転職のことで何かお困りですか?

リクルートエージェントに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 圧倒的な求人数のリクルートエージェント。おすすめポイントを大調査

圧倒的な求人数のリクルートエージェント。おすすめポイントを大調査

リクルートエージェントの特徴
  • 圧倒的な知名度の大手エージェントで、案件の多さはトップクラス
  • 日本全国16拠点があり、地方での転職にも強い
  • 未経験可の案件はどの転職エージェントよりも多い
リクルートエージェントの口コミ
★★★★★
★★★★★
3.9
5
4
3
2
1
リクルートエージェントの基本情報
運営会社
株式会社リクルートエージェント
本社
株式会社リクルートエージェント
営業時間
10:00~18:00
アクセス
株式会社リクルートエージェント
求人数
3万件以上
非公開求人数
17万件以上
登録者数
-
転職決定数
41万人以上
得意ジャンル
幅広い業界に対応
対象年齢
20~30代を中心に幅広く対応
対象男女比
-
御祝い金の有無
-
スカウト制度の有無
スカウトメールあり
公式サイトをチェック
解説

リクルートエージェントとは?

この記事で伝えたいポイント

・実績と信頼ある転職エージェントサービス超大手「リクルートエージェント」の詳しい情報
・リクルートエージェントを上手に活用するポイント
・リクルートエージェントを使ってみた人たちの口コミ

リクルートエージェントの始まりは2018年現在からさかのぼること40年前。そもそもリクルートエージェントという社名になったのは2012年のことで最初の名前は日本リクルートセンター人材斡旋準備室という名前で発足しました。人材業界ではそれだけの実績があるパイオニア的存在です。

30秒でわかる!リクルートエージェントのおすすめポイント
サイトの特徴
総合評価
★★★★★★★★★★
求人数の多さに加え、知名度と実績による安心感もあり、とりあえず登録して損のないエージェント。
求人数
★★★★★★★★★★
公開求人3万件以上+非公開求人17万件以上。転職エージェントとしては最大規模の求人数。
サポート体制
★★★★★★★★★★
全国に16拠点を構え、地方でも対面サポートができる。書類添削や面接対策セミナーあり。
運営会社
★★★★★★★★★★
大手リクルート運営で、人材紹介では40年以上の実績があり圧倒的な安心感。
サイトの専門性
★★★★★★★★★★
あらゆる業種・職種を揃えていて間口が広い。未経験者向け案件の数も他社に比べて多い。
対応のスピード感
★★★★★★★★★★
レスポンスはあまり早くないと言われているが、求職者のやる気にもよる。サポートは3ヶ月がリミット。

長年の実績とノウハウがあり、求人数もトップクラス。これらを見ただけでも、リクルートエージェントがなぜ利用者が圧倒的に多い転職エージェントであり続けられるのか、納得できますよね。

こんな方におすすめ

  • 選択肢は多いほうがいい
  • 大手の安心感がほしい
  • あまり転職エージェント比較検討の手間を掛けたくない

つまり「とりあえず登録」するのにリクルートエージェントは最適だというわけです。
それでは、リクルートエージェントの詳しい特長を、データによって解説していきます。
リクルートエージェントをチェックしてみる

リクルートエージェントと他社との違いを徹底比較

リクルートエージェントと併用する人が多いのは、大手有名転職エージェントの「doda」と「マイナビエージェント」です。首都圏での転職であれば、「type転職エージェント」もJRの車内広告などで一定の知名度があるので、選ぶ方が多いようです。

求人数 未経験求人数 拠点数
公開約11万9,000件
非公開約16万3,000件
約2万3000件
非公開不明
16ヶ所
公開約7万3,000件
非公開約6万7,000件
公開約7,600件
非公開不明
10ヶ所
公開約1万7,000件
非公開約2万件
公開約500件
非公開約430件
10ヶ所
公開約1万件
非公開約9,000件
公開約600件
非公開約370件
1ヶ所

