「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事が怖い
  4. 仕事に疲れた。原因を探ってリフレッシュするための12の方法
仕事が怖い

仕事に疲れた。原因を探ってリフレッシュするための12の方法

あなたはいくつあてはまる?仕事に疲れた時に思うこと

仕事に疲れを感じてこれを読んでいるあなた。まずは、どれだけ仕事に疲れているのか現状を把握してみましょう。

仕事に疲れた時、人は何を思うのか代表的なものをいくつか挙げています。あなたはいくつあてはまるか、これまでの生活を思い出しながら読んでみてください。該当する項目が多いほど、疲れが溜まっているということになります。

朝起きたときに仕事を休みたい・行きたくないと思う

朝起きてすぐ、布団の中で「今日も仕事か…」と憂うつな気分になってしまうのは、仕事に疲れている時によくあります。爽快に起き上がることができず、会社を休む口実がないか考えたり、行かなくてもいい理由を探したりしてしまいます。

会社へ行く準備をするのもおっくうで、ギリギリまで身支度せず時間がなくなって慌てて出勤準備を始めることも多く、出勤中も気分は重いままです。

精神的に疲れている時は、どれだけ寝てもよく寝た気がしないのも特徴です。ストレスや情報過多により、脳がしっかり休憩できないまま朝を迎えているのが原因です。毎朝寝不足のような状態で起きるので、余計に会社に行きたくないという気持ちが出てきてしまいます。

仕事が辛くてもう辞めたい・転職したいと思う

今の仕事を辞めたい、転職したいと思うのも、疲れている時は頻繁に頭をよぎることのひとつです。会社自体の考え方、職場の人間関係、給料の低さなど、自分の努力だけでは状況が変わらないものへのストレスがあると、体や心が疲れて会社を辞めたいと考えるようになります。

意欲的に仕事にも打ち込めなくなりますし、仕事や未来の自分に対して目標や夢を設定できなくなるので、仕事のすべてが疲れに直結します。

この仕事をいつまで続ければいいのか悩む

体力的な疲労が辛い場合は「この仕事を何歳まで続けられるだろう」と不安になりますし、精神的な辛さがあれば「いつまで苦痛に耐えればいいのか」という気持ちになります。やりがいを感じられない仕事においては、先がまったく見えないので「いつまで」という言葉が頭をループします。

このような考えに陥りやすいのは、体力がないと務まらない、残業や休日出勤が多い、パワハラやセクハラを容認している会社などに勤めている人に多いでしょう。肉体的・精神的に疲労が多い仕事は、平日はもちろん休日まで奪ってしまうことが多いので、あなたの大切な時間のほとんどを会社に捧げている状態になります。

人生を楽しめない状況では「この会社に長くいてはいけない」という気持ちになるのは当然です。

休みの日は何もしたくない・寝ていたい

平日の仕事が充実していると、休日は気持ちを切り替えるためにどこかに出かけたくなるものです。しかし、仕事に疲れていると、休日はとにかく休息したいと思うようになります。人と会うのも外に出るのも疲れるので、それを避け仕事に余力を残そうという意識が出てくるからです。

どれだけ寝ても寝足りないのも、疲れやストレスが溜まっているという体からのSOSです。

現実逃避をしたくなる

会社に向かっている電車の中で「このままどこかに行きたいな」と考えることはありませんか?これはかなり疲れている時の症状です。たまに遊び心でそう思うことは誰にでもありますが、頻繁に目的もなくとにかくここから逃げたいという気持ちなら、あなたは相当疲れています。

他にも「会社が倒産しないか」「電車が止まって会社に行けなくならないか」などといった妄想も、現実逃避になります。

女性の場合、結婚して専業主婦として家庭に入りたいと思う

職場や会社に対してではなく、働くこと自体に疲れてしまうと、女性は結婚して専業主婦になりたいと考えることがあります。ひとつの会社に長くいる人、転職を繰り返しても良い職場に恵まれなかった人は、働きやすい職場を探すのではなく、結婚して働かないという選択をしたくなります。

仕事に疲れたと感じる原因は?

