「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 転職する方法を探す
  3. やりたい仕事を探す
  4. 儲かる仕事
  5. 儲かる仕事とは?今後儲かる仕事に就職・転職するためのポイント
儲かる仕事

儲かる仕事とは?今後儲かる仕事に就職・転職するためのポイント

仕事をするならお金を稼ぎたいのは当然

皆さん仕事は自分の満足のためにしていますか?それともお金のためにしていますか?自分の好きなことを仕事にしたいので、収入額なんて気にならないという人は別ですが、多くの人はどうせ仕事をするなら、なるべく多く稼ぎたいと思っているのではないでしょうか。

仕事はお金のために、そして生活のためにするものなら、お金を稼ぎたいと思うのは、当然のことでしょう。こちらの記事では、儲かると言われている仕事の種類や、儲かる仕事への転職や儲かる仕事をするためのポイントなどをご紹介します。

あなたは儲かる仕事ができる? 自分の市場価値を診断してみよう

MIIDAS(ミイダス)は、dodaなどでおなじみ転職大手のパーソルキャリアが提供するスマホアプリです。アプリ上で自分の簡単なプロフィールを入力していくと、「あなたの市場価値」=「想定年収」が出てきます。あなたの価値を認めてくれる会社と出会えれば、これくらいの高い年収がもらえる可能性がある、という意味です。

ミイダスではアプリに入力したプロフィールを使って、そのまま転職サービスへの登録ができます。登録しておくと、あなたのプロフィールを魅力に感じた企業から面接のオファーが届くので、好条件で転職できるかもしれませんよ。

儲かる仕事の種類

仕事をするなら、高収入を得たいものです。それでは儲かる仕事というのは一体どのような仕事のことをいうのでしょうか。儲かる、つまり給料が高い仕事には特徴があるようです。こちらでは儲かる仕事の種類を5つご紹介します。

学生のうちからの努力が収入に直結する仕事

大学が医学部などで、すでに医療系の仕事に就職するために専門的な知識を学んできた場合は、学生時代の何年もの努力が収入に結びつきます。医者の給料は高く、看護師など医療系の仕事も一般的に給料が高いことで知られています。医者は専門医になれば、さらに高い収入を得ることができます。

医療が必要となる人が多くいる現在のような高齢化社会では、需要も高く仕事も見つけやすいでしょう。このように学生のうちから収入の高い医療系の仕事を志している場合は、その知識を生かして医者や看護師の仕事につき稼ぐことができます。

医者になるには、大学の医学部で6年間学び、そのあとに国家試験を合格して2年間の実務経験がないとなれません。大学の医学部に入学すること自体が非常に難関ではありますが、医者になれば稼げるのは確かです。医学部のように、学生のうちに将来的に仕事として結びつく勉強をすでにしている場合は有利です。

独立開業して稼げる仕事

給料の高い仕事に、弁護士や税理士・公認会計士・行政書士などが挙げられます。これらの仕事に就くのは難しく、多くの専門知識や試験、資格が必要になりますが、一度弁護士・税理士・公認会計士・行政書士として就職をしたら、将来的に独立して開業することができます。

弁護士・税理士・公認会計士・行政書士の仕事は独立しなくても、一般的には安定していて高い給料をもらえる仕事ではあります。しかし、何年か経験を積んだ後で独立して自分の事務所を構え成功したら、とても儲かる仕事です。

医療系の仕事と同じで、これらの仕事も年月をかけ専門知識を身につけてなれる職業です。弁護士や、会計士で経験を積んだあとで独立したいと思っている人は少なくありません。独立すればさらに稼げるチャンスがあるからです。

独立して稼ぐには今までの経験と知識、そして人脈が大切です。資金面など様々な準備が必要になりますが、成功すればすぐに元がとれることを期待してもいいでしょう。これらの職業のように国家資格を保持していると、独立しやすいのでとても有利です。

合わせて読みたい

門戸の狭い花形人気職

憧れの職種といわれる職業も、稼げる仕事と深く結びついています。例えば、テレビ局の社員やCAなどは花形の人気職と言われています。人気な仕事であり倍率も高いため、誰もがなれる仕事ではありません。これらの仕事は、国家資格などの必要はありませんが、高倍率を突破しないとなれない職種です。

テレビ局の仕事は、アナウンサー・カメラマン・ディレクターなど様々な職種があります。もちろん営業や人事、経理などの事務職もあります。就職試験は非常に倍率が高いだけでなく、アナウンサーを希望している場合は原稿を読む試験もあるのが一般的です。

またCAになるには、各航空会社の入社試験を受けることになりますが、年齢や身体的な条件、または英語のレベルを証明できる正式な証明書などと応募資格が設けられていることが多いようです。

内定さえもらうことが非常に難しい職種。テレビ局の社員やCAは一般的に稼げる仕事ではありますが、仕事も非常に大変です。給料が高い分、仕事も大変なため決して楽をして稼げる仕事ではありません。

