決定版!楽な仕事ランキング [1位〜15位]

楽な仕事を見つけるには?

仕事が辛い、辞めたいなと思っているとき、楽な仕事って何があるんだろう?と疑問に思うこともありますよね。
楽な仕事を見つけるにはどうすればいいのか?実際にどんな楽な仕事があるのか知りたい人は是非この記事を参考にして次の仕事や就職に役立ててみてください。

自分に合った仕事を探すことも大切

楽な仕事だからといって自分に合った仕事かどうかはわかりません。楽な仕事だからといって就職してもやりがいがない、自分には向いていなかった、と思ってからでは遅いですよね。自分に合っているか見極めてから仕事を決めることが重要です。おすすめはMIIDASのようなサイトで自分の市場価値を知ってから仕事を探すことです。
無料登録で職務経歴やスキルなどを選択、登録することで自分の市場価値をすぐに知ることができます。自己分析は仕事を探す上でとっても大切なことです。

また、転職別、年齢別、学歴別の年収データや転職ビフォー・アフターを調べることもできます。自分が興味のある分野の仕事の平均年収やどんな人が転職をしているのかなどを知ることができます。楽な仕事を把握しながら、実際の年収データなどや転職状況を知ることで失敗しない転職活動を行うことができますよ。

是非MIIDASに登録してみてください。

MIIDASに無料登録してみる

楽な仕事ランキング15位

みなさんは、毎日きついお仕事でお疲れではありませんか?お仕事が忙しくて疲れきってしまっている、そんな辛い現状を抱えている方も多いですよね。都内で通勤のため電車に乗っていると、そんな疲れた表情の方をほんとうによく見かけます。お仕事が大変なあまり、体だけではなく、メンタルの面でもお疲れなのでしょう。

ここでは「楽な仕事のランキング」というものをご紹介します。お仕事でお疲れの方、これから先、もっと楽な、安定安心できるようなお仕事をお探しの方には、ぜひこちらのランキングをご覧になっていただき、参考にしていただければ幸いです。

1位:大手企業も多い工場勤務

工場勤務の評価
年収
(5.0)
休日出勤・サービス残業の少なさ
(4.0)
精神的なストレスの少なさ
(4.5)
肉体的な疲れの少なさ
(4.0)
ノルマ
(1.5)
総合評価
(4.5)

工場で働くことは孤独との戦いです。入社直後はある程度の研修があり人と関わりますが、その研修が終わるとあとは1人で仕事に取り組むことになります。孤独と言うと聞こえは悪いですが、一方でそれは人間関係が苦手であったり、人との関わりにストレスを感じてしまう人にとっては精神的に気楽だと言えます。

毎日会社に出勤して上司や同僚、後輩や訪問客と顔を合わせたり、顧客のもとへ営業に行ったりする必要のある会社員とはまったく異なります。人との付き合いは圧倒的に少ないですが、工場で働く人にも意識しなければならないことがいくつかあります。それは生産性やノルマ、時間の制限などです。これら最低限守るべきことをクリアすればあとは自分のペースで作業を進めることができ一日の勤務時間を過ごすことができます。

会社員の給料はあまり高いとは言えず、さらに人付き合いもありストレスも溜まる環境ですが、工場の仕事は給料が高めになっています。この職種は煩わしい人間関係をなくし楽に稼ぎたいと考えている人に向いていると言えます。

工場勤務へ転職したいときは「工場求人ナビ」を活用

全国の工場勤務に転職が可能で、勤務地や収入は希望に合わせて紹介をしてくれます。初めてでも、都内に離れた場所でもスタッフがしっかりサポートしてくれます。
また車メーカーで有名なTOYOTAやホンダなどの求人や、ブリヂストン、RICOHなど大手企業の募集も多彩に用意されており、大手で働くことも夢ではありません。
大手企業で働きたい、期間限定で働きたい、女性歓迎の職場など自分の条件に合った仕事を探せるので、安心して転職活動ができます。

工場求人ナビをチェックしてみる

2位:自分のペースで仕事ができる事務職

事務職の評価
年収
(5.0)
休日出勤・サービス残業の少なさ
(3.5)
精神的なストレスの少なさ
(4.0)
肉体的な疲れの少なさ
(1.0)
ノルマ
(1.0)
総合評価
(4.0)

