1. HOME
  2. 転職する方法を探す
  3. やりたい仕事を探す
  4. やりがいのある仕事ランキングと仕事を探す時のポイント
やりたい仕事を探す

やりがいのある仕事ランキングと仕事を探す時のポイント

よく言われるのは 「やりがいのある仕事という幻想」

「やりがいのある仕事なんてない」「やりがいなんて幻想」と言われていますが、あなたはこのフレーズを信じますか?

実際に、やりがいのある仕事をしている人なんていないのではないかと思う人もいるかも知れません。また、実際には一般的にやりがいのある仕事をしているのに、本人はやりがいを感じていないこともあるでしょう。

この記事にて、あなたの現在の仕事のやりがい実感度チェックしてみてください。どのような仕事がやりがいのある仕事なのかを知ることができます。あわせて、やりがいのある仕事ランキング、やりがいのある仕事に転職を希望している人へのポイントをご紹介します。

いまの仕事のやりがい実感度をチェック

やりがいのある仕事をしたいから今の仕事に就いたという人もいるでしょう。また、就職活動をする時に「やりがい」を優先順位にして活動をする方も珍しくありません。仕事をするにあたってやりがいを感じることは大切なことです。

しかし、実際に仕事を始めてみたら、仕事がただ単に大変なだけだったことや、実際にはやりがいを感じているのかわからないこともありませんか。それでは、あなたが今の仕事にやりがいを感じているかを様々な点から確認してみましょう。

仕事内容に好きなところ・得意なものはあるか

あなたの仕事内容で、好きなところはありますか?また、仕事の中で自分が得意と感じる内容はありますか?好きだと感じられる仕事があれば、やりがいを感じる仕事をしていることになります。

また、仕事が得意ならあなたが自信を持ってできることをしていることですので、やりがいがある仕事をしていると考えてもいいのではないでしょうか。

やりがいがある、と実感はない場合もあると思いますが、仕事に対して「好き」や「得意だ」という感情があるということは、とてもいいサインです。あなたはある程度やりがいのある仕事をしているでしょう。

一度でも納得のいく成果を出したことがあるか

やりがいのある仕事は、難しいことを成し遂げる仕事と関連していることもあります。あなたは、現在の仕事で一度でも自分の納得のいく成果をだしたことがありますか?

やりがいを感じる時は、自分が何らかの成果を出した時に強く感じることのできる感情だと言えます。もし、あなたが仕事で成果をだしてきているなら、やりがい度はとても高いと言えます。

あなたが、仕事で自信や達成感を感じることが多いのなら、実感はなくてもやりがいのある仕事をしていると考えられます。

社内で感謝されることがあるか

あなたは、会社内で職場の人から感謝されることはありますか?あなたの仕事やサポートのおかげで誰かが助かっているとしたら、それはやりがいのある仕事ではないでしょうか。

自分のした仕事が、評価されたり感謝されたりするのは仕事で喜びを感じることにつながります。仕事で喜びを感じることは、やる気にもつながり、やりがいを感じることもできるでしょう。

やりがいを感じるかどうかは自分次第ですが、社内であなたが必要とされている仕事をしているのであれば、あなたはその気持ちをやりがいのある仕事をとして受けとめてもいいと考えられます。

社外から感謝されることがあるか

あなたは社外の人から感謝されることはありますか?こちらも、仕事のやりがい度を実感できるポイントです。あなたの仕事が職場の人に感謝されているかだけでなく、仕事関係で関わる社外の人からも感謝されていることがあれば、それは仕事のやりがいにつながりませんか。

社外の仕事関係の人に感謝されるのは、とても嬉しいことです。人に感謝されているとやりがいを感じやすくなりますね。自分の仕事が人の役になった、自分が必要とされている、という気持ちは大きくやりがい実感度と関わっています。

仕事に参加している感じはあるか

あなたは、職場に何でも気軽に話せる親しい人がいますか?または他部署とつながりがあり、社内での人間関係がある程度広いでしょうか。

社内で親しい人がいたり、人間関係が広く多くの人があなたのことを知っているのはいいことです。職場で自分の居場所を感じることができるため、仕事のやりがい度も高くなるからです。

