転職のことで何かお困りですか?

保育士WORKERに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 保育士WORKERの口コミや評判を徹底調査。理想の転職を目指そう!

保育士WORKERの口コミや評判を徹底調査。理想の転職を目指そう!

保育士WORKERの特徴
  • 満足度なんと97%。30代保育士から支持率No.1の保育士専門サイト
  • 転職後に年収がアップした利用者が8割
  • 専任アドバイザーが面接対策や面接同行もしてくれる手厚いサービス
保育士WORKERの口コミ
★★★★★
★★★★★
3.2
5
4
3
2
1
保育士WORKERの基本情報
運営会社
株式会社ティスメ
本社
東京都千代田区有楽町2-7-1 イトシアオフィスタワー11F
営業時間
9:00~21:30
アクセス
東京都千代田区有楽町2-7-1 イトシアオフィスタワー11F
求人数
32,000件以上
非公開求人数
9,500件以上
登録者数
-
転職決定数
-
得意ジャンル
保育士・看護師・栄養士
対象年齢
-
対象男女比
男性:10%、女性:90%
御祝い金の有無
-
スカウト制度の有無
-
公式サイトをチェック
解説

保育士WORKERとは?

保育士の求人・転職サイト「保育士ワーカー」は、楽天リサーチ2017-2018年 30代保育士の調査によると、支持率No.1サイトとのこと。そのため転職活動がはじめてで不安な方も、安心して利用できるのがポイントです。

30秒でわかる!保育士ワーカーのおすすめポイント
サイトの特徴
総合評価
★★★★★★★★★★
年収アップして満足の行く転職ができたという声が多く、期待できる。
求人数
★★★★★★★★★★
3万6,000件以上。4分の1ほどは非公開求人で、保育士ワーカーだけの独占求人もあり。
サポート体制
★★★★★★★★★★
面談は電話だが、専任アドバイザーが面接同行やアフターフォローまでしっかりサポートしてくれる。
運営会社
★★★★★★★★★★
もともと建設業界と医療業界の人材派遣をしていた企業。保育業界特化ではない。
サイトの専門性
★★★★★★★★★★
保育業界中心で、アドバイザーも保育士専門。
対応のスピード感
★★★★★★★★★★
電話面談だけで済み、アドバイザーからの連絡頻度が高いのでスピード感はある。

さらに保育士ワーカーは保育業界の求人に強く、利用者の8割が年収アップに成功したとのこと。そのおかげもあってか、利用者の満足度は、なんと97%。ほとんどの利用者が、保育士ワーカーのサービスに満足されているようです。

今回は利用者からの支持率や満足度が高い保育士ワーカーの7つの特徴や会員登録~内定までの流れ、そして利用する際のポイントなどをお伝えしていきます。
保育士WORKERをチェックしてみる

保育士WORKERの特徴を他社サイトと徹底比較

はじめに、保育士ワーカーの7つの特徴をご紹介します。

他社転職サイトと徹底比較しましたので、これから保育士ワーカーを利用する方はもちろん、他社との違いが知りたいという方もぜひ参考にしてください。
保育士WORKERをチェックしてみる

全国47都道府県の求人に対応

保育士ワーカーでは全国47都道府県の求人を検索できるのも、特徴のひとつとして挙げられます。

他社転職サイトは首都圏だけしか対応していないところもあるので、この点は保育士ワーカーの方が地方で求人をお探しの方にとって有利だといえます。
保育士WORKERをチェックしてみる

未経験&ブランクOKの求人もアリ

保育士ワーカーでは未経験&ブランクOKの求人もあるので、資格があっても経験が少ない方、また子育てが落ち着いて、働きたくてもブランクがある方も心配することなくご利用いただけます。さらに未経験の方には、教育制度がしっかりした園を紹介してくれるとのこと。教育制度が整った園でキャリアを積めるのは、かなり魅力的ですよね。

具体的な求人数ですが、2019年8月時点で未経験OKの求人数は4,789件(内訳が公開求人数3,700件、非公開求人数1,089件)、そしてブランクOKの求人数は4,906件(内訳が公開求人数3,791件、非公開求人数1,115件)でした。これは全国での数字なので、実際には地域を限定して検索してみてくださいね。
保育士WORKERをチェックしてみる

