仕事が辛い人に読んで欲しい記事

自分だけの空間で生き生きと仕事ができる引きこもり仕事の魅力

引きこもって仕事をしたい人に知ってほしいこと

「会社に行きたくない」誰もが一度はこんなふうに思ったことがありますよね。会社勤めをしている人はどんな気分や天気の時であっても会社に行かなければ仕事をすることができません。ですが世の中には家に居ながら仕事をしている人がたくさんいることをご存じでしょうか。今や多くの企業が自宅で仕事をするテレワークを推奨しているのです。

また企業に勤めていなくてもフリーランスと呼ばれる人達の多くが在宅ワークをしています。働き方が多様化する中、家に居ながら仕事をすることは当たり前となっているのです。近年では政府も副業をすることを推奨しており、今後も多くの人が在宅ワークを始めることでしょう。

引きこもり仕事をしているのはこんな人

では、一体どのような人が在宅ワークをしているのでしょうか。家で仕事ができると言われても果たして自分にもできるのか分かりませんよね。ですが安心して下さい。本当にたくさんの人が様々な理由で在宅ワークを選んでいるのです。家で仕事をしている人は大きく2つに分けることできます。

1つは何らかの事情で通勤することができなくなってしまった人達、もう1つは自分で在宅ワークをすると決めた人達です。たとえば以下のような人達が在宅での仕事を選んでいます。

クラウドソーシングなどで在宅ワークを見つけた人

一般にフリーランスと呼ばれる人の多くがWeb上の職業マッチングサービスであるクラウドソーシングを利用して在宅でのお仕事を見つけています。また本業のかたわら副業として利用している人も多いでしょう。クラウドソーシングには自分のスキルを活かすことのできるお仕事が多く登録されています。

たとえばデザインが得意な人であっても自宅から通勤できる範囲にデザインの技術を活かせる会社がなければ引っ越しをするか諦めざるを得ないでしょう。ですがクラウドソーシングであれば在宅で仕事ができるため自分のスキルを活かすことが出来るのです。

毎日出社しなくともよい職種の人

「毎日出社しなくてもよい」と聞くと会社の重役などでなければ無理だというイメージがあるかもしれませんが実はそうではありません。たとえばプログラミングやデザイナーなど黙々と作業をすることが求められる職種の人には自宅での仕事が認められているケースがあります。

会社など周囲の環境に左右される場所で作業するよりも集中できる自宅で仕事をした方が効率が上がることもありますよね。このようにスキルさえあれば自宅での仕事を認められることがあるのです。

家庭の事情や病気によって在宅仕事を認められた人

現代は超高齢社会です。養護施設の受け入れ人数には限界があるため、両親の介護のために仕事を辞めなければならないという人が増えています。また、うつなど心の病気を患ってしまい会社に行くことができなくなってしまったという人も多くいます。

どのような仕事でも可能なわけではありませんが、会社が認めた場合に限って自宅での仕事を認めてもらえる場合があります。もちろん、その為には自宅で仕事ができると会社に判断されるだけのスキルが必要になります。

育児中の人

育児休暇は法律によって認められており最大で子供が2歳になるまで取得することができます。ですが育児休暇中の手当は本来の給料分を満額もらえるわけではないのです。また育児のためとはいえ長期間仕事を休むことで感覚が鈍ってしまい仕事に復帰するのも難しい場合もあります。

育児休暇が終わってもバリバリ働きたい人にとっては自分のスキルが錆び付くのは避けたいですよね。このように育児中であっても自分のキャリアに空白を作らず自宅で仕事をする人が増えているのです。

在宅でできる仕事を起業した人

分かりやすく言い換えれば自営業ということですね。自営業と聞くと昔ながらの個人商店を思い描く人も多いと思いますが、現代ではパソコンが1台あれば自営業ができる時代なのです。

たとえば物の売買であっても、店舗に行かずにインターネット上で買った物を家に届けてもらい、それを同じようにインターネット上で販売するなど、家から一歩も出ずに販売業をすることが可能です。いわゆる転売屋というものですね。このように自営業の形態も昔とは変わってきているのです。

引きこもり仕事のメリット

引きこもり仕事をすると、いったいどのようなメリットがあるのでしょうか。会社まで通勤するとなると毎日考えなくてはならないことがたくさんありますよね。朝起きて眠い目をこすって会社に行き、1日中周りに気を遣って家に帰る頃には精神的にも肉体的にもボロボロになっている。

