1. HOME
  2. マイナビ薬剤師の口コミと評判。大手ならではの圧倒的なメリットとは?

マイナビ薬剤師の口コミと評判。大手ならではの圧倒的なメリットとは?

マイナビ薬剤師の特徴
  • 利用者満足度5年連続No.1の薬剤師転職サイト
  • サポートの手厚さに定評のある大手マイナビが運営
  • 取扱件数の4割を占める非公開求人は、大手の優良案件が多数
マイナビ薬剤師の口コミ
★★★★★
★★★★★
3.8
5
4
3
2
1
マイナビ薬剤師の基本情報
運営会社
株式会社マイナビ
本社
東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号パレスサイドビル
営業時間
-
アクセス
東京都千代田区一ツ橋一丁目1番1号パレスサイドビル
求人数
約55,000件
非公開求人数
非公開求人あり
登録者数
-
転職決定数
-
得意ジャンル
薬剤師専門
対象年齢
25~35歳を中心に幅広く対応
対象男女比
-
御祝い金の有無
-
スカウト制度の有無
-
公式サイトをチェック
解説

マイナビ薬剤師とは?

マイナビ薬剤師は、大手求人サイトであるマイナビの系列サイトで、5年連続利用者満足度ナンバー1の転職支援サービス企業です。非公開求人を含めた求人数の多さや、質の高いキャリアアドバイザーのサポートなどが人気となっています。

マイナビ薬剤師の特徴を他社サイトと徹底比較

まずはマイナビ薬剤師と他社サイトの違いにはどういったものがあるのかを、比較しながら見ていきましょう。

高いブランド力

マイナビ薬剤師はマイナビが運営する薬剤師専門の転職サイトです。マイナビといえば一度は聞いたことがあるという人がほとんどではないかというくらい、大手の就職・転職サイトですよね。

マイナビは、他にも複数の医療系転職支援サービスを行っており、医療業界での採用や転職支援に豊富な実績を有しています。

チェックポイント

  • マイナビ薬剤師
  • マイナビ看護師
  • マイナビコメディカル
  • マイナビ介護職
  • マイナビDOCTOR

このようにサービスは多岐にわたっています。さらに日本全国の医療施設や調剤薬局・ドラッグストアなどの、様々な医療機関や法人企業と密接な関係を構築しているため、求人数が多く、非公開求人も豊富に取り扱っているのです。

非公開求人の多さ

非公開求人はサイト上に公開されていない求人のことです。

求人を非公開にする理由は主に2つあります。1つ目は、人気のある医療機関や企業の求人で、一般公開してしまうと応募が殺到してしまう可能性がある場合です。選考を効率よく行うために、条件に見合った人材のみの紹介を依頼しているというパターンが挙げられます。

2つ目は、サイトに掲載する前にポジションが埋まってしまう場合です。たとえば、製薬会社での研究職に1名のみ募集といった求人情報がマイナビ薬剤師に寄せられた場合、マイナビ薬剤師登録者で条件にマッチしている人にすぐに紹介されます。そのため、あえて掲載しないのです。

マイナビ薬剤師では取り扱われている求人の40%は非公開求人とされており、その中には大手企業や医療機関などの求人も多数あると言われています。

しっかりとした書類準備・面接対策

マイナビ薬剤師では面接対策の一部として、職務経歴書の記入サポートや応募書類の添削も行われています。自分の良さをしっかりアピールして書類選考の通過率を高めるために、採用担当者に響くポイントを見つけ出してくれたりもします。

また、面接対策としては、対面での面接練習が可能で、キャリアアドバイザーと一緒に面接に慣れる練習を行う事ができますよ。

キャリアアドバイザーのサポート

マイナビ薬剤師では、医療業界専任のキャリアアドバイザーが転職活動をしっかりとサポートしてくれます。転職をするにあたって何を優先してどのような求人を選んだら良いのかといった求人情報の読み方を始め、面接日程の調整や希望給与金額の交渉・内定後の入社日の調整などの代行も全て行ってくれます。

