「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 転職する方法を探す
  3. やりたい仕事を探す
  4. ストレスのない仕事とは。5つの視点でストレスのない仕事を解説
やりたい仕事を探す

ストレスのない仕事とは。5つの視点でストレスのない仕事を解説

世の中にストレスのない仕事はある?

仕事にストレスはつきものです。誰もが多かれ少なかれストレスを感じているはず。しかし実は、ストレスというのは誰にとっても一様のものではありません。ある人にとっては平気なことでも、別の人にとってはストレスになるのです。

自分にとって大きな苦痛となるストレスは、我慢しづらいものです。もしストレスのない仕事に就けば、毎日楽しく取り組めるのでしょうけれど、そんな仕事はあるのでしょうか。

答えはこうです。「実は、ストレスのない仕事は多くあるけれど、あなたが見つけ出せていないだけ」です。まず仕事のストレスはなぜ起こるのかを考えてみましょう。

ストレスのない仕事が向こうからやって来る!?自己診断ツール「ミイダス」

dodaなどで有名なパーソルキャリア社が提供する「ミイダス」は、転職市場における自分の価値を診断できる無料のサービスです。

さらにうれしいのは、登録しておくだけで転職のチャンスがめぐってくることです。自分自身ではなにもアクションを起こさなくとも、自分の市場価値を認めてくれる優良企業から、スカウトメールが届くのです。

ミイダスをおすすめする理由
  • 自分の市場価値がわかり、自分の可能性に対して前向きになれる
  • 自分の市場価値を認めてくれた企業からスカウトが来る
  • 何もせず待っているだけでいいので、気軽に転職活動を始められる

スキマ時間に簡単登録&診断したら、あとは待っているだけでスカウトメールが届きますスカウトがあった時点で、その企業の第一次の書類選考は通過したことになるのもうれしいポイント。まずはぜひ診断を試してみてください。

仕事のストレスの原因になるものとは?

多くの人が感じている大きなストレスの原因をご紹介します。実際は精神的と肉体的がミックスされ、複雑に絡み合う場合が多いのですが、ひとつひとつご紹介しますので参考にご覧ください。

人間関係

職場に苦手な上司がいるとそれだけで大きなストレスとなります。また移動がなくいつも同じ顔ぶれで、閉鎖的な環境というのも気が滅入る原因の一つのようです。また男性が少なく女性ばかりの職場で噂話や陰口が多い場合、男性社員は必要以上に自分の評価を意識してしまい、仕事がやりにくくなってしまいますよね。逆にこのような環境にいる女性は、他人にストレスを与えている自覚がないこともあります。

特に新入社員の場合は初めての職場で幅広い年代とかかわる必要があり、学生時代とは異なる人間関係の中に急に投げ込まれます。初めての会社で仕事を覚えるのも大変、その上縦と横の複雑な人間関係に悩まされて辞職を考えてしまう人も。せっかく就職しても数年以内に退職してしまう場合、多くは人間関係のストレスが原因の一つにあるようです。

人間関係の悪い職場を脱出。「転職力診断」を試してみよう

人間関係の問題は、自分ひとりが努力したからといって解決するものではなく、諦めて身を引いてしまったほうがいい場合もあります。しかし、いざ転職先を見つけようと思っても、いまある環境を変えるのはなかなかハードルが高いもの。そんなときは「転職力診断」で自分を客観的に見つめ、今後の計画を立ててみましょう。

転職力診断をおすすめする理由

  • 所要時間10分ほどの無料の診断で、「転職力」「想定内定社数」「想定年収」がわかる
  • 6つの観点から転職力を客観的に評価してもらえる
  • 長年の実績とノウハウのある「typeエージェント」が監修しているので信頼できる

転職力診断は、老舗転職サイト「type」が提供するサービス。「転職力」「想定内定社数」「想定年収」や、「自己分析力」「タイミング把握力」などの観点で、あなたの実力を客観的に説明してもらえます。結果は、転職時の自己PRなどに役立ててください。

ノルマやプレッシャー

仕事でのノルマはきついものですね。売り上げに直結する大切なポイントのため、よい成績を出すことができれば自信も付き周囲の評価も高くなります。それゆえにやりがいを感じる人もいる一方、大きなストレスとなる人もいるのです。

特に苦手な分野の仕事でノルマを課せられたら、大きな不安やストレスになってしまいます。営業や販売などはっきり結果を出さなければいけない職種は、ストレスも大きいもの。体の不調が出やすいのもこの職種が多くなっているようです。