これではいつか心も体も病気になってしまうでしょう。在宅でできる仕事を選べば、これら会社に行くことで発生する様々なストレスと別れを告げることができるのです。

通勤時間がない

みなさんは日本の平均通勤時間をご存じでしょうか?総務省の発表によると全国の通勤にかかる平均時間は往復で1時間40分ほどであり、これが首都圏になると3時間半にも及びます。この数字はあくまでも平均なので、中には片道2時間以上もかけて通勤する人もいるということになります。

移動に4時間も掛かるのでは毎日疲れてしまい生産性も上がりませんよね。在宅で仕事をすることで本来移動時間のために使っていた時間を自由に使えるようになるので、仕事を効率よくすることができ身体も十分休めることができるのです。

家に忘れ物をして焦ることがない

誰もが一度は忘れ物をしたことがあるのではないでしょうか。ささいな忘れ物であれば問題ないかもしれませんが、忘れ物をしたことでその日の仕事ができなくなってしまうようでは問題です。

また会社の大切な資料を通勤中に電車の中に忘れてしまい大変なことになってしまったという話を聞いたことがあります。在宅で仕事をしていれば仕事道具は全て家に置いてあるので、このようなことは心配はありません。「忘れ物をする」ということ自体がそもそも起こらなくなるわけですね。

服装に気を遣わなくていい

制服など同じ服を着て職場に行くのであれば良いのですが、決まったものがないと毎朝服装を考えるのはとても疲れますよね。特におしゃれに気を遣う女性であれば毎朝のコーディネイトはかなり負担になるのではないでしょうか。

個人商店などの接客業では厳しいとは思いますが、プログラミングやライター業のように一人で黙々と作業をするのであればどのような格好で仕事をしていても誰からも咎められません。朝起きて着替えるのが面倒なのであれば、そのままの格好で仕事を始めることも可能です。

人と顔を合わせるストレスがない

人が毎日を過ごしていく中で一番ストレスを感じるのは人間関係ではないでしょうか。人間という生き物はどんなに親しい人と話をする時にも多かれ少なかれストレスを感じているものなのです。

職場の人間関係が良好であればまだ良いのですが、その日の気分によって話をしたくないということもありますよね。挨拶をすることすら億劫なこともあるでしょう。ですが職場に行く限り、それを避けることはできません。愛想を良くしようとすれば精神的に疲れてしまい仕事の能率も下がってしまいます

在宅で仕事をしていれば誰とも顔を合わせることがなく、必要な連絡も電話やメールで済ますことが可能になるのです。

時間の融通がきく

会社で仕事をしている限り、会社が決めた就業時間中に仕事をしなくてはなりません。ですが在宅で仕事をしていれば自由に時間を割り振って仕事をすることができます

お子さんがいる家庭の場合、子供が急に体調を崩して病院に連れて行かなければならなくなっても、会社員であれば仕事を休まなくてはならないところを在宅で仕事をしていれば病院から帰ってから看病のかたわら仕事をすることが可能なのです。

子供のためとはいえ会社を休むことは周りに迷惑がかかるのではないかと気を遣ってしまいますよね。このように急な用事やイレギュラーなことが起きても柔軟に対応できるのが自宅で仕事をするメリットです。

慣れた環境でリラックスできる

会社で仕事をしていると周りには常に別の職員がいます。自分だけの世界に没頭して作業をしようと思っても周りの人の話し声などがあると集中するのはなかなか難しいものです。

人間の集中力はどんなに集中していても15分が限界という話をご存じでしょうか。そもそも人間は何時間も集中力を継続することは不可能であり、効率よく作業を続けるのであれば30分ほどで小さな休憩を入れる方が良いと言われているのです。

自宅で仕事をしていれば30分ごとに軽く目を閉じて横になるということも可能となります。さすがに職場で横になるのは難しいですからね。

引きこもり仕事のデメリット

引きこもって仕事をするのは良い点ばかりあるように感じますが、やはりそう上手くはいきません。会社に行くということは強制的に仕事モードに入れるというメリットがあります。会社にいれば嫌でも仕事をしなくてはなりませんが、家で仕事をしていると誰も見ていないという安心感からだらけてしまいがちになるのです。