職場の人間関係にストレスを感じた時など、簿記などの資格さえ取っておけばすぐにでも再就職が容易な事務職は、楽な仕事の筆頭に挙げられます。転職を考える際にはかなり容易に行動を起こせるのではないでしょうか。ただし、求人が出た時にはすぐにでも行動した方が良いでしょう。なぜなら、このような事務職が楽な仕事であるという情報はすでにインターネットで広まってしまっていて、事務職はすっかり人気の職業となっており、求人数が減少しているからです。

4,5時間で1日の業務が終わることもある事務職は、隠れてネットサーフィンや社外を散歩できる時間があり、他の営業職などに比べると仕事量も少ない職種です。企業の規模や業界によっては激務となる事務職もあるため、実際に転職をするときには、面接の時などに帰宅時間はいつごろになるのか、また、残業はあるのかなどを確認しておくと良いでしょう。薄給のイメージが強い事務職ではありますが、長く勤めることで収入アップが望めます。

事務職を探すなら大手の「リクルートスタッフィング」を活用

業界トップクラスの仕事数を取り扱っているリクルートスタッフィングなので、希望に合ったお仕事を見つけやすいのが特徴です。
リクルートスタッフィングならではのサポート体制が充実していて、パソコンが苦手、使ったことがない人にも無料でスキルが磨ける「e-learning」も用意されています。
転職活動をしながら事務に必要なパソコンスキルもアップできます。

リクルートスタッフィングをチェックしてみる

3位:精神的負担が少ない法人向けのコールセンター

コールセンターの評価
年収
(4.0)
休日出勤・サービス残業の少なさ
(5.0)
精神的なストレスの少なさ
(4.0)
肉体的な疲れの少なさ
(3.0)
ノルマ
(3.0)
総合評価
(4.0)

法人顧客向けのコールセンターは個人客向けよりも圧倒的に精神的負担が少ないです。一方、個人客向けのコールセンターは苦情対応などの理不尽なものが多いので、精神を病んで離職率が高くなることが予想できます。

法人向けとなるとノルマが存在しますので、それなりの結果を残さなければいけないのが難点な部分もあります。しかし、法人が相手の場合は相手も企業ですので話し合いが通じるというだけで気持ちも随分楽になります。顧客のクレーム対応と比べて精神的に病む事はあまりないでしょう。残業などの長期労働を強いられることも少なく、顧客企業の営業時間の都合もあるために、基本的には終業時間で作業は終わります。帰宅が遅くなるということもあまりないでしょう。

もしも営業経験があったり、トークに自信がある方なら法人向けのコールセンターを視野に入れてみてはいかがでしょうか。ただし、顧客向けのコールセンターと比べると入社の難易度が若干高くなるみたいです。

コールセンターを探すなら「派遣Style」を活用

未経験から応募できるお仕事が多数揃っている派遣Styleなので、サポートも充実しています。
会員登録をしなくてもそのままお仕事を応募できるので、気になる仕事にいち早く面接・面談が可能です。まずは派遣の仕事から事務職にチャレンジしてスキルアップが目指せます。

派遣Styleをチェックしてみる

4位:実は高収入なタクシー運転手

タクシー運転手の評価
年収
(3.5)
休日出勤・サービス残業の少なさ
(4.0)
精神的なストレスの少なさ
(5.0)
肉体的な疲れの少なさ
(2.0)
ノルマ
(1.5)
総合評価
(4.5)
タクシー運転手と聞くと薄給なイメージがあると思いますが、近年のタクシー運転手の平均年収は軒並み上昇しております。人間関係で悩むこともなく、自分のペースで仕事ができるので最近では若い人や女性のタクシー運転手も増えてきています。

タクシー運転手への転職なら「タクQ(タクキュー)」を活用

タクQは、タクQを利用して応募された方で、実際に入社した場合、なんとタクQから祝い金として最大10万円が支給されます。さらに、転職先のタクシー会社からも最大10万円~35万円までの祝い金が支給されるため、最大で45万円もの祝い金が支給されることになります。
タクQをチェックしてみる

