「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 転職する方法を探す
  3. やりたい仕事を探す
  4. 女性ならではの儲かる仕事って?長く働くための条件は?
やりたい仕事を探す

女性ならではの儲かる仕事って?長く働くための条件は?

女性にとっての儲かる仕事とは?

自分の仕事について、給料と仕事内容を見直してみて不満を抱く人も多いのではないのでしょうか。仕事内容が楽しいということも大切ですが、やはり給料が高ければ高いほど経済的に助かりますし、仕事に対するモチベーションも上がりますよね

では儲かる仕事には、どのようなものがあるのでしょうか。今回は女性の立場に立って、女性ならではの儲かる仕事について、また儲かる仕事をラインキングにして紹介していきます。今現在仕事している女性や、これから就職を考えている女性の方は、参考にしてみてください。

女性と男性の仕事には現実的な違いがある

日本社会においても男女平等と言われていて、法律でも男女雇用機会均等法など平等に扱うように整備されています。しかし、現実にはまだまだ欧米諸国に比べて女性と男性の仕事の内容や出世、給料などが平等であるとは言いづらいのが現状です。

社会において、女性と男性の仕事には違いがあると言えるでしょう。とは言え、実際にはどのような差があるのでしょうか。これから具体的な違いについて紹介していきます。

結婚すると退職や転勤についていく可能性がある

一昔前までは、女性は家庭を守る役割があるとされていて、仕事ではなく専業主婦となり家事を行う人が多かったです。結婚するイコール退職という考えも一般的でした。

今では結婚で退職する寿退社は少ないですが、それでも結婚をしたことにより後々退職を余儀なくされる場合もあります。例えば、妻となった女性の仕事が激務であった時には、今までのような仕事内容を続けることが困難になり家事を優先せざるを得なくなるかもしれません。退職とまではいかなくても、今までの仕事を他の人に引き継いで仕事内容が変わったり時短勤務に変わらなければいけなくなる可能性もあります。

もし夫の仕事で転勤があった場合にも、転勤についていくとなれば妻が退職しなければいけなくなるかもしれません。単身赴任させるのであれば話は別ですが、仕事を変えなければいけないのはやっぱり妻の方になりやすいです。

産前産後休暇・育児休暇をとる必要がある

結婚をすると、誰でもではないですが多くの女性が妊娠と出産を経験します。その場合、どれだけ仕事をしていたくても、法律で出産予定日の6週間前、そして出産後8週間は働くことができないとされています。最低でも4か月近く仕事から離れることになり、育児休暇もとればさらに長期間仕事から離脱するので、今までバリバリ働いていた人や重要な役目を任されていた女性は、その間に職場においての自分の立ち位置が変わってしまう恐れがあるでしょう。

さらに出産後も今までと同じように働けるかといえば、そうではありません。現在よくニュースで取り上げられている待機児童の問題から、いざ産後休暇や育児休暇を終えて働こうと思っても子どもを保育園に預けることができない場合もあります。さらに、子どもを保育園に預けられたとしても、預かってもらえる時間に限りがあってお迎えに行かなければいけなかったり、急な病気や怪我などで会社を休まなければいけなくなったりということもあります。

若さや容姿で差がつく

職種にもよりますが、女性は若さや容姿で判断されることがしばしばあります。男性であれば若さや容姿を重視しなくても、女性に限り若さや容姿で扱いを変える人もいるでしょう。理不尽だと思いますが、実際の社会において女性を見た目で判断して扱い方を変える人はよくいます。

エステティシャンやネイリスト、美容師などの美容関係の仕事では、容姿端麗の人に指名が入りやすかったり、成績が上がったりします。会社の受付や営業でも、容姿が優れている方が相手に好印象を与えやすいため、どうしても差がついてしまうのが現実です。

大勢の男性に混ざっての仕事はやりにくい

こちらも職種によりますが、職場の男性と女性の割合が平等ではなく、大勢の男性に混ざって仕事をしなければいけないこともあるでしょう。こういった場合、女性の割合が少ないので仕事がやりづらくなってしまうこともあります。

男性の中には、今でも女性の社会進出を好ましく思っていない人もいるため、男性と女性で扱いを変えたり仕事内容を分かりやすく差別化する人もいます。女性の割合が少なければ少ないほど、こういった男性の考えを改めることが難しく、立場が弱くなってしまいがちです。

PMSや生理が重い人は仕事を調整しなければいけない

PMSとは月経前症候群のことで、生理が始まる何日か前から身体的、精神的に不快な症状が現れ始めます。生理が重く、生理痛がひどい場合もPMSと同様に、仕事に支障をきたすほどの症状が現れる場合もあります。重度の症状が現れる女性は、毎月生理のたびに仕事を調整しなければいけない人もいるでしょう。

PMSや生理痛は、軽度の人もいれば重度の人もいてその症状の現れ方も異なるので、同じ女性であっても理解されにくいのが特徴です。そのため、職場から理解されずに精神的に苦しむことになる女性もいます。

女性ならではの仕事の条件

 

