転職のことで何かお困りですか?

マイナビジョブ20'sに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. マイナビジョブ20’sは第二新卒者や業種未経験者の転職を成功に導く支援サービス

マイナビジョブ20’sは第二新卒者や業種未経験者の転職を成功に導く支援サービス

マイナビジョブ20'sの特徴
  • 信頼と実績ある大手マイナビが運営する、20代対象の転職サービス
  • 20代であれば、第二新卒やフリーター、職歴なしの人材でも登録OK
  • きめ細かいサポートで、若手を募集している企業と20代の求職者をマッチング
マイナビジョブ20'sの口コミ
★★★★★
★★★★★
5
4
3
2
1
マイナビジョブ20'sの基本情報
運営会社
株式会社マイナビワークス
本社
東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー27F
営業時間
-
アクセス
東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー26F
求人数
-
非公開求人数
非公開求人あり
登録者数
約17,000人
転職決定数
-
得意ジャンル
幅広い業界に対応
対象年齢
20代専門
対象男女比
男性5:女性5
御祝い金の有無
-
スカウト制度の有無
-
公式サイトをチェック
解説

マイナビジョブ20’sとは?

マイナビジョブ20’sは、対面型人材サービス会社のマイナビワークスが運営する20代向けの転職支援サービス(人材紹介サービス)です。

第二新卒者を中心にした20代の若年世代が、キャリアアドバイザーと呼ばれる担当者の支援を受けながら働きやすい職場を見つけることに特化しています。
マイナビジョブ20'sをチェックしてみる

マイナビジョブ20’sの特徴を他社サイトと徹底比較

マイナビジョブ20’sは対象年代を20代と謳っており、社会人経験が浅い若年世代からの注目度が高い転職サービスです。

そのため転職活動の基本的なサービスに徹底しており、登録者が安心して利用できるきめの細かいサービスが用意されてあります。

それでは詳しく見ていきましょう。

キャリアアドバイザーによるサポートがある

第二新卒者が抱きがちなのが「一度失敗しているけど次は希望の会社に入れるだろうか?」との不安です。就職活動に自信が持てない人もいるでしょう。

しかしマイナビジョブ20’sは、そんな悩みを抱えている人のために専任のキャリアアドバイザーによるサポートがあるのです。キャリアアドバイザーが応募者の気持ちに寄り添って様々なアドバイスをしてくれます。
マイナビジョブ20'sをチェックしてみる

適性診断による客観的な自己分析ができる

マイナビジョブ20’sでは毎年世界中で年間数千万人が受けている信頼度の高い適性診断を導入しています。

キャリアカウンセリングの前に適性検査を受けるシステムになっており、その目的は客観的な視点で自己分析を行うことにあります。

自分の強みや弱みをしっかり認識することができるため、ミスマッチを防ぐこともできます。
マイナビジョブ20'sをチェックしてみる

サービスを無料で受けられる

マイナビジョブ20’sのサービスはすべて無料で利用することができます。

面接対策だけではなく、履歴書などの書類にも不安がある場合は、専任のキャリアアドバイザーが安心できるまで何度もサポートをしてくれます。

ただし、マイナビジョブ20’sや企業に面接に行く際に掛かる交通費や宿泊費などの経費は自己負担となります。
マイナビジョブ20'sをチェックしてみる

適性に合った求人を紹介してくれる

マイナビジョブ20’sの一番の目的が、応募者に合った求人企業を紹介することです。キャリアアドバイザーが適性検査の結果に沿って、応募者に合う求人を厳選して紹介してくれます。

キャリアアドバイザーは20代の転職事情を熟知しているため、「やっぱりこの会社は合わなかった……」と応募者が後悔しないようにミスマッチを防いでくれるのです。

合わせて、面接の日程調整や入社交渉などの企業とのやり取りも代行してくれるため、働きながらの転職活動ができるのです。
マイナビジョブ20'sをチェックしてみる

未経験者のサポートも充実している

マイナビジョブ20’sの登録条件は20代限定という以外はありません。学歴不問なので、社会人経験のないフリーターやニートの人に対するサポートも充実しています。

他の転職サービスは社会人経験や同業種経験のある人向けの求人が多いため、社会人経験のない人は登録を断られる場合が多いようです。しかしマイナビジョブ20’sはそういったことがないので安心して登録できます。
マイナビジョブ20'sをチェックしてみる

