仕事が辛い人に読んで欲しい記事

女性にとって楽しい仕事は?楽しい仕事を選ぶポイントを知ろう

女性が楽しいと思える仕事とは?

世の中にはさまざまな職業が溢れています。今現在就いている仕事が自分にとって本当に適職であるかどうかについて悩んでいる方も多くいるでしょう。

そこで、本記事では女性にとって楽しいと思えることの多い仕事について紹介します。

やりがいのある仕事

生きるために働かなければならないならば、自分の興味のある仕事で、大変でも充実した時間を過ごしたいという考えの方は、やりがいのある仕事を探してみましょう。

やりがいのある、というと忙しい仕事を想像してしまうかもしれません。ですが、忙しくともその分気づけば新しいスキルが身についているでしょう。

スキルが身につけば、年齢を重ねても重宝される人材となり、将来的に仕事を優位に進められます。ぜひ、未来のビジョンを見据えてチャレンジしてみましょう。

人の役に立つ仕事

人の役に立つのが好きという心優しい方は、教育や、看護師、保育、介護などの人と密接に関わる仕事がおすすめです。

これらの仕事はたしかにハードな職種ではありますが、人の世話をしたり、人の成長にダイレクトに関わる仕事は、一日一日に温もりが溢れています。特に「ありがとう」と言ってもらえるだけでやりがいが感じられるという方には、とてもいい仕事です。

ものによっては人手の足りない仕事もあるので、素早く就職先が見つけられるというのも魅力の一つです。

自分の特技を活かせる仕事

これまで生きてきて身についた技術の中でも自分が得意に感じる、いわゆる特技を活かせる仕事、というのも充実感につながる仕事の選び方のひとつです。

自分の得意なことですから、仕事をはじめた時点でのスタートダッシュにも繋がるはずです。自分の今まで養ってきた能力が社会貢献に役立つということで、やりがいもしっかりと感じていけるでしょう。

自分の魅力にもより気付けて、自信に繋がったり、新しいチャンスになるかもしれませんね。

自分の専門分野を活かせる仕事

特殊な学校を出ている方や、特に専攻していた学問がある方など、専門知識を活かせる仕事を選んだ場合も充実感が得られる場合が多いでしょう。専門として学んでいた時間の積み重ねが、仕事に大きく役立ってくれることは間違いないはずです。

仕事として関わることでより深い知識が得られたり、実際のスキルとして自身が身につける技術で、その分野のより深い部分に到達できます。

スペシャリストを目指す意欲にも繋がるでしょうから、仕事を向上心を持って進めていきたいと思っている方に良い仕事の選び方です。

自分の趣味を活かすことができ、好きなことができる仕事

自分の好きなことで、というのも充実した日々を過ごすための仕事の選び方です。

自分が興味を持っていることに関する職業のリサーチをし、どういった理由でそれが職業として成立しているのかを調べてみるといいでしょう。

元々好きなことに一日の長い時間を使えるのは、より深い幸福感にも繋がるかもしれません。ただ人によっては、趣味を仕事にすると忙しさなどから楽しめなくなる、という意見もあります。2番目に好きなことを仕事にするなど、工夫が必要です。

楽しい仕事といわれる職業

では具体的には、多くの女性にどのような仕事が選ばれているでしょうか。人気の職業について魅力をピックアップしましたので、参考にしてみてください。

人の手助けが出来る看護師

看護師といえば人の手助けができて、人の役に立てる仕事の代名詞です。勤務時間もコミュニケーションに溢れていることが、楽しい仕事と言われる所以かもしれません。

病院で過ごす方の、人生の一大事に寄り添う仕事です。大変なことは多い仕事ですが、元気になった患者さんからは心温まる言葉が聞けたり、その分温もりのあるやりがいが得られる仕事です。

資格取得が必要にはなりますが、資格を有していれば基本的には就職先に困ることはありません

介護職で人の手助けをできるケアマネージャー

こちらも、人の役に立てるといえば、という職業ですね。

人生の先輩である高齢者の方へ、介護施設の紹介や、配膳サービスの紹介、時には高齢者の方と施設や親族を橋渡しをする仕事です。業務内容が多岐にわたるため、忙しい仕事でもありますが、看護師と同様コミュニケーションの中で温もりを感じたり、とても感謝される仕事です。

