「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 転職する方法を探す
  3. やりたい仕事を探す
  4. 大変な仕事とは?大変でも就く価値はある?ランキングで解説
やりたい仕事を探す

大変な仕事とは?大変でも就く価値はある?ランキングで解説

「大変な仕事」をさまざまな角度から見てみよう

人が「大変な仕事」に興味を持つのはなぜでしょうか。

「大変そうだから就職のときに避けたい」「大変な代わりに稼げそうだからやってみたい」「単に自分の知らない仕事の世界のことを知りたい」……いずれの動機にしても、実際に知ってみると、仕事を大変と思うかどうかは人や状況によるということがわかります。

本記事では、世間で「大変」と言われがちな仕事をランキングで紹介しますが、個人の考え方によっては逆に「やってみてもいい仕事」だと思えるかもしれません。世の中を広く知り、自分の持っている仕事選びの選択肢を深めるために、参考にしていただければ幸いです。

理想の仕事に就きたいなら、「ミイダス」を試してみよう

dodaなどでおなじみパーソルキャリアが提供する「ミイダス」は、「理想の仕事に就きたいけれど、転職活動を始める勇気はない……」という人をサポートしてくれるツールです。

まずプロフィールを入力すると、まず転職市場における自分の価値=転職後の想定年収が算出されて、転職への自信がつきます。さらにうれしいのが、登録して待っているだけで優良企業からのスカウトが来ることです。自分自身ではなにもアクションを起こさなくとも、自分の市場価値を認めてくれた企業が声をかけてくれるのです。

ミイダスをおすすめする理由
  • 自分の市場価値がわかり、自分の可能性に対して前向きになれる
  • 自分の市場価値を認めてくれた企業からスカウトが来る
  • 何もせず待っているだけでいいので、気軽に転職活動を始められる

スキマ時間に簡単登録&診断したら、あとは何もしなくてOKです。スカウトはたいてい登録後にすぐ来ます。スカウトが届いたら、その時点で書類選考は通過。内定までショートカットできます。まずはぜひ診断を試してみてください。

人が仕事を大変だと思う理由とは?

ここでは、人がどんな基準で仕事を「大変」だと思いやすいのかを紹介します。しかし、人によってこれらの理由に、どういうふうに順位をつけるかは違ってきます。

大変な要素がまったくない仕事というのは、そうそう見つかりません。ストレスをためずに長く働くためには、「どんな大変さをどこまで我慢できるか」を自覚しておくことが大切です。

「自分だったらどうだろう?」と大変さに順位をつけて、就職・転職時の条件を決める参考にしてみてください。

労働時間が長い

労働時間が長いと単純に疲れますし、帰宅してから家事や趣味などにあてる時間が減るので、精神面でもふさぎこんでしまいます。そういう意味で、勤務時間が長い仕事を「大変」と感じるのは当然です。

小売・サービス業は、労働時間が長い傾向にあります。また業界問わず、元請けでなく下請けは労働時間は長くなります。人手不足な職場や、頻繁に締め切りが来る仕事でも、慢性的に労働時間が長くなります。

ただし、「実家暮らしで家事をしなくていいし、趣味がないので仕事後にやることがない」「事情があって家にいたくない」というような人は、長時間職場にいることが苦にならないので、残業代で稼ぐという手があります。

休みが不規則

休みが不規則な職場は、必然的に、仕事をする時間も不規則になります。そうすると生活全体が不規則になり、休みを実感できません。

それでも日勤のみの仕事であれば、土日に休めなくとも平日に休めて、街が混んでいない日に買い物ができるなど、メリットもあります。

大変なのは、夜勤込みの24時間シフトのある仕事です。「朝起きてから夜寝るまでが一日」という自然の摂理に沿った生活ができないので、身体には負担がかかります。

昼に働きたい人と夜に働きたい人がバランス良く充分にいれば、シフトも希望通りに組まれるかもしれませんが、そんな恵まれた環境は残念ながらそうそうありません。

給料が低い、または労働に見合っていない

普通に働けば結婚して家と車を買って子育てができるような時代は終わってしまいました。現代では、一人暮らしもままならない若者が多く、場合によっては生活保護のほうが得だという事態にもなっています。