一言で仕事に疲れたと言っても、原因はさまざまです。次はあなたがどうして仕事に疲れているのか、その原因をここで振り返ってみましょう。今の状況を改善するためには、現状を把握する必要があります。原因が分かれば解決法も見えてくるので、当てはまる項目がないかチェックしてみてください。

仕事がとにかく忙しくて休む暇がない

仕事の内容の好き嫌いに関係なく、忙しさは単純に疲れにつながります。どれだけやっても終わらない仕事は、体力を使いますが、それと同時に精神面にもストレスを与えます。1日が怒涛のように過ぎ去り、帰ったら寝るだけという生活では、疲れは溜まっていくばかりです。

残業や休日出勤の多い会社に勤めている人も、忙しさが疲れの原因になっているでしょう。

仕事の人間関係にストレスを感じている

人間関係のストレスは想像以上にあなたを疲れさせています。ストレスというのは体や脳を委縮させるので、職場では常に緊張状態にあるということです。何時間も緊張した状態に置かれていれば、人が疲れてしまうのは当然ですよね。

人間関係のストレスは解決が難しい一方で、誰かに相談しても「気にしなければいいのよ」と軽くあしらわれるようなことでもあります。またこれといった大きな事件が起きることが少ないので、退職のキッカケにならないことも本人としては辛いところです。

上司から適切な評価が受けられない

どんなに頑張っても正当な評価がもらえないということは、とても苦しいですよね。特に中小企業の場合、仕事の出来ではなく、上司や社長の人間関係が評価に大きく影響することがあります。身内や可愛がっている部下には良い評価を与え、他の人は評価しないという状況になれば誰でも心が折れます。

大企業でも上司によっては、特定の人だけ可愛がることもあるので、仕事の面で正当に評価されないのは精神的に疲れますし、仕事へのやりがいも見失ってしまいます。

仕事に見合った給料が支払われていない

仕事量に見合っていない給料しかもらえないのは、仕事と真面目に向き合っている人ほど大きなストレスを感じます。一か月一生懸命働いて、その月の給料明細を見たときため息が出てしまう状況は、疲れを忘れるどころか給料日に余計疲れを感じることになります。

どんなに辛い仕事でも、納得できる給料が支払われていれば前向きに取り組めますが、それがないのであれば頑張る意味も分からなくなりますよね。

自分の仕事でトラブルやミスがあった

仕事でのミスやトラブルは、解決に当たることも精神的に疲れますし、解決した後も罪悪感で会社に居辛くなりストレスを感じ続けます。上手く切り替えができればいいのですが、そう簡単なものではありません。

ミスが大きければ、会社で笑うこともいけないような気がして毎日がとても苦痛になります。

自分のやりたい仕事ができていない

自分のやりたい仕事や得意なことが活かされていないことも、精神的な疲れにつながります。本来、人と話すのが好きな人が営業ではなく雑務をさせられたり、会話が苦手なのに営業の仕事をさせられたりすると精神的な負担は増すばかりです。

上司に相談しても毎回うやむやにされる状況だと、今後の目標もできず仕事への意欲も失われていきます。

今の仕事にやりがいを感じられない

一定のスキルを持っているのに誰でもできるような仕事をしている人や、意味があるのか分からない作業を繰り返す仕事についていると、毎日やりがいを感じられず不完全燃焼のまま帰宅することになります。

仕事は定時まで時間をつぶせばいいという考え方の人なら、リスクのない仕事を好みます。しかし、仕事に意欲的に取り組みたい人にとっては、感謝もされずリスクもない仕事に魅力を感じられません。このような仕事内容が続くと、ただ疲れが溜まる一方です。

仕事に疲れたと思うあなたが気分を変えてリフレッシュできる方法

仕事に疲れを感じているなら、そのままにしていてはいけません。心身の疲労を放置していると、思わぬ病気に発展することもありえます。すぐに会社を辞めたり転職したりできないなら、意識的に疲れを取るアクションを起こさなくてはいけません。

