1. HOME
  2. 転職する方法を探す
  3. やりたい仕事を探す
  4. 一人でできる仕事にはどんな職業がある?自分に合う仕事を選ぼう
やりたい仕事を探す

一人でできる仕事にはどんな職業がある?自分に合う仕事を選ぼう

気楽そう?誰でも就ける?一人でできる仕事とは

人と関わる仕事に就いていると、人間関係が煩わしくなったり苦手な人がいたりすることもあるでしょう。そのような状況でストレスがたまると、一人でできる仕事をしてみたいと考えるようになります。

一人でできる仕事には様々な職業があります。未経験でも大丈夫なものもあれば、しっかり勉強して知識を身につけないといけないものもあります。この記事では、一人でできる仕事の具体例を紹介していきます。

一人でできる仕事にはさまざまな種類がある

一人でできる仕事には様々なものがあります。そのため、その中から自分の性格や特技に合う仕事を選ぶことが重要になってきます。自分に合わない仕事だと余計ストレスを抱えることになってしまうので注意が必要です。

この章のポイント

自分に合う仕事をきちんと見極めましょう。そのためには、一人でできる仕事の特徴を覚えておくことが大切です。自分にできるかどうかイメージしてみてください。

集中して仕事に取り組める

一人で仕事をしていると、誰かに邪魔をされたり緊急会議などで仕事を中断しなくてはならなかったりすることはありません。また、他の人と作業ペースを合わせる必要がないので、自分のペースで仕事を進めることができます。

一人でできる仕事は、他の人のせいで作業をストップするというストレスから解放されます。仕事の納期を守らなければなりませんが、納期内に完成しさえすれば、マイペースに取り組むことができます。

会話不要で人と接するのが苦手でも安心

人見知りが激しかったり人と接するのは極端に苦手だったりする人もいるでしょう。一人でできる仕事は他の人とコミュニケーションをとる必要はないので、そのような人でも安心して続けることができます。

会話が不要な仕事は、上司や先輩に質問しなくても大丈夫な単純作業のものが多いです。マニュアルややり方さえ覚えてしまえばOKです。もし、わからないことがあればマニュアルを見返すことで解決できます。

人に見られないので気楽にできる

上司や先輩の監督の下で仕事をしていると、緊張してしまって息が詰まることがあります。一人でできる仕事は誰かに監視されることなく取り組むことができるので、常にリラックスして働くことができます。

ただし、人に見られていないから何をしても良いというわけではありません。最低限のルールを守る必要はありますが、基本的には自由です。特に、在宅ワークの場合は家事の合間や音楽を聴きながらでもすることができます。

人の指図を受けず自分で判断できる

個人の裁量権があまり認められていない会社は、もっと自由に仕事をしたい人にとっては苦痛になります。仕事の効率を改善する提案をしても、裁量権が無いと却下されてストレスを感じてしまいます。

一人でできる仕事の中には、自分の意思だけで様々なことを決定することができるものもあります。ただし、そのような仕事は責任も大きくなります。きちんと勉強して正しく物事を進める必要があります。

一人でマイペースで集中できる仕事

一人でできる仕事だと、自分のペースで誰にも邪魔されずに集中して働くことができます。マイペ-スに進められるので、急かされたり誰かのせいで中断させられたりすることがありません。かなりストレスが軽減されるでしょう。

この章のポイント

仕事のペース配分を自分で管理しなければなりません。そのため、計画的に納期までに仕事を終わらせることができるスキルが求められます。

プログラマー

プログラマーはパソコンさえあれば一人で仕事をすることができます。誰かに教えてもらったり助けてもらったりしなくても一人で作業を完了させられるようになると、特に集中できる環境で働けるようになります。

ただし、未熟なプログラマーは先輩の指導を受ける必要があるので、完全に一人で仕事ができるわけではありません。優秀になればなるほど、マイペースで集中して仕事をすることができます。

ものづくりの職人

陶芸家や器の作家など、ものづくりをする職人は一人で仕事をすることになります。職人は技を極めなければならないので、修業期間が長くなります。独り立ちできれば、一人で黙々と作業をする環境になります。

職人となると、陶芸や刀などの伝統工芸を思い浮かべる人が多いでしょう。伝統工芸の職人以外にも、靴職人や内装工事には欠かせないクロス職人などがあります。どの職人も高い技術が必要とされます。

