1. HOME
  2. 転職する方法を探す
  3. やりたい仕事を探す
  4. 子育てと仕事を両立できる仕事に転職する時のポイント
やりたい仕事を探す

子育てと仕事を両立できる仕事に転職する時のポイント

子育てと仕事の両立が不安な人・疲れてしまった人に伝えたいこと

子育てはもちろんしっかりしたいけれど、自分のキャリアも大切にしたい。そのように思う女性は最近増えています。しかし、現実的には、子育てと仕事を両立するのは、時に非常に難しくストレスが溜まるものでもあります。

子育て中の社員にフレンドリーな環境でない会社に在籍していて、今後どうなるのか不安な人、どうしようもなくストレスが溜まっている人も中にはいるでしょう。

もう、このような生活は疲れたという人は気持ちを新たに、別の方向で仕事と育児を同時に頑張る方法を見つけないといけません。

この記事では、仕事と子育てが両立できずストレスが溜まっていて転職を考えている人に、子育て中の人にお勧めの転職先と子育て中の人には向いていない転職先をご紹介します。

仕事と子育てが両立できずストレスがたまるケース

フルタイムで仕事をしている人にとって、育児と仕事を両立するのは非常に難しいことです。特に、自分のキャリアを大切にしてきた人は、仕事も子育てと同じくらい大事なので、どちらかを優先するのは難しい状況の場合もあるでしょう。

また、家庭の状況や経済的な理由によっては、仕事と子育ての両立がかなりのストレスになることもあります。こちらでは、キャリアを大切にしている人が、仕事と子育ての両立をするのにストレスがたまるケースをご紹介します。

実家や夫実家が近所にない

実家や夫実家が近くにあれば、子育てに関して頼ることもできるでしょう。残業になりそうな日や大きなプロジェクトを抱えている期間など、家族の理解を得て子育てに協力してもらうことも可能です。

しかし、実家や夫実家が遠距離で頼れない場合はとても大変です。急な仕事が入った日と学校行事が重なってしまった場合など、どうしようもない時もあるでしょう。このような状況は、子育てをしている時にはよく起こり得ることです。

せめて頼れる実家や夫実家が近くにあればいいのに、頼れないのはとても大変ですね。

会社が時短勤務や半日有給を申請しにくい社風

会社によっては、子供の学校や病院など何等かの都合により半日有給や時短勤務をとりたい時に、申請しにくい雰囲気の会社もあるでしょう。そのような制度があるに関わらず、申請しにくいのは他の社員がほとんど申請しないなど、申請したら悪いという雰囲気があるからです。

都合で有給を使いたい時になかなか申請しにくい、職場の人に申し訳ないという気持ちはストレスになります。そのような場合は、子育てもしっかりしたいあなたのライフスタイルには合わない会社ということになるかもしれません。

会社に子育て中または子育て経験のある社員が少ない

あなたの働く会社に、子育て中の社員が少ない、または子育て経験のある社員が少ない場合も周りの理解が少なくストレスになる場合があります。

子育ての苦労を理解してくれる人が周りにいれば、あなたも会社と子育てがやりやすくなるかもしれません。子供は急に熱をだしたり、学校で担任に呼ばれるたりなど、予定が変わることがよくあります。

しかし、子育てを経験していないとその大変さを理解してもらうのは、難しい時もあります。子育て中の人や子育てを経験した人が多い会社の方が、子育て中の人にとっては働きやすい環境だと言えます。

旦那の会社が育児に理解がない

フルタイムで働いている場合、どうしても残業になってしまうこともあるでしょう。そのような時、夫に頼れればいいのですが、夫の会社も育児に理解がない場合は、困ってしまいますね。

自分の会社が子育てに理解がない場合は、夫の会社を頼りたくなるのは当然です。あなたか夫のどちらかが早退や有休をとらないとならない時に、どちらも大切な仕事を抱えていることもあるでしょう。

夫の会社が育児に理解がない上に、頼れる実家や夫実家が近くになければそのたびにかなりのストレスになってしまいます。

旦那が単身赴任中なのでワンオペ家事をしている

夫が単身赴任中だという人も、一人きりの育児や家事なためとても大変です。ましてフルタイムで仕事をしているとなれば、ストレスは限界になることもあるのではないでしょうか。

