転職のことで何かお困りですか?

Tech Starsに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. Tech Starsの口コミ・評判。メリット・デメリットを徹底調査

Tech Starsの口コミ・評判。メリット・デメリットを徹底調査

Tech Starsの特徴
  • Webエンジニアのための転職サイトで、エンジニア出身のアドバイザーも多数
  • 簡単な質問に答えていくだけのマッチングシステムが好評
  • 企業からスカウトやオファーをもらえるダイレクトリクルーティングシステム
Tech Starsの口コミ
★★★★★
★★★★★
4
5
4
3
2
1
Tech Starsの基本情報
運営会社
株式会社Branding Engineer
本社
東京都渋谷区円山町28-3 いちご渋谷道玄坂ビル5F
営業時間
10:00~19:00
アクセス
東京都渋谷区円山町28-3 いちご渋谷道玄坂ビル5F
求人数
246件
非公開求人数
-
登録者数
-
転職決定数
-
得意ジャンル
Webエンジニア中心
対象年齢
20代後半~30代前半が中心
対象男女比
-
御祝い金の有無
-
スカウト制度の有無
あり
公式サイトをチェック
解説

Tech Starsとは?

この記事で伝えたいポイント

・Webエンジニアに特化した独自のサービスを提供する「Tech Stars」の詳しい情報
・Tech Starsを上手に活用するポイント
・Tech Starsを使ってみた人たちの口コミ

Tech Starsは、ITやWeb・ゲーム業界などで働いている人のための転職サイトで、主にエンジニア向けの求人が取り扱われています。

30秒でわかる!Tech Starsのおすすめポイント
サイトの特徴
総合評価
★★★★★★★★★★
Webエンジニア向け求人サイト。規模は小さいが、案件に魅力を感じるなら登録を。
求人数
★★★★★★★★★★
約250件。Webエンジニアのみの求人としては妥当な件数。
サポート体制
★★★★★★★★★★
エンジニア出身のアドバイザーが、キャリア面談・書類対策・面接対策をしてくれる。
運営会社
★★★★★★★★★★
2013年設立。エンジニアの転職のほか、情報収集や独立を支援するサービス・サイトを運営している。
サイトの専門性
★★★★★★★★★★
Webエンジニアの案件に特化。検索も細かくスキル別になっていて、専門分野のある人ほど便利に使いやすい。
対応のスピード感
★★★★★★★★★★
面談は対面だけでなくSkypeも選べるのでスピードアップ可能。早く就職したければ自分から応募もできる。

それぞれにマッチした転職先を探すためのマッチングシステムや、他社にはないエンジニア向けの求人検索方法が魅力な転職支援サービスサイトです。

まだ年数の浅い転職支援サービスサイトですが、満足のいく転職ができるサイトとして高評価な意見が徐々に広がっています。
Tech Starsをチェックしてみる

Tech Starsの特徴を他社サイトと徹底比較

Webエンジニアに特化した転職支援サイト

Tech StarsはWebエンジニアに特化した転職支援サイトです。そのため、多くの職種・業種を取り扱っているマイナビやリクナビなどの総合転職支援サービスサイトと違って、トータル求人数は多くありません

しかしその一方で、Webエンジニアの求人数は他社サイトと比較しても多く、また、スキルなどの選択肢も多いです。転職先を探す際に、「エンジニア募集」というざっくりとした求人よりも、細かくスキル別に求人募集をしてあるほうが良いという人には、Tech Starsはおすすめの転職サイトだといえます。
Tech Starsをチェックしてみる

エンジニア出身のアドバイザーも多数

アドバイザーの中にはもともとエンジニアで働いていたという人が多数在籍しているので、転職についての相談はもちろんですが、Webエンジニアという仕事についてのお悩みや不安点などを相談することもできます。

専門職系の転職でありがちなのが、「アドバイザーの知識がなくてうまく意思疎通ができなかった」というパターンです。しかし、Tech Starsの場合は元エンジニアが多いので、IT用語や待遇についても詳しく、転職者の気持ちに寄り添って理解してくれるのです。
Tech Starsをチェックしてみる