専任アドバイザーが、1人1人の転職をサポート

保育士ワーカーを利用すると専任アドバイザーが1人1人につき、下記の面で転職活動をしっかりサポートしてくれます。

チェックポイント

  • 求人のご紹介
  • 面接・見学の日程調整
  • 面接対策
  • 履歴書・職務経歴書のアドバイス
  • 給与・休日・待遇などの条件交渉
  • 入職後のサポート

面倒な面接の日程調整や園との諸連絡、さらに言いづらい入職前の条件交渉も、専任アドバイザーが代理で行ってれます。そのため保育士ワーカーは「手間暇かけずに転職活動を行いたい」「給与や休日の希望を通したいけれど、条件交渉は苦手…」という方にも、ぴったりなサイトだといえます。
保育士WORKERをチェックしてみる

面接対策&面接同行もアリ

保育士ワーカーでは専任アドバイザーが面接対策をして、採用担当者に好印象を与える受け答え方など、しっかりアドバイスしてくれます。

さらに希望があれば、専任アドバイザーが面接に同行してくれます。「希望の園が見つかったけど、自分の魅力をうまく伝えられるか自信がない…」という方は、専任アドバイザーに同行してもらうのをおすすめします。

また、保育士ワーカーの公式ホームページには「転職のプロが教える」の項目に、面接での身だしなみについての情報も公開されています。採用担当者に好印象を与えたい方は、こちらを面接前に読んでおいてくださいね。
保育士WORKERをチェックしてみる

入職後も専任アドバイザーがしっかりフォロー

保育士ワーカーで内定が決まり、入職した後も専任アドバイザーがアフターフォローしてくれるのもポイント。どんな小さな悩みでも、専任アドバイザーが親身になって相談に乗ってくれます。

園ごとに雰囲気やルールが異なるため、どんなにキャリアのある保育士でも慣れるまでに数ヶ月かかるといわれています。備えあれば憂いなしといいますが、やはり入職後のアフターフォローはないよりある方が安心して働けるといえるでしょう。

また、他社転職サイトではアフターフォローのサービスがないところもあるため、「入職後もサポートしてくれる転職サイトを利用したい」という方は、ぜひ保育士ワーカーをご利用ください。
保育士WORKERをチェックしてみる

公式ホームページには、転職や仕事にまつわる情報がいっぱい

保育士ワーカーの公式ホームページでは求人が検索できるほか、転職や資格にまつわる情報も公開されているのも特徴です。

公式ホームページにある「転職のプロが教える」の項目では、下記テーマについて情報が公開されています。

チェックポイント

  • 履歴書の書き方
  • 志望動機
  • 職務経歴書の書き方
  • 面接での身だしなみ
  • 転職理由ランキング
  • 保育士の有効求人倍率
  • 保育士の年収
  • 保育士さんのパート事情
  • 保育士さんおすすめブログ

どれも保育士として知りたい情報ばかりですが、転職活動中は特に履歴書や職務経歴書の書き方、そして面接での身だしなみについてのテーマが気になるところ。どんな情報があるのかというと、例えば”履歴書の書き方”では

チェックポイント

  • 日付や学歴・職歴など、基本情報の書き方
  • 写真の服装の注意点
  • 志望動機・自己PRでアピールすべきこと
  • 封筒の書き方

などについてかなり詳しく書かれています。「何度も履歴書を書いてるし、たぶん大丈夫」という方も、実は書き方が間違っていたということもあるため、転職中にもう一度読んで確認しておくことをおすすめします。

また、「保育士の資格」の項目には、

チェックポイント

  • 絵本専門士
  • リトミック指導者
  • 運動保育士
  • イングリッシュエキスパート保育士
  • 認定病児保育スペシャリスト
  • ベビーサイン講師
  • ベビーマッサージ
  • チャイルドマインダー
  • 臨床発達心理士
  • 管理栄養士・栄養士
  • 医療事務

があり、それぞれ仕事に役立つ資格についてかなり細かく説明されています。興味のある方は、「保育の資格」の項目にも一度目を通してみてくださいね。
保育士WORKERをチェックしてみる

これら手厚いサービスは、すべて無料

保育士ワーカーでは上記のような質のいいサービスが受けられるのに、会費や手数料など一切かからないのがポイント。これらサービスは、すべて無料で受けられます。

転職活動は交通費や履歴書、封筒といった雑費のほか、リクルートスーツを新調したり美容院に行って身だしなみを整えたりと、なにかとお金がかかります。また現在職に就いていない方は、費用が抑えられるところはしっかり抑えておきたいところですよね。保育士ワーカーでは無料で利用できるので、費用の心配は一切いりません。サービスをフル活用して、転職を成功させましょう。
保育士WORKERをチェックしてみる

