1. HOME
  2. 人材紹介・派遣サイトを探す
  3. アパレル派遣サイト
  4. 楽な仕事に就くために役立つ資格22選!資格を取って楽をしよう
アパレル派遣サイト

楽な仕事に就くために役立つ資格22選!資格を取って楽をしよう

資格をとって楽な仕事に就きたい!

チェックポイント

  • 資格を持つことのメリット4選
  • 世の中の楽な仕事に就くには資格が必要かどうか
  • 勉強は大変だが後で楽ができる6つの資格
  • そこそこの難易度で取得すれば楽に仕事ができる7つの資格
  • 簡単に取れて楽な仕事に就ける9つの資格
  • 資格の取り方

資格を取得して、仕事では楽をしたいと思うときがありますよね。けれども「どんな資格を持っていれば、仕事で楽ができるのか分からない」「そもそも資格を取ることに、メリットはあるのだろうか?」という方は多いはずです。

そこで今回は、資格を持つことのメリットを踏まえ、取得難易度別に楽な仕事に就ける資格をご紹介していきますので参考にしてください。

資格を持っているとどんなメリットがある?

いざ資格を取得しようと思っても、やはりメリットを把握していないと、なかなか勉強のモチベーションも上がりませんよね。また資格は持っておいたほうがいいとよく言われるもの、実際どんなメリットがあるか分からない方は多いはずです。

そこで、はじめに資格を持っているとどんなメリットがあるのか、ひとつずつ見ていきましょう。

この章のポイント
資格を持つことのメリットとして就職や転職が、資格を持っていない人に比べて有利になること、就職の幅が広がることが挙げられます。またそれ以外に、自分に自信がつくこともメリットです。

面接でアピールできて就職や転職に有利になる

どんな業界でも資格を持っていると、就職や転職に有利になります。というのは面接にて一緒に働いたことがない面接官にも、「これだけの知識を持っています」とアピールできるからです。

また、未経験の業界でも資格を持っていれば、やる気をアピールできるというのもメリットとして挙げられます。そのためこれから未経験の業界への転職を考えている方は、その分野の資格を取っておくことをおすすめします。

資格がないとできない求人に応募できる

求職活動をしていると、応募条件に××の資格が必須と記載されている求人票を見るときがありますよね。そんなとき「××の資格さえあれば応募できるのに…」と、資格を持ってないことを悔やむ経験をした方は多いはずです。

資格があれば面接に有利なだけでなく、資格がないとできない求人に応募できるのもメリットです。またさまざまな求人に応募できる分就職の幅が広がるため、その分求職活動が成功する確率も上がります。

会社内の昇進にも繋がることがある

資格を持っていればほかの社員よりも知識やスキルがあると見なされ、昇進に繋がることがあります。さらに持っている資格によっては資格手当が受けられ、給与アップが見込める場合もあります。

「今の仕事が気に入っているため頑張って昇進したい」と考えている方は、資格を取得してアピールしてみてはいかがでしょうか?

自信を持って業務に取り組める

資格を持っていると「自分はこれだけ知識がある」「難しい資格に受かった自分は凄い」と、自分に自信がつきます。そして自信を持って業務に取り組めるようになります。

また、自信を持って仕事に取り掛かれば、上司から信頼され、後輩からは慕われやすくなります。このように資格を持つことには、たくさんのメリットがあります。

世の中の楽な仕事には資格が必要?