マッチングシステム・診断機能

他社サイトと比較して、より的確な診断をしてもらえると評判なのが、マッチングシステムと診断機能です。マッチングシステムはTech Stars登録後にマイページから利用可能で、診断機能はTech Starsに登録をしていなくても利用できます。
Tech Starsをチェックしてみる

マッチングシステム

マッチング機能は、重要視する事はYES、そうでない場合はNOのどちらかで質問に答えることで、求人とのマッチ度を測れます。回答をもとに、転職者にマッチする求人を割り出してくれて、それぞれの求人のマッチ度をパーセンテージで表示してくれるという特徴があります。

診断機能

ステップ1からステップ6までの簡単な質問に答えていきます。こちらは二者択一方式で、質問内容は「どのような雰囲気のメンバーと働きたいか」「会社のメンバーとはどういう付き合いをしていきたいか」「仕事に集中できる時間帯はいつか」などです。

診断結果では、自分のタイプとおすすめの企業が紹介されます。また、希望条件に近いその他のおすすめ企業求人が、同じページで紹介されます。
Tech Starsをチェックしてみる

ダイレクトリクルーティングシステム

Tech Starsではダイレクトリクルーティングを採用しています。これは企業からスカウトやオファーをもらえる仕組みのことを言い、登録プロフィールをチェックした企業が転職者に興味を持った場合に、連絡が届く形式です。企業側・転職者側共に時間をかけずにお互いの条件に合う求人や働き手を探せるのです。

このシステムは、転職サイトの中でも最先端だといわれている上に、精度も高く、自分が求めている条件とマッチした企業からのオファーが来たと、転職者からも高評価です。

また、このシステムは、転職するかまだ悩んでいるという人にも高評価です。積極的に求人探しなどの転職活動をしなくても、とりあえず登録をしておくだけで自動的に自分とマッチするオファーが届きます。
Tech Starsをチェックしてみる

年収アップやスキルアップが目指せる

Tech Starsでは年収アップだけでなく、スキルアップが目指せるという魅力があります。「もともとWebエンジニアとして取得している言語スキルとは別に、新しい言語を取り扱えるようになりたい」という希望に沿う求人も多数揃っています。

また、年収についてですが、平均して83万円の年収アップを実現しています。なので、現職よりも転職してからのほうが、かなり年収アップしているといえるでしょう。実際に年収が大きくアップしたという口コミが多くあり、「50万円アップした」「30万円アップして、前の職場より仕事が楽になった」などの体験談が見られました。
Tech Starsをチェックしてみる

大手企業との繋がりがある

Tech Starsは大手企業との繋がりも多数で、DMM.comやコロプラ・UUUMなどとパートナー契約をしています。これらの企業の求人取り扱いがある他に、サイバーエージェントやグリーなどといった大手企業求人も掲載されているので、大手企業への転職を希望している人には嬉しいですよね。

また、大手企業の求人でなくても、Tech Starsの厳しい基準をクリアして厳選された企業のみが取り扱われているので、架空求人に応募してしまうということもありません。
Tech Starsをチェックしてみる

Tech Starsの登録者データ

Tech Starsの登録者数

Tech Starsの登録者数は残念ながら公開されていません。しかし、エンジニアに特化している転職サイトということや、新しい会社であるということから、登録者数自体は多いわけではないと考えられるでしょう。

ちなみに転職サイトの登録者数は、他社サイトでも公開されていない場合が多いのですが、登録者数が一般公開されているリクナビNEXTを比較のために挙げると、登録者数はおよそ670万人です
Tech Starsをチェックしてみる

Tech Starsの登録者の年齢層・平均年齢

登録者の年齢層や平均年齢も、登録者数同様にTech Starsでは公開されていません。しかし、系列サイトであるTech Stars Agentのほうでは登録者の年齢層が公開されています。

チェックポイント

  • 24歳まで:5%
  • 25歳〜29歳:27%
  • 30歳〜34歳:33%
  • 35歳〜44歳:18%
  • 40歳以上:2%

上記の表を見てみると、25歳〜34歳までの転職希望者が多いといえます。取り扱われている求人内容やサービス内容がTech Starsに近いという点から、Tech Starsの登録者の年齢層や平均年齢もこれに近いと考えられるでしょう。
Tech Starsをチェックしてみる