求人数

求人数はリクルートエージェントが圧倒的です。転職エージェントとしては求人数業界2位のdodaに10万件以上の差をつけています。

求人数がとにかく多いほうがいいという場合は、とりあえずリクルートエージェントを選ぶのがおすすめです。マイナーな職種でも希望の案件が見つかる可能性があります。
リクルートエージェントをチェックしてみる

未経験求人数

業界未経験・職種未経験OKの案件の割合が多いのもリクルートエージェントの特長です。そもそもの求人数が多いため、未経験OKの件数もdodaの3倍以上となっています。

若手の可能性に期待してくれる会社が多いということでしょう。
リクルートエージェントをチェックしてみる

拠点数

こちらも比較対象のエージェントに大きく差をつけて、リクルートエージェントが全国16拠点となっています。拠点数が多いということは、地方の求職者でもアドバイザーと直接面談できるというだけでなく、拠点のあるエリアで求人情報が充実するというメリットにつながります。

いま地方に住んでいても、リクルートエージェントの利用を検討する価値はあるでしょう。
リクルートエージェントをチェックしてみる

リクルートエージェントの求人データ

幅広い業界に対応した圧倒的な求人数が、リクルートエージェント最大の魅力です。それでは、求人数の内訳を「公開/非公開」と「地域」の面から詳しくみてみましょう。
(※2019年10月2日現在のデータです。)

リクルートエージェントの求人数

公開求人 非公開求人
11万8,660件 16万5,107件

圧倒的な求人数のうち、半分以上は非公開求人です。非公開求人は、会員登録をしてキャリアアドバイザーと面談すると紹介してもらえます。

またリクルートエージェントでは、WEBサイトで公開求人を検索しているときに、「この条件での非公開求人は○件」と表示されるようになっています。紹介してもらえる非公開求人の件数の目安がわかるのは便利ですね。
リクルートエージェントをチェックしてみる

リクルートエージェントの求人地域の内訳

1位:東京 2位:大阪 3位:神奈川 4位:愛知 5位:兵庫
13万9,304件 3万2,385件 2万4,244件 2万2,356件 9,783件

東京の求人だけでほぼ半数、首都圏で7割近くとなっています。首都圏に、大阪、愛知、兵庫、福岡が続き、大都市圏を除くエリアは全体の1割が残る計算です。

求人数の総数は非常に多いですが、全国にまんべんなく求人があるわけではないので、大都市圏で転職したい人向けのエージェントといえるでしょう。
リクルートエージェントをチェックしてみる

リクルートエージェントの登録者データ

リクルートエージェントでは登録者の属性が一部公開されています。ここでは年齢の内訳データから、リクルートエージェントの特長をみてみましょう。
(※2019年10月2日現在のデータです。)

リクルートエージェントの登録者内訳

〜25歳 26〜30歳 31〜35歳 36〜40歳 41〜50歳 50歳〜
32% 29% 18% 11% 9% 1%

リクルートエージェントに年齢制限はないので、幅広い年齢層が登録しています。リクルートエージェント側も、求職者の年齢とポジションに合ったさまざまな求人情報を揃えています。

とはいっても、転職市場でメインとなるのは35歳までの若手・中堅です。35歳を超えると転職がしにくいと一般的に言われていることもあり、特に未経験OKの求人が多いリクルートエージェントでは、35歳までの登録者が多くなっているのでしょう。
リクルートエージェントをチェックしてみる

リクルートエージェントを使うメリット・デメリット

ここまでのリサーチで、リクルートエージェントがどんな人に向いているか・どんな場合に適しているかがわかってきました。以下の表にまとめます。

メリット デメリット
全国に拠点がある 大都市以外の求人案件は少ない
未経験OKの求人が多い 40代以上のシニア層にはあまり向かない
総求人数がとにかく多い

リクルートエージェントは求人数が非常に多く、拠点が全国15ヶ所にあるので、地方での求人も豊富なように思えますが、実際の求人案件は首都圏・名古屋・大阪・兵庫・福岡で9割を占めています。つまり地方拠点は、大都市圏で就職をするための相談場所と思っておいたほうがよいでしょう。