履歴書などの書類の添削をしてくれる

17,000人もの登録者がいるマイビジョブ20’sのキャリアアドバイザーは、膨大な量の履歴書や職務経歴書に目を通してきており、内容の不足や避けたほうが良い表現などの注意点を見極めることができます。

つまり良い履歴書や職務経歴書とそうではない場合の違いが分かるのです。こういった理由から、マイナビジョブ20’sの登録者は、書類選考の通過率を高めることができるのです。
マイナビジョブ20'sをチェックしてみる

面接対策で強みを引き出してくれる

面接は誰しもが緊張し、うまく自己表現ができない可能性があります。肝心な時に自分の魅力をアピールできないのは残念なことです。

そこでマイナビジョブ20’sでは、20代だからこその元気さや活力など、そして可能性を感じさせるなどの強みを引き出す面接対策を実施しています。

また、各企業ごとの自己PRの方法についても教えてくれます。
マイナビジョブ20'sをチェックしてみる

マイナビジョブ20’sの登録者データ

マイナビジョブ20’sは20代に特化した転職サービスで、他のサイトを見ても具体的な年代を示すのは珍しいと言えます。

マイナビワークスが運営する「マイナビ」は新卒向け、「マイナビエージェント」はキャリア転職向けです。

その中間にあるマイナビジョブ20’sは、学歴も不問のため第二新卒だけではなく、既卒やフリーターも利用しやすいのです。

マイナビジョブ20’sの登録者数

登録者数
17,000人(2019年8月時点)

マイナビジョブ’20の登録者は17,000人と言われていますが、その割合は、90%近くが社会人経験3年以内の人と言われています。

社会人経験3年以内はスキルも未熟で、仕事に対する自信も中途半端と言えますが裏を返せば伸びしろがあるため、ポテンシャルを秘めているとも言えます。
マイナビジョブ20'sをチェックしてみる

マイナビジョブ20’sの登録者の男女比

男性 女性
50% 50%

登録者の男女比はほぼ半々と言えます。女性は結婚や妊娠というライフイベントのウェイトが男性よりも大きいと言えます。人生の波として、早い人だと入社後3年で結婚や妊娠を考える大波がやってくる時期と言えます。

しかし、二十代終盤の女性は仕事に対するモチベーションが高いことから、マイナビジョブ20’sに登録して積極的に転職活動するケースが多いようです。
マイナビジョブ20'sをチェックしてみる

マイナビジョブ20’sの登録者の年齢層・平均年齢

年齢層 平均年齢
20代 25歳

マイナビジョブ20’sはきめ細やかなサービスがあり、早くキャリア形成をしたいと希望する若年世代にとっては利用しやすいでしょう。若さの強みを引き出すことに注力していることもあり、平均すると25歳がピークと言えるようです。

企業から見ると、募集業種が未経験でも知識やスキルを吸収しやすい年齢のほうが採用しやすいという事情もあります。
マイナビジョブ20'sをチェックしてみる

マイナビジョブ20’sの採用募集データ

マイナビジョブ20’sの求人数と募集している職種や業種についてご紹介します。

求人数は転職支援サービスに登録する際の大きな決め手となりますが、非公開が多いようです。しかし非公開求人でこそ適職が見つかる可能性が高いのです。マイナビジョブ20’sも例外ではありません。

それでは詳しく見ていきましょう。

マイナビジョブ20’sの求人数

募集求人数
非公開が80%~90%以上

マイナビジョブ20’sの求人は未経験者歓迎の企業も多いということや、非公開求人が多いという特徴があります。その非公開求人は8割から9割とも言われています。

20代の強みは伸びしろが多いという点にあります。そのため素直に知識を吸収してくれる20代を求める企業が多く存在しているのです。
マイナビジョブ20'sをチェックしてみる

