1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事ができない
  4. 仕事ができない自分を変えるコツ。仕事ができない人の特徴と改善ポイント

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

仕事ができない

仕事ができない自分を変えるコツ。仕事ができない人の特徴と改善ポイント

仕事ができない人の特徴は?

仕事ができない人には、仕事ができる人と比べて何らかの特徴があるものです。自分は仕事ができると思っているのに、上司から評価が低い人も、自分では気が付いていない何かしらの原因があるのかもしれません。ここでは、仕事ができない人に見られる10個の特徴をご紹介します。

合わせて読みたい

人の話を聞いていない

仕事ができない人は、人の話をよく聞かない傾向にあります。職場では、細かい指示が重要となる場合がよくあります。職場でのコミュニケーションは、上司からの指示を注意深く聞かないと、仕事のミスが発生しやすくなります。

そして不注意なミスが続くと、職場で「この人は仕事ができない」と判断されてしまいます。どのような職場でも、人の話を注意深く聞くのは基本中の基本です。簡単な指示だろう、と適当な気持ちにならず、どのようなコミュニケーションも真剣にとらえることが重要です。

人の話を聞いているときにメモを取らない

職場で人の話を聞くときに、重要な点があるのにも関わらずメモを取らない人がいます。また、内容が長くて全て覚えられないとわかっているのに、メモを取らない人も仕事ができない人の特徴に当てはまります。

自分では覚えられると思っていても、うっかり忘れてしまうことはよくあります。後で内容をもう一度確認しなければならないのは避けたいものです。逆に仕事のできる人なら、大丈夫だろうと思っていても必ず言われたことをメモして、ミスのリスクを避けるでしょう。

スケジュール管理ができない

スケジュール管理が上手にできないのも、仕事ができない人の特徴です。スケジュール管理がきちんとできていないと、時間を上手に使うことができません。大事な会議の準備をうっかり忘れてしまったり、クライアントとの会議に遅れてしまったりする可能性もでてきます。

スケジュールが詰まっている人は特に、毎日朝に予定やタスクを確認しないと、仕事がとてもやりにくくなります。自分の予定をしっかり把握していない人は、仕事にも影響がでてくるので、仕事ができない人と思われてしまいます。

わからないことを人に聞こうとしない

仕事のできない人は、わからないことを人に聞こうとしない特徴もあります。コミュニケーションスキルが低いとも言えますが、確かでないことを、人に聞いて確認せずに自分で判断してしまうため、仕事をミスします。そのため仕事ができない人だと思われてしまうのです。

分からないことは、そのままにしないで同僚や上司に確認しないといけません。恥ずかしい・めんどうくさいなどと思っていても、人に聞かないと結局は自分がミスをして、自分にかえってきてしまいます。

合わせて読みたい

無駄な残業ばかりする

無駄に残業ばかりしている人も、仕事ができないなと思われてしまいます。残業になってしまう人は、仕事量を時間内にこなせない人、だらだらと仕事をしている人が多いからです。どうせ残業になるしと思い、だらだらと仕事をしていると、気持ちも適当になり、ミスの発生にもつながります。

仕事ができる人ならきちんとスケジュール管理ができているため、仕事の配分を見て時間内に終わりにできることがほとんどです。そのような場合は、残業がほとんどないためオンとオフのめりはりもつけられるのでしょう。

ミスをしても言い訳ばかりで反省しない

ミスは誰でもしてしまうものです。上司からミスを指摘された時に、反省し今後に活かせればいいのですが、仕事のできない人はミスをしても言い訳ばかりして、反省しない傾向にあります。反省をしなかったら、次に活かすことはできずまた同じようなミスをしてしまいます。

仕事のできない人は、自分が間違っても自分を正当化する特徴があります。それでは皆に迷惑がかかるため、自分の間違いをしっかりと認め、次に活かさないといけません。

無駄にプライドが高い

プライドが高い人も、仕事ができない人の特徴です。プライドが高すぎて、自分は仕事ができると思っているため、人に聞きたくない、ミスを認めたくないという傾向が見られます。自分のミスを認めなければ、仕事で成長することはできません。自分を高く評価しすぎるのはいいことではありません。