Tech Starsの採用募集データ

Tech Starsの求人数

Tech Starsで取り扱われている求人数は246件です(2019年7月)他社サイトと比較して求人数だけを見ると少ないように思いますが、Webエンジニアの求人として考えると、とても多い求人数だといえます。

ちなみに他社サイトの求人数を比較のために挙げると、有名転職サイトであるマイナビ転職の求人数は9,839件、リクナビNEXTでは10,355件の求人取り扱いで、この量の求人数だと業界内でトップクラスだといえます。
Tech Starsをチェックしてみる

Tech Starsで募集している職種・業界

職種 詳細
営業・販売 セールス
管理/事務 コーポレートスタッフ
企画/マーケティング マーケティング
業界専門職系 デザイナー
技術系 エンジニア(3ds MAX・Amazon Web Service・Android Java・Angular JS・Ansible・C・C#・C++・CakePHP・cocos2d・Coffe Script・CSS・Docker・Elasticsearch・Go・Google Cloud Platform・Hadoop・Haskell・HTML・Illustrator・InDesign・Java・JavaScript・jQuery・Linux・Lua・Maya・MySQL・Node.js・Objective-C・Perl・Photoshop・PHP・Play Framework・PostgreSQL・Python・React・Ruby・Ruby on Rails・Scala・SCSS・Swift・TypeScript・Unity・Vue.js
編集・ライター・制作管理系 ディレクター
Web・インターネット・ゲーム デザイナー

Tech Starsで募集している職種や業種は、主にWebエンジニアの仕事です。エンジニアの中でもAmazon Web ServiceやAndroid Javaなど、それぞれの言語ごとに求人募集がされています。

また、Tech StarsではWebエンジニアだけでなく、セールススタッフやコーポレートスタッフなどの技術職以外の職種も少ないですが取り扱われてはいるので、営業や事務などを希望している人でも利用できます。
Tech Starsをチェックしてみる

Tech Starsの会員登録から内定までの流れ

会員登録方法

Tech Starsの会員登録方法ですが、公式Webサイトの新規登録のボタンをクリックして登録を進めていきます。入力項目は、基本情報である名前・メール・電話番号・生年月日に加え、現職業を入力して登録完了となります。

登録する際に、プロの転職アドバイザーによる無料のサポートを受けるかどうかを選択するチェックボックスがあるので、サポートをしてもらいたいという場合はチェックを、サポートを希望しない場合はチェックを外して下さい。

また、メールアドレスでの登録方法の他に、簡単SNS登録という方法も取り入れられており、この場合、Facebook・GitHab・Googleのどれかのアカウントを使用して新規登録できます。

>Tech Starsをチェックする<

お仕事を検索して実際に応募するまでの流れ

登録が完了するとマイページの利用が可能になる他、アドバイザーによるサポートを希望した人には担当者からメールもしくは電話にて連絡が届くシステムになっています。

アドバイザーの主なサポート内容はキャリア面談・書類対策・面接対策です。この他にも仕事に対する不安や希望がある場合は相談可能です。キャリア面談は対面の他にSkypeでもできます。

求人探しについてですが、基本的には前述にもあったダイレクトリクルーティングを採用しているので、企業側からのオファーを待つ形で大丈夫です。しかし、Tech Starsでは自分でも求人検索・応募できるシステムとなので、限り早く転職したい人は、気になる求人をチェックしてみるのもおすすめです。

また、Tech Starsではエージェント経由応募という求人がいくつか存在します。このエージェント経由応募は、Tech Starsの運営元であるBranding Engineerのスタッフがアドバイザーとなり、希望の企業に応募するという形が取られています。

通常形式の求人応募とは違って、Branding Engineerスタッフに無料でキャリア相談を行ってもらえる他、応募企業とは別に転職者にマッチする企業提案などを行ってもらえます。
Tech Starsをチェックしてみる