衣食住を制限しなければいけなくなり、遊びなど余暇にお金を使うどころではない場合は、「賃金が低くて大変な仕事」だといえるでしょう。

生活はしていけていても、「こんなに頑張っているのにこれだけ?」と、賃金に納得がいかないこともあります。この場合は相対的に、「労働に給料が見合わないから大変な仕事だ」と思ってしまうことでしょう。

人の命や人生がかかっていて責任が重い

責任の重い仕事にはストレスがかかります。人の命に関わる医療職や、人の人生を左右する弁護士や教師などがこれにあてはまります。責任が重いだけあって、どれも資格の必要な仕事です。

資格職でなくとも、部下を持ち、部下より重いノルマを課せられている管理職は、責任が大きいので大変な仕事といえるでしょう。

しかしこれらの仕事は、責任の重さの対価として、平均より高い給料をもらえています。本当に大変なのは、責任だけ課せられるのに給料が上がらない職場です。

クレームが多くて嫌われる

クレームの多い仕事は、精神的にタフでないと大変です。いちいち気にして真に受けていたら、心身がもちません。

商品のサポートセンターや、商業施設のインフォメーションセンターなど、「何かトラブルがあったら連絡する窓口」というのは、クレーム対応が業務の中心になりがちです。

また、所定のリストに従って機械的に電話をかけて営業をしていく、アウトバウンドのテレアポのような仕事も、クレームに近い反応ばかりされるので大変な仕事です。

細かいことを気にしてしまう性格なのに、クレームの多い職場に配属されてしまったら、それは大変な仕事だといえるでしょう。逆に、「そういう仕事だから」と割り切っていられるタフな人は、これらを大変だと思わずに済みます。

人の入れ替わりが激しくて人手不足

職場環境が悪いか、ブラック企業で労働条件が悪いかなど、何か問題があるために人がすぐに辞めてしまう職場は、悪いことが連鎖的に起こるので大変です。

たとえば、

  1. 人が辞める
  2. 人手が足りなくなり、仕事にミスが増えクオリティが落ちる
  3. それでも人が入る
  4. 人手が足りないので教育研修ができない
  5. 新人は放っておかれるうえに、クオリティの低い仕事ぶりを見せられるので嫌になる
  6. せっかく入った新人が辞める

というようなことがよくあります。人が辞める原因の元を断たないとこれは改善しません。

地域密着型の職場だと、辞めた地元の人の口コミで、ついには誰も応募しなくなり、人手不足が常態化していきます。

雇用が不安定で将来に不安がある

正社員ではなく、非正規社員をメインの労働力としている職種は多くあります。そのような職種に就いた場合は、ただでさえ収入が低いのに、常に契約解除の心配があるので、気苦労が多く大変な仕事だと感じることでしょう。

意外なところだと、図書館や公立美術館・博物館などのいわゆる「ハコモノ」は、公務員扱いだけれど賃金の低い非正規雇用という人が多くなってきています。周りから見ると安定しているうえに暇で楽そうですが、大変な仕事なのです。

派閥・陰口・いじめがある

性格において男女差別をすることは決して望ましくありませんが、体験談の多さとして、女性ばかりの職場でいじめや派閥争いが起こりやすいのは事実です。

たとえ仕事自体は楽しくとも、人間関係の風通しが悪く、気が休まらない中でずっと働くのは、大変だと思えてしまうでしょう。

例えば小さなクリニックや調剤薬局は、女性中心で閉鎖的な環境になりがちです。しかも調剤薬局の調剤室はたいてい狭く、休憩室で話をするのも、女性の会話の仲間に入ることも、新人や男性職員では不可能に近いです。

もちろん、一般企業でも同じ環境で同様なことが起こります。品質管理系の業務を行う試験室などは、女性ばかりであることが多いです。

大変な仕事ランキング

ここでは大変な仕事と言われている業種について紹介します。一言で大変といっても業界・業種によって大変さの内容も千差万別です。

仕事には色々な業界があり、また職種によっても仕事の中身、働く環境、待遇などが大きく異なります。まず仕事の内容を知り、次に自分がやりたいことを考えてみてはどうでしょうか。