一般的に人気があり花形と言われる狭き門の仕事も、覚悟を決めないとできない仕事です。しかし、アナウンサーやCAになることをずっと目標にしてきたなら、大変な仕事もやりがいを感じて充実した日々を送れることでしょう。

才能が見出されれば一攫千金できる仕事

自分の才能を武器にする職業も、成功すれば大金を稼げる仕事です。才能があれば稼げる仕事には、芸能界の仕事の他にも、ミュージシャン、漫画家・作家・アーテイストなどクリエイティブ系の仕事が多く挙げられます。

これらの仕事の大変なところは、才能があってもすぐには認められないということです。才能だけでなく努力や運も必要になってきます。何年もかかってもようやくプロとして生活できるようになるアーティストもいれば、才能がすぐに認められ、または運がよくてすぐに高い評価を得て成功する人もいます。

才能があり、何かのきっかけで高い評価さえもらえれば、一攫千金も夢ではありません。クリエイティブ系の仕事をしている人は、何年もの下積み時代を経て、ようやく有名になる場合もあります。これらの仕事は、いつ才能が開花するかわからないというリスクはあります。生活はできても成功している人は、実際にはほんの一部かもしないのかもしれません。

芸能関係の仕事やクリエイティブ系の仕事をしたいとゆるがない決心をしている人は、どのように自分の才能を売り込むかもとても大事になるため、とにかく一人でも多くの人に自分のことを知ってもらう努力をしないとなりません。また、人脈を広げる努力もしたほうがいいでしょう。

自分の給与を自分で決められる起業家

現在は企業に勤めていても、いずれ起業したいと考えている人もいるでしょう。誰もが一度は自分の会社を持ってみたいと感じたことはあるのではないでしょうか。しかし、現実的に起業家になるのは決して容易ではなく、踏み切るのに勇気がいるものです。

起業するための資金の問題がある場合もありますが、アイデアや計画、そして強い精神力を持っていることも大切です。そして何よりもリスクも恐れない勇気がないと、起業は難しいかもしれません。

しかし、もし起業して成功したら会社勤め時代よりも儲かることはよくあります。会社勤め時代よりも儲かるからこそ起業するのです。自分で仕事上の全てを決定しなければならないため、責任はとても大きいですが、やりがいもあるし、自分の給料を自分で決められるという利点もあります。

いずれ起業したいと思っていても、なかなかその一歩が踏み出せないことがよくありますが、失敗を恐れずに勇気を持ち起業する人には、自分次第で稼げるチャンスが大いにあるでしょう。

儲かる仕事ランキング

儲かる仕事にも様々な種類がありますが、それらの仕事ははたして今からでも転職が可能な仕事なのでしょうか?今後は今よりも収入の高い仕事をしたいと考えている方、こちらでは儲かる仕事を具体的に1位~10位までにランキングしてみました。

1位:医師

医師の仕事は学生時代から何年も年月をかけて努力して知識を得た分、いざ就職したら高くて安定した給料となってかえってくる仕事です。一般的にも儲かる仕事と言えば、医師の仕事を思い浮かべる人は多いでしょう。

何年も勉強して国家試験を合格しないとなれない、そして実務経験を経たあとにやっとなれる仕事。なるまでの道のりがとても長い医師の仕事は給料が高く需要もあります

医師の中でも、特に美容や整形系の医師は最近需要が高いです。その理由は昔と比べて、整形もあまり珍しいことではなくなり人々の美容への関心も高くなってきていることが挙げられます。

6年間の医大や大学の医学部の授業料は、国立大学なら約350万円ですが、私立大学では最も低くて国際医療福祉大学の1,910万円、最も高いのは川崎医科大学の4,700万円です。6年間の学業を終えるために1,900万円~5,000万円近くかかるということです。

長年学業でお金をかけて勉強してきた分、医師になれば努力が報われ元が取れる職業です。高い給料の理由には、高い専門知識と人の命を預かるという大きな責任が挙げられます。

2位: パイロット

パイロットは、男性にとっては人気で憧れの職業として知られていますね。航空会社のパイロットになるには大学を卒業してから、航空会社のパイロット養成コースで学んだり、航空大学を卒業後に国家試験を受験に、資格をとって航空会社に入社する方法があります。

航空会社に入ってから資格を取るか、資格をとってから航空会社に入るかのどちらかの選択になりますが、どちらにしてもパイロットになるには、養成訓練をうけて資格を取得しないとなれません。これらの資格には定期運送用操縦士、事業用操縦士、自家用操縦士、3つの資格があります。

航空会社のパイロット採用試験の合格率は公表されていないものの、倍率が非常に高いことで知られています。時には倍率は100倍になる年もあるようですので、パイロット採用試験は非常に難しいと言えます。