そこで、あなたがリフレッシュするための方法をいくつか紹介します。できそうなことがあれば積極的に取り入れて、あなたの心や体を労わってあげてください。

長期休暇を取得して旅行に出かける

「それができないから悩んでいるんだよ」と思ったあなた、まずは休暇の申請を出してみてください。周囲の目や上司の顔色を伺わなくてもいいのです。体の不調や心の病になる前に、有休が与えられていれば有効に活用しましょう。

休暇は社員が思っているだけで、取得してしまえばどうということはない場合も多々あります。正当な理由で休暇を取っただけで居辛くなるような会社なら、長く働くべきではないことが分かるので転職を考えるキッカケにもなりますよね。

思い切って仕事辞めて自分探しの旅や留学をして見る世界を変えてみる

先が見えない仕事や、あなたがアクションを起こしても変わらないような職場なら、思い切って辞めて旅行や留学を考えてみるのもひとつの方法です。仕事は一生続けなくてはいけないものです。その仕事にストレスを感じていれば人生の大半がストレスを抱えた状態になるということです。

すぐに辞めることができなければ「〇年〇月に会社を辞めて海外に行くために〇円貯金する」という目標を設定してみてください。不思議なもので辞める日を設定すると、今までストレスに感じていたことがどうでもよくなることがあります。

どうしてもやりたい仕事をしているなら別ですが、他の会社でもできるような仕事なら辞める勇気も必要です。今までしなかったことに挑戦し、あなたの世界を広げてみてもいいのではないでしょうか?

給料やボーナスが入ったら自分へのご褒美を買ってみる

辛い仕事への気持ちを緩和させるための一番簡単な方法は、給料やボーナスで欲しかったものを買うことです。給料が低くボーナスもないという方は、毎月少額でいいのでコツコツ貯めて年末や長期休暇のときにパーッと使うのもおすすめです。

ご褒美は物だけでなく、旅行や近場の高級ホテルでの豪遊なども素敵ですね。「このために仕事を頑張っている」と思えるような楽しいことにお金を使って疲れを解消しましょう。

カラオケで好きな曲を歌って思いっきりストレス発散をする

大きな声を出すことは、ストレス発散に有効です。カラオケを歌うことで「コルゾール」という、ストレスを感じたときに分泌される物質の減少が確認されています。これは歌が嫌いな人でも効果があるので、カラオケが苦手でも取り入れてみてください。

また、楽しかった記憶を呼び戻すことで鬱が改善するとも言われているので、この効果をカラオケと併用すればさらに効果がアップします。あなたが一番楽しかった頃に聞いていた歌をカラオケで歌ってみましょう。とても気分が良くなるはずです。

感動するドラマや映画で泣いてリフレッシュする

以前「涙活」という言葉が流行りましたが、涙を流すことはストレス発散になります。人間の体は、泣くと「セロトニン」が多く分泌されることが分かっています。セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれており、高ぶった神経をリラックスさせる働きがあります。

休日の前夜、お風呂でリラックスした後に泣ける映画やドラマを見て、思いっきり泣いてみましょう。コツは我慢せず思いっきり泣くことです。疲れやストレスが溜まっている人ほど、泣いているとどんどん涙が出てくるはずです。途中で止めずにスッキリするまで泣き続けてください。

一度やってみると体感できますが、涙を流すと脳と心がスッキリしているのを実感できます。疲れが溜まっている人は試してみてください。

自然や動物と触れ合って癒される

自然や動物を触れ合うと、ストレスや疲れは軽減します。特に自然の中に身を置き、何も考えない時間を過ごすことで、思考が整理され脳がクリアになるのが実感できます。

自然の中と言われてもどこに行けばいいか分からないという人は、近くのパワースポットを調べて行ってみるのがおすすめです。パワースポットは自然豊かなところが多いですし、気分的にもパワーがもらえる気がしてモチベーションが上がります。