面接

次のステップへ進むと、企業との面談になります。面談にはTech Starsのアドバイザーに同行してもらえる場合があるようです。

面談の候補日選択や時間選択・日程調整はマイページから行えて、また、日程候補を選ぶと企業に送るメール文を自動的に作成してもらえます。

転職者が自分で行うのが難しい場合、Tech Starsのアドバイザーが代わりに面談日程の調整を行ってくれる上に、希望があれば面接対策も行ってもらえます。

企業との面談ですが、Tech Starsで取り扱われている求人はカジュアル面談を行っているようです。堅くなりすぎずに、企業側と転職者側のそれぞれが本当に考えていることを気楽に話しましょう、というような流れになっています。
Tech Starsをチェックしてみる

内定

企業によって異なりますが、一般的に多い流れとして数回面談を行った後にお互いが同意すれば内定となります。内定が決定すると入社日の調整や入社後の給料の確認・福利厚生の確認・現職の退職手続きを進める形となります。

また、内定が決定するとTech Starsの転職サポートは終了の運びとなりますが、内定にあたっての不安な点や気になる部分があれば、遠慮なくアドバイザーに相談するようにしましょう。
Tech Starsをチェックしてみる

Tech Starsを利用する際のポイント

欲しい情報や募集要項を検索するときのポイント

Tech Starsの検索方法ですが、他社サイトと違って「職種」「スキル」「会社」の特徴の3項目からの条件検索のみです。職種はエンジニア・デザイナー・ディレクター・コーポレートスタッフなどの中から選択できるので、希望する職種を選択するようにしましょう。

エンジニアを選んだ場合、スキルはC・Ansible・CakePHPなどから選択可能なので、自分がもつスキルを選択して下さい。そして3つ目の条件検索項目のこだわり条件は以下が挙げられます。

チェックポイント

  • 落ち着いた人が多い
  • 活発な人が多い
  • 服装自由
  • オフィス
  • 営業とエンジニアが隔たりなく活躍している
  • 社会問題を解決するための事業を行っている
  • 特殊な福利厚生がある
  • リモートワークやフレックスが導入されている
  • スペシャリストになれる
  • 社長がエンジニア出身
  • エンジニアが主体の会社
  • 競合優位性の高いサービスかどうか
  • 希望のPCやディスプレイの支給
  • 導入研修が充実している

これらを見てみると分かりますが、他社サイトでも見られる検索条件に加え、エンジニアならではのこだわり条件なども多数あります。
Tech Starsをチェックしてみる

診断機能・マッチング機能を活用してみる

前述しましたが、自分の適職を探すことができる1分診断機能や、マッチング機能があります。もちろん全員しなくてはいけないという訳ではないので、無理にする必要はありません。しかし診断結果やマッチング機能の結果は、マイページのプロフィール情報に登録されることで、プロフィールの充実度がアップします。それによって企業からのオファーがかかりやすくなったり、より自分にマッチするオファーがくるようになるので、時間がある時にでも診断しておくことがおすすめです。
Tech Starsをチェックしてみる

Branding Engineerのブログ情報をチェック

Tech Starsの運営元であるBranding Enginieerではブログが開設されています。Tech Starsの情報が更新されているブログという訳ではありませんが、もともとBranding Enginieerが運営しているサイトがIT・Web関係メインということもあり、更新内容がエンジニア向けの内容となっています。

そのため、転職を希望している人やIT・Web業界についてさらに知識を深めたい人・IT・Web業界に興味がある人などにとってはとても役立つ情報が満載です。

ブログ内のカテゴリーはBE NEWS・CAREER・COMPANY・EVENT・HOWTOの5つで、ITやWebに関するお役立ち情報を始め、イベントやセミナー情報・勉強会情報なども知ることができます
Tech Starsをチェックしてみる

BE NEWS

Branding EngineerでのブログのほんとんがBE NEWSにカテゴリーされています。BE NEWSでは、新サービスについてのお知らせやオフィス移転について・メディア出演情報・イベントや相談会の告知・社内イベントや行事情報などといったお知らせが掲載されています。

CAREER・COMPANY・EVENT・HOWTO

まずCAREERですが、キャリアについてのイベント情報やそのレポート・キャリアをテーマにしたブログ記事が掲載されています。次に、COMPANYですが色々な企業の紹介記事が掲載されており、その企業の特徴やメリットなどが紹介されています。

