「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事が遅い
  4. 仕事が遅いのはなぜ?原因を知れば自分の仕事も部下の仕事も早くなる
仕事が遅い

仕事が遅いのはなぜ?原因を知れば自分の仕事も部下の仕事も早くなる

毎日イライラするのが辛い。仕事が遅い悩みにどう向き合う?

あなたは、会社での仕事がなかなか進まなくて悩んでいませんか。仕事が遅いと残業が多くなって自宅に帰り着くのも遅くなってしまいますよね。そのため、家でご飯が作れずに食事の栄養バランスが悪くなったり、もしあなたのお宅に小さなお子さんを抱えた奥さんがいるなら、帰りが遅くて育児に協力してくれない旦那さんにイライラしているかもしれません。

何とかして、もっと仕事の作業スピードをアップできないものでしょうか。そうすれば、毎日のイライラが減って精神的にも気持ちが明るくなってくるはずです。

そんなふうに考えているあなたにおすすめなのが本記事の内容です。仕事が遅いのがあなたである場合は、新入社員と中堅社員の2つの項目に分けて改善方法をご紹介しています。あなたが上司なら、その部下が仕事が遅い場合についても対策をお伝えしています。ぜひ、あなたの毎日を笑顔にするために本記事をお役立てください。

合わせて読みたい

typeの転職力診断テストで自分の価値を把握しよう!

仕事が遅いと思っているあなた。
あなたがもし転職をしようと思った時、どれくらいの内定数・年収をもらえるか自分の市場価値を知ることがまず大切なことです。

結果によっては自分の価値は高く、仕事が遅いと思っていても他社では早いのかも・・・など知らなかったことが見えてくるかもしれません!是非一度診断してみてはどうでしょうか?
>typeの転職力診断をチェックしてみる<

転職診断力テストで分かることは?

画像のように内定数や年収はもちろん、あなたの仕事力を6分野を判定してくれアドバイスを受けることができます。たったの10分でさらに無料で自分の価値を知ることができるので是非診断してみてください!

>typeの転職力診断をチェックしてみる<

仕事が遅い人の特徴と原因

仕事が遅い人も職場には必ずいるものです。新入社員はもちろんですが、なかには年配の社員であっても仕事が遅くて残業ばかりしているような人がいますよね。そこで、ここでは仕事が遅い人の特徴やよくある原因についてまとめてみました。

合わせて読みたい

単純に作業の手が遅い

まず、作業を進めるスピードが基本的に遅いタイプの人もいます。特に、まだ仕事に慣れていない新人社員には、そのような人が多く見受けられます。たとえば、書類を作成していても、タイピングを行うのにとても時間がかかるようなタイプです。

しかし、社会人1年目の新人であれば、仕事が遅いのはある程度仕方のないことでしょう。本人が努力していれば、そのうち時間が解決してくれる問題です。

そして、もう一つのタイプは、効率化の方法を知らないような人です。このような人は職場でも困りものです。もし、自分が周囲の人と比べて仕事が遅いタイプだと思うなら、できる限り作業を進めるスピードを高めましょう。どうすれば早く仕事が仕上がるのか、頭を使って考えていくことが大切です。

合わせて読みたい

仕事の全体像を理解できていない

仕事が遅い人の特徴の一つとして、仕事の全体像を理解できていないことがあります。そのため、依頼された仕事を始める前には、その仕事の全体像を把握するように努めましょう。

仕事というものは、ほとんどが小さな作業の積み重ねによって成り立っています。もし、くだらないと感じてしまう作業があっても、誰かがそれをしっかりと進めていかなくては全体が完成しないのです。

ですので、自分の担う仕事が全体のどの部分にあたるのか、それを知ることが大切となります。そのことを意識するようになれば、仕事のモチベーションが自然と上がってきます。そして、自分から積極的に仕事を進めていくための原動力にもなってくるのです。

そうすれば、次にやるべき作業が分からずに指示待ちばかりする状態からも抜け出せるでしょう。

合わせて読みたい

後回しにしている仕事が多い

誰しも、上司や同僚から何らかの仕事を頼まれることがありますよね。たとえば、「時間がないから、明日までに急いでやってね」などと言われることもあると思います。ところが、仕事が遅い人は、その言葉をそのまま受け取ることができないのです。

そして、急がなければならない仕事を後回しにしたりするのです。そのように、自分の事情を優先して、後回しにする仕事を増やしていくと、タスク管理が複雑になって依頼された仕事を忘れてしまったりします。