また、あなたは職場での自分の位置を把握していますか。自分が会社という大きなチームの一員であると感じられれば、自分の仕事に誇りも持てて、やりがいを実感しやすくなります。

仕事が楽しい人にとっての「やりがい」の意味

あなたは仕事でやりがいを感じていますか?感じていたらどのような場面でやりがいを感じることができるのでしょうか。やりがいとは言っても、一体どのような気持ちが「やりがい」なのでしょうか。やりがいとは、本来確かな定義があるものではありません

やりがいは、様々な気持ちが混ざり合って感じられる気持ちで、これもまた人によってやりがいを感じる理由が異なるものです。また、仕事に楽しみを見出している人は、やりがいを感じやすいと言えます。

こちらでは、仕事が楽しいと感じている人にとって、やりがいとはどのような意味を持つかをご紹介します。

人に必要とされて感謝される肯定感

人がやりがいを感じる時は、人に感謝されている、または必要とされているという肯定感がある時です。それは、単に外で仕事をしている人に限りません。

家で仕事をしている主婦や、家族の介護をしている人もこの肯定感がないとやっていられない、という気持ちになりやすくなります。それが仕事なら、なおさらです。

仕事を続けていくには、誰かに感謝されているという気持ちがとても大切です。主婦の仕事や介護を含む仕事にやりがいを感じられる人は、自分が役に立っている、または自分は感謝されていると感じている人で、その気持ちで辛い仕事も続けられるのでしょう。

好きなことを仕事にできている満足感

好きなことを仕事にしている場合も、やりがいを感じることが多いです。好きなことをするのは、それだけで喜びや満足感が得られますね。そのポジティブな気持ちはやる気にもつながり、やる気はやりがいにつながります。好きな仕事が長く続く理由は、仕事にやりがいを見つけているからです。

仕事はもちろん好きだけではできませんが、好きなことを仕事にしている人は、満足感や充実感、やりがいという強い武器があるため、とても運がいいです。これらの気持ちがあれば、仕事を楽しんでできて、長く続けられることが多いと言えます。

適度に忙しさのある充実感

やりがいのある仕事というと、大変だったり忙しかったりするイメージがあります。仕事が適度に忙しいと自分は大変な仕事をこなしているという充実感を得ることができます。

自分は大変な仕事をこなしているという自信と充実感は、やりがいにつながります。逆につまらなくて楽な仕事は、やりがいをなかなか感じられないものです。

あまりに大きなチャレンジとなる仕事はやりがいを通りこして、ストレスになることもありますが、ある程度忙しくチャレンジすればできる仕事は、やりがいを感じやすい仕事と言えるでしょう。

会社の雰囲気の良さによる一体感

仕事でやりがいを感じている人は、会社の雰囲気がよくチームがまとまっている傾向にあります。会社に一体感があれば、あなたも会社に必要な大切なメンバーだと感じられます。

あなたが必要とされていて、一人ではなく皆で一緒に頑張っているという気持ちはやりがいにつながります。自分がチームの一人でチームが自分を必要としていると感じれば、毎日仕事に行くのも楽しくなりますね。

職場の雰囲気がよく、人間関係が良好な会社はこのようにやりがいを感じて仕事をしている人が多いでしょう。

働きに見合った納得のいく給料

人間関係が良好だ、または好きなことを仕事にしているという理由だけでなく、給料もやりがいを感じる大きなキーになります。もし、あなたの仕事が高いスキルを必要として、あなたも会社のために一生懸命働いているとします。

しかし、もし給料があなたのスキルや仕事量に見合わなかったらどうでしょうか。給料が見合わないとそれだけやる気もなくなるのは当然の気持ちです。

逆に、あなたのスキルや仕事量に見合ったフェアな給料をもらえれば、仕事が少しくらい大変でも頑張ろうという気持ちになりますね。大変でもそれ相当の給料をもらえれば、やりがいのある仕事をしていると感じられます。

やりがいを感じやすい職種ランキング

仕事はやりがいを感じられればそれでいいというわけではありませんが、どうせ仕事をするなら、やりがいを感じられる仕事をしたいものですね。その方が仕事も長続きするでしょう。