「そもそも楽な仕事には、資格が必要なのだろうか?」「楽な仕事だからこそ、資格は必要ないのでは?」と、疑問に感じることがありますよね。

“楽な仕事”と一口に言っても、それはやはり人により感じ方は異なります。しかしここでは一般的に楽と言われる仕事をまとめましたので、資格の要不要を交えながらチェックしていきましょう。

この章のポイント
楽な仕事として事務職、工場作業員、在宅ワークなどが挙げられます。これら職種は資格はなくても就けますが、やはり給与アップやスキルアップのため、資格を持っておいたほうがいいケースが多いです。

事務職

楽な仕事として、まず事務職が挙げられます。事務職は比較的残業が少なく、女性に人気の職種として有名ですよね。冷暖房が完備されたオフィスでのデスクワークなので、体力的にも楽な仕事であります。

そんな事務職ですが、一般事務であれば特別な資格は必要ありません。しかし経理事務であれば、日商簿記を取得すれば就職に有利になります。

テレフォンオペレーター

事務職のほか、テレフォンオペレーターも楽な仕事のひとつです。理由は事務職と同じく内勤の仕事であり、さらに服装や髪型が自由なところも多く、厳しい規則に縛られないからです。

テレフォンオペレーターは事務職と違って、取得しておくべき必要資格はありません。そのためどの職種よりも、入職するのが楽だともいえるでしょう。

マンション管理人

マンション管理人の仕事内容は来客の受付、簡単な掃除、不在時の荷物の受け取りなどです。ノルマがなくとても簡単な業務内容なので、アーリーリタイアをした人や定年退職をした人に人気がある職種です。

マンション管理人になるために必要な資格は、特にありません。けれどもマンション管理士や管理業務主任者といった資格を取得しておけば、待遇が良くなる可能性があります。

工場作業員

工場作業員は立ちっぱなしで集中力が必要な職種ではありますが、一般的に楽な仕事として認識されています。特にライン作業やピッキングは簡単にできるため、短期で働きたい人から人気があります。

そんな工場作業員になるために、必要は資格はありません。しかし給与アップを目指したいのであれば、フォークリフト運転技能者や危険物取扱者の資格を取得しておくことをおすすめします。

ドライバー

ドライバーも、楽な仕事のひとつです。例えばタクシードライバーやトラックドライバー、ほかにもバスの運転手や企業や介護施設の送迎ドライバーなどです。

ドライバーになるには、普通自動車運転免許は必須です。また中型もしくは大型トラックドライバーを目指す場合は、中型自動車運転免許や大型自動車運転免許が必要です。

在宅ワーク

現在注目されている仕事として、在宅ワークが挙げられます。この仕事が楽なのは人と関わることがなく、自分のペースで自宅で仕事ができるからだと考えられます。

在宅ワークの仕事はライターやデータ入力、デザインやプログラミング関連ですが、どれも資格なしでできます。しかしIT業界の専門職であればウェブデザイン技能検定や基本情報技術者といった資格があれば、仕事をもらうのに有利になります。

勉強は大変だけれど後で楽できる資格は?

「取得するのに時間はかかるもの、就職には困らない資格を取りたい」という方は多いはずです。資格取得を頑張って、安定した職業に就きたいと思うときがありますよね。

次に、取得のための勉強は大変なもの、就職先が見つかりやすくて、後で楽ができる資格をいくつかご紹介します。一生物の資格を取りたい方は、参考にしてください。

この章のポイント
医師免許、公認会計士、司法書士、税理士が勉強は大変だけれども後で楽ができる資格です。またIT業界で通用するネットワークスペシャリストという資格も、取得しておいて損はないでしょう。

医師免許

資格取得までの道のりは遠いもの、一生物の資格となるのが医師免許です。また医療業界でも比較的働きやすい科として皮膚科、眼科、麻酔科が挙げられ、この科に就職すれば、後で楽ができるといえるでしょう。

また、医師免許のほか看護師、助産師、保健師、薬剤師といった医療業界の資格も、就職に困らない資格として挙げられます。

公認会計士

国家資格の中でも難易度が非常に高くなりますが、公認会計士も一生物の資格のひとつです。

業務内容はさまざまですが、例えば企業の財務書類を監査するのが公認会計士の仕事です。その責任は、非常に重いものになります。しかし医師免許同様、持っていれば就職に困ることはないでしょう。努力次第で、独立も目指せます。