5位:長く勤められる薬剤師

薬剤師の評価
年収
(5.0)
休日出勤・サービス残業の少なさ
(4.0)
精神的なストレスの少なさ
(3.5)
肉体的な疲れの少なさ
(3.5)
ノルマ
(1.0)
総合評価
(4.0)

長く続けられる仕事のひとつに、調剤薬局やドラッグストアで勤務する「薬剤師」という仕事があります。仕事の内容としては、薬の調合や説明など、病気や命に関わるので、責任はとても重大です。しかし、非常にやりがいを感じられる仕事なのではないでしょうか。

薬剤師になるためには、大学の薬学部を卒業し、その後国家試験を受験します。合格すれば資格取得となりますが道のりは長く大変です。しかし薬剤師になれば、働く場所もおおく、年収も高いため長く働き続けることが出来ます。仕事自体は、特に体力がいる訳でもなく、基本的にノルマなどもないため、、安心して仕事に取り組むことが出来ます。とても理想的な職業ですね。

また、最近では、薬剤師の需要も増加傾向にあるようです。その訳は、薬剤師になるための「薬学教育」が、6年制になったためではないかと言われています。そういった点が追い風になり、今後、ますます薬剤師への注目が集まっていくのではないでしょうか。

薬剤師の転職なら「マイナビ薬剤師」を活用

利用者満足度5年連続No.1のマイナビ薬剤師。求人数も47,000件以上も保有していて、コンサルタントの方との密な関係で自分の条件に合った転職が望めます。

マイナビ薬剤師をチェックしてみる

6位:ビルメンテナンス

ビルメンテナンスの評価
年収
(3.5)
休日出勤・サービス残業の少なさ
(4.0)
精神的なストレスの少なさ
(5.0)
肉体的な疲れの少なさ
(3.5)
ノルマ
(1.0)
総合評価
(4.0)

ビルメンテナンスは今、話題の仕事です。業務内容はビルの修繕や保全ですが、毎日あるわけではありません。主に監視室でボイラーや電気の管理、定期的な点検が業務となります。空き時間も多く、その時間にキャリアアップするチャンスです。仕事をしながら次のステップへ繋げられるので充実した日々を送れます。

それに加え、就業時間が24時間という長丁場なので、休みが多く、月の3分の2が休日になる場合もあります。そのため、家庭や趣味など自分の時間がしっかり取れ、ワークバランスの取れた仕事といえます。しかし、給料に関して言えば、一般的な仕事から比べると少し低いと言えます。なので、お金を沢山稼ぎたいという人にはあまり向かない仕事であるのは間違いありません。仕事中のできることの多さからすれば、低すぎる給料とは言えません。仕事以外も大切にしたい、次のステップへの踏み台にしたい、そんな人にはぜひオススメしたい仕事です。

スカウト登録で企業から直接スカウトが届くリクナビNEXTを活用


転職したいけど、自分から応募するのはちょっと・・・という方でもこの「スカウト登録」を活用すれば、企業やエージェントから直接オファーが届くので自分がどんな仕事に必要とされているかがよくわかります。
また、忙しい方でも企業からのオファーがあり、気になったら次のステップに進めることができるので隙間時間にもチェックが可能です。

リクナビNEXTをチェックしてみる

7位:清掃業

清掃業の評価
年収
(3.5)
休日出勤・サービス残業の少なさ
(5.0)
精神的なストレスの少なさ
(5.0)
肉体的な疲れの少なさ
(3.5)
ノルマ
(1.0)
総合評価
(4.0)

清掃業は人付き合いが少なく精神的に楽ということから、インターネットなどの求人広告において紹介される頻度の高い業種です。しばしの研修を経て、ある程度の清掃の技術を身につけると、人とのしがらみのない1人での作業を行うことになります。

清掃業をする上でこれといった必須な資格は存在せず、ビルの窓拭きや地下室のパイプ清掃などといった特殊な技術を要する作業にしても研修を重ねれば誰でも行うことができます。ただ、1箇所のトイレのみで、1日の大半を費やし掃除をしなければならなかったケースもあるほど忍耐力を問われる職種になりますので、そういった時間を退屈と感じてしまう人や、少し落ち着きのない人からすると、清掃業は疎遠されがちになります。