実際には、どのような仕事でも多少はやりがいを感じることはあるかもしれません。しかし、一般的に見てやりがいを感じやすい職種はあるようです。

こちらでは、やりがいを感じやすい職種をランキング形式で7つご紹介します。あなたが、今後やりがいのある仕事をしたいと思った時に参考にしてみてください。

人の命に関わる仕事

医者・看護師・薬剤師といった医療従事者はやりがいを感じています。これらの職業は、人の命に関わる仕事です。人の命に関わっているため、非常に責任の大きい仕事として知られています。

責任の大きい仕事は、やりがいを感じやすいです。医者や看護師はとても大変な仕事ですが、その分彼らは大きなやりがいを感じて仕事をしています。人に必要とされている肯定感や重要な仕事をこなしたという充実感が、やりがいにつながっているのでしょう。

国や地域を動かす仕事

公務員や政治家、または町づくりに携わる大手デベロッパーの仕事もやりがいを感じられます。彼らは、国や地域を動かしているという気持ちがやりがいにつながっていると言えます。

国や地域に必要とされている、大切な仕事をしていると思えば、自然と仕事に対するやりがいもでてくるものです。社会に貢献している仕事は、自分が役立っていると感じられるため、自分の仕事に誇りをもてて、大変でも頑張ろうと気持ちになりやすいでしょう。

生活の安全を守る仕事

国民の生活の安全を守る仕事もやりがいを感じやすいです。例えば、警察・消防・自衛隊などが挙げられます。これらの職業は社会に必要な職業です。警察や消防、自衛隊などはどれが欠けても私たちは困ってしまう職業です。

自分が社会に必要とされている仕事をしていることは、充実感ややりがいを大きく感じられるはずです。国民の安全を守る仕事なため、どれを挙げてもとても大変な仕事です。

大変な仕事でも、国民に感謝されていることがモチベーションに、そして自信とやりがいにつながっているため、彼らは仕事を頑張れるのでしょう。

子どもに関わる仕事

子供に関わる仕事もやりがいを感じやすい仕事です。例えば教員や保育など、将来のある子供の育成に関わる教育関係の仕事が挙げられます。子供の教育や育成に関わる仕事は、責任が大きくとても大変です。

しかし、だからこそやりがいを感じられるのではないでしょうか。将来の日本を支えていく子供を育成するのは社会に貢献していることになります。

責任が大きい仕事は、やりがいのある仕事、またはやりがいを感じやすい仕事と言えそうです。

自分の経歴が誇りになる仕事

弁護士や税理士、そして行政書士などの士業や、資格の必要な仕事、または大学で研究したことが役に立つ仕事など、自分の経歴を誇りに思える仕事もやりがいを感じやすい仕事です。

弁護士や税理士などの士業も国家試験を合格していないとなれませんが、税理士などの会計士も、相当の勉強をして国家試験を合格しなければなれません。

自分が成し遂げた専門分野を職業にできるのは素晴らしいことです。それは大きな自信になり、仕事をしていく上でやりがいにつながります。

実力次第でいくらでも稼げる仕事

あなたの実力次第で稼げる仕事も、大きなやりがいを感じられる仕事と言えます。例えば、歩合制でインセンティブの幅が大きい営業の仕事や、才能で勝負する芸能関係の仕事、またはユーチューバーなどが挙げられます。

営業の仕事は、苦手な人には大きなストレスになりますが、得意な人は売らなければならないというプレッシャーをやりがいに感じることができます。

また、芸能関係の仕事やユーチューバ―は売れれば稼げる仕事です。一攫千金も夢ではありません。成功するかは自分次第で、自分の夢や目標に向かって進んでいくことに、やりがいを感じられる人もいるでしょう。

世界を相手にする仕事

英語などの語学を使う仕事や、海外出張のある仕事など世界を相手にする仕事もやりがいを感じやすい仕事です。誰もが語学力を持っていて語学を活かして仕事ができるわけではありません。海外主張も語学スキルがなければできません。

語学という世界を相手にできるスキルを持っているだけでなく、それを活かした仕事をしている人はそれだけで自信を持てますね。世界という大きな舞台で活躍している人は、自分の仕事が好きで、仕事に誇りを持っているためやりがいを感じられるのでしょう。