マイナビジョブ20’sで募集している職種・業界

募集職種一覧
営業・販売 ■営業/海外営業/企画営業/代理店営業/MR/販売職/仲介(人材マッチング/ブライダル)/オペレーター
管理/事務 ■人事/労務■財務/経理■総務/広報■受付
企画/マーケティング ■商品企画/サービス企画/経営企画/事業企画/業務企画■マーケティング/販促■市場調査/分析
業界専門職系
建築系■建築/土木/設備 ■医療/医薬/化粧品 ■金融専門職 ■不動産専門職・プロパティマネジメント ■コンサルタント ■デザイナー・クリエイター・イラストレーター ■編集・ライター・制作管理
技術系 ■Web・インターネット・ゲーム ■SE/ITエンジニア ■電気/機械/化学/食品エンジニア
金融系・建築系 ■建築/土木/設備/設計/測量/積算/施工管理/施工監理/保守/メンテナンスなど■編集・ライター・制作管理系  ■編集・ライター■制作進捗管理・工程管理■プロデューサー・ディレクター・プランナー・AD
Web・インターネット・ゲーム ■Webプロデューサー/Webディレクター/Webデザイナー■フロントエンドエンジニア■サイト管理■ゲーム開発

マイナビジョブ20’sでは、幅広い職種を募集しています。中でも最も得意としている職種は営業です。続いて、企画や経理、事務・販売・クリエイティブなどとなります。

また得意な業種は、IT・通信系、商社やサービス・レジャー・流通・小売・飲食関係・建設や設備などと言われています。
マイナビジョブ20'sをチェックしてみる

マイナビジョブ20’sの会員登録から内定までの流れ

マイナビジョブ20’sはキャリアアドバイザーがきめ細やかなアドバイスをしてくれる、無料で利用できるサービスです。そのため利用者にも転職に対しての積極的な意欲を示すことが求められます。

ここでは、マイナビジョブ20’sの申し込み方から個人カウンセリング、求人の応募方法、面接対策や内定を頂いたときの注意点などについてご紹介します。

Webで会員登録

マイナビジョブ20’sに登録するには、まずWebのお申し込みフォームから申し込む必要があります。氏名や生年月日、職歴や学歴などの基本情報を入力して送信します。

申し込み後は、5日以内に専任の担当者からメールや電話で連絡が入ります。「知らない番号から電話が掛かってきた」とならないように、電話番号は必ず登録しておきましょう。

またキャリアアドバイザーに対して横柄な態度を取らずに謙虚な態度で接しましょう。
マイナビジョブ20'sをチェックしてみる

個別のカウンセリング

キャリアアドバイザーから連絡が入ったあとは、個別カウンセリングの前に適性検査を受けます。自分の強みと弱みをしっかり把握しましょう。キャリアアドバイザーとは、適性検査の日時などについて打ち合わせを行います。

そして適性検査を受けたのちに、経験豊富なキャリアアドバイザーからの個別カウンセリングが行われます。
マイナビジョブ20'sをチェックしてみる

求人に応募

適性検査の結果に沿って、応募者の適性に合った企業をキャリアアドバイザーが厳選して紹介してくれます。

もちろん応募者自身の希望を聞きながら相談に乗ってくれるので、遠慮せずに希望条件を伝えましょう。

20代の社会人経験が無い、または社会人経験が浅い世代に特化した転職サービスのため、色々な職種に挑戦できる良い機会です。キャリアアドバイザーにいろいろ相談に乗ってもらいましょう。
マイナビジョブ20'sをチェックしてみる

履歴書・職務経歴書の添削

応募する求人が決まったら、キャリアアドバイザーは履歴書と職務経歴書の作成方法について添削をし、書き方のアドバイスをくれます。

履歴書は、採用者が事前に応募者について知る大切な情報源です。大勢いる応募者の中から注目を浴びるようなPRの仕方が大切です。キャリアアドバイザーのアドバイスに従って、書類選考に通る内容にしましょう。
マイナビジョブ20'sをチェックしてみる

面接対策

書類選考が通ると面接が控えています。面接は、応募者の印象を左右する重要なポイントです。そのためキャリアアドバイザーは面接対策も徹底して行ってくれます

採用担当者に好印象を与え、そして自己アピールができるように、キャリアアドバイザーのアドバイスに従って万全を期して面接に臨みましょう。
マイナビジョブ20'sをチェックしてみる

