1. HOME
  2. 転職する方法を探す
  3. やりたい仕事を探す
  4. ストレスのない仕事ランキング。人間関係・労働環境・ノルマ別で紹介
やりたい仕事を探す

ストレスのない仕事ランキング。人間関係・労働環境・ノルマ別で紹介

ストレスのない仕事ランキングは?

責任を持って仕事をしていれば、誰でもストレスを感じることはあるでしょう。仕事からくるストレスは、労働時間の長さ、責任の重さなど様々な原因が考えられます。ストレスを抱えたままだと、身体や精神に影響が出ることもあるため、できればストレスを感じなくて済む仕事をしたいものです。

こちらの記事では、人間関係労働環境ノルマと、仕事で最もストレスを感じやすいカテゴリ別に「ストレスのない仕事」をご紹介します。

人間関係のストレスのない仕事BEST5

1位 在宅勤務・リモートの仕事

在宅勤務の仕事は、極力人と関わらなくて済みます。仕事上の連絡も、メールやメッセージなどがほとんどになるため、必要以上に人と関わることがありません。現在、在宅の仕事は非常に幅が広いので、パソコンでできる仕事であれば、誰からも雇われずにフリーランスで働くことも可能です。

会社での人間関係に悩む人はとても多く、上司に気をつかったり、叱られたりという場面が多くなると、ストレスがたまってきます。また、同僚との人間関係に悩む人も少なくありません。ただ単に性格が合わないという理由で、ストレスになることもあるでしょう。

その点、人と関わることが少ない在宅勤務・リモートの仕事なら、人間関係のストレスからは解放されるでしょう。

2位 ビルなどの清掃員

清掃員の仕事は、在宅勤務ではありません。そのため、人と関わる時間は在宅勤務の方よりは多くなります。しかし仕事自体は一人で担当するため、人間関係で悩む機会が少なくなります。こちらの仕事も、とにかく人との接点が少ないという点から、人間関係のストレスがなくなります。

会社に所属していると、仕事上で上司や同僚と密なコミュニケーションをとる必要があります。また、チームプロジェクトなどチームで一緒に仕事をしていくような機会も多いでしょう。しかし、清掃員の仕事であれば、そのような上司や同僚とのコミュニケーションが求められる状況は少ないです。

つまり、清掃員の仕事は、密な人間関係を持たなくてもできる仕事です。清掃員は自分の担当場所の清掃を、多くの場合一人で進めます。そのような点から見ると、清掃員の仕事は、人間関係のストレスがないと感じられるほど、人との関わりが少ない仕事だと理解できます。

3位 工場のライン作業

一般的に工場の仕事は、流れ作業が多いものです。多くの場合は単純作業となるため、一度覚えてしまえば他の従業員に質問することもなく仕事ができます。

また、工場のライン作業は他の従業員と話をする機会が非常に少ないです。自分の持ち場の仕事をしっかりしていればいいので、同じチームの同僚に気をつかったり、同僚とそりが合わず悩むなどのストレスがないわけです。

在宅の仕事や清掃員の仕事よりは、人との関わりが多くなるものの、作業中は他人と話をすること自体難しそうですので、人間関係からくるストレスは、あまり感じずに済みそうです。

4位 倉庫の仕分け・検品作業

こちらの仕事も、工場のラインと同じく、仕事中は他の従業員と会話をすることなく作業が進む場合がほとんどです。仕分け作業や検品作業は、単独で行う作業となるため、人と話をしていては仕事が進みません。

このように仕事上、人と関わる時間がなければ、ややこしい人間関係からくるストレスが起きにくくなると考えられます。同僚や上司の顔色をうかがうことも、評価が気になることも非常に少ない仕事だといえるでしょう。

倉庫の仕分けや検品作業の仕事なら、自分のペースで作業を進められますし、会社の人間に気をつかうストレスからも解放されそうですね。

5位 新聞配達・ポスティング

新聞配達やポスティングは単独で行う仕事です。そのため、おそらく関わるのは業務の責任者のみとなります。関わる人がたった一人ならば、複雑な人間関係で悩むことも非常に少ないでしょう。

また、一般的に、会社勤めの方よりも責任感のプレッシャーが少ない仕事と考えられます。人間関係のストレスの原因となり得る、上司との関係や上司からのプレッシャーも、こちらの仕事なら少ないでしょう。