時にはためになるお話を聞かせてもらえるシーンもあるかもしれません。思わぬ知識が得られる可能性もあります。

もくもくと自分の好きなことに集中できる研究職

こちらはコミュニケーションが苦手という方でも、専門知識を活かすことのできる仕事ですね。あなたのこだわりが新しい発見を生み出して、人々の役に立っていきます。

必ずしも研究に対して結果が出るとは限りませんし、時には長い期間ひとつの研究にかかりきりになることもあります。その分成果が出た時の喜びを味わえたなら、それが一度だけでも大きなやりがいを感じられます。

とても忍耐力の必要な仕事で、一点集中が得意で物事を考察することが得意な方に向いている仕事でしょう。

語学の幅が広がる通訳・翻訳

外国語の知識のある方なら、通訳や翻訳もとてもやりがいのある仕事です。

あなたが紡ぎ出す言葉が、国境を超えたコミュニケーションを可能にし、知識や文学を広げていき、メディアによって広く知られていきます。海外の文化に触れて自分の生活の幅が広がり、思っているよりもずっと深い豊かさが仕事によって感じられるかもしれません。

また、通訳は言葉によるコミュニケーション能力翻訳は言葉による文章読解能力や表現能力が問われるという違いもあります。ご自分に合う仕事はどちらなのか考えてみてください。

海外進出でバリバリのキャリアウーマンになれる営業職

トーク力に自信がある方は営業職もおすすめです。自分の頑張りが顧客獲得、満足に繋がるので、こちらも非常にやりがいのある仕事です。

コミュニケーションを商売にする仕事なので、営業としてのキャリアを積めば積むほど、コミュニケーションという人間としての基礎的なスキルが磨かれていくというのも魅力のひとつですね。

語学に自信がある方なら海外進出、さらなるキャリアアップも夢ではありません。世界を股にかけるかっこいいキャリアウーマンになれるかもしれません。

子ども好きな人にぴったりな保育士

子どもの無邪気な笑顔が大好きな方にはやはり保育士がおすすめです。

保育士が関わる子ども達との時間は、心の成長におけるとても大切な時間です。そんな大事な時間を共に過ごす保育士の方は、子ども達にとってとても偉大な存在です。

子育ての大変さを思うと、こちらも楽しいことばかりではない職業ですが、無邪気な子どもの発言に思わず笑ってしまう毎日が送れるような職業でしょう。無邪気さにはっと気付かされることもあるかもしれませんね。

人に教えることで自分も成長できる教師

教師も子供達にとっては大きな存在となる、やりがいのある仕事です。それぞれの個性と向き合って成長に寄り添っていく仕事で、生徒の卒業にはその成長ぶりに思わず涙してしまうこともあるかもしれません。

忙しい仕事ですが、教えることであらゆる知識の復習ができますし、フレッシュな生徒たちとの触れ合いで、自分の人生についての見直しを自然と促されるでしょう。それぞれの成長と選択を幾度となく目の当たりにすることが、自分の成長にもつながります。

自分のセンスを活かせるデザイナー

街に溢れるあらゆるものの裏側にはデザイナーという大きな存在が隠れています。自分の個性を発揮して、商品やブランドがヒットすれば大きな充実感を得られます。

デザイナーといってもグラフィックやweb、ゲーム、空間など職業にも幅広いジャンルがあり非常に奥深い世界です。ファッションやお洒落なものが好きな方や、かねてからゲームやアニメを好んでいるという方、好きなことを仕事にしたいという方が選びやすい仕事でもあります。それぞれの職業の特色をしっかりとチェックして、自身の目指すところを確認しましょう。

プライベートと仕事をきっちり分けられる事務などの一般職

仕事は仕事、プライベートはプライベートというタイプの方は、事務などの一般職がおすすめです。プライベートの時間が確保できる仕事もありますので、仕事中はしっかり集中、プライベートの時間は思いっきり楽しむというように、メリハリのある生活ができます

ただ、これらの一般職は特別な資格が必要ないものの多いため、競争率が高いようです。転職の際は自分の志望の職業について、どんな自分の特技や魅力がアピールできるかを把握しておくことをおすすめします。

手に職をつけることができる美容師

特有のスキルで、自分の技術が仕事に根づけば充実感も大きい仕事です。自分のスキルやコミュニケーション能力、お客様を癒す心遣いがあれば、リピーターもついて自分のお店も持てるかもしれません。癒しの時間と素敵なイメージチェンジに満足されたお客様からは、嬉しいお言葉がもらえることもあります。

最近は美容室でのメイクアップ、着付けなどサービスにも幅が広がっています。あらゆるサービスについて知識を深め、幅広く技術を得ようという向上心があるのならば、安定した指名数のあるトップスタイリストとしての道も選べるでしょう。