医師と同じく、パイロットは何年もの学業と訓練が必要な仕事です。しかし、パイロットの平均年数は1,200万円と言われています。晴れてパイロットになれば、高収入の職業です。

パイロットも医師と同じで、何年もの努力が報われる職業ではないでしょうか。なるのは容易ではなく、訓練と高い専門知識が求められる職業。給料もそれに比例して高いので、給料は仕事に見合っていると言えます。

3位: 大学教授

大学教授も、職を得るまでの道のりが長く、狭き門であることは確かです。誰もが容易になれる職業ではないし、まずは教えることが好きでないとなれません。しかし、給料が高いため稼げる仕事として考えてもいいでしょう。

大学教授になるにはまず大学院を出ないとなれません。大学院卒業後に、何年も大学講師や助手などの経験を経て応募できるのが一般的な流れです。

また、一度社会人になって社会人からの大学教授への転職も可能ですが、その分野の高い知識や経験、ふさわしい経歴が求められます。大学教授の仕事は講義や学生の就職相談、また会議や自分の研究など多岐にわたります。

大学教授になれば、自分の研究に専念できるのはと思う人もいますが、仕事内容は多岐に渡るため、実際には自分の研究に時間をとれないケースが多いようです。しかし、大学卒業後も一つの分野について学び続けたい人や、教えるのが好きな人には向いている仕事でしょう。

4位: 公認会計士・税理士

公認会計士や税理士などの会計士も稼げる職業です。公認会計士や税理士などの会計士の仕事は資格が重視され、資格がないとできない職業です。いずれにしても非常に難しい国家試験を突破しなければなれない職業でもあります。

税理士になるには国家試験合格だけでなく、2年以上の実務経験も求められます。公認会計士も同じ様に、試験に合格してからさらに実務経験が2年以上ないとなれません。税理士事務所に就職しても、すぐには税理士になれないため、まずはアシスタントとして働くことになります。認められる会計士になるには長い時間が必要です。

また、高い専門知識が求められるため、会計士になるにはかなりの勉強と忍耐も必要になります。しかし、これらは常に需要があるし稼げる職業です。

試験に合格して実務経験を積んでいけば、給料も高いため将来性のある職業ですので、何年もかけて徐々にレベルの高い資格にチャレンジして、資格取得する価値は高いでしょう。また、将来的に独立して個人の会計事務所を作ることもできるので、将来性もある稼げる仕事と言えます。

合わせて読みたい

5位: 弁護士

弁護士と聞くと、どのようなイメージが浮かびますか?弁護士は責任が重い仕事ですが、給料が高い職業として、または憧れの仕事としてよく知られています。弁護士になるには、司法試験を合格していないとなれませんが、司法試験は誰でも受けられる試験ではありません。司法試験の受験資格は法科大学院を終了しているか、司法試験の予備試験を合格している人です。

大学の法学部に入学するのも難しいことですが、弁護士になるのは司法試験も合格しなければなりません。司法試験の合格率は25%ほどですので、受験者の約2割しか合格できない非常に難しい試験です。また、司法試験に合格しても、すぐに弁護士の資格がもらえるわけではありません。

一年の間司法修習を受けてから、司法修習考試験という試験に合格するのが次のステップになります。その後ようやく弁護士として働けます。弁護士はとても稼げるけれど責任が重い仕事でもあります。医者や会計士になる道のりが長いのと同じで、弁護士になるには年月と相当の努力が必要になります。

合わせて読みたい

6位: 大学准教授

大学准教授は、大学講師を経て大学教授を目指す人の通り道にあります。主に学生の指導や専門分野の研究が仕事の中心になります。大学教員の職階は助手から助教になり、講師、准教授、教授とあがっていきます。

大学院卒業後に助手として働き始めても、20代・30代で大学准教授にあがるのは難しいかもしれません。しかし、大学准教授まで上がれば、すでに何年も大学教員としての職歴が長いため、将来的な教授予備軍と言えそうです。

大学教授ではないけれど、大学准教授も同じ様に稼げる仕事です。大学准教授の平均年収は、およそ800万円と言われています。これに対し大学教授の平均年収は、およそ1100万円です。大学准教授の平均年収とは、約300万円ほど年収に差があります。

これはもちろん少ない差ではありませんが、800万円以上は一般的に高い年収です。大学教授にはなれなくても、高い年収を期待できる。そして大学教授ほどの仕事量や責任はないのが一般的です。そのことから大学准教授も稼げる仕事と考えられています。

7位: 記者

記者と言っても、記者には新聞社に勤める新聞記者と、放送局に勤める放送記者、そして出版社に勤める雑誌記者と3つの種類に分かれます。新聞記者は、対象の人物を取材をしたり、取材したことを記事にするのが主な仕事です。一般的には大卒が必要ですが、大学学部は問われません。

