「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 転職する方法を探す
  3. やりたい仕事を探す
  4. 男性が儲かる仕事おすすめベスト5。今から目指しても遅くはない
やりたい仕事を探す

男性が儲かる仕事おすすめベスト5。今から目指しても遅くはない

男性にとっての儲かる仕事とは?

男性と女性の仕事には大きな違いがあります。体力や筋力などの身体的な理由によるものもあれば、「男性が仕事をして女性が家庭を守る」という考えによるものもあります。

儲かる仕事の条件としては、歩合制でたくさん稼げたり、需要があって利益率が高かったりすることなどが挙げられます。ただし、その中でもワークライフバランスや体力的・精神的に自分に合う仕事を選ぶことが大切です。

様々な仕事がある中で、男性にとって儲かる仕事とはどのようなものがあるのかを考えてみましょう。

男性と女性の仕事には現実的な違いがある

普段生活していて、男性と女性の仕事に違いがあると感じることは多いですよね。例えば力仕事や高いノルマをこなさなければならない仕事、飲み会などの接待が多い仕事です。他にも、引っ越し業者や工事現場などではあまり女性を見かけませんよね。

政策や会社内で男女平等を目指していますし、建前上では平等であるべきです。しかし、どうしても体力的なものや昔からの考えによる差はあります。この差を埋めるのはかなり難しいことですし、仕事の男女差があるからこそ世の中がうまく回っている部分もあります。

体力に期待される

女性よりも男性の方が筋力も体力もあると思われがちですよね。そのため、体力が必要な仕事は男性に任されることが多いです。例えば大型トラックの運転手や工事現場、引っ越しでの仕事が挙げられます。

このような体力・筋力が必要な仕事は女性に任せられず、男性主体の仕事になります。女性でも体力や筋力の優れた人はいますが、体の構造上男性よりも筋肉がつきにくいです。

他にも深夜労働は男性の仕事になりがちです。深夜の警備員やコンビニ、タクシーの運転手などがあります。これは体力面もそうですが、防犯上男性に任せているという理由もあります。

また、妊娠や出産という女性ならではの出来事もあります。特に妊娠期間中はしっかり栄養をとって安静にしないといけないので、事務仕事はできてもこのような仕事は不向きです。

根性に期待される

男性の方が女性よりも根性に期待されることもあるでしょう。女性よりもなぜかノルマが高かったり、仕事量が多かったりしたという経験もありませんか。

男性の方が残業や休日出勤を頼まれやすかったり、差し迫った納期の仕事を割り振られやすかったりするのはどこの会社でも同じでしょう。やはり社会の中での考え、特に40代以上の人の考えでは、女性より男性がバリバリと働くものだという意識が染みついています

40代以上の男性は高いノルマをこなして残業や休日出勤も頑張ってきたでしょう。その人たちの上司も一緒で、家庭や自分の余暇よりは仕事を優先していた社会でした。

日本で男女平等を目指すようになったのは、1999年に施行された男女共同参画社会基本法からです。このような法律が施行されてもなかなか男女平等は根付かなかったですし、バリバリ働く父親や上司を見ていると男性の方が根性があって頑張れると思われがちでした。

身軽であることが求められる

女性よりも男性の方が転勤を命じられやすいこともあります。特に海外への転勤は圧倒的に男性に命じられることが多いでしょう。結婚して家庭を持っていても、家族で引っ越しをしたり単身赴任をしたりして対応しなければなりません。

一方で女性は結婚して家庭を持つと、転勤を命じられにくくなることが多いです。その背景にはやはり、男性が稼いで女性が家や子どもを守るという考えがあります。

就職活動中でも、総合職を希望しているのは男性が多く、一般職の希望は圧倒的に女性が多いです。就職してからも、男性はスキルアップのために海外転勤や本社勤務の希望を出す人も多くいます。

働いている人自身も男性は身軽に働き、女性は一か所に留まって働くという選択をする場合が多いと言えます。

飲み会も仕事の一環

職場の上司や同僚との飲み会や、顧客の接待も男性は断り辛いでしょう。飲み会は強制参加ではありませんが、参加することで普段話す機会がない人と話せたり、職場では話さないようなプライベートの会話を楽しんだりすることができます。