WEBサイト上にはキャリアアドバイザーのプロフィールが掲載されたページがあるので、顔や意気込みなどを閲覧できます。

また、直接対面するキャリア面談の他にも、電話やメールでのやりとりも積極的に行ってくれるようです。

新卒者向けの求人取り扱いも多数

マイナビ薬剤師では、転職者向けの求人数も数多く取り扱われていますが、実は転職者向けの求人だけでなく、新卒で応募可能な求人(非公開求人除く約2万4000件)も多数取り扱われています。

他社の薬剤師向け転職サイトでは、新卒者向けの求人が少しだけ取り扱われているか、もしくは全くないという場合がほとんどなので、新卒者向けの求人がここまで取り扱われているのは珍しいほうです。

拠点数が多い

マイナビ薬剤師は東京・大阪を始め、埼玉・横浜・札幌・名古屋・京都・神戸・広島・福岡など、全国14ヶ所に拠点があります。一般の転職サイトであってもこの拠点数は充分な量ですが、薬剤師向けの求人に特化している転職サービスでこの拠点数という事を考えると、かなり多い方だといえます。

転職サービスの中には、東京に拠点はあっても地方には全く無いパターンも多いので、拠点数が多いというのは嬉しいポイントですね。

マイナビ薬剤師の登録者データ

マイナビ薬剤師の登録者の年齢層・平均年齢

マイナビ薬剤師の登録者データについて、総数や男女比についての記載はありませんでしたが、マイナビ薬剤師に登録している人で初めて転職をするという人の割合とその年齢層についての記載があったので、ご紹介していきます。

マイナビ薬剤師の登録者で今回初めて転職をするという人の割合は、全体の約20%とされています。年齢ごとの割合は下記のとおりです。

チェックポイント

  • 28歳未満:29.5%
  • 28歳~35歳未満:50.2%
  • 35歳~40歳未満:7.4%
  • 40歳以上:12.9%

35歳未満が全体の約8割を占めていることが分かりますね。

参照:マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師登録者の転職前の勤務先実態

マイナビ薬剤師の登録者の転職前の勤務先ですが、一番多く占めているのが調剤薬局での勤務で57.4%となっています。次に病院・クリニックでの勤務で19.4%を占めています。他にも治験や製薬会社・ドラッグストアで勤務していたという登録者の人もいました。

参照:マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の採用募集データ

マイナビ薬剤師の求人数

マイナビ薬剤師の公開求人数は約55,000件(2019年7月現在)です。公開求人数だけでもかなり多い方ですが、これに非公開求人も加わるので、他者サイトと比較してもトータル的にかなり多くの求人を取り扱っていると言えます。

また、たくさんある求人の中でも調剤薬局への求人数が多く、全体の65%を占めています。その次にドラッグストアが22%、病院・クリニックが10%と続いています。

参照:マイナビ薬剤師

1人あたりの平均紹介求人数

マイナビ薬剤師の登録者1人あたりの平均紹介求人数は23.0件となっています。薬剤師は専門職ということもあって、そもそも求人の数はかなり多いといわれています。

ここにマイナビ薬剤師ならではの求人の取り扱いの多さもプラスされて、1人あたりに紹介できる求人の数がかなり多くなっているわけです。

参照:マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師で募集している職種・業界

マイナビ薬剤師で募集している業種や業界は以下のようになっており、調剤薬局やドラッグストアを始め、臨床開発モニターや薬事・統計解析など幅広く取り扱われています。

職種 詳細
営業・販売 MR/MS・ドラッグストア・調剤薬局
業界専門職系 臨床開発モニター・QA・QC・DM・統計解析・薬事・病院・クリニック・治験コーディネーター・学術・企業・管理薬剤師

