1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事ができない
  4. 仕事のできない上司とは?よくある例と上手な付き合い方

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

仕事ができない

仕事のできない上司とは?よくある例と上手な付き合い方

仕事ができない上司に共通する6つの行動

上司というのはある時は部下のお手本になり、またある時は良き理解者というように部下が働きやすいような環境を作らねばなりません。それができない場合、その上司は仕事が出来ないというレッテルが貼られます。仕事の出来ない上司とはどのようなものか例をあげながら説明します。

会社への不満や愚痴を部下に話すことが多い

本来上司というのは、会社への不満があった場合、それを上へ報告して改善に導かなければなりません。それなのに部下へ愚痴をこぼすのは、会社が良くなる方向へ持っていく努力をしないという事になります。部下としては、会社へ言いづらいことは上司から進言してほしいものです。その思いも汲み取らなければなりませんが、それができなければ、頼りにならない上司という印象になります。また、愚痴を言うとその分だけ会社の士気を下げてしまいます。

部下を動かすのが下手

上司は部下に仕事面で的確な指示を与えなければなりません。仕事ができない上司というのは明確な指示を出しません。そして、部下が困っていてもアドバイスをするでもなく、「自分で考えろ」と助けることもしません。また、上手く部下を動かせる上司というのは、部下に仕事を与えるにあたって「あなたはこの仕事するにあたって重要な人物です」と使命感を与えます。人間は使命感を与えられるとやる気が出ます。しかし、仕事ができない上司というのは、なぜ仕事を与えるのかの意味も伝えずただ漠然と仕事を任すのです。

自分の上司に嫌われることを恐れていてイエスマンになりがち

時には、会社を良くするために上にも意見をしなければならない立場にあるのが上司です。しかし、上に嫌われて居づらくなったり、今の役職を奪われてしまうのを恐れて発言をせず、言いなりになっている上司がいます。自分の保身しか考えておらず、会社が良い方向に行くよりも、いかに上に嫌われずに毎日を過ごすかで頭がいっぱいです。そんな上司は、部下からの信頼はゼロと言っていいでしょう。上司ともなると、理想としては会社と部下のパイプ役にならなければなりませんが、出来ない上司であればそれも望めません。

また、完璧主義の上司だと、ミスがなく正確な業務を遂行することにこだわります。もちろん仕事をする上で、ミスなく完璧を追求するのは当然であり、それが悪いわけではありません。しかし、完璧を求めすぎるがゆえにミスをする自分がどうしても許せず、万が一ミスをしてしまった場合それを部下のせいにしてしまうのです。部下は上司に逆らえませんから、附に落ちないながらも自分の責任にしてしまいます。このような上司は、自分さえ良ければ周りの気持ちなど知らないといった自己中心的な考えの人にありがちです。

プライベートを仕事に持ち込む

生きていれば身の周りでは色々なことが起こり、嬉しい、腹が立つ、悔しいなど様々な感情が湧きます。しかし、できる上司というのは、それは完全にプライベートな感情だからと仕事に持ち込みません。一方、できない上司はプライベートを仕事に持ち込みます。職場の空気が悪くなることを考えませんあたかも自分しかその場にいないかのように、感情の赴くままに振る舞います。周りがそれで仕事をしづらくなるなどいうのは、どうでもいいのです。

上司という権力を振りかざしている

部下のためを思って叱るのと、権力を振りかざして怒鳴るのは全くの別ものです。前者は部下にもっと成長してほしいから、なぜ怒っているのか、どこを直さなくてはならないのかを明確に伝えます。しかし後者は、部下のためを思うという気持ちは微塵も感じられません。自分が上の立場にあるのだと思い知らせたいのです。

権力を振りかざしているだけの上司は、会社をよくしようという考えは全くありません。頭の中にあるのは「自分はエライ。自分に逆らったり意見するなんてとんでもない」という思いです。当然上がそれでは良い方向に行くはずもありません。反対に部下がどんどん離れていってしまうのです。