やりがいのある仕事に転職するためには

やりがいのある仕事ができるのは、やはり素晴らしいことです。毎日出勤する時もやりがいがある仕事なら、気持ちも違ってくるでしょう。実際は、誰もがやりがいを感じて仕事をしているわけではありません。

しかし、現在仕事にやりがいを感じていない人も、今からやりがいのある仕事に転職することは可能かもしれません。やりがいのある仕事を見つけるにはいくつかのポイントがあります。

こちらでは、自分にとってやりがいを持てそうな仕事の見つけ方を解説します。

働き方の条件を見直す

あなたがやりがいを感じられる仕事に転職するには、まず働き方の条件を見直してみるといいでしょう。

例えば、あなたは正社員として働き安定した生活を得られることにやりがいを感じるのでしょうか。それとも、派遣やパートなど雇用形態に関係なく、自分が好きな仕事をすることにやりがいを感じるのでしょうか。

また、仕事はある程度忙しいほうが面白みを感じたり、やる気がでるのでしょうか。それとも、絶対に残業なしで土日休みがいいのでしょうか。

もう一つのポイントは、仕事はチームで協調する職場、つまりチームの一員としてすることにやりがいを感じるのか、それとも一人で自由に動けて裁量が大きいほうがいいのかです。これらの点をもう一度よく考えてみる必要があります。

やりがいを感じるには余裕も必要

仕事でやりがいを感じるには、ある程度の余裕も必要です。例えば好きな仕事をしても、休みがあまり取れない仕事ならどうでしょうか。また、仕事に見合う給料をもらえなければどうでしょうか。

多少忙しい仕事はやりがいを感じやすいものですが、休みが少なく体力的に余裕がなくなってしまうと、ストレスがたまったり仕事が嫌いになってしまうことも考えられます。

また、仕事に見合う給料でないと精神的に疲れてしまい、経済的にも余裕がなければいくら好きな仕事でも続かなくなってしまいます。

会社側の言う「やりがいのある仕事です」はうのみにしない

やりがいのある仕事に魅力を感じて転職活動をするのはいいのですが、「やりがいのある仕事」をキャッチフレーズにして募集をかけている会社では、やりがいのもとにきつい激務をさせる会社もあることを知っておかなければなりません。

やりがいのある仕事は、多少忙しく簡単な仕事ではないことは想像できます。しかし、それをフレーズにして激務をさせる会社があるため、会社側の言う「やりがいのある仕事」の募集をうのみにしないことです。

面接に行く場合は、きちんと業務内容や残業時間を担当者に質問し、実際の業務を把握してから会社を決めましょう。

転職エージェントを利用する

やりがいのある仕事への転職は、転職エージェントを利用する方法もあります。転職エージェントは、あなたの希望や条件にあった求人を紹介してくれるだけでありません。

あなたの志望動機を一緒に考えて、企業との面接の練習をしてくれたり、履歴書の添削をしてくれたりと、転職成功まで様々なサポートをしてくれます。

また、業界の動向を知れたりあなたの気が付かなかったキャリアの可能性を見出してくれることもあるため、転職エージェントは利用したほうがいいでしょう。

結婚などライフスタイルの変化も見越した選択をする

転職を考える時に、あなたのライフスタイルの変化も視野に入れて考えるといいです。特に女性は、結婚や子育てという人生の大きなイベントがあります。子供が産まれても仕事を続けたいと考えているなら、子育てをしながらでも無理なく働ける会社を選ぶのが賢明です。

パートタイムや契約社員から始められる仕事や、時間の融通の利く仕事などあなたの将来的なライフスタイルを考えて仕事を選ぶと、より働きやすく余裕を感じながら、やりがいのある仕事に就けるかもしれません。

やりがいは仕事の大きなモチベーション

やりがいを持って仕事をするのは、やはり素敵なことです。あなたが職場で必要とされている、チームの一員である、または自分の居場所があると感じられれば、それは大きなモチベーションになります。

自分の仕事が役に立っている、感謝されていると実感ができれば、大きな自信となり大変な仕事でもやりがいを十分に感じることができるでしょう。

やりがいを感じてモチベーションがあがれば、仕事も楽しくできるはずです。転職を考えるなら、自分が誇れて、自分を高められるようなやりがいのある仕事を見つけられればいいですね。

ランキング

記事一覧