マイナビ薬剤師の会員登録から内定までの流れ

会員登録方法

マイナビ薬剤師の登録方法ですが、公式サイトの無料登録フォーム(24時間いつでも登録可能)から必要事項を入力していきます。パソコンや携帯電話を持っていない場合は、電話でも登録可能なので、こちらを利用する流れとなります。

会員登録フリーダイヤル:0120-866-153(平日:9時半~20時半、土曜9時半~17時半、日・祝除く)

登録情報は、おおまかに下記の3ステップです。

チェックポイント

  • 薬剤師や登録販売者などの取得資格の選択
  • 正社員や契約社員などの希望の働き方の選択
  • 希望勤務地と希望就業開始時期の選択

それに加え基本情報である、名前・生年月日・住所・連絡先・メールアドレスをそれぞれ入力して登録完了です。

登録完了後は、薬剤師専任のキャリアアドバイザーが電話もしくはメールにて、希望条件の詳細やエリア・業態・勤務時間やシフトなどについて聞き取りを行う流れとなっています。

ちなみにキャンペーンや会員登録者特典などを定期的に行っており、今なら登録後に面談を行った人にはリラックマのボールペン&クリアファイル・薬剤師転職サポートブック・薬剤師のための情報サイト「薬+読」の会員限定コンテンツの閲覧可能といった特典がついてきます。(2018年10月現在)

実際の面談内容

マイナビ薬剤師は日本全国に拠点があります。そのため、基本的に遠方の人や時間の都合がつかないという人を除き、対面での面談を行う形をとっています。

面談の流れとしては、マイナビ薬剤師登録時の電話もしくはメールでのやり取りや、登録情報を元に進めていきます。この面談時にキャリアアップしたい・年収アップを目指したいなどの希望を伝える形となります。

一通り面談にてキャリアアドバイザーが登録者の希望を聞いた上で、条件や希望の優先順位を整理したり、妥協するべき点やしてはならない点などをアドバイスしつつ、より希望にマッチするような転職先を提案する流れとなります。

お仕事紹介・マッチング

面談時の希望を元に、数ある求人の中から自分にマッチする仕事を紹介してもらいます。公開求人はもちろん、非公開求人も織り交ぜて紹介してもらえます。

紹介のタイミングとしては、面談時にいくつか紹介される場合もあれば、後日、電話やメールでの求人紹介という形がとられる場合もあるようです。

面接

自分の希望とマッチする求人があれば、面接に進みます。応募先によっては見学できる場合もあるようなので、見学したい場合はキャリアアドバイザーに伝えるようにして下さい。

面接対策としては、模擬面接の実施や面接前の準備・アドバイス、面接時に提出する履歴書や職務経歴書作成の添削・アドバイスなどが行われています。

また、手間や時間のかかる面接・見学の日程調整や書類の提出などは、キャリアアドバイザーが代行して行ってくれますよ。

内定から入社までの流れ

面接を通過すると内定となります。内定後は自分からは直接言いにくい給与・年収や休暇・残業時間などの勤務条件についての希望交渉に関して、キャリアアドバイザーが代行してくれるので安心です。内定後の入社日の調整についてもキャリアアドバイザーが行ってくれます。

また、内定が出たからといって入社を即決する必要はありません。自分が納得できる転職先が見つかるまでの間、キープしておく事が可能です。(キープ期間は薬局・企業などによる)

そして、そのキープ期間中もマイナビ薬剤師の転職サービスを受けることが可能で、もし他に自分が納得のいく条件にマッチした転職先が見つかった場合には、内定の辞退もできます。内定先への辞退連絡もキャリアアドバイザーに代行してもらえるので、本当に自分が納得のいく仕事を探す事ができますね。

アフターサポート

アフターサポートとして、内定が出た後の悩みや、現在働いている会社の退職のタイミング・手順などについての相談ができます。また、入社後に新たな悩みや相談事ができた場合も、専用ダイヤルにて相談できるシステムになっていますよ。