作詞・作曲家

かなりクリエイティブで才能が求められる職業ではありますが、作詞家や作曲家はマイペースに仕事を進めることができます。努力や勉強も大切ですが、新たな発想を求められる仕事です。

作詞家や作曲家はレコード会社に所属している人もいれば、フリーランスで活躍している人もいます。レコード会社に所属した方が、安定を手に入れることができます。

イラストレーター

イラストレーターも一人で黙々と仕事をこなしていく職業です。かつては手描きでしたが、近年は専用のソフトやアプリを使ってパソコン上で描くのが主流になっています。

イラストの対象は様々です。ゲームのキャラクターやポスター、雑誌など、様々なところに需要があります。依頼者の要望をイメージしながら、それを可視化してイラストにしていきます。パソコンの技術も必要ですが、クリエイティブな能力も必要になります。

映像クリエイター

動画を作成したり編集したりする仕事は、自分のペースで集中して行うことができます。近年は、自分で動画を撮影・編集して投稿するyoutuberが話題になっていますが、依頼者からの依頼を受けて映像を作成する仕事もあります。

知識と技術を身につければ、会社のPR映像や商品の紹介映像、映画など幅広い分野に携わることができます。フリーランスで活躍することもできますし、正社員を募集している会社もあります。

グッズの作成・販売

自分でアクセサリーや雑貨などの小物を作成しそれをネットで販売するという仕事であれば、完全に一人で行うことができます。ノルマも無いので、自分の好きな時間に自分のペースで作業することができます。

スマートフォンが普及したことによって多くの人がネットで売買をするようになりました。フリマアプリはどの年代にも身近なものになっています。そのため、ハンドメイドグッズの販売をする人が増えてきています。

UberEatsなどのデリバリースタッフ

近年、UberEatsという料理のデリバリーサービスが普及して話題になっています。デリバリースタッフはお店から注文者のところまで料理を運ぶだけなので、一人で仕事をすることになります。

デリバリースタッフとして専属で働いている人もいますが、多くの人は副業として取り入れています。会社終わりや休日に気軽に働けますし、安全運転で目的地を目指すだけなので人気が出ています。

人と話さなくていい仕事

人と話すのが極端に苦手だったり、人間関係でトラウマがあったりする場合はできるだけ人と関わらなくて良い仕事を選びたいでしょう。人と話さなくても良い仕事は単純作業のものが多いので、コツコツ頑張ることが大切です。

この章のポイント

単純作業が苦にならない人は、人と話さなくていい仕事に向いていると言えます。ただし、飽き性の人には苦痛になる可能性が高いです。

ホテルやビルの清掃

ホテルやビルの清掃業務は、人と話す必要がありません。マニュアルに沿って仕事を進めれば良いので、分からないことがあってもマニュアルを確認すれば解決することができます。

清掃業務は体力が必要ですし、汚れが酷いことも考えられるので敬遠されがちです。しかし、きれいになればやりがいを感じられますし、ホテルやビルを使っている人から感謝される仕事です。

メーターの検針業務

電気や水道などのメーターを検針し、その検針結果をポストに入れる作業です。各家庭を訪問することになりますが、メーターは外に設置されているので人と話す必要はありません。

検針する家庭は、一軒家からマンションまで様々です。慣れれば素早く仕事をこなすことができます。単純作業なので難しいことはありませんが、常に屋外での作業になるので季節によっては辛いこともあります。

単純作業の工場

工場には様々な種類のものがありますが、食品などの製造工場はずっと同じ作業をする単純作業をすることになります。このような工場では、仕事を教えられた後はマニュアル通りに仕事を進めていけばOKです。

単純作業は飽きてしまうこともありますが、その中でやりがいを見つけて頑張ることが必要になります。例えば、効率・正確さ・スピードなど、より高いレベルの仕事ができるように目標を立てるのがおすすめです。

