1. HOME
  2. 転職する方法を探す
  3. やりたい仕事を探す
  4. 今後ますます活躍できる将来性のある仕事ベスト5をご紹介
やりたい仕事を探す

今後ますます活躍できる将来性のある仕事ベスト5をご紹介

仕事に求められる将来性とは?

これから就職・転職をしようとしている誰もが、将来性のある仕事に就きたいと考えていますよね。今後無くなってしまったり、AIや機械に取って代わられたりするような職業だと、いつ職を失うか分かりません。

かつては駄菓子屋やたばこ屋などが何軒もありましたが、今はコンビニに売上げを奪われ、ほとんど見ることが無くなりました。今後もAIやIT技術の発展によってレジ係や電話オペレーターなど多くの職業が消えると言われています

今後あなたがずっと活躍し続けるにはどのような職業がおすすめなのかを考えてみましょう。

将来性のある仕事の条件

将来性のある仕事については、業界面と職種面の両方を考える必要があります。

業界面では今後も無くなることがなく、需要の増加や市場の拡大、大幅な利益アップなどが見込める業界を選ぶべきです。先ほど紹介したたばこ屋は、健康志向の人が増えたりたばこ税が増税したりしたことで、購入する人が減ったことも消えつつある原因として挙げられます。

職種面では業界面と同様に今後も無くならないことが大切です。他にも、医師や看護師などのように専門的な資格と経験を持っていると就職に有利です。

その業界や職種が今後もなくならない

人々の生活に欠かせない商品やサービスを扱っている業界は、今後無くなるリスクは低いと言えます。例えば、電気・ガス・水道・鉄道・インターネットなどです。このような業界は安定していて、特に今後も伸びていくのはインターネット業界です。

上記の業界の中でも、鉄道業界の運転士はコンピューターの自動運転に仕事を奪われる恐れがあります。現在すでに東京のゆりかもめは自動運転を実現させています。

どのような職種がコンピューターに仕事を奪われないかというと、人間にしかできない新しい発想・価値を生み出せる仕事です。例えば医師や看護師などの医療系職種・教師・警察・弁護士などが考えられます。

将来にわたって稼げる見込みがある

現時点だけ稼げるのではなく、将来にわたってずっと稼げることも大切ですよね。会社によって給料や昇給についての取り決めは様々ですが、できれば年功序列でどんどん給料が上がっていったり、きちんと賞与をもらえたりするような会社がおすすめです。

欧米では年功序列とは真逆で、勤続年数に関係なく個人の能力によって給料が決まる会社が多いです。バリバリ働けるうちは良いですが、病気やけがで仕事が制限された場合は給料も大きく下がってしまいます。

年功序列だと給料は下がらないままなので、予期せぬ事態が起きても安定して稼ぐことができます。

そのうち莫大な儲けが出る

今後大きな儲けが出るような仕事も将来性があると言えます。今話題のAI技術に関する仕事が代表例として挙げられます。このAI技術が発展していくことによって人間の仕事が奪われると言われています。

他にも、先端医療の開発や特許取得に関する仕事なども大きな儲けに繋がると考えられます。先端医療の開発の代表例はiPS細胞が有名ですよね。今後も研究が進むにつれて、人の命が救われるだけではなく大きなビジネスチャンスが生まれるでしょう。

最近、特許侵害が話題になることが増えてきましたよね。お店のロゴやキャラクターなどもきちんと特許申請しなければ、勝手に使用されるなどのトラブルになりかねません。弁理士は特許のエキスパートです。今後は弁理士の仕事も増えていくでしょう。

ずっと変わらずに働ける

あなたに仕事上でブランクができてしまったり、引っ越しをしたりしたときでも、年齢や地域に関わらず仕事を見つけやすいことも大切ですよね。

例えば、看護師・薬剤師・医師などの医療系専門職は、田舎でも都会でも求人数が多いです。人手が不足している地域もあります。資格を取るまではとても大変ですが、その分専門的な知識と経験を身に付けられるので就職に困りません。

資格を取るだけではなく、実務経験を積むことも大切です。経験が少ない人よりも経験豊富な人の方が採用されやすい傾向があるので、どんな仕事でも経験を積んで誰にも負けないという部分を作って自分の強みにすることも大切です。