作業の単価も決して高額というわけではありません。しかし以前は接客業をしていて人とのトラブルに疲れた、という人や、サラリーマンをしていて別のことがしたくなった、といった方が転職するケースは少なくないようで、基本的に定年を迎えても行える職種なので、時間を有意義に使いたい人が応募するケースも存在します。

type転職エージェントを活用して仕事を探してみる

大手のtype転職エージェントであれば多種多様な職種がたくさん用意されています。業界ごとに専門のキャリアアドバイザーがおり求人の詳細だけではなく、今後の
キャリアプラン含めて提案してくれるので、相談や不安ごとも一緒に解決することができます。
転職をしたけど何から始めていいかわからない、転職サイトは多くて何がいいかわからない・・・など転職したいけど不安なことはたくさんありますよね。
type転職エージェントであれば、非公開求人にも出会え、気になる年収の交渉もしてくれます。

type転職エージェントをチェックしてみる

8位:警備員

警備の仕事というと、警棒を持って不審者や悪い人に立ち向かう姿を想像する人も多いのではないでしょうか。果敢に敵を排除する、怪我や危険が付きものの、強い正義感と責任を持って日夜問わず持ち場を守る警備員。そんな仕事自分には出来ないと思うでしょうか。しかし実際の仕事内容は違います。

警備員は緊急事態を回避するために工事現場や施設を警備・監視する仕事です。緊急事態は滅多に起きるものではありませんので、危険な仕事は頻繁にはありません。あくまでも「万が一」に備えて配置されているので、主な仕事は緊急事態が起きないよう「監視」することです。また特別な資格など必要なく、採用条件は厳しくない所が多いのも特徴です。

最近では高齢の方が就いている姿もありますので、若者であれば尚更仕事内容は簡単で、採用されやすいといえるでしょう。欠点は、拘束時間が長く感じる点です。ただ何もせずに立っている時間も長いので時間が経過するのが遅くて嫌になる人は直ぐに飽きてしまいますので向いていないかもしれません。逆に妄想や空想で紛らわすことが上手い方などには最適の仕事といえます。給料はあまり高くありませんが、お金よりも楽な仕事がよい方にオススメの職業です。

9位:大学職員

大学職員は大学の運営を支えるために様々なサポートをする仕事です。安定した仕事で給料も高めの傾向にあるため、比較的気楽なお仕事といわれています。大学の学生たちに進路指導すること、快適な学生生活を送るサポート、他には学内の経理事務や総務全般、入試にかかわる様々なこと、研究の支援に人事、研究のサポートなど、仕事内容は多岐に渡ります。大学を卒業している人は「学生課」や「教務課」などお世話になりませんでしたか?

職員として働いているのは、20代から60代の男女と、幅広い年齢層で活躍しています。大学職員は定着率が非常に高い上、産休、育休、介護休暇なども取得しやすい傾向にあります。大学職員の勤務時間としては、午前9時から午後5時としている職場が比較的多いです。精神的なストレスの少ない部署も多く、会議など特別な用件がなければ残業が発生することも少なく、定時に帰ることができるので、プライベートの時間の充実、趣味などにも十分な時間を割り当てることができます。

10位:セルフガソリンスタンドのスタッフ

ガソリンスタンドの店員の仕事にはどのようなイメージをお持ちですか。ここで紹介するのは一般的な、店員による窓拭きや給油作業・誘導をしてくれるガソリンスタンドではなく、セルフ式のガソリンスタンドです。

セルフのガゾリンスタンドほとんどの方が利用した事があるかと思います。自分で給油を行い、洗車や窓拭き・タバコの吸い殻処分も自分で行う。ですので店員による業務は少なく、店員はいないのではと思われるかと思いますが、店内には駐在しています。駐在している店員は通称:乙四と言われる、危険物取扱者乙種第四種という資格を取得している者に限りますが、少し勉強で誰でも取得可能な比較的簡単な資格なので、取得さえすれば就く事の出来る職業です。