そして、EVENTでは実際に行われたイベントや企画の特徴や結果などについてが掲載されています。イベント自体はBrandingEngineerが開催しているものではなく、他社が開催しているものとなります。最後にHOWTOですが、こちらはエンジニアの採用担当者向けの記事が掲載となっています。

Branding EngineerのLINE登録をしてみる

運営元であるBranding Engineerでは公式LINEアカウントが開設されており、遠方や現職の都合でなかなかキャリア相談会に来られないという人が気軽に相談できるようになっています。

対象はエンジニアのみで、キャリアに関してのお悩みや質問をエンジニア専門エージェントが答えてくれるというシステムです。LINEなのでラフに会話調で相談ができます

基本的には平日の10時から22時までの対応となっていますが、場合によっては土日や深夜でも対応が可能です。また、定期的にBranding Engineerのニュースやエンジニアのためのお役立ち情報も流れてくるようになっています。

また、気軽に相談ができるというのがコンセプトとなっているので、今すぐ転職をしたいという人だけに限られている訳ではなく、転職できるか不安という人や、転職すれば給料アップが目指せるのか知りたいという人も対象です。
Tech Starsをチェックしてみる

Mayonezの情報をチェックしてみる

運営元であるBranding Engineerでは、IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジンであるMayonezを運営しています。プログラミング・就活・転職・フリーランス・ビジネススキル・テクノロジー・ライフスタイル・イベント・インタビューとカテゴリー分けされており、IT業界で転職するにあたって役立つ情報が掲載中です。例えば下記のようなものです。

チェックポイント

  • オススメの転職エージェント比較ランキング
  • 転職エージェントに複数登録するメリットとデメリット
  • 退職の挨拶メール例文
  • 人事がよく聞く質問例
  • 手取り13万円で生活は可能か
  • ボーナスが高い職業の特徴
  • 27歳の平均年収について

また、トップページでは年齢や性別・年収・希望職種・業界・特徴などの条件から転職・独立サービスを探せるようになっており、Tech Starsはもちろん、マイナビやビズリーチ・リクナビなどの転職サイトの基本情報や強み・あなたへのおすすめ度・勤務地などを見られます。
Tech Starsをチェックしてみる

TECH BOOSTを利用してみる

運営元であるBranding Engineerでは、エンジニアを目指している人やキャリアアップしたいという人向けに、プログラミングスクールであるTECH BOOSTを開講しています。業界初であるブロックチェーンやAI・IoTコースを実施しているので、基礎的な技術を学びつつ、トレンド技術も学べるというメリットがあります。

また、実践習得に特化しているので技術をしっかり取得できるという特徴があることから、満足度も97%と高くなっているので、知識を深めたい人はぜひ利用してみて下さい。
Tech Starsをチェックしてみる

コース

ベーシックターム

基本的な言語とされているHTMLやCSSに加え、データベースであるRubyやGit・PHPなどを学べます。また、最終的にTwitterやInstagramなどのWebアプリケーションの開発が可能とされています。

ディベロップターム

自分だけのオリジナルWebアプリケーションを開発していきます。この実践開発をすることで実際に業務で必要となるプログラミングのスキルを身につけられるのです。学べるスキルとしては、Ruby on Rails実践PHPやLaraverl実践などが挙げられます。

イノベーティブターム

トレンド技術として、ブロックチェーン・AI・loTの中のどれか1つの基礎知識を学べます。

料金

料金は社会人の場合月額10万円、学生の場合は7万円となっており、最短3ヶ月での卒業が可能です。ベーシックターム・ディベロップターム・イノベーティブタームのどのコースも受講できるので、カウンセリング時に期間を含めてプランニングしてもらうことができます。紹介割引(5%)やお友達割引(10%)などといった割引制度も充実していますよ。
Tech Starsをチェックしてみる

TapBizの情報をチェックする

TapBizもMayonez同様に、Branding Engineerが運営しているマガジンです。主に、就活や転職時に知っておきたいことや一般マナーについてなどが掲載されており、社会人として働くうえで恥ずかしくないようにするための情報が発信されています。