無駄なプライドのために、結局は自分を苦しめることになります。仕事で成功したいのなら、無駄なプライドは捨てて人の話をしっかりと聞き、ミスをしたら自分のミスを認めることです。

すぐに他人に責任転嫁する

仕事ができない人は、すぐに責任転嫁する特徴があります。自分のミスを認めて責任をとろうとしないのは、よくありません。自分のミスなのに責任逃れしたいのは、責任感がないだけでなく、無駄なプライドからきている場合もあります。

仕事で成長したいのであれば、自分のミスを認めて責任をとらないといけません。責任逃ればかりしていては、責任感がなくプライドの高い人というイメージができ、結局は仕事ができない人と思われてしまいます。

身の回りの整理整頓ができない

やたらにデスクが散らかっている人も仕事ができない人の特徴です。書類やデスクを整理整頓できないことは、仕事上のミスにもつながるからです。デスクの回りがごちゃごちゃでは、どこに何があるのか分かりません。必要な時にそのアイテムがすぐに探せないのは仕事にも影響がでます。

また、周りから見ても決していい印象を与えることはできません。デスクがいつも散らかっていたら、職場の人はあなたのことを知らなくても、「この人はだらしのない人間」と判断してしまうかもしれません。

不満や愚痴が多い

常に仕事や職場に対して不満や愚痴ばかり言っている人も仕事ができない人の特徴です。まず、いつも愚痴ばかり言っている人は相手を嫌な気持ちにさせてしまいます。不満があれば、それを解消できるように行動するのではなく、行動することもなくただただ愚痴を言い続けます。

仕事に対して不満を持っているのに解決しようとしなければ、モチベーションも上がらず仕事も嫌いになっていく一方でしょう。そうなると仕事にも影響して、ミスをするようになってしまいます。

仕事ができない5つの理由

仕事ができない人はどうして仕事ができないのでしょうか?仕事ができない時は様々な理由があります。なんらかの理由でミスをしやすい状態にいるということです。ここでは、主な理由となる5つのポイントをご紹介しましょう。

仕事への理解ができていない

どのような仕事をしていても、仕事の理解がないと仕事ができなくなります。わかっていないのに人に聞いて確認しないのは、仕事ができない人の特徴でもあります。仕事の理解が足りないのは仕方なくても、それを対処しないことに問題があるでしょう。

仕事ができない人は、与えられた仕事を把握していないのに自分の解釈で進めてしまうことがあります。仕事を理解していないと当然ミスが生じます。これは、誰かに仕事をもう一度教えてもらったり、確認しないと改善されません。

仕事に対するモチベーションがない

仕事に対するモチベーションがない場合も、仕事でミスをしやすくなります。仕事が嫌いでやる気がない場合、気持ちが落ちているため、真剣さに欠けることがあります。真剣に人の話を聞いていなかったり、業務に取り組んでいなかったりすると、当然ミスが多くなります。

モチベーションがないのに、仕事をするのは精神的にきついです。すでに転職を考えているかもしれません。しかし、同じ職場にいる限り最後まできちんと責任を持ち業務をこなさないといけません。

合わせて読みたい

要領が悪く時間の使い方が下手

一般的に、要領が悪くて時間の使い方が下手な人も仕事ができません。要領が悪い人は、1つの業務に必要以上の時間をかけたり、うっかりミスをしたりすることがあります。時間配分も苦手なため、自分のスケジュール管理や毎日のタスクを把握できず、残業ばかりすることになります。

要領が悪いのは人の性格にもよりますが、何らかの努力をして仕事の効率を上げないと、ミスをして人に迷惑をかけ、いつまでも仕事ができない人と思われてしまいます。

精神的ストレスを抱えている

仕事ができない理由は、精神的にかなりのストレスを抱えている場合も考えられます。仕事がストレスになっている、または人間関係がストレスになっているなどの理由から、仕事にも影響が出ている場合があります。

