「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事ができない
  4. 仕事がない無職の人はどうする?心構えやするべきことについて
仕事ができない

仕事がない無職の人はどうする?心構えやするべきことについて

働く気はあるのに仕事がないのは辛いもの

働く気はあるのに仕事がない、とてもつらい状態だと思いませんか。なぜ、そのような状態が続いているのでしょうか。自問自答してみる時間を取らなければなりませんよね。当たり前のことですが、自宅でぼうっとしていても、問題は解決しません。

ここでは、そのように仕事がないあなたが何をすればいいのか、どのような心構えでつらい時期を乗り越えればいいのか、などについてお伝えしていきましょう。

待っているだけで就職のチャンスを増やすツール「ミイダス」

仕事がないときには積極的に求職活動をすべきですが、それと並行して「待っているだけでチャンスが舞い込んでくる」という便利な無料サービスにぜひ登録しておきましょう。転職エージェント「doda」などでおなじみのパーソルキャリアが提供する、「ミイダス」というものです。

ミイダスではまず、年齢や学歴・資格などのプロフィールを入力していくと、あなたの市場価値診断ができて、想定される年収額が算出されます。そのあとは、あなたの市場価値を認めてくれた企業からスカウトが届く仕組みになっています。

ミイダスをおすすめする理由
  • 自分の市場価値がわかり、自分の可能性に対して前向きになれる
  • 自分の市場価値を認めてくれた企業からスカウトが来る
  • 何もせず待っているだけでいいので、気軽に転職活動を始められる

仕事を探すには勇気と体力が要りますよね。しかしミイダスなら診断後に待っているだけで企業からオファーが来るので、とても気が楽です。さらに、オファーが来た時点で第一次の書類選考は通過しているので、「何度も落とされたらどうしよう……」というストレスも軽減されます。まずはぜひ診断を試してみてください。

合わせて読みたい

働きたい仕事がないのは自分のせい?

自分に仕事がない原因について、あなたは深く考えたことがありますか。もしかしたら、自分のせいかもしれない、と考えたことがあるのではないでしょうか。積極的に仕事を探す努力はできていますか。努力さえできていれば、幸運の女神が微笑むこともありますよ。

ここでは、仕事がないのがあなた自身のせいである場合について、まとめてみました。

就職する努力をあまりしていないから

新卒で就職をしそこねた20代はもちろん、まだ働き盛りの30代や40代で無職なのはつらいですよね。同じ世代の人と比べて、落ち込んでしまうこともあるでしょう。

しかし、仕事がないのは、あなたが就職する努力をあまりしてないからではありませんか。自分では求職活動をしているつもりがあっても、客観的に見るとやり方が甘いのかもしれません。本当に働きたいという思いがあるなら、50代や60代の人でも仕事が見つかるものです。

本当は、新しい職場に入るのが不安で自分にストッパーがかかっていたり、「まだなんとかなるだろう」という潜在意識があったりして、あまり積極的に仕事を探していないのかもしれません。

「転職力診断」を試して求職活動に本腰を入れよう

なぜ本気で求職活動ができていないのでしょうか。「どうせ仕事なんて見つからない……」と思い込んでしまっているのではないでしょうか。もしそうなら、「転職力診断」で自分を客観的に見つめ直し、今後の計画を立てましょう

転職力診断をおすすめする理由

  • 所要時間10分ほどの無料の診断で、「転職力」「想定内定社数」「想定年収」がわかる
  • 6つの観点から転職力を客観的に評価してもらえる
  • 長年の実績とノウハウのある「typeエージェント」が監修しているので信頼できる

転職力診断は、車内広告などでもおなじみの転職サイト「type」が提供するサービス。「転職力」「想定内定社数」「想定年収」がわかるほか、「自己分析力」「タイミング把握力」などの観点から、強み・弱みを診断してもらえます。監修にもとづいた客観的な診断で、これなら求職活動へのやる気も出てくるはずです。

合わせて読みたい

プライドが高くて仕事を選びすぎているから

あなたがもし20代で、周りの同世代の友達などが業績のよい大企業に入っている場合、新卒で年収400万くらいはもらえるものと思っているかもしれません。しかし、それは恵まれた例なので、使える職歴や資格がないのにいきなり年収400万を目指すのは高望みです。

