京23区に特化したタクシードライバー専門の転職サイト「タクサポ」。タクシードライバーは初めてという方でも、月収50万円以上を最短で効率的に目指します。

厳選した優良企業の紹介、タクシードライバーとしての基礎も含めて独り立ちするまで徹底的にサポートするのがタクサポの特徴です。コンシェルジュは丁寧にじっくりヒアリング。求人情報はあえて公開せず、利用者に一番合う企業を見極めた上で、厳選した優良企業を紹介。歩合制のタクシードライバーの収入を支える思考法、トッププレイヤーの仕事術、優良セミナーへの招待、秘密の待受スポット情報など、入社先で成功することを目的に考えられた「タクサポプログラム」で顧客満足度No.1を誇ります。

美人ドライバーとしてTVなどで活躍する生田佳那さんもおすすめの「タクサポ」の魅力をまとめました。

その前に、タクシードライバーという職業について少し紹介します。

タクシードライバーへの転職というと、ある程度年齢を重ねた人が多くて、夜も仕事をしていて大変、あまり稼げなさそう…というイメージがなんとなくありませんか?しかし、東京23区内のタクシードライバーに関しては、月間休日17日以上で、月収50万円以上も可能な、稼げる職業といえるのです。ここで、タクシードライバーについて基本的なことを確認していきます。

>タクサポをチェックしてみる<

給与は歩合制

タクシー会社にもよりますが、多くは売上の60%が給与となる歩合制を採用しています。
ただ駅のタクシー乗り場で待つだけではなく、どこにいればお客様を効率よく乗せられるのかを知っているドライバー、予想できるドライバーは、方法次第で年収1000万円も可能といいます。

また一般企業では難しい20代でも年収500万円以上も狙えるといいます。働いたら働いた分だけ、自分の稼ぎになるのでモチベーションも上がりますね。

勤務体系は主に3つ

「隔日勤務」(かっきん)

タクシー会社での働き方として主流となるのが隔日勤務です。「かっきん」と略して呼びます。

勤務時間は20時間、その中で3時間の休憩を取りながら勤務につきます。勤務についた次の日はお休みになりますので、1日に2日分のお仕事をして、次の日はお休みという感じです。体力的にきついとは思いますが、勤務の翌日はしっかり休んで回復できます。ただ個人差がありますので慣れるまで多少時間がかかる方もいます。

以下は一日のスケジュール例です。

チェックポイント

  • 6:00 出社(出社の時間もいろいろです)
  • 6:15 点呼・点検(アルコール検査なども実施)
  • 6:40 出庫・営業開始
  • 13:30 昼食・休憩
  • 14:30 営業
  • 18:00 夕食・休憩
  • 19:00 営業(22時を過ぎると2割増し・この後が稼ぎ時です)
  • 2:00頃 帰庫(給油・洗車・事務処理)
  • 3:30 帰宅

ひと月のうち17日はお休みになりますので、プライベートを充実できるというメリットがあります。また、1日の労働時間が長いので13日以上(それ以上勤務すると違反になります)は働けません。
趣味の時間・子育て中のパパも子育てにしっかり関われるなど、自分の時間をより充実させることができますね。

「昼日勤」

朝7時~16時まで、朝8時~17時までと、一般的な会社員と同じような時間帯で勤務する、女性ドライバーに人気の勤務スタイルになります。最近では、託児所のあるタクシー会社もありますので、今後女性ドライバーがもっと増えてくるかもしれませんね。

「夜日勤」

毎日夜間のみ勤務するスタイルです。朝と昼が逆転しますが、夜勤手当が付きますので、日勤よりは多く稼ぐことができます。

タクシードライバーに必要な資格

タクシードライバーになるためには、普通自動車二種免許と地理試験に合格する必要があります。

普通自動車二種免許

普通自動車一種免許(普通免許)を3年以上経過していれば、誰でも取得できる免許になります。

試験は学科と技能があり、学科は5問程度が二種免許特有の問題、それ以外の問題は普通免許で学んだ基礎知識を再度確認していく問題が多く、それほど難関ではありません。技能試験は、お客様を乗せて安全に運転できるかを見ますので、普通免許の時よりは得点は高く設定されています。運転技術に自信のある方ほど、苦戦する傾向もあるようです。