このような人は、頼まれた仕事にすぐに取りかかる癖をつけるのをおすすめします。そうできない場合は、きちんとメモを取ったりして依頼されたことを忘れない工夫をすることが大切です。

合わせて読みたい

完璧主義で仕上がりに完成度を求めすぎている

実は、完璧主義の人も仕事が遅くなる傾向があります。たとえば、資料を作るにしても完璧な仕上がりを求めるため、なかなか仕事が終わらないのです。

仕事の完成度を高めようとするのは決して悪いことではありませんが、そのために時間がかかりすぎる場合は大体70%の完成度でも良いと割り切りましょう。必ずしも100%の仕上がりでなくても良いのです。

たとえば、口で伝えればすむ内容なのにいちいち資料を作ったり、その資料に不要な装飾を付けたりしていませんか。そういうことは、無意味で時間の無駄となることもあります。よく注意しましょう。

新入社員が仕事の遅さを改善するには

あなたがもし新入社員なら、仕事が遅くてもそれほど悩む必要はないのです。どんなベテラン社員でも、新人の頃から仕事ができたわけではないからです。ここでは、まさに新入社員のあなたが仕事の遅さを改善する方法についてお伝えしましょう。

合わせて読みたい

長い目で見てもらえているはずなのでまずは落ち着いて仕事をする

入社したばかりの新入社員なら、仕事ができなくても当たり前です。もし、ミスをしても周囲から長い目で見てもらえている存在といえます。そのため、失敗を怖れずにまずは落ち着いて仕事をするようにしましょう。

どんな仕事でも、落ち着いて集中して行えばできないはずはありません。たとえ仕事ができなくてミスしてしまっても、くよくよと悩む必要はないのです。大体、ちょっと仕事ができないくらいではクビにはなりません。

普段のあなたらしく、笑顔で仕事を頑張っていくことが大切です。

合わせて読みたい

メモやチェックリストを活用する

新入社員は、会社に入ったばかりで何をどのようにしたらいいのか分かりません。そのため、仕事が遅いという状態が出てしまうのです。そんな新人には、必ずメモを取ることをおすすめします。

ただし、そのメモの取り方が重要です。上司や先輩社員の言ったことをすべてメモするのではなく、ポイントを押さえた書き方をする必要があります。後から見ても分かりやすく、頭に入りやすい書き方をしておかなければメモを取る意味がありません。

あるいは、チェックリストを作るという方法もあります。チェックリストとは、ミスをしないように正しく確実に作業を行うために、その手順やチェック事項をまとめた資料です。

特に、ミスが多いせいで仕事が滞っている場合には有効な手段といえるでしょう。チェックリストを見ながら作業をすれば、そうでない場合よりも単純ミスを防げる可能性が高くなります。

合わせて読みたい

入社2年目・3年目の年が近い先輩に相談してみる

あなたが新入社員で仕事が遅いなら、まず年齢の近い先輩社員に相談してみましょう。できれば、入社2年目や3年目となる人を選ぶといいですね。

まさに、少し前に新入社員の時代を乗り切ってきた人たちですので、仕事のスピードがアップする良いアドバイスをしてくれるでしょう。どの職場にも、新人にやさしい先輩社員はいるものです。

きっと、仕事が遅くて不安なあなたの悩みを温かい気持ちで受け止めてくれると思います。今は仕事ができる先輩社員でも、新人の頃にはたくさんのミスをしているはずです。そんな人たちの体験談を聞くことでも、自分もきっと大丈夫だという自信が出てきますよ。

中堅社員が仕事の遅さを改善するには

中堅社員とは、入社してから3年以上経ち、課長などの責任ある役職に就いていない社員を指します。中堅社員の定義は会社によっても違うようですが、新入社員に比べて仕事の経験が豊富であることは間違いありません。ここでは、そんな中堅社員で仕事が遅い人のための改善方法についてまとめてみました。

合わせて読みたい

溜まっている仕事に優先順位をつける

溜まっている仕事をする際に、優先順位をつけることはとても大切でしょう。仕事の中には、期限が短いものや長いものがあります。たとえば、「明日までにお願いね」と依頼された仕事を真っ先に優先するのは当たり前のことですよね。

ところが、仕事の遅い人の中には、この優先順位が上手く付けられない人がいます。つまり、自分の好きな仕事から先に取りかかったり、頼まれた順に仕事をしてしまったりするのです。

自分がそんなタイプだと思うなら、なるべく仕事の優先順位を間違えずに付けるように注意しましょう。優先順位を間違えたために仕事が期限内に終わらないなら、これは大きなミスとなってしまうからです。