こちらも他の仕事と同じく単独でできる仕事です。またこれまでのところ、全体的に「チームワークのない仕事」「自分の担当業務だけをしっかりしていればいい仕事」が挙がっています。つまり、人との関わりが少ない仕事です。そのような仕事は人間関係でストレスが少ないとわかりました。

労働環境によるストレスのない仕事BEST5

1位 公務員

最近では、「会社に有給休暇を取りやすい雰囲気がある」「女性が働きやすい環境である」「残業が少ない」なども、労働環境がよい企業の条件として考えられています。公務員は給料が安定していて有給休暇がとりやすいので、これにあてはまります。

公務員は一般企業と異なり、営利目的ではないため安定しています。ブラック企業かどうか心配する必要もありません。そのような点から公務員の仕事は、労働環境によるストレスがない仕事と考えられます。

2位 薬剤師

薬剤師にストレスが少ないとは意外かもしれませんが、薬剤師の方は自分の仕事について、環境が良かったり、精神的に楽だという認識を持っている方が多いようです。一般的に薬剤師の仕事はシフト制が多く、夜勤なし、残業は少なめのようです。

ただし実際の労働環境は、勤務先によります。薬剤師は企業だけでなく薬局や病院など勤務場所も様々です。労働環境は勤務先や企業により異なります。このうち、特に企業勤務は働きやすい環境だといわれています。

また、子供がいる女性の薬剤師は、パートタイム勤務も可能な場合が多いです。そのため労働環境によるストレスは感じずに済むのでしょう。

3位 スポーツインストラクター

スポーツインストラクターは、フィットネスクラブだけでなく、病院や福祉施設など勤務先も様々です。こちらの職業は肉体的にはきつい仕事かもしれませんが、普通は好きでスポーツを仕事にしているため、肉体的なマイナス面は感じないという方が多いようです。

勤務環境は、薬剤師と同じく勤務先によって異なります。例えばフィットネスクラブでの勤務であれば、夜10時まで開いている場所が多いため、夜遅くの勤務もあるでしょう。また通常フィットネスクラブは土日も営業しているため、土日休みをとるのは難しいかもしれません。

しかし、基本的には残業が少ない、有給休暇を取りやすいなど、他の職業に比べて自分の希望をフレキシブルに叶えてくれる場所が多いようです。

4位 医療機器メーカー

医療機器メーカーの仕事は、フレックスタイムが導入されている企業があり、休日出勤はあるものの基本的には週休二日で休みがとれて、有給休暇もとりやすいと言われています。

ここまでご紹介した、労働環境によるストレスのない仕事は、それぞれ業界が全く異なりますが、それぞれにメリットとデメリットはあります。医療機器メーカーの場合のデメリットは、病院が取引先となるため休日に急に病院に呼ばれたり、医療関係のイベントに参加したりと、予定外の出勤があることだといえるでしょう。

しかし、医療機器メーカーで働いている方は、労働環境に関しては全体的にストレスを感じていません。これは、医療機器メーカーは質の良い企業や、環境をきちんと整えている企業が多いことから、社員が労働環境に満足しているのだと考えることができます。

5位 事務職

事務職はオフィス内での仕事が多いため、空調管理などがきちんとされており、自分の使える机と椅子があります。つまり屋外の仕事や立ちっぱなしの仕事に比べると、働きやすい環境を提供している傾向にあるといえるでしょう。事務職は基本的に肉体労働もありません

残業が多い、休日出勤が多い、または女性の産休がとりにくいという企業はよくあります。しかし、企業によってはきちんと定時に帰れて、有給休暇をとりやすく、土日は必ずお休み、かつは会社の人間関係が円滑など、働きやすい環境になっている企業も多くあります。産休がとりやすいなど、女性にやさしい企業も最近では増えてきています。

そのような会社での事務職なら、労働環境によるストレスが少ないと思われます。

ノルマに関するストレスのない仕事BEST5

1位 事務職

事務のお仕事は非常に幅が広いです。パソコンを使用する業務が多いですが、来客対応やアシスタント業務の場合もあります。正確さを求められる仕事もあります。しかし、営業職のようなセールスノルマはありません。数字や売り上げを気にすることもありません。