女性は一度は憧れるエステティシャン・セラピスト

女性ならば一度は体験したことがあるのではないでしょうか。エステティシャンやセラピストは日常を離れて体や心を癒す時間を提供する素敵な仕事です。サービス精神がお客様の満足に深く繋がる仕事で、こちらも自分のスキルからお店を持つ方も少なくはありません。

どちらの仕事にもお客様の要望をカウンセリングが重要になります。ニーズや需要を踏まえて適したサービスを提供することが大切です。安らぎを提供する仕事によって女性性が磨かれて、魅力も一際養えるかもしれません。

自分の好きなことを活かせるインストラクター

得意なことや好きなことをお客様に指導する仕事です。接客が主な仕事内容となるため、人とコミュニケーションをとることが好きな方にも向いています。好きなことをサービスとして提供し、その魅力を多くの方に伝えてみませんか?

スポーツやアート、そのジャンルは多岐に渡ります。自分の目指す分野のインストラクターの活動について調べてみましょう

好きに溢れた毎日で、お客様のスキルの向上が自分のやりがいになります。心豊かな生活が待っていることでしょう。

人のためになれるカウンセラー

心の悩みを抱える方も多い時代、カウンセラーも非常に需要のある仕事です。お客様の心に寄り添って、お話を聞いてあげたり、解決策を提示してあげます。

苦しみに寄り添ってもらえるだけで人は救われたり、ほっとするものです。あなたの経験や考え方から生まれる言葉が誰かを救うこともあるでしょうし、それによってお客様が元気を取り戻してくれたときにはこちらも元気をもらえます。

また、カウンセラーにまつわる資格は数多くあるため下調べが必要不可欠です。就職に有利な資格についてはしっかりと調べた上で、勉強を進めるといいでしょう。

女性が楽しくないなと思う仕事とは?

それでは逆にどういった仕事が楽しく感じられないのでしょうか?基準を知ることで現在の仕事が適職であるかどうか、また、転職の候補について見直してみましょう。

仕事に対する理想と現実のギャップがある

一見きらびやかな世界に見える仕事こそ、実は泥臭い部分が多い、という話は一度は聞いたことがあると思います。それと同じで、やってみたはいいけれど、自分が思っていたよりもずっと辛い仕事だった、ということもあります。

つらいことももちろんそれぞれの職業については回るものですが、その種類が自分には合わない仕事だった、という状況の中では長く働き続けるのは難しいでしょう。自分の夢見ていたイメージとの差が大きい場合、ショックも相まって嫌な部分がどんどん目についてしまうかもしれません。

やってみなければわからないこともありますが、どれだけ頑張って理解を試みても難しい場合は考えものです。

自分がやりたい仕事をさせてもらえない

自分がやりたいことに関する職場を選んだはずだったのに、蓋を開けてみたら自分にやりたい仕事を回してもらえないのも、仕事について非常にもどかしく感じてしまう状況です。

志していたキラキラした気持ちや向上心が消えてしまう前に、上司に相談してみるのがいいでしょう。

職業によっては下積みが必要なものもありますから、自分に強いられている下積み時間が長すぎると感じる場合は、同じ業界の相場を調べてみるのも必要です。待っていて希望が見える時が来るのか、見切りをつけてしまったほうがいいのか、自分の中ではっきりとさせるのが大切になります。

自分の特技や専門知識がまったく活かせない

自分なりの強みや知識があるというのに仕事では思うように発揮できず、評価につながらないのも、仕事での士気が下がる一因です。

関連ある職業についているならば、自身の強みをアピールしてみることが必要でしょう。例えば持っているスキルが必要な場面で名乗り出る、自分のスキルについて会話の流れで何気なく口に出すなどが、自分の強みを理解してもらうための一歩です。恥ずかしいという気持ちはあるかもしれませんが、自分の価値についてわかってもらう行動は働く上で必要なことです。

また、特技や専門知識が活かせる部署への異動願いや、転職などの環境を変える行動を起こすことを検討したほうがいい場合もあります。

会社の利益追求や制限が多い

職業柄厳格なルールがたくさんあって、ノルマがあって、上司も目を光らせている。そのような職場に飽き飽きしている場合もあるかもしれません。厳しい規律に縛られて毎日過ごさなければいけない環境は、間違いなくストレスになってしまいます。

何より、真面目にお勤めを続けているつもりでもあれこれ縛られてしまうのでは、自分が信用されていないようでつらく感じてしまうこともありますよね。

楽しくないだけでなく、心の健康状態に注意が必要な環境です。

楽しい仕事を見つける方法とは?