新聞配達

新聞配達は人と話す必要はありません。朝刊の場合は朝が早いので、あまり人とすれ違うこともないでしょう。

夕刊の場合は町の人と顔を合わせることになりますが、あいさつされたら返すぐらいのコミュニケーションで充分です。自分から何かを話す必要はありません。

新聞配達はかなり体力が必要な仕事です。休みが無かったり台風が来ても仕事をしなければならなかったり、過酷な部分があります。

ポスティング

マンションや一軒家のポストにチラシを入れる仕事は、人と関わることがありません。指示された地域のポストにひたすらチラシを配るだけです。空いた時間に取り組むことができますし、適度な運動にもなります。

チラシの種類はデリバリーメニューや不動産の案内など、様々です。報酬は時給ではなく何枚配ったかによるので、素早く移動してポストに入れることが必要になります。そのため、体力のある人に向いていると言えます。

機械の整備・修理

人を相手にする仕事ではなく機械を相手にする仕事であれば、人と話す機会を最小限におさえることができます。機械の整備や修理をする仕事であれば、作業中は人と話す必要はありません。

機械の整備や修理と聞くと、とても難しそうに感じるかもしれません。しかし、中にはマニュアルに沿ってこなせば良いとい仕事もあります。そのような仕事であれば、研修を受けた後は人と話す機会が一気に減ります。

商品の梱包作業

ネット通販で売れたものを梱包して発送する作業は、人と話さずに進めることができます。近年、ネットで買い物をする人が急増しています。そのため、このような仕事が増えてきています。

単純作業なので飽き性の人には向いていません。また、きれいに梱包する必要があるので、大雑把な性格の人も向いていないと言えるでしょう。丁寧に商品を扱ってきれいに梱包する力が必要になります。

郵便物の仕分け

集荷されてきた郵便物を住所区分ごとに分けていく仕事です。単純作業ではありますが、ミスは許されません。慣れてくれば素早く仕分けることができますが、最初は間違えないようにゆっくりと作業するのがおすすめです。

素早く仕分けられるようになると、上達してきた証拠です。この仕事では目に見えて上達が分かるのがポイントです。日々の成長を実感できるので、やりがいや満足感を得やすい仕事だと言えます。

人に見られないので気楽な仕事

常に人に監視されていると働きにくいと感じることもあるでしょう。全くリラックスできない環境での仕事は、ストレスを抱えてしまいます。そのようなことで悩んでいるのであれば、人に見られることなく気楽にできる仕事がおすすめです。

この章のポイント

人に見られないのは気楽で良いですが、管理できるのは自分だけになります。さぼったり計画通りに仕事が進まなかったりしないように注意する必要があります。

長距離トラックの運転

長距離トラックの運転は、長時間一人になります。運転中は人に見られることは無いので、リラックスして仕事をすることができます。好きな音楽を聴くのもOKです。

ただし、休憩時間や眠気は自分で管理しなければなりません。予定通りに進んでいないからと言って休憩なしで運転を続けると、事故につながってしまいます。必ず休憩をはさみながら、無理をしないことが大切です。

人がいない場所の警備

夜間のビルやマンションの警備は、人に見られることなく働くことができます。基本的には一人なので、トラブルが起こったら適切に対処する能力が求められます。そのため、人がいない場所を警備する仕事は冷静に考えて行動できる人に向いています。

パニックになったり焦ってしまったりする人は、複数人で警備する場所の方が良いでしょう。また、安全を考慮した上で女性は就けないこともあります。

介護施設・病院などでの宿直や夜勤

介護施設や病院などでは、担当の人が泊まり込みで見回りを行ったり急病人に対応したりする必要があります。

一人だけではなく少人数で宿直することになりますが、他の人が仮眠を取っているタイミングや見回りを行っているときは、一人になることができます。

宿直や夜勤は介護士または看護師が担当することになります。専門の資格が必要なので、誰でもできるわけではありません。

データ入力

データ入力の仕事は、在宅でできるものもあればオフィスでするものもあります。在宅の場合は完全に自分一人なので、人に見られることなく気楽に働くことができます。

オフィスで作業する場合も、基本的には上司に監視されることはありません。完全に一人ではありませんが、わからないことを質問できるというメリットがあります。質問がなければ、誰かに見られることなく作業ができます。

コピーライター

コピーライターは、商品などのキャッチコピーを考える仕事です。そのため、コピーを考えているときは誰かに見られることなく集中して行うことができます。

ただし、依頼者と打ち合わせをする必要があるので、コピーを考えるタイミング以外は誰かと一緒に仕事をすることになります。コピーライター完全には一人でする仕事ではありません。むしろ、打ち合わせや市場調査などが重要になってきます。