一日ごとの目標を決めてクリアしていく

仕事の効率をアップさせるには、まず目標設定をすることが大切です。明確な目標を立てると、それに向かって努力しようと思うようになり、自然とモチベーションも上がります。

目標を立てる時には、長期的な大きな目標を最初に立て、それを元にして中期目標や短期目標を決めると良いでしょう。そして、半年ごとや1ヶ月ごとの目標も明確にして、最後には一日ごとの目標を決めていきます。

日々、一日ごとの目標をクリアしていくことで、自分に対する自信もきっと生まれてきます。失敗しがちで自信をなくしているタイプの人には、小さな成功体験を積み重ねることが自信につながるからです。

自分で抱え込まず人に頼る

あなたは、仕事を自分だけで抱え込んでいませんか。真面目な人に多いのですが、与えられた仕事を自分の力だけで仕上げなければならないと考えてしまう人がいます。

しかし、自分の力だけで仕事を仕上げるのには、やはり限界があるのです。それなのに、他人に頼れずに割り振られたすべての仕事を自分だけでやろうとする人がいます。そんな時には、素直に他人の手を借りた方がいいですね。

職場の同僚や後輩たちとも協力して仕事を進めることができれば、仕事が仕上がるスピードも俄然速くなるはずです。他人に助けてもらうのが苦手なタイプの人は、日頃から上手に他人の手を借りる練習をしていきましょう。

適度な手抜きを覚える

優秀な人は手抜きが上手いともいわれます。新入社員なら、手抜きなんて考えるのは悪いことだと思うかもしれません。しかし、効率的な手抜きをするのは、決して悪いことではないのです。

仕事の中には、ほぼ完璧にやらなければいけないようなものも確かにあります。ところが、少しぐらい手抜きをしても大丈夫な案件もあるのです。あなたがもう中堅社員なら、どの仕事がそれに当たるのかも的確に分かるのではないでしょうか。

たとえば、社外に提出する必要のある仕事や自分にしかできないような仕事は手を抜かない方が無難です。しかし、それ以外のあまり重要でない仕事なら、適度な手抜きをしても大丈夫な場合もあるでしょう。

上司が部下・新人の仕事の遅さを改善するには

あなたがもし上司の立場なら、部下や新人の仕事の遅さをどうやって改善すればいいのでしょうか。難しいテーマでもありますが、達成できれば仕事のやりがいにもつながること間違いなしです。ここでは、それについてお伝えしましょう。

合わせて読みたい

初めのうちは遅くとも心配ないのだと伝える

あなたがもし上司であれば、仕事の遅い部下が一人ぐらいはいるかもしれませんね。特に、その部下が新入社員であれば、少しぐらい仕事が遅くても大目に見てあげる必要があるでしょう。

その部下がリラックスして仕事に専念できるように、初めのうちは仕事が遅くても心配ないと一言伝えてあげましょう。もちろん、リラックスしすぎてマイペースになりすぎるのは困りますが、新人で緊張しすぎている場合はそんなあなたの一言で気持ちがラクになるはずです。

あなたの下で仕事をしてくれる部下の一人ひとりをぜひ可愛がってあげてくださいね。

合わせて読みたい

報告・連絡・相談をさせる

会社に入ったら、「報連相」については真っ先に教えられますよね。報連相とは、報告・連絡・相談の略語です。ところが、この3つがしっかりできていない人は、中堅社員にも多い傾向があります。

もし、あなたの部下が報連相を軽視してしまうようなら、この3つをルール化してしまいましょう。たとえば、「毎日、夕方4時には仕事の進み具合を上司にメールで報告すること」と定めたり、「成果物が仕上がった時点で他のメンバーに連絡すること」などとルールを作っておくのです。

仕事の遅い部下には、必ずこのルールを守るように促します。そうすれば、あなたや周囲の社員たちが的確なタイミングで良いアドバイスをその部下に送れるため、自然と仕事のスピードや完成度が上がることでしょう。

より身近な社員をフォロー役にする

部下の仕事が遅すぎて困っているなら、その部下と年の近い先輩社員をフォロー役に付けるのも良い方法です。その方が、上司がいちいち指導するよりも指摘されたことを本人が受け入れやすいというメリットがあります。

和気あいあいとした雰囲気が自然と生まれやすく、新人の部下でもリラックスして仕事ができるようになるでしょう。年配のあなたには、若者の考えていることが少し分かりにくい場合もありますよね。

