1. HOME
  2. 転職する方法を探す
  3. やりたい仕事を探す
  4. 一人でできる仕事
  5. 女性一人でできる仕事とは?フリーランス・社員別の仕事21選

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

一人でできる仕事

女性一人でできる仕事とは?フリーランス・社員別の仕事21選

一人で黙々とできる仕事をしたい女性は多い

出会いの多い華やかな仕事に憧れる女性が多い一方で、一人で黙々とできる仕事を希望する女性も多くいます。そのような仕事を望む女性には、「他人との会話が少し苦手」「自分の世界に没頭したい」「家庭の事情で自宅で働かないといけない」などの様々な理由があると思います。そこで今回は、フリーランスから会社員までを範囲とし、女性一人でもできる仕事について説明していきます。

一人でできる仕事のメリット・デメリット

やはり、一人でできる仕事のメリットは他人と必要以上の「会話をしなくても良い」や、「自分のペースで仕事ができる」「好きなことに没頭できる」などのメリットが挙げられます。その一方で、次のようなデメリットも。「孤独を感じる」や、時間管理をしなくてはいけないため「怠けがちになる」、また「視野が狭くなる」などです。それでは一つ一つ見ていきましょう。

会話をしなくても良い

会社員であってもフリーランスであっても、一人でできる仕事のメリットは、「必要以上の会話を他人としなくても良い」という点が挙げられます。仲の良い人とのおしゃべりは楽しく会話も弾みますが、職場では必要以上の会話をしたくないこともあります。

もちろん、スムーズに仕事を進めるためには最低限のコミュニケーションが必要ですが、こういった状況を避けられる仕事もあります。

自分のペースで仕事ができる

周囲にほかの人がいないので話しかけられることもなく、また自己完結型の仕事であれば、完全に自分のペースで仕事ができるのもメリットです。調子が良ければ早く仕事を終わらせることもできますし、反対に悪ければ無理をする必要がありません。

在宅可能なフリーランスであれば尚、この傾向が強まります。極端に言えば、日中は遊んで夜に仕事をすることもできるのです。

好きなことに没頭できる

必要以上の会話をしなくても良く、そして、自分のペースで仕事ができることで生み出される最大のメリットは、「好きなことに没頭できる」という点です。

もちろん仕事の好き嫌いはあるかもしれませんが、極端に嫌いな仕事には就いていないでしょうから、神経を集中して“業績”を上げることができます。また、込み入った作業であれば、上司や取引先からの信頼を得やすくなります。

ふとしたときに孤独を感じる

メリットがある一方でデメリットもあります。他人との余計な会話をする必要がないということは、「孤独を感じる」こともあるということです。

他人との関係において、意味のある会話ではなくても、ちょっとしたコミュニケーションで気持ちが救われることもあるのではないでしょうか。一人で仕事をするのが好きな人でも、まったくの孤独には耐えられないはずです。

怠けがちになる

一人で仕事をするということは、時間管理をすべて自分で行わなければいけないということです。周囲に上司や同僚がいれば、直接的・間接的に“管理”(=監視)されているため、「迷惑を掛けないように早くしよう」との意識が強くなると言えます。

しかし一人でできる仕事の場合は、物理的にも心理的にも自律する必要があります。そのためつい自分に甘くなり、怠けがちになるのは否めません。

責任を取らなければいけない

一人で仕事をするということは、ある程度の裁量も任されているということです。フリーランスであれば、全責任を取るというデメリットがあります。社員の場合は、最終的には会社の責任になりますが、やはり現場を任されているということは相応の責任を取らなければいけません。

病気やケガのリスクもあります。自由と責任の重さは紙一重なのです。一人仕事にはリスクが伴うことも肝に銘じておきましょう。

視野が狭くなる

自分の好きなことに集中して仕事ができるというメリットの反面、「視野が狭くなる」というデメリットが挙げられます。他人がいれば何気ないやり取りもヒントになり、すてきな発想やアイデアが浮かんでくるかもしれません。

しかし一人で仕事をする場合は、他人との交流がないため視野が狭くなり、インスピレーションが生まれる機会はぐっと低くなってしまいます

女性に人気の在宅・フリーランスでできる仕事

それではここから具体的に、女性が一人でできる仕事をご紹介していきます。やはり一人でできる仕事の場合は、在宅でも可能なフリーランスのほうが多いようです。

もちろんパソコンがあれば在宅でなくても、仕事をする場所は選びません。パソコンがあることで、女性一人でもできる仕事の幅がかなり増えています。細かく見ていきましょう。

インターネットが情報源のWebライター

やはり真っ先に挙げられるのは、パソコンとインターネット環境があれば、どこででも仕事ができるWebライターです。

ほとんどのWebライターは取材には出かけずにインターネットを情報源にしているため、他人との接触を必要最低限で済ますことができます。場合によってはメールだけのやり取りで済むので、ストレスフリーと言えます。調べものが好きで、文章を書くのが好きな人に向いています。

