1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事辞めたい
  4. 仕事辞めたい40代が考えなくてはいけない18個の事
仕事辞めたい

仕事辞めたい40代が考えなくてはいけない18個の事

仕事辞めたい40代の本当の理由は

20代や30歳であれば転職に関しても向上心やジョブチェンジとして世間的には前向きに捉えてくれる事も多いでしょう。しかし、40歳にもなって仕事を辞めるとなると世間体が気になるところです。世の中の目としては仕事が出来ないからリストラされたのではないか、会社で何か悪い事でもしたのではないかと気になる方や偏見を持たれる事もありかもしれません。周囲の目を気にしてばかりでは前に進むことも出来ませんし、むしろマイナスな時間を過ごす事になりませんか。

そんな時は知人や力になってくれる人に相談する時は本音ベースで話される事をお勧めします。本音と建前があると思いますが、本音を第3者に打ち明ける事で自分の中で整理する事もでき、ブレない自分の思考の構築にもなります。しっかりとした自分自身の方向性を把握しておくことも重要です。

仕事を辞めたい40代には本音と建前が存在する

転職経験のある人にアンケート調査をした結果です。元の会社を辞めた理由をタテマエ(建て前)とホンネ(本音)に分けて聞きました。

タテマエで最も多かったのは「キャリアアップしたかった」で38%。転職したことに負い目を感じて、何となく格好良く見せたかったのでしょうか。同じ理由は、ホンネではわずか6%でした。

ホンネの1位は「上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった」で23%。タテマエの理由としては9位でわずか2%。転職する理由としては、すごくまっとうなものですが、やはり、周りに配慮してタテマエは違う理由にしていたのでしょうか。転職の理由さえ、オープンにすることがはばかられる。会社勤めとはなんとつらいものでしょう。

タテマエでもホンネでも上位にあったのは「労働時間・環境が不満だった」。タテマエでは3位で11%。ホンネでは2位で14%でした。いずれも「給与が低かった」より上位であり、いくら給与が高くても、長時間労働や環境の悪さはイヤ、ということでしょうか。

40代で仕事をやめる時考えておく必要がある18個の事

「仕事を辞める」という言葉を聞いた時、あなたはどう思いますか?せっかく苦労して得た職を辞める、受け取る人によっては「中途半端な」あるいは「能力がなかったからだ」などマイナスなイメージを持つかもしれません。けれどもそんなことはありません。広い世界を見渡せば、転職やリストラ、退職など、職を辞めるあるいは替えることで別の幸せな人生を得た人が多くいます。「仕事を辞めたい」と思ったときは、是非、一人で悩まずに誰かに相談してみましょう。自分一人ではたどり着けなかった答えにたどり着くかもしれません。

例えばご家族はどうでしょう?中には妻にさえ仕事におけるストレスを相談せず、取り返しのつかないことをしてしまう人もいるようです。でも、家族というのは自分にとって一番近いところにいる人たちであり、一番の理解者ではないでしょうか。まずはそこから、自分の抱えていることを打ち明け、相談してみるのもいいと思います。また、客観的な立場から物事を見てもらい、意見を聞く、というのも大事なことですよね。こちらでは、誰かに相談する前に、知っておいたほうがいいことをご紹介します。

他社でも活用できるスキルは持ち合わせているか考える

40代の社会人なら仕事で色々な事を経験しているため、転職に役立つスキルを持っている事もあります。新卒から営業一本でやっていて、新規営業から既存営業まですべてできる、メーカーでプロダクトデザインをしていたため、デザインスキルは優れている、キャリアの後半は管理職として20人のチームリーダーをやっていたため、マネジメントスキルがある、など転職の市場では高く評価される場合があります。

また自動車整備工場で働いていた時に大型免許を取得したという人も自分では大型免許があっても転職には役に立たないと思っていても、実際に転職しようと思った時にはそれが思わぬ形で役に立つ事もあります。ですが、意外と多くの人はそういう経験があってもそれがどれだけ役に立つか理解していない事があります。意外とそういう一見して転職する時に役に立たなそうなものでも思わぬ形でそのスキルが役に立つ事もあります。ですから、今自分が持っているスキルをがどういう事に役に立つか一度考えるのも良いかもしれません。