部下の気持ちを理解しようとしない

例えば、仕事をどう進めれば良いのか分からなくて困っている社員がいたとします。そこで、できる上司であればどうすれば解決するのかをアドバイスしたり、今後同じような状況になった時の仕事の進め方をアドバイスします。

しかし、できない上司というのはこのような部下の気持ちを理解しようとはしません。むしろ「なんで分からないんだ?自分は困った時は一人で解決した」と突き放してしまいます。会社の中には仕事ができる社員もいれば、なかなか覚えられない社員もいます。それぞれ習得する速度が違って当たり前なのですがそれを理解しようとしません。

仕事ができない上司がいたときどうすればいい?

では、仕事が出来ない上司には何も対策方法がなく理不尽な言動に耐えなければならないのでしょうか?そうではありません。ここではどんな策があるのかを見ていきます。

仕事の相談を上司の上の人に話してみる

直接上司に相談しにくい場合は、その上司の上の人に話してみるという方法があります。仕事の相談をするだけでなく、上司そのものに関する相談もしてみるとよいでしょう。それを聞いて直々に注意して改善を促してもらえる可能性が高いので、有効な方法と言えます。

話の分かってくれる上司であれば、改善の方向に持っていこうと頑張ってくれるはずです。思い切って相談してみましょう。あなたが一人では思いつかなかった解決方法がきっとあるはずです。

休憩中などに雑談をして上司のパーソナリティを知る

休憩室で上司と一緒になった時、もし話ができそうな状況であれば、色々聞いて距離を縮めるのも一つの方法です。どんな趣味があるか、休日はどんな事をして過ごしているかなど、可能な範囲で聞いてみましょう。もしかすると、喜んで喋ってくれるかもしれません。そこで心を掴めれば、今後仕事がやりやすくなります。様子を見て、少し深いところまで話を聞いたり、自分の話をすると、今まで違った面がお互いに見えてきて、仕事でも仕事外でも良き理解者になれます。

身近な別の上司や先輩に相談してみる

もし、その困った上司以外に話のできそうな上司がいるならば、その人に相談してみましょう。その時相談する上司には、「こう言われて困って傷つきました」「理不尽な態度を取られました」など、洗いざらい話をしてみましょう。

できる上司であれば、会社を良くしようと常に考えています。ですから、なんとかしてやろうという気持ちになるはずです。その話を聞いて、みんなを困らせているその人に、聞いた内容をうまく伝えてもらえる可能性があります。遠慮せずに相談してみましょう。

二人で話せる環境を作って思っていることを伝えてみる

これは、かなり勇気がいる方法ですが、直接その上司に思っている事をぶつけてみる事です。少しでも反省の気持ちを示す事のできる上司であれば、今までの自分の振る舞いを戒め、今後は部下が働きやすい環境を作ろうと思うはずです。しかしそういう気持ちが全くない上司なら、意見をされた事に腹を立てさらに状況が悪くなる可能性があります。話が通じそうかどうかをじっくりと見極める必要があります。

最初から踏み込み過ぎた内容の事は話しにくいと思うので、まずは当たり障りない話をしてみましょう。

それでも難しければ仕事として割り切って距離を置く

ここまでして改善の余地がなければ、もう何をしても駄目と諦めるしかないでしょう。それどころか、あなたを煩わしいとさえ感じて、余計に上司からのあたりがきつくなる可能性があります。そうすると同僚にまで迷惑がかかってしまいます。

しかし、仕事をする上で全く関わらないというわけにはいきませんから上手に付き合っていく事が重要になってきます。もう上司として期待するのではなく、あくまでも仕事をする上で関わらなければならない存在という気持ちで接しましょう。仕事上仕方ないと完全に割り切る気持ちが大切です。

仕事ができない上司との仕事での付き合い方のポイント

色々試してみて、改善が見られないなら、上司を変えるというのは中々難しいです。ですがそんな状況の中でも出来る事はあります。そんな事が出来るのでしょうか?それを紹介していきます。