今後の需要が見込まれる

今後の日本はますます少子高齢化が進んでいくでしょう。対象となる客層が今後も増え続けるので、高齢者向け産業がますます発展していくと考えられます。

例えば老人ホームです。「老人ホーム」と言っても様々な金額・形態のものがあります。公的でリーズナブルな特別養護老人ホームもあれば、月額数十万円もする高級老人ホームもあり、その需要が高まってきています。

高齢者が増えて労働人口が減ってきている日本を支えるために、移民の受け入れも活発になるでしょう。今後は移民に対するビジネスの需要も高まると考えられます。例えば移民に対しての日本語習得の教育が挙げられます。

今後の活躍のフィールドが広い

日本国内だけではなく、海外市場も対象になる仕事は今後活躍できるフィールドが広く、将来性のある仕事だと言えます。例えば、建設業界は国内だけではなく発展途上国での道路建設を行っている会社もあります。

TPPの発効により、さらに貿易が活発になると予想されます。貿易に関係する仕事や商社も今後活躍するフィールドが広がっていくでしょう。

このような仕事に就くには、英語のスキルは必須です。ビジネス会話もできなければいけませんが、業界の専門用語も覚える必要があります。

会社が潰れても次の行き先がある

もし、あなたが勤める会社が倒産してしまったら、すぐに次の就職先を見つけられる自信はありますか。このような自信をつけることも大切ですよ。例えば語学や簿記など、転職に有利な資格を取ることです。まずは働きながら資格取得を目指しましょう。

他にも、弁護士や税理士などの士業は独立することができるのでおすすめです。

ただし、資格を取った後は実務経験も必要です。独立する場合はそれまでに人脈も築いておかなくてはなりません。何事も早めに行動に移して実現することが成功のカギですよ。

将来性のある仕事ランキング

今後は少子高齢化が進むことにより、医師や看護師、介護士の需要が増え続けます。技術面ではAI・ロボット産業がますます発展していくでしょう。スマホのアプリ開発やビックデータの扱いができる優れた技術者も必要とされると考えられます。

グローバル化も進んでいるので、英語などの語学ができると活躍の場が広がります。日本だけではなく、海外で働くチャンスも手にできますよ。

弁護士や税理士などの士業も将来性があると言えます。資格取得は困難ですが、法律や税のスペシャリストになれるので、今後も多くの人に頼りにされ続けるでしょう。

1位:少子高齢化に対応した仕事

今後ますます深刻化する少子高齢化に対応する仕事の需要は増え続けていくでしょう。医師・看護師・薬剤師などの資格取得が必須の医療職もあれば、未経験でもできる介護職まで様々な仕事があります。

資格が必要な医療職は専門の大学を出たり、難しい国家試験をパスしたりしなければならず、簡単に取れるわけではありません。一方で介護職は未経験でもできますし、「介護職員初任者研修」という資格は最短1か月で取得可能です。

医療や介護は人間がやるしかない部分が多く、まだまだなくならない仕事の1つです。介護士は過酷というニュースもありますが、国の政策でも介護報酬改定などの取り組み介護人材の処遇改善について)を行っていて、改善傾向にあります。

2位:IT系の技術者

現在も需要が高いIT系の技術者は、今後も需要が伸び続けると考えられます。ただし、コンピューター向けソフトのプログラミングだけではなく、スマホ向けのアプリ開発やビッグデータの扱いができると将来性がぐんとアップします。

最近はスマホで仕事をしたりゲームをしたりすることが増えてきています。今後もスマホが活躍する幅は広がり続けていくでしょう。

また、ビッグデータを分析する能力があれば、顧客の市場調査から経営戦略の策定まで、あらゆる業務の最適化や迅速な意思決定を実現できます。今後はさらにビックデータの活用が見込まれるでしょう。

3位:AI・ロボット系の技術者

AI・ロボット系の技術者は今後さらに必要とされるでしょう。現在、家庭用ではお掃除ロボット、店舗ではペッパーが普及しています。動車の自動運転の実用化への取り組みも進められています。このような新しい技術は話題になりますし、手間や人件費を削減できます。

医療用の手術ロボットも開発が進んでいます。人間ではできない細かい作業が可能になり、患者さんの負担を最小限に抑えることができます。医療の発展と言う点から見ても、技術者の将来性は期待できるでしょう。

ただし、このような仕事は理系の研究職になるので就きたくても就けない場合が多いです。早めから志し、AIやロボット技術の研究に力を入れてる大学や研究室に所属するのが一番の近道です。