ノルマやプレッシャーがあるから懸命に仕事をこなす場合もありますが、たいていの人は重荷となり耐え難い重圧を感じているです。

過度な肉体労働

朝から晩までの立ち仕事や、重いものを抱えるような肉体労働に大変なストレスを感じる人もいます。もともと体が弱かったり、力のない人は耐え難いものでしょう。肉体労働をしていくうちに体が丈夫になる人もいるようですが、そこまで精神的に持たない人やあまりにも重労働過ぎる場合は途中で辞めたくなります。

求人の内容と実際の仕事が異なる場合もあります。肉体労働の内容は、はっきりと表示されることがないため、やってみると自分にとって大変な重労働だったという場合も。アルバイトなら職場を変わるのは簡単ですが、社員として入職してしまったら簡単に職場を変わるわけにはいきません。辛い労働をしながら毎日を過ごすことになり大きなストレスとなります。

早起き・満員電車での通勤

早起きや朝の満員電車は慣れない人に大きなストレスとなります。職場の近くに住むことができたらそれが一番ですが、そうもいかない人は満員電車の通勤を余儀なくされてしまいます。

フレックスタイムなどを利用して、時間をずらしての通勤ができる場合はよいのですが、定時出社が義務付けられている人は、かなり早起きするか満員電車かの二者択一となる場合が多いようです。特に冬場の満員電車は、風邪ウィルスが蔓延しているためうつってしまうこともしばしば。満員電車というだけで大きなストレスなのに、体調を崩す原因になってしまうこともあるため、できるなら避けたい環境ですね。

将来への不安

仕事自体が不安定で、会社の業績が悪く給料やボーナスがカットされることもしばしばあります。また正社員ではなく非正規という立場に不安を感じる人も多いようです。

また高齢化に伴い、老後の生活への不安を感じている人も。定年退職後に再就職の希望者が増えているのも、生活への不安の現れですね。年齢を重ねると健康への不安も出てくるため、さらに強いストレスを感じる場合もあるようです。

将来への不安は多くの人が持つ大問題。仕事を続けていく上で大事なポイントとなるため、自分の将来像と合わせて最適な仕事を選びたいものです。

一人でできてストレスのない仕事ランキング

こつこつ一人でやる仕事は気楽でよいと考える人もいます。人と連携して仕事を進める必要がありませんが、成果も自分一人にかかってくるため大変な仕事ともいえますね。しかし人間関係のストレスという点では大きな利点となる場合があるようです。

1位:在宅ワーク

クラウドソーシングはネットの普及した現代ならではの働き方。自宅にいながら自分のやりやすい仕事を必要に応じてできるため、特に子育て中の主婦などに人気の職業です。会社員の副業として行う人もいます。能力が上がれば収入も増えため、本業として十分生活が成り立つ分野の仕事となってきました。

データ入力・調査・ライティングなど選択肢は幅広く存在します。一人でやる仕事なので、自分のペースで仕事ができます。特に人間関係のストレスが苦手な人は楽と感じるようです。ここ数年で利用者が大きく増えている人気の働き方となっています。

2位:プログラマー

会社に所属して通勤していてもあまり人と喋らずに済むため、人間関係のストレスがほとんどありません。打ち合わせや報告が必要となる場合もありますが週に一度程度。それ以外は一人でこつこつ仕事をこなしていく孤独な仕事です。

しかし周囲からは孤独に見えても本人には充実している場合が多いようです。成果を問われる仕事ですが、それが大きなやりがいへとつながる人もいます。高収入のためには高い専門性が必要ですが、自分で学習していくことが苦にならない人にはよい仕事ですね。

社員や派遣、フリーランスと様々な働き方を選べるのもプログラマーの魅力。これからますます必要とされる将来性のある仕事の一つです。

3位:トラック運転手

移動時間はずっと一人で運転する仕事です。長距離は一晩中高速道路を走り続けることもしばしば。仮眠はサービスエリアの駐車場でとる場合も多いですね。肉体的にきつい仕事であるにもかかわらず人気の理由は、車の運転自体が好きな人がやっているということ。デコトラは自分の使う車への愛着の証拠です。

もちろん、事故を起こさないように細心の注意を払わなければならない職業です。寝不足は大敵で、自己管理が重視される大変な仕事でもあります。

しかし年齢を重ねてもトラック運転手を続ける人が多いのは、仕事自体に魅力があることが大きいのです。運転ができる限りはずっと働けるので、世代を超えて人気のある仕事の一つです。

