「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事ができない
  4. サザエさん症候群かも?心配になったら診断と克服法をチェック
仕事ができない

サザエさん症候群かも?心配になったら診断と克服法をチェック

日曜の夜になると起こる「サザエさん症候群」

日曜日の夕方から夜にかけて、来週の仕事が嫌になり憂うつな気分になる人がいます。

これは「サザエさん症候群」といい、文字の通り日曜日の夕方、サザエさんが始まりエンディングが流れると、自分の意志とは無関係に憂うつな気分に陥ってしまうことです。

もし、あなたが同じように日曜日の夕方から憂うつになっているなら、ここで症状のメカニズムや克服法を知りましょう。月曜日が憂うつにならなければ、休日をもっと満喫できますし仕事も楽しくなるはずです。

憂鬱なときこそ自分の市場価値を知っておくことが大切

仕事に行きたくない気分のときには、どうしても「自分なんて…」と自己評価が低くなり、さらに仕事が辛くなる悪循環に陥ってしまいます。そうなる前に、自分の価値を客観的に知ってみましょう。dodaなどでおなじみパーソルキャリア社の提供する無料の自己診断ツール「ミイダス」が使えます。

ミイダスを使うときのチェックポイント

  • 自分の市場価値=想定年収がわかる
  • 登録しておくと自分の価値を認めてくれた企業からスカウトが届く
  • スカウトをくれた企業については一次選考免除で転職活動ができる
  • 電話がかかってきたりはしないので、今はまだ積極的に転職する気がなくともOK

このようにミイダスは、市場価値診断ができるだけではなく、「ただ待っているだけでチャンスが舞い込んでくる」というタイプの転職支援ツールでもあります。

毎週のように出勤が憂鬱になるのなら、転職を考えることも悪いことではありません。自分に合った仕事に就くことが、これからの長い人生ではとても大切なことです。

サザエさん症候群のメカニズムとは?

休みの最終日に気持ちが沈んでしまうのは、あなただけではありません。

サザエさん症候群の他にも、ブルマーマンデー症候群や月曜病というさまざまな名称がついているくらい、たくさんの人が悩んでいる症状です。

海外でも、休日の前の夜に憂うつになる人は多く、それぞれの国でその症状に名称がついています。

そんなサザエさん症候群のメカニズムや、自己診断できるリストをご紹介します。

強いストレスがきっかけで発症しやすい

サザエさん症候群が発症するのは、月曜日に行くべき場所で強いストレスにさらされたことが原因で発症することが大半です。

月曜日に行くべき場所というのは、多くの人が会社や学校なのですが、そこで数回大きなストレスを感じるとサザエさん症候群になってしまいます。

最初は「仕事いやだな」と思う程度なのですが、症状が悪化すると頭痛や胃痛など、体に異常が出るほどまでになることもあります。

症状にはさまざまなものがある

あなたもサザエさん症候群かもしれないという不安があれば、自分で診断してみましょう。

次に項目に多く該当する場合は、サザエさん症候群である可能性が高くなります。

  • 休日前夜になると憂うつでたまらなくなる
  • 頭痛や胃痛がする
  • 眠れない、またはどれだけ寝ても眠い
  • 意志とは関係なく涙が出る
  • 食欲がない、食べ物が美味しくない
  • 理由の分からない不安が出てくる

あなたがサザエさん症候群だと思うなら、その原因を考え克服しなくてはいけません。

少しの工夫で症状は改善するので、できることから少しずつ改善していきましょう。

20代なら「JAIC」でストレスのない職場を目指そう

せっかく入った会社ですが、心身にストレスの影響が出ている場合は無理して続ける必要はありません。もしあなたが20代で正社員としての就職を望んでいるなら、JAIC(ジェイック)に相談してみましょう。

JAICは、社会人経験の少ない20代向けの就職支援サービスです。正社員として通用するよう、しっかりとビジネス研修を行ったうえで、若さに可能性を感じてくれるホワイト企業との出会いを提供してくれます。

ジェイックをおすすめする理由

  • 社員の定着率が高く、若手が安心して働ける就職先を紹介してもらえる
  • 強力なビジネス研修プログラム「就職カレッジ」で就職成功率UP
  • フリーターや既卒から優良企業に就職できた利用者が多数

JAICで紹介してもらえるのは、「短期間で退職する社員がいない」「雰囲気が良い」「業績が安定している」などの条件を満たす企業です。若いうちに再就職を目指すなら、ぜひ相談してみましょう。