また、あなたがもし40代以上で、今まで役職に就いて仕事をしていたなら、年収750万円ぐらいもらっていたかもしれませんね。しかし、あなたがすでにリストラされてしまって無職なら、その条件での再雇用は難しいでしょう。

今まで大手の会社に勤めていたなら、中小企業には入れないと感じるかもしれません。何よりも、そんなのはプライドが許さないからです。しかし、そんなふうに選り好みしている場合ではないと自覚しましょう。

20代のうちなら「JAIC」という選択がある

せっかく就職活動をして入ったのがブラック企業だったり、どうしても合わない仕事だったりして、そのまま辞めてしまっていま無職という方もいるのではないでしょうか。

そんなとき、もしあなたが20代であれば、今からでも20代向け就職支援サービスのJAIC(ジェイック)が力になります。JAICでは社会人経験の少ない若者にビジネス研修を行ったうえで、若さに可能性を感じてくれるホワイト企業との出会いを提供してくれます。

ジェイックをおすすめする理由

  • 社員の定着率が高く、若手が安心して働ける就職先を紹介してもらえる
  • 強力なビジネス研修プログラム「就職カレッジ」で就職成功率UP
  • フリーターや既卒から優良企業に就職できた利用者が多数

JAICで紹介してもらえるのは、「短期間で退職する社員がいない」「雰囲気が良い」「業績が安定している」などの条件を満たす企業です。次はよい会社でなるべく長く働けるように、ぜひ相談してみましょう。

自分から不利な状態を作っているから

「絶対に、正社員以外は嫌だ」などと、転職後の条件にこだわりすぎていませんか。非正規雇用の派遣社員であっても、仕事さえしていればきちんとした職歴になります。これ以上、無職の期間が続く方がよっぽど損をするのです。

派遣社員として働きながらでも、正社員になる道は充分に探せます。まずは、勇気を持って社会への扉を開きましょう。

仕事がないのは環境や社会のせい?

仕事がないのは、もちろんあなたのせいだけではありません。環境や社会のせいといえることもあるのではないでしょうか。たとえば、地方在住の方だと、求人を出している会社の数がとても少ないこともあります。やはり、東京のような大都会に住んでいる方よりも不利なのです。

また、あなたが発達障害などを抱えているなら、障害者雇用に関する問題もあります。ここでは、そのようなことについてまとめてみました。

東京に比べると地方には仕事がないから

あなたが東京や大阪のような大都会ではなく、田舎の地方に住んでいるなら、就職しにくい現状がありますよね。新卒であっても、地方では就職先が少ないからです。多くの若者が大学を卒業した後に都会に出てしまうのは、やりたいと思える仕事が地方にはないからです。

しかし、行政書士や中小企業診断士、不動産鑑定士などの資格を持てば、地方でも稼いでいる人がいるようですよ。

年齢が上がると企業には雇用されにくいから

世間一般では、30代以上の転職は難しいと思われています。特に、管理職の経験を持っていない40代の人の転職は難しいとされています。しかし、実際には、たとえ中高年のであっても、企業にとってメリットのある人物なら採りたいと人事部の人は考えているのです。

どうせ、年齢的に転職は難しいから、と尻込みするのではなく、積極的に勝ちをつかむために動きましょう。まず、あなたを採用したい企業は必ずあると信じてください。

合わせて読みたい

障害者の雇用には難しい問題があるから

やはり、発達障害や精神障害を抱えている方には、なかなか仕事がないという現実があります。障害者であることを隠して普通に就職を果たす方もいますが、その後働き続けられる確率は50%ほどだそうです。

つまり、約半数の人たちは働き続けられずに辞めてしまうのですね。そのため、障害者であることをオープンにして障害者枠で就職することを目指す方もいますが、一般枠に比べて選べる職種や求人数は少なめです。

仕事がないときにまずやるべきこと

仕事がない、そんな時にはまず何をすれば良いのか、あなたは知っていますか。生活に困らないように、失業保険の申請を行うことも大切ですよね。あるいは、国家資格であるキャリアコンサルタントの人に相談することも重要です。