会社を辞めた後、現在の貯金でどれくらい生活できるのか

退職する事を考えた時に把握しておきたいのが、「現在の貯金額」と「1ヶ月間に最低限必要な生活費+諸費用」です。退職して無給の日々が始まったとしても、日々の生活には金銭の動きが必ず出てきます。毎日生活して行く上で不可欠な衣食住の費用・光熱費・通信費などを生活費と考えて、全てを込みで仮に「20万円」とします。その他「国民年金」「国民健康保険」「住民税」の支払い費用が月々に必要となってきます。その費用を平成28年度の場合の金額から概算すると「国民健康保険が約4万円」「住民税が約2万円」とした場合、国民年金1万6260円をプラスし約8万円。生活費と合計すると1カ月当たりの出費は約28万になります。

(現在の貯金残高)÷(約28万円)が、あなたが貯金で生活できる期間であると計算し、把握したうえで今後の計画を立てる事が必要です。

後に発生する大きめな出費を把握する

日常生活で使える金額をまず把握し、いつかは払わなければいけない「家のローン」や「保険」などの大型の出費についても考える必要があります。日常生活で使える金額の中に「家賃」や「家のローン」を含みましたか?「家賃」や「家のローン」は出費の中では大きいものです。家のローンの他にも、「火災保険」や「自動車保険」といった様々な保険も月々の大きな出費となってしまいます。保険に関しては必要なものと必要ではないものを見分けることで月にかかる大きな出費を減らすことができます。

また子供がいる家庭は子供の成長によって学費など学校関連でお金がかかることばかりです。なので、子供にかかる学校の費用の金額はいくら必要になるのかを調べた上で用意しておくことが大切です。

自分の親や奥さん・旦那さんの親の介護が必要かどうか

あなた自身の年齢が中年くらいになると、両親の年齢は介護が必要な年齢に達していることが多く見られ、中にはすでに要介護状態の方を抱えているかもしれません。たとえ勤務先での仕事が順風満帆で充実していても、どちらか片方の親が介護を必要とするようになり、それを理由に会社を退職をせざるを得ないような状況に陥ってしまうこともあります。

また、あなたに兄弟姉妹がいるならお互いにサポートを得ながら介護できますが、もしも一人っ子ならそういうわけにもいかないでしょう。介護のために職を辞すると、自身の生活の大半をそれにあててしまうことになりますが、経済的な面での心配が少しずつ増えてきます。そういった悩みや恐れを払拭するために、気分転換に数時間でパートとして働いたり、在宅で仕事ができるクラウドソーシングを活用する、などの方法が考えられます。

今後の人生設計について考える

定年が65才に延長されようとしています。大卒で社会に出たとして、40年余り働くことになります。40代半ばとなると社会人としての生活は折り返し点です。「定年なんてまだまだ先のこと」と、のんびり構えていてもいいのでしょうか。

会社勤めの人は厚生年金に加入しているので、一定程度の年金は受給することができます。しかし、それだけでゆとりのある老後を送ることはできるでしょうか。自営業など、国民年金のみの加入の場合は、受け取れる年金は少なくなります。老後を安心して暮らすための資金は充分でしょうか。

少子高齢化の加速により、今後、働く世代が減少して年金財政が不安定となることは必至です。そのような状況では、公的年金だけに頼ることはできません。今の生活を楽しむことも大切ですが、将来も安定した生活を維持していくためには、今から自分たちで対策を講じておく必要があります。個人年金の加入や金融商品の購入など、検討してみてはいかがでしょうか。

子供への気遣いは考えている?

40代になっていると、お子さんも大きくなられているはずです。高校生や大学生になっている場合もあるでしょう。高校生や大学生の子供がいる人にとって、仕事をやめる事がどのような事なのか子供も理解できるので、不安を与えてしまいます。また本当に転職できるのかあなた自信も不安ですよね。

しかし、長時間労働や急な組織変更による人間関係の悪化などでストレスが貯まり、これ以上会社にいられない状況になってしまった場合、今の仕事をやめざるを得ないでしょう。そのまま我慢して働いてしまうと取り返しのつかない事になりかねないので、早めに退職するべきです。子供たちのことを考えた場合、自分はどうすれば良いのか、良く考えておきましょう。

奥さん・旦那さんへの気遣いは考えている?