司法書士

司法書士も難易度が高い国家資格ではありますが、取得しておけば就職活動中にアピールできる資格です。また合格率は3%未満ともいわれているため、かなりの勉強量は必須です。

司法書士の仕事内容は各種登記の代行、裁判所や法務局に提出する書類作成などです。司法書士も経験を積めば独立でき、そして独立したあとは自分のペースで働くことができます。

税理士

税理士も難関国家資格のひとつであり、こちらも勉強は大変であるもの後で楽ができる資格です。

法人や個人の所得税や法人税、事業税に関する書類作成や代行を行うのが税理士の仕事内容です。場合によっては相続税や固定資産税を取り扱うこともあります。公認会計士や司法書士と同じく、独立して自由に働く人も多いです。

管理栄養士

管理栄養士も難易度が高く、取得するのに時間がかかる資格です。しかし就職先は病院や学校、福祉施設や社員食堂と多岐に渡り、また残業が少ない求人もあるため、管理栄養士は女性にも働きやすい職種でもあります。

また、管理栄養士は難関国家資格ではありますが、公認会計士や司法書士、税理士ほど難易度が高くないのがポイントです。

ネットワークスペシャリスト

ネットワークスペシャリストという資格をはじめて聞いた方が多いかもしれません。このネットワークスペシャリストも国家資格であり、試験に合格すればITエンジニアの知識を保有している者として国に認められます。

業務内容によっては、資格を持っていないエンジニアより高い報酬を得られる場合があります。そのため多くのエンジニアが受験し、人気がある資格でもあります。

そこそこの難易度で楽に仕事のできる資格は?

「独立して楽に働けるのは魅力的だけど、難易度が高い資格を取るのは時間がかかりそう…」「勉強が苦手で、できればそこまで難易度が高くない資格を取得したい」と感じた方もいるはずです。

ここでは、そこそこの難易度で楽に仕事ができる資格をいくつかお伝えしていきます。そこまで難しくはないけれども、役に立つ資格を知りたい方はご覧ください。

この章のポイント
そこそこの難易度で取得すれば楽に仕事ができる資格はITパスポート、危険物取扱、マンション管理士などです。また仕事は合う、合わないがありますが、保育士や介護士もそこそこの難易度の資格として挙げられます。

ITパスポート

ITパスポートとは、ITの知識があることを証明する資格です。こちらの資格は国家資格ですが、難易度はそこまで高くありません。

そのため、例えばIT業界の企業にて事務職として楽に働きたい、知識があることをクライアントにアピールして、在宅ワークで安定した収入を得たいという方は、取っておいて損はないでしょう。

危険物取扱者

危険物取扱者の難易度もそこまで高くはありませんが、こちらも一生使える資格です。ここでいう危険物とはガソリンや灯油、重油などを指します。そして危険物取扱者には甲種、乙種、丙種があり、甲種の危険物取扱者になれば、すべての危険物を取り扱えます。

そんな危険物取扱者の就職先はガソリンスタンド、自動車整備工場、ビルメンテナンスなど多岐に渡ります。

ボイラー技士

ボイラー技士は、ボイラーの構造や取扱いに関する知識を証明する資格です。

このボイラー技士は、一般的に楽な仕事だといわれているビルメンテナンスの仕事に就きたい方におすすめの資格です。またビルメンテナンスの仕事に興味がある方は、ほかにも第二種電気工事士、第三種冷凍機械責任者、危険物取扱者乙種も取得しておくといいでしょう。

エネルギー管理士

エネルギー管理士もITパスポートと同じく、そこそこの難易度で取得しやすい国家資格のひとつです。

エネルギー管理士の資格を持っていれば、工場にて電気や石油エネルギーを管理する主任として働くことができます。転職にも有利になります。就職先は電子機器工場や食品工場であるため、工場作業員の仕事に興味がある方にぴったりでしょう。