関東圏から都心に出たい、中国・四国から大阪や福岡に出たい、というような希望がある場合は、リクルートエージェントの最寄り拠点に相談するメリットがあります。

また、登録者の8割は35歳以下です。登録自体は年齢無制限ですが、35歳以下の若手・中堅を求めている企業が多いと想定されるので、シニア層はシニア専門の転職エージェントを検討したほうがよいかもしれません。

おすすめエージェント
よい案件が見つからなかった
サポートに不満があった
対象年齢が合っていなかった

リクルートエージェントをチェックしてみる

リクルートエージェントの登録から内定までの流れ

リクルートエージェントの年間登録者数は50万人以上といわれています。それだけの大手エージェントだから安心して利用できる反面、「50万人の中でもちゃんと仕事を紹介してもらえる求職者」になるためには、こちら側の努力も必要です。

利用にあたっては、「なるべく正確で詳しい情報を事前に伝える」「コンサルタントからの連絡には素早く答える」など、転職へのやる気を見せていきましょう。そうでないと対応が後回しにされてしまう可能性もあります。

1.会員登録

登録にかかる時間 必須入力項目 任意入力項目
3分 21項目 7項目

リクルートエージェントの会員登録方法はいくつかのステップに分かれています。まずは「転職時期」「希望勤務地」など、転職に期待することを入力します。次に氏名などの基本的な個人情報を入力する画面に移り、最後に経験社数や業種などの履歴書的な情報を入力して終わりです。

最後に職務経歴を入力する欄があり、ここで職務経歴書のテキストデータを手元に用意しておくと3分程度で登録が済みますが、ない場合は一から入力することになります。入力を省略すると、キャリアアドバイザーに事前情報を渡す機会を失うことになるので、面談の有意義さが変わってきます。注意しましょう。

後ほどキャリアコンサルタント側から連絡がありますのでそれまで待ちましょう。
リクルートエージェントをチェックしてみる

登録項目入力のポイント

ここでポイントなのは、より良いサポートを受けるためには転職希望時期」で「すぐにでも」を選択することです。そのほうがサポートを優先される可能性が高くなります。

また、高い学歴やキャリアや英語力があるほど、高年収で採用される可能性が高くなるので、優先的に対応してもらえることが期待できます。思い当たることがあればすべて入力しておきましょう。

職務経歴書を後で用意する場合のポイント

履歴書・職務経歴書は面談前に送っておいたほうが、面談時にマッチする求人を紹介してもらえる可能性が高くなります。そのため登録時に省略したとしても、面談日までにはファイルで提出しておく方が良いでしょう。

リクルートエージェントにはレジュメnaviというツールがあり、そこで履歴書・職務経歴書を作成してダウンロードができます。便利なのでぜひ利用してみてください。
リクルートエージェントをチェックしてみる

2.エージェントとの面談

面談タイプ
対面

次は実際の面談内容についてです。必要なものや時間などは以下のようになっています。

チェックポイント

  • 必要なものは事前に依頼・指定された時のみ以外特になし
  • 面談場所はあなたの最寄りの拠点
  • 面談の所要時間は1時間~1.5時間程
  • 面談内容はあなたの希望や条件・提出した履歴書・職務経歴書を見てのキャリアコンサルタントからの質問など
  • そこで求人を紹介してもらえる可能性もあり
  • 服装はスーツでなくても可。あなたがリラックスできる服装で良いがラフすぎるものはNG

面談では、包み隠さずありのままを伝えましょう。なぜ前職を退職したのか・転職をしようと思ったのかなど、ネガティブなことも正直に伝えておけば、面談で志望先企業に伝えるときにはどんなふうに言い換えればよいか、コンサルタントからアドバイスしてもらえることもあります。
リクルートエージェントをチェックしてみる

3.求人紹介・応募

仕事は面談の際に紹介される場合もあれば、後日の場合もあります。条件によっては仕事紹介に時間がかかる可能性もありますので、その点は考慮しておきましょう。

仕事紹介を受けて応募しようと決めたならば、キャリアコンサルタントに伝えて、応募の手続きや、無理のない面接日程の調整などをしてくれます。あなたが企業に対して直接なにかする必要はありません。
リクルートエージェントをチェックしてみる

