「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 転職する方法を探す
  3. やりたい仕事を探す
  4. クリエイティブな仕事に就きたい。未経験でできる仕事10選
やりたい仕事を探す

クリエイティブな仕事に就きたい。未経験でできる仕事10選

憧れのクリエイティブな仕事がしたい

「クリエイティブな仕事」とは何でしょうか?「創造的である」という意味の通り、“イマジネーション”が欠かせない仕事と言えます。

職人的な仕事から始まり、総合的にプロデュースするまでの仕事が考えられます。有形・無形を問わずに、“想いをカタチにする”仕事です。

そこで、男性向け女性向けに関係なく、クリエイティブな仕事のあれこれについて説明します。

クリエイティブな仕事のメリットとは?

まず、クリエイティブな仕事のメリットは何でしょうか?「感性が豊かになる」「好きなことを仕事にできる」「誰かの役に立っていることが実感できる」「時間が自由に使える」「自慢できる」などが挙げられそうです。それでは一つ一つ細かく見ていきましょう。

感性が研ぎ澄まされる

クリエイティブな仕事は、ルール通りに決められてこなす仕事、つまりルーティンワークではありません。常に外界からの変化に対応できる柔軟性、そして自分自身が変化することを求められる仕事と言えます。

そのため非常に刺激的な環境に身を置くことになり、自然と感性が研ぎ澄まされていくのが最大のメリットと言えるのではないでしょうか。

好きなことや趣味を仕事にできる

何かを生み出すには、やはり自分の感性が発揮されることが必須と言えます。自分の感性とは、多くの人とは少し異なる独特の個性であり、それは趣味ではっきりと確認することができます。

誰しも、嫌いなことや苦手なことを趣味にはしません。寝ても覚めても趣味のことで頭がいっぱいになる人もいます。そして遂に「趣味が高じてクリエイティブな仕事に就ける」ことも。これは大きなメリットです

誰かの役に立っていることを実感できる

仕事は、目に見えるか見えないかの違いだけで、どんな職種でも必ず誰かの役に立っています。しかしルーティンワークの仕事は変化が少なく、また地味なことが多いため、「役に立っている感」が少なく感じられるかもしれません。

ところがクリエイティブな仕事は人の目につきやすく、反応を直に受けやすいと言えます。その分「役に立っている感」=「遣り甲斐」が感じられるのがメリットと言えます

時間が自由に使える

時間が自由に使えることも、クリエイティブな仕事のメリットに挙げられます。クリエイティブな仕事は想像力を大切にするため、定時に出社して定時に帰るという決まりきった勤務形態ではないことがほとんどです。

社員の創造性を大切にしている会社は、どちらかというと裁量労働制を採用している会社が多いようです。そのためクリエイティブな仕事に就いている社員は、ある程度仕事の進め方や時間の使い方を任され、自由に振る舞うことができます。

自慢できる

最後のメリットは、人に「自慢できる」ことでしょう。感性が研ぎ澄まされ、好きなことを仕事にし、人からも注目され、仕事も時間の使い方も任されている……となれば、傍から見ると非常にかっこよく見えます。「人からよく見られたい」と思うのは、誰にでも少なからずある感情です。

自慢できる仕事をしているということは、自分に誇りを持つことができ、仕事だけではなく人生に対するモチベーションも上がります

クリエイティブな仕事のデメリットとは?

物事には必ず光と影があり、仕事も表裏一体です。仕事にはメリットがある一方で、いくつものデメリットがあるのです。クリエイティブな仕事であれば、より一層その明暗ははっきりしていると言えます。そのため、仕事を探す際には、メリットよりもデメリットをしっかり確認しておくことが大切です。

“ひらめき”を出し続けなければいけない

クリエイティブな仕事は想像力、つまり“ひらめき”が大切です。ひらめきは、常に考え続けることでふとした瞬間に生まれるものです(ときには休むことも必要)。ひらめきは、四六時中溢れてくるわけではないのです

そのため、ひらめきがあまりにも出ないと「自分には才能がないんだ……」と落ち込んでしまうこともあります。このような精神的なデメリットが、クリエイティブな仕事には潜んでいます。