マイナビ薬剤師を利用する際のポイント

欲しい情報や募集要項を検索するときのポイント

マイナビ薬剤師の検索するときのポイントですが、より自分にマッチする職場を探すことができるように、条件から探すという検索方法があります。

この検索方法ですが、まず希望する都道府県を選択し、その後に調剤薬局・ドラッグストア・治験コーディネーターなどの職種を選択、そして最後に正社員・パートなどの雇用形態を選択し検索する方法となっています。

この検索方法である程度希望する求人が絞られますが、さらに絞りたいという場合はこだわり条件をプラスして検索する事も可能なので、未経験でも応募可能かや土日休みかなどのこだわりを追加してみて下さい。

スケジュールアプリを活用する

最近、求人系の大手サービスの場合はアプリが導入されていることがほとんどです。実際にマイナビ系のアプリとして、マイナビ2019・マイナビ2020・マイナビ転職・マイナビバイトなどがリリースされています。

一方マイナビ薬剤師としてのアプリは今の所リリースされておらず、WEBサイト上のみからの求人検索となっていますが、マイナビグループは大手なので、今後リリースされる可能性はあるといえるでしょう。

また、マイナビ薬剤師の求人系アプリではありませんが、マイナビ薬剤師監修のアプリとして「薬剤師ポケットbyマイナビ薬剤師」がリリースされており、薬剤師のためのスケジュールアプリとして無料で活用できるようになっています。

WEBサイトのお役立ちガイドを活用する

お役立ちガイドでは転職に役立つ情報がたっぷりと掲載されています。これらのページをチェックするだけでお悩みが解消されたり知識が増えたりとメリットも大きいです。内容は下記のとおりです。

はじめての転職を考えている方へ

今回初めて転職を考えているという人に見てもらいたいページです。就職と転職の違いについてや初めて転職活動をする人が抱える悩みにてついて・転職活動の基本的な流れ・利用者の声・よくある質問などを見ることができます。

1週間で転職する方法

とにかく早く次の職場を探したいという人に見てもらいたいページです。失敗しないスピード転職の秘密や1週間で転職成功するまでの流れやスケジュールなど、最短1週間で転職する方法が掲載されています。

薬剤師の転職ノウハウ

薬剤師の転職で役立つノウハウについてたっぷりと掲載されており、主に、転職活動の進め方・転職成功事例・転職Q&Aの3つに分かれています。

転職活動の進め方では、転職の準備・職場の事・履歴書職務経歴書・面接対策・円満退社内定準備の項目ごとに、確認したい事や注意したいポイントなどが記載されています。

薬剤師300人に聞いた年収の本音

薬剤師の年収や給料を始め、勤務先別の平均年収や満足度・明細例について調査したデータが公開されています。また、転職の際に年収が上がったケース・下がったケースについても掲載されています。

相談会に参加する

相談会の内容については後述で詳しくお伝えしますが、相談会の種類も豊富で、転職への不安などに対する相談会から、キャリリアアップについての相談会まで、幅広く開催されています。病院薬剤師や治験などの専門的な相談会もあるので、積極的に参加するのがおすすめですよ。

また、忙しくて相談会になかなか参加できないという場合でも、それぞれの都合に合わせて対応してもらえるので、日程調整の相談をしてみるのがおすすめです。

求人ランキングをチェックする

マイナビ薬剤師では、人気ランキングページに直近1ヶ月のデータをもとに作成された都道府県毎の求人ランキングが掲載されています。自分が希望している勤務地の人気求人はどのようなものなのか、参考にチェックしてみるとよいでしょう。

また、ランキング以外に求人特集もあります。新卒でも応募可能な求人特集、学術・企業・管理薬剤師の求人特集など、定期的に更新されて特集が組まれているので、こちらもチェックしてみるのがおすすめですよ。