多くのタクシー会社は提携している教習所や合宿がありますので、そこで習得することになります。およそ10日間で取得できます。

地理試験

初めて聞く方もいると思いますが、東京都内でタクシードライバーとして仕事をするためには、地理試験に合格しなくてはなりません。試験は二科目に分かれており「タクシー事業に係る法令、安全及び接遇」と「当該指定地域に係る地理」があります。

「タクシー事業に係る法令、安全及び接遇」の試験では、下記のような内容が出題されます。

チェックポイント

  • タクシー事業に関する道路運送法や道路交通法といった法律
  • 該当地域での事故発生状況
  • 交通事故防止や事故発生時の措置
  • タクシードライバーの基本的な心構えや接遇

同様に「当該指定地域に係る地理」の試験では、地図上に示された下記の場所を答える問題が出題されます。

チェックポイント

  • 道路
  • 地名
  • 著名な建造物
  • 公園
  • ホテル
  • 鉄道の駅
  • 交差点の名称
  • 高速の出入り口 など

地理試験は誰もが平均5~6回は受験するといいますので、合格にはしっかりとした対策が必要なようです。タクシー会社でも、地理試験合格のために講師を呼んで研修を行うところもあります。

出典:公益財団法人東京タクシーセンター

この二種免許や地理試験ですが、多くの場合、入社後に会社負担で取得できます(それぞれの会社で規定がありますので確認しましょう)ので、安心してくださいね。

タクシードライバーとして成功するために

優良企業への入社が必須

ここでいう優良企業とはどういった会社なのでしょうか。

それは、管理者がドライバーのことを考えてくれる会社をいいます。もちろん、有名大手のタクシー会社であることも大切ですが、管理者の存在というのはとても重要なことなのです。それ以外にも歩率(ぶりつ)、迎車(お客様からのご要望)の数、法人契約数(タクシーチケットなどの経費で清算できるお金で使用してくれる方々)、タクシーはココと決めているというファンの多さ、事故弁償金の会社負担、初心者向けに最低給与の保証などそれぞれ特徴はありますが、何より管理者が従業員のことを考えている会社であれば、必然的に安心して働けるような環境の会社になっていきます。条件だけでなく、「会社の性格」を見ることも、良い会社を見極める重要なポイントになります。

ドライバーには「立ち回り」の技術が必要

「立ち回り」とあまり馴染みのない用語ですが、タクシードライバーにとって、「立ち回り」は稼ぐ上でとても大切な技術になります。お客様がいるポイントや時間帯などを知っておくことで、無駄な動きをせず、効率的に売上を上げていけるのです。またイベント、工事情報などの情報収集も欠かせません。この立ち回りが上手なドライバーと下手なドライバーでは収入は全く異なってきます。ただ走っていればお客様がやってくるかというとそうではないのですね。その立ち回りも徹底して指導するのがタクサポプログラムの特徴になります。

一般的なドライバーの平均売上は1日4~5万円前後ですが、立ち回りが上手なドライバーの売上は1日7万円を超えることもできます。

タクシードライバーの仕事は奥が深く、いかにお客様を見つけられるかを攻略しながら、仕事をしていかなければならない頭脳労働といえます。戦略を練りながら楽しむゲームや釣りが好きな方には向いている職業かもしれませんね。

>タクサポをチェックしてみる<

タクサポの特徴を他社サイトと徹底比較

タクサポは、よくある転職サイトとは少し違います。求人情報は一切公開されず、求人検索もありません。しかし、紹介される求人はタクサポで厳選した優良企業ですので、働きやすい環境が整っています。またタクサポプログラムを最大限に活かせるように、東京23区に特化することで、1ヶ月目にして売上7万円/日を達成した人もいるほど結果を出しています。

なぜこのように結果が出せているのか、他社と比較しながら紹介していきます。

>タクサポをチェックしてみる<

タクサポはヒアリング型の転職サイト

タクシードライバー専門の求人サイトを大きく分けると、ヒアリング型と掲載型の2つのタイプに分かれます。
タクサポは、ヒアリング型の転職支援サイトでホームページに求人情報は一切掲載されず全て非公開となっています。もちろん検索などもできません。