ストレスを抱えていると、イライラしたり集中できなかったりします。心が健康な状態でないといい仕事もできません。ストレスを抱えてミスばかりしていても言い訳はできません。なんらかの対処をしてストレスの原因を探らないと、仕事ができないままになってしまいます。

注意力が足りない

仕事ができない時は、注意力が欠けている場合もあります。集中力や注意力は、精神的に疲れている時、または体力的にきつい時に欠けてしまうことがあります。精神的にも体力的にも疲れている時は辛いものの、仕事上のミスを防ぐために、より人の話を注意深く聞く必要があります。

注意力が足りない人は、人の話を注意深く聞いていないため、ミスをしてしまう傾向にあります。どのような職種でも仕事に集中して注意を払うことが基本です。

仕事ができない自分を改善できる方法はある?

仕事がどうしてもうまくいかない、気を付けているのにミスばかりしてしまうという人もいるでしょう。しかし、仕事ができない人が仕事ができるようになることも可能です。こちらでは仕事ができるようになるための改善点をご紹介します。

仕事ができる人にコツを教えてもらう

自分は仕事ができないと思っている場合は、何らかの形で改善しないといけません。仕事ができるようになるためには、仕事ができる人にコツを聞くという方法があります。職場で仕事ができる人が、普段どのように仕事をしているか、どのような点に気を付けているかを聞いてみましょう。

仕事ができる人からコツを聞いたら、あなたも同じように行動してみることです。自分も同じように行動してみたら、仕事の効率が上がり、ミスが減るかもしれません。

わからないことは必ず人に確認する

仕事ができない人の特徴に、わからないのに人に聞かずに自分で判断してしまう点があります。わからないことは誰にもあります。一度教えてもらったのに忘れてしまうことや、要点がつかめていない時も時にはあるでしょう。

仕事のできる人は、疑問点があった時に必ず人に聞いて確認します。そうすることで自分も仕事をしっかり把握できるし、ミスを避けられるからです。「自分はそういえば、わからない時にあまり人に聞こうとしない」という人は、ぜひ今後は人に必ず確認するようにしましょう。

チェックリストを作って確認する

仕事のミスが多い場合は、きちんと確認していないことが原因です。タスクを確実に確認できるように、チェックリストを作成することで、仕事のミスを減らすことができます。チェックリストは最終確認として非常に役立ちます

業務が終わったら1項目ごとにチェックリストで確認すれば、うっかりミスや入力し忘れなどのミスを減らすことができそうです。チェックリストを作る際は、必ず行わなければいけない業務を書き出すといいでしょう。

タスク管理を行う

仕事量が多くて、ミスが発生してしまうという人は、毎日のタスクやその日のタスクを明確にする必要があります。つまり、タスク管理を上手に行えばミスが減り、仕事ができるようになります。

自分のアジェンダに毎日、その日のタスクを入力していきましょう。業務の優先順位をつけたら、その順番にタスクを終了させます。タスク管理をすると、しなければならない仕事をうっかり忘れてしまったというミスもなくなります。ミスをしなくなれば自信もついてくるでしょう。

整理整頓をする

効率よく仕事をして、仕事ができる人間になるには、環境から変える必要があります。デスクの周りが汚く、整理整頓されていなければ仕事にも影響します。必要な時に必要な物や書類がでてこないからです。

きちんと整理整頓されていて清潔な仕事環境であれば、気持ち的にもやる気がでてくる気がしませんか?必要書類をきちんとカテゴリー別に分けて、期日が迫っている書類は目に着く場所に置いておく。それだけで、仕事がやり易くなるのではないでしょうか。

