1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事イライラ
  4. 仕事でイライラする人へ。ストレスの危険信号と4つの解消法

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

仕事イライラ

仕事でイライラする人へ。ストレスの危険信号と4つの解消法

どうにか発散したい、仕事でのイライラ気分

仕事をしていると、どうしても思い通りにいかないこともありイライラしてしまう時はありますよね。しかしそのイライラが溜まりすぎて、他のことに手が付けられなかったり他人にあたってしまうことはありませんか?

また、仕事以外の場面でも体に不調が出たり、真剣に退職を考えるなどの状態になっている場合は、かなりのストレスが溜まっている証拠です。

この記事では、そんなどうにかしたい仕事のイライラの原因や解決方法を見ていきましょう。

イライラの原因を徹底分析

仕事でイライラするといっても、その原因は実にいろいろあります。仕事自体が原因であったり人間関係が問題だったりなどさまざまで、それぞれの原因によって対処法も変わってきます。

自分に合った解決方法を見つけるためにも、まずは自分のイライラの原因は何なのかを知っていきましょう。

忙しい・仕事量が多い

仕事は、何もすることがなく暇なよりも、ある程度忙しいほうがやりがいを感じる人が多いです。
しかし、仕事中の休憩時間やまともな休日もとれずに残業も続いているなど、明らかに自分の体を休める時間が取れない場合は、体にとってかなりのストレスとなりイライラしやすくなります。

また、自分のキャパシティを超える仕事量を任されていたり、それを分散できない人手不足・上司の下手な采配など会社側に原因がある場合も不満が溜まりイライラしやすいです。

あまりにも忙しいと、細かいことにまで気を配ることができないため、小さなミスをしてしまう原因にもなります。そうすると余計にイライラがつのる悪循環となるため危険です。

ある程度は自分でキリをつけて休息時間を設けたり、上司や周りの人に相談をして仕事量の分散などを試みましょう。

周りに仕事のできない人がいる

仕事をしていて、周りに自分よりも仕事のできない人がいてイライラしたことはありませんか?

人間は、自分が理解できない納得できないと感じることにイライラしてしまいます。特に自分は当たり前のようにできる仕事でも、それをうまくできない人がいたら「なんでこんなこともできないのだろう?」や「自分がやったほうが早いのに…」と不満が出てきますよね。

しかし、他の人は自分ではありません。人それぞれ得意・不得意があります。それに誰もが最初から完璧にできるわけでもありません。自分の考えばかり優先させイライラを募らせるよりも、相手の立場になって考えられるように心の余裕を持ちましょう。

いやな取引先やお客様がいる

仕事は自分の社内で完結するものばかりではなく、場合によっては取引先があってこそ成り立っている部分もあります。そんな仕事において、取引先の人というのは大事なお客様です。

しかし、会社同士の関係とはいえ相手も人間です。相性の合う・合わないは必ずあります。さらに、無理な要求をする相手であったり、理不尽なクレームをつけられた時でも対応しなければならないなど、かなりのストレスにさらされる場合もあります。

全てを真に受けていては精神的にもかなり疲労してしまいます。個人ではなく会社同士の関係だ、とある程度は割り切ることも大事です。

失敗や叱責をいつまでも気にしてしまう

仕事で失敗してしまったり、それを責められた時にはとてもつらい気持ちになり落ち込みますよね。さらにそれが、自分でも原因のわからない失敗であったり、納得のできない叱られ方だった場合は、余計にいつまでも気にしてしまうものです。

失敗したことをすぐに忘れて全く反省しないのは、失敗の学びを生かすこともできないためよくありません。しかしあまりにも気にしすぎていると、気分が落ち込んだままでイライラしやすくなってしまいます。

失敗したときはきちんと反省し、ある程度のところで気持ちを切り替えるようにしましょう。

私生活の悩みを仕事中にも考えてしまう

悩みの種は仕事だけにあるわけではありません。私生活やプライベートでも悩みを抱えるときはありますよね。それが自分にとって大きな悩みであればあるほど、仕事でもその悩みを考えてしまいがちになります。

そうすると、初めからイライラした状態で出勤してしまう仕事中も悩みのことが頭から離れないなどで仕事が手に付かなくなります。その結果ミスを連発する原因にもなり余計にイライラしてしまいます。

