仕事が辛い人に読んで欲しい記事

仕事を変えたい。転職するときにまず考えることと今後すべきこと

転職したいと思ったらまずは自分を見つめ直そう

「入ってみたらブラック企業だった」「仕事時間が長すぎて休日も楽しめない」仕事に対してこんな気持ちが芽生え始めると、誰でも自然と転職を考え始めます。

もし転職が頭をよぎり始めたら、衝動的に行動せず、辞めるタイミングや今後の人生設計をしっかり考えましょう。

他の人がどんなきっかけで転職しているのか、どんなタイミングが最適なのかを知り、あなたの今後を考えるヒントにしてください。

どんなときに転職を考える?よくある転職のきっかけ

転職を考える理由は人それぞれですが、代表的なものや特に多い理由をいくつか挙げてみましょう。あなたが転職したい理由も、次の中に含まれているかもしれませんし、理由がひとつではないケースも多々あります。

まずは、他の人がどんなときに転職を考えているのか知り、今の仕事との向き合い方や今後の行動を考えるきっかけにしてください。

人間関係がいやになってきた

転職を考える人の多くが、人間関係の悩みを理由に挙げます。どんなに好きな仕事でも、人間関係が苦痛だと毎日会社に行くのがストレスです。

上司が理不尽な指示をしてくる、同僚とまったく話が合わない、部下が指示を無視するなどなど、人間関係のストレスはさまざまです。イジメのようなことをする人たちもいますし、相手が人なだけに環境を改善させるのが難しい問題です。

職場には、必ず合わない人がいると言われますが、本人の努力だけではどうしようもないことも多く、職場へ行くのが辛いレベルになると転職を考え始める人は多いです。

給料に不満がある

労働時間や内容と、もらっている給料が合っていないと思い始めると、働くのがとても苦痛になります。どんなに残業や休日出勤をしても手当が一切つかないような会社だと、特にそう感じることでしょう。

「給料もらえるだけいいよ」「職がない人だっているんだぞ」などの励ましの言葉は、確かに当たっているかもしれませんが、それを信じて働いていると損をするケースもあります。

現在、景気の良い会社はそう多くありませんが、働いただけの報酬をもらうのは当然の権利です。もし給料に不満があるのなら、同じ業界の他の会社の給料を調べて比較してみましょう。

業界的に妥当なら諦めがつきますし、そうでない場合は転職するきっかけになります。

忙しすぎて心身の余裕がなくなってきた

忙しくなると休日どこかに行こうという意欲がなくなり、会社と自宅をただ往復するだけの毎日になってしまいます。そんな生活が何年も続くと「何のために仕事をしているのだろう」と思い始め転職が頭をよぎります。

仕事の内容が充実していて楽しい、将来の夢のために今の仕事は必要、給料がずば抜けて良い、などの理由があれば忙しさも耐えることができます。

しかし、前向きな理由が見つからない場合、ただ心身ともに疲労していくばかりです。忙しいことが転職を考える理由であれば、今の仕事をするメリットを一度落ち着いて考えてみることが必要です。転職を考えるほど切羽詰まっているのなら、1日有休をもらってでも自分と向き合う時間を作りましょう。

やりがいが感じられない

やりがいを感じないという転職理由は、他の人に話すと「贅沢だ」と言われることもあります。しかし、本人にとってやりがいのないことを毎日何時間も続けることほど、苦痛なことはありません。

他の人に理解されなくても、転職の理由として「やりがいのなさ」を挙げる人は案外多いのです。

もし、あなたも今の仕事にやりがいがないと感じているなら、一度将来の目標やなりたい自分像を明確にしてみましょう。もし明確にできないのであれば、他の仕事に就いてもいずれやりがいを感じられなくなるので、転職は待った方が賢明です。

明確な目標ができると、どの仕事を選択するべきかが分かってくるので、それから転職活動をすると失敗や後悔が少なくなります。

経営方針に納得できない

経営者のワンマンで理不尽なことを要求される、経営方針がコロコロ変わる、今後の方針が不透明、といった会社は誰でもストレスが溜まります。

厚生労働省が発表している「仕事を辞めた者の退職理由」という調査でも「経営方針に不満」という理由は高い割合で、女性ではトップの理由となっています。

経営方針というのは、一従業員ではどうしようもないことなので、不満があれば辞めるしかありません。

ただ、入社してみなければ分からないことなので、転職する際は再就職先の経営方針や従業員への対応など慎重に調査する必要があります。

参考元:厚生労働省

ライフスタイルが変わった

ライフスタイルの変化による転職希望の理由はさまざまなので、いくつか例を挙げてみましょう。

  • 引っ越しで通勤に時間がかかるようになった
  • 夫や妻の転勤
  • 結婚・妊娠・出産など
  • 介護が必要になり両立が難しい
  • 子育てが落ち着いたので働く時間ができた
  • 収入を増やす必要が出てきた