うつ病に発展する可能性もある

うつ病の場合、曜日や時間帯は関係なく倦怠感や不安に襲われますが、サザエさん症候群の場合は休日前夜の夕方と限定されているので、大きな違いがあります。

但し、最初は休日前夜だけだった不快な症状が、放置したことでうつ病に発展する可能性はあります。

早めにあなたが抱えているストレスの原因を知り解決するか、不安なら専門医に相談してください。

すでにうつ病になってしまったら…仕事復帰には「シゴトライ」が頼れる

もし医療機関に相談に行って、うつだと診断されたなら、まずはしっかり休んで要領することが大切です。

その後、仕事に復帰したいと思ってもいきなり無理は禁物。できれば「うつ明け」の仕事探しに理解のあるエージェントや職場を見つけたいものですよね。そこで頼れるのがシゴトライです。

シゴトライをおすすめする理由

  • うつの症状がある求職者に対応できる、専門の転職エージェント
  • 面接が苦手・離職期間が長い・仕事が長続きしないなどの悩みに向き合える
  • 長く働けることを重視し、職場定着率は90%を誇る

うつ症状に特有の問題があり、再就職に向けて腰が重くなってしまっている方には、ぜひ一度相談してみてほしいエージェントです。
シゴトライをチェックしてみる

サザエさん症候群に陥りやすい業種・職種・状況

サザエさん症候群になりやすい職業や職種には、どんなものがあるのでしょうか。

あなたの仕事が該当していれば、仕事の内容が原因になっている可能性が高いでしょう。

また、仕事自体はそれほどストレスを感じなくても、職場環境次第では大きなストレスを感じてしまう場合があります。

そんな会社の状況も、チェックしてみましょう。

肉体にも心労にも負担のかかりやすい運送業や製造企業

サザエさん症候群になりやすい業種の1位は、運送業です。

運送業は、近年かなりハードなノルマが課せられているので、それをこなすだけでも必死にならなくてはいけません。

その上、お客様のワガママや理不尽な要求に頭を下げなくてはいけないので、かなり苦痛を伴う業種です。

他にも、肉体的にも精神的にも辛い建設業や製造業などが、月曜日から始まる仕事が憂うつになる業種です。

コールセンターや営業などの接客業

サザエさん症候群になりやすい職種は、ダントツでノルマのきつい営業職です。

営業という仕事が好きでなければ、ノルマに追われる仕事はとても大きなストレスを抱えることになります。

他にも、コールセンターや教師なども職場環境が悪いと、かなりストレスの多い職種になります。

人間関係が良くなければ、ストレスを1人で抱えることになってしまうので、月曜日が辛くなって当然です。

上司や同僚との人間関係が悪い職場

サザエさん症候群になりやすい職場の状況で、特に多いのが人間関係の悪い職場です。

イジメやパワハラがある職場もありますし、未だにセクハラ悩んでいる人もたくさんいます。

また、人間関係が希薄すぎて誰とも笑い合うことがない、誰にも頼れないというのもストレスが大きくなる状況です。

他には、会社の方針がまったく社員のことを考えていない状況なども、ストレスが大きくなります。

サザエさん症候群を克服するには?

サザエさん症候群の自覚があり、毎週やってくる憂うつをどうにかしたいと思うなら、ここで克服法を見ておきましょう。

簡単にできることばかりなので、意識して生活に取り入れるだけで少しずつ症状は改善します。

真面目に取り組みすぎると、かえってストレスが大きくなるので、気軽に楽しみながらできることから始めてください。

ストレスの原因を知り克服する

あなたが、月曜日に行きたくないとおもう理由はなんでしょうか?
質問の答えは、頭だけで考えず紙に書き出してください。

仕事のできない上司にイライラする、ノルマがキツイなど、思いつくものをどんどん書き出します。
次に、その横に改善策を書き出します。上司より仕事をして昇進する、ノルマの件を上司に相談するなど、これも思いつくまま書きましょう。

こうすることで問題と改善策が可視化されるので、解決がしやすくなります。

休日思いっきり体を動かす

サザエさん症候群の改善で一番手軽にできるのが、休日に思いっきり体を動かすことです。体を動かすのが苦手なら、好きなことを全力で楽しんでみましょう。
夕方にはグッタリするくらい遊んだら、テレビを見ずにお風呂にゆっくりと浸かり、そのまま眠りましょう。