ここでは、仕事がない時にまずやるべきことは何かについて、まとめてみました。たとえ、リストラされて悔しくても、まずは冷静になることをおすすめします。

失業保険の申請は必ず行うことが大切

まず、仕事がないなら失業保険の申請を行いましょう。下記が、その手順となります。

チェックポイント

  1. ハローワークにて失業保険の受給資格を確認し、求職の申し込みをする
  2. 雇用保険の説明会に行く
  3. 7日間の待機期間を経る
  4. 自己都合退職者の給付制限
  5. 失業が認められる
  6. 失業保険が支払われる

この際に必要な持ち物は以下のとおりです。

チェックポイント

  • 離職票1
  • 離職票2
  • 雇用保険被保険者証
  • 個人番号が確認できる書類
  • 身分証明書
  • 印鑑
  • 写真2枚
  • 本人名義の預金通帳

合わせて読みたい

キャリアコンサルタントに相談すること

キャリアコンサルタントとは、転職エージェントサービスなどで求職者の相談に乗ってくれる人のことです。

また、2016年に国家資格として「キャリアコンサルタント資格」ができたので、転職エージェントの中にはこの国家資格を持って活動している人もいます。主に、相談者の職業選択や能力開発におけるアドバイスをしてくれます。

最近の国の調査では、40代以上の年齢でもニートや無職の人が数多くいることが分かってきています。そのため、「地域若者サポートステーション」において、40代前半の人も含めるなどして対策しています。それ以上の年齢であれば、ハローワークのキャリアコンサルタントの元へ行けば対応してもらえます。

リクルートエージェントのコンサルタントに相談してみる

リクルートエージェントは、転職大手リクルートが提供するエージェントサービス。求人情報の数は日本最大級なので、つまり無職の方・職歴のない方が今から就ける仕事の数も多いということです。まずは登録して面談し、コンサルタントにこれまでの経歴や悩み、今後どう働いていきたいかなどを話してみましょう。

リクルートエージェントをチェックしてみる

ハローワークに相談してみること

あなたがどんな年齢であっても、ハローワークは強い味方です。あなたに働くためのスキルがなくても、それに応じた仕事を紹介してもらえるからです。ハローワークには、プロの相談員が多く待機しているので、仕事の悩みを相談しやすいです。

最初は勇気が要りますが、一度行ってみると案外つらい思いをせずにすみます。「しにたい」などと落ち込む前に、思い切ってハローワークに足を運んでみることをおすすめします。

自分が本当にやりたいことを明確にすること

あなたが就職を考えているなら、まず自分の理想の仕事について考えてみましょう。あなたは、本当はどのような仕事がしたいのでしょうか。たとえば、「パソコンに興味があるので、IT分野の仕事をしてみたい」「女性を美しくする仕事がしたい」など、さまざまな願望があると思います。

仕事のない今が好きな仕事を見つけるチャンスです。自分に制限をかけないで、本当にやりたいことを見つけましょう。

自分の中で譲れない条件を明確にすること

自分が本当にやりたいことが分かってきたら、次は絶対に譲れない条件について考えてみましょう。できれば、いくつか紙に書き出して、その中から絶対にこれだけは譲れないと思うことを2つか3つに絞ります。次の就職先を探す上で、その条件を軸にするのです。

また、少しぐらい妥協してもかまわないと思える条件も書き出しておいてください。そして、あなたが選んだ条件に合致する企業を選んでいけばいいのです。

仕事がないときにやってはいけないこと

実は、仕事がないときにはやらない方がよいこともあります。特に、ゲームやテレビにはまってしまったり、ダラダラと寝る癖を付けてしまったりするのはよくありません。無職であっても、規則正しい生活を送ることがとても大事なのです。それは、心身の健康を守ることにも直結します。

ここでは、無職で仕事がないときにやってはいけないことについて、まとめてみました。

暇でもゲームばかりしてはいけない

今では、中高年になってもゲームを続けている人が増えています。しかし、あなたがもし無職なら、ゲームのやりすぎには注意する必要があります。実は、ゲームには中毒性があることが認められているからです。特に、つらい現実を抱えている人は、ゲームの中から出たくないというゲーム依存症になりやすい傾向があるのです。