家庭を持っている立場の40代で仕事を辞めたいと感じた時、一番にしなくてはいけない事は配偶者への相談です。相談しづらいと思う気持ちは当然あるでしょうが、配偶者はあなたと共に人生を歩んでいく存在です。あなたの行動で配偶者の生活にも大きな影響が及ぶのですから、即断で人生の大きな事を決めてしまうと今後の家庭での共同生活に大きなしこり残ったり、修復が難しい亀裂が入る可能性もおおいにあります。

きちんとしっかりとした自分の言葉で、なぜ退職を考えているのかという理由、今後はどうしていきたいと思っているのか、配偶者に対してどのように思っているかなどを包み隠さずに伝え相談する事は一緒に暮らしていく上で必ず通過するべき事です。配偶者には配偶者の意見があるはずです。諸手を挙げ賛成してくれない場合ももちろんあるでしょう。反対に全面的にサポートを快く申し出てくれる事もあるかもしれません。どちらの場合も配偶者の意見に対して、時間を取りきちんと耳を傾ける事が必要です。

資格取得について

もし貴方が今の職から新しく起業や、転職をしたいと考えているのなら何らかの資格をもっていた方が転職しやすくなります。資格があることで自分のやりたい職の選択が増えることになります。

例にだすと、貴方がもし介護の仕事につきたい時に「介護職員初任研修」の資格やヘルパーの資格などをもつことで、より高い介護を提供できるようになります。またタクシーやバスを運転するために必要な「第二種運転免許」をとったり、貴方が料理をする事がすきなら「調理師」の資格をもつそうすることで、お店を開けたりと仕事の幅を増やます。その仕事にあった免許、資格をもつことで、自分がやりたい次の仕事に役立つとおもいます。自分が何をしたいのか考えてその仕事にたいして必要な資格をとることで貴方がやりたい事を増やすことができます。

もっと自由に使える時間が欲しい

家から職場までが遠く、通勤に時間がかかるため早朝に家を出発しなければならないという人がいるのではないでしょうか。それに加えて、仕事も残業が多いと帰りが遅くなってしまいます。家族を支える必要資金のためを思えば仕方のないことですが、仕事ばかりに時間を取られるこの生活をずっと続けて良いのか疑問に思って悩んでいる人は多いはずです。

「日々の生活に時間を取られてしまい、自分の自由な時間がありません」
「自分のための時間を持つことができれば、心にも余裕が出てくるかもしれません」

仕事にばかり時間を取られてしまう人たちの中には、自由な時間があればというような同じ悩みを抱えている人が多いのではないでしょうか。自分の時間を持つことができれば気持ち的にも余裕が生まれるし、家族と団らんの時間を過ごすことができます。日々の生活に時間を取られてしまう人たちにとっては、心に余裕が持てるような過ごし方をしている人たちはそれだけ時間があるということなので、羨ましいですね。

早期退職制度について

40代の社員は、すでに出世して重要な役職についている人もいますが、能力が低かったり、出世ルートから外れてしまったりと、今後も出世できる見込みがない人もいます。そのような人は、今後若手の仕事ができる社員に追い越されることも多いでしょうし、会社からまったく期待されなくなることもあります。さらに、経営状態においては中年社員を対象とした早期退職制度を取り入れている会社もあります。

しかしその対象となるような40代の社員は、子供もちょうどお金がかかる時期であったり、住宅ローンもまだ終わっていない人が多く、一番生活費がかかる年代なので、家族のために頑張って働く必要があります。ですので、早期退職制度があったとしても、そうすぐに退職を考えることはできないでしょう。しかし、社内でも今後も出世できる見込みもなく、会社からも期待されず、仕事に対する意欲が下がってしまっているという場合、退職すべきなのかこのまま続けるべきなのか、迷うことが多いでしょう。