放送記者は、大学卒業後に各放送局に入社して入社後に放送記者としての経験を積んでいきます。テレビ番組のためにニュースや話題となっている事柄を取材をして記事にするのが主な仕事になります。放送局への入社はとても倍率が高く、狭き門になります。

そして、雑誌記者は一般的には大卒が求められる職業です。また、ものを書くのが好きな人や得意な方に向いています。記者の仕事は社会情勢など、現在起こっているあらゆることに常に関心を持ち、目を向けることが必要です。かっこいい仕事とよく思われますが、とても大変な仕事です。

しかし、記者の給料は比較的高く安定した給料をもらえる仕事ですので、ものを書くのが好きだ、好奇心旺盛であらゆることに興味がある、起きていることを人に伝えたいと強く思っている人には、向いているでしょう。

8位: 不動産鑑定士

不動産鑑定士は、まだ認知度の低い仕事です。不動産鑑定士は、家や建物などの不動産の価値を数字に出すのが主な仕事です。また、業務には顧客の不動産コンサルティングや運用の仕事も、最近では含まれます。不動産鑑定士は、不動産鑑定事務所に勤務することが多いですが、不動産会社や銀行の不動産鑑定部門で働く場合もあります。

仕事を通して様々な場所に出向かい、不動産を鑑定するため主張の多くなる仕事でもあります。色々な場所に出向くのが苦にならない人には向いています。また、鑑定後はオフィスワークもあり、比較的単調な仕事と言われており、ストレスはたまりにくい仕事と言われています。

あまり一般的には知られていない職業ではあります。しかし、年齢や経験、そして勤務先にもよりますが、三菱地所・住友不動産・東急不動産などの大手デベロッパーでの不動産鑑定士の年収はとても高いです。不動産業界に興味があり出張が苦でない方には向いているかもしれません。

9位:歯科医師

歯科医師の仕事も人気がありますよね。歯科医師の仕事は、医師と同じく年収が高く安定した職業の代表です。歯科医師になるには大学の歯学部か歯科大学を卒業し、国家試験を合格して歯科免許をとる必要があります。

大学で6年間歯科医師になるために学び、国家試験を合格しなければなりません。医師と同じように歯科医師になるのは、歯科に興味があることを前提に長年の努力と忍耐が必要です。

しかし、歯科医師になることのメリットは多くあります。歯科医師の平均年収は約700万円と言われています。そのため、安定して高い収入を得られます。また、常に需要もあるし将来性もあるのもいいですね。何年か経験を積んだ後で、いずれは独立して開業することができるからです

開業して成功すれば収入はより高くなることが予想されます。歯科医師は、医師になるまでの道のりは長いものの、医師や弁護士と同様にとても稼げる職業です。

10位:大学講師

大学講師は、大学教授と異なり専門分野の授業のみを担当します。将来的に大学教授を目指しているポジションにいるため、収入も医学教授や大学准教授よりは低いです。

大学講師の年収も一般的には悪くないものの、いずれは大学教授になれる可能性があることから将来性や安定性もあるため、稼げる仕事と考えられます。大学教員という仕事は、まず大学院を卒業していて、専門分野の高い知識が必要な上に、教えることが好きであることが大事です。

このように、ランクインした職業はいずれもそれ相当の努力をしないとなるのは難しい職業でした。しかしどれも安定した高収入を求められる職業なため、非常に将来性のある職業が挙げられました。

簡単に稼げる仕事はなく、稼げる仕事を得たいなら、相当の努力と高い専門知識を身につけないとならないということが分かりました。国家試験を合格し、国家資格を有することは就職や稼げる仕事を得るために、とても有利だとわかりました。

儲かる会社に転職するという手段もある

現職は、給料が希望よりも高くないので、将来的に儲かる会社に転職したいと思うこともありますね。それでは、どのような会社で働けば給料が高いのでしょうか?こちらでは、転職後に儲かるかもしれない2つの会社のタイプをご紹介します。

上場企業なら正社員の給料のベースが高い

転職して今よりももっと稼ぎたいと考えている方は、同じ職種でも上場企業への転職を狙ってみるのはどうでしょうか。上場企業は、正社員の給料が高い傾向にあります。東京証券取引所で株を発行できる企業が、東証1部上場企業・東証2部上場企業で、マザーズで株を発行できるのが、ベンチャー企業です。

例えば同じ一般事務職でも、上場企業ではない会社では残業代を払ってくれないことがあります。しかし、上場企業では給料が高いだけでなく、残業代をきちんと出してくれたり、企業によっては資格取得のサポート制度を設けている場合もあります。

また、家族手当や住宅手当を出す企業もあるなど、福利厚生がしっかりしていることが多いです。上場企業に勤めていると社会的な信用度が高くなるという利点もあります。

収入アップだけでなく、福利厚生や社会的信用度など様々な点でメリットがある上場企業。これらのメリットを考えて転職先を上場企業に絞って転職活動するのも一つの方法でしょう。