仕事と関係のない気になる本を読む

読書と聞くと、逆にストレスが溜まりそうだと思うかもしれません。しかし、読書にもストレスを発散する効果があるのです。リフレッシュのための読書のコツは、仕事とは一切関係のない本を読むことです。

仕事関連の本では、気持ちが仕事に引っ張られてしまいます。まったく関係ない本を読み、登場人物に感情移入したりストーリーに没頭することで、リラックスできてストレスが軽減します。たとえ仕事と関係ない本でも、意外に仕事に関するヒントを得られることもあるので試してみてください。

マッサージやエステでリフレッシュする

マッサージやエステなど、他人に体を触れられるものは疲れを和らげる効果がありリラックスできます。贅沢な気持ちにもなりますし、体にコリや不調があるなら改善もできます。

人は、体が弱っていると自然と気持ちまで弱ってしまいます。本来気にならないようなことでも、体が弱っていると気になって眠れなくなることすらあります。そうならないために、体のメンテナンスはとても重要です。

ジムでのトレーニングやスポーツで体を動かしてリフレッシュする

体を動かすのはストレス発散の王道です。「疲れているのに体を動かすなんて無理」と思うかもしれませんが、体を動かして血流が良くなると、ストレスで委縮していた血管が開き疲労が和らぎます。一度やってみると爽快感を得られ、心身ともにリフレッシュできるのが分かるはずです。

リフレッシュ用のスポーツには、あなたが得意なことを選びましょう。男性なら筋トレをするとメンタルも強くなるのでおすすめです。女性には、一定のリズムで動く有酸素運動やヨガがいいでしょう。やっていて楽しいと感じるものを選び、汗をかいてリフレッシュしましょう。

カロリーを気にせず美味しいものをたくさん食べる

食べるのが好きな人は、週に1度か月に数回「好きなものを何でも食べる日」を作って、思いっきり食べてリフレッシュする方法もあります。食事は簡単に幸福を得られる方法なので、疲れやストレス解消に即効性を求める人はやってみましょう。

ただし、しょっちゅう食べていると体に負担が来ますし、体が重くなるとフットワークも重くなり仕事にも支障がでます。ご褒美的に行うから良い影響が出るので、月初めにいつ行くか設定するといいですね。

余談ですが週末の食べ歩きをブログにして、会社とは違う世界で楽しみを持つと生活にハリが出るのでおすすめです。SNSで他人と情報を共有し、仕事とは無関係のやり取りするのもリフレッシュになりますよ。

仕事の事を忘れて親しい友達や彼氏・彼女と会って話をする

仕事が忙しくなると、友人や恋人と会うのも面倒になりますが、あえて会いに行き思いっきり笑ったり愚痴を聞いてもらうことでリフレッシュしましょう。友達には、仕事が辛いことや疲れていることを話しておくと、良い転職情報を教えてもらえるかもしれません。

疲れている時は動かない選択をしがちなので、少々無理しても外に出て感情のアウトプットと、新しい情報のインプットをしてください。

休みの日は目覚まし時計をかけずに好きなだけ寝る

休日は、自分を甘やかす日にして好きなだけ寝るのもリフレッシュできます。ダラダラと何もしないという贅沢な時間を過ごすと、仕事へのヤル気も徐々に湧いてきます。リラックスした状態で、今後のことや将来のことを考える時間に使うのもいいですね。

忙しい人や疲れが溜まっている人は、目の前のことを処理するので精一杯になってしまい、先のことを考える余裕がなくなります。休日の何もない日を、自分と向き合う時間に充てるのも良い時間の過ごし方です。

仕事に疲れて辞めたい人は転職する道もある

自分のやりたい仕事をゆっくりでもいいので見つけてみよう

現状を受け入れて、毎日忙しさや嫌な人間関係に耐えるだけでは辛いですよね。しかし、すぐに転職できる人はそう多くありません。そんな状況なら、少しずつでもいいので「自分はどんな仕事をしたいのだろう?」「どんな職場で働きたいのだろう?」と自問し続けてみてください。