まず、頼れるはずの夫が側にいないことも辛いです。しかし、子供がいるのに子供の面倒も家事も、全てにおいて一人でこなさなければならないのは、精神的にも辛くなります

やはり、頼れる存在が近くにいないのは現実的にとても辛いことです。しかし、経済的に余裕があれば家事代行サービスを利用したり、実家が近くにあれば家事の協力を得るなどして、毎日を乗り切らないといけません。

育児や家事を外注できる金銭的余裕がない

仕事が常に忙しいことが分かっている人は、計画的に家事代行サービスやシッターサービスを利用するという方法もあります。しかし、経済的に余裕がなければこのような便利なサービスも利用できません。

1週間に1回、家事をしっかりしてくれるサービスを受けられたらとても助かるでしょう。または、急な残業の日に信頼できて決まったシッターさんに、子供との留守番をお願いできるだけで、仕事もストレスなしにでき効果的かもしれません。

しかし、現実的にそのような出費が難しい家庭はよくあるものです。

近所のママ友との信頼関係がない

もし、近所のママ友など子育てをしていて信頼関係がある人が近くに住んでいれば、急な仕事でも子供の事で協力してもらえることもあるかもしれません。頼めればかなりの助けになります。

しかし、現実はなかなか近くにママ友がいなかったり、ママ友も忙しいため気を使ってお願いできないなど、ママ友は頼れないことも多いものです。

また、信頼関係があっても大切な友達だからこそ、何か問題が合った時に友情関係がこじれてしまうかもしれないという恐れもあるのではないでしょうか。

子どもが病気がちで手がかかる

子供が病気がちなのでとても手がかかるということもあるでしょう。特に保育園や幼稚園に入りたての子供は、風邪がなおってもまたすぐに風邪をひいてしまう、なんてこともよくあります。

仕事をしていると、毎週早退したり有給を使うのは厳しいものです。また、働く女性にあまり理解のない会社では、仕事を辞めさせられてしまうほどの問題にもなりかねません。

特に子供が小さいと、病気になったりとどうしても手がかかることが多く、仕事と育児の料理は難しいと悩む女性は少なくありません。

子育てのために転職するのは現実的か?

子育てと仕事の両立はとても厳しいです。思っていたよりもストレスが溜まる、または会社が子育て中なことに理解がないなど、これ以上仕事を続けるのも辛いくらい、仕事と子育ての両立にストレスを感じている人もいるでしょう。

そこで、子育てのために転職を考えます。しかし、あなたの本当にしたい仕事をしているのに、子育てとの両立が楽になるような会社を選ぶための転職は現実的なのでしょうか?子育てのために転職を考えている女性に、転職4つのポイントをご紹介します。

現職のストレスが大きいならリフレッシュのためにも転職はあり

現在の職場で、あまりにストレスが大きいのなら、思い切って転職を考えてもいいかもしれません。現在している仕事は、あなたの好きな仕事かもしれませんが、育児と仕事の間に挟まれて精神的に辛い思いに耐えながら続けることに、あなたは幸せを感じるでしょうか?

ストレスでもう限界だという所まで来ているなら、気持ちを切り替えるためにも転職はありかもしれません。

あなたの好きな仕事で、子育てに理解のある働く女性が働きやすい環境の会社は意外とあるものです。あなたが、今の会社で子育てと仕事の両立は無理だと感じたなら、転職も可能性として考え始めてもいいのかもしれません。

転職活動の時間を削減するには情報収集が大切

現職中に転職活動をするのは、なかなか時間的に難しいものです。時間を上手に使わないと活動が思うように進まないこともあるでしょう。特に、子育て中の女性は仕事から家に帰宅したら子供の世話や家事が待っているため、何とか仕事探しの時間を作らないとなりません。

子どもを託児所に預けながら行う転職活動は時間的にも大変です。限られた時間で転職活動するには、情報収集がとても大切になります。インターネットを活用して、転職エージェントを検索したり求人をチェックしたりと、自宅での時間を有効に使うのが効果的です。

転職エージェントに相談すると非公開求人も紹介してもらえる

転職を考えたら、次の就職先は子育てと仕事をしっかりと両立できて、子育て支援のある会社を選びたいものです。転職活動をする時は、転職エージェントを利用するとあなたの希望や条件に合う仕事を見つけやすくなります。

また、非公開求人を多く抱えている転職エージェントも多くあります。非公開求人には、例えば託児所付き企業など育児の助けとなる設備が整っている企業がある場合もあります。

