仕事を辞める勇気が持てない。不安を解消して自信を持とう

無性に辞めたいのに…仕事を辞める勇気が持てない理由

仕事が辛い、行きたくない…と嫌な気持ちばかりを抱えているのにも関わらず、いざ仕事を辞めると決める段階になって怖気づいてはいませんか。勇気が出ずにそのままずるずると引きずって辞められないということはよくあります。

無性に辞めたいのに、仕事をきっぱりと辞めるという気持ちが持てないのはどうしてなのでしょうか?その理由を考えていきます。

収入がなくなり生活できなくなるのが怖い

仕事を辞める時、一番に考えるのが収入に関してです。仕事を辞めると収入が突如として0になり、順調に次の仕事が決まらなければ貯蓄を切り崩して生活していくという状態にもなります。

今まで仕事に対して嫌な思いを溜め込んできてはいても、生活は順調に送ってきたのであれば、仕事がなくなったせいで生活の平和もなくなってしまうのではと怖くなりますよね。
自分だけでなく、家族の生活が崩れてしまう可能性を考えると辞めるに辞められない、という理由で、仕事を辞めるのをためらってしまうこともあるでしょう。

会社や職場の人に迷惑をかけると思ってしまう

仕事をしていると、複数の業務を受け持ったり、業務に対して職場の人数が少なかったりして、忙しさを強く感じてしまうこともあります。
そのため、自分が辞めてしまうと自分受け持つ仕事を放棄してしまうことになり、会社の人や引き継いでくれる職場の人に迷惑がかかってしまうのでは、と考えてしまいます。これも辞める勇気が持てない大きな理由になります。

仕事を多く任されている人や、いつも忙しそうに動いている人たちに、時間を作ってもらって引継ぎをするのは非常に迷惑になってしまうだろう、と想像してしまいますよね。忙しい職場であることを分かっているからこそ、退職を決断できないと悩む人は非常に多いのではないでしょうか。

転職ができるか・転職先でうまくやっていけるか不安

一度仕事を辞めるともうやり直しはできません。転職先を探しながら仕事をしていると、転職先の募集要項やその転職先の仕事などを見て、本当に転職できるかと不安になります。

仕事を辞めて転職先を探して就職できなかった場合、貯蓄を切り崩しながら面倒な健康保険や失業保険などの手続きを行わなければならないため、今の仕事を続けた方がまだ良いのでは、という不安に駆られる人は多いです。

また、転職先を決められたとしても一度仕事を辞めた自分がそこでうまくやって行けるかどうか、というのも不安に思うことです。
前と同じ職種なら、即戦力であることを求められます。説明を受けた後に上手く仕事をしていけるか、そしてその職場に馴染んでいけるかどうか、プレッシャーは大きいでしょう。

仕事を辞めて後悔するかもしれないと不安

仕事をしている間は全く感じないかもしれませんが、いざ辞めようと考えると「本当に辞めて良いのだろうか?」と不安になります。せっかく就職できて、これまで頑張ってきた仕事だというのに、辞めると後悔してしまうのではないか、と考えてしまうのもよくあることです。

怒られてしまい、愚痴を言ったり泣いたりする時期もあったかもしれません。しかし全てに不満があるわけではないと思っているのなら、辞めた後「あの時辞めなければよかった」とより後悔してしまいそうで、勇気が持てなくなるのです。

自分に自信が持てずネガティブに考えてしまう

辞めてしまいたい、と考えてばかりいるとどうしてもネガティブな方向に思考が偏ってしまいます。「辞めたいけれど辞めにくく、転職が上手くいくかも分からない」と考えてしまい、自分に自信が持てずに疑心暗鬼に近い状態に陥ってしまうのです。

そうしたネガティブな事ばかり考えてしまうと、ため息を連発して周りを暗い雰囲気してしまいます。また、仕事でミスを頻繁にしてしまうなど、集中力の低下にも繋がってしまいます。