4.選考

提出書類添削 面接対策 面接同行
あり あり なし

応募にあたっては、キャリアコンサルタントが企業へあなたを推薦してくれます。そしてキャリアコンサルタントから職務経歴書の添削や面接対策などのサービスを受けることになります。

リクルートエージェントに限らず、転職エージェントに履歴書・職務経歴書を添削してもらった場合の書類通通過率は、自分で書いた時やサンプルにただ記入しただけの場合よりも30%アップすると言われています。受けられる添削サービスはぜひ活用しましょう。

書類選考を通って面接に至った場合、リクルートエージェントでは面接の際の服装や持ち物として以下の5つを推奨しています。

チェックポイント

  • 髪型は清潔感を意識し、手入れされている状態で
  • メイクやネイルは派手すぎない程度体に合ったサイズで、しわのないスーツを着用
  • ネクタイやベルトなどの小物は派手すぎないもの
  • 書類が入る大きめの鞄
  • 面談と同様、履歴書・職務経歴書を持っていく

他にも気になることがあれば事前にキャリアコンサルタントに聞いておきましょう。
リクルートエージェントをチェックしてみる

5.内定

内定までの期間目安
1ヶ月〜最長3ヶ月

面接後、内定が出たらキャリアコンサルタントが入社日や年収の交渉などをしてくれますので、あなたは退職に向けた社内調整にだけ集中してください。もし退職がこじれそうなら、円満退職のコツなどアドバイスをもらうことができます。

内定が出た後にやらねばならない手続きに関しても、責任を持ってキャリアコンサルタントがサポートしてくれます。

ひとつ気をつけたいのは、リクルートエージェントのサポートは登録から3ヶ月という点です。3ヶ月を過ぎても内定が出ず転職活動が続いていたり、連絡が滞っている場合は、サポートが打ち切りになりますので注意してください。
リクルートエージェントをチェックしてみる

リクルートエージェントのおすすめポイント

業界最大級という求人数の他にも、リクルートエージェントならではのメリットは多数あります。

転職成功実績が圧倒的に多い

リクルートエージェントで転職が決定した、つまり転職成功実績は2018年時点で累計49万件以上。年間でも、2018年度は4万7,000名と、過去最多の転職成功実績を残しています。

また、リクルートエージェントを利用しての転職で60%以上の人が年収アップを実現しているという結果も出ています。
リクルートエージェントをチェックしてみる

キャリアコンサルタントの持っている情報が多い

キャリアコンサルタントは様々な情報を保有しています。インターネットで検索して嘘か本当かわからない情報に惑わされるよりも、キャリアコンサルタントに相談した方が信ぴょう性が高いです。

自分で公開求人を検索して気になる案件があったり、その他でも求人内容について疑問があれば、何でもキャリアコンサルタントに尋ねてみましょう。
リクルートエージェントをチェックしてみる

独自ツール「Parsonal Desk Top」がある

実はリクルートエージェントには他社にはない独自のツールがあります。その一つがParsonal Desk Topというもの。面談後、個人に開設されるサイトがありアプリとしてスマホやパソコンで開くことができますのでいつでもどこでも進捗管理ができて非常に便利なアプリとなっています。

パーソナルデスクトップでできることは以下の2つで

チェックポイント

  • 企業への応募や面接などの進捗管理
  • 案内に従って入力するだけで職務履歴書が作成できる「レジュメ navi」を搭載

と、転職活動をスムーズに進めるためには必要不可欠なツールで、レジュメnaviは職務経歴書初心者さんでもプロ並みの職務経歴書を作成することができます。
リクルートエージェントをチェックしてみる

独自ツール2「AGENT Report」がある

独自ツールの2つ目はAGENT Reportです。このツールでは以下の3つの情報に長けていて、

チェックポイント

  • 求人企業の特徴
  • 働く環境
  • 選考のポイント

など、皆さんが知りたい情報をリクルートエージェントが独自に企業研究を重ねた結果をレポートとして公開しているのがこのエージェントレポートです。

ネットにはない裏の情報や早い者勝ちな情報もありますからパーソナルデスクトップも含めてリクルートエージェントを利用するなら絶対に外せないツールです。
リクルートエージェントをチェックしてみる