保育士WORKERの登録者データ

保育士ワーカーの公式ホームページには、具体的な登録者数や男女比、また年齢層などは公開されていませんでした。やはり登録者の個人情報に関わってくるため、これら情報は公にしていないのかもしれません。

ですが2014年の厚生労働省の調査では女性の保育士の数が9割と、男性よりも圧倒的に多かったことから、保育士ワーカーの男女比に関しても女性の方が多いと推測できます。

また、保育士ワーカーの公式ホームページにある「ご利用者の声」をチェックしてみると、20~50代とさまざまな年代の利用者からの声が寄せられています。このことから、保育士ワーカーでは幅広い年代の利用者がいることが伺えます。

参考:厚生労働省
保育士WORKERをチェックしてみる

保育士WORKERの採用募集データ

保育士ワーカーの登録者データの次は、採用募集データをお伝えします。
ここでは保育士ワーカーの首都圏内の求人数や募集している業界や職種など、ひとつひとつチェックしていきましょう。

保育士ワーカーの求人数

転職サイトを利用する際はどのくらいの求人数があるのかも気になるところですが、2019年8月時点で保育士ワーカーの総求人数は36,618件。内訳は公開求人数が28,295件、非公開求人数が8,323件とのことでした。これは他社保育業界に特化する転職サイトと比べても多い数字だといえるでしょう。ちなみにこの中には、他のサイトには載っていない、保育士ワーカーにしかない求人もあります。

さらに保育士ワーカーは全国の求人が検索可能です。他社転職サイトでは東京都以外の求人数がガクっと下がってしまうところが多いのですが、保育士ワーカーは埼玉県や千葉県の求人も1,000件以上でした。

保育士WORKERをチェックしてみる

保育士ワーカーで年収がアップした利用者の割合

保育士ワーカーの公式ホームページにあるアンケートでは、下記のような退職理由がありました。方針の違いや人間関係のほか、給与が理由で転職を決めた人も多いようです。やはり多くの保育士が「仕事がハードの割に、給与が安い…」と悩んでいることが伺えます。

チェックポイント

  • 園の方針が自分に合っていなかったから
  • 給与や待遇を改善したいと思ったから
  • 職場の人間関係がうまくいかなかったから

保育士ワーカーによると、利用者の8割が年収アップに成功しているとのこと。これは保育士ワーカーの特筆すべき点といってもいいでしょう。ほとんどの利用者が年収アップを成功させた理由は、保育士ワーカーが質のいい求人を用意してくれるから、そして専任アドバイザーが条件交渉を行ってくれるからだと予想できます。

保育士WORKERをチェックしてみる

保育士ワーカーで募集している職種・業界

保育士ワーカーではその名の通り保育業界に強い転職サイトで、主に保育士や幼稚園教諭の仕事を募集しています。ですが他にも正看護師、准看護師、栄養士の求人も検索できるのがポイント。これらの職種に就いている方にも、保育士ワーカーはおすすめです。

こちらに保育士ワーカーで募集している職種・業界についておまとめしましたので、参考にしてください。

項目 詳細
保育 ■保育士■幼稚園教諭
医療 ■正看護師■准看護師■栄養士
保育士WORKERをチェックしてみる

保育士WORKERの会員登録から内定までの流れ

次に、保育士ワーカーの会員登録から内定までの流れをひとつずつご説明していきます。

利用する前に全体の流れを把握しておけば、転職活動がスムーズに行えます。ここではそれぞれのポイントはもちろん、専任アドバイザーからのヒアリング内容も記載しましたので、ぜひ参考にしてください。

会員登録方法

まずはじめに会員登録ですが、保育士ワーカーでは公式ホームページ上で簡単に行えるのがポイント。運営会社に来社する必要がないので、現在も仕事をしていて忙しい方にとってこれは魅力的ですよね。

登録は公式ホームページ上の登録フォームにて、下記情報を記入するだけ。かかる時間は60秒ほどで、すぐに登録できます。

チェックポイント

  • 名前
  • 生年月日
  • メールアドレス
  • 住所
  • 電話番号
  • 保有資格(保育士・幼稚園教諭・正看護師・准看護師・栄養士・管理栄養士・調理師・資格取得見込み)
  • 希望する勤務形態(正社員・パート・契約社員)
  • 希望する入職時期(1ヶ月以内・3ヶ月以内・半年以内・いい求人があればいつでもなど)
  • 質問・希望などの記入欄