ミスは記録して防止策を考える

仕事でミスをすることは誰にでもあるでしょう。仕事ができる人と仕事ができない人の違いは、ミスを次に活かせるかどうかです。仕事のできる人は、自分のミスを他人に責任転嫁せずに、認めて反省します。そうすることだけでも次に活かせますが、さらにミスを記録して次に同じ間違いをしないように、対策を考えることもできます。

仕事のできる人は、何か問題が生じたときに対策を立てます。改善策があれば、問題が解決できるからです。ミスをしやすい業務であれば、今後ミスをしないように何かしらの対策を立ててみましょう。

仕事ができない上司・先輩への対処法

自分の上司や先輩が、仕事ができない場合や仕事が遅い場合は、困ってしまいます。上の立場にいても仕事ができない人はいます。仕事ができない上司に困っている時に、いくつか対処法があるのでご紹介しましょう。

合わせて読みたい

イライラしても無駄と諦める

仕事ができない上司を持つと、精神的にもストレスがたまってしまいます。自分には何ともない業務を先輩や上司がてこずっていると、イライラしてしまうでしょう。しかし、上司がミスするたびに、あなたがイライラしていても何も変わりません。

上司が仕事ができないのは、仕方ないとあきらめてみる、割り切ってみることが対処法として挙げられます。結局、あなたが上司を指導して改善してもらうことはできないので、何もできることはありません。仕方ないと諦めて自分の仕事に集中してみましょう。

不満を伝えて改善を促す

先輩や上司が仕事ができなくても、一般的にはそれを指摘することはできません。しかし、仲のいい先輩で彼自身が仕事のミスに悩んでいるなら、改善点や対策を伝えてもいい時もあります。しかし、後輩や部下から不満を言われていい気持ちがしない上司は多くいるため、注意しましょう。

一回ではないミスや仕事の能率の悪さ、またはリーダーシップに欠けているなど不満な点がある場合は、不満を伝えられそうなチャンスをうかがうことが大切です。仕事のことを考えてどうしても不満を伝える必要がある場合は、上司のプライドを傷つけないように注意して話ましょう。

上司のさらに上司へ相談する

上司へ直接不満を言いにくい場合は、上司のさらに上に報告という形で相談するのも一つの方法です。上司の上司であれば、あなたの上司に改善点を指摘し、指導することができます。この場合は、上司があきらかに間違っている時、上司のせいで部署の皆が困っている時など、問題がどうしても解決されなくて大きい場合です。

一つの解決策にはなりますが、この方法はそれ相当の場合のみがいいと思われます。上司とその上の上司との人間関係なども考慮してから行動に出たほうがいいでしょう。

仕事ができない部下・新人への対処法

仕事ができない上司を持つのも困りますが、仕事ができない部下や新人を指導するのも、かなり忍耐がいります。こちらでは、仕事ができない部下や新人が改善されるように、いくつかの対処法をご紹介します。

コミュニケーションをこまめにとる

仕事ができない部下とはコミュニケーションをこまめにとることが大切です。きちんと業務を把握しているかどうか、いちいち確認してみましょう。仕事の途中でも何か問題はないかなど、コミュニケーションをしっかりとると、部下の仕事の仕方もわかり、改善点が探しやすくなります

職場でのコミュニケーションは人を問わず大切ですが、部下の場合は特に仕事ができるようになるまで、より多くのコミュニケーションをとり、気を使ってあげることが大切かもしれません。

報連相を徹底して行わせる

仕事では、報告・連絡・相談を徹底して行うことが大切です。つまり、上司と部下のコミュニケーションが徹底していれば、ミスを防ぐことができるということです。部下は指示を受けて、どのように仕事が進んでいるかを報告する。そして、自分で判断せずに疑問点があれば、上司に必ず聞くこと。

とても基本的なことですが、この報連相が徹底していれば、上司と部下の両方が仕事の状況を把握できるため、仕事も進みやすく部下と上司の関係もうまくいきやすくなります。

勉強会を開く

仕事ができない部下のために、勉強会を開くのも一つの方法です。仕事ができない人は、どうして自分が仕事ができないのかを把握していない場合が多いです。そのため、勉強会を開いてまずはどうして仕事にミスが多いのかを指摘してあげましょう。

