1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事辞めたい
  4. 仕事を辞めたい2年目の理由と6つの転職のポイント

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

仕事辞めたい

仕事を辞めたい2年目の理由と6つの転職のポイント

仕事辞めたい2年目の理由

「2年目で会社を辞めても転職できるのか」「社会人2年目にもかかわらず仕事を辞めたくてしょうがない」

など、新卒で入社した会社が合わずに悩んでいる社会人2年目の人は多いです。ここではまず、なぜ仕事を辞めたいと感じてしますのか理由を明確にしましょう。理由を明確にする事で、自分は仕事に対して何を大事にしているのか、何が欠けているとモチベーションが上がらないのか、など今後のキャリアについて方向性が見えてきます。あなたのキャリアに傷がつかないような選択をサポートさせて頂きます。辞めるか否かの選択の中で誤った決断をしてしまうと、数年後にはまた同じような壁にぶつかってしまう恐れがあります。

このページを読むことで、あなたが何で会社を辞めたいのかという理由別に、あなたにとって最善の意思決定をするための必要な情報をすべて把握して頂けます。

合わせて読みたい

成長できそうにない

「入社2年目、毎日の仕事内容にも変化が無く、このまま勤めていても何を得られるのかと不安になる。」
このような悩みを抱えてる方は以下の2点を参考にしてみてはいかがでしょうか。

今の会社で自分を成長に導く要素があるのか考える

今の会社であなたは何をしたいのか、部署移動をすれば納得のいく仕事が出来ますか。もし希望の部署があるのであれば、こっそり上司に相談してみましょう。会社に取っては重要な戦力を失いたくないですし、高いモチベーションで取り組んで成果が得られるようであれば前向きに異動の検討はしてくれるでしょう。

希望が叶わない場合は転職活動を始める

異動が出来ない場合、社内に求める仕事が無い場合は転職を考えましょう。納得できない職場で働いていても、あなたの成長には繋がらず、将来を考えたら大きな損失で時間が無駄に過ぎるだけです。「好きこそものの上手なれ」とありますが、嫌々仕事をするのと、楽しんで前向きに仕事をするのでは成長スピードが圧倒的に違います。

転職を考えてみる

働き始めた事により価値観が変化した

入社時と今では、会社や仕事に求めるものが変わったということはありませんか。

就職活動では誰よりも成長したいと考えていたが、入社し結婚したら安定を求めるようになった人や、バリバリ働きたいと考えていたが、ワークライフバランスをしっかりと考えたいと思うようになった人など様々いると思います。このような思いや悩みを持っている人は、考えるよりまずは行動です。転職活動を徐々に始めていき、自分の求めるものに合った会社を見つけ出しましょう。自分の求めるものを得られない会社に今いる場合は、時間の無駄と言っても過言ではありません。

転職活動をする際に大切なものがあります。それは「自己分析」です。価値観の変化を転職理由にした場合、どうして価値観が変わったのか、ということを面接の際によく聞かれます。ここで「どうして」の部分にうまく答えられなかった場合、「ただ前の会社に不満があって辞めただけではないのか」「採用しても、この会社でまた価値観が変わったらすぐに辞めるのではないか」と思われてしまいます。しっかり自己分析を行い、転職活動に挑むようにしましょう。

転職を考えてみる

会社のビジョンについていけない

「会社を見てきて、社風ややり方に疑問を感じた。」
「経営陣や先輩社員の仕事への姿勢や立ち振る舞いを見ていて会社の将来に不安を覚えた。」

このような悩みをお持ちであれば転職活動を始めるタイミングです。あなたが希望する分野をエージェントに相談し、納得のいく会社を見つけ飛び込んでみましょう。理由は以下の2点です。

2年目社員が会社の方針を変えるには時間がかかるから

経営陣や上の考え方が直ぐには変わらないですし、会社の体制や仕事のあり方に疑問や不安を抱えるようになり、やり過ごしていても、何も変わらず不安ばかりが膨らむだけです。