翻訳

書籍などの翻訳であれば、人に見られることなくリラックスして仕事をすることができます。翻訳業務は自宅ですることも可能な場合があります。そうなれば、さらに気楽に働けるでしょう。

オフィスで働く場合も、翻訳作業に徹することができます。進捗状況の確認はあるかもしれませんが、ずっと自分一人で作業をすることになります。そのため、業務に集中して取り組むことが可能です。不必要に口を出されることはありません。

WEBデザイナー

インターネットの普及により、WEBデザイナーの需要が高まっています。WEBデザイナーは依頼人の要望に応じて、見やすくて分かりやすいWEBサイトを作る必要があります。資格は必要ありませんが、パソコンスキルに長けておく必要があります。

依頼人の要望や作りたいものが把握できれば、あとは一人での仕事になります。依頼人への質問や確認はメールや電話で済むので、他の人に干渉されることなく集中して仕事をすることができます。

記事の執筆や編集

ネット記事や雑誌記事などはフリーランスのライターが書いていることもあります。フリーランスなので、自宅や静かなカフェなど好きな場所で仕事をすることができます。

人がいない場所で仕事ができて気楽ですが、締め切りなどの管理を徹底して行う必要があります。また、取材が必要な記事を書く場合は、聞き上手で相手の話を引き出せる能力を持った人に向いています。

デザイナー

洋服や靴などのデザイナーは完全に一人で仕事をすることになります。仕事部屋だけではなく、いつアイデアを思いついても良いように常にノートとペンを持ち歩いている人もいます。

洋服や靴などのファッションだけではなく、インテリアやデザイナーやゲームデザイナーなど、デザイナーの仕事は幅が広いです。何をデザインするにしても、分かりやすい絵を描く能力やパソコンスキル、センスが求められます。

アプリの開発

スマートフォンが普及してから、アプリは欠かせないものになってきました。アプリの種類は多岐にわたり、暮らしを豊かで便利なものにしています。そのアプリを開発する仕事は人に見られず気楽に行うことができます。

会社に所属する場合もありますが、能力次第で自分でアプリを開発することもできます。個人でアプリを開発する場合は自宅でできるので、リラックスできてアイデアが浮かびやすいと言えます。

人の指図を受けなくていい仕事

上司や先輩が言うことには必ず従わなければならなかったり、個人に裁量権が全く与えられていなかったりすることにストレスを感じることがあるでしょう。その場合は自分で自由に仕事ができる環境を作りましょう。

この章のポイント

個人の裁量権が大きかったり、自由に仕事ができたりするのは素晴らしいこともあります。しかし、そのような仕事は責任も大きくなるので、知識や経験が必要になります。

アフィリエイト

アフィリエイトは、誰かの指示を受けることなく完全に一人で取り組むことができます。アフィリエイトを本業にする人もいますが、多くの人は副業やお小遣い稼ぎとして始めています。

完全に自由ではありますが、その分稼ぎも自分の能力や集客次第です。そのため、ライティングやマーケティングを勉強したり集客方法を工夫したりする必要があります。成功すれば脱サラも夢ではないほど収入を得られるようになります。

独立起業

自分で独立して会社を興してしまえば、自分に指図する人はいなくなります。例えば、税理士や弁護士、司法書士などのいわゆる「士業」と呼ばれる資格を持っていると独立しやすいです。

難しい資格が無くても起業することは可能ですが、そのための資金が必要になります。また、独立したら自分で顧客をゲットして仕事をもらわなければならないので、会社に所属するより苦労することも多いです。

投資

投資は人の指図を受けることなく、自分の考えのみで取り組むことができます。投資には様々な種類があります。株・FX・不動産の他にも、仮想通貨などの新しいタイプの投資も話題になっています。

ただし、投資をすれば必ず儲かるとは限りません。損をすることもあり得るので、覚悟が必要です。ある程度の知識を身につけることも大切ですが、何が原因で値下がりするかを予想するのは難しいです。運と言っても過言ではないでしょう。