かなり努力しないと時代に取り残される

クリエイティブな仕事は時代の先端を行くため、相当な努力が必要です。しかしひらめきは“四六時中生まれるわけではない”と説明したように、クリエイティブな仕事を続けることは、実は簡単ではありません。

流行はもちろん、社会情勢や時事にも強くなければいけません。ありとあらゆる場所にアンテナを張っておく必要があります。時代に取り残されないようにするため、“いつも気が抜けない”状態が続くのです。

時間が不規則になりがち

想像力を大切にするクリエイティブな仕事は裁量労働制を採用している会社が多いと説明しましたが、これはメリットである反面、デメリットでもあります。”ひらめき”は時間と場所を選ばないからです。

そうなると勤務時間外でも長時間勤務でも仕事に没頭し、時間が不規則になります。ルーティンワーク的な仕事は予防できますが、クリエイティブな仕事の場合には難しい課題です。

クリエイティブな仕事に向いている人とは?

それでは、クリエイティブな仕事に向いている人とはどういうタイプでしょうか?センスに自信のある人でしょうか?私生活と仕事が混ざっても大丈夫な人でしょうか?先に挙げた「デメリットに耐えられる人」とも言えます。ここでは具体的に、クリエイティブな仕事に向いている人の特徴について細かく説明していきます。

“型”にはまらない革新的な人

クリエイティブな仕事はひらめきを大切にするため、向いている人は「型や枠にはまらずに自由に物事を考えられる人」と言えます。反対に言えば、古臭い考え方や決まり事が好きな人には向いていません。

もちろんクリエイティブな仕事が向いている人も伝統は大切にしますが、伝統を“保管棚”にしまっておくのではなく、“公衆の面前”に出すことで良い意味で伝統を作り替えていける、革新的な人と言えます。

ミーハー・新しもの好きな人

「“型”にははまらない革新的な人」と似ていますが、さらに言えば、良い意味でミーハー気質の人と言えます。様々な分野にアンテナを張り、新現象や新商品が出た場合は自分でも試す必要があります。

ひらめきやアイデアは、ゼロから生み出すことはできません。全てのことは他の現象がヒントとなっているのです。そのため、クリエイティブな仕事をする人は流行や新しいものに敏感なのです。

センスに自信のある人

「センスに自信のある人」もクリエイティブな仕事に向いています。クリエイティブな仕事の成果は、それまでになかったものを生み出すこと。当然、生み出したものに対する評価が常につきまといます。

自分のセンスに自信がないのであれば、他の人も認めてくれません。センスに自信を持って「良いものを世の中に送り出す」という意気込みのある人がクリエイティブな仕事に向いている人と言えます。

仕事と私生活が混在しても苦にならない

最後のクリエイティブな仕事が向いている人の特徴は、「仕事と私生活が混在しても苦にならない人」と言えます。一般的な感覚で言えば、仕事と私生活は分けて考えたいもの。両者が混在することが苦痛になり、精神的なダメージが大きくなる人もいます。

しかしクリエイティブな仕事が向いている人は、「私生活は仕事のためにある」との考えを持っていると言えます。

未経験でも求人のあるクリエイティブな仕事一覧

クリエイティブな仕事は資格職でないものがほとんどなので、意外なことに未経験者でも多くの求人があります。それではここから、男性・女性に関係なく、未経験者でも就けるクリエイティブな仕事について一覧でご紹介します。職人的な仕事から、総合プロデュース的な仕事までをご紹介します。

Webデザイナー

Webデザイナーはインターネットが欠かせない現在、最も人気があり、求人数の多いと仕事と言えます。デザインの使いやすさや見やすさなどの良しあしが広告収益に多大に影響するため、責任は重大です。

IT業界は未経験でも就くことができますが、Webスクールに通って必要な知識を会得しておいたほうが就職はより有利になります。女性も多く活躍しています。

ゲームクリエイター

ゲームソフトやゲームアプリの開発を行うゲームクリエイターも、インターネット全盛期において花形のクリエイティブな仕事と言えます。

未経験者でも入社後に指導してくれる会社が多く、スキルを身に着けてどんどんキャリアを積むことも可能です。作業は細分化されており、極めて職人的な要素のある仕事です。男性だけではなく女性も多く活躍しています。