どの仕事に就くかという条件には、給料や仕事内容など人によって様々な条件があるでしょう。自分の資格や性格、つきたい業種などに合わせて、選択するのが一般的です。

しかし、女性の場合は男性と比較すると仕事を続ける上、夫に転勤があったり出産や育児などで休まなければいけなかったりなど様々な障害があります。このようなことから仕事を続けたくても、辞めなければいけなくなるケースもあるのが現実です。そこで、仕事を続けていくために女性ならではの条件を紹介していきます。

勤務場所に縛られない

結婚して夫が転勤になった場合、ついていくことになれば妻は仕事を退職しなければいけなくなるかもしれません。夫の転勤が多いと事前にわかっている場合、始めから勤務場所に縛られない仕事に就くのがおすすめです。

例えば全国展開しているチェーン店で、転勤先にも店舗があるため旦那の転勤に合わせて異動することができるといった仕事や、自宅で行えて出勤する必要のない在宅の仕事であれば勤務場所に縛られることなく働き続けていけます。特に在宅での仕事であれば、どこに引越すことになったとしても対応できます

多少休んでも大丈夫

女性は様々な理由で休まなければいけない時があります。例えば女性特有の体調不良、PMSや生理痛などがひどい場合や、小さな子どもがいるなら風邪や怪我などで保育園や学校を休んだら看護に母親が休まなければいけないことがあるでしょう。子どもの授業参観や何かの行事などでも休まなければいけないかもしれません。

決まった休日以外に有休はありますが、あまりたくさん休んでばかりいるといい顔をされない会社も中にはあります。理由があって多少休むことに対して、何も言われないような女性に優しい仕事を選ぶと安心して働いていくことができます。

年を取っても続けられる

年を取ると続けにくくなるような仕事もあります。続けることが可能であっても、ほとんどの女性が年齢を重ねることで退職するような業種、会社であると、自分が仕事をし続けていく上でやりづらさを感じることになり、周りのとのコミュニケーションも取りづらいといったトラブルを抱えることになってしまいます。

会社の女性の年齢層を見て、明らかに若い世代ばかりで40代50代といった男性であれば働き盛りの年代がいないような会社は要注意かもしれません。年をとっても働きやすい会社を探しましょう。

女性の心身に理解のある人と働ける

女性が社会進出するためには、女性の抱える様々な問題に理解を示してくれる相手と働くのが理想です。女性が働くのは、どうしても男性と全く同じというわけにはいかず、能力はあるのに評価されない場合もあります。女性だからという理由だけで、正当な評価を得られず十分な力を発揮できないのはもったいないことです。

女性の心身に理解のある人と働くことができれば、女性だからという理由で差別されることもなく働きやすい環境に身を置くことができます。そういった会社であれば、こちらの状況を理解してもらえるので、安心して長く働き続けることができます。

また、どうしても女性ならではの理由で体調を崩したり、休まなければいけなかったりといった状況になっても、理解を示してくれる相手ならば休みやすいです。また休みをとっている、休みすぎだと文句を言われたり冷ややかな目で見られることもないでしょう。

女性が儲けられる仕事の条件

仕事をするときに大切なのは、働きやすさややりがいなど人によって様々なものがあるでしょう。しかし、誰もが重視する点として、儲けがあるのではないでしょうか。

一生懸命頑張って仕事をして、さらに儲けられたら金額として目に見えて分かるのでやりがいにもつながります。仕事に対するモチベーションもアップして、よりやる気がわいてくる人もいるでしょう。では女性が儲けられる仕事の条件には、どのようなものがあるのでしょうか。

需要がある

女性が仕事で儲けるためには、ある程度需要がある仕事であるのが無難です。メジャーなものでもニッチなものでも、その仕事における需要があれば給料にも反映されやすいです。

反対に需要があまりない職種だと給料以前に、その職種に就くことが難しい場合もあります。需要がある職種を選ぶことは、給料だけでなく、就職のしやすさにも関わってくると言えるでしょう。就職活動や転職活動で不採用が続くと、自分の希望する会社や職業に就けないケースもあります。

利益率が高い

利益率が高い仕事に就くと、会社自体の利益が大きいことから自然と社員への還元へとつながります。そのため、給料やボーナスが高くなるでしょう。利益率が高い業種としては、ソフトウェアや金融、保険、ITなどの無形商材が多く、コストを低く抑えられるためそのまま利益率につながっています。

しかし、利益率が高い会社は給料は良くても仕事内容が激務である場合もあります。儲けられるという点だけにとらわれずに、仕事内容や残業時間など働きやすい環境かどうかも見極めなければいけません。

他の人がまだ注目していない

世間に注目される前の段階である、競争率の低そうな仕事を始めるのも大きく儲けられるチャンスにつながるかもしれません。一般的に認知される前であれば、その分野での儲けを大きく挙げられる可能性があります。

例えば、仮装通貨ビジネスが最近話題になりました。これも一般的に認知される前に仮装通貨の存在に気付いて始めたことで、儲けきっている人が多いです。リスクが大きいというデメリットもありますが、その分大きな儲けに期待ができます。

