仕事が辛い人に読んで欲しい記事

p-chan taxiの口コミ・評判。メリット・デメリットを徹底調査

p-chan taxiとは?

p-chan taxiは新たな就職先を見つけたい人や、収入をアップさせたいと思っている人にとって好条件が整っている求人サイトです。p-chan taxiは簡単に言えば、タクシー運転手のためだけの就職情報サイトです。

そのため、タクシー以外の仕事を探したいと思っている人はp-chan taxiを使う必要はありませんが、タクシードライバーの求人を探している人は、効率よく新たな仕事を見つけることができるようになります。

しかし、どのような人はp-chan taxiのメリットを最大限に引き出して、就職活動を行うことができるのでしょうか。

これからp-chan taxiが他の就職情報サイトとどのように異なっているのか詳しく紹介します。

p-chan taxiの特徴を他社サイトと徹底比較

p-chan taxiでは厳選されたタクシーの求人が載せられている

p-chan taxiはその名の通りタクシードライバーのみの求人広告が載せられているサイトです。そのため、すでにタクシー免許を取得していてタクシードライバーとして就職活動を行っているのであればp-chan taxiを利用しない手はありません。

最近では、介護やか観光目的のタクシーが非常に増えているため、給料自体も右肩上の傾向にあります。

p-chan taxiでは、そんな待遇の良い仕事を紹介することに長けている求人サイトです。

なんと年収600万円以上も可能

p-chan taxiでタクシーの仕事を探して「年収600万円以上」実現させることができます。一昔前までは「タクシー運転手になるのは最後の選択肢」と考えている人がたくさんいました。

しかし、実のところタクシー運転手の仕事をするだけで年収600万円以上を実現することのできる求人がいくつかあります。

それなの求人をp-chan taxiは提供してくれるため、自分の給料を増やすためにp-chan taxiを利用する人も増えています。

参考:p-chan taxi

免許取得費用を全額負担

タクシードライバーになるためには二種免許が必ず必要です。しかし、p-chan taxiでタクシー会社に就職すれば、自分が所属する先の会社が二種免許を取得する費用を全額負担してくれます。

今までペーパードライバーだった人であったとしても、この制度を利用すれば無料第二種免許を取得してタクシードライバーとしての一歩を踏み出すことができます。

このメリットを生かすためにp-chan taxiで次の就職先を探す人もいることでしょう。

地方に在住してても安心

p-chan taxiで就職活動する人たちは地方に住んでいる人でも応募をすることができます。しかも、p-chan taxiの場合は保証人が必要ありませんし、電話面接や出張面接も相談可能となっています。

地方からわざわざ面接のためだけに東京に行く必要もありませんので、電話面接で効率よく就職活動を行うことができるようになります。

60歳以上でもチャンスがある

世の中の傾向としては60歳以下の人たちの求人数は非常に少ないです。それでも、p-chan taxiから募集されているタクシー運転手の求人の中には60歳以上の方も歓迎している会社がいくつかあります。

そのような会社に応募して、実際に就職することができたとしたら、自分の限界を超えたノルマを課されることもありません。

自分が60歳以上で落ち着いた環境でタクシードライバーとして働きたいのであればp-chan taxiを活用することをおすすめします。

応募すれば全員が通過する

p-chan taxiで仕事探しを行っているのであれば、公式ホームページにも記されているよう「書類選考100%通過!」です。せっかくp-chan taxiに登録をして一生懸命就職活動しようとしたとしても、書類選考の段階で落とされてしまうとがっかりするはずです。

しかし、p-chan taxiでは書類選考100%通過のため、早い段階で仕事が見つからないと感じて落ち込んでしまうことはありません。

むしろ、自分の希望に合った仕事を探すためのサポートをp-chan taxiのコンサルタントが与えてくれることになります。

参考:p-chan taxi

信頼できるコンサルタントがいる求人サイト

タクシー業界に精通したコンサルタントがp-chan taxiにいるため心強いサポートを受けることができます。コンサルタントはタクシー業界に精通しているため、大手のタクシー会社と人脈がある人もいます。

すでにp-chan taxiとタクシー会社との間でコミュニケーションをとるパイプが構築されているため、タクシー会社が求めている人材をp-chan taxiはしっかりと把握しています。

そのため、希望にあった人材を紹介しやすい環境をp-chan taxiにあるということができます。言い換えれば、自分の希望とタクシー会社の希望が合うかどうかp-chan taxiがしっかり判断することのできる情報を持っていることになります。