これは、単純に明日のことを考えずに済む方法です。体を動かして程よく疲れていれば、明日のことを考えて眠れないということが回避できます。

月曜日にすることをタスク管理する

月曜日が憂うつになる原因は人それぞれですが、嫌なことに集中するのではなく、月曜日にすべきことだけに集中してみましょう。

仕事ですべきことを紙に箇条書きにして、タスクを終わらせることだけに集中します。

人間関係など余計なことを考えず「このタスクさえ終わらせれば、月曜日は終わる」と思いなしょう。

紙に書き出すことですべきことが可視化され、それほど難しいことではないと思えてくるので月曜日が不安ではなくなってきます。

月曜日に大きな仕事は入れない

月曜日に重要な仕事やプレッシャーのかかる仕事を入れると、ただでさえ行きたくない会社に余計行きたくなくなります。
月曜日は軽くこなせる仕事を詰め込んで、重要な仕事は火曜日以降のエンジンがかかった状態になってから入れるようにしましょう。

これだけで、月曜日はかなり気楽に仕事に行けるようになります。一旦月曜日を過ごすと、仕事モードになれるので少しくらいプレッシャーがあっても、憂うつになるほどではなくなります。

ストレスを溜めない工夫をする

会社にストレスがある場合、すぐに仕事を辞めたり改善したりできないことがあります。その場合は、自分で上手くストレスをコントロールしなくてはいけません。

ストレスを発散する方法を、具体的に見てみましょう。

チェックポイント

  • ウォーキングやランニングなど一定のテンポで行う運動をする
  • 瞑想を取り入れる
  • 没頭できる趣味を持つ
  • 周囲の人との人間関係を良くする
  • 泣ける映画やドラマを見て涙を流す

他にも、あなたがスッキリできることを積極的に探して、ストレスをため込まない工夫をしましょう。
自分自身をケアできるのは自分だけなので、セルフケアはじゅうぶん行ってください。

生活習慣を改善する

生活習慣の乱れはストレスを増幅させますし、肉体的な疲れが取れないと精神的にも弱ってしまうので、できるだけ規則正しい生活を送るようにしましょう。

休日でも朝は決まった時間に起きて、太陽の光を浴びます。昼間は活発に動き、夜は湯船に浸かって疲れを取ります。夜間はテレビはスマホは控えて、早めに就寝してじゅうぶん睡眠を取りましょう。

基本的なことですが、現代人はなかなか規則正しい生活ができない環境にいるので、意識して変えていきましょう。

自分の身の回りを掃除する

住環境を整えるのも、ストレスを軽減させるには重要です。私たちは自覚がなくても、散らかった環境にいると思考や気が散漫になり、小さなストレスを常に抱えて過ごしています

もし、あなたの部屋やデスクが散らかっているなら、今度の休日に大掃除をしてみましょう。
不要なものは捨てて、スッキリした部屋になると、月曜日を迎えるのがそれほど苦にならなくなるはずです。

月曜日にご褒美になるものを準備する

月曜日を迎えるのが嫌なら、月曜日に自分へのご褒美を準備しましょう。
例えば、月曜日の夜だけマッサージに行く、月曜日の夜は好きなラーメン屋さんの食べ歩きをする、少し高いお酒を買って飲むなど、あなたが嬉しくなるようなご褒美を準備しましょう。

月曜日に仕事に行くと、自分の好きなことができるとおもうと、仕事に行くことが少し楽しくなります。
こうした小さな工夫を重ねて、ストレスを軽減させましょう。

思い切って転職する

どんな工夫をしても、日曜日の夜が憂うつで体にも異常が出始めてしまったら、思い切って転職を考えてみましょう。最初の項目で紙に書いた、ストレスの原因になるようなものがない、あなたに合った環境を探すのも一つの改善法です。

サザエさん症候群は、そのまま放置していると悪化してうつ病や他の病気に発展することもあります。軽く考えず、無理だと判断したら違う場所に移って自分自身を守ってください。

自分なりの対策で気分良く月曜を迎えよう

サザエさん症候群はネーミングが庶民的なので、つい軽く考えてしまいます。また、誰もが休日が終わるのは嫌だと感じているので、それほど特別な症状ではないような気もします。

しかし、無理をし続けていると深刻な病気になることもあるので、症状が軽いうちに簡単な対策を試してみましょう。
あなたが一番楽になれる方法を見つけて、月曜日を気持ちよく迎えてください。

適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