タクサポは、とにかくじっくりと丁寧にヒアリングします。タクシードライバーとして働く上で必要なことをしっかり伝え、その場で質問疑問にも答えます。時には経験談も含めて大切なことを伝えていきます。その間に、利用者の適性なども見極めて、希望条件に合うタクシー会社を提案します。

多くの転職サイトは掲載型の支援サイトとなり、求人情報を希望条件に合わせて検索できます。気に入った求人には希望すれば応募できますが、タクサポは厳選した企業の中からだけになりますので、選択肢という点では少ないかもしれません。しかし、厳選した紹介先ですので、会社選びに失敗はありません

タクサポプログラムとは

タクサポプログラムは、タクシードライバーとして基礎から応用までしっかりとした技術を身につけられる独自のプログラムです。業界を熟知したトップドライバーが制作・監修し、多くの方が成功しています。もちろん全て完全無料のサービスです。

タクサポプログラムの一部を紹介します。

チェックポイント

  • 丁寧なヒアリング
  • 優良企業の紹介
  • 歩合制のタクシードライバーの収入を支える思考法
  • トッププレイヤーの仕事術
  • 優良セミナーへの無料招待
  • 秘密の付け待ちスポット提供

上記のようにタクシードライバーとして必要なものは全て揃っているのがタクサポプログラムです。

東京のタクシードライバーの平均売上は48,500円/日。タクサポプログラムを実践した人の平均売上は61,000円/日
早い人で1ヶ月目で70,000円/日の売上を達成するなど、プログラムの有効性は十分に証明されています

この他に利用者達が参加できる「やる気のあるドライバーコミュニティ」=飲み会なども開催。売上を伸ばすための情報交換の場としても好評を得ています。

また同じ職場でもタクサポ出身のドライバー同志で情報交換をしたり、売上を競って切磋琢磨できる環境ができていますので、企業からの信頼も厚く、多くの方がやりがいを感じながらタクシードライバーを楽しんでいます。

多くの転職サイトは、求人を紹介することがメインで、ドライバーとしての技術を指導することはありません。他社との大きな違いといえますね。

東京23区に特化し、独自の情報満載

タクサポは東京23区に特化してサポートしています。
東京でタクシードライバーとして成功するには、「東京特有の方法がある」と考えるのがタクサポです。東京と他県では違いがあり、東京以外でタクサポプログラムを利用しようとすると、せっかくの情報も活かすことはできず、利用者へのサポートも不十分になってしまいます。あくまでも東京都内のタクシードライバーとして成功することを目的にしていますので、東京に限定してサポートを行っています。

東京と他県の主な違いはこのようなものです。

チェックポイント

  • 他県より確実に多く稼げる
  • お客様の多さ(タクシーの利用者、オフィス街、繁華街が多数ある)
  • 勝負場所の多さ(降ろした後も近くでお客様を乗せられる)
  • 料金改定によるお客様の増加(2km730円→1km410円になった)

東京という特別な環境だからこそ、タクサポの知識が生きてきます。

コンシェルジュは現役タクシードライバー

タクサポプログラムの開発・監修をしている藤野洋一氏は、今も現役のタクシードライバー1ヶ月の最高売上130万の実績を誇る東京No.1タクシードライバーとしてバリバリお仕事をしています。本業がお休みの日には、コンシェルジュとしてサポート対応やセミナーの開催などを行っています。タクサポプログラムの中にある優良セミナーは藤野氏が担当しており、現役ドライバーならではの視点で有益なセミナーを開催しています。

他のコンシェルジュの方も、月収50万円以上稼いだ経験のある元タクシードライバーで、業界内部を知り尽くしています。なにより、入社先で成功できることを目的に取り組んでいますので真剣に対応してくれます。どんな悩みもドライバー同士理解し合えるという点でも、相談しやすいのではないでしょうか。

他社にも業界に詳しい方はいますが、タクサポのように現役ドライバーや元ドライバーがコンシェルジュをしているところは少ないといえます。業界について熟知していますので、何を聞かれてもズバッと答えが返ってきます。頼りがいのあるコンシェルジュといえますね。