農業

農業は、完全に個人で仕事をすることになります。人の指図は関係なく、自分の判断で仕事を進めることができます。ただし、仕事の進捗状況や収穫量は天候に左右されるので、年によって収入にばらつきがあります。

農業は農作物の知識を身につける必要がありますし、体力がないと続けられない仕事です。また、基本的には休日がなかったり早起きしなければならなかったりするので、慣れないうちは辛いことも多いです。

転売・せどり

ブランド品や洋服の転売を自分で行えば、全て自分の裁量で仕事をすることができます。例えば、海外旅行に行ったときに現地でしか手に入らない商品を仕入れ、それをネットで売るのです。

他にも、古本屋で数百円で手に入れた本がネットオークションで数万円の値がつくこともあります。この方法はせどりと言って、副業として始めているサラリーマンも少なくありません。せどりのためのアプリがあるほど人気なのです。

YouTubeの広告収入

YouTubeに動画を投稿して広告収入を得ている人もいます。そのような人はYouTuberと呼ばれ、話題になっています。人気が出れば月に何十万円も収入を得ることができます。YouTuberになりたいという子供も増えています。

YouTubeに動画を投稿するのは難しいことではありません。そのため、少しでも収入を得ようと動画を投稿する人が増えています。ただし、皆が見てくれるような面白い動画でないと、生活できるほど稼ぐのは厳しいです。

ネットショップの運営

自分でネットショップを開業して運営すれば、自分の裁量のみで仕入れなどを行うことができます。何を売るかは自分の自由にしてOKです。洋服や雑貨、キッチングッズなど、自分の好きなものを取り扱うのがおすすめです。

ネットショップでは実店舗を持たなくて良いので、開業資金をおさえることができます。ただし、集客はネットのみになるので、SEO対策や集客ツールについて勉強する必要があります。SNSを活用するのも良いでしょう。

一人でできる仕事はこんな人に向いている

一人でできる仕事には様々な種類のものがありますが、それぞれの仕事に向いている人・向いていない人が存在します。できるだけ自分に向いている仕事を選ぶことで、ストレスなく長期間続けられるカギになります。

この章のポイント

一人でできる仕事のうち、単純作業のものは発達障害やうつ病などで悩んでいる人に向いています。個人の裁量が大きい仕事は、きちんと勉強できて責任感のある人にぴったりです。

うつの病歴がある人

うつの病歴がある人は、なかなか社会復帰できないことがあります。その理由の一つとして、人間関係に悩まされたくないと思っていることが考えられます。

不必要な人間関係を省くことができるので、一人でできる仕事はうってつけと言えるでしょう。

また、自分のペースで取り組める仕事なのでリラックスして仕事をすることができます。ストレスを感じることがないのでおすすめです。

妊娠出産を控えている女性

自宅でできる仕事は、妊娠して安静にしなければならなかったり、出産間近で会社を辞めたりした女性に向いています。体調が良くないときは仕事を中断して休むことができます。

家事の合間にできるという点もメリットになります。誰かに急かされることなく自分のペースで続けられるので、時間があるときだけ仕事をするという働き方ができます。生まれてくる子どものために稼ぐことも可能です。

発達障害で悩んでいる人

発達障害の人は、他の人よりも仕事を覚えるのが遅かったりミスが多かったりするのが特徴です。そのため、職場に馴染めずに悩んだり叱責に耐えられずに退職してしまったりすることがあります。

単純作業であれば、発達障害の人でもこなすことができます。また、自分のペースでできるので、上司や先輩の叱責におびえることもありません。のびのびと働くことができます。

一人でもモチベーションを保てる人

一人でできる仕事は気楽ですが、モチベーションをずっと保ち続けなければなりません。特に、自宅で仕事をする場合はついテレビを見たり本を読んでしまったりして、集中力が続きません

思うように仕事が進まないとモチベーションが下がります。他の人がいるのであれば励まし合うことができますが、一人だとそうはいきません。強い気持ちを持ってモチベーションを保ち続けられる人でないと務まりません。

単純作業が苦にならない人

一人でできる仕事の中には、単純作業のものもあります。そのため、単純作業でも飽きずにコツコツと頑張れる人に向いていると言えます。飽き性の人には苦痛に感じてしまうかもしれません。