インターネット上で個人情報を記入するのに抵抗がある方もいるかと思いますが、保育士ワーカーはプライバシーマークを取得しているので安心してくださいね。

「質問・希望などの記入欄」ですが、登録後専任アドバイザーから電話がかかってくるので、電話に出れる日や時間帯などを記入しておいた方がベターだといえます。

また、保育士ワーカーは、電話でも会員登録可能です。「まず気になることを質問してから登録したい」「登録の際に分からないところがあった」という方は、フリーダイアル(0120-019-451)までお問い合わせください。
保育士WORKERをチェックしてみる

実際の面談内容

会員登録が終わったら、それぞれのエリア専任の専任アドバイザーから電話連絡がきます。ここで専任アドバイザーから希望する勤務地や給与についてヒアリングされるので、ある程度答えを用意しておくことをおすすめします。ヒアリングの時間は15~20分程度とのことです。

チェックポイント

  • 希望する勤務地・通勤手段・通勤時間・転職時期・施設形態・給与
  • シフト勤務・休日出勤の可否
  • 学歴・職歴
  • 転職の理由
  • 現在の仕事状況
  • 趣味・特技
  • 健康状態

専任アドバイザーがこれらヒアリングの答えを元に条件に合う求人を紹介してくれるので、給与や休日出勤の可否など、言いづらいことも正直に答えておくことをおすすめします。

さらに希望する方には出張面談を行ってくれるので、ご希望の方は専任アドバイザーにご相談ください。
保育士WORKERをチェックしてみる

履歴書・職務経歴書の提出方法

保育士ワーカーでは履歴書や職務経歴書の提出は義務付けられていないものの、専任アドバイザーにそれら書類を添削してもらうことができます。

保育士ワーカーの公式ホームページには、添削をしてもらう際の具体的な書類の提出方法は記載されていませんでした。ですが専任アドバイザーとは電話・メール・LINEでのやり取りが基本になるので、添削もオンライン上でやることになるかと思います。

また、保育士ワーカーでは希望すれば出張面談もでき、そこで専任アドバイザーと直接話をすることができます。出張面談と履歴書・職務経歴書の添削を希望であれば、面談時にそれら書類を持参して直接アドバイスをもらうことをおすすめします。
保育士WORKERをチェックしてみる

お仕事紹介・マッチング

電話でのヒアリングが終わった後、専任アドバイザーが希望条件に合った求人を、3~8件紹介してもらえます。利用者からは電話のほか、メールやLINEにて紹介してもらったという声が寄せられていました。他社転職サイトでは電話やメールが中心となりますが、電話での会話が苦手な方やメールをあまりチェックしていない方も多いはず。その反面保育士ワーカーではLINEでも気軽にやり取りできるので、この点も魅力といっていいでしょう。

さらにここでは紹介された園の雰囲気や、そこで入職した人からの情報も教えてもらえるのがポイント。インターネット上の求人票だけでは分からない情報も知れるのは、その園へ応募するかしないかの判断材料となりかなり有り難いですよね。

もちろん気に入らない求人であれば断ることもできます。
保育士WORKERをチェックしてみる

面接

気に入った求人がありその旨専任アドバイザーに伝えれば、専任アドバイザーが代わりに見学日や面接日の調整を行ってくれます。さらに、面接を受ける園ごとに適した面接対策を行ってくれるのもポイント。面接が苦手だという方は、ここで採用担当者に良い印象を与えるコツや、言葉遣いや態度で気をつける点など聞いておくことをおすすめします。

「面接ではガチガチに緊張してしまい、1人では自分の魅力を伝えられるか不安だ…」という方は、専任アドバイザーが面接に同行しフォローてくれるので、ぜひ一度ご相談ください。また、面接中に聞きそびれてしまったことがあっても、面接が終わった後に専任アドバイザーを通して質問することができます。
保育士WORKERをチェックしてみる

内定から入職までの流れ

面接が終わり園側から内定が出たら、晴れて入職決定。

利用者と保育園の条件の食い違いを防ぐための最終的な条件確認は、専任アドバイザーが代理で行ってくれます。また専任アドバイザーが給与や休日について、条件交渉してくれるのもポイント。この条件交渉もあってか、公式ホームページによるとより良い条件で入職された利用者が多いとのことでした。