紙媒体の広告制作

ポスターやチラシなどの広告制作は昔から、出会いの多いクリエイティブで華やかな花形仕事として人気です。募集は広告代理店で、新卒や未経験者でも多くの求人があります。

インターネット全盛の現在はWebと含めて制作を請け負うことが多くなりましたが、新聞や雑誌などの紙媒体の影響力も依然として強く、読者からの反応がわかりやすいので、とても遣り甲斐のある職種です。

イベント企画・開発

展示会や催事場などでのメーカーによるイベント企画や開発は、広告代理店やイベント会社で請け負うことがほとんどで、やはり新卒を始め未経験者でも多くの求人があります。

多くの人との出会いがあり、昔からクリエイティブな花形仕事のひとつとして人気です。華やかで賑やかな雰囲気が好きな方に向いています。女性も多く活躍しています。

番組制作ディレクター

番組制作ディレクターは、テレビ局またはテレビ局の子会社か、下請けの制作会社での求人となります。テレビなどの番組を一から作り上げることに関われる、非常にクリエイティブで、大いに自慢のできる仕事です。

初めはアシスタントディレクターとしての出発ですが、センスが認められてくるとディレクターに抜擢されることも多く、遣り甲斐のある仕事です。多くの女性が活躍しています。

空間プロデューサー

空間プロデューサーは、店舗やホテル、美術館などの空間を、ふさわしい装飾で演出する仕事です。ディスプレイやイベントを手掛けることもあります。

新卒や未経験者の求人もありますが、美大や専門学校で知識を会得すると就職には有利です。センスが問われる仕事のためいろいろな勉強をして力をつけておかなければいけません。お客様からの反応がすぐにあるため、非常に遣り甲斐のある仕事です。

地域コーディネイター

地域コーディネイターは、地域の課題を探り、地域の人や物を結びつけて新規事業を創り出す仕事です。いわば、まちづくりのカギを握る人物として注目されています。人生経験や人脈が生かせる仕事のため、優れた社会経験があるほうが有利です。

しかし、地域住民の声に真摯に耳を傾け、情熱を持って臨む姿勢がある新卒や未経験者での求人も。まずは、地域おこし協力隊に応募してみるのもおすすめです。

ツアープランナー

ツアープランナーは旅行会社で旅行商品を作る仕事。合格率20%~30%代の旅行業務取扱管理者(海外の総合と国内の2種類)の資格が必須です。資格を取って旅行会社に就職できれば、新人でも未経験でも、ツアープランナーとして活躍することも夢ではありません。

観光地を題材にして魅力的な商品を作ることが何よりの遣り甲斐になります。あまり注目されていなかった地域を全国に発信するお手伝いもできます。

ガーデナー

ガーデナーは、造園とその維持管理を行う仕事。観光地でもガーデニングによるまちづくりが行われている現在、とても人気のある仕事です。

特別な資格は要りませんが、植物に関する幅広い知識が必要です。新人や未経験者でも造園会社などに就職し、知識と経験を積めば独立も夢ではありません。植物好きな人の趣味を生かせる仕事として、また女性ならではの感性を生かせる仕事として人気です。

農業者(グリーンツーリズム)

第一次産業の農業ですが、現在はグリーンツーリズムの“6次産業”として、やる気があれば自分で栽培した野菜を観光客へ直接販売、そして調理と加工をして提供することができます。

観光客に農家生活の体験をさせる農家民宿を開く農業者もいます。農業界のクリエイティブな仕事として定着しています。農業は担い手不足のため、未経験者でも歓迎されます。生産法人か農業系企業に就職し、研修を経て独立となります。

向き不向きを判断して理想の仕事に就こう

クリエイティブな仕事は人との出会いも多く、華やかでかっこいいという印象があります。しかし一方で、“生みの苦しみ”もあります。クリエイティブな仕事が自分に向いているのか向いていないのかを見極め、また、メリットとデメリットもきちんと認識し、“自分にとって”の理想的な仕事に就けるように努力しましょう。

適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