失敗して傷つくのが怖い

新卒のころと違い、転職する際の就職活動というのは人によっては難しいこともあります。
何年も勤めた後に辞めたというのであれば、キャリアアップなど前向きな目的での転職だと思われるでしょうが、期間が短い場合は、職場に馴染めずにすぐにやめてしまったと思われるかもしれません。

就職活動の失敗談をネットなどで探すと色々な話を目にします。参考にするために転職活動の体験談を見ていたはずが、「もしも失敗してしまったら」と考えて怖くなってしまう場合もあります。

それで失敗してしまい、やっぱり自分は駄目だった、と傷つくことを想像するのは怖いものです。そこで、失敗して傷つくくらいなら今のまま頑張った方が良いのでは、と自分にとって安全な方に考えて、仕事を辞めるのをまた迷うことになります。

上司に伝えるのが怖い

仕事を辞めると考えて、自分の中に仕舞い込んでおくのは簡単です。難しいのは人に伝えること、特に上司に伝えることです。

上司に退職を切り出すのを怖いと思う人は多いようです。毎日仕事で怒られたり注意されたりして、普段から上司に苦手意識がある人にとっては、辞める意思を一言伝えるだけでも非常に怖く感じられます。そのせいで辞める決断ができないと悩んでしまいます。

上司に伝えたことで、怒鳴られたりしないか、落胆されてよりその後の扱いも悪くなるのではないか、という不安もあるでしょう。

周りから、逃げた人・ダメな人と思われるのが怖い

退職すると、周りから逃げた奴、駄目な奴だと思われることもあります。
特にあなたがそれまで仕事中によく怒られていたり、注意されていたりする人だと、周囲から「あいつは駄目だな」と思われている場合も少なくありません。そんな人が辞めると分かると、逃げたと判断されてしまいます。

今まで一緒に働いていた仲間から、「逃げた奴」「駄目な人間」と思われるのはとても怖いことです。そう思われるのだけは避けたい、と思っていると、辞めるという意思を切り出せません。その状態のまま仕事を続けてしまうことになります。

辛いのに仕事が辞められないままでいるリスク

仕事を辞めるという意思を伝えられないままズルズルと続けていると、色々なアクシデントやリスクに振り回されるようになってしまいます。辞められないままでいるとどういう状態になってしまうのか、確認していきましょう。

「辞めたい」とばかり考えて人生自体がつまらなくなる

辞めたい、というネガティブな思考に囚われてしまうと、悪いことばかりが頭に浮かんでしまいます。本当は楽しいと感じられるはずのことも、つまらないと感じてしまいます。友達と遊んでいても、その際に出てくる仕事の話などにネガティブな考えを抱いてしまって、それまで楽しかったはずなのにつまらなくなってしまうでしょう。

それだけではなく、これまでずっと楽しかったはずの趣味などにも無気力になってしまい、人生自体がつまらなくなってしまう可能性もあります。
仕事を辞めるか辞めないか、と迷っているだけで、今後の私生活のモチベーションにも大きく影響してくるのです。

仕事に集中できずミスが増える

辞めたいと考えていると、どうしても退職の手段のことばかり考えてしまったり、嫌な想像をしてしまって、集中力が大きく欠けてしまいます。

そのため、いつもはミスもなくこなしていたはずの仕事で、ミスが頻繁に起こってしまうこともあるでしょう。その結果、ミスを注意されることや怒られることも増えて、中には取引先などにも頭を下げなければならない場面も出てくるでしょう。

小さなミスが連発するのも嫌なものですが、取引先などにも迷惑をかけてしまう場合は、会社側にとっても大きな痛手につながる場合もありますので、非常に大きなリスクです。

やる気が起こらず評価が下がる

これまで頑張っていたはずの人が、退職が決まったとたんにだらだらと適当に仕事をするようになった、という例を見たことはありませんか?