販売員や営業職などノルマのある仕事は、プレッシャーやストレスを非常に感じやすくなります。「あといくら売らないといけない」というノルマを持つのは、誰にとってもかなりの精神的なストレスになります。その点、一般事務の仕事はノルマのない仕事といえます。

このように、数字と戦う精神的なストレスがない事務の仕事は、大きな意味でストレスフリーの仕事です。

2位 秘書・受付

受付の仕事は丁寧で親切な対応が重要視され、勤務先を訪れる来客にきちんと対応するスキルが求められます。秘書は上司をアシストする業務を中心に、書類作成やスケジュール管理など、幅広い業務を担当します。

こちらも事務職と同様、数字と戦う仕事ではありません。営業職のように売る仕事や、数字を達成するような業務はありません。ただし、上司との人間関係でストレスを感じることは多少あるかもしれません。他にも労働条件など、ノルマ以外が原因となるストレスもあるでしょう。

しかし、人間関係や労働条件からくるストレスと比べて、ノルマを達成しなくてはならないストレスは、精神的な苦痛やプレッシャーが特に強いのではないでしょうか。事務職・秘書や受付の仕事は、そのような強いプレッシャーによるストレスを感じずに仕事ができるでしょう。

3位 警備員

警備員の仕事はビル、病院、企業など様々な施設での見回り、建物の出入管理や監視、防災管理などが主な業務です。担当場所の安全を守らなければならない、という責任がある仕事です。しかしノルマがある仕事ではありません

警備員の仕事は、事務の仕事や秘書・受付の仕事とは全く異なるタイプの職業です。パソコンに向かうタイプの仕事でもなければ、数字とにらめっこするタイプの仕事でもありません。普通は持ち場を一人で担当するため、関わる相手の人数も少なく、人間関係からくるストレスが少ない仕事です。しかし、一人で担当することで、精神的にも肉体的にもまた別の辛いことはあるかもしれません。

つまり警備員の仕事は、一人で業務を進めるという点から責任感からくるストレスはあるものの、数字を達成しなければならないようなプレッシャーからくるストレスはない仕事だと考えていいでしょう。

4位 鉄道やバスの運転手

鉄道やバスの運転手は、乗客の安全を第一に考えて業務を進めていく仕事です。鉄道やバスの運転手は、ノルマによるストレスはなくても、人の命を預かっているという点で、責任の重さからくるストレスはある仕事です。

しかしノルマがないというのは大きいです。一般的にノルマは、仕事上のストレスの重大な要因と言われています。どんな職業にもある程度のストレスはつきものですが、運転手はノルマからくるストレスは感じずにできる仕事です。

そういった意味で、鉄道やバスの運転手は責任は重くても、「数字を達成しなければいけない」という最も大きいノルマのストレスはない仕事だといえます。

5位 マンションの管理人

マンションの管理人は、マンションの防犯管理やゴミ置き場も含めた清掃、そして点検・設備を一般的な業務としています。普通は、一人で業務をするため自分のペースで進められる仕事です。営業職のように、売り上げを達成しなければならないようなノルマはありません。そして一般的には業務量が少ないため、残業もほとんどないと思われます。

このような仕事なら、ノルマによるストレスはないと考えていいでしょう。

また、マンションの住人と関わることはありますが、同僚や上司が常にいるわけではないので、複雑な人間関係からくるストレスもありません。

ストレスのない・働きやすい仕事を見つける方法は?

自分のやりたいことを明確にする

仕事とストレスは切っても切れない関係のように思う人もいるでしょう。しかし、できればストレスを感じずにできる仕事をしたいものです。それでは、ストレスを感じずにできる仕事を見つけるにはどうしたらいいのでしょうか?