内定が出ても「やっぱり違う園で働きたいな」「もう少し条件に合う園を探したい」と感じたら、もちろん断っても問題ありません。辞退する場合も園ではなく専任アドバイザーにその旨伝えればいいだけなので、気まずい思いをする必要はありません。
保育士WORKERをチェックしてみる

保育士WORKERを利用する際のポイント

転職を成功させるには、サイト上でいかに自分にマッチした保育園や幼稚園を探せるかがカギを握っているといえるでしょう。保育士ワーカーで欲しい情報や募集要項を検索する際は、サイト上の検索機能をフル活用することをおすすめします。

例えば公式ホームページ上の「詳細条件で探す」の項目には、

チェックポイント

  • 地域(都道府県・市町村区)
  • 職種(保育士・幼稚園教諭・正看護師・准看護師・栄養士)
  • 雇用形態(社員・パート)
  • 施設形態(保育園・幼稚園・認定こども園・院内/企業内/学童/その他)
  • フリーワード

があり、自分の希望する勤務エリアや職種、施設形態などが選択できます。ここで条件を絞っておけばおくほど自分にマッチした求人がヒットしやすくなるので、できるだけ細かく選択しておきましょう。

さらに保育士ワーカーのサイト上では、「新着求人から探す」「こだわり条件で探す」という項目があります。「新着求人から探す」では北海道~九州までそれぞれエリア毎の新着求人が何件か表示され、また「こだわり条件で探す」には

チェックポイント

  • 高額求人
  • 賞与あり
  • 年間休日120日以上
  • 土日休み
  • 残業少なめ
  • 教育体制充実
  • 未経験者歓迎
  • ブランクOK
  • 経験者優遇
  • 産休・育児休暇
  • 寮・住宅補助あり
  • 複数園あり
  • 駅近
  • 車・バイク通勤OK
  • 小規模保育
  • インターナショナル
  • オープニング

といった選択肢があり、そこをクリックするとそれぞれ求人が表示されます。「未経験OKの仕事を探している」「インターナショナルな雰囲気の保育園で働きたい」という方は、こちらの「こだわり条件で探す」から求人をお探しください。
保育士WORKERをチェックしてみる

保育士WORKERの対応しているエリア

保育士ワーカーは全国47都道府県に展開しており、幅広い地域の求人も探せます。地方の求人を探している利用者からも、「幅広いエリアに対応しているのが良かった」という声が寄せられており高く評価されていました。地方の保育園や幼稚園をお探しの方に、保育士ワーカーはぜひ使っていただきたい転職サイトです。

項目 詳細
求人数 36,618件(2019年8月時点)
求人エリア 全国(東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、茨城、栃木、北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、愛知、岐阜、静岡、三重、新潟、富山、石川、福井、長野、山梨、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

地域別だと、主要都市内でも東京都の求人数が1番多く、次に大阪府が続く結果となりました。ですが東京都と大阪府の求人数の差は、200件ほど。そこまで大差ないといえます。また、ほとんどのエリアで1,000件以上の求人があります。保育士ワーカーでは、首都圏以外にも多くの求人があることが伺えます。
保育士WORKERをチェックしてみる

保育士WORKERに関するよくある質問

保育士ワーカーの対応しているエリアと求人数の次に、「保育士ワーカーは本当に全部無料で利用でできるのか?」「契約社員の仕事はあるのか?」など、よくある質問をおまとめしました。

これから保育士ワーカーを利用する方は、ぜひチェックしてみてくださいね。
保育士WORKERをチェックしてみる

すべて無料でできますか?

保育士ワーカーは、すべて無料で上記でご説明したような手厚いサービスがご利用いただけます。登録料や会費は一切かからないので、その点もご安心ください。

転職活動はなにかと費用がかかりますが、保育士ワーカーは費用を抑えつつ質のいいサービスを受けられるのはかなり魅力的ですよね。費用のことは気にせず、転職活動に集中できるのがポイントです。
保育士WORKERをチェックしてみる

どうして無料で利用できるんですか?

「保育士ワーカーはなぜ無料なんだろう?」と、疑問に思った方もいると思います。保育士ワーカーは保育園、幼稚園、そして企業側から手数料をもらって運営しているため、利用者は一切料金を支払うことなくサービスを受けられるんです。

「専任アドバイザーに求人を紹介してもらったから、手数料を払わなきゃいけない」「退会時にサービス料を請求されてしまった」なんてことはないので、安心してご利用ください。
保育士WORKERをチェックしてみる

契約社員の求人はありますか?