2年目で感じた不安や不満はなかなか払拭できないから

何事もそうですが、1度感じてしまった不安や不満はすぐには解決できない事が多いです。仕事についても、会社に不安や不満を感じてしまったら、もやもやした気持ちで働く事になり、なかなか解決することはありません。気軽に上司に相談できる内容でもないし、体制や組織がすぐに変わる事もありません。

しかし、辞める決断をしても焦って退職しないようにしましょう。次の会社が見つからないからと何処でも良いと考えても同じ事の繰り返しになり転職するリスクが高まってしまうからです。

自分に合った転職先を探してみる

社風や会社風土が合わない

「上下関係が厳格過ぎるブラック企業を理不尽と思わない自分に気づいた」
「労働基準法など全く無視したサービス残業当たり前の会社だった」
「会社でこれまで1年以上働いてきたがとても外では口に出せない汚れた場面を幾度も見てきた」

このような悩みを抱えている場合は、次のいずれかの行動を取ることが最善です。

会社に行きたくないほど辛いなら退職を考える

このまま引き続き会社に残れば、肉体的にも精神的にも追い詰められ精神障害などの病気になってしまい、そうなってしまうと社会復帰さえも難しくなってしまいます。限界を超える前に退職して、次の道を考えましょう。

何をしていいのか分からない場合は転職を考える

その会社を辞めてもその後の生活が不安になるのも当然ですので、まずは転職に向けた情報収集を行うことがおすすめです。ハローワークなどに行かなくても現在は転職専門のサイトも数多くありますので十分参考になりますし、実際に採用試験を受けてみると自分に対する社会人としての客観的な評価を知ることも出来ます。そうした経験は、今の会社に当面残る方がベターなのか、それとも新たな職場に思い切って転職した方が良いのかを決断する参考になるはずです。

合わせて読みたい

日々の仕事内容が面白くない

あなたは今の仕事に満足をしていますか?
「入社前に思い描いていた仕事とはまったく違う」
「2年目になっても毎日同じような仕事の繰り返しで飽きてしまった」

このようなことを思ったことがあるあなた、下記の2点を試してみてはいかがでしょうか?

社内での部署の変更希望を出す

「入社前に思い描いていた仕事」に近いことが社内でできるのであれば、次の異動のタイミングでその部署へ行きたいと希望を出してみましょう。もし異動の予定がない場合は、上司に相談してみてはいかがでしょうか。しっかりと理由ややる気を伝えさえすれば、要望を叶えてくれるケースも多いです。

部署変更が叶わない場合は、転職活動を始める

社内に「入社前に思い描いていた仕事」がない場合や、異動が叶わなかった場合は思い切って転職活動をしてみましょう。転職エージェントなど、あなたの転職を後押ししてくれるサービスに登録をすることで、転職活動の効率がぐっと上がります。あなた自身のやりがいを感じられる仕事についての分析やアドバイスをしてくれるのです。二度と職場の選択ミスをしないためにも、まずは転職エージェントに相談をしてみてはいかがでしょうか。

転職を考えてみる

人間関係が良くない

社歴に関係なく、人間関係で仕事を辞めたいと感じる人は大勢います。あなたがもし「会社内で上司と折り合いが悪い」など職場の人間関係の悩みを持っていれば、これから2つ解決方を試してみてはどうでしょうか。

部署異動の申請をする

まず1つ目です。可能なら上司や先輩、もしくはもう少し上の役職者に部署異動のお願いをしてみましょう。この方法であなたの悩みが解決するのなら毎日顔を合わす事なくお互い仕事もできるようになりますよね。また部署を変えたい内容にもよりますが、気まずい相手が上司でない場合は上司に相談しても良いと思います。若い社員が会社を辞めるという事は会社にとってもあまり良い事ではないのでちゃんと悩みを聞いてもらえる事と思います。