そうならないためにも、無職の期間は時間があってもゲームにははまりすぎないように努めましょう。

節約のためにダラダラと寝ていてはいけない

無職だからといって、ダラダラと寝てばかりいてはいけません。無職の時には、生活が不規則となって昼夜逆転の生活になりやすいので、きちんと早寝早起きして規則正しい生活をすることが大切です。そうしていなければ、自分に合った職も見つけにくいからです。

なかには、「電気代を節約したい」などの理由でダラダラと寝ている人もいます。しかし、そうした生活態度は自分にあまり良い影響を及ぼさないので気を付けましょう。

軽率な考えで起業を始めてはいけない

「仕事がないのなら、いっそ起業してしまえばいい」と安易に考える人も時々います。しかし、軽率な考えで簡単に起業をするのは危険です。最悪の場合、多額の借金ができる原因になることもあります。起業して成功できるのは、本当に一握りの人たちなのです。

そうでなければ、ほとんどの人が起業という道を選ぶことでしょう。とにかく、普通に社会に出て働くことも困難な人が、起業などという難しい手段で成功できることは稀です。

合わせて読みたい

仕事がない時期を乗り越える方法

仕事がない時期は、本当につらくてたまらない時期だと思います。しかし、ネガティブな気持ちにならずに、積極的に職探しをしていく必要があります。そうしなければ、暗闇のトンネルから出ることはできないからです。また、精神的な病気にならないように注意する必要もあります。

そこで、ここでは苦しくてつらい、仕事がない時期を上手く乗り越える考え方などについてご紹介します。

合わせて読みたい

自分にとって大切なことに集中する

仕事がないのは、本当につらいことですよね。特に、苦しいのは、周囲の人からどのように見られるのかということでしょう。人生を勝ち負けで考える人の中には、「自分は負け組だ」と考えてしまう人もいるのではないでしょうか。

しかし、他人の目など気にしても仕方がありません。たとえ、あなたが50代であっても、やりたい仕事を目指せばいいのです。その気になれば、ヨガインストラクターにも、便利屋にもなることができますよ。

これからの人生を良くする新しい目標を持つ

つらくてたまらない時期には、新しい人生の目標を設定するようにしてください。目の前に苦しみばかりがあっても、それだけを見据えないようにすることが大切です。あなたが心から目指したい目標を持つことで、苦しい時期を乗り越える力が生まれます。

マラソンでも、ゴールの位置が分かる方が頑張れますよね。人生はマラソンのようなものです。あなたの人生のゴールを見つけましょう。

今の試練は必ず後で宝物になると考える

もし、今が本当に苦しくても、その経験はいずれあなたにとって宝物となります。成功者の多くが、「あの苦しい時期があったお陰で成功できた」などと語りますよね。実は、つらい時期こそ、あなたの魂が成長している時期なのです。

それを考えると、無職であっても前向きな姿勢で生きていきたいものですね。今感じている苦しみは、きっといつか笑い話になるはずです。

自分よりももっと大変な人のことを思う

この地球上には、あなたよりも数倍苦しんでいる人たちがたくさんいます。戦争が盛んな地域や飢餓に苦しむ難民がいる地域もあります。無職であっても、実は平和で豊かな日本に生まれられただけでもラッキーなのです。

そのように、苦しいと思ったらもっと苦しんでいる人たちがいることに思いを馳せましょう。そうすることで、今の自分の状況に対する感謝の気持ちが生まれてきます。

精神的に強い忍耐力を持つようにする

人生には上手くいかない時がありますが、その時こそ忍耐力が鍛えられます。精神的なストレスに打ち勝つ力は、試練が与えられた時にこそ鍛えることが可能なのです。なかなか就職が上手くいかなくても、じっと忍耐を続けましょう。

そして、信じていれば必ず望む結果は出てきます。それまでは、絶対に諦めずに努力し続けることが大切です。

苦しい状況からでも仕事を見つけられた例

40代以上で無職であっても、自分に合った仕事を見つけられた人たちもいます。彼らに共通するのは、苦しく悔しい思いをしながらも、決して自分の人生を諦めなかったところです。ニートになったりせずに、きちんとやるべき努力を継続したのです。