他にも、年齢が上がったことで今までの仕事が苦痛になった、といったこともライフスタイルの変化と言えます。

特に、女性がこの理由で転職を余儀なくされることが多く、育休制度がしっかりしていない会社で働いていると、妊娠から出産を機に仕事を辞める人や働き方を変える人がたくさんいます。

また家族の都合で職を変えなくてはいけないケースも多く、正規雇用での仕事をあきらめる人も多いです。

転職のタイミングはいつがいい?

転職する場合、できれば会社や職場の人たちとの摩擦が少なく、転職先を探しやすいタイミングを選びたいですよね。

そこで、転職する良いタイミングについても理解しておきましょう。

入社3年目はみんなが転職を考える時期

入社3年目になると、仕事もある程度覚え会社の仕組みや人間関係が分かるようになってきます。そこで、将来のことを考えて転職が頭をよぎり行動に移す人は少なくありません。

例えば、何十年も働いている同じ部署の上司が、出世もせず給料も上がらず、自分の理想としている姿ではなかったら…将来を悲観し転職を考えるのは当然です。

他にも、会社の業績が右肩下がりになっているのを認識したり、業界的に将来が不安になったりするのも、入社後落ち着いてくる3年目前後で感じ始めることです。

冷静に判断して、このまま勤め続けるのが不安なら転職を検討してもいいでしょう。

この時、気を付けたい点が2つあります。1つ目は、実際3年では分からないことも多いので、分かったつもりで判断して失敗することがある点です。2つ目は、3年で仕事を変えると「すぐ辞める人」と思われて、転職でマイナスになることもある点です。

入社したばかりでも見切りをつけるべき場合はある

入社したばかりでも、明らかにブラック企業の場合や、パワハラやセクハラがひどい場合は、我慢して何年もい続ける必要はありません。精神的に参ってしまうと、今後のあなたの人生にとってマイナスです。

我慢してでも得たいスキルが得られる場合や、どうしても辞められない理由があるなら別ですが、単に「すぐ辞めるのは気まずい」という程度の理由なら早めに見切りをつけましょう。

社会人になると、時間はアッという間に過ぎてしまいます。ブラックな企業でモヤモヤして毎日を過ごしていると、すぐに転職が厳しい年齢になってしまいます。

もし、辞める決断ができなければ、あなたが信頼できる人に会社に対する客観的な意見を聞いてみてください。その人がブラックだと判断すれば決心がつきやすくなります。

ただし、前職の勤務年数が短いと転職時に不利になることがあるので、その点は押さえて転職する際は対策を練っておかなくてはいけません。

ボーナスはもらってからのほうがよい

真面目な人ほど、ボーナスをもらってから辞めるのは卑怯だと感じるでしょう。しかし、ボーナスはこれまでの働きに対して支払われるものなので、その後会社を辞めるかどうかは関係ありません。

今後の生活のことも考えて、もらえるものはしっかりもらってから退職しましょう。

会社は、あなたの人生を保証してくれるわけではありません。会社の都合で失職することもあり得るので、割り切った考え方も必要です。

ボーナスが出る時期まで待てるのであれば、ボーナスをもらってから退職することをおすすめします。

彼氏と結婚を考えているなら転職のタイミングを合わせる

彼氏との結婚を考えていて転職を視野に入れているのであれば、結婚を機に転職するのがおすすめです。

寿退社は近年少なくなっていますが、退社の理由としては会社も納得しやすい正当なものですし、名前が変わってから新しい職場に入る方が手続きがスムーズです。

しかし結婚後すぐに転職先を探しても、未だに育休などに無頓着な会社では、採用されるのが難しいケースが多いのも現実です。

会社によっては入社1年以上でなければ育休を取れないという規定を設けているところもあるので、転職先を探す際はその辺もしっかりチェックしておかなくてはいけません。

もし結婚後の転職が不安な場合は、結婚前に転職するという選択もあります。あなたが働きたい業界や職種によって、転職を結婚前後のどちらにするのが有利かしっかり調べて計画的に動きましょう。

いざ転職。気持ちよく次に移るためにすべきことは?