在宅で仕事をするには自分をコントロールする能力が求められます。人によってはメリットであることが逆にそのままデメリットになってしまうこともあるので、自分の性格やライフスタイルを思い起こして在宅ワークに向いているかどうかを判断すると良いでしょう。

コミュニケーション力が衰える

家で仕事をしていると人と話をすることが極端に少なくなります。たとえ会社の業務を自宅で行うテレワークであっても、会社とのやりとりは必要最低限のものだけで済むので1日に発する言葉はかなり少なくなるでしょう。

また家にいることで世間の情報に疎くなるという弊害もあります。会社にいれば同僚と世間話をする機会もあり自然と様々な情報を得ることができますが、自宅で仕事をしている限り自分で情報を集める必要があるでしょう。自宅にいても新聞やネットのニュースを見ることはできますが、自分が好む情報だけにしか目が向かない可能性もあるので注意が必要です。

自宅で仕事をする際には積極的に世間の情報に目を向けるよう心掛けましょう。

だんだん遅寝遅起きになっていく

会社で仕事をする場合と違い、自宅で仕事をするようになると始業時間を自分で決めなくてはなりません。決まった時間に家を出る必要がないと思うとついつい夜更かしをしてしまいがちですよね。また自由に使える時間が増えるという安心感からダラダラと仕事をしてしまうことが考えられます。

その結果、その日のうちに終わらせなくてはならない作業が終わらず夜遅くまで掛かってしまい、夜更かしに拍車が掛かってしまうこともあるでしょう。自宅で仕事をするには自分を律して計画的に作業を進める能力が求められるのです。

平日と休日のメリハリがなくなる

会社勤めをしていると休みが待ち遠しいものですよね。そんな楽しみな休日を在宅ワークでは自分で設定することができるようになります。極端な話ですが週に3日間、寝る間を惜しんで働いて残りの4日間を休日に充てるということも可能なのです。

ですが、そのようにメリハリを持って生活ができる人は非常に稀でしょう。人間はどうしても楽な方へと足が向いてしまい作業を後回しにしてしまいがちなのものです。結果としてダラダラ作業をしてしまい1週間毎日仕事をすることになってしまったということにもありえます。在宅で仕事をする際には意識的に仕事をする日としない日を分けるように心掛けましょう。

家族がいると仕事に集中できないこともある

在宅ワークをする上で考えなくてはならないのが仕事をするスペースの確保です。一人暮らしであれば自宅がそのまま仕事場となり、誰にも邪魔をされずに集中して作業をすることができるでしょう。

ですが家族と同居をしていると話が変わってきます。自宅で仕事をすることで同僚や上司と話をする必要がなくなった反面、今度は家族が集中力を乱してくる可能性があります。だらけてしまいがちな在宅ワークは自分が最も集中できる環境作りが必須となります。自分だけの仕事部屋を作ったり、家族にも仕事中は話しかけないでもらうようお願いするなどの工夫が必要でしょう。

体力が落ちる

通勤がないということはメリットばかりのように感じられますが意外な落とし穴があります。それは運動不足です。自宅でできる仕事は圧倒的にデスクワークが多くなっています。会社勤めであれば、たとえ自家用車で出勤をしていたとしても、家から一歩も出ない在宅ワークに比べて圧倒的に運動量が多いのです。

20分間の適度な運動をした後は認知能力や集中力がアップするため作業効率が良くなるという研究結果をご存じでしょうか。嫌だと思っていた通勤も仕事の能率を上げるには役に立っていたというわけです。自宅で仕事をするのであれば作業の合間に軽い運動を心掛けるようにしましょう。

引きこもり仕事を始める方法

いざ自宅で仕事をしようと思ってもどうしたら良いか分かりませんよね。在宅で仕事をする人が増えていると言っても世の中の全ての仕事を自宅でできるわけではありません。自宅を職場にしたいのであれば、まずどのような仕事が在宅ワークに適しているのか調べる必要があります

プログラミングなど何らかのスキルを持っているのであれば比較的簡単にお仕事は見つかるでしょう。特にスキルを持っていない場合であっても少しずつスキルを鍛えていける在宅のお仕事を見つける方法もあるので安心して下さい。

