「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事が怖い
  4. 仕事に不安を感じる人に知ってほしい、考え方を変える15の方法
仕事が怖い

仕事に不安を感じる人に知ってほしい、考え方を変える15の方法

仕事に不安を感じているときにありがちなこと

仕事をしていると、仕事自体や人間関係などで不安な気持ちになるときはありませんか?

不安な気持ちを抱えたままだと、仕事に行くこと自体がかなりのストレスになりますよね。不安を感じる量によっては、体に支障をきたすケースもあります。

ここでは、仕事に不安を感じているときにありがちなことを見ていき、不安を感じる理由や、不安を感じたらどうするべきかについて考えます。

仕事のことを考えて不安になり夜も眠れない

仕事についてを仕事が終わって家に帰ってからもくよくよ悩んでしまうというのはよくあります。
しかし、あまりにも悩みすぎて夜も眠れなくなるほどでしたら危険です。
朝が来たら仕事に行かなくてはいけない」や「明日は仕事で○○があるから憂うつだ」など悩む理由は様々です。

もし、睡眠にまで支障をきたしている場合は、仕事のことをあまり考えすぎないようにするのが大切です。
家に帰ったら仕事については一切考えず、お風呂にゆっくり入ったり好きな音楽を聴いたりするなどして、自分に合ったリラックス方法でストレスをため込まないようにしましょう。

休みの日も仕事のことを考えてしまいリフレッシュできない

せっかくの休日には仕事を忘れて思い切りのんびりしたいですよね。
しかし、そんなせっかくの休日でも仕事が頭から離れず悩んでしまうという場合だと、全然リフレッシュができません。

休みの日に仕事のことを考えたところで、その仕事がどうにかなるわけではありません。なので仕事と休日のスイッチをうまく切り替えるのが一番効果的な解決方法です。

休日だからと言ってベッドの上でじっとしているだけだと、頭が暇になり余計な考えまで浮かんでしまいます。
用事がなくても近くの公園まで散歩してみたり、スーパーに買い物に行くなどして、体と頭を動かすことで、余計な考えが浮かぶすきを与えない工夫が「くよくよしない」ための近道です。

仕事のことが不安で涙が出てくる

仕事が不安で涙が出てきてしまう場合、相当深く悩みどうしたらいいかわからない状態にまで、精神的に追い詰められている可能性があります。

人間には泣くことによりストレスを放出する作用があります。一度思い切り泣いて泣き終わった後に「よし、明日も頑張ろう」と気持ちを切り替えられるのです。

しかし一度や二度だけでなく毎日のように涙が止まらない場合は、原因をどうにかしないといけません。今一度何がつらいのか原因を究明し、早期に解決策を考えることが重要になってきます。

仕事のことが不安で食欲がない

食べることは生きていくうえでとても重要な行動です。食欲は人間の三大欲求の一つであり、体調がすぐれないときを除き食欲はわいてきます。

しかし、何か深い悩みやショックな出来事が起こると、「食事ものどを通らない」という言葉があるように、食欲がなくなってしまう時があります。人間は、ストレスを感じることにより血糖値が上昇します。血糖値が上昇すると脳が「空腹ではない」と誤った認識をしてしまいます。だから、ストレスのせいで食欲がなくなるのです。

食事をしないことにはエネルギーが作られないため、身体的にも精神的にも弱ってしまいます。軽くつまめるお菓子や、お茶漬けのようなさらさらしたものなど食べやすいものでいいので、食事は必ず摂るようにしましょう

仕事をすることが不安だと感じる理由は?