男性上司の場合は小さなことに気を配る

具体的に言いますと、仕事をする上で気遣いをするという点です。お茶を良いタイミングで出したり雑用を自ら買って出るといいでしょう。上司が面倒くさがりそうな事をあなたが進んですると、上司がありがたいと思ってくれる可能性があります。

男性上司の場合、そういう気遣いができる社員を重宝しますから気分を良くして今よりは仕事をしやすい環境になるでしょう。ポイントは、やってやるという態度ではなく、さりげなくする気持ちです。あまり大げさにしてしまうと、心象を悪くするかもしれませんから注意が必要です。

男性上司の場合は秩序を守る

男性上司の場合は、相手に大きな態度を取られるのを嫌います。上司として心の中で認めていなくてもそれを表に出してはいけません。どんなに頼りなくても、今は仕事中だからと自分に言い聞かせて仕事に集中しましょう。「私はあなたの部下です。下の立場にいるからにはその上下関係は必ず守ります」という気持ちが重要になります。上司を立てれば、あなたを攻撃して来る心配はありません。

女性上司の場合は聞き上手になる

女性上司の場合、話を聞いてその上司の気持ちに寄り添う気持ちが重要です。仮に「その考えは間違っている」と感じても上司の意見に反抗してはいけません。今はその気持はぐっと抑え、まずは上司の話を聞きましょう。「あなたと同じ気持ちです。そして私はあなたを全力でサポートします」という気持ちで仕事をしましょう。

話を聞いた上でもし意見があれば、機嫌を損ねる言い方ではなく、アドバイスする気持ちで発言すると良いでしょう。上司も徐々に信頼してくれるはずです。

女性上司の場合はマナーを守る

女性上司の場合、礼儀にも非常に厳しいです。言葉遣いはきちんとしましょう。敬語の使い方に自信のない人は勉強して敬語を正しく使いこなす必要があります。目上の人に印象の良い言葉遣いを心掛けましょう。

また、服装にも気を使いましょう。仕事をする上で、ふさわしい格好で毎日出勤するようにしてください。どんな服装がふさわしいのか分からない場合は雑誌やインターネットを参考にして上司の気を悪くしない服装を常に意識しましょう。

年下上司の場合は自分が部下であることを忘れない

上司が年下だからと言って、大きな態度を取ってはいけません。仕事をする上では上司なのですから、言葉遣いもきちんとして部下としてふさわしい態度を取りましょう。

上司は上司としてのプライドがありますからそのプライドを傷つけないように気をつけましょう。いくら上司と認めたくなくとも、仕事をする上では上の立場の人です。馴れ馴れしい態度を取らずに仕事をする心構えが重要です。

年下上司の場合は自分らしさを生かしてサポートする

年下の上司というのは経験が乏しいため、時として仕事の仕方が分からず困る事もあります。そこで自分が年上として何か役に立てることがあるとすればサポート役に回ることです。ここで重要なのは、あくまでも自分は支える立場なんだという気持ちです。間違っても、出しゃばって指図などをしてはいけません。

上司がどうしたいのかを聞いた上で、自分に何ができるのかを考えて行動するように心掛けてください。前に出すぎず上司のサポートに徹するんだというという気持ちで接してください。

できない上司と上手に向き合おう

できない上司と向き合う時は、心の中で上司と認めていなくても、それを態度に表さずサポート役に徹するようにするのが鍵です。仕事上で避ける事のできない人物だと割り切って仕事をするのが重要になります。そうすれば、あなたの心の中でも区別が出来て気持ちも楽になるはずです。

また、出過ぎる真似はせず、自分はあなたに従いますという気持ちで仕事に取り組むのです。そうすれば今よりは状況は悪くはならず、仕事がしやすくなるでしょう。仕事場では一日のうち長い時間を過ごすわけですから、仕事がしやすい状況になる行動を心がけてみましょう。

ランキング

記事一覧