まずはどのこの上場企業であなたの専門分野の求人があるのかを徹底的に検索してみましょう。

大手の求人が多いのはtype転職エージェント

typeは1998年創業の人材紹介サービスです。長年の信頼と実績があるため、大手企業とのコネクションが強いと言われています。公開求人2割に対して非公開求人が8割で、この8割に大手企業の意外な優良案件が隠れています。type転職エージェントを利用して転職成功した人は、実に約7割が年収アップしているそう。特にIT・Web・営業関係の求人が多いので、該当する職種の方は一度相談してみて損はありません。

急成長中のベンチャーも狙い目

上場企業でなくても、現在急成長していて注目を集めているベンチャー企業も若い方を中心に、比較的給料をより高く提供している会社は多い傾向にあります。その理由は、ベンチャー企業は創立したばかりの企業なため、優れた人材を確保しないとならないためです。そのため、優れた人材がいれば、より高い給料を提示して確保することがあります。

ベンチャー企業は一般的に会社の規模は大きくはないものの、成長している会社であること、そして投資機関から資金的に援助を受けている企業をベンチャー企業と呼びますが、資金的にはまだ援助が必要なものの、事業がうまくいけば数年のうちに一部上場企業になれる可能性もあります。

また採用傾向も上場企業とは異なります。上場企業のように会社の将来性や安定性があるわけではないため、将来的なことを考えると不安になる人もいるかもしれませんが、急成長している会社で自分の能力を試してみたい人には合っているでしょう。

いろいろな企業を見てみたいならリクナビNEXTをチェック

リクナビNEXTは、転職大手リクルート運営の転職サイトで、転職を考える人の8割が登録するとも言われています。それだけ多くの求職者が「とりあえずリクナビ」と選ぶのは、圧倒的な求人数が理由。大手からベンチャーまで、全国のあらゆる求人を気軽に検索・閲覧できます。登録すれば思わぬ企業からオファーメールが届くことも。まずは登録してみましょう。

今の仕事にプラスして副業で儲けることも可能

もっと稼ぎたいけれど、今の仕事は辞めたくない。そんな考えをもつ場合もあるでしょう。では、今の仕事を辞めずに、副業を始めて儲けるにはどのような仕事があるのでしょうか。こちらでは、副業で稼げる可能性のある仕事を5つご紹介します。

特技を生かしフリーランスとして仕事を受ける

最近では、副業を許可している会社も増えてきました。副業しても問題のない会社で働いているなら、会社でやっていることをフリーで請け負い副業として収入の足しにすることは可能です。

会社や業種によっては、正社員でありながら自分で仕事を探すフリーでの仕事も重視して、副業必須の会社もあるくらいですので、時代は変わりました。これらの会社を探す場合は、転職サイトで求人情報を検索する時に、「副業OK」という項目があればそこにチェックを入れて探すといいでしょう。

自分のスキルを活かして会社以外でプラスとなる収入を得るのは、一つの収入アップの方法ですね。正社員として勤務している会社を辞めたくはないという人や、将来独立するために自分で仕事を得始めたいという人には向いています。

デザイナーやIT関連、エンジニアなど現在では様々な職種で副業OKな会社があるので、自分の専門分野の仕事を副業して将来的に独立できるように向かっていくのも一つの方法でしょう。副業は、独立の第一歩と見てもいいでしょう。

IT系のスキルがあるならレバテックフリーランスで案件を探してみよう

レバテックフリーランスは、ITエンジニアのための案件検索サイトとしては最大手クラスのサービスです。利用者の半数は、フリーランスとして働くのが初めての人。テクニカルカウンセラーがじっくり話を聞き、エンジニアと案件とのマッチングをサポートしてくれるので、これからフリーランスになろうとしている方も安心して登録できます。平均年収800万円超というのも魅力です。

レバテックフリーランスをチェックしてみる

女性にはハンドクラフトが人気

女性の副業で人気なのは、自分で雑貨やアクセサリーなどを作り、作品をフリマアプリに出品して収入を得るハンドクラフトを副業にする仕事です。現在、ハンドクラフトをインターネット上で売って稼ぐ人が増えています。

ものを作るのが好きな人なら、自分の作品を世に出したい、多くの人に見てもらいたいという想いはあるはずです。そこで、作品を発表するだけでなく、フリマに出店してお金を稼げたら一石二鳥ではないでしょうか。

作品を作りフリマに出店するのは、本業を持ち安定した収入を稼ぎながらできるので、収入面で見るとリスクが少ないです。また、作品を売るメリットの一つは自分のペースでできることです。

本業が忙しくない時や週末などに集中して作品作りをして出品していけば、徐々に利益をだすことも可能になるのではないでしょうか。好きなことをして収入を得ているという喜びも味わえる仕事です。