仕事が不安だといっても、不安の原因は人それぞれです。

またその原因に対する感じ方やとらえ方も人によって違うため、もし今仕事について何らかの不安を抱いている場合は、自分自身で原因を究明する必要があります。

ここでは、主にどういった原因で不安を感じやすいのかを見ていきましょう。

苦手な上司や同僚と仕事をしなければならない

どんな仕事をしていても、必ずついてまわるのが人間関係です。仕事の業務内容よりも人間関係で悩んでいるという人は多いです。
もし職場に苦手な人がいて、その人と一緒に仕事をしなければならない場合は、かなりのストレスがかかります。

苦手な上司であれば、自分が何か困ったときに気軽に相談もできない何かあってもフォローしてもらえないなどの不安が出てきます。苦手な同僚の場合であれば、自分が同僚よりもうまく仕事ができないときにひどいことを言われるかもしれない・足手まといになってしまうかもしれないなどの不安が出てきます。

相手を変えることはできませんが、本当に不安でつらくてしかたない場合は一度相談のできる人に話してみましょう。メンバーを変えてもらうなどのフォローをしてもらうことで、不安が少なくなります。

過去に失敗したことのある仕事内容でトラウマがある

仕事をしているとどうしても失敗してしまうときはあります。それが大きな失敗や多大な迷惑をかけてしまったなどであれば、それを引きずってしまうときも多いです。

そういった過去があると、普段仕事をしていてもふとした時に過去の失敗を思い出してしまい「またあんな失敗を起こしてしまったらどうしよう」と不安な気持ちになります。

過去を変えることはできませんが、嫌な思いを引きずりすぎるのも精神的に悪影響です。
その失敗は何が原因でどうすれば防げたかを考えて解決策を出し、自分の中で納得させることで不安の軽減につながります。

今まで取り組んだことのないような難しい課題がある

何をするときでも、初めてのものに取り組むときはとても不安になるものです。さらにそれが今まで経験したことのないようなものであれば、不安は大きくなります。

もし仕事で今まで取り組んだことのないような難しい課題に取り掛かっている場合、「この課題をうまくクリアすることができるのだろうか」「もしも失敗して迷惑をかけてしまったらどうしよう」など不安が大きくなります。どんなものでもネガティブな気持ちで取り組むと失敗も多くなってしまいます。

今まで取り組んだことのない難しい課題を出されているというのは、ポジティブに考えればそれだけ期待されているということです。自分の成長のためにも「自分は任されているんだ」という前向きな気持ちで取り組むことで、不安も少なくなります。

自分が苦手と感じる分野の作業がある

自分が苦手だなと感じる分野の作業をやらなければならないとき、得意な作業をやるときに比べればやはり不安はあります。苦手なので、得意なことよりも作業が思うように進まなかったりミスを連発してしまう可能性もあります。

仕事をする上ではやはり、自分の好きなことだけをやるというわけにもいきません。
もし自分の苦手な作業をやらなければいけないときは「なんでこんなことをしなくてはいけないのか」と後ろ向きに考えるのではなく、「苦手な業務を克服するチャンスだ」と前向きに考えると不安が軽減されます。

また、周りの人に協力を求めたり、事前にしっかりとマニュアルをチェックするなどして、作業がスムーズに進むように努力するのも一つの手です。

新入社員なので電話対応などささいな業務も不安に感じる

新入社員の場合、まだ新しい仕事内容を覚えるのに精いっぱいで、どんなささいな仕事でも不安に感じてしまいます。電話対応や簡単な資料作りなど、先輩からしたら何でもない作業でも不安を感じてしまうものです。

仕事は自分のスキルや柔軟性も大事ですが、経験や慣れからできるようになることも多くなります。最初から何でもできる人はいません。どんな人でも挑戦し失敗を繰り返して徐々にできるようになっていくのです。

不安だからと言って何もしないままだと、ほかの新入社員ができるようになっていく中で、自分だけができないままという状況になってしまい、今よりもつらい状態になってしまいます。

周りのサポートを受けながら、あえて自分から挑戦していくことが、克服できる近道となります。

苦手な取引先への対応がある

取引先など自分の会社とは別の人間とやり取りをすることは、うまく情報を交換し合ったり交渉したりなど、特にコミュニケーションスキルが必要となり大変な仕事です。
そしてそれが苦手な取引先であった場合は、余計に「うまくやり取りできるかな」と不安になってしまいます。

仕事をしていると、どうしても苦手な人との交流は避けては通れません。そのため、どうやってうまく折り合いをつけていくかが重要なポイントとなります。

取引先の対応で不安を抱えているならば、先輩や周りの人に相談してみて上手な対応の仕方のアドバイスをもらったり本や勉強会で対応スキルを身につけてみましょう。自分のコミュニケーションスキルを上げることにより自信がついて、その結果不安を感じるときが少なくなります。