今まで退職者がいない

なんと、p-chan taxiの公式ホームページによると2018年3月の時点でp-chan taxiでタクシードライバーとして就職した人たちの中で退職者はゼロです。つまり一人もいないということになります。

ここからわかるのはp-chan taxiから、安心して長く働くことのできる職場環境が提供されていることです。

タクシードライバーという仕事柄、一度道を覚えればだんだん仕事が楽になっていきます。しかし、もし何度も職場が変わるようなことがあれば、それだけドライバーに負担がかかるのも事実です。

それでもp-chan taxiから就職した人たちの中の退職者がほとんどいないことから、長期的な目で見た就職活動している人たちがp-chan taxiを利用していると言えます。

p-chan taxiの登録者データ

p-chan taxiの登録者の年齢層・平均年齢

p-chan taxiでタクシードライバーの仕事を探している人たちの年齢層は20代から60代に至るまで様々です。昔だとタクシードライバーという言葉を聞いた時にご高齢の方をイメージしたかもしれません。

しかし、最近だと20代のタクシードライバーが増加している傾向があります。そのためp-chan taxiで仕事探しをしている20代の人もいます。

また、p-chan taxiは60代になった人であったとしても安心して働くことのできる仕事探しを手伝ってくれるため、就職先が少ないと思っているタクシードライバーに心強いサポートを与えてくれる求人情報サイトです。

p-chan taxiの採用募集

p-chan taxiで募集している職種・業界

p-chan taxiはタクシー会社へ転職や就職する人のための求人情報サイトのため、当然のことながら、タクシードライバーの求人だけが載せられています。一つの分野に特化しているサイトなので、p-chan taxiにはタクシードライバーの就職に必要な情報が豊富です。

p-chan taxiの会員登録から内定までの流れ

会員登録方法

p-chan taxiでタクシーのお仕事探しをするためには、最初に登録を行わなければなりません。p-chan taxiの公式ホームページに進むと「今すぐ登録する」という緑色のボタンが表示されます。

そして、そのボタンをクリックすると登録フォームが表示されるので、「必須」と書かれている場所には必ず自分の情報を正確に入力してください。

ちなみにネット上で自分の情報を入力するのが面倒だと感じる方は、電話で登録をすることができるので非常に便利です。0120-981-461に平日の9時から19時の間に電話をすれば登録を行うことができます。

面談が行われる

登録作業を済ませた後は、可能ならばp-chan taxiの会社に来社して面談を行います。地方に住んでいるために難しい方は電話面談をすることもできます。

面談をする時には必ず自分の希望を正確にコンサルタントの人に伝えることを心がけましょう。来社面談であったとしても電話面談であったとしても、この面談が行われた後に自分に合ったタクシー会社が選ばれることになります。

つまり、このタイミングでしっかりとp-chan taxiのスタッフに自分の絶対に外すことのできない条件について伝えることができていなければ、その後自分の希望通りではないタクシー会社が紹介されてしまう可能性があります。

p-chan taxiがタクシー会社を選んで面接する

そして、p-chan taxiが自分の希望にあったタクシー会社を選んだ後に面接を行います。紹介してくれたタクシー会社と面接を行って、実際どのような条件で仕事を始めることになるのか再確認します。

その面接で採用されれば内定になります。面接と聞くと自分が応募しているため、タクシー会社にだけ判断する権利が与えられているようなイメージを持ってしまうこともあります。

しかし、実際にはこの面接をした後に自分の側からその会社に就職したくないという気持ちを伝えて辞退することも可能です。

面接をした時のイメージや職場の雰囲気をしっかりと観察することが大切です。どうしてもそのタクシー会社で働きたいという気持ちになれないのであれば、早めに辞退してp-chan taxiに報告し、次のタクシー会社を探すことをおすすめします。

p-chan taxiの評判・評価・口コミ・体験談

p-chan taxiの良い口コミや評判

タクシードライバーは希望が通りやすい

  • ・最初に仕事に慣れなかったものの転職をしてから年収を増やせた

    ・土日を休むことのできるタクシー会社に入社できて良かった

    ・職場の上司の目を気にすることなく、自分のペースで働くことができたのでストレスが減った

p-chan taxiで就職活動や転職をした人たちの口コミを観察すると、タクシードライバーになることによって自分の希望通りの環境を手に入れている人たちがいることがわかります。