想像力を生かせるイラストレーター

イラストレーターも、パソコンがあれば場所を選ばない仕事です。しかし文章とは違って、風景や人物などの“題材”、そして“刺激”が必要になるため、必要最低限の取材は必要となります。

ただし、自分の想像力と絵を描くスキルがあれば良く、やはり他人との接触はクライアントとのやり取りだけで済ませることができます。もちろん絵を描くこと、そして自己表現をするのが好きな人に向いています。

デザイン力が問われるWebデザイナー

Webデザイナーも、ライターやイラストレーターと同じように、パソコンがあればどこでも作業ができる仕事です。クライアントとのやり取りに配慮しさえすれば、自分の世界に没頭して打ち込むことができます。

ただし、イラストレーターとは違い、自分の世界観を表現することよりもクライアントの意向に沿うことが前提となります。デザイン力の引き出しが多い人が重宝がられます。

正確さが求められるデータ入力・文字起こし

商品や住所録などのデータ入力と文字起こしの仕事は、Webライターとは違って決められた情報源があるため、比較的楽に仕事をすることができます。

ほかのパソコン仕事も同じですが、最大の注意点は打ち間違いを無くすこと、聞き間違いを無くするように努めること。いわゆるタイピング作業ですが、一人で没頭して仕事に打ち込めます

好きなテーマを発信できるブロガー

ブロガーはWebライターと似ていますが、クライアントの意向に沿う必要があるライターを始め、デザイナーやイラストレーターとは状況が異なります。

好きなテーマで発表することができる自分のブログに対して、広告収入が得られるのです。さらに、ブログにリンクを貼った商品が売れると、アフィリエイトという売り上げ手数料も収入になります。完全に一人でできる仕事です。

個人で中古品を売買する“せどり”

メルカリやヤフーオークションなどに代表されるように、個人でも中古品の売買を行えるのが「せどり」という仕組みです。

インターネットの専用サイトを活用して、簡単に商品の仕入れや出品・売買を行うことができます。商品の良さを見極める目利き力が必要ですが、こちらも完全に一人でできる仕事です。モノが好きな女性に向いています。

個人“商店”のネットショップ

せどりと同様に、ネットショップも商品を個人で売買できる仕事です。せどりと違う点は、サイト上に自分の“商店”を開き、あらゆるモノを販売することができる点です。

海外旅行で仕入れてきた雑貨を始め、ハンドメイドの小物などを販売することもできます。近頃は、STORESやBASEなどといったインターネット初心者でも手軽に開設できるサービスもあります。

手作り品のハンドメイド作家

ハンドメイド作家は直接のパソコン仕事ではありませんが、手作り物が大好きな女性に大人気の仕事です。フェルトや布物などの手芸、ガラスや彫金などによるアクセサリーなど、様々なハンドメイド作品が流通しています。

もちろんインターネットで売買できるため、他人との接触もありませんし、趣味を生かして一人でできる仕事です。

ほのぼの系のユーチューバー

ユーチューバーは、ユーチューブなどで動画を配信して広告収入を得る仕事です。こちらも完全に一人でできる仕事です。最近は、自分で飼っている柴犬や猫の日常を映した動画に人気が集まっています。

女性の場合は、男性が好む衝撃的な動画よりも、こういった動物を対象にしたほのぼの系がおすすめです。また、料理やDIYの方法についても人気があります。

腕一本で勝負する出張料理人

出張料理人とは、個人宅で家人に代わってお料理を作る仕事です。限られた食材の中から、栄養があり、見栄えの良い料理を作らなければなりません。料理のレパートリーが豊富でないと務まりません。

しかし、自分の腕一本で黙々と取り組める仕事のため、料理好きの女性の間で人気が高まっている仕事です。社員雇用ではなく、派遣会社への登録という雇用形態が一般的です。

社内でのコミュニケーションが少ない仕事

「ノマドワーカー」という言葉もあるように、最近はフリーランスに限らず会社で仕事をする必要性が薄れてきました。無理にコミュニケーションを取る必要がなく、気楽と言えます。

しかし、普及するにはもう少し時間がかかりそうです。そこで既存の、会社員で女性一人でできる仕事について詳しく説明していきます。

配送業のトラックドライバー

自動車の中型・大型免許が必要なトラックドライバーも、かつては男性向けの仕事でしたが、最近は多くの女性が活躍しています。会社への報告・連絡・相談以外は一人で仕事ができるため、他人とのコミュニケーションが苦手な人にとっては非常に気楽です。

運転中は安全に配慮しながら好きな音楽を聴くこともできます。自動車免許がない人は、自転車などによるバイク便もおすすめです。

食品などの製造加工作業員

工場のライン仕事は、ベルトコンベアの上を流れてくる製品に対して一つ一つ部品を付けていく仕事です。少し気を抜くとすぐに次の製品が流れてくるため、仕事中なので当然ですが、おしゃべりをしている暇はありません