抱えている仕事にトラブルが発生している

自分が関わっている仕事にトラブルが発生している場合は、そのトラブルをどう乗り越えればいいのか考え込んでしまい、とても不安になります。とくにトラブルの規模が大きければ大きいほど修復も難しくなるため、どうすれば被害を最小限にすることができるかとても悩みます。

トラブルは一度起きてしまったらなかったことにはできません。しかし、一人で抱え込んでいてもいずれは行き詰まってしまいます。

自分一人で悩むのではなく周りの人や上司に相談して一緒に考えてもらいましょう。そうすることで一人で抱え込むよりも気持ちが軽くなり、トラブルも早く解決へ向かいます。

昇進試験など自分の立場を決める重要なイベントがある

昇進試験や資格試験など自分の立場を決める重要なイベントがある場合、結果がわかるまでは気が抜けません。
こういったイベントは自分の社会人人生を大きく左右するものもあり、うまくいくかどうかとても不安になります。

やはり良い結果を出すには、緊張感を全く持たずに挑むよりも、ある程度の緊張感を持ってトライするほうが、気も引き締まり効果的です。しかし、あまりにも不安な気持ちが大きく出てしまうと、本来の力が発揮できない可能性もあります。

うまくいかなかったらどうしようと考える前に、試験に向けてしっかりと対策をして、当日に万全な状態で挑めるように準備をしましょう。そうすることで自信がつき、不安の軽減につながります。

仕事をすることへの不安を解消する方法はある?

どんな理由があるにせよ、不安な気持ちを持ったまま仕事を続けることは精神衛生上よくはありません。

やはり自信をもって仕事ができるほうが物事もうまく進みます。

仕事をする上での不安を解消する方法を見ていきましょう。

人間関係に不安を感じる場合は仕事だけの関係と割り切る

どんな仕事をしていても必ずついてまわるのが人間関係です。たくさんいる人間の中には自分とは合わない人間も少なからず存在します。

しかしどんなに嫌な人でも、関わるのは仕事の時間だけです。仕事が終われば他人ですし、顔を見たり声を聞くこともありません。あなたがどんなに仕事以外で苦手な人を考えていても、その人にはその人の生活があるので、そこまであなたのことを考えてはいません。

仕事と休みのON/OFFをうまく切り替え、「この人とは仕事だけの関係なんだ。仕事が終われば他人なんだ」と割り切るようにしましょう。

過去失敗したことを振り返り、原因を究明することも大切

仕事をしていれば、誰でも大なり小なり失敗をしてしまうときはあります。しかし、完璧な人間はいないとわかっていても、ミスをしてしまうのは誰だっていい気分ではありません。

ですがその失敗をいつまでも引きずり「また同じ失敗をしてしまったらどうしよう」「一度失敗したからもうあの仕事はやりたくない」とマイナス思考でいると、いつまで経っても不安は残りますし自分自身の成長も止まってしまいます。

もし過去に失敗した経験を引きずっているならば、その時はなぜ失敗したのか原因を究明して解決策を考えてみましょう。そうすることで、次に同じ場面に遭遇しても自信をもって対応できるようになり、不安の軽減につながります。

自分の取り組む課題や作業について経験者にアドバイスを求める

自分が今、何かの課題や作業をやろうとしているときに、困ったことや疑問に思うことが出てきたときは、どうしても不安になりがちです。

もしそういったことで不安が大きいようでしたら、一人で抱え込むのではなく周りの人や経験者に相談してアドバイスを求めましょう。一人で抱え込んでしまっては、考えが行き詰まってしまいどんどん悪い方向へと向かってしまう可能性があり、よくありません。

周りの人や経験者に相談することにより、悩みを共有でき気持ちが軽くなるだけでなく、アドバイスも得られて解決に近づき不安の軽減につながります。

起こりうる事態を想定し、事前にぬかりなく準備する

仕事に不安は感じているけれど、はっきりした原因があるわけではなくただ漠然と「なにかミスをしたらどうしよう」と悩んでしまう人も多くいます。

そういった場合は、何が起きても大丈夫なように、起こりうる事態を想定して事前にぬかりなく準備をしておきましょう。今直接的な原因はないにしろ、自分が起こしそうなミスをいくつか考えてみます。そしてそれについてどうすれば失敗しないかの対策を考え、万全の準備をしておくことで不安の軽減につながります。

