「ミイダス」で自己分析してみませんか?

ミイダスはあなたの強みや弱み、仕事の悩みを無料で診断してくれるサービスです。優良企業5000社以上が導入するサービスです。まずは公式サイトをチェックしてみましょう。

  1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事辞めたい
  4. 仕事辞めたい40代が考えなくてはいけない17のこと
仕事辞めたい

仕事辞めたい40代が考えなくてはいけない17のこと

40代で仕事を辞めたい・転職したいと思ったらどうする?

社会人経験が浅くとも、逆に経験が長くて仕事に慣れていたとしても、仕事を辞めたいと思うことはしばしばあるものです。それが20代や30代であれば、「辞めて転職しよう」とフットワーク軽く考えられるでしょう。しかし40代となるとそうもいきません。40代が転職を躊躇する主な理由はこのようなものです。

チェックポイント

  • 現職での地位や、それにともなう収入を捨てるのが怖い
  • リストラされて転職活動をしているのではないかと思われる
  • 若年層のキャリア形成を名目に、35歳までの年齢制限を設けている会社が多い
  • 家庭があるので、無責任な行動ができない

それでも転職したいと思う人は、本音と建前を使い分けてうまく転職活動をしているようです。40代の転職者が使う建前でよくあるのは「キャリアアップのため」。しかし本音として最も多いのは「上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかったから」だそうです。年齢とともに経営者に近い位置になるからこそ、我慢ならなくなるのでしょう。

40代で転職するなら、こういった本音を打ち明けたときにアドバイスをくれる人を協力者にしたほうが得策です。難しい年代だからこそ、納得のいく転職のために努力は必要です。

合わせて読みたい

40代は転職市場でどんなポジション?ミイダスで自分の価値を測ってみる

40代の社会人の価値というのは、それまでの経歴や培ってきたスキルによって、雲泥の差があるものです。はたしてあなたは「転職市場で注目される40代」でしょうか?自分の価値を再発見できる自己診断ツール「ミイダス」で調べてみましょう。

ミイダスは、通勤中などのスキマ時間に簡単に無料登録ができて、自分の市場価値を診断したついでに転職活動もできるのが特長です。

ミイダスをおすすめする理由
  • 自分の市場価値がわかり、自分の可能性に対して前向きになれる
  • 自分の市場価値を認めてくれた企業からスカウトが来る
  • 何もせず待っているだけでいいので、気軽に転職活動を始められる

40代となるとしがらみも多くて、いざ転職活動をするには勇気がいりますよね。ミイダスならプロフィールを入力して診断をし、あとは待っているだけで企業からオファーが来る仕組みです。オファーが来た時点で第一次の書類選考は通過しているので、「応募しても落ちるかも……」というストレスも少なくなります。まずはぜひ診断を試してみてください。

合わせて読みたい

40代が仕事を辞めたいと思ったらまず考えるべき17のこと

40代の退職・転職には多くのしがらみがあり、なかなか踏み切れないこともあるでしょう。ときにはあきらめて現状に甘んじたほうが、長期的に見て幸せかもしれません。しかし、しがらみの大半をクリアできて、家族にも理解を得られるのだとしたら、新しいキャリアのために思い切ってみてもいいでしょう。

ここでは、40代が仕事を辞めたいと思った時に、今後のために冷静に考えてみたほうがいいことを解説します。

あなたの「転職力」はどのくらいかチェックしてみよう

転職に踏み切れない理由がたくさんあったとしても、それ以上に転職後の生活に展望があるのなら、思い切ってチャンスを掴みにいってもいいはずです。では、今回転職をしたら実際どんな未来が待っているのでしょうか?そのヒントをくれるのが、1998年からの実績ある転職サイトtypeが監修する「転職力診断」です。所要時間10分ほどの無料の診断で、あなたの「転職力」「想定内定社数」「想定年収」などがわかります。転職に希望が持てたなら、そのままtypeの転職エージェントを通じて転職活動を始めることもできます。