マンション管理士

マンション管理士は不動産業界の国家資格であり、マンション管理人の仕事に興味がある方にぴったりの資格です。

ちなみに、マンション管理人になるのに有利な管理業務主任者という資格のほうが、難易度は低いです。そのためマンション管理士の試験に合格するのが難しそうと感じた方は、まずは管理業務主任者から受験してみることをおすすめします。

登録販売者

登録販売者の資格を持っていれば、一般用医薬品を販売できます。またお客様の薬に関する相談に乗るのも、登録販売者の仕事内容です。

薬局やドラッグストアで販売の仕事がしたい方は、登録販売者の資格を持っておいた方がいいでしょう。また薬剤師が自分に適した職種なのか分からない方は、まずは登録販売者の資格を持ち、一度働いてみて適性をチェックしてみるのもアリですよ。

保育士や介護福祉士

保育士や介護福祉士も、そこそこの難易度の国家資格です。

保育士や介護士はこれまで紹介した仕事とは違い、体力的にハードであり決して楽な仕事ではありません。しかし子供やお年寄りが好きであれば、楽しくやりがいのある仕事だといえます。また将来的になくならない仕事であり、就職先にも困らないため取っておいて損はないでしょう。

もっと簡単に取れて楽な仕事に就ける資格は?

「もっと簡単に取れる資格があれば、そちらを取って楽な仕事に就きたい」「手っ取り早く取れる資格を取得して、時間を節約したい」と思うときもありますよね。年齢のこともあって、資格取得のために何年も時間を費やしていられないという方は多いでしょう。

それでは次に、もっと簡単に取れて、楽な就職先に就ける資格をお伝えします。

この章のポイント
簡単に取れて楽な仕事に就ける資格はマイクロソフトオフィススペシャリスト、簿記検定や秘書検定です。またフォークリフト運転も簡単に取れるので、工場作業員になりたい方におすすめです。

マイクロソフトオフィススペシャリスト

マイクロソフトオフィススペシャリストは、事務職に就きたい方におすすめの資格です。独学でも簡単に取れるため、経験がないけれども事務の仕事に興味がある方はぜひお試しください。

また、マイクロソフトオフィススペシャリスト以外にも、エクセルのスキルを証明するExcel表計算処理技能試験も一緒に受けておくことをおすすめします。

日商簿記

経理事務の仕事に興味がある方は、日商簿記の資格を取得しておきましょう。というのは簿記の資格を持っていることが応募条件になっている求人が多いからです。資格を持っていれば、それだけで求人の幅が広がりますよ。

ちなみに、日商簿記以外にも、秘書検定も受験しておくこともおすすめします。秘書検定に合格すれば、秘書業務に関する知識やマナーがあることをアピールできます。

ファイナンシャルプランナー

金融業界や不動産業界、保険業界の事務の仕事に就きたい方は、ファイナンシャルプランナーの資格を持っておくと、就職や転職の際役に立ちます。

このファイナンシャルプランナーの試験に合格すれば、税金や相続、投資や住宅ローン、資金計画や金融資産運用といったお金の知識が身につきます。

司書資格や学芸員資格

「文系の大学生なので、理系の学生とは違って就職先を見つけるのが大変そう…」「就職に有利な資格とは何だろう?」と、悩みを抱えてしまうことがありますよね。

そんな文系の大学生の方には、司書資格や学芸員資格を取得しておくことをおすすめします。一見難しそうに見えますが、これら2つの資格は比較的簡単に取れるのがポイントです。

TOEIC

英語が得意という方は、TOEICをとりあえず受けておくことをおすすめします。TOEICは英語を使った仕事に就きたいのならば、800点が履歴書に書ける最低ラインだといわれています。

また、中国語検定、韓国語検定、ドイツ語検定、フランス語検定…など、英語以外の語学が得意であれば、TOEIC以外の資格を取得しておけばアピールできます。

食品衛生責任者

食品衛生責任者は、食品工場で働きたい方にとって取得しておいて損はない資格です。この食品衛生責任者になれば、食中毒などを起こさないよう食品衛生の管理を行う仕事を任されます。