タクシードライバーという仕事は人間関係を気にする必要はほとんどありません。誰かにいつも観察されていたり、隣から支持を受けることがないからです。

また、年収が増やすことができている人がいるのも事実です。このメリットは、まさにp-chan taxiで仕事探しを下から得られているということができます。

なぜなら、p-chan taxiで仕事探しをすることによって、次の職場の収入を詳しく理解してから就職することができるからです。

自分の理想としている環境で安定した仕事を得るためにp-chan taxを利用している人が数多くいることがわかります。

消極的な口コミや評判

デメリットは慣れるまでの辛抱

  • ・最初は道に慣れなくて大変だった

    ・お客さんの接客が難しい

    ・夜働くこともあるので、いつもより疲れ気味

この三つの口コミを分析してみても、職場の環境というよりは、新しい仕事に慣れていないがゆえに疲れを感じている人がいることがわかります。

しかし、どんな種類の仕事であったとしても慣れるまでは独特の大変さがあるのではないでしょうか?

その点はタクシードライバーでも一緒です。今まで一度も夜勤をやったことがない人が、タクシードライバーになって初めて夜の運転をすることもあります。

どうしても日中だけ働きたいと思う人はp-chan taxiで就職活動をしている時に、事前に自分の希望が通るタクシー会社なのかどうか見極めてから働き始めることが大切です。

p-chan taxiを利用する際のポイント

タクシー裏事情でノウハウをゲット

どんな仕事であったとしてもノウハウやコツをつかむまでは非常に大変です。それはタクシードライバーの仕事でも全く同じです。しかし、興味深いことにp-chan taxには、かなり実際的なタクシードライバー向けの情報が掲載されています。

そのp-chan taxiのホームページに掲載されている特集の名前は「タクシー裏事情」です。その名の通りタクシーに関連した表面的にはわからない情報が掲載されているコラムです。

 

例えば、実際にp-chan taxiの「タクシー裏事情」を訪問してみると「付け待ちで稼ぐコツ」や「流しをマスターする方法」などがのせられています。

本来だったらタクシードライバーとして何年も働いた後に得ることのできる技術を、これらのコラムを読むだけで取得することができるため、タクシードライバー初心者の人に非常におすすめな記事です。

タクシー会社に行ってきたを読もう

実はp-chan taxiの公式ホームページに行くと「タクシー会社に入ってきた」という記事が掲載されているのを確認することができます。

これらの記事はp-chan taxiの編集部の人たちが実際にタクシー会社に行って、タクシー会社の様子について詳しく詳細に書き記された記事になります。

特に、p-chan taxiの中で自分がこれから就職したいと思ったタクシー会社があるのであれば、そのタクシー会社について知るために記事を読むことができます。

 

例えば、田舎にあるタクシー会社であったとしてもp-chan taxiの編集部が直接足を運んでいるため、タクシー会社の実際の写真を見ることができます。

また、 社長の人に対してだけでなくタクシー乗務員に対して行われるインタビューも掲載されているため、職場の実際の声を聞くことができる記事になっています。

ユーモアの飛ぶ写真や文章が書かれているので、気になる人は一度読んでみてください。つい笑ってしまうこともあると思います。

p-chan taxiの対応しているエリア

求人数 非公開
求人エリア 宮城、東京、埼玉、神奈川、千葉、愛知、静岡、徳島、香川、愛媛、高知、福岡、大阪、兵庫、

参考:p-chan taxi

p-chan taxiで多くは東京などの大都市であることがわかります。しかし、意外なことに遅刻には豊富な求人があるため、四国在住でタクシードライバーを目指している人はp-chan taxiで効果的に仕事探しを行うことができます。

p-chan taxiに関するよくある質問

登録したらすぐに新しい職場を紹介してもらえるのでしょうか?

p-chan taxiでは、自動的にタクシー会社を紹介することはありません。むしろ、p-chan taxiに登録をした人の希望や条件を聴くことにまず専念します。

そして、p-chan taxiの審査をクリアした有料だと思われるタクシー求人のみを紹介することにしています。

その点、審査などがない状態で求人などを行えば、確かに素早く求人情報を登録した人に提供することができる可能性もあります。

しかし、p-chan taxiでは、審査があるため必ずしも望んでいる求人情報を早く受け取ることができるとは限りません。それでも、職場の環境が良くなるための審査がp-chan taxiで行われていることになりますので、p-chan taxiで仕事を探すメリットということもできます。

面談には何を持っていけばいいですか?