内定から入社

キャリアアドバイザーは登録者が無事に企業から内定を頂いた場合も、入社までの細かい部分でのアドバイスをしてくれます。

給与や休日などの待遇面で不安を感じる場合は、遠慮なくキャリアアドバイザーに調整をしてもらいましょう。また入社日もキャリアアドバイザーが調整してくれます。

応募者が不安なく入社するために、キャリアアドバイザーは手を尽くしてくれます。
マイナビジョブ20'sをチェックしてみる

マイナビジョブ20’sを利用する際のポイント

マイナビジョブ20’sはWebから簡単に申し込むことができます。パソコンを持っていなくてもスマホからでも申し込みができます。

しかし、落ち着いて間違えないよう気を付けながら申し込みをしましょう。

ここでは利用する際のポイントについてご紹介します。

求人検索機能を活用する

トップページのツールバーにある「求人検索」から、「求人を探す」を見てください。下に基本情報の「職種」「勤務地」「業種」「年収」「雇用形態」があるので、希望する箇所をクリックします。

また、企業規模や女性の活躍度合いなどの「こだわり」、転勤の有無や残業時間に関する「求人の特徴」、育児支援制度や資格取得支援制度などの「待遇・職場環境の特徴」も選択することができます。
マイナビジョブ20'sをチェックしてみる

マイナビジョブ20’sが主催するイベント情報

マイナビジョブ20’sは、20代の転職について現場を熟知しているキャリアアドバイザーによる説明会やセミナーを開催しています。

自分の希望や条件に合うものを探して積極的に参加しましょう。視野が広がりますし、採用担当者に上手にアピールできればチャンスもあります。

説明会やセミナー

直近のセミナーの一例をあげると、以下のような説明会やセミナーが、東京や大阪、名古屋などで開催されています。

大阪では年収400万円以上の求人セミナー、同じく大阪で2019年卒業で現職の方限定の転職支援サービス説明会、既婚や離職中・フリーターの方向けのセミナーなどです。

このように幅広い対象者向けのイベントが用意されています。※2019年8月現在の情報です。
マイナビジョブ20'sをチェックしてみる

マイナビジョブ20’sの対応しているエリア

項目 詳細
求人数 「非公開」が8割~9割
求人エリア 東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、茨城、栃木、愛知、岐阜、静岡、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山など

マイナビジョブ20’sの求人の対象地域は全国です。しかし、やはり多い求人地域は、マイナビジョブ20’sの拠点がある東京や愛知県、大阪府などとその周辺の都道府県の人口集積地に集中している傾向があります。
マイナビジョブ20'sをチェックしてみる

マイナビジョブ20’sに関するよくある質問

転職支援サービスを利用するときは必ずいろいろな疑問が湧いてきます。やはり初めてのサービスを利用する場合は不安になるものです。

疑問はそのままにしておかず、気持ちよく転職活動をするために登録前に不安な点は解決しておきましょう。

マイナビジョブ20’sにもいろいろな質問が寄せられていますのでご紹介します。

マイナビ転職との違いは何ですか?

マイナビワークスが運営する「マイナビ転職」とよく似ていますが、マイナビ転職は様々な業種の職種が掲載されてある中から自分で選んで直接応募する形態です。

しかしマイナビジョブ20’sは、キャリアアドバイザーが支援してくれるという点と、20代対象という点が大きな違いです。
マイナビジョブ20'sをチェックしてみる

個人情報が洩れる心配はありませんか?

マイナビジョブ20’sは、登録者の個人情報は登録者本人の転職活動のために活用します。そのためそれらの情報を本人の許可なく企業や第三者に開示することは一切ありません。

Web登録についても暗号プログラムで送信しているため安心して利用することができます。個人情報の漏洩防止にも取り組んでいます。
マイナビジョブ20'sをチェックしてみる

在職中や転職予定が無くても利用できますか?

マイナビジョブ20’sは、在職中の場合も、そして差し当たって転職の予定がない場合も登録できるのです。在職しながらの転職活動も推奨されています。

また将来ビジョンを立てるためにも登録をしておくことで、来るべき日に備えることもできます。
マイナビジョブ20'sをチェックしてみる

マイナビジョブ20’sに登録して転職活動を成功させよう

「次は会社選びを失敗したくない」と考える第二新卒者だけではなく、業種未経験の人も登録することができるのが20代向けのマイナビジョブ20’sです。

登録するならば、ポテンシャルが高い年齢のほうが企業からの期待度も大きいため早いほうが良いようです。転職活動には前向きな姿勢が必要です。きめ細やかなキャリアアドバイザーのサポートを受け、転職活動を成功に導きましょう。
マイナビジョブ20'sをチェックしてみる

口コミ
口コミを投稿する
適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