企業によって異なりますが、1時間に5分程度の休憩、そして1時間の昼食以外は黙々と集中して一人で没頭できる仕事と言えます。

縫製作業や絵付け作業の工員

パーツごとに役割分担が決められている洋服やカバンなどの縫製作業、そして陶器などの絵付け作業も、黙々と一人でできる仕事です。職人的なスキルが求められ、長い経験を積んで熟練工となっていきます。

やはり、1時間に5分程度の休憩と昼食時間以外は、自分の仕事に集中して取り組めます。モノ作りが好きな人に向いています。

農業生産法人の職員

農業は個人経営者が多いのですが、15年ほど前から数軒の農家による生産法人も増え、正社員としての雇用も増えています。

商品は農産物のため、自然の力を感じながら、一人で黙々と農産物の栽培や収穫をすることができます。製造加工や縫製作業の工員と同じように、休憩時間はスタッフ同士のコミュニケーションがありますが、苦手であれば決して無理する必要はありません。

健康維持を手伝うリラクゼーション系

国家資格が必要な柔道整復師を始め、整体師やリラクゼーションなどの施術作業も、ほとんど黙々と一人でできる仕事と言えます。

利用者は、痛い部分などの自分の身体に集中しているので、施術を行うスタッフは必要最低限の声掛けで済みます。利用者の反応をうかがいながらマッサージやリラクゼーションに集中できます。

家をきれいにするハウスキーピング

ハウスキーピングは、個人のお宅にうかがって掃除をする仕事です。数人でチームを組んで作業を行います。

しかし、お客様の家なので社員同士での会話は必要最低限で良く、黙々と自分の仕事に専念できることから、一人でできる仕事と言えます。ガスレンジ周りやレンジフード、トイレや洗面所などをきれいにするスキルは、自分の家でも活用できます。

自分の持つ技術を活かしてできる仕事

社員で、そして女性一人でできる仕事は多くあります。これまでは男性向けの仕事とされてきた職種でも、多くの女性が活躍しています。

しかし、自分の特別な技術や才能を生かせる仕事はそれほど多くはありません。黙々と取り組む作業のため、どちらかと言えば職人的な仕事が多いようです。それでは細かく説明していきます。

パソコン開発のエンジニア・プログラマー

エンジニアはソフト開発をする仕事で、プログラマーはシステムエンジニアが作成した仕様書をもとにプログラムコードを記述する仕事。共にパソコン好き男性に人気の職種ですが、最近は女性も活躍しています。

打ち合わせが終われば、社内で黙々と一人でできる仕事です。在宅プログラマーも増えつつあります。データーベースやコンピュータ言語の知識が必要なため、高度なスキルが求められます。

図面作成のCADオペレーター

建築や機械、電気回路などの図面をCADソフトというツールを使って作成する仕事です。こちらも男性に人気のある職種ですが、最近はやはり建築が好きな女性も活躍しています。

建築CAD検定やCAD利用技術者などの資格が必要で、高度なスキルが求められます。一人でコツコツと図面作成に打ち込めます。会社で実績を積んだ後、独立をする人も多くいうようです。

健康を支える歯科技工士

歯科技工士とは、歯科医師が作成した指示書に沿って、義歯や歯への詰め物などの製作と加工を行う医療系の技術職です。

地味な仕事に見えますが、歯は健康を支えるもののため、非常に重要な職業です。そのため国家資格となります。現在は歯への審美性が意識されており、美的センスが必要とされています。女性のきめ細やかさが生かせる仕事です。

洋服をデザインする服飾デザイナー

コシノジュンコさんやイッセイミヤケさんのように服飾デザイナーは、自分のインスピレーションとスキルを頼りに黙々と一人でできる仕事と言えます。

もちろんアシスタントやパタンナーへの配慮は必要ですが、服飾デザイナーは“先生”と呼ばれるように、他の人にはない感性がすべての仕事です。服飾デザイナーにとってのスキルは、縫製技術はもちろんですが、感性以外の何物でもありません。

ストーリーテラーの小説家・漫画家

小説家や漫画家も、取材後は黙々と取り組めることから自分一人でできる仕事です。しかし漫画家の場合はアシスタント、つまり部下を雇っていることが多く、部下に対する配慮が必要です。

どちらの職業も、素晴らしいストーリーを生み出すインスピレーション=“技術”が必要です。生みの苦しみは想像を絶しますが、一人で取り組んでこそ良い仕事ができるのです。

一人でできる仕事はたくさんある

女性でも一人できる仕事は、意外にたくさんあります。しかし「特別な技術が必要ない仕事」あるいは「特別な技術や国家資格やが必要な仕事」、また、芸術的センスや文章力などの「独特の感性が求められる仕事」に細分化されます。

「自分には一人でできる仕事のほうが向いている」と思う人は、さらに絞り込んで、自分の適職を見つけてください。

ランキング

記事一覧