ノルマやプレッシャーによるストレスのない仕事ランキング

売り上げに直結するノルマは達成できると大きな自身や評価につながりますが、それがストレスとなってしまう人も大勢います。またうまく仕事をこなさないといけないというプレッシャーを感じてしまう人も。しかしそんなストレスとは無縁の仕事もあります。

1位:受付

企業や施設の受付は、ノルマもなく気分的に楽な仕事と感じる人が多くいます。来客を取り次いだり、必要な要件を聞いて案内したり、電話応対や応接室の予約管理をしたりと仕事内容は多岐に渡っています。来客によい印象を持ってもらうために気遣いが必要となりますが、コツを押さえれば簡単にこなせるという人も。

仕事のノルマやプレッシャーに比べると楽な仕事となる場合が多く、女性に人気の仕事となっています。人見知りではないことが楽にこなせる条件の一つ。しかし接客が苦手でも長くやっていると自然に慣れてしまう仕事でもあります。

2位:事務

データ入力や書類の管理が主な業務です。パソコンを使って営業関連の書類を作成することも。小さい会社では来客の対応や、電話対応など受付的な仕事をこなすこともしばしば。仕事の範囲は広いのですが、すべて内勤の仕事となります。ノルマもなく、決められた仕事を機械的にこなすことが楽と感じる人にはストレスがなく楽な仕事となります。

一方人間関係をうまくこなしていく必要があるため、対人関係のスキルが必要となることもある仕事です。

3位:秘書

事務系の人気職種である秘書。ビジネスそのものをするのではなく、上司が本業に集中できるよう、庶務のすべてを管理し裏で支えるマネージャー的な仕事といえます。ノルマやプレッシャーはありませんが、仕事が滞りなく進むようにすべてをセッティングする必要がある気の抜けない仕事。このため仕事の区切りがない職種でもあります。

具体的にはスケジュールの調整や管理を行ったり、外部との連絡を行ったりして上司の仕事がスムーズに進むよう補助します。ほかにも身の回りの整理整頓や空調の調整など、環境を整えることも大事な仕事の一つ。大半が裏方の仕事ですが、秘書のおかげでスムーズに仕事が進行している場合もあるため大切な仕事といえます。

肉体労働によるストレスのない仕事ランキング

すべての仕事は何かしら肉体労働をしているといえますが、辛いと感じるレベルは人それぞれ。ここでは肉体労働でもほとんど動くことがなく、座ったまま体を使わない仕事をご紹介します。

1位:コールセンター

お客さんと電話を通じて接する仕事です。商品の注文やサービス加入に関する問い合わせに対応するテレフォンオペレーター、商品に関する疑問点や苦情の受付をするカスタマーサポート、技術的な疑問に答えるテクニカルサポートなどが代表的。定時以降はコールセンターが終了するところがほとんどなので残業もありません。

ずっと電話対応しなければなりませんが、それが苦痛に感じなければ肉体的に楽な仕事といえます。女性に人気の職業で、電話を通じてお客さんと話すことが好きな人に向いていますね。

2位:窓口業務

いつも笑顔でお客さんと接する必要がありますが、それをクリアできれば肉体労働のない楽な仕事です。 身近な窓口業務として銀行の窓口がありますね。このほかにも施設の受付も窓口業務の一つ。お客さんの来店目的や要望を迅速に把握して答える必要があります。

肉体的にはストレスのない仕事ですが、細やかな心配りが必要となる仕事のため、人への気遣いが得意という人には特に楽な仕事となります。人と接するのが好きという人にも適した仕事の一つですね。

3位:監視業務

マンションやセルフガソリンスタンド、中古車販売店などに取り付けてある防犯カメラを監視する仕事です。いたずらや盗難が起こらないよう、ビデオカメラで商品をずっと監視したり、見回ったりと注意力が必要となります。防犯のための仕事となるため、人の出入りが多い施設には必ず必要となる大切な仕事です。

肉体的には辛いことはありませんが、長時間の集中力を要する仕事。向き不向きはありますが、体力的には楽な仕事として人気が高くなっています。

早起きしなくていいストレスのない仕事ランキング

早起きが苦手という人は多いですね。しかし早起きしなくてよいからといって昼夜逆転したり、夜勤が続くと肉体的ストレスになるので、そうでない範囲でできる仕事を挙げてみました。いずれもあまり体に負担がかからず、早起きの必要がない仕事です。

1位:歩合制の在宅ワーク

締切がなく、やった分だけ報酬が得られる歩合制の仕事。自分のペースでできるためストレスもなく早起きの必要もありません。以前は手作業の内職が在宅ワークの代表でしたが、最近はパソコンでおこなうクラウドソーシングが主流となりつつあります。