少子高齢化に関連した仕事、資格や免許をもった仕事、実力や実績がものをいう仕事など、いろいろな角度からの切り口で大変な仕事について解説していきましょう。

1位:アニメ制作

日本のアニメは世界で高く評価されていますが、その制作環境は劣悪なことでも有名です。「好きなアニメに関われるから」というだけで、月給10万円ほどで寝ずに働いている人が非常に多い業界です。

最近、「日本のアニメ制作業者は、中国の3分の1の制作費で世界中を感動させる作品が作れる」と美談のようなドキュメンタリー番組が放映されました。しかし逆に言えば、日本は中国の3分の1しか制作費がない中で、高いクオリティを求めているということです。

実際に、有能なアニメーターは中国企業に引き抜かれてしまっています。それでもアニメーターの地位向上に努め、適正な待遇で社員を採っていた京都アニメーションは不幸な事件に遭ってしまいました。

2位:コンビニエンスストアの店長

昨今、コンビニの時短営業や年末年始休業が話題になっています。人手不足なのに、コンビニに求められることはどんどん多くなり、そんな中で24時間休まず営業するという形態に、限界が来ているのが今の世の中です。

コンビニの店長は、人手がないなら自分が働くしかありません。治安の悪い街では、酔っぱらい客や万引などのリスクにも晒されます。本社には強くものを言えず、決められるがまま新商品や新システムを導入しなければなりません。

また、「コンビニのバイト」というと、社会経験のない高校生でもできて、すぐ辞めてもいい仕事というイメージが定着してしまっています。長く働ける質の良い労働力を確保するのは至難の業です。外国人アルバイトが多い店舗では、言葉や文化の壁にも悩まされます。

3位:飲食店の店長

飲食店の店長も、コンビニ店長と似た大変さがあります。店長以外はほぼアルバイトということも珍しくないため、人がすぐ辞める問題には常に悩まされます

自分で開業した場合、自由にやれる楽しさはありますが、売上確保に悩むことになります。飲食店というのはよほど単価が高くない限り、チェーン展開してセントラルキッチン機能を設けることでようやく利益が出る仕組みなので、一店舗だけでは細々とした収入しか得られません

フランチャイズ・チェーン店の店長に就任した場合は、自分ですべてを決めなくていいので気が楽ではありますが、本社にノルマを決められます。個人店よりも客数が増えるため、人員確保や衛生管理も数倍大変になります。

4位:介護職員

介護職は、重労働で給料が安いということで、誰もが思いつく大変な仕事の代名詞のようになっています。

介護施設にもいろいろありますが、要介護度1〜5までさまざまな人がいて、夜勤のある職場だと、特に大変だと言われています。

夜勤が大変なのはもちろんのこと、さまざまな介護度の人がいるということは、「自分のことが自分でできて、話もしっかりできる人」から「何もできず話も通じない人」まで、さまざまな利用者相手に仕事を瞬時に切り替えていかなければいけないのです。

人の死などの事故・事件を目の当たりにしてしまうことも多い職業です。心身ともに大変だといえるでしょう。

5位:保育士

保育士は、れっきとした国家資格の必要な一生ものの職業です。しかし、そのわりに薄給激務なことで有名です。

保育士の大半は、子供との関わり自体はさほど苦ではなく、園の人間関係や保護者のクレーム対応、子供たちが帰った後の残業、持ち帰り仕事の多さなどにうんざりしています。

保育士の待遇改善はずいぶん前から問題になっているのに、国が効果的な施策を打たないことから、保育士に見切りをつけて別の仕事をしている人が少なくありません。

保育業界は、そのようにブランクのある元保育士を積極採用しようとしていますが、やはり待遇がよくないので人が集まらず、悪循環に陥っています。

6位:公立小中学校の教員

教師は、一日12〜16時間は拘束され、非常に幅広い業務を一手に担わなければいけない、大変な仕事です。教科指導と生徒指導に、部活、保護者対応、行事などを必死でこなし、勤務時間中に翌日の授業準備なんてできないので、家に持ち帰ってまだ仕事をします。休日も休めることはなかなかありません。