顧客満足度No.1

東京23区で働くタクシードライバーの1日の平均売上は48,500円。タクサポ出身の方は売上61,000円と高水準の実績を残しています。その差は月収にして7万円と高額に。中にはドライバーデビューをしてから1ヶ月程度で70,000円/日を超える方もいて、タクサポプログラムを実践して確実に結果を出しています。

結果が出ているからこそ、タクサポは転職したドライバーからも、人材を紹介された企業側からも信頼され、双方から高い満足度を引き出しています。

優良企業を厳選

東京都には、数多くのタクシー会社があります。タクサポでは、稼げる会社(所属するドライバーの売上平均1日5万以上、月収40万円以上の企業)・働きやすい会社(ストレスが少ない、人が良い、情報が入りやすい)・社員のためを思ってくれる会社を見極めて厳選しています。実際に仕事をしている社員の方にも話を聞いて判断材料にしていますので、より安心ですね。

出典:タクサポ

>タクサポをチェックしてみる<

タクサポの登録者データ

公式の発表はありませんが、タクシードライバーの平均年齢は50代後半という年齢層の中、タクサポでは20代半ばの若い方の利用も増えているようです。40代でもまだ若手に入ってしまうタクシー業界は、少し特殊な感じもしますね。

出典:タクサポ

タクサポの求人

求人をホームページ上で確認することはできませんが、紹介する求人の中には、最大手タクシー会社や大手グループ会社なども含まれています。また、ドライバー平均が売上5万円以上/日の優良企業を厳選して紹介しています。

出典:タクサポ

タクサポの会員登録から内定までの流れ

会員登録方法(無料相談)

コンシェルジュへの無料相談の申込は、ホームページから「コンシェルジュに無料相談をしてみる」をクリック。入力フォームへジャンプし、以下の項目を入力します。スマートフォンからでも同様に操作できますよ。

最初は必ずホームページからの手続きになります。入力項目はこちらの通りです。(※は必須入力項目)

チェックポイント

  • メールアドレス※
  • 名前※
  • 電話番号※
  • 勤務希望区域※
  • 二種免許の有無※
  • 年齢※
  • 相談内容
  • コンタクト可能時間帯※
  • その他要望

登録すると、希望した時間に電話がかかってきます。

履歴書・職務経歴書の提出方法

履歴書や職務経歴書は主に面接の際に持参しますので用意しておきます。

履歴書や職務経歴書は、必ず読みやすい字で丁寧に書きましょう。

面接官は、志望動機(なぜこの会社を選んだのか、なぜタクシードライバーという職業を選んだのか)や転職理由を重要視します。また履歴書を書く時に一番悩むところでもあります。下記のことを参考に、あくまでも前向きな動機を考えて記載しましょう。

チェックポイント

  • 車の運転が好き
  • 人との会話が好き(接客が好き)
  • 健康に自信がある
  • 地理に詳しい
  • 性格(真面目である・前向きな性格等)

職務経歴書は、履歴書に書ききれない細かな業務経験などを書きます。
悩んだらコンシェルジュにアドバイスをもらうようにしましょう。

実際の面談内容

登録後は、コンシェルジュからの電話を待ちます。

面談時間は1時間程度と丁寧にじっくりヒアリング。(長い人は2時間という方も)

主に現在の状況や希望条件などを確認しますが、既往症や違反・事故履歴がある場合には、正直にコンシェルジュに伝えましょう。お客様の生命を預かるお仕事ですので、高血圧や糖尿病などがある場合には、病状にもよりますが採用は難しい場合もあるようです。違反・事故履歴に関しても、「運転記録証明証」を提出しなくてはならなかったり、免許証を見ると最初に取得した場所、取得した年、発行履歴などがわかりますので、隠しても結局はバレてしまいます。

聞かれて答えにくいこともタクサポを信じて、隠さずに正直に話しましょう。

また、タクシードライバーという職業についてや、タクサポプログラムの説明や質疑応答にも時間をかけます。業界を知り尽くしている現役のドライバーが担当しますので、情報量、情報の質についても説得力のある話が聞けます。