転職お役立ち情報をチェックする

マイナビ薬剤師では転職お役立ち情報も掲載されており、以下のようにカテゴリが分かれています。

チェックポイント

  • 調剤薬局ナビ
  • 治験業界転職ナビ
  • 調剤併設OTC転職ナビ
  • 病院薬剤師転職ナビ
  • 認定薬剤師・専門薬剤師の人気資格紹介
  • 薬剤師の職場カルテ

まず、調剤薬局転職ナビや治験業界転職ナビ・調剤併設OTC転職ナビ・病院薬剤師転職ナビの4つですが、求める人物像や積極採用企業特集・薬剤師の役割・薬剤師のやりがい・薬剤師のとある1日についてそれぞれ掲載されています。

次に、認定薬剤師・専門薬剤師の人気資格紹介ですが、がん薬物療法認定薬剤師や感染制御認定薬剤師などの認定薬剤師に人気の資格と、同じく専門薬剤師に人気の資格というように分けて、それぞれ詳しく説明してあります。

そして最後に薬剤師の職場カルテですが、調剤薬局や病院など、ピックアップされた転職先ごとに詳細が見られるようになっています。薬剤師インタビューや代表取締役インタビューを始め、薬剤師と人事の座談会や社員座談会・会社紹介などが掲載されています。

また、基本的に動画も一緒にアップされているので、職場の雰囲気などもあらかじめわかります。

マイナビ薬剤師が主催するイベント情報

相談会

マイナビ薬剤師ではそれぞれのお悩みに合わせて相談会を行っています。全て事前予約制という形がとられており、10時~20時30分までの間で希望の時間を伝え予約します。所要時間は約60分です。

はじめて転職相談会

今回初めて転職を考えているという人向けの相談会です。「転職活動をどのように進めていけばいいのか」「履歴書や職務経歴書の書き方を知りたい」「有利な転職の進め方を知りたい」などのお悩みを相談ができます。

セカンドキャリア相談会

長年薬剤師をしていて、定年前に薬剤師として方向性を見直したいという人向けの相談会です。「体力が落ちてきたので無理なく長く働ける環境を見つけたい」「安心して落ち着いて働くためにはどのような選択があるのか」というようなお悩みを相談ができます。

薬剤師へのキャリアチェンジ相談会

薬剤師の資格を所有していて、未経験から薬剤師として働きたいと考えている人向けの相談会です。「現在の業務や職場環境とはどう変わるのか」「他の職種で頑張ってきたけれど、臨床の現場でチャレンジしてみたい」などのお悩みを相談できます。

キャリア形成相談会

現在の環境や今後のキャリアについてお悩みがあるという人向けの相談会です。他の会社はどのような感じなのか・新卒で入社して働いているけれどこれで良いのかなどのような相談をする事ができます。

職場復帰相談会

結婚・出産を経て家庭との両立を目指しているという人向けの相談会です。「両立可能な就業スタイルを知りたい」「最近の薬局事情が知りたい」「ブランクが空いてしまってスキルも知識も薄れてしまったけれど、復帰することはできるのか」などの相談ができます。

薬剤師のための休日転職相談会

平日は忙しくて転職活動ができないという人に向けた相談会です。「今後どのような調剤薬局で勤務するべきかアドバイスが欲しい」「どのように求人を選んだら良いのか分からない」などのお悩みを相談ができます。

この相談会の所要時間は60~90分程度となっているので、ゆっくりキャリアアドバイザーに相談する事ができ、また、希望に応じて求人紹介もしてもらえます。ただし、開催日程が限られているのと、開催時間が10時~15時の間という限られた枠になるので早めの予約がおすすめですよ。

薬剤師のための出張転職相談会

直接会って相談したいけれど会場が遠い・地域に詳しいキャリアアドバイザーに相談したいという人向けの相談会です。

岩手・福島・新潟・長野・群馬・茨城・つくば・富山・姫路・滋賀・香川・愛媛などの支社にマイナビ薬剤師のキャリアアドバイザーが出向き、相談会を行います。各会場によって開催時間や開催日程が異なるので、あらかじめ自分が参加したい相談会の概要をチェックしておくのがおすすめです。