仕事の責任が重い

40代の働き盛りの人は日々責任という重圧を感じていることが少なくないようです。40代になるとたくさんの人が会社の重要な役割を任されます。昇進という喜びもそこそこに、上司からのプレッシャーと部下からの反発の板挟みになって、今までにないストレスにさらされることになるからです。今までは自分個人の頑張りが反映されていた評価も、どれくらい部下をうまく動かし、結果を出せるかという能力が重要視されるようになってきます。

例えば営業なら、自分が直に顧客を増やすことが評価されていた昔と違い、部下全員の仕事がトータルとして営業目標を達成したか、ということが自分の評価につながるのです。また、役職に着くことによって、仕事がうまくいかなかったときに負う責任も大きくなり、仕事量は増える一方です。このような状況ではたくさんの40代が日々プレッシャーと戦っているというのもうなずけることでしょう。

体調不良や老化など、健康面について

30代まではまだまだ体力もあるので、連日の長時間労働や体力を使うような大変な仕事でもなんとかやりきれるように感じます。しかし、40代を超えると、やはり20代や30代の時と比べると、年のせいか無理ができなくなります。頭ではまだ大丈夫だと思って気力で補おうとしても、疲れが取れにくくなったりと体力の限界を感じるようになります。

加えて体力だけでなく他にも、近くのものが見えにい老眼になり、白髪が増えてしまったりと自分自身でも老化現象をはっきりと感じるようになります。そのため、今後も今のような激務に自分が耐えられるのか不安になり、仕事が続けられるかと不安になることがあります。

辞めた場合の収入について

労働収入が無く、貯金を切り崩しての生活には不安がつきまといます。現状から何か収入源となるものは無いか探ってみましょう。お勤めしていた会社に退職金制度があるのかを調べてみましょう。お勤めの時に同僚から退職金の話題はありませんでしたか?また、あなたの配偶者がお勤めならその収入額も把握しておきましょう。

ご自分でできる範囲では、不要な日常品や嗜好品などリサイクルショップに出してみましょう。お勤めの頃よりは、ご自分の自由な時間は多いと思います。
ここは断捨離も兼ねてお金に変えられる物はお金にしておきましょう。また時としてリサイクルショップよりネットオークションの方が高く売れる場合があります。ネットオークションを使い慣れれば「せどり」のやり取りが行える可能性があります。「せどり」とは、いわゆる安く買って高く売るという方法です。

失業保険のルールは、自己都合の退職ならば申請後の3ヶ月で貰えるようになります。失業保険を受給するには失業の認定を貰い説明会に参加する事が必須となります。

辞める前にクレジットカードは作っておく

会社を辞めてしまうと、固定収入がなくなることから、クレジットカードを新規で作ることが困難となってしまいます。転職する際に、すでに転職先が決まっていて、転職までの期間もそう長くないということであれば、そのような心配をする必要はないかも知れません。しかし、次の会社で最初の給料がもらえるまでの間に、現金が不足してしまうという状態になってしまうことも十分あり得ると考えられます。

無職の状態となってからだと、クレジットカードをつくる時の審査に影響を与えることになるので、クレジットカードやキャッシングのためのカードは在職中に作ってしまうことが大切です。仕事を辞めてしまえば、急に現金が必要になったときに困る場合があります。結婚式の招待のような慶事やお葬式などの弔事が発生する場合もあるからです。そんな万一に備えて、いつでもキャッシングしてもらえるように備えておく必要があるでしょう。

マネジメント力などのポータブルスキルについて

40代する転職に必要なのは、長年の経験に裏付けられた管理能力新規案件を成功させる実務能力であり、新しく資格を取ることは重要ではありません。なぜならば、会社が40代の転職者を迎え入れる際は、すぐに仕事に取り掛かれる管理職として採用する場合が多いからです。また、管理職として採用しない場合でも、入社後間もなく管理職のポストや新規案件の取りまとめを一任したいと思っていることもあります。

一方で、独立した時こそ、マネジメント能力や新しい案件を動かす能力、ポータブルスキルが活かすことが出来ます。どういうことかというと、当月の売上達成のための仕事配分、納期厳守達成の為にすべき仕事のペース配分、優先度は低いが内容に重きがおかれる仕事のスケジューリング、月単位週単位一日単位で実施必須の作業が何であるか、独立後は自分の仕事全てを管理しなければならないからです。