保育士ワーカーでは、正社員以外に契約社員の求人もあるのがポイント。「家庭の都合で、現在は契約社員として働きたい」「自由度の高い契約社員で働いて、キャリアを積みたい」という方にも、保育士ワーカーはぴったりだといえます。

また、サイト上で求人を検索する際、雇用形態が社員またはパートしか選べないため、契約社員のみの求人を検索することはできません。そのため専任アドバイザーに契約社員で働きたいことを伝え、紹介してもらうのがベストな手段だといえます。
保育士WORKERをチェックしてみる

パートの求人はありますか?

保育士ワーカーでは、契約社員同様パートやアルバイトの求人も検索できるのがポイント。このように正社員以外の雇用形態の求人を探せるのは、保育士ワーカーの魅力といっていいでしょう。

ちなみに2018年6月時点で、パートの求人数は17,729件表示されました。専任アドバイザーがこの中から自分に合った保育園や幼稚園を紹介してくれるので、ぜひ一度ご相談ください。
保育士WORKERをチェックしてみる

保育士WORKERは首都圏でも地方でも有利な転職サイト

保育士ワーカーの利用者の満足度が97%と高いのは、求人数の多さと専任アドバイザーの親切で熱心なサービスが理由であるといえそうです。

また、保育士ワーカーは他社転職サイトに比べると、首都圏以外に地方の求人数も多いのが特徴といえます。「夫の仕事の都合で地方で仕事を探すことになったけど、求人があるかどうか心配」「地元に帰って働きたいけど、仕事ってあるのかなぁ?」と不安な方もご心配なく。保育士ワーカーはどこに住んでいても、転職の手助けをしてくれます。

さらに専任アドバイザーがヒアリング、履歴書添削、面接対策、そして入職後のフォローまでしっかり行ってくれるので、保育士ワーカーは転職がはじめてだという方にもおすすめしたい転職サイトです。「転職活動がはじめてで、具体的にどう行えばいいか分からない」という方も、ぜひ保育士ワーカーをご利用ください。
保育士WORKERをチェックしてみる

口コミ

女性(25~29歳)

その他(年収:200万円~300万円)

全国3万件以上の求人情報がある

★★★★★ ★★★★★ 4

全国に10拠点があるとのことで、名前を聞いたことのない中小サービスのわりに、全国の求人情報を探すことができて期待が持てました。求人数は全国3万件以上と、多いほうだそうなので、他の大手転職サイトや保育士専門サイトと合わせて申し込んでおいてもいいと思います。

女性(30~34歳)

その他(年収:200万円~300万円)

面談に行かなくていいのは楽

★★★★★ ★★★★★ 4

面談に出向く必要がなく、電話だけで終わったのが楽でした。かといって対応が雑なわけではなく、担当エージェントさんは志望先に私のことを紹介するために、事細かに私の希望やアピールポイントを聞いてくれたりしました。それが先方に伝わったのか、最初に志望した施設でスムーズに入職が決まりました。

女性(25~29歳)

その他(年収:200万円~300万円)

アドバイザーが保育士専門

★★★★★ ★★★★★ 5

アドバイザーが保育士専門というのがうれしいです。志望の園に合わせて、履歴書の書き方や、面接対策についてアドバイスしてもらえました。志望先の雰囲気や規程まで事細かに教えてもらえて、安心して転職先を決めることができました。

女性(25~29歳)

その他(年収:200万円~300万円)

電話とメールが多い

★★★★★ ★★★★★ 2

複数のエージェントから状況を伺う電話がよくかかってくるので、自分のペースで転職活動をしたい人には向いていないかもしれません。自分の場合は、非公開案件がどんなのか見てみたくなって、軽い気持ちで登録したのですが、電話とメールの多さがいやになってしまいました。

女性(25~29歳)

その他(年収:200万円~300万円)

勝手に面接をセッティングされてしまった

★★★★★ ★★★★★ 1

持っている求人情報の数が少ないのでしょうか?私の場合は希望に合うものを紹介してもらえなくて、希望の条件とはまったく違う園に面接に行ってみるよう勧められました。単に書面で紹介されただけなら、希望と違うので…と言って断れますが、面接の日時まで提案されてしまうと断りづらいです。

口コミを投稿する
適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