少ない自己資本で始められる

仕事をして儲けを得るために、必ずしも就職活動をして会社に入らなければいけないわけではありません。少ない自己資本であっても、新しい事業を展開することは可能です。

インターネットが普及して便利になっている今だからこそ、クラウドファンディングなどで自分の考えている事業の構想をアピールすれば、個人投資家の協力を得られる可能性もあります。起業するのに資本金が必要と考えている人も多いですが、優れた事業なら投資してもらえるケースもあり、自分は自宅敷地とパソコンひとつあればOKということもあります。

顧客層に確実にアプローチできる

自分で起業する時や商品を売りたいと思っているとき、大事なのはその商品の広告の仕方になってきます。まずは自分の売りたい商品を、買いたいと思う人に知ってもらわなければ売り上げにはつながりません。もちろん、知ってもらっても商品の魅力が伝わらなければ購入にはつながらないので、その広報の仕方も大切です。

どうすれば売りたい客層に広告、広報できるか目処が立っていると、安心して仕事を続けられます。顧客層に確実にアプローチすることで、安定して利益が出るので結果として儲けにつながります。

女性にとっての儲かる仕事ランキング

現代においては、女性であっても仕事の稼ぎが重視されます。共働き家庭も年々増えてきて、男性と遜色なく稼いでいる女性も多くなってきました。独身時代には自分の好きなように給料を使えたら楽しいですし、結婚してからも夫の稼ぎを当てにして生活するのは肩身が狭いので、なるべく儲かる仕事に就きたいと思う人が多いのではないでしょうか。

そこで女性にとっての儲かる仕事をランキングにしてみました。

1位:育児系ビジネスでの起業

男性も育児をする人が増えてきているようですが、育児系に詳しいのはやはり女性です。妊娠から出産、育児におけるすべての過程を知り尽くしているのも、やはり女性だけです。昔と違って育児をママ一人で行うワンオペの家庭も増加していることから、育児系ビジネスの需要は高まっています。

WEBサービスやスマホアプリを開発すれば、無形商材なのでコストを低く抑えることができて、利益率が高くなるのでおすすめです。特に育児を経験してきた女性にとっては、自分の経験談や得意分野となるので、企業も楽しんで行えるかもしれません。

2位:自宅でのサロン開設

自宅をサロンとして開設するためには、初期費用がどうしても必要になりますが、開設後は人件費や材料費があまりかからないものが多いです。そのため、サロンの集客ができれば利益が高くなるでしょう。

ネイルやリラクゼーションなど女性ならではの業種であり、開業前に2~3年の経験を得たら独立することができます。在宅で仕事が出来るので、売り上げがそのまま給料につながるという儲けられるシステムができている点や、自分がやりたい仕事を自分のペースで行えるという点もメリットです。自宅でサロン開設なら、自分や子どもの用事を優先して仕事を続けていくことができます。

3位:コンサルティングサービス

コンサルティングサービスとは、各分野において様々な問題について解決のためのアドバイスをするという仕事です。こういわれると堅苦しく感じてしまいますが、女性が得意とする分野であれば助言することも簡単に行うことができます。

例えば、日常的に意識して情報を収集しているファッションコーディネートの分野やメイクの分野ならどうでしょう。おしゃれに気を遣っている女性であれば、アドバイスもそこまで難しくはないはずです。また、コンサルティングを通して、自分の好きな分野にさらに磨きをかけることも出来るというメリットもあります。

4位:アフィリエイトサイト運営

ブログやアフィリエイトサイトを運営することで、かなり儲けている主婦が実際に多数います。簡単に登録すれば始められる参入障壁がない仕事なので、誰でもすぐにでも始められるのがこの仕事のメリットです。また、仕事をする場所にも時間にも制限がないので、好きな時に好きな場所でできるのも人気の理由になっています。

しかし、多くの儲けを得ている女性がいる一方で、まったく稼げない人も多いのがこの仕事です。すぐに収益が出るものではないので、半年や一年といった長期的に儲けるつもりで始めましょう。ブログやサイトに一定のアクセスを稼げるようになれば、仕事をしていなくても広告収入を得られるようになります。

5位:ネットショップ経営

自宅にいながらできる仕事として、ネットショップ運営があります。パソコンさえあれば場所も時間も制限がないので、主婦であっても育児をしていても始められる仕事です。

趣味で様々な作品を作るのが好きという人なら自分の作品販売をしても良いですし、ドロップシッピングを行うのでも利益は得られます。ドロップシッピングとは、ドロップシッピング会社で取り扱っている商品をブログやサイトで取り上げて、そこを経由してお客さんが購入することで利益を得ることです。在庫を確保する必要がないので、手軽に始められる仕事であると言えます。

儲かる仕事を長く楽しく続けよう

現代は、女性であっても男性と同じように働かなければいけない時代です。とは言え、なかなか男性と同じような待遇を受けられるとは言いがたいのが現状です。男性が優遇されるのが当たり前と諦める前に、自分の仕事について見直してみてはどうでしょうか。女性が儲けるためには様々な条件が必要ですが、女子でも長く楽しく働ける環境があれば、十分にその能力を発揮していくことができます。自分に合った仕事を見つけることで、長く楽しく続けていきましょう。

適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