単純作業を続けるコツは、その作業の中にやりがいや自分の成長を見出すことです。やりがいを感じられると自然に仕事を頑張れます。また、以前よりも正確に仕事ができるようになったと実感できれば、もっと成長しようと思うでしょう。

収入が不安定でも焦らない人

フリーランスでの仕事や独立起業、投資などの仕事は収入が不安定になる恐れがあります。経済的に苦しくなるとストレスを感じてしまいます。不安定でも焦らない余裕がある人でないと、このような仕事は向いていません。

特に、投資の場合は損をすることがあります。投資は長期的な目で見るべきであり、短期的な目で見ていると損に敏感になります。冷静に考えて行動できる性格でないと、投資は避けた方が良いでしょう。

勉強を惜しまない人

一人でできる仕事の中にはプログラマーや職人など、知識と経験を身につけなければならないものもあります。いったん身につけたものをそのままにするのではなく、さらに磨きをかけたりアップデートしたりすることも大切です。

そのため、常に勉強をしなければなりません。勉強が苦になるようであれば、向いていない証拠です。仕事を一人でやる力が無ければ、任せてもらえないのです。

責任感が強い人

仕事を一人でするのは気楽で良いですが、途中で投げ出したりミスを連発したりすることは許されません。一人で最後までやり遂げる責任感が必要になります。

独立起業した場合は特に責任感が求められます。なぜなら、自分がしなければ他に仕事をする人がいないので、依頼者が困ることになるからです。起業して人を雇った場合も、その従業員が安心して働けるような環境を作る責任が発生します。

一人でできる仕事の始め方とは?

一人でできる仕事の始め方は、大きく2つに分けることができます。1つめは、求人を探して応募する方法です。2つめは、アフィリエイトや企業など、自分の力で始める方法です。

この章のポイント

求人から応募する方法はスタンダードで始めやすいと言えます。自分の力で始めるには勇気と行動力が不可欠です。どの方法で始めるにしても、仕事の知識やスキル、経験を身につけておくことが大切です。

求人サイトや転職エージェントで探す

求人サイトや転職エージェントでも、一人でできる仕事の求人があります。数は限られてしまいますが、自分に合う仕事を見つけやすくなります。単純作業の場合は正社員ではなくアルバイトでの採用になる場合があります。

リクナビNEXTマイナビ転職doda(デューダ)などの求人サイトが人気で求人数も豊富でおすすめです。1つのサイトに絞らず、複数のサイトで探すと自分にぴったりの仕事が見つかりやすくなります。

仕事に役立つ資格を取っておく

一人でできる仕事をしたいと考えたら、そのための資格を取っておくことをおすすめします。例えば、税理士や司法書士などの士業、トラック運転手になるには大型の免許が必要になります。

資格ではなくても、仕事に役立つ知識を身につけておくことも必要です。プログラマーであればプログラミングの知識が必要ですし、翻訳をするのであれば語学に長けていなければなりません。

友達や家族に紹介してもらう

自分の力ではなく、身近な人に頼る方法もあります。友達や家族に一人でできる仕事を紹介してもらうのです。ただし、この場合は自分で選べませんし、合わないからすぐに辞めることはできません。

親や親戚が一人でできる仕事をしているのであれば、それを継ぐという方法もあります。しかし、一人前になるまでは親の干渉は激しいですし、仲が悪くなってしまうという問題が発生する恐れがあります。

自分の力で始める

人の指図を受けなくて良い仕事の場合は、自分の力で始めるしかありません。そのためには、きちんと勉強して知識を身につけることが必要です。また、全てが自己責任になるので覚悟もしておきましょう。

自分の力で始める場合、仕事をするのは自分一人ですが、同じ仕事をしている仲間を作るのがおすすめです。なぜなら、困ったときに相談に乗ってくれたり助けてくれたりするからです。

自分にとって譲れない条件を考えて仕事を決めよう

人間関係やストレスで苦しんでいると、一人でできる仕事をしたいと考えることもあるでしょう。今の辛い状況から抜け出すには、自分にはどんな環境でどんな仕事をするのが向いているのかを判断することが大切です。

一人でできる仕事には、様々な種類のものがあります。自分の性格ややりたいことを分析すれば、その中から自分にぴったりの仕事を見つけることができるでしょう。

ランキング

記事一覧