1. HOME
  2. 転職する方法を探す
  3. やりたい仕事を探す
  4. 休みが多い仕事ランキングベスト7選と見つけるためのポイント
やりたい仕事を探す

休みが多い仕事ランキングベスト7選と見つけるためのポイント

日本人は働きすぎ?働きすぎている日本人の実態

世間一般でよく言われていることですが、日本人は真面目で働き過ぎだという印象があります。

海外では休日はきちんと休み、残業せずに定時でかえって家族や友達との時間を大切にしています。このような海外での慣習に日本人は驚きますし、「外国の人は仕事をしてくれない」と嘆くこともあります。

この記事では、休みが多い仕事とその見つけ方を解説します。海外と同じように、きちんと休んでプライベートを充実させましょう。

働くことに真面目な日本人が多い理由は?

日本人が働くことに対して真面目な理由は、日本の高度経済成長期の働き方がそのまま残っているからです。この時代は景気が良くなってきて、仕事であふれていました。そのため、休日を返上して働いていたのです。

この章のポイント

日本が好景気だったことを知らない若い人にもまじめに働くことが大切だということが受け継がれています。多くの人は、休むことよりも「たくさん働くことが美徳」と考えています。

上司や親が真面目に働いているから

子どもの頃、親が毎日忙しそうに働いて時には休日出勤をしてまで仕事をしていることもあります。そのような親の姿を見て育つと、「自分も大人になったら真面目に働かなければならない」と考えるようになります。

就職してからは上司や先輩が真面目に働いているところを目の当たりにします。その姿を見ていると、やはり「自分も同じように働くべきだ」と考えるようになり、残業や休日出勤をして仕事をこなすようになります。

働くことが美徳だと思っているから

真面目に働くことこそが美徳で、長時間働けば働くほど頑張っていると見なされることがあります。効率や実績が軽視されて労働時間を重視して他人を評価する風習があると、長時間働かざるを得なくなります。

日本では、仕事が一番大切だと思われていることがあります。しかし、海外では仕事よりもプライベートを重視する傾向にあります。日本と外国とでは、考え方に根本的な違いがあるのです。

昔ながらの働き方が受け継がれているから

戦後から高度経済成長期にかけて、日本人は復興のために必死に働きました。次第に景気が良くなってくると仕事が増えていき、長時間労働や休日出勤をしてまで仕事をこなしていました。それが当たり前のことだったのです。

このような働き方が、現在も受け継がれているのです。真面目に働くのは良いことですが、プライベートを犠牲にしてまで働くという考え方はだんだん時代と合わなくなってきています。

他人と歩調を合わせたいから

職場の同僚たちが残業や休日出勤をしていると、自分も同じように働かなければならないと思います。なぜなら、周囲に合わせないと他の人と馴染めなくなるという経験をしてきたからです。

日本人は子供の頃から、「他の人と違うのはダメだ」という考えと共に育てられます。それぞれの個性や考え方を押し殺して、他の人と同調しようとします。ずっとそのような価値観を持ち続けているため、社会人になっても他人に同調するのです。

真面目に働かないとリストラ対象になるから

バブルの崩壊やリーマンショックなど、不景気に陥ることはいくらでもあります。会社の経営が上手くいかなくなったとき、リストラされる恐れがあります。そのリストラ対象者になりたくないため、真面目に働くのです。

リストラされるのは、不真面目できちんと働かない人と考えられます。営業職などの成績が数字に表れる職種の場合は成績が重視されますが、事務などの成績が分かりにくい職種は真面目かどうかが重視されがちです。

真面目だと印象が良くなるから

良好な人間関係を作るためには、真面目さが必要になります。なぜなら、真面目な人と真面目でない人がいる場合、真面目な人の方が好印象であるからです。

印象が良いと同僚や先輩と仲良くなりやすいですし、仕事で困ったときに助けてもらえたり相談にのったりしてもらえます。

不真面目な人は陰で悪口を言われる恐れがあります。これは、女性が多い職場に良く見られます。なぜなら、女性は特に人間関係や調和を重視するからです。

上司から良い評価を得たいから

正社員として働いていると、昇給やボーナスの査定が行われます。査定の基準は会社や部署によって異なりますが、真面目に働いているかどうかをチェックすることもあります。

特に、成績が数値化できない職種の場合はなおさら真面目さが重視されます。

どんな人でも毎月のお給料やボーナスをたくさんもらいたいと考えるので、真面目に働きます。そのために、率先して残業や休日出勤をするようになります。

努力が報われる社会であるから

日本では、努力をすれば報われると教育し、実際にそのようなことが多くあります。ドラマやマンガでも努力をしたから成功したという内容のものが多いです。確かに、努力しているところは必ず誰かが見てくれています。