セミナー

治験業界セミナー

臨床開発モニター・治験コーディネーターに興味があるという人向けのセミナーです。当日のコンテンツとしては、下記のようなものがあります。

チェックポイント

  • 治験業界はどのような業界か
  • 治験コーディネーターの仕事内容
  • 治験業界の給与
  • 典型的な1日の流れ
  • 臨床開発モニターの仕事内容
  • 治験業界の企業の特色

こちらのセミナーは参加対象が限られており、臨床開発モニターを希望する人は、薬剤師有資格者(30歳まで)・看護師有資格者(30歳まで)・臨床検査技師(30歳までで臨床経験がある人のみ)となっています。また、治験コーディネーターを希望する人は、薬剤師有資格者(35歳まで)・看護師有資格者(35歳まで)・臨床検査技師(35歳まで)となっています。

セミナー終了後には希望がある場合、キャリアアドバイザーとの個別面談を受けたり、希望にマッチする求人を提案してもらえたり、セミナーで理解できなかった部分の補足説明を受けることもできますよ。

マイナビ薬剤師の対応しているエリア

項目 詳細
求人数 約55,000件(非公開求人を含まない)(2019年7月現在)
求人エリア 全国(東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、茨城、栃木、北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、愛知、岐阜、静岡、三重、新潟、富山、石川、福井、長野、山梨、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

マイナビ薬剤師は日本全国の求人を取り扱っており、中でも、東京(約6000件)・神奈川(約3600件)・大阪(約5000件)の3都市の求人数が特に多くなっています。

また、他社サイトでは中国・四国地方や信越・北陸地方などの求人数が少ない傾向にありますが、マイナビ薬剤師ではそのような地域も掲載数が多いようです。

マイナビ薬剤師に関するよくある質問

どうして無料なのですか?

マイナビ薬剤師は厚生労働省の認可を受けている転職・就職支援サービスです。そのため、マイナビ薬剤師は医療機関や企業から支払われる紹介手数料によって運営されています。なので、登録者は登録から就職するまでの間一切費用はかからないという仕組みになっています。

登録するメリットはありますか?

マイナビ薬剤師は情報提供だけの一般求人広告と違って、調剤薬局やドラッグストア・製薬業界に精通したキャリアアドバイザーが職場の雰囲気や残業時間など、転職に役立つ情報を提供することが可能です。

また、数多くの求人情報を知り尽くしているキャリアアドバイザーがアドバイスをしてくれるので、登録者が思いもよらなかった求人情報に出会える可能性も少なくありません。

そして、面接・見学日程調整や諸条件の交渉・内定辞退の連絡など面倒な手続き類はキャリアアドバイザーが代行してくれるので、自分一人で転職活動を全て行うよりも負担が少なくなるというメリットがありますよ。

転職・就職を強要されることはありませんか?

転職や就職を強要される事は一切なく、例え応募先から内定が出たとしても、本人が納得しない限り内定を承諾する必要はないです。また、求人の強引な紹介もなく、登録者側の希望を第一に考えてもらえます。

個人情報が漏れたりしませんか?

マイナビ薬剤師で登録・収集した登録者の個人情報は、本人のキャリアアップや転職活動の支援のみを目的として使用されています。なので、登録している個人データは本人の許可なく企業や医療機関側に開示したり、第三者に提供するという事は一切ありません。

また、マイナビ薬剤師は、個人情報の取り扱いについての厳密な管理基準を満たした事業者のみに付与されるプライバシーマークを取得済みです。そのため、登録してある個人情報はデータ暗号化によって保護されているので、機密保持に関しても安心ですよ。

遠方に住んでいるので転職相談会にいけない場合はどうするのですか?