仕事のできる人、会社で評価が高い人というのは、もともとやる気があり、もしミスをしてもその後リカバリーできるほどに頑張っています。しかし、辞めることを考えながら仕事をしていると、どうしてもやる気が起こらずにだらだらと適当な仕事をしてしまいますので、急に仕事のできない人のようになってしまいます。辞めると決める前の、辞めるか残るかで迷っている状態でも、やはり周りからは上の空でだらだらと仕事をしているように見えるかもしれません。

それで評価が下がってしまうと、ボーナス査定などの面においても非常に痛手になってしまいますので、回避したいものですよね。

なかなか成長できない

働く、というのは自分のスキルや考え方を成長させる手段でもあります。目に見えやすい例だと、電話応対での言葉遣いやWordやExcelなどパソコンの技術は、仕事を通じてどんどんと向上していくことが分かるはずです。

しかし、こうして成長していくのも、仕事に対してやる気があり、頑張ろうと思っているからこそです。辞めたいな、嫌だな、と嫌々働いていると適当な仕事になり、仕事をより良くしようとする意志もないので、工夫することもなく、成長も見込めなくなります。

前に進みたい。仕事を辞める勇気を出すコツとは

仕事を辞めたい、と思っていてもなかなか勇気が出ないという時、前向きに考えるためのコツがあります。どうやって前に進もうと考えられるようになるのか、そのポイントを確認していきます。

自分が「居たい」と思える場所は自分で作る

仕事をする時には、周りの環境や人間関係などは大きく影響してきます。自分にとって仕事がやりにくい、人間関係が苦痛だと考えてしまう場所のであれば、そうした環境を一新して、居たいと思えるような場所を自分で作るという、ポジティブな方向に考えてみましょう。

居たくない場所や仕事がやりにくい場所に居ても、仕事ができるどころか苦しくなるばかりです。それなら、そうした環境を自分のために変えてしまうための手段として、今の職場を辞めて新しいところに行くという風に考えてみるのも一つの方法です。

自分の代わりはいくらでもいると心得る

仕事を辞めるときに深く考えてしまうのが、仕事の引継ぎなどによって周りの人たちの手を煩わせてしまうかもしれない、という点です。あの人が抜けたせいでより忙しくなった、と他の人から疎まれてしまうかもしれないと考えると、辞めることに決心がつかなくなってしまいます。

しかし、他の人が辞めたのを見る機会はありますよね。誰かが辞めたら人員補充は必ず行われます。それはあなたが辞めると告げたときでも同じことです。あなたの代わりにあなたの仕事を引き継ぐ人員はいくらでも募集できます。いくらでも代わりはいるのです。

そう考えてみると、別に自分でなくても大丈夫じゃないか、と思えるようになるでしょう。

いくつかの転職サイトに登録して話を聞いてみる

転職に対して不安があるのであれば、仕事を辞める意思を告げる前に、先にいくつかの転職サイトに登録して担当者から話を聞いてみる、というのもおすすめです。アドバイザー付きの転職サイトなら、転職の際の注意点や、気になる会社の募集要項なども詳しく教えてくれるため、転職に関する不安な点を解消してもらえるでしょう。

転職サイトによって取り扱っている求人情報は違います。いくつかの転職サイトに登録しておけば、そのサイト独自の情報を見つけられるようになります。不安が大きいなら、希望する業界や職種について専門的な話のできるアドバイザーいるような転職サイトに登録しておきましょう。

自分の力が発揮できる仕事・職種を探してみる

仕事に対してモチベーションが上げられないまま、辞めたいと考えているのであれば、自分がどういった環境・どういった分野であれば楽しく仕事ができるのか、力を発揮できるのかを考えてみるのがおすすめです。たとえば安定性を求めて大手企業に就職したものの、自分の力が発揮できず、なんだか違うなあと感じてしまった場合、自分の求めるものは安定よりも実力重視の仕事だったということです。

自分はどんな環境でどんな業務に携われば楽しいのか、何が得意で何が活かせるのか考え直してみましょう。転職サイトに登録すると、色々な業界や職種の情報に触れるようになりますの。そこで、自分の得意なことは何か、どんな環境でなら力が発揮できるかを考えていきましょう。

我慢や犠牲を強いられる生活が本当に幸せなのか考える

今、あなたは非常に頑張って我慢し、嫌な仕事に対して色々なものを犠牲にしている状態です。しかし、そうした状態が延々と続くのが本当に幸せかどうか、今一度考えてみましょう。