空き時間にコツコツできるのは内職系の副業

家にPCさえあれば、簡単にできる内職系の仕事は多くあります。データ入力などのすぐにできる仕事もあるので、コツコツと副業をしたい人には向いているでしょう。現在の仕事を辞めないで収入を増やしたい人には、簡単に始められる仕事です。

データ入力の仕事は単価が低いことが多いものの、コツコツと続けていれば、ある程度のプラスの収入になります。副業はストレスをためたくない、本業で頭を使うストレスのたまる仕事をしているから副業は単純作業がいいと考えている人は、データ入力などのPCがあればできる仕事はライフスタイルに合うのではないでしょうか。

内職系の副業は自分のペースでできるのがメリットです。また、夕食後の1時間や2時間やってみようなど、ある程度の仕事の計画をたてると内職系の副業はやりやすいです。また、毎月5万円は稼ごうなどと目標をたてるのもモチベーションを保てて効果的です。

週末のみ体力仕事の副業をする男性も多くいる

女性に人気の副業がハンドメイドのように、男性に人気の副業もあります。男性なら、週末だけ副業として体力系の仕事をする人も多くいます。このような週末だけの単発の仕事は多くあるため、引っ越しや警備員の仕事はすぐに見つかります。

週末だけ別の仕事をして稼ぐとなると、休日がなくなってしまいますが、その分平日の仕事をあとの時間にゆっくりしたり、自分の好きなことに使い充実させたり、ゆっくり休んだりと工夫することもできます。

また、体力的にきつい週は土曜日だけ働くなど調整するといいでしょう。自分の希望に合わせて仕事を調整できるのは、単発の仕事のメリットです。

本業を辞めたくないけれどさらに稼ぎたい場合は、労働時間が増えることを覚悟しないとなりません。これはどのような種類の副業にも言えます。二つ仕事を持つことは大変ですが、自分の時間が少なくなったり土日が仕事で終わってしまっても、稼ぎたいという大きい目標があれば続けられるのではないでしょうか。

貯金があるなら資産運用に挑戦

お金に余裕がある場合で、さらにお金を増やしたいと思っている方には投資を副業とするのも一つの方法です。本業には満足している、そして貯金もあるという場合なら、資産運用で稼ぐ選択肢もあります。

例えば外貨貯金で利息を稼ぐ、また株やFXについて学び投資に挑戦してみるなど、動かせるお金を利用して稼ぐことも一つの方法です。しかし、資産運用でお金を稼ぐというと、簡単に聞こえてしまいますが、資産運用の知識がなければできないので、決して簡単ではありません。資産運用に挑戦する場合は、そのリスクもよく考えないとなりません

投資をして誰もが儲かっているわけではありません。万が一損をしても生活に影響のないくらいの経済的な余裕がなければ、始めないほうがいいでしょう。投資の仕方を知らないと逆に損をするので気を付けましょう。投資を始める前に時間をかけてしっかりと投資の仕方を学んでからでも、お金を稼ぐのは遅くありません。

これから就活をする新卒が儲かる仕事を選ぶポイント

新卒でこれから就職活動をする人達は、様々な仕事の条件や希望があるかと思います。新卒は専門知識が問われないため、将来性を見込まれて採用してもらえる可能性が中途より高いので有利です。新卒で儲かる仕事を優先して仕事選びをしたいのであれば、仕事選びのいくつかのポイントがあります。

SEは募集人数が多くて採用されやすい

SEの仕事は常に募集人数が多く現在必要とされている仕事の一つです。募集が多い分だけ採用もされやすく給料も比較的に高いので注目の業界です。大学の文学部を卒業しているとしても、自己アピール次第で採用してもらえる可能性はあります。

SEの仕事は、少し前はSE35歳定年説というのがありました。これは、SEの仕事は厳しく体力的にもハードなため、35歳を過ぎると厳しくなることと、IT技術は常に新しく変化しているため、常に新しいことを学ばないとならないので、35歳を過ぎると記憶力もおちてくるため、ついていけなくなるという考えから来ていました。

当然、これは誰もに当てはまるわけではなく、新しい技術を常に勉強していけば10年後も十分活躍できる業界です。そして新しい技術を覚えて行けばいくほど、収入にも反映してくるので、努力次第で稼げる仕事と言えます。
転職を考えてみる

大手不動産デベロッパーは間違いなし

不動産デベロッパーは不動産開発業で、土地を取得して建物を建ててから、建物ができるまでの様々な手配を行うのが主な仕事内容です。また、事業プランを立てたり、マンションやビルの開発を行ったりと仕事内容は幅広く、やりがいのある仕事です。

三菱地所や三井不動産などの大手不動産デベロッパーの平均年収は非常に高く平均で1000万円を超えたりと、不動産系のアナリストは年収ランキングでも上位に位置しています。いわゆる儲かる仕事の一つであると考えていいでしょう。