飲み会で仲良くなると職場でも打ち解けやすくなりますよね。相談したいことも社内では話しにくいけれど、飲み会では話しやすいこともあります。

飲み会を開くことで多くの人とコミュニケーションをとれるので、仕事が円滑に進むというメリットもあるでしょう。飲みニケーションと言われるように、飲み会は重要で仕事の一環でもあります。

一方で、女性は飲み会に参加しなくても予定があるのだろうと軽く流されてしまいますが、男性の場合は「付き合いが悪いやつ」というレッテルを貼られてしまう恐れもあります。

家庭を大事にするのが難しい

多くの会社では、男性の育児や家事への参加に理解がありません。妻が無職やパート・アルバイトの場合は特に理解を得られないことが多いです。

妻が正社員であっても、男性が育児・家事のために早めに帰ったり、子どもの参観授業などのイベントに行ったりするのは気が引けるという思いをしたこともありますよね。

他にも、残業や休日出勤が多くて子どもとゆっくり話したり遊んだりできないことも多いです。それは出産・育児に追われている妻の分までしっかり稼いで、家族を経済的に支えるためでもあります。

男性も育児休暇を取ろうという動きもありますが、取れているのは一部の人だけでしょうし、抱えている仕事が多ければ多いほど取りにくいでしょう。

内閣府男女共同参画局によると、男性の育児休暇取得率は上昇しているものの現状では5.14%にとどまっていて、女性の83.2%に比べるとかなり低い数字になっているのがわかります。

参考:内閣府男女共同参画局「共同参画平成30年6月号」

男性ならではの仕事の条件

男性と女性の仕事には違いがありますが、男性でも力仕事が苦手な人もいますし、飲み会があまり好きではない人もいるでしょう。儲かるからと言って自分には不向きな仕事を無理して続けると、心身ともに疲れてしまい結局辞めることになってしまいます。

まずは自分の体力や精神力に見合う仕事を探しましょう。肉体労働が良いのか、外回りの営業が良いのか、デスクワークが良いのかなどをイメージしてみましょう。

次に、転勤・飲み会・ワークライフバランスを軸に選びましょう。転勤や休暇については自分の希望だけではなく、家族と話し合って決めると良いです。

自分の体力と精神力に応じた仕事

体力や精神力を必要とする仕事は、男性に向いていますし女性にはできない仕事が多いでしょう。しかし、自分でできる範囲の仕事でないといけません。男性だからといってみんなが重いものを軽々と持ち上げられるわけではありませんし、飛び込み営業も平気でこなせるとは限りません。

体力に自信のある人は肉体労働を、コンピューターや事務作業が得意な人はデスクワークを、人と接したり会社への利益貢献を実感したりしたい人は営業職など、自分の好みや得意分野に応じた仕事を選びましょう

儲かるからと言って無理するのは良くありません。営業トークが苦手な人が無理して営業職に就くと精神的に疲れてしまいますし、体を動かすのが嫌いなのに肉体労働に就くとケガをしてしまう恐れもあります。

精神的・肉体的に無理をすることによって仕事にやりがいを見いだせなくなったり、心身ともに疲れて長続きしなかったりと、デメリットしかありませんよ。

転勤は家族の理解を得られる範囲

独身の人は転勤の頻度や場所をあまり気にしない人もいるでしょうが、結婚している場合や子どもがいる場合は家族の理解を得られる範囲での転勤しかできなくなるので注意が必要です。必ず家族と話し合って、転勤がある仕事にするのか無い仕事にするのかを決めましょう。

転勤がある場合は場所や頻度の確認も必要です。国家公務員や銀行、商社の総合職などは転勤が付き物なので注意しましょう。

転勤の場所や家族との話し合い次第では、単身赴任をしなければならない場合もあります。例えば、海外の治安の悪い国に行くことになった場合や、妻の仕事継続、子どもを転校させたくない場合です。

独身の人でも、親の介護や通院の世話などをしている人は転勤が無い仕事を選びましょう。事情を話して転勤に対応できないことを伝えることも必要です。

飲み会は無理のない頻度

男性には職場の飲み会を避けられないこともあるでしょう。会社や部署によってその頻度は様々です。忘年会や歓送迎会などのような節目にしか開催されない職場もあれば、毎週開催されるような職場もあります。