これから転機があって急に仕事が楽しくなる、という可能性も無くはありませんが、今の気分のままでは無理かもしれませんね。ずっと我慢をして、色々なものを犠牲にする将来しか想像できないかもしれません。

ずっと我慢が続く状態が、本当に将来の自分の幸せにつながるのか、やりがいの無い仕事を続けて本当に幸せなのかを考え直してみると、辞める意思を告げる迷いに踏ん切りがつく場合も多いです。

5年後・10年後に自分がどうなっていたいのかを考える

今の状態から将来を考えるというのであれば、5年後や10年後というキリの良い未来のことを考えてみましょう

5年や10年という年月の中で、独身の方なら結婚するかもしれませんし、もしかすると子供も産まれるかもしれません。そうした未来の設計図の中で、自分がどうなっていたいか、というのを具体的に考えてみましょう。

家庭だけでなく、仕事についても同様です。満足できる未来のために、どういった自分になっておくべきなのかを考えてみると、辞める方が幸せかどうかも明確になってきます。

今のまま働くリスクと転職するリスクを比べてみる

辞める意思を固めるのに対して躊躇があるのであれば、今のまま働いていく状態のリスクと、転職して発生するリスクを挙げて比べてみるのも良いでしょう。
実際に転職しなければ分からないこともあるでしょうが、今のまま働き続けて自分に起こりえるリスクと、転職のリスクを考えてみると、自分が辞めるべきかどうかというのは分かりやすくなるものです。

体調や心身に対して影響が出る可能性があるなら、心機一転できる転職の方が良いのかもしれません。自分の今の状態を念頭において、そのまま働くリスクと転職するリスクを比べて一番良いものを選んでください

今の仕事を辞めても人生はなんとかなると考える

辞めるかどうかを考えている時には、仕事以外の物事も深刻に考えるようになりがちです。辞めてしまうことで、自分の人生全体に対して悲観的になってしまう場合もあります。そうした考えを払拭して、仕事を辞めても人生というのは何とかなるようなものだと開き直ってしまいましょう。

転職先がなかなか見つからないというのであれば、正社員ではなくアルバイトなどでつないでも良いですし、見つからない間に疲れてしまった心身を休ませてあげるのも良いです。少しくらい楽天的になっても問題はないものです

同じような状況で退職・転職して成功した人の体験談を読む

仕事が嫌になって退職し、他の職業や会社に転職したという体験談はネット上に豊富に存在しています。退職理由だけでもかなり豊富ですので、中にはあなたと同じ理由で退職してしまった人もいることでしょう。

そうした同じような状況、理由で退職し、今は楽しく仕事をしているという人の例もきっとあります。成功したという人の体験談を読んでみると、自分も同じようにできるかもしれない、という前向きな気持ちになれます。

リスクばかりが目立ってネガティブな気持ちになるような失敗談ではなく、自分もできるかもしれないとポジティブに思わせてくれる成功談を読んでみると、辞める意思を伝える決心がつくようになります。

すぐに転職できなかった場合に備えてある程度の生活費を貯金する

辞めようか、辞めないか迷っているのであれば、すぐに転職できない場合も考えてある程度の生活費を貯金しておくと、退職に踏ん切りがつくようになります。

転職がスムーズにできなかった場合、貯金を切り崩して、生活レベルを落としながら転職先を探すことになります。その間はどうしても余裕が持てずに後悔してしまう場合も考えられます。そのためにも十分な生活費を貯金しておくことで、心に余裕を持てるようになります。

今すぐに転職をしないのであればなおさら、辞めようと固く決心した時に備えて貯金をしておくと、心境的にもいつでも辞められると思って楽になります。

自分の心身を病んでも会社は責任をとってくれないと心得る

我慢に我慢を重ねた結果、心身を病んでしまうという事態は、非常に身近な話題です。あなたの知人や友人の話に出てくることもあるでしょうし、ニュースで取り上げられているのもよく見られます。