不動産デベロッパーになるためには、国家試験である宅地建物取引士資格が必要です。こちらの資格がなくても採用は可能ですが、不動産業界に入社するならいずれは取得が必要になる資格ですので、興味のある人は、就職活動前に資格をとっていれば大きなアピールポイントとなります。
転職を考えてみる

一般知名度は低いけれど儲かるのはM&A企業

M&Aは英語で(Mergers and Acquisitions)のことを言い、企業の合併や買収のことを意味します。経営を続けるために、また更に利益を得るためにいくつかの企業が統合し、一つになることは日本でもよくあることです。

このM&Aの仲介をするコンサルティング企業があります。一般的には知名度が低く、知らない人も多いと思いますが、これらの企業の年収はどこも高いので、儲かる仕事と言えます。

コンサルタントは、会社を統合したいのであればクライアントの条件に合う会社を検索して、条件を交渉したら契約するのが主な仕事です。民間資格か国家資格を保持することで専門家として認められることが多いため、資格取得が求められる仕事です。

M&Aの仲介コンサルティング企業に興味のある人は、どんどん必要な資格のために勉強していきましょう。
転職を考えてみる

儲かる仕事をするためにできること

儲かる仕事を見つけたい、なるべく高い収入が欲しいと願うことはよくあります。しかし、実際にどうしたらいいのかわからず動けないこともあるのではないでしょうか。こちらでは、儲かる仕事をするためにできることをいくつかご紹介します。

業界研究をして将来性のある右肩上がりの企業を探す

本気で稼げる仕事を見つけたいなら、自分が採用される可能性のある業界で将来性のある企業を探してみることです。成功していて今後も伸びて行きそうな企業を片っ端から探していきましょう。

この場合、新卒ならまだ専門分野が決まっていないため採用の可能性は高くなります。中途採用でも自分の経験やスキルが活かせそうな求人情報を徹底的にチェックして将来的に稼げる企業に挑戦してみることが一つの方法です。

就職・転職を考えたらすぐにリサーチを始め、ターゲットとする企業を絞っておきましょう。中途採用は新卒よりも厳しいですが、業界が異なっても、今までの経験が思わぬことろで活かせることもよくあります。

せっかく転職するなら希望の企業へ転職したいものです。すぐに稼げる企業へ転職するのは難しいこともありますが、その場合将来的に長い目でみて時間をかけて挑戦していってもいいかもしれません。転職に必要となるスキルや資格があれば、すぐに勉強に取り掛かりましょう。

企業研究にはキャリコネを活用しよう

キャリコネは、62万社以上の企業について、社員の赤裸々な口コミが見られる情報サイト。残業時間から有給消化率、社風や人間関係などリアルな社内情報まで、転職前に知っておきたい情報が満載です。さらに、面接で聞かれる内容についても口コミがあり、これからその企業に応募したいと思っているならぜひチェックしておきたいところ。キャリコネのサイトを通して、大手転職サイトの求人情報を横断検索することもできます。

自分の経歴を見直す

稼げる仕事に転職したいと思うのなら、まず今までの自分の経歴を見直してみることから始めてもいいのではないでしょうか。最後に履歴書や職務経歴書を更新したのはいつでしょうか?その時点から現在まで、様々な経験をしたり、業績を上げたりはしていませんか?

まずは、自分の履歴書と職務経歴書を見直し、より魅力的になるように手直ししてみましょう。最後に履歴書を作成した時点にはなかったスキルを現在は持っているなどの、自分の経歴についての新しい発見があるかもしれません。

見直すことで、逆に自分はどのような点が転職成功において欠けているかも見えてきます。そのまめ、転職を成功させるために今自分は何をすべきかが見えてくるはずです。自分に必要な要素と自分の価値を把握することは稼げる仕事への転職成功への第一歩となります。
転職を考えてみる

儲かる仕事専門の転職エージェントを利用する

儲かる仕事への転職を考えた時に、転職エージェントを利用する方法があります。求職者の多くは、転職エージェントを利用し転職活動をしています。しかし、実際に転職エージェントを探そうとしても、現在転職エージェントは、一つの業界に特化して求人を扱うエージェントもあれば、紹介を問わず求人紹介しているエージェントもあるため、どのエージェントで転職を進めようかと迷いがちです。

儲かる仕事を優先にして転職を考えるなら、同じ転職エージェントでも高年収・ハイクラス求人に特化している専門のエージェントを探した方がいいでしょう。ハイクラスの求人を扱っているエージェントは、マネージャークラス以上の求人を多数扱ってます。

高収入・ハイクラス求人に特化している専門のエージェントでも多少の違いがあるので、いくつかを比較して自分の希望や条件に合う仕事を多く抱えているエージェントを選んで利用するようにしましょう。
転職を考えてみる