また、悩みのことで仕事どころではなくなり、早く帰りたいという自分勝手な思いが出てしまい他の社員の作業が遅いと腹が立つなどちょっとのことでイライラしてしまうこともあります。

社会人として、仕事とプライベートの切り替えがうまくできるように考え方を変えていきましょう。

イライラの危険信号チェックポイント

人間である以上、仕事のことで多少イライラしてしまう時は誰でもありますよね。しかしそのイライラが溜まりすぎて自分の限界を超えると、心身ともに様々な不調が出てきます。

ここでは、イライラが溜まったときの危険信号のチェックポイントを見ていきましょう。

仕事の夢を見るようになった

睡眠中に脳は、日中に起こった出来事などの情報を整理しています。その過程でその情報に関連した夢を見ることも多くあります。しかしかなりの頻度で仕事の夢を見るようになった場合、自分の中では意識していなくても何かしら仕事に対して強い思いをもっている可能性が高いです。

もしも最近仕事の夢を頻繁に見るようになったと感じたときは、自分の気づいていないうちに仕事に対して何かしらのストレスを抱えている場合があります。

今一度自分の仕事でのことを振り返ってみて、自分のストレスになりうるものがないか究明し、解決していきましょう。

眠れない日が増えてきた

仕事で悩みを抱えていたり、自分の納得できないことが起きたりすると、脳はそれをどうにかして解決しようと一生懸命フル回転します。その結果、夜になっても脳が覚醒したままなので眠れなくなってしまいます。

社会人になると悩みの一つ二つはどうしても出てきてしまうので、たまに寝つきが悪い日というのは誰にでもあることです。しかしあまりにも眠れない日が続いている場合は、体も休息する時間が減ってしまうため解決策を考える必要があります。

そんな時には、お風呂にゆっくり浸かってリラックスしたり、好きなアロマの匂いを楽しんだりして心を休めましょう。イライラを抑える効果があり眠りやすくなります。

仕事を辞めたいと思い始めた

仕事でつらいことがあると、「仕事を辞めたい」と突発的に思ってしまう時はありますよね。誰しもつらいことがあれば逃げたくなるため、仕方のないことです。ですが、少し休んで冷静に考えれば「やっぱり仕事を頑張ろう」と気持ちを切り替えて仕事に取り組める場合が多いです。

しかし仕事を辞めたいと思う頻度が多くなり、さらには辞めることばかり考えてしまい他のことに手を付けられなくなってしまった場合は、ストレスの限界に近付いている証拠です。

自分なりのストレス発散方法で、気持ちが前向きになるように工夫してみましょう。それでも改善されなければ転職も視野に入れ、原因を根本から解決する方法も考えましょう。

彼氏・彼女に愚痴をこぼすようになった

人は誰しも悩みの一つや二つを抱えています。その悩みを周りの人に相談したり愚痴を言い合ったりすることで、スッキリして「悩んでいるのは自分だけではない」と前向きに考えられるようになります。そのため、愚痴を言うこと自体はごく普通のことです。

しかし、彼氏や彼女というのは大体の人にとっては「かけがえのない大切な人」です。自分の良いところを見てもらいたい彼氏・彼女といるときは、楽しい会話をして明るく過ごしたいですよね。

そんな相手に愚痴ばかりこぼすようになってしまった場合、相当にストレスを抱えていて「どうにかして自分の苦しみを共感してほしい」と無意識に思ってしまっている証拠です。

無理してストレスを抱え込むのではなく、早期に原因を究明して解決策を考えましょう。

旦那さんや妊娠中の奥さんに当たるようになった

自分の配偶者というのはこの世に唯一無二の存在で、つらい時や困難があった時も共に協力して生活していく大切なパートナーです。ですが、相手も「感情を持った一人の人間」です。自分のストレスが溜まっているからといって傷つけていい存在ではありません。

また、人は相手を攻撃するときに自分よりも立場の弱い相手を選ぶ傾向があります。特に「優しくて文句を言えない旦那さん」であったり「妊娠中の奥さん」の場合、どうしても立場が弱くなるためターゲットになりやすいのです。