しかし、会社が手厚い対応をしてくれたという話はあまり聞きません。基本的に会社側の面子も考えて、自己都合による退職にしてほしいと言われる場合がほとんどです。つまり、自分が体を壊したり心を病んだりしても会社は何の保証もせず責任も取ってくれないのです

自分の心身を守れるのは自分だけ、会社は何も責任を取ってくれない、と考えて、自分の体調や心を最優先にしましょう。そうすれば退職に対するためらいもなくなります。

自分に自信を持ってポジティブに考える

会社などで怒られたり注意されたりして退職を考えると、どうしても自分に自信が持てなくなります。そのため、別の会社に行ったとしても上手くいくかどうか、不安になるのです。

しかし、これまであなたが頑張ってきた仕事は決して無駄ではありません。その仕事で培ってきたスキルはもちろん、怒られ注意される現状に耐え続けたあなたの努力と忍耐力はとても凄いものです。

あの嫌な会社でこれだけ耐えられたのだ、というようなポジティブな考えをしてみると、自分にも自信が持てますし、辞めると強く決心できるようになります。

意地や見栄・プライドよりも自分の幸せを優先する

怒られたり注意されたりする機会が多いと、このまま辞めてはあの上司や職場から逃げることになる、と意地や見栄を張って辞められなくなることもあります。

しかし、意地や見栄を張るというのは、もともと辞めたい気持ちになっている現状だと、「頑張る」ではなく「無理をする」ことに繋がってしまいます。無理をすると心身が疲れてしまい、結果としてやっぱり早く辞めておけばよかったなどと後悔してしまうでしょう。

意地や見栄を張るというのもモチベーションになることがあるので悪くはありませんが、いま最優先で考えるのは自分の幸せです。自分の幸せを考えるのであれば、意地や見栄を張らずに素直に辞めるのを考えても良いのではないでしょうか。

今の会社は辛い思いをしてまでいる価値があるのか考える

辞めるか辞めないかを考えるときに、自分の幸せと同じく考えておきたいのが、今の会社がそこまで居たいと思えるほどの会社なのか、というものです。

この会社でこういった仕事がしたい、という明確な目的や目標があって入社したのであれば辞めにくいものですが、そうでないのであればどういった価値がある会社なのかも考えてみましょう。

嫌な思いをしてまで残るだけのメリットや価値がないのであれば、すっぱりと辞めてしまう決断もできます。

仕事を辞める勇気がもたらすメリットは?

仕事を辞めるという意思に対してポジティブに考えられるようになるためには、辞めることでのメリットを把握しておくのもおすすめです。
勇気を出して上司に仕事を辞めるという意思を伝えると、自分にどういったメリットがあるのかについて確認しましょう。

ストレスから解放された生活が待っている

退職を決めると、退職日までは引継ぎがあるため出社することになりますが、その後は次の転職先の入社日まで自由気ままな生活を送ることが出来るようになります。仕事をせず、自分のためだけに時間を使えるようになりますので、ストレスから解放されゆっくりと過ごす生活が待っています。

その間に、これまでの仕事で疲れてしまった自分の心身を労わりながら、やりたかったことやできなかったことをしてみるのもおすすめです。

自分の力を活かしてイキイキ働ける仕事と出会える

今の仕事を辞めるのは、自分の力を十分に発揮してイキイキと働ける職場と出会えるようになるということでもあります。無理に仕事をするのではなく、自分が得意なスキル、好きな分野を仕事にするチャンスが待っているので、これからは仕事が楽しくなる可能性もあるでしょう。

自分の力や得意な分野を十分に活かせる職場を見つけるのは、仕事を辞めるからこそできる方法ともいえます。

健康的な生活が送れる

仕事のせいで睡眠不足だったり体に不調があるという場合、その原因となる仕事がなくなるため、健康的な生活が送れるようになります。

仕事のストレスは睡眠や食事などへの影響が大きいので、生活の中心となる活動が損なわれてしまうことを意味します。それが、仕事を辞めてストレス源が無くなると、ぐっすりと睡眠も取れて、健康的な食生活を送れるようになります。普通のことのように聞こえますが、仕事を辞めるか辞めないか迷い続けて体調が悪くなっている人にとっては、ありがたいことでしょう。