努力はまだ間に合う

儲かる仕事を挙げてきましたが、中には資格が必要となる職業も少なくありません。難関となる国家試験の勉強も大変だし、試験に同格するまでも時間がかかってしまって無理だとあきらめることもあるでしょう。

しかし、2年、3年かかっても長い将来のキャリアを考えれば決して遅くないのではないでしょういか?逆に、その数年の努力で今後のあなたのキャリア人生を大きく変えることになります。つまり数年必死で頑張れば、その後は現在の倍の年収をもらうことも可能だということです。

そのように考えれば今から資格に必要な勉強を始めても遅くはないと考えられませんか?確かに、正社員で働いていれば資格のために勉強できる時間は少ないかもしれません。しかし、少しずつ自分のできる範囲で勉強を進めて行き、一つ一つ試験に合格して資格をとっていき夢を叶える人も多くいます。

あなたの努力次第で、稼げる仕事への転職も可能になり、起業することも可能になります。まずは、諦めずに具体的に夢に向かって進んでいきましょう。
転職を考えてみる

才能を生かしたいなら惜しまずアピール

芸能系やクリエイティブ系を目指して、高収入を目指しているなら、自分の才能を売る努力をしないとなりません。芸能界で成功したいのなら、ちょくちょくオーディションを受けたりインターネットを利用して自分の才能や夢をアピールしたりと、とにかく一人でも多くの人の目にとまることを考えましょう。

また、イラストレーターやアクセサリーや雑貨を作るものづくりの趣味を仕事にしたいなら、インターネットを利用して自分の作品を公開したり販売したりする方法を考えましょう。いくら才能があり、素敵な作品を作っていても、誰にも見せないのでは仕事になりません。ブログやインスタグラム・ツイッターなどを利用して、どんどん自分の作品を公開してフリマで販売し始めてはいかがでしょうか?

芸能界やクリエイティブ系の仕事は、多くの人にまずあなたの作品を知ってもらうことから始まるため、仕事としてお金を稼げるまでに時間がかかる場合もあります。しかし、将来的に自分の好きなことで稼げるようになるなら、多少の時間がかかっても挑戦してみる価値はあるのではないでしょうか。
転職を考えてみる

勝算があるなら起業を

起業も収入を増やす一つの方法です。リスクがあるため起業したいと思っていても、いざ会社を辞めて起業するのは相当の決断と勇気がいるため簡単には決められません。

しかし、自分の経歴やスキルを考えた時に起業してもうまくいくという見込みがあるのであれば、勇気をだして始めてみることもできます。法人で事業を始めるのは手続きが複雑ですが、個人事業主なら手続きは簡単で、想像しているよりもすぐに始められるでしょう。

また、メリットやデメリットもあるものの株式会社も意外と作りやすいものです。悩むよりもまずは、起業するための流れを調べて現実的に考えてみることです。調べてみると、意外とそこまで大変ではないと分かるかもしれません。

人生においての挑戦や変化は誰にとっても大変なものです。しかし、成功した時にかえってくるものを考えたら勇気をだして一歩踏みだしてみたらキャリアの夢が叶うかもしれません。

日頃の人脈づくりから思わぬ仕事のチャンスがある

仕事のチャンスはいつどのような形でやって来るかわからないものです。このような良いチャンスを増やすためには日頃から人の集まる場所に行くなど多くの人との交流の場を設けることです。

人脈づくりは業種交流会から趣味のオフ会まで、とにかく新しい人と交流できる場所には常に参加するようにしておくと、意外なところから良いオファーが来ることもあります。

社交的でない人や、人との付き合いが苦手な人、面倒な人には、このような努力は少し辛いかもしれません。しかし、人脈づくりをして知り合いを増やして損することは決してありません。

自分のキャリアにおいて必要なことと思えば、多少の努力をしてもいいかししれません。人に誘われたら参加するようにするなど、付き合いを断らないことから始めるだけでも、徐々に人脈は広がって行きます。

これからの時代を見すえて儲かる仕事に踏み出そう

これからの時代は学歴に関わらずチャレンジ精神のある人が生き残っていく時代です。これから儲かる仕事を見つけたいと思っている人は、まずは勇気をだして目標に向かってチャレンジすることが大切です。

個性が大切にされて、どれだけのスキルやコミュニケーション能力を持っているかで左右されたりもするでしょう。今後起業を考えている人や、儲かる仕事に転職を考えている人は、常に自分のスキルを磨きコミュニケーション能力を高めて行くことが大切です。また、人脈を広げていくこともできるだけ努力してきましょう。

新卒であれば、儲かる仕事に就くのは中途採用よりもはるかに可能性が高いです。企業調べや資格取得なども考慮し時間を持って就職活動にとりくむといいでしょう。
転職を考えてみる

適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