異動でも解決しない場合は転職を考える

異動をしても相手と顔を合わす事になったりして会社にいづらいという場合は転職も視野に入れると良いと思います。しかし転職の前に相手の悪い事ばかりを考えるのではなく自分はどうだったか考えてみて下さい。例えば、上司や先輩に対する態度はどうだったか、社会人らしい態度をとれていたか、などです。あなたのミスなどに対し叱られたときに理不尽に叱られた私のせいにばっかりされたなどと考えませんでしたか?これに当てはまるならもし転職した時も同じような事があった場合また壁にぶつかると思います。一度冷静に考えてみると違う視点から物事が見えてきますよ。

合わせて読みたい

就職活動に失敗して、入社時から辞める気でいた

「希望する会社や業種で働きたくても就職活動をしていたけどチャンスに恵まれず取り敢えず就職してしまった。」
「就職活動に失敗し、元々入ってすぐ辞めるつもりであった。」

このような悩みを抱えている方も多いと思います。辞めるにもタイミングや次の仕事に向けての準備もありますよね。そんな時は転職エージェントに相談してみましょう。理由としては、あなたが何で就職活動に失敗したのかを分析してくれることで次の対策を立てるためです。それだけじゃなく、就職活動に向けて企業の求める人材も刻々と変化しています。もちろん働く側のニーズも同様ですが、最新の企業が求める人材のトレンドや傾向を知る機会にもなりますし、自分の希望にマッチングする企業を見極める事が出来るでしょう。

2年目であれば第2新卒採用でのチャンスも大きくあり、就職活動の失敗を取り戻せる可能性も高いのです。

合わせて読みたい

給料が低い、または額があまり増えない

「ボーナスが学生時代の友達と比べて全然少ない。」
「2年も働いているのに昇給もなく、これからも上がらなそうだ。」
「手取りが少ない、家賃など生活するだけでいっぱいいっぱいになってしまう。」

このようなお悩みの方にオススメを2点ご紹介いたします。

転職エージェントに登録

2年目となれば働く上で何らかのスキルが身についていると考えられるため、現在の給料より高い設定で転職できる可能性があります。しかし、第2新卒のあなたは市場価値で考えますと、現在の職種と会社名や最終学歴が影響することも考えられます。転職エージェントに登録をして、選考を受けることで自分の市場価値を確かめることから始めましょう。そして、じっくり条件などを確認し、納得でき長く続けられそうな条件で内定がもらえた時初めて転職することを決めましょう。

転職のための準備。それまで我慢

エージェントの選考を受けて良さそうな会社が見つかったとしても、気がかりな事が少しでもあるようならまだ転職はまだしない方がいいでしょう。その理由は2点あります。

  • 今よりスキルが上がれば、もっと良い条件で転職できる可能性があるから。
  • 次の会社に不満が出てきてまた辞めたくなってしまうから。

希望通りの条件ではないのに妥協して入社しても次の会社は続きません。短期間で何社も辞めることはこれからのあなたのキャリアにマイナス要因でしかありません。そのために今の会社でもう1年間スキルと経験を重ね、さらに実績を出し、今より条件の良い会社への内定を取ることを考えた方が良い転職先への近道になります。

合わせて読みたい

精神的・肉体的に仕事がつらい

社会人2年目には下記のような悩みを持った人がいます。

「1年目から仕事での成果をあげることができず、精神的に辛い」
「2年目になったが、まったく仕事に慣れず毎日辛い思いをしている」

このような悩みを持っている人にこそ、ぜひ実践して頂きたいことがあります。下記のポイントをぜひ実践してみてください。

限界と感じたら、ためらわず退職を考える

頑張りすぎてしまった結果、うつ病など、精神や身体を病んでしまっては元も子もありません。毎日仕事を辞めたいと考えてします、時々朝ベットから起き上がるのがものすごく嫌な時がある、このようなことが当てはまれば、脳が危険を知らせています。限界を感じたら頑張りすぎず、すぐに退職の準備をはじめましょう。