まずは、自分がしたいことが何かを明確にすることです。自分が好きな事、興味のあることなら仕事に喜びを感じられるでしょう。自分はどのような仕事が合うのか、じっくりと様々な可能性から考えてみることが大事です。例えば、人と話すのが得意な人なら、ノルマがあってもそれが原動力となり、ストレスを感じずに営業のお仕事ができるでしょう。

会社の労働条件をしっかり確認する

ストレスがなく、働きやすい仕事を見つけるために、もう一つ大切な鍵があります。それは、会社の労働条件をよく確認することです。自分に合う仕事がわかったら、自分がどのような条件の下で働けばストレスなしで働けるかを明確にしましょう。例えば、「自分の場合、大企業で働くほうが安心できてストレスがなさそう」「残業は月にこれくらいの範囲内なら、ストレスなく仕事ができそう」など考えてみることです。

このように具体的に、自分が譲れない労働条件会社の労働条件を照らし合わせてみましょう。自分の希望や条件にぴったりと合う会社を見つけるのは、簡単なことではないかもしれません。その場合は、自分の条件を優先順に考え、一番譲れない条件の合う会社を選んでみましょう。

企業の口コミサイトを参考にする

企業の内情を知るうえで、興味がある企業についての口コミを参考にするのは、とてもよい方法です。口コミは体験談を含んでいることが多く、生の声を聞くことができるからです。企業の雰囲気や社員の様子などが分かる場合もありますし、実際の会社の雰囲気や待遇も知ることができます。

ただ、人それぞれに考え方の違いがあるため、口コミの評判全てをうのみにするのは怖いことです。しかし、同じテーマに関しての似た評判が多数ある場合は、信ぴょう性が高いと考えられます。口コミを参考にして、ご自分がどうしたいかを再度考えてみるといいでしょう。

仕事のストレスを和らげる方法

オンオフをきちんと分ける

ストレスは、ためてしまうと身体や精神にも影響が出ることがあるため、できればためたくないものです。仕事からくるストレスがたまった場合、いくつかの方法で和らげられます。オンとオフの時間をしっかりと分けるのは、一つの有効な方法です。仕事が終わったら、仕事からくる不安やイライラをオフにしてみましょう

仕事中は、業務を責任を持ってしっかりこなしましょう。しかし、業務が終われば上司も同僚も関係ない、あなたの自由の時間です。スイッチを切るように頭を切り替え、仕事は忘れて楽しいことを考えるようにすれば、ストレスを和らげることができます。

終わった仕事の事を悶々と考えるより、例えば「今日の夕飯何にしようかな?」「今日はビールでも飲んで家でリラックスしよう」など、あなたの貴重な時間をどのように楽しむかに考えを集中してみましょう。せっかくの自由時間に、仕事のことを考えて過ごしてしまうのは、とてももったいないです。

趣味を楽しむ時間をつくる

ストレスを和らげるためにはもう一つ、自分の好きなことを楽しむ時間をつくるのが有効です。仕事が終わったあとの平日、または週末に、趣味を十分に楽しみましょう。楽しいことをしていればストレスは和らいでいきます。仕事が辛くても、趣味の時間を楽しみにしていれば、ちょっとしたモチベーションになりますし、頑張ろうという気持ちにもなります

プライベートの時間を好きなことで充実させれば、仕事からくるストレスも和らいでいきます。

信頼できる人に話を聞いてもらう

人に話を聞いてもらうことで、気持ちが楽になると感じたことがある人は多いのではないでしょうか。仕事からくるストレスを、誰にも話さずに心の中にしまっておくのはよくありません。できれば、信頼できる身近な人に話を聞いてもらうといいでしょう。

人に話すことで、自分の気持や考えがまとまり、自分でも気が付かなかった発見ができる場合もあります。もやもやと心の中でたまっているストレスは、人に話すことで和らぎ、スッキリとした気持ちになれます。何でも話せて信頼できる人がいれば、ぜひ話を聞いてもらいましょう。

まとめ

ストレスのない仕事を、3つのカテゴリーからご紹介しました。仕事からくるストレスの代表的な要素となる「人間関係」「労働環境」「ノルマ」は、ストレスのない仕事や職場を見つけるうえで役立つ観点となります。

仕事をするにあたって、多少のストレスは仕方がありません。しかし、自分の合う仕事を見つけ、自分の譲れない条件を明確にすることで、ストレスを感じずにできる仕事を見つけられます。現在仕事でストレスを感じている人は、転職を考えるにしても、このまま頑張ってみるにしても、まずはオンとオフをしっかり分けて、自分の好きなことを充実させましょう。ストレスを和らげることから始めてみてください。

ランキング

記事一覧