さらに自分の仕事だけでなく周りにも目をくばることで、全体の状況が把握でき視野が広くなるためより万全に準備をすることができます。

この状態がずっと続くわけではないと考える

もし今の仕事で不安を感じるときが多くても、それが永遠に続くことはありません

人間関係で悩んでいるとしても、何十年も今の固定メンバーということはありません。異動になったり退職したり新入社員が入ってきたりでメンバーも変わっていきます。業務内容で悩んでいる場合も、経験を重ねることによりできることが増えていき、仕事にも慣れてくるため、今の現段階よりも仕事はしやすくなっています

そのため今の目の前のことばかり考えるのではなく、少し先の未来を見据えてモチベーションを上げていくと仕事も効率よく進みます。

この不安を乗り越えた後のことを考える

今の現状で大きな不安に悩まされている場合、視野が狭くなり目の前の現実でいっぱいいっぱいになりがちです。

しかし、この不安は永遠には続きません。その不安を乗り越えた先を考えてみましょう。
もし苦手な人と仕事をしなければならないという時であれば、それが終わったときに「案外乗り越えられた」と思う可能性もあります。また昇進試験などで不安を感じている場合は、明るい未来を考えてみましょう。

前向きに未来を考えることで仕事のモチベーションが上がり、不安の軽減にもつながります。

失敗しても死ぬわけではないと思う

極端な考えではありますが、仕事で失敗をしたからといって死ぬわけではありません。どんなに大きなミスや取り返しのつかない事態になってしまっても、殺されたり危害を加えられることはありません

人間は生きていれば案外どうにでもなる部分もあります。もちろん仕事で迷惑をかけてしまうのは心苦しい部分もありますが、本当に不安に悩まされているならば思い切って自己中心的な考えをしてみましょう。
どんなことよりも自分の命が一番大事です。たとえミスをしても「自分が死ぬわけではない」とある程度開き直った考えも大事です。

起こってもいないことを不安に思わない

起こってもいないものを不安に思っていても、どうすることもできません。ある程度は前向きに考えなければ心も限界を感じてしまいます。とはいっても仕事をしている以上、いつどんなタイミングで不安が襲ってくるかはわかりません。

今自分は何に対して不安を抱いているのかを究明し、解決策を考えてみたりいろいろな事前準備をしておきましょう。そうすることで自信がつき、起きるかわからないものに対してもそこまで深く考えるときがなくなります。

今就いている仕事自体に不安を感じる理由は?

仕事の内容ではなく、今就いている仕事そのものに不安を感じてしまうケースもあります。

仕事はお金を稼ぐという点でとても重要です。そのため、仕事自体に何かひとつでも不安要素がある場合はとても悩んでしまいます。

ここでは、どんなことで仕事自体に悩みを感じるのか見ていきましょう。

給料が低い

仕事の目的といえば、自分のやりたい目標のためという人もいるでしょうが、やはり大体の人はお金のために働いています。そのため、給料というのは働く人にとってとても重要なポイントになります。また給料が低いと自分の生活にもダイレクトに響いてくるため、給料が低いというのはとても不安要素が強くなります

もし今の給料が自分の理想よりも低く、不安を抱いている場合は、今の職場で働き続けるかどうかを考えてみるのも一つの手です。

転職先を探してみて、たとえ給料が高い求人があったとしても、今の職場と比べてみましょう。「給料が高いけれど勤務条件や業務内容が合わない」であったり、「それに比べて今の職場は、給料が低いけれど地位的には安定していて職場環境も良好」など今の職場のメリットが見えてくる可能性もあります。

今の職場にメリットを見出せない場合は、思い切って転職を考えるのもありです。

休みが少なく労働時間が長い

一生懸命仕事に取り組むには、ある程度は自分をリフレッシュさせる休みが必要です。また、プライベートもまともに取れないほど労働時間が長い場合は、心身ともにボロボロになってしまう可能性もあります。