そのような考え方でいるため、日本人は仕事に対して真面目に向き合います。真面目に努力することで、どんどん成長することができます。成長することで、仕事の幅が広がったり仕事を任されたりするようになります。

責任感が強いから

責任感が強い人は、最後までやり遂げようと仕事を真面目にこなします。締め切りに間に合わせるために、残業や休日出勤をして必死に仕事を完了させようとするのです。日本人は責任感が強い人が多く見られます。

また、仕事の完成度も追求します。完成度が低い仕事をしたり妥協したりはしません。責任感が強いため、多少無理をしてでも必ず締め切りまでに完璧な仕事をしようとします。

人手不足だから

職場で人手が足りていない場合、一人当たりの仕事量は多くなってしまいます。それをこなすために、長時間労働する必要が出てきます。定時で帰ったり休日きちんと休みたかったりしても、真面目に働かざるを得ないのです。

最近はどこの業界も人手が足りなくなってきています。医療系の職場やサービス業などでは、特に人手不足が深刻になっています。本当は残業をしたくなくても、しなければならない状況になっていると言えます。

成功体験があるから

社会人になる前の学生の間に、受験や部活動の試合など重大なイベントを経験します。真面目に勉強や練習に取り組んだ結果、素晴らしい結果を出せたという成功体験があると、仕事でも成功したいと思って真面目に働くようになります。

真面目に努力することによって成功をおさめると、その記憶はずっと残ることになります。仕事でくじけそうになってもその時のことを思い出して乗り切ろうとします。成功体験がある人ほど真面目です。

会社全体の雰囲気が真面目だから

社風が真面目で働いている人もみんな真面目な場合、その社風通り真面目でなくてはならないと考えるでしょう。そのため、最初はサボりがちだった人も次第に周囲を見習って真面目に働くようになります。

日本の企業は真面目な会社が多いです。特に、歴史ある会社は保守的で真面目な考え方を持っています。真面目に働くことの大切さが、先輩から後輩へ脈々と受け継がれていくのです。

体裁を気にするから

日本人は周囲からの評価や体裁を気にします。職場や取引先にどう思われても良いから自由に働こうと考える人は滅多にいないでしょう。

本心は休みたいと思っていても、体裁を整えるために休日返上で働くこともあります。なぜなら、その方が人間関係が上手くいきますし業務がスムーズに進むからです。

真面目に働かないという烙印を押されてしまうことは、何よりも不名誉で恥ずかしいことだと考えているのです。

一家の大黒柱として頑張っているから

近年は女性の社会進出が推進されたり、共働き家庭が増えてきたりしています。しかし、妊娠・出産は女性にしかできませんし、育休を取るのもまだまだ女性の割合が多いです。

そのため、家族を養うのは男性の役割になり、真面目に働かなければなりません。基本給が少ない場合は残業や休日出勤をして手当をもらい、お給料を増やそうとすることもあります。稼ぐために、家族との時間を犠牲にするのです。

休みが多い仕事ベスト7選

カレンダー通りに休める仕事や天気に左右される仕事などは、休みが多くなりがちです。休みが多くてプライベートを充実させることができると同時に、やりがいを感じられる仕事を選ぶことが大切です。

この章のポイント

中小企業よりも大手の会社の方が、社員のワークライフバランスを重視していることが多いです。そのような企業は社員が働きやすい環境を整えていっています。

第1位:建築・工事現場

建築作業や工事現場での作業は、雨や雪が降ると中止になって休みになります。肉体労働で体力が必要なので大変な仕事ですが、その分残業や休日出勤はありませんし、休憩時間もしっかりと休むことができます。

現場での作業員の場合、資格や学歴は関係ありません。中卒や高卒でも真面目に勉強して資格を取り、いろいろな仕事を任されるようになります。建設会社に就職して現場で指揮を執る場合は、専門知識が必要になってきます。