とりあえず転職活動をしてみる

仕事が辛い原因の1つに、仕事があなたに合っていないという可能性もあります。転職エージェントに話を聞く、選考を受けてみましょう。転職活動や選考を受けている中で、もう少し現場での経験を積んだ方が良いと気づく場合もあり、退職するかどうかを改めて考えられる場にもなります。

転職を考えてみる

結婚して辞めたい

「彼氏から24歳の誕生日にプロポーズをされました。会社を続けようか迷っています」
「入社して2年が経とうとしています。おかげさまで仕事も増え、忙しい毎日を送っています。その為、プライベートな時間をもてずにいます」

このような悩みを抱えている方は、次の2点をおすすめします。

今の会社内で自分に合った部署がないか探してみる

せっかく出会った会社です。そう簡単に辞めてしまうのはもったいないですので、ぜひもう一度検討してみましょう。部署の異動で勤務地や条件など、今後の結婚生活を円滑におくれる部署を探しましょう。また頼れる周りの上司や先輩にも相談してみると良いでしょう。決して焦って退職はしてはいけません。

キッパリ辞めて結婚生活を優先する

深刻にストレスを抱えてまで探す必要はないと思います。社会に出て働くこと、結婚して家庭に入ること、それぞれに魅力はあり、人が幸せを感じる瞬間は人により違うと思いますので、自分にとって今何が一番幸せなのかをよく考え、答えを出すと良いでしょう。

合わせて読みたい

2年目で理想の転職するための6つのポイント

新卒2年目といえば、先輩からこつこつと仕事を教えてもらって、やっと自分で一通りのことができるようになったころです。そんな時にいかなる理由で退職をしようと思っても、はたして転職活動はうまく進むだろうかと不安に思うかもしれません。実際に2年しか働いていないし、退職することがかえって自分が行きたい道の足を引っ張ってしまうかもしれないと考える人もいるでしょう。

しかし、新卒2年目であるからこそ、転職活動をより有利にすることがあります。転職は一度きりの人生において重大な決断ですが、自分の本当の生き方のために大きな一歩を踏み出すことも必要です。その一歩を踏み出す勇気があれば、今まででは感じることのできなかった世界がそこにはあるでしょう。自分の目標に進むために、新卒2年目で転職を有利にするためのポイントを6つご紹介します。

合わせて読みたい

まずは情報収集から

転職を考え始めた時に一番大切な事は「情報収集」と言っても過言ではありません。情報収集にはたくさんの方法がありますが、大切な転職先探しのために時間や手間を使い、実際に自分が動き、気になる求人企業の説明会や面談に足を運ぶ事が生きた重要な情報につながります。

世の中には最近話題が絶えないブラック企業が数多く存在します。ブラック企業は転職サイトや転職エージェントの中にも紛れ込んでいますし、信頼できる思いがちな、職業安定所(ハローワーク)の求人情報にもあるほどです。

新卒時に奮闘した就職活動と、一度社会に出た転職は似て非なり、全く違うと考えて下さい。転職には職務経歴書等の書類の用意も必要となってきます。転職先探しをしながら、企業が求める人材はどのような物なのか、その会社のニーズと自分のスキル、そして自分が求める部分を持つ企業なのか、たくさんの情報を入手する事で転職後の後悔という悲しい事態を避ける事が出来ると考え奮闘して下さい。

合わせて読みたい

徹底的に自己分析する

転職活動を始める前に、やるべきことがあります。それは「なぜ今回の仕事を辞めたくなったのか、どのような職場であれば辞めることなく続けられたのか」を考える事です。やるべき理由としては下記の2点が挙げられます。

分析しないとまた会社選びで失敗する恐れがあるから

あなたが今の会社を辞めたいと感じるには必ず何か理由があるはずです。それを分析する事で、あなたは仕事において何を重要視するかが見えてきます。またその重要視している事は転職活動では会社選びの「軸」になります。この軸を明確にするために自己分析はかかせません。