しかし、同じような若者同士なら気が合いやすく、意気投合しやすい面があるのです。その結果、二人とも楽しく仕事ができるようになることもあります。

モチベーションを高く保たせる

あなたが上司なら、まず部下の仕事に対するモチベーションを高める努力をしましょう。特に、仕事の遅い部下は、仕事に対する根本的なやる気を失っていることがあります。

もし、その部下が顧客との関係が上手くいかずに悩んでいるなら、上司として手を差し伸べてあげる必要がありますよね。あなたの対応次第で、落ち込んでいる部下を元気にさせることもできます。

何かその部下に問題がある場合は、なるべく自分でそれに気づくように仕向けてあげてください。自ら問題に立ち向かい、それを克服したという体験は、きっと揺るぎない自信につながってきます。

そうなるように仕向けることで、仕事の遅い部下の仕事に対するモチベーションは自然とアップするでしょう。

合わせて読みたい

これから転職・就職する人へ、早く帰れる仕事の見つけ方

もう限界、今就いている仕事は自分に向いていない、辞めたいと考えてしまう人もいると思います。また、今の仕事は嫌いではないけれどサービス残業が多すぎる、ということもありますよね。ここでは、そんな人に役立つ転職する際のポイントについてまとめてみました。正社員だけでなく、パートやアルバイト、派遣などの働き方もありますよ。

合わせて読みたい

転職エージェントに希望をしっかり伝える

転職を決めた求職者にとって、強い味方となるのが転職エージェントの存在です。転職エージェントとは、求職者と共に最適な転職先を探し出してくれる人材紹介サービスの一つです。一人ひとりの求職者に対して、担当のキャリアアドバイザーが付いて一緒に転職活動を進めてくれます。

ただし、転職エージェントを利用する場合でも、自分がどのような職種や待遇を希望するのかをはっきりさせておく必要があります。転職を成功させるためには、漠然と前よりも良い会社を望むのではなく、具体的にどのような会社に転職したいのかをキャリアアドバイザーに説明することが大切なのです。

また、あなたが希望する給与の金額や仕事をする上での譲れない条件などもはっきりさせておいた方がいいでしょう。もちろん、転職エージェントを使わずに自力で求人情報を探す場合にも、これだけは譲れないという条件についてきちんと決めておいた方がいいですね。

合わせて読みたい

残業の多い業界・業種を避ける

世の中には様々な種類の仕事がありますが、あなたがサービス残業を避けたいと考えているなら初めから残業の多い業界や職種は避けた方が賢明です。たとえば、飲み会の多い営業の仕事や閉店後にやることの多い美容師などの職種は避けましょう。

できれば、定時の時間で帰れる事務職や役所などに勤められる公務員のような職種を選ぶのがいいですね。公務員試験を受けるには年齢制限がありますので、あなたがまだ若くて試験を受けられる年齢であればチャレンジしてみるのもいいでしょう。

また、女性であれば時短勤務ができる看護師や薬剤師などの職種もおすすめです。その他の職種を持つ会社でも、残業代が満額出る場合は許せる範囲で割り切るのもいいと思います。

合わせて読みたい

職場環境を事前に見学してみる

興味の持てる仕事内容と給与の高さだけで職場を選んではいけません。あなたが働く職場環境についても、しっかりとチェックしておきましょう。そのためには、職場環境を事前に見学させてもらうのもおすすめです。

その際には、若い社員だけでなく40代や50代の年配社員の表情に気を付けましょう。そうした年配社員たちもイキイキとして働いているようなら、長く働ける職場環境が整っているということです。逆に、年配社員たちが暗い表情をしているなら、平気でリストラを行うような会社である可能性もあります。

また、会社に訪問したあなたに対して、笑顔で挨拶してくれるかどうかも大切なチェックポイントです。明るい笑顔の社員が多い場合は、パワハラやセクハラのない健全な職場環境があると考えることができます。さらに、社員同士が会話をしているかどうかも重要なチェックポイントです。楽しそうに社員たちが会話をしていたら、疑問点があっても先輩社員に聞きやすい明るい職場環境が整っていると考えられるでしょう。

合わせて読みたい

ストレスを溜めないために時には開き直りも大切

ここでは、仕事が遅くなる原因や仕事が遅い新入社員、中堅社員、部下などに対しての改善方法についてお伝えしてきました。あなたは、読んでみてどのような感想を持ちましたか。

とにかく、会社に通ってサラリーマンをしていると、職場での人間関係や取引先の顧客に対する対応などでストレスが溜まりすぎてしまいますよね。そんな時には、ある程度開き直ることも大切です。

「別に、相手にどう思われたって関係ないよ」と思って自然体で振る舞うことで、精神的なストレスも案外癒やされるのではないでしょうか。

適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