第2位:メーカーの研究開発

自動車・機械・食品など、メーカーの研究開発職は休日出勤がほとんどなくて残業も少ないです。なぜなら、メーカーの研究開発所や工場は、土日祝日・お盆・年末年始などの休日は稼働をストップするからです。

そのため、普段からきちんと休めてお盆や年末年始は長期休暇を取得しやすい環境です。繁忙期以外であれば有給休暇も取得しやすいので、家族や友達と旅行に行ったり自分の趣味を楽しんだりすることができます。

第3位:工場での製造

工場での製造の仕事は納期が近付いていると残業をすることもありますが、それ以外では残業をすることはありません。会社の休日は工場も稼働していないので、休日出勤をする可能性は極めて低くなります。

お盆・年末年始・ゴールデンウィークなどの大型連休は長期間休むことができます。肉体労働で疲れやすいので、体調不良のときは遠慮なく休むことができます。なぜなら、無理をするとけがをする恐れがあるからです。

第4位:MR(医療情報担当者)

製薬会社のMRは休みが多いのに給料が高いのが特徴です。その理由は、MRは病院や院内薬局を相手に仕事をするので、病院の開業時間・曜日に合わせて仕事を調整できるからです。高度な専門知識が必要なので、給料も高くなります。

土日は会社が休みですが、土曜日も診療している病院を担当している場合はあえて土曜日に営業に行くこともあります。ただし、休日出勤をするかどうかは自分の裁量で決められるので、強制ではありません。

第5位:社内のシステムエンジニア

システムエンジニアは、残業や休日出勤が多くて激務だと思われがちです。しかし、社内のシステムエンジニアであれば休日出勤をするほど忙しくはありません。なぜなら、システムを使うのは社員のみなので、社内で仕事が完結するからです。

社内のシステムエンジニアは、他のシステムエンジニアと比較して新しくシステムを構築する機会は少ないです。社内システムの管理が主な仕事になるので、休日出勤は必要ないのです。

第6位:地方公務員

市役所などの地方公務員は、カレンダー通りに休むことができます。特に、窓口対応などは土日が完全に休みなのできちんと休日を満喫できます。繁忙期は残業をすることもあります。

ただし、同じ公務員の中でも国家公務員の場合は激務になるので注意が必要です。国家公務員は大きな省庁で働くことになるので、業務量が膨大です。お給料が税金から支払われることもあり、残業代が全額支払われないこともあります。

第7位:フリーランス

自分で仕事をもらって働くのであれば、自分の好きなときに働いて休むことができます。のんびりと仕事をしたいのであれば、仕事量をセーブしてもOKです。ただし、収入が安定しないのがデメリットと言えます。

フリーランスで記事を書いたり、プログラマーとしてアプリを開発したり、自分の得意分野で活躍することができます。締め切りなどは自分で管理することになるので、計画的に仕事を進める必要があります。

休みが多い仕事を見つけるためのポイント

休みが多い仕事に就くためには、求人を探すときに気を付けたいポイントがたくさんあります。求人情報に書いてある週や年間の休日数はもちろん、有給が取りやすい社風かどうかなども確認するべきです。

この章のポイント

年間の休日数が多くても、実際には激務で休めないこともあります。これは入社してみないと分からないことなので、事前にきちんと調べておくことが大切です。

求人情報で休日数を確認する

求人情報の中には、必ず休日になる曜日や週休何日であるか・年間の休日数は何日あるかが記載されています。年間休日数が120日を超えると休みが多いということができ、中には130日ある会社もあります。

完全週休2日制と週休2日制には違いがあるので注意しましょう。完全週休2日制は、1週間の内必ず2日休みがあります。一方、週休2日制は1年の内月に1回以上2日の休みがある週が存在するという意味になります。

参考:en転職「週休2日制と完全週休2日制の違い」

会社の口コミや社員からの情報を参考にする

求人情報に「年間休日120日以上」と記載されていても、実際にはそんなに多く休めないことがあります。それは、休日出勤を強要するブラック企業の場合です。このような会社には注意しなければなりません。

会社がブラック企業かどうかは求人だけでは判断できません。社員が会社の口コミを書いているサイトがあるので、参考にするのがおすすめです。実際に働いている人に話を聞くのも良いでしょう。