公立学校は転勤があるのも大変な理由のひとつです。高校と比べ、小中学校はどんな僻地にもあるので、どこに飛ばされるかわかりません。

それでいて、教員の不祥事があると大々的にニュースになってしまうので、世間からは厳しい目で見られています。

人の成長に関われる喜びと、公務員の安定性があることが、数少ないメリットです。

7位:無名の芸能人

夢を見て目指す人の多い芸能人の仕事。俳優、芸人、ミュージシャン、声優などさまざまな種類がありますが、いずれも急に有名になれる確率はほんのわずかです。下積みが長かったり、一度有名になっても長く安定な収入が得られる保証がない世界です。

生活のために、やりたくない仕事をこなし、その合間に技術を磨いてオーディションを受けるという暮らしが長く続きます。

自分で選んだ道だから、収入がなくともしばらく頑張れるかもしれませんが、才能がないと思ったらどこかで見切りをつけないと、いつまでも社会的弱者扱いになってしまいます。

8位:美容師

日本にヘアサロンはコンビニの4倍以上も店舗数があり、そこで働く美容師自身も「ヘアサロンは多すぎて競争が激しい」とわかっているのに、いまだに世の中には専門学校から美容師が毎年輩出され、ヘアサロンが開店しては廃業していっています。賃金も低く、非常に厳しい業界なのです。

下積み期間が長く、技術を磨く時間は給料が出ず、立ちっぱなしなうえに手が荒れるなど身体に負担がかかります。ネイルや着付けや揉みほぐしなども覚えなければいけませんし、技術料以外にもどうにかして収入を得るために、ヘアケア製品の営業トークも必要です。

「なんとなくオシャレで、専門学校を出れば自分でもなれそうだから」という理由で資格を取り就職すると、現実の大変さにぶち当たってしまいます。

9位:産婦人科・小児科の医師

医師は科によって大変さがまったく違いますが、特に大変と言われているのが産婦人科と小児科です。いずれも、大の大人が自己責任でかかる病院とは性質が違います

産婦人科は一度にふたつの命を扱うリスクがあり、無事に生まれなかった場合に責任の所在を明らかにするのが難しいです。そのため産婦人科は、検診だけを行い、分娩を扱わないところも多いです。

小児科も、子供だけでなく親に対応する必要があり、親は「子供だからこれから70年くらい生きるもの」と信じているので、万が一のときの説明を理解してもらいにくい大変さがあります。救急対応のある病院や、感染症の流行時期は、まったく休めないほどの忙しさになります。

10位:下請けエンジニア

SEやプログラマーは、仕事内容が自社のものか元請けか、下請けかによって大変さが違ってきます

最も待遇が良いのは、自社の業務としてシステムの開発やメンテナンスをしている場合です。絶対的な締切に追われることはなく、企画会議で自分のアイディアが通ったりと、クリエイティブなやりがいもあります。

逆に下請けになるほど待遇は悪くなっていきます。中間マージンを取られた低賃金で、納入締め切りは絶対に守らなければならず、場合によっては取引先の社内で肩身の狭い思いをしながらの作業となります。

作業内容やかかるコストを理解していない相手から依頼を丸投げされるため、驚くような無茶な要求に出会うこともあります。

それでも大変な仕事をする理由とは?

大変な仕事の中には、業界の構造的な問題で残業が多かったり給料が低かったり、そのために生活が大変だというものももちろんあります。これは業界がきちんと問題視して解決していかなければなりません。

しかし、中には大変だけれど誰かがやらなければいけない仕事、大変なぶんやりがいも大きい仕事というのがあります。

では、大変な仕事の「やりがい」の中身とはなんでしょうか。

責任も重いが達成感もある

ほとんどの仕事はチームで行うので、自分の役割自体に責任があります。責任を任せられると、人のモチベーションはグーンと上がりますね。

責任が重いときは、その仕事が一任されているケースが一般的です。仕事を任せられたので「自分の好きなようにやっていいよ」と言われているようなものです。

それは、自分の強みを活かして自分のペースで仕事を取り仕切ることができるビッグチャンスです。どんなやり方でも結果をもたらすことができれば、大きな達成感を得ることができ自信に繋がります。

人に感謝される

大変な仕事の中には、人から感謝される仕事があります。医師などの医療職で、命を救うことができた場合は、最も感謝されるでしょう。

命に関わることに限らず、自分の仕事をしているだけでも、結果的にそれが誰かの悩みの解消に繋がることもあります。悩みの解消に繋がれば人から感謝されます。「ありがとう」と言われて嬉しく思わない人はいません。