この先結婚や子育ての可能性がある場合は、今の勤務体制でやっていけるのかと不安になりますよね。

休日数や残業時間は、その職場によって様々です。もし今の労働条件で不安に思っているならば、一度自分に合った労働条件の職場を探してみるのもいいでしょう。

スキルアップできる環境がない

仕事をする以上はやはり、モチベーションを高く持って目標に向かって進んでいけるのが理想です。しかし職場によっては、自分の目指している分野に関してスキルアップができる環境ではない場合もあります。

また、仕事をしていく中で当初の目標とは違う分野に興味を持つ場合もありますよね。そうなると、自分の思い描く未来について不安になってしまいます。

スキルアップを目指すのであれば、手っ取り早くそういった環境が整っているところに転職するのもいいでしょう。もしくは視野を広げてみて、社外の研修に積極的に参加してみたり、資格の勉強をするなどして様々な角度からスキルアップをしてみるのも一つの手です。

お手本に思えるモデルが職場にいない

今自分が働いている職場で、お手本になるような人や尊敬できる人がいるのといないのとでは、仕事に対するモチベーションも変わってきます。

職場全体的にだらだらと仕事をする人が多かったり、モチベーション高く仕事をしている人がいないと、自分までもがただ何となく働いているという状態になりかねません。

こういった場合、無理に職場内でお手本を探す必要はありません。社外の研修先で知り合った人や取引先の人などいろいろ視野を広げてみましょう。職場内で見つけるよりも思わぬ発見がある場合もあります。

短期契約の仕事などで、将来性がなく不安に感じる

派遣や短期契約・アルバイトの仕事をしていると、将来性がないためどうしても不安がつきまといます。そういった条件で契約を結んでいるため仕方がないと言ってしまえばそれまでですが、契約更新してもらえるのかしてもらえなかった場合はその先どうするかはどうしても消えない悩みの種です。

このような悩みの場合は、やはり正社員を目指して転職活動してみるのも解決への近道です。ですが、それだとハードルが高いという場合もあります。

そういった場合は、現在の職場で正社員になれる道はないかを相談してみたり、在職中に様々な資格をとるなどしてみましょう。

職場に退職する人が多く、長続きしている人がいない

退職することは、本人の意思であり致し方のないことです。ですが、早期離職者が多い職場は、職場に問題がある可能性が大きいです。そのような職場で働いていると、「自分もいつかは退職を考えるほど追い詰められてしまうのか」と不安になるときが多くなります。

しかし、それはこの先働いてみなければわかりません。多くの人がつらいと思うことであっても、それをあなたがつらいと感じるかどうかは実際のところわかりません。

そのため、わからないことで不安になるよりも、前向きに仕事に取り組みましょう。不安の軽減につながります。

仕事を続けることで健康を害する可能性がある

仕事の勤務体制により身体的に体調を崩してしまったり、人間関係やストレスで精神的にまいってしまうなど、仕事が原因で健康を害してしまう人は多くいます。

一度健康を害してしまうと、体を壊すのは簡単ですが治すのにはかなりの時間が必要になります。もしも現在そのような状況になっている場合は、早めに解決しなければいけません。

少し休んで改善するのならば、有休をとるなどしてリフレッシュの機会を作りましょう。それでも改善しないようであれば転職を視野に入れることも大事です。

仕事自体への不安を解消する方法はある?

仕事自体に不安を感じている場合は、早期に解消して前向きに仕事をしたいですよね。

仕事そのものについてなので、解消するのは難しいかも…と思いがちですが、解消方法はあります。

ここでは、どのようにして解消する方法があるのかを見ていきましょう。

自分の処遇に不安があるなら、上司に今後の見通しを相談する

自分の処遇に不安を感じている場合、一人で悩み考えるのではなく一度上司に今後の見通しを相談してみましょう。一人で考えていても、この先どう進んでいくか、自分の処遇はどうなっていくかはわかりません。