ノルマが無いかを確認する

営業職の場合は売り上げのノルマを課せられることがあります。ノルマを達成できないと達成できるまで働かされたり叱責されて残業を強要されたりするなど、問題につながる恐れがあります。

厳しいノルマではなく、「目標」として提示される会社であれば無理矢理残業や休日出勤をさせられることはありません。プレッシャーを感じることなく、のびのびと仕事をすることができます。

残業の制限や禁止の取り決めがある

会社内で長時間の残業をしないように制限したり、ノー残業デーを設けて残業を禁止したりするなどの取り組みを行っている会社はワークライフバランスを大切にしていると言えます。

残業が制限されると、時間内に仕事を終わらせる必要があります。そのため、仕事に集中できますし作業効率もアップします。効率が上がったおかげでボーナスや給料までアップすることも期待できます。一石二鳥と言えるでしょう。

有給の取得率を確認する

社員が1年間にどれくらい有給を消化しているかも重要です。有給取得率が高い会社は、全員が有給を取得しやすく休みやすいと判断することができます。求人情報やホームページに載せている会社もあります。

働き方改革によって、今後はさらに有給を取得しやすくなると考えられます。自動車メーカーなどは有給の取得率が高い傾向にあります。有給取得率のランキングが発表されているので参考にしてみてください。

BtoB業界を狙う

BtoB業界とは、企業を相手に取引をする業界のことです。メーカーや商社などがこれに当たり、土日は取引先企業が休みになるので休日出勤はほとんどなく、しっかりと休むことができます。

一方、BtoC業界は一般消費者を相手にしている業界のことです。飲食店や美容院などの販売・サービス業などがBtoC業界の例です。このような業界は会社自体の休みが少なく年中顧客がいるため、休みが少ない傾向にあります。

見なし残業制度を採用していない

見なし残業制度は、外回りが多い営業職によく採用されている制度です。外回りの場合は取引先に直行・直帰することもあるため、労働時間と余暇の時間の境界があいまいになります。そのため、だいたいの残業時間をあらかじめ計上しているのです。

見なし残業制度が採用されていると、実際に残業した時間が見なし残業時間を上回ることが多いです。その場合は当然残業代を請求できますが、請求せずに長時間働くケースが多いです。

離職率を確認する

過去数年分の離職率を確認することが大切です。なぜなら、離職率が高いと社員が定着しない理由が必ず存在するからです。

離職率が高い理由は様々なことが考えられますが、多くはパワハラや休みが取れないなどの理由によるものです。

離職率と合わせて「平均勤続年数」を確認するのもおすすめです。平均勤続年数が長ければ長いほど、社員が定着しやすい会社だと判断することができます。

シフト制ではない

販売やサービス業などは、会社やお店の休みが少なくて1日の営業時間が長いという特徴があります。そのため、ほとんどの職場がシフトを組んで交代で働いています。

シフト制になると、体調不良や急用などで簡単に休むことはできません。なぜなら、自分の代わりに誰かが出勤しないと人手不足に陥るからです。逆を言えば、誰かが休んだ場合は休日でも出勤しなければならないこともあります。

持ち帰っての仕事が無い

残業が制限・禁止されている場合、遅くまで会社で仕事をすることができません。仕事が終わってないからと言って、持ち帰って家で働かせる会社はNGです。家に帰っても心身ともに休まりませんし、ストレスになります。

持ち帰って仕事をする場合、残業代が請求しにくいと感じてしまうこともあります。仕事を持ち帰ってさせるような風習のある会社は、実際に家に帰っても心置きなく休むことができないでしょう。

産休・育休の取得率を確認する

産休や育休の取得率は、ブラック企業かどうかを見極める点で重要になってきます。取得率が高いと、社員とその家族を大切にしている会社になります。

産休・育休から復帰した後も時短勤務を認めるなどの対策を取っている会社は、一人一人に負担をかけず休みが多い会社と判断できます。

男性の育休を推進している会社であれば、休みを取りやすい雰囲気の職場です。有給を取得するときも気兼ねしなくて大丈夫です。

社員を大切にしている

社員一人一人を大切にしている会社は、休日出勤がなくて有給を取りやすいと言うことができます。なぜなら、みんながストレスを抱えずに長く働けるように気を配っているからです。