早起きのストレスはありませんが、仕事をこなさないと収入には結びつきません。このため自分でスケジュールを管理する必要がある仕事です。自分の裁量が問われるため厳しい面もありますが、早起きしなくてよく出社する必要もないため、楽と感じる人が多い働き方です。

2位:定時制の学校の職員

定時制の学校の生徒は、昼間働いて夕方から学校に登校します。部活や行事もないので、普通の学校に比べて職員の仕事も少ないのが特徴。生徒に合わせて夕方から出勤し、学校が終わる夜10時ごろまで勤務します。

定時制の夜の部は授業時間も短く、勤務時間も少なくなります。昼間は社会人として働く学生がほとんどのため、自己管理がしっかりされている生徒が多く、対応が楽な場合も多いようです。

早起きが苦手で学校勤務に抵抗がない人には、ストレスのないよい職業といえます。

3位:雑誌の編集者

業界全体が遅起きの傾向にあるので、出版社での編集作業も早起きする必要のない仕事です。忙しいのは入稿の締め切り前のみ。しかも月刊誌なら月一度、季刊誌なら一年に四回だけの入稿作業となります。しかし入稿前はかなり忙しく、会社に泊まりこむこともしばしば。早起きの必要はありませんが、徹夜の機会はあるかもしれません。

不規則な勤務時期もありますが、本作りが好きな人にとっては早起きする必要のない楽な仕事といえます。

将来も安心でストレスのない仕事ランキング

「仕事が将来なくならない」「クビになる可能性が少ない」「一度辞めてもまた再就職できる」という意味でストレスのない仕事をご紹介します。

特に、医療系で、人とのコミュニケーションが必要な仕事は、将来にわたって安心な仕事のひとつだといえるでしょう。人とのコミュニケーションが必要ということは、AI・ロボットが発展してもなくならない仕事だからです。

またグローバルな視点からだと、「日本がだめでも海外がある」という意味で、英語を使う仕事が将来も安心だといえます。それではひとつずつ見ていきましょう。

1位:看護師

看護師の仕事は年をとっても勤務先に困らない仕事の一つ。総合病院や個人医院、施設の看護職員や企業内の医療施設など職場を様々選べるのも大きな魅力です。医療関係の仕事は様々ありますが、看護師の仕事は将来なくなることのない安泰な職業の一つといわれています。

夜勤のある病院もあり、肉体的にきついこともありますが、仕事自体は豊富にあるので、年齢とともに体力の負担のない仕事を選んでいくこともできます。一度社会人になって看護師を目指すという人も多く、医療系の仕事の人気の高さがうかがえます。男性の看護師希望者も増えてきており、将来さらに増える傾向です。

2位:薬剤師

薬剤師の主な業務は、医師が出した処方箋に基づいて調剤し患者さんに渡すことです。薬剤のスペシャリストとして医師や看護師、患者さんにアドバイスすることもあります。看護師と同様に人とのコミュニケーションが必要です。調剤薬局やドラッグストア、総合病院が主な職場。ほかにも製薬会社で新薬の開発もおこなえるため仕事の幅は広く、希望により選ぶことができます。

少子高齢化に伴い、高齢者への服用指導もますます必要となっています。介護施設の中に併設されている薬局もあり、看護師同様高齢者と接する機会の多い仕事です。

看護師とともにこれからさらに需要の高まる薬剤師。医療系の仕事は時代を超えて必要とされる仕事の一つなのです。

3位:英語関係の仕事

誰でも簡単な英語は話せたほうがいい現代ですが、通訳ができるレベルの英語力があれば、どんな職場でも一定以上の好待遇は得られます。通訳や翻訳以外にも、世界中の商品を買い付けるバイヤーやマーケティング業務、キャビンアテンダントや観光案内をおこなう旅行関連業務など、至る所に英語を必要とする仕事は溢れています。

日本には、仕事レベルの英語がこなせる人はまだまだ少ないのが現状。高い英語力を身につければ、将来にわたり何かしらの仕事を得ることができるため、将来的な不安からは解放されるといえます。

ストレスの無い仕事に転職する方法

ストレスのない仕事なんて無いと思っていませんか。世の中には膨大な量の求人があります。その中から自分に適した仕事を見つけ出すことで、今までの悩みが嘘のように、ストレスフリーの生活を送れることもあるのです。