ヒアリングでは下記のような話がされます。

チェックポイント

  • 希望条件(勤務先の地域・勤務形態)
  • 現在の状況
  • 既往症
  • 違反、事故履歴
  • タクシードライバーについての説明
  • 質疑応答

お仕事紹介・マッチング

ヒアリングが終わると後ほど3~4社のお仕事紹介があります。
会社の特徴・社風、歩合制の仕組み、休日などの説明を受けます。条件等で確認しておきたいことなどあればコンシェルジュに相談しましょう。

応募する会社が決まったら、面接に備えて準備をします。コンシェルジュによる面接対策もありますので、内定を勝ち取る為にしっかり対策を立てておきましょう。

面接日の設定などはコンシェルジュが調整しますので、希望日などがあれば伝えます。

会社によっても異なりますが、面接の当日に筆記試験や適性診断、健康診断を受ける場合もありますので、面接日当日の流れもコンシェルジュに確認し準備しておきましょう。体調を整えておくことも大切ですね。

面接

面接には、必ずスーツを着用し、10分前には面接会場に到着しておくようにします。

当日は履歴書や職務経歴書を持参します。面接が始まったら、質問にはハキハキと答えるようしましょう。
面接時間は30分程度かけるところが多いようです。

内定から入社までの流れ

面接の結果はコンシェルジュから連絡がありますので待ちます。

内定が出たら再度条件を確認し、承諾するか辞退するかを判断します。内定を承諾した場合、入社日の調整はコンシェルジュが行いますので、相談して決めましょう
また不採用という結果もありますので、気持ちを切り替えて、別の企業を紹介してもらいましょう。

入社後もコンシェルジュは、成果などを確認しながらサポートを続けます。またタクサポ出身者を集めた交流会を利用して情報交換もできますので安心ですね。

出典:タクサポ

>タクサポをチェックしてみる<

タクサポを利用する際のポイント

タクサポは、ホームページに掲載されている情報以外にもYoutubeやブログを使って情報を配信しています。タクシードライバーへの転職を考える際に参考になりますので、無料相談する前に一度チェックしてみるのもいいかもしれませんね。

YouTubeをチェック

YouTubeにはタクサポプログラムの紹介動画や利用者の声がアップされています。ホームページからの情報にプラスして、コンシェルジュの方のお話も聞けるので、内容が頭に入りやすく「やってみたい」「やれるんじゃないか」と思えるようになる動画になっています。また、コンシェルジュの方の苦労話、経験談も聞けるのは勉強になるのではないでしょうか。

体験談では、利用者の表情はとても明るく、利用してよかったという気持ちが伝わってきます。コンシェルジュの藤野さんの話し方もとても好感がもて、好印象を受けました。

ブログをチェック

ホームページ以外にも、タクサポの運営者が作成しているブログがあります。タクシードライバーとしての基礎知識から、稼げるドライバーへの近道情報も多く掲載しています。情報収集という点でも一度チェックしてみることをおすすめします。

東京タクシーラボ http://taxi-driver.tokyo.jp/
オレンジ戦隊改めサクラ戦隊 http://hikafuji.com/

>タクサポをチェックしてみる<

タクサポの対応しているエリア

東京23区に限定して、お仕事を紹介しています。

項目 詳細
求人数 非公開
求人エリア 東京23区

タクサポに関するよくある質問

タクシードライバーのメリットは?

一番のメリットは、月収50万円、月間17日がお休みというところ。会社を出てしまえば人間関係に悩むこともなく、自分のペースで頑張った分だけ稼げる、プライベートも充実できることといくつかありますが、なによりタクシーに乗ってくるお客様との出会いも素晴らしいそうですよ。こんないい人がいるのかという感動もですが、中にはチップをくれる人も。

タクシードライバーは、きつくて大変な仕事というイメージがありますが、意外と楽しめる職業かもしれませんね。

運転免許証を見ればいろいろわかるって本当?