あなたが働いている業界や、転職についてネットで検索するだけなら今すぐ無料でできます。また友達や先輩に、仕事について相談したり話しを聞いたりすることもオススメです。意外なところで、あなたに有益な情報が得られることがあります。

悩んでいる場合はいろんな人に相談するのが一番大切

ひとりで悩んでいると、視野が狭くなり良い解決法が出てきません。悩んでいるときこそ、色んな人に相談してみましょう。思いもしないような解決法やヒントをもらえることがあります。色んな人に相談することは大切ですが、相手を間違うと解決に時間が掛かってしまうので、以下のような人を選んでみてください。

  • 自分が「こうなりたい」と思える人
  • 夢を実現している人
  • 会話していると元気になれる人
  • 現在進行形で向上心を持って生きている人
  • 情報を手に入れるのが早い人

中には「ドリームキラー」と呼ばれる人がいます。これは、人の夢を否定してヤル気を奪う人のことです。あなたが転職の相談をしても「どこの会社も同じだよ」「仕事は辛いものだよ」「甘えているだけ」などと言う人には、相談しないようにしましょう。

収入や休日、労働時間など自分の譲れない条件をはっきりさせる

本当に自分に合った職場を探したいなら、まずは自分の譲れない条件を知ることが先です。あなたがどんな環境で働きたいのか、今後どんな人生を送りたいのかを明確にしないと転職に失敗する可能性が高くなります。これが、意外とできていない人が多いので、一度時間を作ってやってみてください。

まずは、思いつくままにあなたの希望を紙に書き出しましょう。希望する収入、休日、労働環境や労働時間を具体的に書いてください。「年収1000万円以上で、年に一度は1週間以上休暇を取り海外に行きたい」など、叶うかどうかは別として書き出していきます。

同様に「こんな会社では働きたくない」と思うことも別の紙に書き出します。あなたが嫌なことも明確にして、転職先選びに失敗しないためです。すべて書き出したら、両方に優先順位を付けます。絶対に譲れないことを上位5つほどピックアップします。

この作業をすると、あなたがどんな会社を選ぶべきか自然と見えてくるので、希望する会社の絞り込みが簡単にできます。

転職エージェントを活用して自分の条件を話してみる

転職エージェントは、web上で転職先を探せる人材紹介サービスです。働きながら就活をするのは難しいので、自宅で転職先の情報が得られるのは有難いですよね。転職エージェントは、無料で登録すれば転職相談や企業の紹介などをしてくれます。転職したい企業が見つかった場合は、面接のセッティングまでしてくれます。

会社を辞めようかと悩んでいるなら、まずは無料登録をしてあなたの条件を話してみましょう。意外とすぐに希望する会社が見つかるかもしれません。そうでなくとも転職先を探すという行動だけで、今の会社への不満が薄れて行くはずです。

最初は企業の話を聞くだけでも気持ちの変化が現れる

仕事に疲れて出口のない悩みを抱え続けてしまう理由は、その会社の中だけしか見えていないからです。他の企業の話しを聞くと「こんな良い会社もあるのだ」「面白そうな仕事だな」などと視野が広がっていきます。すぐに転職しなくてもいいのです。仕事を辞めるというのはそんなに簡単ではありません。

ただ他の企業に接してあなたの視野が広がれば、自然と次のステップが見えてきます。会社に残ってすべきことが分かったり、もう会社に見切りをつけようと思えたり、冷静に自分のこれからのことを考えられるでしょう。

仕事に疲れたら適度なリフレッシュをしよう

すぐに転職するのは難しいですが、リフレッシュ方法を試すのは今日からでもできます。疲れていると判断力が鈍るので、今後を考える前にあなたの気力を回復させることが大切です。上手くリフレッシュして冷静に判断できるようになれば、今の会社のままでいいのか転職した方がいいのかハッキリと見えてきます。

それまでは運動やリラックス法を試しながら、適度にリフレッシュしてお仕事に向き合いましょう。

適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