飲み方も会社や部署によって異なりますよね。雑談とお酒を楽しむだけの席もあれば、かくし芸を披露したり飲酒量が多くて大騒ぎしたりするような席もあります。

飲み会の頻度や雰囲気は入社してみないと分からないことが多いです。入社前に社員との座談会などがあれば聞くこともできますが、そのような機会が設けられていないことも多いですよね。

もし知人が働いているなら聞くことができますし、最近では会社の口コミ投稿サイトもあるのでチェックしてみると良いでしょう。

ただし、無理して毎回飲み会に参加する必要はありません。金銭的な問題やゆっくりしたい日もあるでしょう。お酒が苦手な人もいますよね。無理に飲酒を勧めるのはアルハラになるので、断ることも大切ですよ。

ワークライフバランスが適切

働くときはしっかり働き、休むべきときはきちんと休める会社を選びましょう。男性は仕事量が多くて残業や休日出勤にも対応しなければならないこともあるでしょう。

その一方で、ノー残業デーや代休がとれるなど、プライベートも大切にしてくれる会社も多くあります。このような会社であれば、自分の趣味を楽しんだり、家族と過ごす時間を作ったりすることができますよ。

仕事ばかりで子どもに寂しい思いをさせたくないですよね。自分や家族、そして仕事の効率化のためにもワークライフバランスをきちんと考えましょう。

共働きの家庭は、男性でも育児休暇をとりやすい環境にあるかどうかも重視したいポイントですよね。介護休暇も同様です。男性が休んだり早退したりすることに理解のある会社が望ましいです。

男性が儲けられる仕事の条件

今後コンスタントに儲けていくには、会社に所属する場合と起業する場合が考えられます。両方に共通している条件は、将来にわたって需要があり、利益率が高いことです。

会社に所属する場合は給料体系にも注目しましょう。歩合部分が大きかったりボーナスがしっかりもらえる会社であれば、頑張った分だけ儲けることができておすすめです。

起業する場合は自己資本が少なく済むように工夫が必要です。クラウドファウンディングを活用してみましょう。良いアイデアとそれを上手にPRできる能力があれば、支援してくれる人が集まりやすいです。

需要がある

どのような仕事をするにしても、需要が無ければ仕事が成り立ちません。メジャーなものでもニッチなものでも、需要があれば仕事につなげていくことができます。メジャーな市場では競合相手も顧客もたくさんいるので、価格競争や付加価値などの競争が激しくなります。

一方ニッチ市場では競争相手が限られますが、専門性の高い技術や特定のサービスで利益を上げることができます。

メジャー市場では、例えば銀行や自動車メーカー、医薬品メーカーなど、普段の生活に欠かせないものが挙げられます。このような商品の需要は無くなることはありませんし、新しい需要に応えるためにどんどん新商品が開発されていくでしょう。

ニッチ市場の例は、オーダーメイドでの商品・サービスが挙げられます。会社のロゴデザイン作成サービスやパソコンのカスタマイズサービスは、一見顧客数がかなり限られそうです。

しかし、会社を設立するとほとんどの会社がロゴを制作しますし、パソコンは個人でも会社でもかなりの需要があります。顧客の数が多い市場の中で特定のサービスを提供していることがカギになります。

利益率が高い

利益率が低い仕事よりも高い仕事の方が儲けやすいです。なぜなら、利益率の高い仕事はその分社員への給料に還元されやすいからです。利益率が高い業界は、ソフトウェア・銀行・消費者金融などが挙げられます。

近年ではスマホのアプリ開発やアフィリエイトサイトの運営も人気です。この2つはメーカーや販売と違って自宅で在庫を抱えないでできるというメリットがあるため、副業として取り組んでいる人もいます。

企業のホームページや四季報で売上高や営業利益を知ることができます。これらの動きを調べることで、業界全体の景気やその企業が儲かっているかどうかを知ることができますよ。

年2回(多くは夏と冬)のボーナスがある会社が多いですが、中には決算賞与が出る会社もあります。これは企業が決算期を迎え、その期の業績が良かった場合に支給されるものです。転職を考えている人は、業界研究・企業研究のときに参考にしてみてくださいね。

やればやっただけ稼げる

給料の歩合部分が大きかったり、成果がボーナスに正当に反映されたりするなど自分の頑張りが稼ぎにつながるような仕事もおすすめですよ。ただし、このような給与体系の会社や職種は限られますし、給料に波があるので注意が必要です。