リクルートエージェントの対応エリア

求人のある地域 サポート拠点
全国 16ヶ所
東京(京橋/立川)・北海道・仙台・宇都宮・さいたま・千葉・横浜・静岡・名古屋・京都・大阪・神戸・岡山・広島・福岡

全国に16拠点があり、地方に住んでいても最寄りの拠点でキャリアコンサルタントとの面談ができます。

ただし、求人が全国にまんべんなくあるわけではありません。首都圏と名古屋、大阪・兵庫、福岡だけで全体の求人数の9割を占めています。どちらかというと、地元密着で仕事を探すよりも、地方から大都市圏に出て就職したい人向けに拠点が用意されていると思ったほうがよいでしょう。
リクルートエージェントをチェックしてみる

リクルートエージェントに関するよくある質問

ここではリクルートエージェントに関するよくある質問をまとめていきます。

登録からサービスまで全部無料ですか?

もちろん無料です。

リクルートエージェントに限らず、転職エージェントというのは、転職者が採用された時点で企業から報酬を受け取るビジネスモデルになっています。そのため求職者側のサービスは全部無料でも長く続けていられるわけです。
リクルートエージェントをチェックしてみる

リクナビNEXTとは違うのですか?

リクルートの転職サービスというと、よく聞かれるものに「リクナビNEXT」がありますが、これはリクルートエージェントとは異なるサービスです。

サービス リクルートエージェント リクナビNEXT
キャリア相談 あり なし
仕事紹介 あり なし(自分で検索)
応募書類添削 あり なし(サポートコンテンツあり)
面接対策 あり なし(サポートコンテンツあり)
企業への推薦状作成 あり なし
内定後サポート あり なし

リクルートエージェントが「エージェントのサポートがある転職支援サービス」なのに対して、リクナビNEXTは「ユーザが自分で求人情報を検索して応募のできる転職情報サイト」となっています。

転職の要領がある程度わかっている人や、転職をマイペースに進めていきたい人は、リクナビNEXTが合っています。逆に、転職に関してわからないことが多い場合は、エージェントに頼って転職活動をしたほうが安心です。

既卒・第二新卒でも求人はありますか?

リクルートエージェントは新卒・第二新卒に特に力を入れています。安心してください。

既卒や第二新卒向けのも1,000件ほど見つかります。キャリアコンサルタントに相談すれば、非公開求人で、既卒や第二新卒を歓迎している隠れた求人が見つかるかもしれません。
リクルートエージェントをチェックしてみる

自分の住んでいる地域以外でも求人は紹介してもらえますか?

はい。その際はキャリアコンサルタントにご相談ください

ただし必ず求人があるとは限りませんので、まずはキャリアコンサルタントに相談して、しばらく紹介まで待つ場合もあります。
リクルートエージェントをチェックしてみる

正社員経験がなくても求人は紹介してもらえますか?

リクルートエージェントの求人は、大半が社会人として実務経験のある人が対象となっています。そのため、必ず求人が紹介できるとは限りません。

それでも求人を紹介してもらうには、まずは「すぐにでも転職したい」という熱意をアピールし、キャリアコンサルタントにとって優先度の高い求職者になりましょう。
リクルートエージェントをチェックしてみる

キャリアコンサルタントの変更は可能ですか?

可能です。キャリアコンサルタントの変更がしたい場合は、お問い合わせフォームから依頼をしてください。

ただし過去にキャリアコンサルタントと問題を起こした場合や、地域によっては変更ができない可能性があります。
リクルートエージェントをチェックしてみる

どのような情報提供をしてもらえますか?

リクルートエージェントが情報提供してくれるものは以下の4つが主になります。

チェックポイント

  • 求人内容詳細や各種条件(仕事内容・給与モデル・待遇等)を記載した「求人票」
  • 社風・オフィスの雰囲気、将来性など、弊社で知り得た情報
  • 興味のある業界・分野・職種などについての全体像、動向
  • 職務経歴書の書き方、面接テクニックなど、ご自身を最大限にアピールする方法や転職・転身・キャリアアップの可能性など

もちろん、情報を提供するだけでなく、それに基づいて内定を獲得するためのアドバイスも行います。キャリアコンサルタントはあなたの良い点や悪い点、もっとアピールするべき点など、自分ではわからないことを教えてくれます。
リクルートエージェントをチェックしてみる

面談は土日祝・夜間は対応していますか?