プライベートも充実する

仕事によって無気力になると、ネガティブな方へ考えるようになります。そうすると仕事だけでなくプライベート、ひいては人生自体が非常につまらないと感じてしまいます。

しかし、辞めてしまえばそうしたことを考える機会も少なくなるので、プライベートが充実する可能性が高くなります。楽しく日々を送るため、自分にとって充実したプライベートを送るためにも、嫌な仕事を辞めるのは大きなポイントになってくれるでしょう。

将来への希望が持てる

仕事を辞めて転職するというのは、より自分に合った環境や、楽しく仕事ができる会社に勤める機会を探せるチャンスです。楽しく仕事ができるようになれば、やりがいも出てくるので、毎月の給料をただ待つだけでなく、仕事に対して希望が持てるようになります

将来の希望が持てない会社にいるより、自分の将来に希望が持てる会社に行く方が、自分のためにもなってくれるでしょう。

辞めることを直接伝える勇気がない場合は電話でもいい?

仕事を辞める、と決めた時に次に悩んでしまうのが、どうやってそれを上司に伝えるかという方法についてです。辞める意思を決められても、直接それを伝えられない場合は電話などでも構わないのでしょうか。よくある疑問をまとめてみました。

上司に直接会って伝えるのが本来のマナー

辞めると決めたのであれば、上司に直接会って辞めるという意思を伝えるのがマナーです。これは上司が退職の意思を知って、どんな問題があって辞めるのか、人員の補充が必要かを考え、さらに上の人間に対して報告や相談を行うためにも必要なことです。また、退職日を決めるためにも、実際にきちんと会って有給の消化や退職金の手続きについて相談する必要があります。

上司に会って、誰にも聞かれないところで辞める意思を伝えるのが基本的なマナーになります。

精神的に限界で出社すらできない場合は電話でも可

とはいえ、もう精神的に限界で出社すらままならないという場合もあるでしょう。そういった時には電話をして、辞めるという意思を伝える方法も可能です。ただし、電話で退職をしたいと言っても即日辞められるというわけではありませんので、各社の就業規則に則って退職の手続きをするようになります。

また、精神的に余裕がないとは思いますが、時間帯や言葉遣いなどには注意し、社会人として最低限のルールは守って電話をかける必要があります

電話をする場合は忙しくない時間にかける

電話で退職の意思を伝えるというのは、事情があるにしても本来のマナーを守っていないのは事実です。上司のアポも取っていないのに、いきなり上司を電話口に呼び出すことになります。

上司にも予定があり、仕事に励んでいるわけですから、上司が忙しくない時間帯を選んで電話を掛けるのが大切です。忙しい時間に電話をしても取り合ってもらえない可能性もありますし、何よりマナーも守れず配慮もできない人間だと思われてしまいかねません

円満に退職できるように、上司の忙しくない時間帯を狙って電話をしましょう。

電話で退職の意思を伝える場合は失礼を詫び感謝を伝える

電話で退職の意思を伝える時には、時間帯を考えるだけでなく、上司に対して失礼を詫び、感謝を伝えるのも忘れてはなりません。

元々マナーを守っていないため、上司によっては電話の序盤から非常に不快になっている場合もありますので、退職の意思を伝えるとともに失礼を詫びる言葉も一緒に伝えてください。そして、電話での退職の意思を受け入れてもらえたのであれば、今までお世話になったことも含めて感謝を伝えるようにしましょう。

仕事を辞める勇気を持とう

仕事を辞めるのは非常に勇気がいるものです。しかし、自分の現状や将来を考えてみると、その勇気が必要な時は、もしかすると今なのかもしれません。自分にとって一番良いのが退職という選択なのであれば、まずは転職のことを前向きに検討しつつ、辞めた後の将来のこともポジティブに考えていきましょう。

無理をして仕事を続けるのが良いとは限りません。勇気を出して辞める意思を伝えるだけでも、新しいところで楽しく仕事をするチャンスにつながります。