歩合の部分が大きい業界の代表は、不動産業界と保険業界です。人生の中での5大支出のうち、第1位は住居関連費で第4位が保険関連費です。それだけ需要も利益も見込める業界です。ただし、歩合の部分が大きいということは契約を勝ち取るのも難しいです。

特に不動産となると数千万円以上が動くことになりますし、額が大きい場合は数億円になります。顧客にこのような大金を支払っても良いと思ってもらうには、かなりの営業努力と信頼が必要になります。

保険業界も1つの契約で大きな利益が生まれます。中でも外資系の保険会社の歩合は高い傾向にあります。生命保険はとても身近なものですが、だからこそ豊富な商品知識で顧客に最適のプランを提案する能力が求められます。新商品や変更があるごとに勉強が必要になりますよ。

自己資本が少なく済む

独立や起業にはお金が必要です。しかし、充分なお金を持っている人は少ないですし、銀行から借りようにも担保や信用が無いと難しいですよね。

会社に所属して稼ぐのであれば気にする必要はありませんが、学生の頃から起業して成功している人もいるので、挑戦しようと考えることもあるでしょう。

最近話題になっているクラウドファウンディングによって個人投資家や支援者の協力を得られれば、自己資本をおさえられます。クラウドファウンディングにはいくつか種類ありますが、ビジネスに活用しやすいのは支援者へのリターンがある仕組みのものです。

リターンが無い寄付型のものもありますが、それは発展途上国や被災地への募金のようなプロジェクトが多いです。

ただし、クラウドファウンディングで成功するためには多くの支援者を獲得するためのアイデアとPR能力が必要です。応援したいと思ってもらえるようなビジネスでないと支援者は集まりませんし、必ず成功しそうなビジネスでもPRが上手く伝わらなければ意味がありません。

顧客層に確実にアプローチできる

どうすれば売りたい客層に広告・広報できるか目処が立っていなくては、いくら良い商品・サービスでもなかなか売れないでしょう。顧客層と言っても、年代・性別・地域・職業など様々な条件が考えられますよね。

最近流行っているアプローチ方法は、インターネットはもちろんインスタグラムやツイッターなどのSNSで宣伝することです。暇つぶしにインターネットやSNSを閲覧している人は多くいます。インターネットのバナー広告や検索エンジン広告などは、気になるとクリックする人が多いです。

特にSNSはDMを送ることができるので問い合わせもしやすいというメリットがあります。最近ではインスタやツイッターが主流ですが、数年前はmixiやFacebookの拡散力が凄まじいものでした。時代の変化に合わせて使うSNSも変化させることが大切です。

その他にも新聞の折り込みチラシ電車の中吊り広告テレビでのCMがあります。どれも昔からある方法なので年配の人にもアプローチしやすいです。

男性にとっての儲かる仕事ランキング

これからでも挑戦できる、男性にとっての儲かる仕事を考えてみましょう。医師や薬剤師など大学に入り直す必要があるものは除き、現実的なものを紹介します。

勉強は大変かもしれませんが公認会計士や、定番の一部上場企業での勤務が挙げられます。この2つは昔も今も人気で、儲かる仕事の定番でしょう。ただし、どちらも勉強や入社のために実績を積むなどの努力をしなければなりません。

アプリ開発・アフィリサイト運営・シェアビジネスでの起業は近年流行ってきている仕事です。アプリ開発はすでにプログラミングができる人には始めやすいです。

アフィリサイト運営・シェアビジネスでの起業は成功すれば大きな利益を得られますが、集客が課題になるでしょう。

1位:公認会計士

公認会計士は昔から稼げると評判の仕事ですが、働きながら資格取得となるといかに効率よく勉強するかがカギになるでしょう。働きながらでも通える専門学校もあるので活用するのもおすすめですよ。

弁護士とは違い学歴の条件がありませんし、儲かると言われている士業の中では比較的総勉強時間が少ないので人気が高いです。

公認会計士の資格は監査法人や公認会計士・税理士事務所、コンサルティングなどで活用できます。監査法人に所属したままだと稼ぎにくいという声を聞くことがありますが、独立して顧客を掴めば大幅に儲けることができますよ。