土日祝も対応しています。時間は10時~18時。平日でしたら18時以降も対応しています。

これならば平日忙しい人でも通えますし、現在は主婦なのだという人でも夜間ならば通えそうです。ただ、どうしても面談に通えないという場合はコンサルタントに相談すれば電話面談も可能です。

必ず面談に行かねばならないということではありませんので安心してください。ただし何度も何度もキャンセルを繰り返していると面談予約自体受けてもらえなくなるという事例もありますのでご注意ください。
リクルートエージェントをチェックしてみる

以前利用していて、利用を再開したい場合はどうすればいいですか?

リクルートエージェントではサービス期間終了後一定期間が経つと個人情報は破棄していますので、その際は改めて新規での登録となります。改めて登録してまた一からコンサルタントと面談から…ということになります。

ただし、登録している際に面談をキャンセルした経験があったり、何かコンサルタントと問題を起こした場合は、登録自体断られる可能性もあります。
リクルートエージェントをチェックしてみる

登録を断られることはありますか?

キャリアやその人の過去の経歴によっては、紹介できる求人がないと言われる場合もあります

ただリクルートエージェントは幅広い年齢層・職種に対応していますので、相当キャリアがなかったり自分の身の丈に合っていない条件ではない限り、断られることはないでしょう。
リクルートエージェントをチェックしてみる

求人数で選ぶならリクルートエージェント

リクルートエージェントは、求人数の多さと、実績ある大手だからこその転職ノウハウが魅力のエージェントです。さまざまな求人案件を見てみたい・しっかりしたサポートが欲しいという人にとっては、登録する価値が十分あります。

一方、利用者が非常に多いため、3ヶ月というタイムリミットに注意し、キャリアコンサルタントに後回しにされないよう、利用者側もある程度の努力をする必要があります。サービスの特長を理解したうえで、自分の性格や転職スタイルに合いそうならぜひ登録してみてください。
リクルートエージェントをチェックしてみる

口コミ

男性(30~34歳)

IT・通信(年収:400万円~500万円)

他社と比べて求人の質が良かった

★★★★★ ★★★★★
4

リクルートエージェントは紹介される求人が多くて、求人の質も良かったと思います。他のエージェントでは明らかに年収の下がる案件をいくつも紹介されて、「でも成長性のある会社で…」というフォローの説明を聞くのにうんざりすることもあったのですが、こちらではそういうことはありませんでした。だいたい現職と同じか+20万円くらいの求人ばかりだったので、キャリアアップというほど自信のない自分には妥当で選びやすかったです。

女性(30~34歳)

IT・通信(年収:400万円~500万円)

忙しそうな会社だった

★★★★★ ★★★★★
3

東京駅八重洲口のリクルートで面談をしましたが、スタッフがとても忙しそうだったのが印象に残っています。面談ブースが大量にあってほとんど埋まっていて、椅子に案内されてからもしばらく待たされたり、途中で別の人が来たりしました。なのであまり親身な感じはせず、転職の悩みを話すという雰囲気ではなかった気がします。

女性(30~34歳)

IT・通信(年収:400万円~500万円)

リクルート内の求人案件を紹介された

★★★★★ ★★★★★
3

よくあることらしいのですが、面談をした結果、リクナビエージェントのアドバイザーの仕事を紹介されてしまいました。そこで、リクルートで働けるなら大手だし嬉しいな…と思って面接に行ったところ、あまりノリが合わない面接官の方と二人での面接になり、話が盛り上がらず不採用でした。その後は気まずかったので、別のエージェントで転職を決めました。

男性(30~34歳)

IT・通信(年収:400万円~500万円)