遠方に住んでいる人や、現在の仕事が忙しくて相談会に来られないという人は、電話・メールを中心に希望に合った求人を紹介してもらえます。

また、全国14ヶ所ある拠点での相談会とは別に、出張相談会も行われています。出張先は全国に多数あるので、こちらへの参加もおすすめです。

調剤薬局から企業勤務を目指す場合、転職活動で気をつけることは?

企業で何をしたいのか、なぜその企業を志望するのかという考えをしっかりと固めておく事が大切です。

企業求人は調剤薬局の求人よりも求人数が圧倒的に少ないのに対して、希望者がとても多いため、かなりの狭き門とされています。しかし、しっかりとした志望動機を持っていて、前向きな姿勢かつ人柄がよしとされれば、40代以上であったとしても採用されるというケースもあります。

自己PR欄には何を書いたら良いのでしょうか?

必ずしも特別なスキルや経験が必要という訳ではなく、絵を書くのが得意でPOP作りを担当していたというような些細な事でも大丈夫とされています。

もちろん前職での役職や、取得している検定などを強みとして記入するのもアピールポイントになりますが、こういった職歴などの基本情報は別枠で記入する欄が設けられている事がほとんどなので、自己PR欄には自分がどういった人間なのかが伝われば大丈夫です。

面接を一日に数社受けることは可能でしょうか?

一日がかりであれば同日中に3社受けられます。ほとんどの人が仕事をしながらの転職活動になるので、効率よく面接が受けられるようなスケジュールが組まれる形となります。

なので、休日を丸1日使って、朝・昼・夕に分けて1日3社、多くて4社受けられるような日程が組まれる事が多いです。

何社ぐらい応募すべきでしょうか?

2~5社受けておくと比較できるので選びやすいとされています。特に長いブランクがある人や、前回転職してから間が空いているという人、第二新卒の人は多めに受けておく事がおすすめされていますよ。

これは、薬剤師を取り巻く環境が数年前と比較して劇的に変化しているからだと言われており、一昔前までは応募すれば基本的に採用という状況だったのが、ここ数年でかなり厳しくなっているからだそうです。

転職活動期間はどれくらいですか?

どのような会社が良いかなどの希望がしっかりと決まっている人なら、早くて1週間ほどですぐに転職活動が終了します。一方、希望がしっかりと定まっていない場合、キャリアアドバイザーと一緒に自己分析からスタートするので、もう少し時間がかかります。

しかしそれでも多くの場合は2~3週間で決まると言われており、1ヶ月以上かかるという事はほとんどありません。これに限らず、じっくりと吟味して転職したいという人や情報収集に重きを置きたいという人には、キャリアアドバイザーがその目的に合わせて転職のサポートをしてくれます。

応募した後、どのくらいの期間で返事がもらえますか?

面接後、早い企業なら即日~2・3日後。遅くても1週間以内には結果が出る事がほとんどです。面接結果はキャリアアドバイザーから伝えてもらう形となっています。

提示された採用条件に対して、希望を伝えても良いでしょうか?

採用条件が提示されて入社の意思を伝える前であれば、多少の希望を伝えても大丈夫とされています。しかし、会社によっては提示した条件に不満があるのであれば採用しないと考えている会社もあるので、必ず希望が通る訳ではないということを念頭に置いておいてください。

また、入社の意思を伝えた後に条件の変更希望を伝えるのは、トラブルの元になってしまい採用取り消しの可能性も出てくるため、希望条件は早めにキャリアアドバイザーに伝えておく事が大切です。

求人情報でチェックすべきポイントはなんですか?

募集背景とアピールポイントの2つはしっかりとチェックするのがおすすめです。まず、募集背景ですが、新しく支店を出すため・長く勤めていた人が退社するからというようなしっかりとした理由を出している場合は働きやすい環境だと言えます。

次にアピールポイントですが、土日休み・漢方に強いなど、その企業や薬局がアピールしている部分と自分の希望とを照らし合わせて、希望する職場かどうかを見極めましょう。

転職経験が複数回あります。面接でどう説明すれば良いですか?