合わせて読みたい

辞めた後の明確なビジョンはあるか

40代なら、家庭を持っていたり、介護の必要な年齢の親を抱えていたり、若い頃にはなかったしがらみにとらわれていることが多いでしょう。特に男性であれば、自分が一家の収入源になっていることもあります。つまり、いくら辞めたいと思ったとしても、まったく無計画に、衝動的に辞めた場合の後悔は、20代の頃の比ではないということです。再就職も、20代の頃に比べると難しくなります。

何のビジョンもなく、「会社が嫌になったので辞表を叩きつけてきた」というようなドラマのような辞め方をすると、そのときの自分はスカッとするかもしれませんが、あなたに頼って生きている家族はどう思うでしょうか。自分一人で生きているわけではない自覚があるのなら、辞めた後のスケジュールやお金のやりくりなどは、あらかじめ計画しておきましょう

合わせて読みたい

40代の転職には信頼できる相談相手が必要。エージェントを活用しよう


リクルートエージェントは、業界最大手のリクルートが提供するエージェントサービスなので、求人数の多さは圧倒的です。公開求人だけでなく、非公開求人の多さも業界で最大級となっています。ということは、規模に比例して、40代向けの案件の数も多いということです。

登録すれば、転職のプロであるエージェントに仕事探しから条件交渉までをおまかせできて、高待遇の非公開求人に出会うことも可能です。

なぜリクルートエージェントがおすすめ?


リクルートエージェントは保有している求人数が多いので、年齢層にかかわらずどんな求人も見つかります。
今の時代、40代でも転職をしている人たちはたくさん存在します。今までの知識やノウハウを発揮できる企業を、エージェントがきっと紹介してくれるはずです。

リクルートエージェントの魅力
  • 圧倒的な支持のあるリクルートエージェントだから求人内容も豊富
  • 非公開求人が多数あるので登録すれば魅力的な高待遇求人に出会える
  • 専任のアドバイザーが転職ノウハウを教えてくれる

登録は無料です。ぜひチェックしてみてください。

次の仕事を探すタイミングはどうするか

仕事に疲れた40代にとって最も理想的なのは、現職に就いているうちに転職活動をして次の仕事を見つけ、溜まっている有給休暇を消化して、しっかり鋭気を養ったうえで新天地に臨むことです。しかし、以下のような理由でそれが叶わないこともあるでしょう。

チェックポイント

  • 現職が忙しすぎて転職活動どころではなかった
  • 「○月末で辞める」と宣言してしまったため、まだ転職先が決まっていないが引っ込みがつかない
  • 今の勤め先での職歴が浅いため、有給休暇の残日数が少ない
  • 心身が限界なので、後先考えずにまず退職してしまった

こういう場合は仕方がありません。とにかく早く次の仕事を見つけて安心するために、すぐ転職活動を始めたほうがいいでしょう。一般的に、職歴にブランクがあると転職では不利になってしまいますが、1ヶ月以内のブランクなら、履歴書をパッと見ただけではわかりません。

他社でも通じるスキルを持っているか

40代には、20代・30代にはない経験があります。長年ひとつのことをしていれば、自然とキャリアが形成されるものです。以下のようなキャリアがあれば、転職市場では高く評価されるでしょう。

チェックポイント

  • 新卒から営業一本でやっていて、新規営業から既存営業まですべてできる
  • メーカーでプロダクトデザインをしていたため、デザインスキルはある程度ついている
  • キャリアの後半は管理職として20人のチームリーダーをやっていたため、マネジメントスキルがある

また、仕事をしているうえで必要にかられて取った免許や資格があれば、転職のときにそれが思わぬ形で役に立つ事もあります。しかし40代は社会人になってからの年数が長く、せっかくのスキルや経験を忘れていることもあります。まずは転職市場での自分の価値を高めるために、これまでの社会人生活を振り返って思い出してみましょう。

一方、これまで一貫しないさまざまな仕事を飛び回っていたり、長年の経験はあるけれど特別なスキルにつながらない仕事だったりすると、「40代」は価値が下がり、ただ年齢だけ重ねてきた人だと見られます。