会社見学のときにみんなが生き生きと働いている会社や、面接のときに緊張しないようにリラックスできるような雰囲気を作ってくれる会社がおすすめです。面接官が圧迫してくるような会社は注意しましょう。

風通しの良い社風かを確認する

部下が上司に意見を言いやすく、上司が真剣に話を聞いてくれるような会社は働きやすいでしょう。なぜなら、このように風通しの良い社風であれば、働きやすくなるような工夫をどんどん行っているからです。

部下が「こうすれば働きやすくなる」という意見を上司に伝え、その上司が次々と上の上司に伝えていってくれるので、残業対策や休日出勤しないような取り組みを作りやすいです。自分で改善策を提案することもできます。

人事評価の基準が明確

ボーナスや昇給のための人事評価の基準が、業務効率や売上げ成績を重視している場合は長時間労働を強制されにくいです。もし、人事評価の基準があいまいである場合は、残業時間や休日出勤を重視する恐れがあり、休みが少なくなってしまいます。

労働時間そのものが人事評価につながると、待遇面を良くするために無理して残業や休日出勤をすることになります。自分を犠牲にして高い給料をもらうことになるのです。

効率の良い仕事を重視する

仕事の効率を重視する会社は、仕事の時間短縮をはかることができます。その結果、業務期間内に全ての仕事を終わらせて定時で帰るのが当たり前になります。

効率が良くなれば従来のやり方を変えてもOKですし、その改善案を考えることが推進されています。改善案が評価されたり作業効率が良くなったりした場合は、待遇まで良いものになるでしょう。

労働時間を短縮しながら高い給料を得ることができます。

社員同士が助け合っている

自分の仕事が終わったり手が空いたりしたときに、他の人の仕事を手伝おうとする会社は残業時間も休日出勤も少ないでしょう。なぜなら、お互いに仕事を分け合っているので大きな負担がかかることが無いからです。

このような会社を見つけるには、転職前に会社の雰囲気を知ることが大切です。実力主義や少数精鋭の会社は一人の負担が大きくなります。アットホームで疑問点を質問しやすいような会社がおすすめです。

上司が休みを取っている

上司が有給を取得すると、その部下たちも有給を取得しやすい雰囲気が作られます。特に、管理職の場合は仕事が多くてなかなか有給を取れないことがあります。それでも率先して取得することで、みんなが有給を取るようになります。

上司がむやみに残業しないことも大切です。上司が残業しているのに自分が帰るのは申し訳ないと思う人もいます。上司が早めに帰ることで、部下が真似しやすい雰囲気を作っていることが大切です。

労働環境の改善を実施している

労働者がもっと生き生きと働けるように、残業を減らしてもっと休めるように工夫している会社もあります。そのような会社であれば、休日出勤や残業が制限されて休みが多くなります。

例えば、プレミアムフライデーがそれに当たります。取り入れている会社と取り入れていない会社がありますが、プレミアムフライデーを実施している会社は組織が柔軟で労働環境の改善を実施しやすいと言えます。

休みが多い仕事で働くときの注意点は?

あまり休めない仕事から休みが多い会社に転職すると、労働環境はもちろん生活リズムや仕事に対する考え方まで変わることになります。だらだらと過ごすのではなく、仕事もプライベートもメリハリをつけて過ごすことが大切です。

この章のポイント

休みが多い仕事は、時間効率を意識して仕事をする必要があります。効率を良くしながら働くことで、待遇面も改善されていきます。

メリハリをつけて働く

仕事をするときは集中して取り組み、休憩時間や退社後は必ず休むようにしましょう。休みが多いと労働時間が限られるので、就業時間中に集中して仕事をしないと時間内に仕事が終わらなくなってしまいます。

退社するときにやり残した仕事を持ち帰るのはNGです。これを一度やってしまうと癖にる恐れがありますし、せっかく転職したのに残業が当たり前になっている会社と同じことをしていることになります。

効率の良い仕事をする

繁忙期ややることがたくさん溜まってきたときは、効率よく仕事を進められるように意識しましょう。なぜなら、残業や休日出勤をしない場合は、仕事を効率よくこなして短時間で多くの仕事を終わらせる必要があるからです。