マイナビ薬剤師のキャリアアドバイザーと一緒に、まずは複数回転職した理由を挙げ、今回の転職理由を前向きに説明できるようにまとめていきます。

薬剤師で多く見られるのは、夫の転勤で数年ごとに転職している・出産や育児で退職後また再就職するというようなパターンです。こういった場合はやむを得ない理由なので、そのままの理由を正直に伝えれば問題ないとされています。

一方、特に理由がないまま短期間での転職を繰り返してしまっているという場合には、キャリアアドバイザーと一緒に理由をしっかり突き止めて、前向きでストーリー性のある説明ができるように対策を行なっていきます。

まとめ

薬剤師の転職に特化しているマイナビ薬剤師。誰もが知っているマイナビは、さすが大手だけあって、薬剤師だけでない多数の医療系求人サービスを抱え、全国に多く拠点を構えています。そのためマイナビ薬剤師のサービス内容も非常に充実。求人数が多く、キャリアアドバイザーのサポート体制もしっかり整っています。初めて転職を考えているという人はもちろん、何度か転職をしているという人にも使いやすい転職サービスサイトだといえます。

口コミ

男性(30~34歳)

医薬品・医療機器(年収:500万円~600万円)

転職活動が3週間で終わった

★★★★★ ★★★★★ 5

登録したその日のうちにもう連絡が来ました。転職できるなら早くしたかったのでこれはありがたかったです。すぐに面談して仕事を紹介してもらったあと、私が急いでいることを志望先にも伝えてくれたようで、全体的にトントン拍子に進みました。1ヶ月で転職活動を終わらせる目標を立てていたのが、3週間で済んだのでとても感謝しています。

女性(30~34歳)

医薬品・医療機器(年収:500万円~600万円)

大都市でなくとも面談オフィスがあるのは助かる

★★★★★ ★★★★★ 4

夫の転勤で、転職エージェントに対応していない地方で仕事を探さないといけなかったときに、マイナビ薬剤師を知りました。大都市でなくとも面談オフィスがあるのは助かります。面談では担当者さんに、地方ならではの事情なども教えていただけてとても参考になりました。

女性(30~34歳)

医薬品・医療機器(年収:500万円~600万円)

担当者になんでも相談できて安心感があった

★★★★★ ★★★★★ 5

初めての転職でお世話になりました。わからないことにも親身になって全部答えてもらえたので、マイナビで面談してよかったです。面接対策などのフォローもしてもらえて、内定後もなにかあればいつでも連絡くださいと言ってもらえました。

男性(25~29歳)

医薬品・医療機器(年収:400万円~500万円)

調剤薬局からドラッグストアへの転職が成功

★★★★★ ★★★★★ 3

自分はもともと調剤薬局への転職を希望していましたが、担当者さんに相談したところ、それならこちらのほうがという理由を説明してもらったうえでドラッグストアを紹介されました。最初は疑問でしたが、今ではこの転職先が、自分のやりたい仕事内容に合っていたと思えています。ただマイナビは担当者が良い人でも、持っている求人数は少ないようなので、マイナビ含め3社くらいの転職サイトに登録して比較したほうがいいかもしれません。

女性(25~29歳)

医薬品・医療機器(年収:400万円~500万円)

求人数が少ない気がする

★★★★★ ★★★★★ 2

コンサルタントさんと面談したときの対応がとても親身で、好印象でした。面談の後に提案してもらえた求人情報の数は、他の転職サービスを使ったときよりも少なかったです。そんなにわがままな条件を言ったつもりもなかったので、もともと持っている求人数があまり多くないのかもしれません。

口コミを投稿する

ランキング

記事一覧