合わせて読みたい

転職先は今後の人生を預けられる会社かどうか

40代ならまだ頭も手足もしっかり動くので、「まだまだ自分は働ける」「どこにいってもうまくやれる」と、楽観的に考えていられるかもしれません。しかし現実問題、次になにかあったら再度の転職はかなり厳しいと思ったほうがいいでしょう。経営者クラスなどよほどのハイキャリアでないかぎり、40代半ば~終盤で転職したなら、その会社に定年までいる運命になるはずです。

ということは、会社の安定性をしっかり吟味して転職することが不可欠になってきます。スタートアップ企業など、将来性重視の若い会社に今から飛び込むつもりなら、相応のリスクヘッジはしておかなければいけません。

合わせて読みたい

その会社、定年まで働ける?キャリコネで口コミをチェックしてみよう

キャリコネは、全国60万社以上の企業について、実際の社員からの口コミが見られる転職情報サイトです。面接時に聞かれがちなことなど、転職のときに役立つ情報から、社内の雰囲気や有給のとりやすさなど社員の実感がこもった赤裸々な情報まで、求職者の知りたいことが満載です。口コミサイトでは、自分も口コミをしないと他の情報が閲覧できない仕組みのところもありますが、キャリコネは会員登録さえすれば口コミは見放題。企業研究のために、登録しておいて損はありません。

次の仕事が見つかるまでに生活できる資金があるか

すぐに転職の予定がない場合、退職前に考えておきたいのが、「現在の貯金額」と「1ヶ月間に最低限必要な生活費+諸費用」です。衣食住の費用・光熱費・通信費などを生活費と考えて、全てを込みで仮に「20万円」とします。その他「国民年金」「国民健康保険」「住民税」の支払い費用が月々に必要となってきます。その費用を平成28年度の場合の金額から概算すると「国民健康保険が約4万円」「住民税が約2万円」とした場合、国民年金1万6260円をプラスし約8万円。生活費と合計すると1カ月当たりの出費は約28万になります。

(現在の貯金残高)÷(約28万円)が、あなたが貯金で生活できる期間であると計算し、把握したうえで今後の計画を立てる事が必要です。

合わせて読みたい

近いうちに大きな出費が発生する予定はないか

日常生活で使える金額をまず把握したうえで、家のローンや保険のまとめ払い、車検費用や自動車税などの大型の出費についても考える必要があります。年に一回来る出費が、無職のときに集中すると大変です。

また子供がいる家庭は、子供の成長によって学費など学校関連でお金がかかることばかりです。なので、子供にかかる学校の費用がいくら必要になるのかを調べておくべきです。お金のかかる部活に入っている子供であれば、大きな部費徴収の予定がないか確認しておきましょう。

これから子供が生まれる家庭や、いつ入院するかわからない持病のある家族を抱えている家庭では、医療費の余裕もみておかなければなりません。

合わせて読みたい

介護が必要な親族に対応しきれるかどうか

40代ともなると、両親がまったく健康で、自力で生活できていられるとは限らないものです。介護が必要になっていることも多いでしょう。たとえあなた自身の家庭には問題がなく、よい転職先が見つかって円満に退職できたとしても、実家の親の介護が必要な状況になれば、仕事に集中できなくなるかもしれません。

長年勤めていた会社なら、あなたのこれまでの会社への貢献を評価して、介護のために仕事を犠牲にすることも許してくれるでしょう。しかし、転職して何の働きもしていないうちにすぐ介護休暇が必要になると、あなたは会社にとって厄介な存在になってしまいます。

親兄弟などの健康状態に心配があるのなら、退職・転職は少し様子見するか、何かあってもお金で解決できるくらいの余裕が必要です。

独立開業・起業をしたい場合、充分な資金があるか

独立や起業のために会社を辞めることもあるでしょう。しかし、「独立するために資金を貯めて辞める」という順番ではなく、「仕事を辞めたいので前々から考えていた独立をしようと思う」という考え方では不安です。「仕事を辞めたい」が一番の動機になってしまうと、すべてがネガティブで無計画な方向に引っ張られてしまいます。