24時間営業が多いセルフ式ガソリンスタンドでの就業は夜間勤務により給料割り増しも十分見込めますので、日中勤務は普通レベルの給料でも、夜間勤務をする事で給料アップも望める、自分の就業スタイルを選べる職ではないでしょうか。

11位:医療用ガスの配達

医療ガスの配達のお仕事は学歴は高卒以上必要ですが、普通免許をお持ちの方で有ればどなたでもご応募できます。主な業務内容は1日平均3本程度になりますが医療用ガスボンベの交換作業です。

医療機関からの注文が無い日もありますが、その場合はあなたご自身の自己啓発等、自由にしていて問題ないのが楽な点です。勿論残業等は無く、お休みも多く取得できます。気になるお給料ですが地方公務員並みか、それよりも多めです。

各病院との間で随意契約を結んでおり、医療関連の事業としてこの先も安定的な売上及び収益を確保できる仕組み作りに取り組んでいて、将来的にも更なる改善に取り組んでいます。病院がなくなる事はないので安定していて、仕事も覚える事がすくなく楽な仕事といえるでしょう。会社として安定した収益を上げているので、社員にもしっかり還元でき、社員は高い給料をもらうことができます。

12位:ごみ収集

人が生活する上で必ずゴミは出ます。普段出している家庭ゴミの回収の仕事についてです。決められた曜日に家庭から出されたゴミを、回収車と一緒に回りながら集めていきます。この仕事のメリットは、公営や民間の会社に雇われていることが多いので、安定して続けられるところです。そして人の生活において、家庭ゴミそのものがなくなることはまずありえませんので、会社としても安定しています。もちろんノルマもありませんので、ストレスに悩まされることなく、精神的にも気楽に仕事ができます。

勤務時間は8時から17時までが基本で、残業はほとんどありません。また勤務内は1人、もしくは2人での行動がメインです。沢山の人達と関わりながらお仕事を行うと、人間関係の煩わしさや、それにかかわるストレスなどで悩んでしまうこともあるかもしれませんが、そういったことに苦しむこともなく、対人についてストレスフリーにお仕事が続けられるでしょう。

13位:駐車場管理人

駐車場管理人とは文字通り駐車場の管理・運営をする仕事です。上司の監視がほとんどなくモニター室での監視が主な業務内容になるため利用者が少ないところほど気負うことなく比較的に楽に仕事ができます。採用形態はアルバイト、パート、正社員と幅広く、年齢層も20代から60代まで募集しています。給与は正社員で15万から20万程度です。

業務内容によっては24時間体制のところもあるため確認が必要です。求められる条件やスキル、資格も特になく誰でも働きやすい職場になります。ただし就職場所によっては立ち仕事の場合や休日出勤、盗難などの緊急時の対応を求められるため注意が必要です。また人の出入りがある分様々な利用者とコミュニケーションをとらなければいけません。ある程度の接客経験があると安心です。

駐車場管理人として働くことは楽な部分もありますが責任感とコミュニケーション能力が必要とされます。また就職先によって業務内容がかなり変化するため自分に合った仕事内容か確認することが重要です。

14位:公務員

公務員は、子供の教育をする教師や犯罪から市民を守る警察官、火事の時に活躍する消防士など、国の重要な仕事であるがゆえに、とても忙しく仕事内容も過酷であるというイメージがある人が多いのではないでしょうか。

しかし、実はその公務員の中でも仕事量が少ないものがあるのです。明らかに忙しく危険を伴う職種がある一方で、役所勤務、特に地方自治体の場合、残業がほとんど発生しないというところもあります。仕事内容は、その地域に住んでいる人と窓口において相談や手続きなど、ほかの公務員と比べてもさほど激務とは言えない仕事が多くを占めており、さらに言えば、勤務している役所が閉まる時間頃には、一日の仕事が終わってしまうことがほとんどであったりもします。

1つ気をつけたい点は、部署によってやる仕事の種類がはっきり決まって分かれている地方自治体だからこそ、配属先によって仕事量が大きく変わり、ほかの部署は定時であるのに残業しなければならなくなってしまうということのあるということです。