ただし、急いで仕事をした結果ミスを連発すると信用されなくなって「仕事ができない人」というレッテルを貼られてしまいます。効率よく進めながらも正確さが求められることになります。

計画的に仕事をする

締め切り前に焦らなくて済むように、計画的に仕事を進めることが大切です。締め切り直前に焦って仕事をすると、ミスをしてしまう恐れがあります。最悪の場合は納期に間に合わず他の人に迷惑をかけることになるでしょう。

そのようなことを防ぐためには、無理のない計画を立てて仕事をしてください。仕事の計画を立てていると、有給を取るタイミングを見極めやすくなるというメリットもあります。

むやみに残業しない

今まで残業が当たり前になっていた会社にいた場合、定時で帰るのは慣れないこともあるでしょう。しかし、その日の分の仕事ができたのであれば早めに帰るようにしてください。

また、できるだけ多くのお給料をもらうためにむやみに残業をするのはモラルに反します。そのような方法でお給料をアップさせるのではなく、結果を出して実力を示すことでお給料やボーナスを挙げることを考えるようにしましょう。

家族や友達との時間を大切にする

今まで激務でできなかった分、家族や友達と過ごす時間を大切にするのがおすすめです。休日出勤ばかりでは、家族サービスできなくて自分も家族も寂しい思いをしていたはずです。

休日は家族と過ごすことで、家族の仲がどんどん良くなっていきますし思い出を作ることができます。仕事で嫌なことがあったりミスをして怒られてしまったりしても、休日に家族に癒してもらうことでまた頑張れるようになります

勉強に取り組む

社会人になると、仕事で必要なこと以外は勉強しなくなります。特に、休みが取れなくて疲れていると勉強どころではないでしょう。自分の興味のあることや仕事に活かせそうなことを勉強するのがおすすめです。

仕事に関係することを勉強しておくと、後々その知識が役に立つときが来ます。さらに、専門の資格を取得すれば、仕事の幅が広がりますし資格手当がついて経済的に豊かになります。

休日に仕事のことを考えない

休日は仕事のことを忘れて心の底からリフレッシュしましょう。誰にでもやりたくない仕事をやらなければならなくて憂鬱になることがあります。しかし、その憂鬱な気分を休日に持ち込むのはもったいないです。

休日は友達や家族と出掛けたり趣味に没頭したりして、いったんは仕事のことを忘れてください。しっかりとリフレッシュすることができれば、憂鬱な仕事に対しても前向きに考えられるようになります。

辛いときは無理をしない

体調を崩して辛いときは、無理して出勤する必要はありません。まずは治すことに専念するため、休みを取りましょう。その日のうちにしなければならない仕事は、必ず同僚に伝えておくようにしてください。

ブラック企業であれば、風邪をひいても無理して出社することもあったと思います。しかし、症状が酷いのに出社すると他の人にうつすことになります。周囲の人のことを考えると、休んだ方が良いのです。

同僚や部下を手伝う

自分の仕事に余裕があるときや手が空いたときなどは、忙しそうにしている同僚や部下を手伝うようにしましょう。そうすることで、その人の残業を減らすことができ、頼りにしてくれるようになります。

また、自分が忙しくて困っているときに恩返しとして手伝ってくれるでしょう。このような輪が広まればみんなが助け合いを大切にするようになり、働きやすい職場にすることができます。

昇進などステップアップを視野に入れる

日々の業務に追われるだけで精いっぱいの会社では、昇進などのステップアップの機会を逃すことになります。一方、休みが多い会社では時間にも心にも余裕ができるので、昇進について考えられるようになります。

昇進すると、お給料がアップしていろいろな仕事を任せられるようになります。仕事のやりがいや自分の成長につながり、モチベーションがアップしてますます仕事が楽しくなるでしょう。

プライベ―トも仕事も充実した生活を送ろう

残業や休日出勤が多くて休めなかったりすると、心身ともにボロボロになってしまいます。そうなる前に休みが多い仕事に転職することがおすすめです。体や心を壊してしまっては取り返しのつかないことになります。

休みが多い仕事に就くことによって、時間や心に余裕ができます。また、効率よく働くようになるので仕事が評価されやすくなるというメリットもあります。プライベートも仕事も充実させることができて一石二鳥です。

ランキング

記事一覧