リクナビNEXTで充分かも

★★★★★ ★★★★★
3

一度利用しましたが、リクナビNEXTでいいかなと思いました。面談ですごく親身になってもらえるわけでもなく、すごく役に立つ情報があるわけでもないです。仕事はたくさん紹介してもらえますが、リクナビNEXTで自分で条件検索をすればたぶんもっと出てきます。「企業と直接やりとりをしたくない」というのでなければ、特にリクナビエージェントを間に挟まなくてもいいと思います。

女性(30~34歳)

外食(年収:400万円~500万円)

すごい数の企業を紹介される

★★★★★ ★★★★★
3

とにかく紹介される企業の選択肢が多いのはすごいと思います。これは違うと言うと10件ずつ新たに追加が来るような感じです。ただ、利用者が多いせいかアドバイザーさんも何人もさばいていて大変そうな印象で、あまり求職者一人ひとりのことは見ていないようでした。自分の場合は、飲食業界で管理部門にいたのですが、飲食業界というだけで現場の職種ばかりを持ってこられたりしました。

男性(30~34歳)

IT・通信(年収:400万円~500万円)

面接対策などさまざまなアドバイスをもらえた

★★★★★ ★★★★★
5

求人の質・量が圧倒的で、 幅広い求職者に対応している会社であり、老舗でもあるので、コネクションも多岐にわたって、いろんな希望にそえる会社ですね。
サポート、特に面接対策が充実しているので、転職者へのフォローは、かなり充実しています。
対企業への交渉力が高く、内定率が高いというのも大きなメリットで、転職を支援してくれる会社が大手になると、こちらもアドバイスを受けたりするのも、大きなアドバンテージになります。ここを選んでよかったと思います。

女性(25~29歳)

金融(年収:300万円~400万円)

求人検索サイトとしてなら最高水準

★★★★★ ★★★★★
3

リクルートエージェントは業界では老舗という事もあり、大手企業の求人数は非常に多いと思います。私は複数のエージェントを利用しましたが、求人に関しては量・質ともに最高水準だと感じました。ただしキャリアアドバイザーとの面談は電話で30分程のみで、職務経歴書の添削や面接対策は直接アドバイスいただけず、希望に合った求人をご紹介いただけなかった印象があります。初回は多くの求人をいただきましたが、書類通過の件数が少ないとわかると一気に紹介件数が減り、だんだんと利用をしなくなりました。私は求人検索サイトとしての利用することのみをお勧めします。また、外部講師による面接セミナーを実施しているので、そちらの受講もお勧めしたいです。

男性(25~29歳)

メーカー(年収:400万円~500万円)

転職未経験でも安心して利用できた

★★★★★ ★★★★★
5

リクルートエージェントは、転職が初めての方でもスムーズに転職活動が行える、日本で一番信頼性の高い転職エージェントです。
自分が希望する会社を登録して、プロフィールの必要事項を入力するだけで、自身のメールアドレス宛てに次々と非公開求人の情報が届くので、正規の採用プロセスを逃した方でも、面接の機会を数多くセッティングして頂けます。
コンサルタントの電話対応も非常に丁寧で、未経験の私でも、初めての転職活動をスムーズに行うことができ、満足しています。選んで正解でした!

女性(20~24歳)

IT・通信(年収:300万円~400万円)

第二新卒でもスムーズに転職が決まった

★★★★★ ★★★★★
5

文系で第二新卒で特に資格も持っていないという悪条件でしたが、キャリアアドバイザーさんに親身にサポートしていただけて、無事に転職が決まりました。しかも転職先はちゃんとホワイトな企業で、今でもちゃんと納得して働けています。有名な大手エージェントだけあって、持っている求人数が多いのが強みだと思います。

女性(30~34歳)

インターネット・広告・メディア(年収:500万円~600万円)

年収アップとキャリアアップが実現した

★★★★★ ★★★★★
5

自分に自信がなかったので希望条件をゆるめに伝えたら、100件以上の求人情報を紹介できると言われて驚きました。かなりわがままを言って5件まで絞り、担当者からアドバイスをいただき面接対策をして臨んだところ、めでたく内定。当初は期待していなかった年収&キャリアアップも実現したので、とても満足のいく形で転職活動を終えられました。

口コミを投稿する
適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