転職への意志が固まったら、転職先を探し現在の会社を退職する手続きを取らなくてはいけません。辞める会社だからと、引継ぎを中途半端にこなしたり、やる気がない態度で職場の人たちに迷惑を掛けたりしないよう注意してください。

今の会社にいながら転職活動をして、次の会社に移るまでの流れや注意点を見てみましょう。

情報収集をする

転職を有利に進めるために特に必要なことは情報収集です。これを怠ると何度も転職する羽目になってしまうので、転職活動を始める前には必ずやっておきましょう。

あなたが働きたい業界について情報を集め、可能であれば現在働いている人の意見を聞く機会を設けましょう。現在は、SNSが普及しており情報を集めるのが容易になっているので、仕事の後でもじゅうぶん情報収集できます。

また、転職したい業界に必要な資格や、持っておくと有利になるスキルがあれば、事前に準備しておくと転職がスムーズです。

しかし、資格ばかりにこだわりすぎると転職のタイミングを逃してしまうので、その点も情報収集する中で必須なのかどうかをチェックしてください。

転職活動を始める

あなたが働きたい業界や、ライフスタイルと照らし合わせて、就労可能時間や必要な給与額がある程度分かったら、次は実際に転職活動を開始しなくてはいけません。

今の会社で仕事をしながら賢く転職活動をするなら、ネットを有効に活用するのがベストです。

転職サイトで求人をチェックしたり、転職エージェントに登録して実際に探してもらったりすれば、今の会社を休んでまで転職活動をする必要がありません。

転職エージェントでは、実際に転職先を探すだけではなく、転職に必要な情報もたくさん得られるので最大限に活用しましょう。

転職希望の職場について知る

興味のある企業や店舗が見つかったら、次にそこについての情報を収集しましょう。個人でのネット調査には限界があるので、転職エージェントなどに実情を聞いてみると時間に無駄がありません。

アクセスしてみて感触が良ければ、実際に見学に行ったり話しを聞きに行ったりするのもいいでしょう。転職者に手厚い企業は、ホワイトな企業である可能性も高いので、転職活動をしながら希望する職場の感触を確かめることも大切です。

こうした活動を個人で行うのはかなり難しいので、専門サイトを賢く利用して効率的に転職活動を進めてください。

今の職場に退職を切り出す

退職届を出す前に、まずは退職の意思を直属の上司に伝え、最適なタイミングを相談するといいでしょう。トラブルを避けるために、同僚や部下に先に退職の意思を告げないようにしてください。

相談するタイミングは、忙しい時期を避け上司の機嫌のいいときや、仕事がひと段落したタイミングを狙いましょう。可能であれば、社外の落ち着いた環境で話すのがベストです。

その後は上司からの指示に従い、社内規定に沿って退職する日を決めてから退職届を作成、提出します。

職場のことをできるだけ考えて退職時期を決めれば、それほど大きなトラブルになることはありません。

転職先との手続きをする

転職先が決まったら、条件に相違がないか確認し、必要書類を提出しなくてはいけません。転職先に確認すればいいのですが、あらかじめ必要なものを調べておくと入社までの手続きがスムーズに進みます。

多くの会社で、入社時に必要な書類は「年金手帳」「雇用保険被保険者証」「源泉徴収票」などです。転職先から渡され、記入後提出するものとしては「給与振込届出書」や「扶養控除等申請書」などがあるので、もらったら早めに提出しましょう。

円満に退職する

本来、円満に退職することは難しいのですが、できるだけ会社や職場の人たちとの摩擦が大きくならないよう、退職日まで次のことを心がけておくといいでしょう。

  • 退職する日まで一生懸命業務をこなす
  • 自分の責任を最後まで果たす
  • 周囲との関係を良くしておく
  • 引継ぎは抜かりなく行う(スケジュールを立てチェックリストを準備する)
  • お世話になった人にはしっかり挨拶や事情説明を行う
  • 職場や人間関係の愚痴を言わない

円満退社が無理だと判断しても、上記のことは今後のためにやっていて損はありません。

特に同業種に転職する場合、前の職場の人と顔を合わせることもあるので、礼儀だけは押さえて極力職場の人たちに迷惑をかけないように退職の日を迎えましょう。

転職成功のカギは転職サービス選び

現在、転職を効率的に進めるには転職サイトのサービスを有効活用するのがベストですが、多すぎるサービスを前にすると、何を選べばいいか分からなくなります。

あなたが次に転職したい業界でも違いがありますが、効率的な選び方をいくつかまとめました。あなたに合ったものがないかチェックしてみましょう。

自分で求人情報を探すなら情報の多い検索サービス

転職する業界を具体的に決めていない、まだ漠然と今の会社を辞めたいというだけの人は、とりあえず情報量の多いサイトを見て転職先を検討してみましょう。自分で気軽に探せるので、今の会社との比較もできます。