4位:英語でコミュニケーションする仕事

海外旅行でスマホの翻訳機能を使ったときに変な英語になってしまって、うまくコミュニケーションを取れなかったという経験もありますよね。コミュニケーションを取るには細かい表現もポイントになります。そのため、機械翻訳では代替できない分野になります。

近年、日本への海外旅行者が増加しているので、観光業界でも需要が高まっています。

英語でコミュニケーションを取ることができれば、日本市場の将来が先細りでも海外で働くという選択肢も視野に入れることができますよ。

5位:弁護士や税理士などの士業

弁護士や税理士、会計士などの士業も将来性のある仕事です。法律トラブルや会社の法務に関する仕事は尽きることはありませんし、増税や減税などがあると税金に関するスペシャリストはずっと頼りにされ続けるでしょう。

顧客を獲得できるのであれば、士業は独立することもできます

ただし、資格取得は容易ではありません。専門学校に行って資格を取る人もいれば、働きながら資格取得を目指している人もいます。働きながらであればかなりの根気が必要になりますが、取ってしまえば実務経験を積んでステップアップできますよ。

実際に将来性のある仕事に就く方法

将来性のある仕事を探すには、具体的にどのようなことをするべきなのでしょうか。

まずは業界研究・企業研究をして自分に合う会社を選びましょう。財務状況もチェックして倒産などの危険が無いかも調べると良いです。もし自分のやりたい仕事が定まっていないのであれば、大手企業に就職してやりたいことを模索しながら将来性のある仕事に携わるのも良いでしょう。

資格が必要な仕事に就きたい場合は今から勉強を始めましょう。転職について不安があったり、情報が欲しい場合は転職エージェントに相談しましょう。知識豊富なエージェントがあなたをきちんとサポートしてくれますよ。

業界研究をする

まずは業界研究をして、将来性のある業界はどのようなところがあるのかを調べましょう。そしてその業界には、具体的にどのような商品やサービスを取り扱っている企業があるのかも調べてみましょう。

例えば、介護業界は今後も伸びていく業界と言えますが、介護と一口に言っても幅広い仕事が存在します。現場に出て実際に人と接する介護職もあれば、車いすや介護ベッドなどを扱う介護用品メーカーもあります。

現場に出て直接人と接したいのか、優れた介護用品を通して人の暮らしを豊かなものにしたいのか、自分の目指す働き方を考えることも大切ですよ。

企業研究をする

業界研究と同様に、企業研究も大切です。企業研究は会社の方針や考えとあなたの考えのミスマッチを防ぐために行うものですが、他にも重要なことがあります。それは会社の経営状況を知ることです。

いくら将来有望そうな業界でも、売上高が低かったり資金調達力が無かったりする会社は将来倒産してしまうかもしれませんよね。このようなことを防ぐためには、会社のホームページや会社四季報などで売上高や営業利益額などの推移を調べてみましょう。

資格職を目指すなら今から勉強する

弁護士や税理士、医師や看護師など、資格が必要な仕事に就きたい場合は今から勉強しましょう。弁護士・税理士・公認会計士などは働きながらでも取得可能です。社会人用のコースが設けられている専門学校もあります。

一方、医師・看護師・薬剤師は働きながら取得するのは困難でしょう。専門の学校・学部に行かなければなりませんし、実習もあります。しかし、一度社会人を経て一念発起し、医師免許を取得する人もいます。何かを目指すのに遅すぎるということはありません。

とりあえず大手企業を目指すというのもあり

将来性のある仕事に就きたいけれど、これと言って入りたい業界や会社が無い場合もありますよね。特に学生や若い人は経験が無くてやりたいことを見つけられないこともあります。

このような場合、大手企業に就職してから自分のやりたいことを模索するのも良いでしょう。大手企業であれば数多くの事業を並行して行っていたり、幅広い事業を手掛けていたりします。その中に将来性のある新プロジェクトを抱えている確率も高くなります。

自分のやりたいことを考えながら、将来性のある仕事に携わることができる可能性がありますよ。

知識豊富な転職エージェントに相談

将来性のある仕事についてもっと詳しく知りたい場合や就職の情報を得たい場合は転職エージェントに相談してみましょう。知識が豊富で最新の情報も教えてもらえるので、効率良く転職活動をすることができますよ。

転職サイトの代表例として、リクナビNEXTマイナビ転職エン転職doda(デューダ)などが挙げられます。

このような転職サイトに登録すると無料でエージェントサービスを受けることができます。自分の知りたい情報やおすすめの会社を紹介してもらえるので、ぜひ活用してみましょう。