仕事が大変でも、感謝の一言でそれまでの苦労は忘れてしまいます。感謝には人を元気にする力があります。やりがいはそんなときに感じるのではないでしょうか。

その道のプロとして成長し続けられる

プロとはその分野で生計を立てるという意味です。好きこそ物の上手なれです。紆余曲折の中でも続けることに苦労をいといません。これは自分の好きな道、得意なことであればなおのことです。同時にすべてがスキルアップになり成長として自分に返ってきます。一石二鳥ですね。

プロの人には終わりがありません。生涯現役でライフワークとしている人がほとんどです。自分の道で生計を立てられるほど幸せなことはありません。もうそれはやりがいを通り越している姿でしょう。

大変な仕事に向いているのはどんな人?

大変な仕事であっても、それを大変だと思わない人もいるものです。あるいは、大変さよりも他に大事なものがあるから続けていける場合があります。

ここでは、大変な仕事に就くのに向いている人とはどんな人かを考えていきます。

自分の夢や目標に向かって努力できる人

大変な仕事でも、「その仕事に就くのが夢だったから」「この仕事を踏み台にして、さらに先に行くのが目標だから」と思える人は、他の人よりバイタリティがあるので仕事が続けられることでしょう。

もちろんブラックな労働は許されることではありませんが、社会人生活の中では「経験しておくべき大変さ」というのもあります。夢や目標に向かって努力する気概のある人は、大変な場面にぶつかっても、それをバネにして成長できるはずです。

「仕事は仕事」と割り切れる人

大変な仕事を続けられる人は、言い方は悪いですが、ある意味で「麻痺している」ことがあります。

肉体的にきついことだと難しいですが、精神的にきついこと、たとえば営業に行って断られたり、クレームを受けたりするのは、「そういう仕事だから」と思えてしまえば別に大変ではなくなるのです。

「この仕事は精神的にきついけれど、待遇は良いから辞めたくない」、というときは、自分が仕事へ向き合う姿勢を変えてみましょう。気の持ちようで自分をコントロールできる人は強いです。

たとえば、少しぼんやりしていて人の話を聞いていないような人が、コールセンターではうまくクレームを受け流せたりするものです。

自分なりの息抜き方法があり、オンオフが切り替えられる人

真面目で責任感が強い人は、息抜きがなかなかできませんから、メンタル的には弱い傾向にあります。大変な仕事の大変さを真に受けないようにするには、息抜き、オンオフの切り替えなど、自分のことは自分自身でコントロールするのが肝心です。

チームでの仕事になると、息抜きをするにも制限があるかもしれません。しかし自分のペースでコントロールのできることもどこかにあるはずです

やっぱり大変な仕事はしたくないならどうすればいい?

大変な仕事はしたくない。しかし現実的に、楽な仕事はそうそうありません。それではどうすればよいのでしょう。

100%は無理ですが、自分の希望をかなえる方法はあります。ここでは、効果的な転職の準備方法や、よい企業を判断する基準など、少しでも自分に合う仕事を見つける”コツ”を紹介します。

いま就いている仕事が大変で、これから楽な仕事に転職したいという人も、ぜひチェックしてみてください。

仕事を辞める勇気がないならtypeの「転職力診断」を試してみよう

心身に不調があるときは、人に退職や転職を勧められても「そんなことをしたら次働けるかわからない」と思って気が引けてしまうかもしれません。しかし、仕事は他にいくらでもあります。今はきっと一時的に自信をなくしているだけなので、そんなときは「転職力診断」で自分を客観的に見つめてみましょう

転職力診断をおすすめする理由

  • 所要時間10分ほどの無料の診断で、「転職力」「想定内定社数」「想定年収」がわかる
  • 6つの観点から転職力を客観的に評価してもらえる
  • 長年の実績とノウハウのある「typeエージェント」が監修しているので信頼できる

転職力診断では、「転職力」「想定内定社数」「想定年収」や、「自己分析力」「タイミング把握力」などの観点で、客観的な評価が出てきます。この結果を見れば、「次の転職先なんてないのでは……」という心配は和らぐはずです。まずは気軽に試してみましょう。