辞めた場合の明確なビジョンについて

仕事を辞めたい人ほど、しっかりと考えていただきたいことがあります。それは、「辞めた後のビジョン」です。今の仕事を辞めたあと、どのようなことに取り組み、どのようなことを達成するつもりでいるのか計画は立てられていますでしょうか。

一例ですが、会社でWebデザイナーとして主にデザインを担当していたので、クラウドソーシングを利用して独立して、デザインの仕事を請け負う事、またはドライバーが不足しているという需要に応え、タクシーやマイクロバスの運転手になる、などがビジョンとして挙げられます。または、自分に興味のあることや、馴染みのある土地での生活などやりたいことを辞めた後のビジョンとして考えても良いでしょう。例えば、農業に興味があるので田舎にUターンして農家として稼ぐなどが挙げられます。仕事を辞めた後のビジョンを持つ人ほど、退職後スムーズに生活を軌道に乗せることができます

仕事を探すタイミングについて

働きながら転職を考えた場合、次の仕事を見つけてから退職するか退職後に就職活動する方法しかありません。収入があるうちに就職活動をして内定を貰っておくと、退職後も収入の心配をする事はないでしょう。しかし、勤め先や担当している仕事の都合で退職日が定まらない場合は転職活動が思うように進みません。転職を考えた時点で、時間に余裕のある時は積極的に活動をすると良いでしょう。

面接は平日を指定される事が多いので、上手く仕事の量を調整する事が大切です。退職日が定まっている場合は、面接先も前向きに検討してくる事が多いです。円滑な転職活動は、退職日の確定から始めるのが無難です。その方が仕事を片付ける目処や、次の仕事の開始日も定め易いので生活にも張りが出ます。働く事に対するモチベーションを維持しながら活動する事を意識すると良いでしょう。

転職や独立などした時、どれくらい収入が必要か

転職や、独立するにあたって心配なことは収入面です。「今と同等の収入が理想だけど、それ以上必要なのか」「倹約しているから8割程度ならいいのか」など色々考えると思います。今や将来の生活スタイルに合わせて仕事を選択していかなくてはいけません。

独立となると波に乗るまで時間がかかり、思うような収入が得られない場合もあります。しばらくは少ない収入で生活をしなくてはならないかもしれません。給料が少ないままでまかなっていけるのでしょうか。生活は苦しくなるはずなので、貯金を切り崩したり、何か副業をみつけているかもしれません。

何か自分でやりたいお仕事をすることはとても魅力的だし素敵なことです。ですが思いつきで行動するのではなく事業についての計画や生活状況の見直しなど様々な面の計画をたてなければいけません。

まず仕事を辞めたい40代は転職の相談をしよう

仕事に不満を感じている40代の方々、ただただ我慢しながら職場に通う毎日よりも、これからの自分の人生をより良くするようなやりがいの感じられる仕事に就きたいと考えたこと一度はあるでしょう。今まで我慢してきた分、自分の人生の幸せのためにも行動してみてはいかがでしょうか。

転職する際の方法としてまずは転職サイトの利用やエージェントサービスに相談ということなどが考えられます。転職サイトなどはスマホからいつでも気軽にアクセスすることができますし、自分の好きな時間に利用することができるので気軽さという点ではとても便利なサイトがたくさんあります。何よりエージェントに相談することも可能なので自分がどんな資格を持っていて、どんな仕事に就きたいと考えているのか事前に登録することで、あなたに合った仕事を紹介してくれます。もちろんあなたが納得のいかない場合は断ることもできるので、転職を考えた時の一番の見方になってくれるでしょう。

中でも有名なサイトとしてリクナビNEXTなどが挙げられます。迷った時はリクナビNEXTが親身に相談に乗ってくれるので、転職の方法などあなたの仕事に関する思いや悩みなど一度気軽に相談してみても損はないと思います。あなたのこれからの人生がより明るく幸せなものになるように行動することが大切なのだと思います。

ランキング

記事一覧