運転免許証の12桁の番号には、法則があります
最初の2桁は、各都道府県の公安委員会のコードで、初めて免許証の交付を受けた県の番号になります。
その隣の3桁目、4桁目は、初めて免許を取得した年になり、西暦の下2桁になります。例)1995年→95
最後の1桁(最後の数字)には、再発行の番号が記載されます。再発行を受けたことが無ければ「0」となり、1回再発行した場合は、「1」となります。再発行を重ねると2、3…と増えていきます。

タクシー会社の面接時に再発行の数字を見て、なぜ再発行に至ったのかなど聞かれることもあるそうです。タクシードライバーという常に車を運転する職業ですので、免許証を見る目も厳しくなります。あまり回数が多いと、落とし物が多い人なのだろうかとマイナスの印象を与えてしまうこともあるようです。

会社を出てしまえば、ある意味自由ですので、サボろうと思えばサボれてしまいますよね。きちんと自己管理できる人でないとタクシードライバーは務まりませんので、そういう部分も採用者は見極めようとしているそうです。

稼げるタクシードライバーで充実した人生を

転職を考える際に、多くの人は同じ業種を選ぶと思います。あえて他の業種に転職をするのは勇気がいりますし、不安も大きいからです。しかし、タクサポを利用することでタクシー業界の様々なことを一から教わり、売上をあげる方法も学ぶことができますので、思い切って飛び込んでみる価値はあるのではないでしょうか。何より一人ではありません。入社できれば、タクサポ出身の同僚という相談相手もいますので心強いのではないでしょうか。

初めは不慣れで辛いと感じることもありますが、やる気とタクサポのサポートがあれば、高い収入とたくさんのお休みで、一般企業ではできない趣味と仕事の両立も可能になります仕事もプライベートも充実できるのがタクサポプログラムです。

>タクサポをチェックしてみる<
口コミ

男性(45~49歳)

運輸・物流(年収:300万円~400万円)

東京23区内のタクシードライバーにとって損はない

★★★★★ ★★★★★ 5

いま働いているタクシー会社には、タクサポを通して入社した新人とそうでない新人がいますが、自分を含め、タクサポ経由で入社した新人のほうが明らかに早く実績を上げています。稼ぎ方を教えてくれるタクサポプログラムが、とても役に立ったという実感があります。東京23区内でタクシードライバーをするなら、タクサポを使っておいて損はないと思います。

男性(50~54歳)

運輸・物流(年収:400万円~500万円)

タクサポプログラムが成果につながった

★★★★★ ★★★★★ 5

タクサポプログラムを受けました。そのまま使える万能ノウハウというわけではありませんが、実際の勤務の中でどう活かそうかと考えることが勉強になりますし、参考になって成果につながっています。転職先でも、ちゃんと勉強してきた人として扱ってもらえるので、その点でも良かったです。

男性(30~34歳)

運輸・物流(年収:300万円~400万円)

新人でも安心して働ける会社に出会えた

★★★★★ ★★★★★ 5

東京23区内の優良企業のみを紹介ということで、優良企業とは実際にどういうものなんだろう?と疑問に思っていましたが、確かに名前を聞いたことはなくとも働きやすそうな企業を紹介してもらえました。ちゃんと売上が上がっていて、ドライバーに無理をさせない企業は、不慣れな新人でも安心して働けそうです。

男性(40~44歳)

運輸・物流(年収:300万円~400万円)

仕事が決まるまで時間がかかる

★★★★★ ★★★★★ 2

タクシー業界に特化したなので、タクシードライバーにとっては魅力的ですが、応募して面談しないことには求人情報がわかりません。最初のハードルが高いです。私の場合は面談して、希望に近い案件を紹介してもらいましたが、合わなかったらまた相談して紹介してもらって…というのが面倒で、スピード感のある他サイトに乗り換えてしまいました。

男性(30~34歳)

運輸・物流(年収:200万円~300万円)

登録しないと何もわからないので判断できない

★★★★★ ★★★★★ 2

求人情報がまったく見えない状態では、登録しようかどうかの判断もできません。それでも登録してみたら、紹介される企業数の少なさにがっかり。売上の安定しているホワイト企業を厳選しているのかもしれませんが、求職者としては、会社選びにもっと選択肢がほしいと思います。

口コミを投稿する

ランキング

記事一覧