面談する際には履歴書だけが必要です。p-chan taxiの面談では、履歴書以外の物を持参するように求められていないので身軽に面談に出席することができます。

初めてタクシードライバーの仕事をしたい

p-chan taxiで新たに働き始める多くの人が心配するのは、道について精通していないことです。それでも、p-chan taxiでタクシードライバーとして働き始めたい人は安心することができます。

道に詳しくなかったとしてもp-chan taxiで働き始める東京のタクシー会社はすべての車両にカーナビが付けられています。

カーナビに行き先を入力すれば自動的に案内されますので、全く知らない道であったとしても安心して目的地に到着することができます。

また、研修期間が設けられている会社がほとんどのため、その研修期間の間で路上研修などに出てルートの確保の仕方などを学ぶことができます。先輩ドライバーに気兼ねなく道について質問してみましょう。

実際に稼げる収入を教えてください

タクシードライバーとして実際に稼げる収入は、自分が働く会社の給与体系によってだいぶ変わってきます。

多くの人がご存知の通り、タクシードライバーは完全歩合制や固定給、固定給+歩合制という給与形態を組み合わせている場合もあります。

そのような固定給と歩合制を組み合わせた給料体系の場合は、自分がどのくらいのお客さんを接客するかによって給料が左右されることになります。

しかし、タクシー会社で得ることのできる年収の相場は400万円から900万円の間と言われています。そのため東京のタクシードライバーの平均年収は日本の一般的な平均年収よりも高いことがわかります。

参考:p-chan taxi

面接をした後に断ってしまっても大丈夫でしょうか?

断ることは可能です。面接をした段階で自分の理想と就職先の現実が違うことに気づくこともあります。

そのような場合は、辞退という形で就職活動を停止して、また別のタクシー会社を探すことができます。自分担当のキャリアコンサルタントに気兼ねなく相談して、新しい就職先を見つけるためのサポートを受けることができます。

p-chan taxiの会社概要

p-chan taxiは株式会社ピーアール・デイリーが運営しています。

会社名 株式会社ピーアール・デイリー
本社 〒110-0015
東京都台東区東上野 4 丁目 8-1 TIXTOWER UENO 15F
拠点
【本社】
〒110-0015
東京都台東区東上野 4 丁目 8-1 TIXTOWER UENO 15F
【関西支社】
〒532-0004大阪府大阪市淀川区西宮原 2-1-3 SORA 新大阪 21 15F
【北海道支社】
〒060-0004北海道札幌市中央区北 4 条西 6 丁目 1 番地 毎日札幌会館 9 階
【東北支社】
〒980-0021宮城県仙台市青葉区中央 2-9-27 プライムスクエア広瀬通 14F
【中部支社】
〒460-0003愛知県名古屋市中区錦 1-20-12 伏見ビル 6F
【九州支社】
〒810-0001福岡市中央区天神 4-6-7 天神クリスタルビル 7F
ホームページ https://www.prdaily.jp/company/overview/
電話番号 03-6854-8001(本社)0120-981-461(p-chan taxi
メールアドレス 「お問い合わせはこちら」からメッセージを送信可能
営業時間 平日の9:00〜19:00
定休日(年始年末) 土、日曜日、祝日
アクセス
〒110-0015 東京都台東区東上野 4 丁目 8-1 TIXTOWER UENO 15F
問い合わせ 【電話番号 03-6854-8001】
【FAX 03-6854-8005】

p-chan taxiはタクシードライバーの大きな味方

p-chan taxiはタクシードライバーのためだけの求人情報サイトのため、他の一般的な求人サイトよりもタクシードライバーに向けた専門的な情報が豊富です。

まさに、これからタクシードライバーとして働き始めたい人にとっても、現時点で働いていて転職をしたいと思っている人にとってもp-chan taxiは心強い大きな味方になってくれるはずです。

p-chan taxiのコンサルタントに自分の希望を率直に伝えて、長期的に安定して働くことができる仕事を見つけることができるはずです。

最初は就職活動するのに勇気が必要かもしれませんが、p-chan taxiは親身になってサポートを与えてくれます。ぜひ、p-chan taxiを利用して自分の理想としている職場を見つけられるように努力していきましょう。