ここでは、40代や50代の無職から仕事を見つけた例や20代フリーターから個人事業主に転身した例などをお伝えしたいと思います。

40代男性が無職から無事内定を勝ち取った話

Aさんは、大手企業で働いていましたが、30代後半の時にリストラに遭ってしまいました。それから、悪夢の無職生活に。その後、ハローワークに通い続けたのですが、なかなか再就職ができませんでした。そのため、一時期は自暴自棄になったこともあったそうです。

しかし、就職活動を続けた後、ホワイトな中小企業に内定をもらえました。今では、過去の苦しみを笑い話にすることもでき、妻子と共に幸せな生活を送っています。

40代無職からの仕事探しを初めてみよう

シゴト.inは、ハローワークから大手転職サイトまで、さまざまなサイトの求人情報を横断検索できるサービスです。その性質上、ひとつひとつの求人サイトに登録して検索するよりも手間が少なく、探せるお仕事の数も圧倒的。隠れたホワイト企業も見つかるかもしれません。

シゴト.inをチェックしてみる

50代女性がブランクに負けずに再就職した話

夫の浮気が原因で離婚をしてしまったBさんは、若い頃はデパートに勤めていました。彼女は、人と接するのが大好きで、接客業こそ自分の天職と感じていたのです。しかし、50代という年齢のために、なかなか再就職先が決まりませんでした。

Bさんの素晴らしいところは、それでも積極的に職探しをしたことです。彼女は、ある大手デパートの店員として採用されました。自分が輝きながら働ける職場を手に入れられて、今はとても喜んでいます。

50代からのデパート勤務を探してみよう

クリーデンスは、「doda」などでおなじみ転職大手のパーソルキャリアが運営する、アパレル専門の転職サービスです。幅広い年齢層に支持され、登録者の8%は50代とのこと。ブランドによってはシニアの接客スタッフのほうが好まれる場合もあるので、50代でもデパートでの接客を諦めることはありません。まずは登録して相談してみましょう。

クリーデンスをチェックしてみる

40代の主婦が訪問介護の仕事を始めた話

夫が大腸ガンになって働けなくなったので、代わりに自分が働こうと考えたCさん。しかし、もう40代という年齢でした。もちろん、普通の事務仕事などに応募してみても、ことごとく不採用となったのです。そこで、介護の仕事を始めようと彼女は考えました。

彼女が選んだのは、訪問介護の仕事です。介護を必要とする高齢者の家に赴き、食事を作るなどの家事を行う仕事でした。今では、順調に仕事を進めているようです。

主婦から初めての介護の仕事に挑戦しよう

介護エイドは、無資格・未経験の方向けの求人が豊富に揃う、介護求人専門の転職サービスです。求職者ひとりひとりに担当コーディネーターがついてくれて、相談に応じて求人を紹介してくれます。情報はすべて非公開で、会員登録した人だけに提案してもらえるホワイトな優良求人となっています。それに介護エイド自体が「人間関係の良い職場を紹介する」というコンセプトなので、未経験でも安心してお仕事ができるでしょう。

介護エイドをチェックしてみる

30代でマンション管理士の資格を取得した話

30代女性のDさんは、通信講座で勉強してマンション管理士の資格を取得しました。Dさんは、シングルマザーであり、今まで勤めていた会社をリストラされたことでこの資格の取得を決意しました。30代での勉強はとても大変だったそうです。

しかし、この資格のお陰で、無事仕事を見つけることができました。今では、「頑張って勉強して良かった」と思っています。

合わせて読みたい

20代フリーターから個人事業主になった話

ネットゲームをすることが生きがいで、自由に暮らしたいがためにフリーターを続けていたEさん。20代男性ではありましたが、まだ若いとはいえ、将来に対する不安が募ってきました。そこで、一念発起してWebデザイナーになろうと決めたのです。

アルバイトを続けながら専門学校へ通い、今では独立してフリーランスとして働いています。これからも、イキイキと生き続けたいと思っているようです。

仕事への希望を持てるように今を乗り切ろう

無職になった時に、職探しを頑張れる原動力は、明るい未来を信じる心です。もし、「もうダメだ」と諦めてしまったら、そのままニートとなって働けなくなってしまう可能性もあります。精神的に弱い人ほど、そうなりやすいのです。

そうならないためには、仕事への希望を持ち続けることですね。どのような苦境にあっても、前向きに努力する人にこそ幸運の女神は微笑むのです。

適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