独立を目指していて、すでに充分な資金や人脈があり、生活費の心配もないのであれば、この機に仕事の仕方を変えてみるのはありです。しかし、ついでのように、退職のための逃げ道のように独立を考えているのであれば、少し立ち止まってみてください。自分の通帳をよく見て、周りの意見を聞いて、少し冷静になってから改めて独立を考えても遅くはありません

合わせて読みたい

子供への影響はどうか

40代になっていると、お子さんも大きくなられているはずです。高校生以上の年齢になっている場合もあるでしょう。社会的にある程度分別のつく年齢の子供にとって、親が仕事をやめるということはどう映るでしょうか。日頃の生活に余裕があればなんてことはないかもしれませんが、不安に思われる場合もあるでしょう。

それでも、今の仕事をやめざるを得ないのなら、子供の年齢によってはきちんと説明して不安を取り除く必要があります。生活レベルが急に落ちるわけではないこと、学費などは心配ないこと、などを伝えて安心させてあげましょう。

配偶者・パートナーへの影響はどうか

家庭のある40代が仕事を辞めたくなった時、一番にしなくてはいけない事は配偶者への相談です。相談しづらいかもしれませんが、配偶者はあなたと共に人生を歩んでいく存在です。あなたの行動で配偶者の生活にも大きな影響が及ぶのですから、即断で人生の大きな事を決めてしまうと今後の共同生活に大きなしこりが残る可能性もおおいにあります。

今後のためには、なぜ退職を考えているのか、今後はどうしていきたいと思っているのか、配偶者に対してどのように思っているかなどを包み隠さずに伝えましょう。配偶者には配偶者の意見があり、諸手を挙げ賛成してくれない場合もあるでしょう。反対に快くサポートしてくれるかもしれません。どちらの場合も配偶者の意見にきちんと耳を傾ける事が必要です。

取得しておいたほうがいい資格はあるか

退職して転職したいと考えている場合、特に今までとは違う新天地の仕事に挑戦したい場合は、資格があったほうが絶対に有利になることがあります。40代から新しいことを覚えるのは簡単ではありませんし、会社も40代には一から教育をしたりせず、もともと持っているスキルに期待しています。そんなときに、持っているべき資格のひとつもないようでは、会社もあなたに期待してくれないかもしれません。

「40代から新しい挑戦をするために、資格くらいは取りました」と胸を張って言える状態で転職ができれば、会社からは高く評価されるでしょう。有給が1ヶ月以上貯まっていたりして、転職するまでに時間の余裕があるのなら、その間に資格取得のための勉強をして、有意義に過ごすのもいいかもしれません。

合わせて読みたい

ワークライフバランスに納得はできるか

40代の転職では、「子供との時間を増やしたい」「若い頃のように無理して夜中まで働くのは避けたい」など、時間的な余裕を求めることも多いでしょう。また、郊外に家を買うなどして家から職場までが遠くなり、長い通勤時間をかけて無理して通っていたのをなんとかしたい、という動機もあるかもしれません。

そのため、これから転職を考えるなら、「40代なりのワークライフバランスを実現できるところかどうか」を一つの指標にしたほうがよいでしょう。時間に余裕ができれば気持ちにも余裕が生まれます。残業の少ない会社に転職しただけで、仕事の効率も家族仲も良くなったという体験談もしばしばあります。

合わせて読みたい

今の会社に早期退職制度はあるか

会社の経営方針によっては、中年社員を対象とした早期退職制度を取り入れていることもあります。40代がその対象になっていることも少なくありません。早期退職制度のメリットは以下のようなものです。

チェックポイント

  • 退職金の割増がある
  • 再就職先を斡旋してもらえる
  • ストレスで心身を壊す前に円満に退職できる

40代の社員は、子供もちょうどお金がかかる時期であったり、住宅ローンもまだ終わっていない人が多く、一番生活費がかかる年代なので、家族のために頑張って働く必要があります。ですので、早期退職制度があって、そのメリットを享受できるようなら、ぜひ申し出て制度を活用しましょう。