自分の譲れない条件を明確にする

まったく楽な仕事はそうそうありません。それに大変か、楽かは個人差で感じ方も異なります。

そこで、自分が仕事をする上で譲れない条件を考えてみることをおすすめします。そうすることで、自分が楽だと思える部分・そうでない部分が明確になり、ストレスを感じにくい仕事を選べるようになります。

条件の観点とは、例えば勤務日数・曜日・時間、通勤時間、休憩時間、仕事内容、給与条件などです。

自分の希望を100%叶えられる仕事はありませんから、妥協できるポイントを決めておくことも忘れてはなりません

転職エージェントを活用して業界の内情を知る

自力で自分に合う仕事を探すのに自信がなければ、プロである転職エージェントに頼りましょう

転職エージェントは業界・業種の専門家です。自分が大変な仕事だと思い込んでいる仕事の内情を教えてくれて、実はそう大変でもないことがわかるかもしれません。また、大変な仕事と言われている業界の中でも、待遇の良い会社を探し出して紹介してくれるかもしれません。

リクルートエージェントに相談してみよう

リクルートエージェントは、転職エージェントといえば、とまず名前が挙がるくらいの圧倒的なブランド力と求人数が強みです。

求人は日本全国にあり、大手からベンチャー企業まで幅広く取り扱っています。

転職成功実績はNo.1で、また、エージェントが優秀であることでも評判なため、転職が初めての方におすすめの転職エージェントです。

パートや派遣など、就業形態を変えてゆとりのある働き方をする

ハードな仕事でも、パートや派遣など就業形態を変えることでやりぬくことができます。ただしパートと派遣では事情が異なりますので注意しましょう。

派遣社員は専門の特技を持っていることもあり、給料もパートに比べて高いことが多いです。実情として、医療事務、調剤事務、薬剤師などは時給6000円という場合もあります。それに比べてパートは時給1000円未満が多いでしょう。

給与面での違いはあるにせよ、自分の希望する曜日、日数、時間数や時間帯で働くことができます。特にパートの場合は短時間のケースが多いですね。ただし土日や年末年始に割り当てられることもありますので、土日勤務を大変だと思う方は注意しましょう。

人員の入れ替わりが激しい企業は避ける

の入れ替わりの多い職場は、何か課題を抱えている職場と考えていいでしょう。終身雇用の時代に比べれば離職率は高くなり、定年まで同じ職場で働かない人が多くなっていくでしょう。しかし、半年の間に何人も人が辞めていく場合は別です。

その原因の多くは職場環境の問題です。人間関係や、パワハラ、セクハラといった社会問題が関係している場合もあります。またサービス残業などの理由で辞めていくケースもあります。転職エージェントの担当者とよく相談し、内情調査の結果で注意深く判断することが賢明です。

面接で違和感を感じた企業は要注意

仕事を探す上で最も注意するべきことは、ブラック企業かどうかの判断です。

法律により、事業者の義務として、快適な職場環境、労働者の安全、健康の確保などが課せられています。また企業側の募集内容が企業側の都合で勝手に変えられているケースもあります。例えば、募集時の勤務先と面談後の勤務先が異なることがよく見受けられます。

面接試験で最後に必ず「何か質問はありませんか?」と尋ねられます。その際に疑問に思ったことは遠慮なしに質問しましょう。疑惑を残したままその場を退席すると、相手がブラック企業でなくても、わだかまりが残りスムーズに仕事に打ち込めません。

もし質問の機会が与えられなかったら、怪しい会社と思ってください。内定を受諾するのは辞めておきましょう。

仕事の大変さを活力につなげよう

ここまで大変な仕事について紹介してきました。仕事にはいろいろな顔があります。大変な仕事、楽な仕事、やりがいのある仕事、自分ができる仕事、誰でもできる仕事、一人でする仕事、チームでする仕事などです。

この機に、自分にとっての仕事は何かを考えてみましょう。生活のため、家族のため、それとも生きがいのためですか。仕事からどんな経験を得られているでしょうか。

それが大変なことであ、苦労が大きいほど、人はその経験を学び強くなっていきます。そしてそれが次への活力となります

不当な理由によって劣悪な環境になっている仕事ももちろんありますが、適度な大変さはやりがいにつながります。「大変な仕事」を一概に避けず、自分にとってどうなのかを考えましょう。

適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