カテゴリーは仕事・キャリア・労働環境・ライフスタイルに分かれています。各記事内容は以下が挙げられるので要チェックです。

チェックポイント

  • スピーチの仕方やネクタイのアイロンの仕方
  • 接待のお礼メールのマナー
  • 季節別のおすすめファッション
  • 志望動機の書き方
  • OB訪問でのメールマナー
  • アルバイトを辞める際の言い方
  • TOEFLのITPでのスコアレベルの目安

この他のカテゴリーでも、年収とボーナス・個人年金のメリットやデメリット・遺族年金について・ITが高い人の特徴や性格について・1998年がどのような年だったか・2030年問題についてなどの記事が掲載されていますよ。
Tech Starsをチェックしてみる

Tech Starsが主催するイベント情報

相談会・セミナー

残念ながらTech Starsでは今現在、説明会やセミナーの開催はありません。しかし、運営元であるBranding Engineerでは不定期でありながらもセミナーや相談会が開催されています。

Branding Engineerで以前開催されていたエンジニアキャリア相談会では、平日の夜1時間程度の時間を使って、相談会やセミナーが行われていました。内容については以下が挙げられます。

チェックポイント

  • エンジニア人材市場トレンドについて
  • 転職について
  • フリーランスの案件獲得の成功事例の話
  • 個別相談
  • エンジニアのキャリアについて
  • システムエンジニアの転職について
  • エンジニアとしてのキャリアの選択肢について

このように、参加料無料で話が聞けるような機会が設けられています。

他にもSIerからWebエンジニアへ転向してみたいと考えている人が対象で、自分にとっていい企業の選び方が分からない・転職をしたいが具体的に何から始めれば良いのか分からない・今までのスキルが外で通用するか不安という悩みを解消することができるセミナーもありました。

Tech Starsの対応しているエリア

項目 詳細
求人数 246件(公開求人のみ)
求人エリア 全国(東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、茨城、栃木、北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、愛知、岐阜、静岡、三重、新潟、富山、石川、福井、長野、山梨、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)

Tech Starsの求人は日本全国対応になっていますが、東京の求人が多めで地方求人は比較的少ないです。その時々によって取り扱われている求人が変わるので、それと同時に募集がある地域とない地域が変動する形となっています。

ですので、地方求人で気になるものがあるという場合には、求人募集が終了してしまったり他の人に先を越されたりしないためにも、早めにアプローチ・応募をしておくのがおすすめです。
Tech Starsをチェックしてみる

Tech Starsに関するよくある質問

登録料は無料ですか?

登録料やサポート料は全て無料です。他の転職支援サービスサイト同様に、Tech Starsでは企業への転職が決まった場合にのみ、企業から成功報酬費用を受け取る形をとっています。そのため、転職者から費用を受け取るということは一切ありません。

Tech Starsの求人検索やマッチング診断などのWebサイト利用料はもちろん、アドバイザーへの転職相談や面接対策などを含む全サポート完全無料というシステムです。
Tech Starsをチェックしてみる

イベントは開催されていますか?

残念ながらTech Starsでのイベント開催は今現在のところありません。しかし、今後全国的にTech Starsの認知度が上がったり求人数が増えたりする過程で、イベント開催が行われる可能性は十分にあるといえるでしょう。

また、定期開催という訳ではありませんが、運営元であるBranding Engineerが主催のイベントやセミナーが開催されることもあるので、そちらへ参加してみるのもおすすめです。
Tech Starsをチェックしてみる

自分に合う求人が本当に見つかりますか?

Tech Starsでは最初に登録したプロフィール情報(持っているスキルや希望する特徴など)に加え、診断機能やマッチングサービスでの診断結果を組み合わせた情報を企業側が見た後に、オファーがかかる仕組みとなっているので、高確率で自分とマッチする求人と出会うことができます。

また、Tech Stars独自の基準で厳選した企業のみの求人となっているので、優良企業が多く、求人の質も良いです。
Tech Starsをチェックしてみる

Webエンジニアでないと登録できませんか?

Tech Starsの求人はWebエンジニアに特化しているため、エンジニア向けの求人がほとんどです。しかし、Webエンジニアの技術職以外に営業であるセールススタッフや事務仕事であるコーポレートスタッフなどの求人も少数ですが取り扱われています。

なので、Webエンジニアでなくても登録はできます。また、常に求人があるとは言えませんが、エンジニア未経験でも応募可能な求人が取り扱われている時もあるので、エンジニア未経験から転職したいという方の登録も大丈夫です。
Tech Starsをチェックしてみる

Tech Starsの他にも系列の転職サイトがありますか?