転職にあたって大事なのはこの3つです。

  • 自己分析:自分にとって何がストレスになるのかを分析する
  • 条件の整理:仕事に求める条件を整理する
  • 仕事探し:自分で探したり、プロの手を借りたりする
  • 考え方の変革:ネガティブな気持ちをポジティブに変える

自分にとって何がストレスになるのか見極める

ストレスのない仕事を探し出すコツは、他人を基準にしないことです。ストレスの要因は人それぞれ。他人には苦痛でも、自分にはなんでもないこともありますよね。反対に自分には苦痛でたまらないことも、他人にはたやすいことがあります。

自分のストレスを客観的に把握することで、自分を見つめ直すことにもなります。もし自分が弱いストレスの種類が自覚できないなら、メンタル面と肉体面に分けて整理してみましょう。人の評価を気にしすぎてくよくよしてしまうという人は、プレッシャーが大きなストレスになりやすいタイプですね。また体調を崩しやすいという人は、肉体労働や不規則な仕事が耐え難いストレスとなるでしょう。

希望する求人の条件を書き出してみる

自分にとって何がストレスになるかを書き出したら、それを避けた求人を挙げてみましょう。早起きが苦手な人は午後出勤の仕事、通勤が苦痛な人は勤務場所の近くに寮がある会社、ノルマのプレッシャーを避けたいなら事務や秘書など、自分にとって一番大きなストレスを避けるだけで毎日の仕事が楽に感じるものです。

実際に求人があるかどうかは別にして、思いつくだけ書き出してみましょう。ネットの検索も利用して様々な仕事を調べるとよいですよ。一度仕事に就くと、毎日こなしていくワークは少しずつストレスが蓄積するため、最初からこれを避けて転職活動をすることが目的です。

前向きな志望動機を用意する

実際の転職活動に入る前に志望動機を考えておきます。このとき、ストレスのない仕事に就くことが転職の目的ではなく、前向きな転職理由を用意しましょう。たとえば早起きが嫌だから午後出勤の仕事を希望するのではなく、希望する仕事内容だからという風に変えてみるのもおすすめです。

自分だけではなく、家族の賛同を得ていることも前向きな理由の一つになります。また現在と同じ職種であることも企業に理解してもらいやすい理由になりますね。まったく違う業種や職種でも、これから長く携わっていきたいと思うのなら、その気持ちをアピールすることもポイントです。

転職エージェントを利用する

求人の条件と志望動機を用意したら、本格的に転職活動を始めましょう。個人で検索により仕事をみつけるといった方法もありますが、短時間でより多くの企業求人を閲覧できるのは転職エージェントならでは。ほかにも企業と強いパイプを持っているエージェントもあり、非公開求人を見つけることもできます。

登録したから絶対転職しなくてはいけないということはありません。転職や業界の情報集めに利用するだけでもプラスになります。

転職エージェントは数多くありますが、希望の業界に精通したエージェントを選ぶことで、より多くの求人を見ることができます。総合型の転職エージェントでも得意な分野があるので、求人を確認して自分に適したエージェントを見つけてみましょう。

ストレスに強い自分になる

ストレスを避けた職場に行っても、また新たなストレスが出てくることもあります。しかし仕事は何かしらのストレスがつきもの。そのたびに大きな苦痛を感じてしまっていては身が持ちません。

もしかしたら、今まであまりにささいなことで、いちいち嫌がっていたりしませんでしたか。周りと比べて自分は飽きっぽかったり、甘ったれていたところがなかったか、自分を顧みてみることも大事です。

自分で考えてもわからなければ、周りの人に聞いてみましょう。その場合、あまりに世代が上だと考え方が違うこともあるので、同世代や近い先輩から見て自分はどうか、尋ねてみましょう。そしてもしあまりに自分が打たれ弱いと思ったなら、改善する必要があります。

自分に合った楽しい働き方を目指そう

ストレスのない仕事についてご紹介しました。まったくストレスがない仕事を見つけるのも難しいですが、自分にとって一番の苦痛を逃すだけで日々の仕事が楽に感じるはずです。転職をしなくとも、今の仕事もちょっとした工夫でストレスがなくなり、やる気が出てくることもあります。

メンタル面では、ささいなことを気にしすぎないこともポイント。一過性の悩みなら、放っておいてもどうにかなることもあります。長期に渡っておおむね良好ならそれでよいといった考え方もあります。

どうしても今の仕事で悩んでいるのなら転職エージェントを利用してみませんか。カウンセリングだけでも受けると、自分のストレスポイントを確認できます。利用できるものは利用して、楽しい働き方を見つけるヒントにしましょう。

適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