また、独立しなくても上場企業やベンチャー企業でCFO(最高財務責任者)として活躍する人もいます。海外の税務知識も身につければ、さらに活躍の幅が広がりますよ。

2位:一部上場企業勤務

独立や特別な資格を取ることを考えていないのであれば、一部上場企業に勤務するのも人気です。大学新卒の初任給はどこの企業も大きな差はありませんが、2年目以降からは、各種手当を含めた給与のベースやボーナス額がやはり中小とは違うと実感できるでしょう。

仕事は大変なことも多いですが、会社によっては30代前半でも年収1,000万円以上稼げるところもあります。

新卒から入社するのも良いですが、中途採用の募集もあるので挑戦してみるのもおすすめです。ただし、中途採用の場合は即戦力を求められることが多いので実績を積んでおいたり、誰にも負けない分野を作ったり努力を惜しまないようにしましょう。

3位:アプリ開発

近年はスマホが普及し、ガラケーは販売台数が激減しています。スマホは電話やメールなどの連絡手段だけではなく、インターネットやSNSを使う上でも重要なものですよね。

この傾向は今後も続き、スマホはどんどん進化していくでしょう。そのため、便利なアプリ開発に携われば儲けられる可能性が高いです。

すでにプログラミングのことを勉強していたり、実際に仕事にしていたりする人は始めやすいでしょう。しかし、初心者でもこれから勉強すれば遅くはありませんよ。

ラインやインスタグラムなどは、多くの人がダウンロードして活用しているアプリです。他にも家計簿やカメラのような実用的なものもあれば、ポケモンGOのように世界中で人気のゲームもあります。

斬新なアイデアを実現して便利で楽しい世の中にできるアプリを開発すれば、それが利益に直結します。

4位:アフィリエイトサイト運営

副業でアフィリエイトサイトの運営を始め、本業にする人も増えてきています。空いた少しの時間でもできて手軽に始められるのが特徴ですが、成功すれば1か月で数百万円の売り上げることも可能です。

成果報酬型の広告なので、いかに広告をクリックしてもらうか・購入してもらえるかが課題になります。商材の種類も様々なので、自分の興味のあるものや得意なものを選ぶことができますよ。

例えば男性であれば、FXや投資の情報商材や男性用化粧品やアウトドア用品などの物品が人気です。自分が運営するサイトに広告を載せて販売するだけなので、在庫を抱えたり大きな初期費用が必要になったりすることはありません

アフィリエイトサイト運営で重要なことの1つに、集客が挙げられます。どんなに魅力的なサイトや商品でも、それを見てくれる人がいなければ意味がありません。そのためには、Googleなどでの検索順位を上げるなどの工夫が必要になってきます。

アフィリエイトで大金を稼いでいるのはほんの一握りの人で、全く稼げない人もいるので注意が必要です。

5位:シェアビジネスでの起業

近年、日本では大量生産大量消費の傾向が終わりつつあり次第にエコロジーを意識した社会に変わってきています。この時代の変化に対応できるビジネスがシェアビジネスです。

自動車・自転車などをシェアできるのを見たり聞いたりしたことがありますよね。車を持っていてもあまり使わないという人にとっては、節約もできるしとても便利なサービスです。

他にも部屋・オフィス・駐車場などのシェアビジネスもあります。今話題の民泊や、アメリカのairbnbがこれに当たります。

もちろん物品のシェアも可能です。例えばバーベキューセットやアウトドア用品は高価で収納にも場所が必要です。頻繁に使うものではないので、シェアすることで節約できますし大量生産の必要もなくなり環境保全につながります。

このように、物品・土地・建物・サービスなどいずれも今が狙い目です。今後も成長が見込まれるビジネスなので、早めに参入して顧客を獲得していくのがおすすめです。

特技や個性を生かして楽しく儲けよう

まだまだ男性が稼ぐと思われている時代なので、仕事の負担は女性よりも大きくなるでしょう。公認会計士のように昔からある仕事もあれば、アプリ開発・シェアビジネスのように最近できた仕事もあります。

いくら儲けられてもやりがいが感じられない仕事や、精神的・肉体的に苦痛な仕事は長続きしません。男性におすすめの儲かる仕事は種類が多いので、自分に合う働き方や得意なことを伸ばせるような仕事を選びましょう。必ずぴったりの仕事が見つかりますよ。

適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