もしも最近、言い争う時の口調が強くなってきた・手をあげるようになったと感じた場合は、早期に自分の行動を改めて自分自身で問題を解決できるように行動しましょう。

タバコの本数が増えてきた

タバコは体に良いものではありません。ですが、仕事の合間に一服することでストレス発散になるという人もいます。しかし一服程度の本数では収まらなくなり、あきらかに吸う本数が増えた場合は、かなりのストレス状態になっています。もちろん体にも相当な悪影響です。

イライラするからタバコを吸うという方法をとっている場合、ニコチンがきれたときにさらにイライラが起こるため実際には全く解決にはなっていないのです。

このような状況になってしまった場合、ストレスの原因を改善することも大事です。ですが、イライラの解決方法をタバコ以外で見つけてみましょう。近くを散歩したり好きな音楽を聴くなどでもイライラを抑える効果があります。

仕事でイライラする人の、イライラ防止&解消法

仕事をする上で多少のイライラはよくあることであり、仕方のないことです。しかしそれを我慢し続けるとかなりのストレスとなり、心身ともに疲れてしまいます。

ここでは、イライラの防止策・解消法をご紹介します。

仕事中のリラックス手段を用意しておく

仕事のイライラを抑えるには、仕事終わりに思い切りストレス発散する方法もありますが、仕事中にも小さなリラックス手段を用意しておくのがおすすめです。

仕事中でも軽くつまめる小さなお菓子や甘い飲み物などを用意しておけば、自分のご褒美となるだけでなく、脳に糖分が補給されて頭のリフレッシュにもなります。そのほかにも、あまり場所を取らないマッサージ器や自分の好きな香りの卓上アロマなど、自分に合ったリラックスグッズを使用することもおすすめです。

仕事中に少しずつでもイライラを解消することで、ストレスを溜めることなく仕事も円滑に進むようになります。

作業環境を変えてみる

仕事をする上で作業環境というのはとても重要になってきます。毎日同じ場所・同じ風景・同じやり方では、マンネリ化して仕事に対するメリハリがなくなりイライラしやすくなります。

こういった場合は、可能な範囲で作業環境を変えてみましょう。いつもとは違う場所で仕事をしてみたり、机上の片付けや模様替えをすると新鮮味が出てイライラしにくくなります。また、PCの壁紙を変えるだけでも気持ちのリフレッシュにつながります。個人作業であれば、音楽を聞くなどしてもいいでしょう。

自分に合った方法で工夫することでイライラの防止につながります。

短時間でも長時間でも休んでみる

仕事を効率よく進めるためには必ず休息は必要です。体と心を休めることによってイライラがリセットされて気持ちも前向きになります。逆に休息をとらずにいるとストレスは溜まる一方で必ず限界が来てしまいます。

もし仕事中に少しでもイライラを感じたら、お手洗いに立ったり外に出るなどして一旦仕事から離れましょう。小休憩をはさむことにより気分転換になりイライラを解消できます。

それでも改善しないような大きなストレスを抱えている場合は、思い切って有休を使い、しばらく休暇をとるのも一つの手です。しばらく仕事から離れることによりストレスの解消になります。

癒やされる店や人のところへ駆け込む

普段行かない・体験しないような場所へ行くのもストレス発散方法の一つです。

仕事終わりにお気に入りの飲み屋に行って愚痴を言い合ったり、心を許せる身近な友人に相談することでもストレス解消にはとても効果的です。

他にも、マッサージサロンや温泉などで日頃の疲れを落としたり、猫カフェといった生き物に触れられるお店などを利用し非日常を体験することで「明日からも頑張ろう」と前向きな気持ちになります。自分に合った方法を見つけてみましょう。

イライラしない方法を知って快適な毎日を

感情を持っている人間である以上、イライラする場面というのは必ずあります。社会人として生きていくには、このイライラのストレスといかに上手く向き合えるかが重要となってきます。

大人として、イライラする場面になっても動じないようにすることが理想ですが、何事にも限界はあります。ストレスを我慢することは決してよくありません。

自分にあったストレス解消方法を見つけてうまく折り合いをつけていくことが、仕事を長続きさせるコツでもあります。自分なりに工夫して、明るく前向きに仕事に取り組めるよう自分自身を見つめなおしてみましょう。

ランキング

記事一覧