情報量の多い求人情報サイトでは「indeedがおすすめです。アルバイトやパートを探す際にはタウンワーク」も情報量が多く知名度の高いサイトです。

これらのサイトにはエージェントサービスがないため、自力で求人を調べることになりますが、今後のことを考えると自主的な企業研究をやっておいて損はありません。求人をチェックしていく中で、今まで視野に入っていなかった業界に興味が出ることもあるので転職の幅が広がります。

安心感があるのは大手転職サイト

転職を決めて実際に動き出したい人で、転職エージェントの利用が初めてであれば、大手のエージェントを選択すると失敗がありません。

大手の中でも満足度が高いのは「マイナビエージェント」「リクナビ」「doda(デューダ)です。大手ならではの情報量で、転職先を探してくれるだけでなく、転職に必要な知識を知ることもできます。

専任の担当者が、あなたをカウンセリング・分析し転職先を紹介してくれるので、今の会社で働きながらでも条件の合う転職先を見つけられます。

大手は実績も高いので、どこを選べばいいかまったく分からないという人は、とりあえず知名度の高い転職エージェントを利用してみましょう。

業界別のエージェントなら専門的な求人が探せる

進みたい業界がハッキリとしている場合は、業界専門の転職エージェントを選択するのもおすすめです。専門のサイトを選択すると、他の転職サイトには掲載されないような企業と出会えるチャンスもあります。

業界専門の転職エージェントの一例です。

他にも、20代・第二新卒向けの「マイナビジョブ20’sなどもあるので、あなたの年齢や進みたい業種を探すのに有利なサイトを探してみましょう。

地域に根ざした求人はハローワークが頼りになる

地元で転職したい、着実に転職活動を進めたい、前職場をもう退職してしまった、という人はハローワークもおすすめです。

ハローワークで転職活動をするメリットは、一般公開されないような企業の情報が見られる点です。特に、広告費を出せない中小企業などの利用が多く、大企業にこだわりがなければたくさんの企業から転職先を選ぶことができます。

もうひとつのメリットとしては、地元の企業の求人が多い点です。全国展開している転職サイトには掲載されていないような、地元のホワイト企業と出会えるかもしれません。

また、ネットという顔の見えない人に相談するのは不安という人にとって、ハローワークに出向いて直接窓口で相談できる点もメリットと言えます。

フリーターからのステップアップにもエージェントが便利

現在フリーターで、正規雇用の転職先を探している人には、フリーターの転職に強いサイトがおすすめです。代表的な転職エージェントはいい就職.com」「ハタラクティブ」「第二新卒エージェントneoなどがあります。

既卒でフリーターとして働いていると、転職に臆病になってしまう人も多いでしょう。そんな人でも、フリーター転職の実績が高いサイトなら安心して登録できるはずです。

また、サイトではフリーター向けのコラムや転職に必要な情報もたくさん掲載してあるので、登録するだけでも今後のことを考えるいいきっかけになります。今の働き方に不安を感じるなら、積極的に転職サイトを活用しましょう。

次の仕事は何が向いている?転職前にできる仕事の適性診断

転職したい気持ちはあっても、まだ自分にどんな職種が向いているのか、どんな働き方が合っているのか分からない人は、息抜きも兼ねて適職診断をしてみましょう。

自分では想像していなかったような職業が、あなたには合っているかもしれません。

転職サイトの適職診断サービス

多くの転職サイトが、適職診断サービスを提供してくれています。かなり多くの診断サービスがあるので、おすすめのものを6つ厳選しました。

すべて無料で診断できますが、登録が必要なサイトもあります。

あくまでも参考程度にはなりますが、視野を広げたり、進みたい職種への自信につながることもあるので、気軽に挑戦してみてください。

占い感覚の無料診断

転職サイト以外でも、適職診断ができるサイトはたくさんあります。特に面白い、当たると感じたサイトを5つ挙げました。自分を見つめなおす意味でも、一度やってみましょう。

今の職場の退職に向けて動いたり転職先を探したりするのは、案外ストレスのかかる作業です。上手く息抜きをしながら、転職を楽しく進めてください。

転職すべきかどうかは総合的に判断しよう

転職は、今の仕事が嫌だからと衝動的に行動するのはおすすめできません。しっかり考えて動かなくては、何度も転職を繰り返し優良な企業に転職できなくなる可能性もあります。

今の職場での不満は、本当に改善が難しいことなのか、スキルアップはできないか、と考えた上で継続が難しい場合は、転職活動を始めましょう。将来設計やあなたの性格としっかり向き合って、使えるサービスを有効活用して効率的に今より良い職場に転職しましょう。