将来性のある仕事を長く続けるポイント

将来性のある仕事に就いても、長く続けられなければ意味がありません。長く続けるためには、働きやすくて自分に合う会社を探し、そこで努力することが大切です。

会社の中にはブラック企業もあり、早めに辞めた方が良いところも存在します。ブラック企業であるかどうかは働いてみないとわからないこともあるので、できれば実際に働いている人に話を聞いてみるのがおすすめです。

他にも仕事を好きになれるかどうかや、産休・育休を取りやすいかどうかという点も重視するべきです。会社内の環境も重要ですが、自分自身が成長できるように努力を怠らないことも大切ですよ。

儲けていてもブラック企業だったら続かない

いくら将来性のある仕事でも、入社した職場がブラック企業であれば働き続けるのは難しいですよね。むしろブラック企業だと判断した段階で退職し、新しい職場に移った方が良いでしょう。

残業時間が多すぎたり、パワハラが日常茶飯事のブラック企業で我慢し続けると、いつか精神的に辛くなって体調まで悪くなってしまいます。最悪の場合はうつ病になってしまいます。そうなると自宅や病院で治療しなければならず、仕事ができなくなってしまいます。

「入社したら3年は頑張るべき」と言う人もいますが、すべての場合に当てはまるわけではありません。ストレスでダメになってしまう前に、他の働きやすい職場に移りましょう。

自分が仕事を好きになれなければ意味がない

嫌いな仕事・興味のない仕事・やりがいのない仕事など、好きになれない仕事を続けるのは辛いですよね。その仕事をどう感じるかは人それぞれ違いますが、自分の仕事を好きになれないと辞めたいという気持ちが強くなってしまうでしょう。

仕事を探す時は自分の興味のあることを重視して探すと良いでしょう。「自分にもできる簡単な仕事が良いな」と考えることもありますが、簡単でも興味がないと長く続けるのが苦痛になってきます。

就職したら仕事を覚えながらやりがいを見つけましょう。上司に褒められたり同僚に頼られたりするとモチベーションもアップしますよね。自分の仕事で誰かに喜んでもらえたり、役に立っていたりすることを実感すると、仕事をもっと好きになれるでしょう。

長く続く会社はワークライフバランスを大切にしている

ワークライフバランスとは、仕事と生活の調和のことです。誰もが充実感を持って働いて仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても人生の各段階に応じて多様な生き方を選択・実現できるのを重視するということです。

このような仕事と私生活の充実が実現できる会社は長く続く傾向があります。無駄な残業や休日出勤を無くしたり、短時間勤務制度や在宅勤務を認めるなど、働き方の多様化によってワークライフバランスを充実させている会社もあります。

女性はライフスタイルの変化に対応できる仕事を選ぶ

女性は出産や育児で長期的に休まなければならない可能性もありますよね。このような女性ならではの出来事に対応できる仕事を選びましょう。

産休・育休がきちんと取れる会社がおすすめです。規則が存在するだけではなく、実際に産休・育休を取得して職場復帰をしているという実績があることも大切です。女性だけではなく男性も育休を取りやすい会社なら、なお良いでしょう。

時短勤務が認められたり、子どもの体調不良で早退や休みやすかったりするという点も確認が必要です。子どもは体調を崩しやすいので突然休んだり早退しなければならないことが増えます。周囲がサポートしてくれる職場が働きやすいでしょう。

自分自身が成長できるように努力も必要

業界や会社を選ぶことも大切ですが、自分自身が成長させるように努力することも大切です。例えば仕事で必要な知識・資格を身につけたり、自ら進んで仕事を覚える努力をすることです。

自分からは何も学ぼうとせず、ただ受け身の姿勢でいるのは誰にでもできますし、最低限の仕事はこなせるでしょう。しかし、さらに一歩踏み込めば学ぶべきことはたくさんありますよ。このように努力して得たものは必ず自分に良い結果として返ってきます。

先々まで安心して働ける仕事を選ぼう

今後も成長が見込まれる業界で、働きやすさと安定性を重視して会社を選ぶのが、将来にわたって安心して働ける仕事に就くポイントです。

医師や看護師、弁護士などの難関資格も重宝されますが、みんながこのような資格を取得できる時間とお金があるわけではありません。今勤めている職場や今後入社する予定の職場で活躍し続けるには、スキルアップするための努力を怠らないことも大切です。

将来性のある仕事はあなたの努力次第でつかみ取ることができますよ。

ランキング

記事一覧