Tech Starsの他に、IT・Web・ゲーム業界の転職に特化しているTech Stars Agent、安心保証付き独立支援サービスサイトのMIDWORKSなどがあります。Tech Starsと併用するのもおすすめです。

Tech Stars Agent

ITやWeb・ゲーム業界に特化している転職サイトです。デザイナーやエンジニアで正社員での転職を目指している人に、IT・Web・ゲーム業界に精通しているプロのアドバイザーがサポートを行ってくれます。キャリアアップ転職も可能で、最高年収550万円アップという高い実績もあります。

MIDWORKS

MIDWORKSは正社員と同じくらいの保証が付いたIT・Web系フリーランスの独立支援サービスで、案件の紹介や企業との交渉・契約などのサポートを受けられます。それぞれが希望する働き方ができる他、年金や保険などを正社員同等に受けることができます。
Tech Starsをチェックしてみる

エンジニアの転職はTech Starsで

Webエンジニアに特化した転職サイトであるTech Stars。転職自体の口コミ評価が高く、年収アップ・キャリアアップを目指したいという人にはとてもおすすめできるサイトです。現職に不満がある・転職を考えているなどの思いがある人は、ぜひチェックしてみて下さい。

また、様々な情報が得られるBranding Engineerのブログや、エンジニアで働くうえで役立つ情報が掲載されているMayonezなどのマガジン、エンジニアとしてキャリアアップできるTech BOOSTなどのチェックや利用も並行してみるのがおすすめです。
Tech Starsをチェックしてみる

口コミ

男性(25~29歳)

IT・通信(年収:600万円~700万円)

有名企業からオファーが何件も届いた

★★★★★ ★★★★★ 4

よいところがあれば転職を考えるという程度の意識で、テクスタには登録するだけしていました。それでも有名企業からオファーが何件も届いたので驚きました。サイトがシンプルなのも良かったです。サービスが多くてバナーがポップアップするのが嫌いなので、そういう意味でもITエンジニア向けだと思いました。

男性(35~39歳)

IT・通信(年収:500万円~600万円)

ミスマッチもなく納得の行く転職ができた

★★★★★ ★★★★★ 4

40近くなっての転職でしたが、今後も新しい知識・技術についていくだけのやる気はあると申し出たところ、そういう人材を特に求めている企業をピックアップしてもらえました。おかげで年齢をネックに思うこともなく、経験に自身を持って、ミスマッチもなく納得の行く転職ができました。

男性(30~34歳)

IT・通信(年収:600万円~700万円)

知らなかった優良企業に出会えた

★★★★★ ★★★★★ 5

現職での仕事内容がルーチンワークに近くなってきたので、スキルアップのために転職の相談をしました。紹介された企業はまったく聞いたことがないところで、WEBでも情報がほとんどありませんでしたが、官公庁の案件を継続的に持っている優良企業であることを教えてもらえました。自力では選ばなかった企業なので、こちらのエージェントの手を借りてよかったと思います。

男性(30~34歳)

IT・通信(年収:500万円~600万円)

スタートアップ企業に抵抗がない人にはおすすめ

★★★★★ ★★★★★ 4

アドバイザーさんが親切で好印象の転職サービスです。ただし聞いたことのないスタートアップ企業も多く、調べてもどこの企業がバックについているかわからない、本当に小規模のところもありました。スタートアップに抵抗がないか、どんな環境でも実力を発揮できる自信のある人向けの転職サイトです。

男性(30~34歳)

IT・通信(年収:500万円~600万円)

のんびりスカウトを待つ形ならいいと思う

★★★★★ ★★★★★ 3

登録企業が厳選されているせいか、求人数は少ないです。働きながらのんびりスカウトを待つ形なら、思わぬ求人案件に出会えるかもしれませんが、自分はそこまで悠長でいられなかったので、選択肢の広い大手転職エージェントで決めてしまいました。また転職したくなったら、登録するだけしておこうとは思います。

口コミを投稿する
適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