また、食品衛生責任者の資格を持っていれば、食品工場のほか飲食店の就職も有利に運びます。さらに資格手当を受けられる場合があります。

フォークリフト運転

フォークリフト運転は、倉庫や工場で働きたい方におすすめの資格です。フォークリフト運転は国家資格ですが、非常に簡単に取得できるのが魅力です。

さらに、フォークリフト運転の資格があれば面接でアピールできるほか、食品衛生責任者の資格と同じく手当を受けられるケースもあります。簡単に取れて待遇面も良くなるため、取っておいたほうがいいでしょう。

ビルクリーニング技能士

掃除員の仕事も楽な仕事として挙げられ、コツコツ物事に取り組むのが好きな方やルーチンワークが好きな方に向いています。そんな掃除員として働きたい方におすすめの資格が、ビルクリーニング技能士です。

このビルクリーニング技能士を持っておけば、清掃に関するさまざまな知識があることを証明できます。「これから掃除員の仕事をはじめようと思うけど、特殊な掃除用具を使うのなら知識を身につけておきたい」という方は、取得しておいたほうがいいでしょう。

普通自動車運転免許

都心での就職なら、普通自動車運転免許があるだけでも就職や転職が有利に運ぶ場合があります。

また、普通自動車運転免許を取得しておけば、日常生活でも車を運転できるようになります。恋人や家族の送り迎えを車でしたい方や、友人たちとドライブを楽しみたい方は、時間のある学生時代のときに取っておくことをおすすめします。

実際に資格をとるにはどうすればいい?

資格の取得方法は、何の資格を取るのか、またその資格に関する予備知識があるのかによって変わってきます。さらに資格によっては、取得するために大学や専門学校に通う必要もあります。そのため人によりベストな資格の取得方法は異なってきます。

最後に、一般的な資格の取り方をお伝えします。どの方法が自分に合っているのか、ぜひチェックしてみてください。

この章のポイント
資格の取り方として、まず独学や通信教育が挙げられます。簡単な資格であれば独学で取得できますが、難しい資格なら専門学校に行く必要があります。これから取得したい資格は独学でも取れるのか、それとも専門学校に行く必要があるのかも調べてみましょう。

独学で勉強して資格を取得する

簡単な資格であればスクールに行ったり通信教育を受けたりせずに、独学で勉強して合格している方が多いです。例えば日商簿記、ファイナンシャルプランナー、ITパスポート、マイクロソフトオフィススペシャリストといった資格は、独学でも取得しやすいです。

これら資格は本屋や通販でも参考書が購入できるので、勉強も手軽にはじめられます。

通信教育を受けて資格を取得する

独学で資格の勉強をはじめるのは不安だという方も多いはずです。そんな方には、通信教育をおすすめします。わざわざ通学する必要がないため、毎日忙しい社会人の方も自宅で効率的に勉強できます。

通信教育では日商簿記やITパスポートといった簡単に取れる資格から、行政書士や司法書士といった難易度の高い資格が取れるところもあります。

専門学校に行って資格を取得する

医師免許を取得したい方や薬剤師として働きたい方は大学へ、看護師を目指したい方は看護系の大学または専門学校へ行く必要があります。大学に通うなら受験勉強も必須となるため、資格を取るまでに相当な時間がかかると覚悟しておいたほうがいいでしょう。

また、管理栄養士になりたい場合も大学や短大、専門学校を卒業する、または栄養士養成施設で最低2年間学ぶことが義務付けられています。

仕事を楽にするには資格を取って損はない

楽な仕事はさまざまあり、肉体的にも精神的にも楽であるため、資格は必要ないと思っている方が多いです。しかし面接でアピールできる、自分の自信にも繋がるため、資格は持っておいて損はありません。

中には学校に行かずとも取れる簡単な資格もあります。楽な仕事に就きたい方、就職や転職を有利に運びたい方は、まずは難易度の低い資格から挑戦してみてくださいね。

ランキング

記事一覧