楽しい仕事を見つけたいけど、どうしたらいいのかわからないという方のためにもいくつか考え方を紹介します。転職の際改めて確認してみてください。

仕事に就く前の自分と仕事の理想像を思い出す

今職業についている方で今の職場に不満がある方は、就職をする際持っていた理想像についてもう一度確認してみましょう。

自分にとっての理想の仕事への関わり方を再確認し、これからどういった行動をとれば仕事に満足できるかについて考えてみてください。重要視している事柄が満たせない職業であるなら、環境を変えることを考えるのがいいでしょう。

それ以外に条件の良い職業が見つからない場合は、悪いところに目を瞑って見方を変えるのも必要です。

現実の仕事と自分を見つめてみる

今の職業で満たされること、満たされないことを確認して、自分が仕事に取り組む上で何を望んでいるのか自分のスタンスを見直してみましょう。

仕事で給与ももらって生活ができています。それを踏まえて、折り合いをつけられること、つけられないことを再確認しましょう。仕事には楽しいことももちろんありますが、会社に所属してあらゆるルールに従い業務を行う中、楽しいだけのお仕事というのにはなかなか巡り会えません。

転職に踏み切る前に、転職することで今の満たされない心境が解決できる問題かどうかを見つめ直してみましょう。

自分としっかり向き合う

仕事をどうこう考える前に、それ以外の生活も含めて自分の理想的な生活における仕事のバランスとはなんなのか、見つめ直してみることも必要です。理想的な仕事への取り組み方がわかれば、それを成立させるためにどういった条件の仕事に着くのがいいかを、具体的に考えることができます。

今の世の中さまざまな仕事の形がありますから、それらの条件が数ある仕事の中からこれだという仕事を選び取るために役に立ちます。きっと理想に叶う仕事が見つかるはずです。

20代~30代の女性はこれからのライフワークを考える

20代から30代にかけては、結婚や子育てや家庭についてのプランと合わせて考えることも必要です。結婚して収入源が増えるとしても生活費も二倍、子供の将来も考えると貯金を考えたやりくりを考えなければいけません。共働きで生活していくのならば、復職しやすいようなスキルや資格が取得できる仕事を選ぶなどの工夫もいいかもしれません。

先を見据えた仕事の選び方が重要な時期です。長い人生も半ばにさしかかり、生活の方向性も決まってくる時期です。今後の生活のために今何が必要か改めて考えてみましょう。

40代の女性は、今までの経験を活かす

40代になると積み重なった経験で、魅力はもちろん豊かなスキルを頼りにすることができる年代だと思います。それらを活かさない手はありません。今手元にあるスキルを組み合わせてどういった仕事ができるか、どういった経験が自分の良さを育ててくれるかを吟味してみましょう。

そして、経験が活かせる仕事で更なるスキルアップをし、より深い魅力を持った女性を目指しましょう。仕事で培った技術があなたの人間性をより深いものに育ててくれることで、さらなる充実感に繋がります。

今自分がすべきことを考える

20代・30代・40代と、仕事選びにも基準がそれぞれあります。

今の自分の状態や理想と合わせて必要なスキルがあれば、それが得られる職業につくのもいいでしょう。子供や家庭が一番という方は、子供や旦那さんを支えながら無理なくできる仕事を選ぶことが第一になってくると思います。

今の自分の状況と併せて、今の自分がするべきことを考えてみてください。
大切な仕事選びの基準や指針が立って、具体的なビジョンが見えてくるはずです。

楽しい仕事をしている自分を想像する

仕事選びでもしも迷ったなら、その職業についている自分が、楽しく仕事をしている姿がイメージできるかどうかを試してみるのもいいでしょう。
もしもイメージできないならば、その仕事があなたの理想とする生活に合っていないのではないかと、心の底で信用できていない部分があるのではないでしょうか。
そういった直感は、今まで生きてきた経験で養われているものなので、意外にも信憑性があります。
直感に委ねて選択肢をしぼってみるのも一つの手です。

自分に合った仕事で楽しく働こう

女性の仕事の選び方をここまで紹介してきました。
職場は人生でも長い時間を過ごす場所ですので、自身のライフスタイルや理想に合わせてしっかり吟味してみることをおすすめします。
気になる職業が出てきた場合、経験されている方や裏側についてのリサーチも欠かせません。
自分の仕事に対するスタンスに合ったものを選ぶことで、仕事への不満も少なくなりますし、無理のない生活が可能になります。
あなたの人生はあなたが作っていくものですから、仕事選びも自分に合っていることが大切です。