一人で条件の合う求人を探すよりも転職エージェントは企業のより多くの情報を提供してくれるため、利用しない手はありません。

子育てと両立しやすい仕事は職種より社風で選ぶ

転職活動をする時に、会社の社風や社員の様子を確認することが大切です。あなたが育児をしていてもストレスをためずに働ける会社であるかどうかを判断するのは、会社の雰囲気や子育て中の女性が多い会社かどうかでわかります。

あなたと同じ様に子育てをしている女性がいる会社なら、子育てをしていても働きやすい環境だと判断できそうです。また、担当のエージェントに子育てをしている女性に理解がある会社かどうか確認してみてもいいでしょう。

ストレスをためずに働けるおすすめの転職先

次の就職先は仕事と子育てをしっかり両立できる会社を見つけたい、そのような願いで転職を決めたのなら次はストレスをためずに仕事ができる会社を何とか見つけたいものです。

転職活動をする時には、どのような会社が子育てしていても働きやすいのかを知っておく必要があります。こちらでは、子育て中の人がストレスをためずに働ける会社を見分けられるように、おすすめの転職先をご紹介します。

一部上場企業などの大企業

大企業は従業員が多いだけあり、育休取得者も多いはずです。そのため、福利厚生などの対応がしっかりしていることがよくあります。育児休暇制度、育児有給制度の他にも保育サービス費用を補助してくれる会社もあります。

あなたのプロフェッショナルとしての価値をしっかりと理解してくれて、育児のサポートも充実しているのは、一般的には大企業が多く中小企業はまだ育児支援が進んでいない傾向になります。

多くの従業員が育児有給制度を利用している会社なら、あなたも有給を申請するたびにストレスをためずに済むでしょう。

女性が多い企業

女性社員が多い会社も探してみるといいでしょう。しかし、結婚や出産前の若い女性が多く働く店など女性の入れ替わりが激しいと思われる職場は避けた方がいいでしょう。そのような会社は、子育てを経験した女性や子育て中の女性は少ないと思われます。

子育てを経験したことのある女性社員が多い、または子育て中の女性が多い会社ならあなたと同じ境遇の人が沢山働いているということですので、その会社はきっと働きやすい環境だと理解できます。

女性向け・子ども向け商材を扱っている企業

女性向けの商品や子供向けの商品・教材を扱っている企業もおすすめです。会社が扱っている商品のターゲットが女性や子供なら女性社員にフレンドリーな会社であると想像できます。

女性向けの商品を扱っている企業は、女性がお仕事に応募することを想定しているので「仕事と育児両立できる」をアピールしていることが多いです。

また、子供向けの商品を扱っている会社も同じ理由で、女性社員が多く女性が仕事をしやすい環境が整っていると言うことができます。

子育て経験のある社長がいる企業

子育てをしている、または子育て経験のある社長がいる会社は、子育て中の社員のサポートが充実している傾向にあります。自分自身が子育てを経験しているため、同じ目線で子育て中の社員のことを配慮した、働きやすい会社になっていることが多いです。

また、ベンチャー企業などだと社長自身がまだ子育て中という場合や、女性が社長という場合もあるでしょう。そのような場合も、柔軟な考えを持ち福利厚生が改革されるので働きやすいと言えます。

このように転職先は大企業だけでなく、ベンチャー企業もしっかりとチェックしてみましょう。

既婚者の男女がバランスよく在籍している会社

企業をリサーチする時に、できれば従業員の男女の割合や既婚者の男女の割合を調べてみましょう。既婚者の男女がバランスよく在籍している会社も子育てに理解のある会社としてねらい目です。

結婚している女性が少なくもなく男性と同じくらいいるということは、子供のいる女性でもプロとして活躍できる場を提供している会社と見ることができます。子育てだけではなく、自分のキャリアも大切にしたい人は、企業の中身をできるだけリサーチしてみるといいです。

フリーランスとしての在宅仕事

子育て中なら、思い切ってフリーランスで在宅の仕事をするという方法もあります。在宅の仕事は育児をしながらできますが、外に仕事に行かなくなるため、一日中子供と家にいるという環境がストレスになってしまうという人もいるかもしれません。