上司は、その職場で働いている年数も長く、会社の詳細も知っています。そのため上司に今後の見通しを相談することにより、ある程度の自分のこの先の見通しが見えてきます

もし上司に相談するのが難しい場合は、身近な先輩や周りの人に相談してもいいでしょう。

スキルアップできない職場環境なら人事部に異動を希望する

今の部署では自分のスキルアップができないと感じているならば、人事部に異動を希望してみましょう。
もし、今の部署に不満を感じていて違う部署に自分の望んでいるものがあるならば、そちらで仕事をしたほうがモチベーションも上がり自分のスキルアップも期待できます。

ですが今すぐに部署を異動したいと言っても、人事部は会社全体のバランスを見て配属を決めています
そのため、希望はできるだけ早く伝えましょう。そして部署の希望が通るまでなにもしないのではなく、社外の研修に積極的に参加するなどして自主的にスキルアップをしましょう。

仕事を続けた場合の健康に不安があるなら産業医に相談を

もしも今現在体の不調を感じていて、この先仕事を続けていくことで健康に不安がある場合は、一度専門医に相談しましょう。ある程度の規模の会社であれば、その会社専門に産業医がいるので、相談する機会を作ってみましょう。また、産業医がいない場合は自分でメンタルケア専門の医療機関を受診する方法もあります。

一人で悩み、自分でインターネットなどの知識のみをかいつまんで鵜呑みにしてしまうのは大変危険です。

医師やカウンセラーの方は、専門の知識を持っていていろいろな人を見てきています。そういった方に相談することによっていろいろなアドバイスを受けることができます。

今の仕事を続けた場合と辞めた場合のライフプランを比較してみる

仕事自体に不安を抱いているなら、退職することも視野に入れる必要があります。
そういったときに、今の仕事を続けた場合と辞めた場合のライフプランを比較してみましょう。

仕事を辞めたい気持ちは大きいかもしれませんが、その先のことを考えずに辞めるのはとても危険です。お金や転職先など様々なことがのしかかってきます。

もし退職を考える場合は、その先まで考えてから行動するようにしましょう。

近い将来今の職場にいることが想像できないなら転職も考える

現状に悩んでいる場合、今のことでいっぱいいっぱいになり先までは考えられませんよね。
ですが少し視野を広げて、近い将来でいいので今の職場で自分がどうなっているのかを想像してみましょう。

想像してみて、全く今の職場で働いていることが想像できない場合は転職を視野に入れてみるのも一つの手です。
職場は今働いているところだけではありません。自分に合った職場を探してみることで、将来についても前向きに考えられるようになります。

同じ職場から転職していった人の経験談を聞いてみる

今あなたが転職を考えていて、今の職場から別の職場に転職していった人がいるならば、その人の経験談を聞いてみましょう。どれだけ自分の頭で考えたり上辺だけの情報を集めたとしても、実際はやってみなければわからないこともたくさんあります。実際に経験した人の情報のほうが、より細かい情報や内部事情などを知ることができます。

もしその人と直接連絡がとれない場合は、事情を知っている人から間接的に聞いても様々な情報が得られる場合もあります。ぜひいろいろな人に相談し、情報収集してみましょう。

転職を視野に入れる場合は、自分の希望する条件を明確にする

本格的に転職に向けて準備を進めることになったら、まずは自分が仕事に対してどのような条件を希望するのかを明確にしましょう。この部分をあやふやにして転職をすると、また同じような不安を抱いてしまうような職場に転職してしまう可能性もあります。これでは転職する意味がありません。

今の職場では何が不満なのかを明確にし、次の職場探しでは何を妥協して何に重点を置くのかをはっきりさせましょう。そうすることで、自分の希望に合った職場を見つけるカギとなります。

まとめ

どんな仕事でも多かれ少なかれ必ず不満というのは出てきます。しかし、ストレスの感じ方や限界は人それぞれです。ほかの人には向いていて自分には不向きという職場もあれば、またその逆もあります。

不安に感じるときが多く悩む時間が増えたなと思ったら、その理由を明確にしましょう。そしてその理由に合った解決方法を見つけて、前向きに仕事に取り組むことで良い結果に結びつきます。

また、一人で悩むのではなく、周りの人や親しい人に相談することも大事です。いろいろなアドバイスをもらい、自分に合った方法で解決策を考えていきましょう

適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