今の仕事形態を変えたいなら会社に相談

在宅ワークを希望するからといって今勤めている会社を辞める必要があるかというと必ずしもそうではありません。近年では業務内容によって自宅で仕事をすることを推奨している企業も多いのです。

飲食店や飛び込み営業のような形態では難しいですが、カスタマーサポートやプログラミングなど電話とパソコンさえあれば場所を選ばない仕事であれば比較的認めてもらえるケースが多いようです。

ですが、たとえ自宅で可能な仕事内容であっても会社の許可が下りない場合があるので、どうしても自宅で仕事をしたいという人は転職をすることも視野に入れる必要があるでしょう。

スキルがあればフリーランスになるのもあり

会社に雇われながら自宅で仕事をするテレワークの他に、フリーランスとして働くという選択肢もあります。フリーランスとは会社と雇用関係を持たず、単発の仕事ごとに契約をする形態になります。

会社に勤めていれば会社の名前で仕事をもらうことができますが、フリーランスになれば会社の名前を頼ることができず自分の名前とスキルで勝負するしかありません。フリーランスとして独立するときに自分に仕事を発注してくれるクライアントがいるのであれば問題なく仕事を始められるでしょう。

そうでないのであれば会社に勤めていた頃と同じ水準の給料をもらうのは、かなりハードルが高いと言えます。

スキルがなくともクラウドソーシングで仕事は見つかる

いきなりフリーランスとして仕事を始めることは厳しいという話をしましたが決して不可能なわけではありません。現在はネット上の職業マッチングサービスであるクラウドソーシングが盛んに行われています。

高いスキルを求められるものもありますが、中にはパソコンさえあれば誰でもできる文字入力などの簡単なお仕事も数多くあるのです。もしフリーランスとして独り立ちをしたいと考えているのであれば、まずはクラウドソーシングで自分に合った仕事を探してみるのもおすすめです。

クラウドソーシングによる引きこもり仕事の実情

クラウドソーシングを利用すると本当にたくさんの仕事があると分かります。ですがスキルが無い状態でクラウドソーシングをしても生活を維持するだけの十分な給料を得ることは難しいでしょう。なぜなら始めたばかりでスキルも信用も持っていない人が請け負うことのできる仕事は基本的に単価が低いものばかりだからです。

会社に勤めていた人がそれまでと同等の給料をもらおうと思うと想像以上の苦労が待っていることでしょう。安定して仕事を引き受けるには相当な努力が必要となります。

基本的に歩合制で単発・短期

会社員であればどんなに作業効率が悪くても1日にもらえる給料は保証されています。ですが在宅ワークは好きな時間に自分がやれるだけの仕事をするという形態をとっているため完全歩合制となっているのです。ほとんどの案件が単発契約であり単価も低く、一度納品をしたら再度別の仕事を契約し直さなくてはなりません。

かなり厳しいように感じられますが、これは相手の立場になってみると分かります。自分が仕事を依頼する立場であれば信用もなくスキルを持っているかも分からない人に重要な仕事は任せられませんよね。会社勤めの経験がある人はその業務形態の違いに戸惑うこともあるでしょうが、クラウドソーシングで仕事を請け負うのであれば避けては通れない道となっています。

成果を認められれば安定した契約もできる

ではクラウドソーシングだけで生活をするのは不可能なのかといえばそうではありません。初めは単発の契約であっても、クライアントの求める成果をしっかりと納める続けることができれば、あなたの信用も上がり仕事の単価も上がっていくのです。

またクライアントの方から継続した仕事を依頼されることもあります。このように初めは少ない給料であっても数をこなし1つ1つの仕事のクオリティを上げることが安定した契約へ結びつくのです。

引きこもり仕事が自分に合っているかをよく考えて行動しよう

「通勤をするのが嫌だから」と安易な気持ちで在宅ワークを始めると思ったような結果が得られないこともあるでしょう。自宅で仕事をするということは一見楽なように感じられますが、自分を律することができ、責任感のある人が求められる職業でもあるのです。

ですが会社勤めのストレスから心を病む人も多い現代社会、落ち着く場所で仕事ができるというのは本当に素晴らしいことです。人間は人生の大部分を働くことに費やします。毎日会社に通うことに疲れてしまったのなら自宅で仕事をするのも1つの選択肢ではないでしょうか。

ストレスばかりの職場から抜けだし、自分だけの快適な空間で生き生きと仕事に励みましょう。