その上で改善点を明確にして今後に活かしてもらいましょう。また、仕事上で理解が足りないのであれば、わかりやすいように説明して疑問を解決してもらいましょう。上司として部下の指導は根気が必要な場合もありますが、始めは仕事ができなくても、何かのきっかけで仕事ができるようになる人は確実にいます。

スケジュールやタスク管理を徹底させる

仕事ができない部下にできるアドバイスはいくつかありますが、その一つにスケジュールやタスクの管理を徹底することがあります。自分のスケジュールを把握しておらず、タスクを管理できていなければ仕事がスムーズに進まないのは当然です。

まずは、どのようにスケジュールやタスクを管理するかを教えます。スケジュール管理もタスク管理も、すぐには身につかないものです。しばらくは彼らがどのように管理をしているか様子をみたほうがいいでしょう。

能力に見合った仕事をふる

部下が仕事ができないのは、もしかしたら部下の業務内容が難しすぎるのかもしれません。部下の能力に合った仕事でなければ、仕事ができなかったりミスをしてしまったりするのは当然です。部下がどうしてミスばかりしてしまうのか、仕事が遅いのかを確認し、仕事が彼の能力に合わないのであれば、仕事内容を見直し、その人の能力に合った仕事をふる必要があります。

部下を教育するのは大変ですが、仕事内容の難易度は少しずつ上げていき、基本的な仕事が確実にできてから次のステップに挑戦してもらうほうが、効率がいいでしょう。

「仕事ができないやつ」と見下した言動をしない

部下がミスばかりしている場合、イライラしてしまうことはよくあることでしょう。こんなに簡単なことなのに何でできないのだろうと、理解できないかもしれません。しかし、部下に対して決して見下した言いかたをしてはいけません

部下に対して見下した言動をとると、部下も自分は仕事ができないのだと落ち込んでしまいます。落ち込んでしまうと仕事へのやる気も半減して、全てが悪い方向に行ってしまいます。どんな部下でもいつか伸びる可能性はあることを忘れないようにしましょう。

成果が出たときは褒める

仕事があまりできない部下が、成果を出したとします。そんな時は、めいっぱい褒めてあげましょう。もちろん上司としても嬉しいと思いますが、本人は達成感に満ちていることでしょう。その気持ちを大切にし褒めてあげればもっと頑張ろうと思い、自分はやればできると、自己評価も高くなります。

自己評価が高くなれば、自信を持って仕事に取り組むことにもつながります。褒められたほうが伸びるのは、ポジティブな気持ちが原動力に変えるからです。

頭ごなしに叱らず問題点と改善策を冷静に話し合う

部下が失敗をすると、怒りたくなってしまうこともあるでしょう。しかし、頭ごなしに叱っても解決にはならず、あなたも部下も嫌な思いをするだけです。部下が失敗した時は、いったん冷静になりどうして失敗したのか原因をつきとめましょう

原因が分かったら、次に失敗しないための改善策を部下と一緒に話し合うことができます。何度も言っているのに同じ失敗をした場合、頭にきてしまうこともありますが、怒るよりも次に活かせるように問題点をさぐることがより効果的です。

仕事を上手にこなす努力をしよう

自分で仕事ができなくて悩んでいる人は、決してあきらめてはいけません。仕事ができないのには原因がありその原因をつきとめ、改善すれば必ずミスが減り、仕事はできるようになります。

職場で仕事のできる人に相談することも一つの方法ですが、スケジュール管理やタスク管理を徹底して、人の話をしっかり聞いて、わからないことは必ず上司に聞くようにすれば、ミスは減っていくのではないでしょうか。まずは、信頼できる同僚や上司に相談してみることから始めてもいいでしょう。

ランキング

記事一覧