一日家に子供といることが大丈夫と思うなら、在宅の仕事を探してみるといいでしょう。在宅の仕事は育児中の女性には人気です。

あなたのスキルを活かせる仕事が家でできるなら、育児のためにという考えで、育児が落ち着くまでだけでも在宅の仕事を選択するのも一つの方法です。

自宅を職場にして独立

あなたが手に職を持っているなら、自宅の一部を改装して自宅を職場にするのも一つの方法です。

持ち家で、ヘアサロンやネイルサロンなどのコースを受けた、資格などを保持している場合は、自宅をヘアサロンやネイルサロンまたはエステサロンにして、独立することができます。

また、英語など語学が得意な人なら英語教室、ピアノなど音楽ができる人なら音楽教室など、各種教室を開くのもいいでしょう。独立して自宅が職場になれば、通勤する時間もなくなるため、時間を上手に使いやすくなり育児も楽になるでしょう。

家業を手伝う

あなたの実家や夫実家が自営業をしていて近くに住んでいるなら、家業を手伝うという選択もあります。実家や夫の実家であれば、あなたが働いている間に育児の協力もしてくれるはずです。

家族と働くのはメリットもありますが、デメリットもあります。しかし、子育て中なら何かと融通が利くことが多いでしょう。

子供が急に熱を出した、または幼稚園の先生と面談がある時など、会社に所属している場合よりも、気楽に家族に子どもの面倒を優先したい事をお願いできるので、ストレスをためずに働くことができます。

子育て中の転職先として避けるべき企業

子育てをしている人が働きやすい企業があるのと同じように、子育て中の人は転職先には考えないほうがいい転職先もあります。自分のライフスタイルに合わない職場で働くのは、思うようにいかないことが多く精神的にも大変な思いをすることもあります。

せっかく転職をするなら、今度は子育てもしっかり仕事もしっかりできる職場を選びたいですね。こちらでは、子育て中の転職先として避けるべきタイプの企業を3つご紹介します。

新しくて小規模な会社

まだスタートしたばかりで新しい小規模の会社は、転職先には避けた方がいいでしょう。あなたのスキルが高く会社に頼りにされるのは嬉しいのですが、子育てもしっかりしたい人には新しい会社は向いていません。

まだ始まったばかりの会社は、とにかく売り上げを伸ばさなければならないので残業だけでなく週末なども働かせられることがあるからです。売上が右肩上がりで余裕があるならまだしも、そうでない場合は要注意です。

また、新しい会社は福利厚生もまだ手続き中など何かと不便なことが多いです。子育ての理解どころか働く環境自体改善が必要な会社は避けたほうがいいです。

独身者の多い会社

男女問わず、独身者が多い会社も子育て中の女性にはフレンドリーではないことがあります。また、離婚した人が多い場合も同じです。全ての会社に当てはまるわけではありませんが、独身者ばかり雇う会社は仕事へのコミットメントを期待している場合が多いです。

また、既婚者や子育て中の社員が少ないということは、子育て中の社員のサポート体制がない場合が多いです。転職エージェントを頼る時は、担当エージェントに独身者の割合や既婚者の割合など、どのような社員がいるかを確認してみるといいでしょう。

「育休取得実績あり」に詳しく答えられない会社

育児休暇についてあいまいに答えている会社も要注意です。例えば、求人票に育休とは書かれていても「取得実績あり」とだけ書かれている会社です。

または、書かれていても過去に数件しか取得実績がなかったりと、育児中の人に理解のあるように見せて、実際は異なる場合もあるので、気をつけないといけません。

とにかく、企業に関するあらゆる情報はできるだけ詳細まで得るのが大切です。実際に就職してみたら、全く育児サポートのない会社だった、有給がすぐに取れる雰囲気ではなかったなどの後悔はしたくありません。

子育てと仕事をストレスなく両立できる環境を手に入れよう

子育てをしている社員に理解があり、子育てサポートが充実している企業ならストレスなく仕事と子育てを両立できます。それはまさに理想なのですが、両方を同じくらいしっかりこなすのは難しいものです。

今の職場環境で、子育てを続けるのが大きなストレスになっていてもう限界だと感じている人は、自分のライフスタイルに合う会社をじっくりと探してみることが最善です。

在宅勤務や独立すること意外にも、探してみると子育てサポートがある企業は意外とあるものです。あなたがストレスを感じずに、キャリアも子育ても大切にできる仕事を見つけるために、転職エージェントに相談するなど、少しずつ動き始めてみましょう。

ランキング

記事一覧