15位:図書館司書

図書館司書はただ本が好きというだけではその職に就くことはできません。まず難関である図書館司書の資格を取る必要があります。誰でも簡単に取得できる資格ではないので、しっかりとした勉強をしなければ合格はできません。

実際の現場ではチームワークがそれほど求められない仕事が多いので、対人が苦手で静かな環境を好む人に向いている仕事です。逆に人とコミュニケーションをとるのが好きで、賑やかな職場を好む人にとっては不向きでしょう。まったく人と関わることがないわけではなく、やはり図書館を利用するお客様の接客は必須です。本の貸し出し、返却業務や問い合わせに窓口や電話で応じる仕事もあります。図書館は老若男女が訪れる場所なので、身なりの清潔に心がけたり、正しい言葉使いも重要です。一般の会社のように土日がお休みではありませんので平日の休館日、その他の日は交代でお休みが取れます。比較的休暇が取りやすく融通がきくのもこの仕事の魅力です。

アルバイトで楽な仕事もチェックしてみよう

1位:安定のリゾートバイト

リゾートバイトは、その名の通り、リゾート地での住み込みのアルバイトです。なんといっても旅行しながらアルバイトできるなんて最高ですよね。
仕事続きの毎日で疲れてしまった・・・そんな方にも次の仕事までなど期間限定でも、リゾート地に移住してアルバイトや転職をすることもおすすめします。
普段の日常では味わえない体験で、日々の生活の価値観が変わるかもしれません。

リゾートバイトに特化したはたらくどっとこむを活用

リゾートバイトというと短期というイメージですが、ここでは長期での申し込みも可能です。自分にあった期間で条件検索できるので、次の仕事までの間、リゾートバイトをずっとやっていきたいと思っている人にもおすすめです。
また、自分が行ってみたいリゾートの場所でも指定ができるので、海がある沖縄から、温泉に入り放題のリゾートバイトまで幅広い中から選べます。
リゾートバイトをチェックしてみる

2位:短期でもできるイベントスタッフ

「ひとり仕事は寂しいし、時間が遅く過ぎるようで・・・」と思っている方におすすめしたいのが,イベントスタッフのお仕事です。外での立ち仕事がメインとなるイベントスタッフは,時にお客様からの質問に対応したり,案内をしたりする必要がありますが,ほとんどの時間は基本的に立っているだけで,バタバタと立ち回る必要もなく,時間にも気持ちにも余裕を持って行える仕事です。

イベントの規模により忙しさの度合いは違ってきますが,いずれも暇になる時間の方が多く,イベント会場で見かける印象よりも気楽でのんびりした環境です。話し相手もいるので,退屈で時間をもてあますということもありません。お客様との対話を積極的に楽しんでいただける方が望ましいですが,ある程度の接客マナーを身につけていただく必要があります。デスクワークより外での仕事が好きだけど,せわしなく動き回らないといけないような仕事は苦手という方にはうってつけの仕事です。

ストレスと戦い続けるのは良くない事

今の仕事より気楽にできる仕事がないのかと思うことは誰にでもあることです。実際検索してみると最近は転職サイトが充実しているので、多様な情報を取得することができます。ただ、ストレスが全くない仕事はないといっても過言ではありません。なぜなら仕事でストレスを感じるのはどれだけメンタルの強い人でも多少なりともあるからです。働くとは、時間を拘束される事ややらなければいけない事があるのは少なからずストレスを感じてしまいます。

仕事とは元々、自分のしたいことを我慢してでも人の役に立つことを意味します。さらに仕事には様々な要素があります。その中でも人間関係や職場の環境は主なストレス要因でしょう。例えば反りの合わない上司の命令を断れない、職場の雰囲気が嫌い、部屋の匂いがきつい、うるさい、などストレスの元になる原因はいくらでもあります。長時間の残業で睡眠時間がとれず、体を壊してしまうことも考えられます。そうなっては生きるために働いているのか体を壊すために働いているのか分からなくなります。本末転倒となってしまうでしょう。そのような場合には負担の少ない職場へ転職しましょう。上記の職種を参考にしてください。