合わせて読みたい

責任の重いポジションに就いても耐えられるか

40代の転職では、管理職の求人が自然と多くなります。場合によっては経営者クラスの求人もあるでしょう。そのような求人は年収も高いので魅力的ですが、知らない会社でいきなり部下を持ち目標を課せられることに、今の自分がちゃんと耐えられるかどうか想像してみましょう。

仕事を辞めたいと思っている今、もし体調に影響するほど心が弱っているのであれば、チャレンジ性の高い転職はしないほうがいいかもしれません。それでも年齢的なプライドでやっぱりハイクラスの求人に挑戦したいのであれば、事業内容や部下の人数、自分に求められる働きなど、入社後のことが具体的に想像できるような情報をなるべくたくさん得ておきましょう。

合わせて読みたい

自分自身の健康面の心配はないか

40代というと親の介護が現実的になる年齢ではありますが、自分の身体にも寄る年波を感じますよね。自分はまだ元気なつもりでも、健康診断ではどこかに要注意な数値がでたり、同年代で脳梗塞で倒れた人の話を耳にしたり……。老眼や腰痛などの地味な不調も気になる年頃です。

もしすでに持病があったり、なにかしらの爆弾を身体に抱えているのなら、常にもしものことを考えて次の仕事選びをしましょう。有給消化中で暇なうちに、入っている保険を見直しに相談に行ってみるのもいいかもしれません。

失業給付はいつまで受けられるか

すぐに転職せず、退職してから一休みするつもりなら、失業給付はぜひ活用しましょう。会社都合退職か自己都合退職かによって、給付の始まる日が変わってくるので、もし会社都合退職にできそうな状況なら、退職前からそのように手配しておくべきです。

自己都合の退職ならば、申請後の3ヶ月でもらえるようになります。また、もらい続けるためには職業訓練を受けたり、「仕事を探してはいるけれどまだ見つからない」という証拠を定期的に提出する必要があります。給付を受けている間のアルバイトは制限があります。よく調べた上で、いつまで失業保険のお世話になるかを計画しましょう。もちろん不正受給は厳禁です。

合わせて読みたい

クレジットカードの作成・設定変更の予定はないか

40代で会社員であればクレジットカードはほとんどの方が持っているでしょう。そのカードをそのまま使い続けて問題ない場合は、特になにもする必要はありません。しかし以下の場合は、会社を辞める前に手続きをしておいたほうが賢明です。会社を辞めてしまうと固定収入の証明ができなくなり、各種審査が通りにくくなってしまうからです。

チェックポイント

  • 使用限度枠やキャッシング可能枠の増額をしたい場合
  • ゴールドカードなど、ランクを上げるためのオファーが来ている場合
  • これから新しいクレジットカードを作りたい場合

また、金銭的に不安定な生活をしている場合、転職活動が長引いて貯金が尽きたら、クレジットカードのキャッシング機能に頼りたくなるかもしれません。このような心配に備えるためにも、クレジットカードを持っていないなら退職前に作っておいたほうがよいでしょう。

仕事を辞めたい40代はまず転職先を見つけたほうがいい

40代という、さまざまな社会的責任がつきまとう年代の会社員にとって、無計画に仕事を辞めてしまうことがどれだけリスクになるか、お分かりいただけたと思います。

余裕資金が充分にある場合と、心身の健康を最優先したい場合は別ですが、やはり安心なのは転職先を見つけておくことです。転職サービスにも以下のようにさまざまなものがあるので、自分の状況に合わせて納得して利用できるものがきっとあるはずです。

チェックポイント

  • 親身に相談に乗ってくれて、スケジュール調整や面接同行もしてくれる手厚いエージェント
  • 自分のペースで理想の仕事を探せる転職情報サイト
  • 40代ならではのハイクラス求人を専門にしている人材紹介サービス

サービスによっては、忙しい40代に合わせて、定時後や休日に相談受付のできるところもあります。「仕事を辞めたい」という思いを抱えたまま、忙しい中での転職活動は簡単ではないかもしれませんが、頼れる相手はたくさんいます。

合わせて読みたい
適性検査LP

人気コラム

人気転職エージェント

記事一覧