転職活動時に、退職理由は必ず聞かれるから

面接官が退職理由を聞くのは、あなたが新しい会社で働きはじめてすぐ辞めてしまわないか、精神的に強いのか弱いのか、などをみるためです。そこで曖昧な回答や、表面上の退職理由を答えてしまうと当然面接官からの評価は悪くなります。

自己分析は転職活動だけでなく、今後のキャリアを考えても大変価値ある事です。しっかりと自己分析をして、効率的であなたに合った転職活動をしていきましょう。

合わせて読みたい

第2新卒という立場を上手に使う

「第2新卒」あなたはこの言葉を聞いたことはありますか。

第2新卒とは、新卒3年目以内で仕事を辞める人たちのことを言います。実はこの第2新卒は、企業が欲しがる人材でもあるのです。それはなぜなのでしょう。基本的なビジネスマナーは前の会社で身につけています。しかし、まだまだフレッシュな人材でもあるからです。

企業側としては、基本的なマナーを再度教育する必要はなく、効率的に仕事内容に関しての研修を進めることができるのです。また、ビジネスマナー以外にも、PCでの操作や電話応対など基本的なスキルを身につけていることも多く、新しい会社の業務にもスムーズに馴染むことができるので、企業側にとっては即戦力となる可能性が高いです。場合によっては、色々な経験を経て転職する人もいるため、多彩な仕事を任せることができる人材もいます。

研修や指導の予算が新卒と比較して削れるという点でも、第2新卒は人気のある人材と言われています。

転職先を見つけてから転職する

すぐに会社を辞めなければいけないほど、精神的または身体的に病んでしまっているのであれば、すぐ仕事を辞める事をオススメします。今の職場を辞めてから新しく転職先を探した方がいいです。しかし、そこまでひどい状態ではない場合は、先に転職先を決めておいて退職の準備をしましょう。その方が、新しい転職先にとってもご自身にとっても良いことだと思います。

ただ、収入元がなくなってしまうため、気持ちが焦って転職先を決めることになってしまい、自分に合わない間違った会社に転職してしまう可能性があります。特に2年目は税金の徴収も増え、支出が非常に多くなります。そのため、仕事をしながら次の新しい転職先をは並行して探した方が効率的でいいと思います。

合わせて読みたい

エージェントは第2新卒が強いところを選ぶ

第2新卒の弱点は何か知っていますか。それは、転職時に紹介してくれる案件数に限りがあるということです。すべての求人を出している企業が第2新卒を欲しがっているわけではなのです。では、第2新卒が納得できる転職を行うためにはどうすればよいのか。下記の2点に気をつけてください。

  • なるべく多くの転職エージェントに接触すること
  • 案件数の多い転職エージェントを選ぶこと

転職が当たり前になりつつある現在、エージェントサービスを行っている企業はたくさんあります。転職の市場が拡大しているので、チャンスと捉え参入企業が増えているからです。どのサービスも基本的にインターネットで情報を後悔していますので、よく調べた上で自分にあったサービスを使うよう心がけましょう

面接やエントリー時の気をつけた方がいい点

転職サイトからの書類選考を行い、面接対象者の方に連絡しても、たまに連絡のつかない人がいます。その他、面接日を決めた関わらず、当日なんの連絡もなく来ない人がいます。これから働きたいと思って応募されたはずなのにモラルも無く、社会人としては論外です。案外このような対応をする方は若い20代の方に多いと思われがちですが、30代や年齢層は関係ないのが現状です。

転職サイトはクリック一つで応募が出来手軽さも人気の要因ではありますが、その後ろには企業の採用担当者が居る事などの意識が薄れがちです。当日のキャンセルに関しては、企業側もあなたに対して貴重な時間を割いてでも会ってみたいと思い確保してくれているのです。大げさかもしれませんが、企業に対してある意味損害を与えている事と同じなのです。

人事担当者は人を見るプロでもあります。連絡無視、当日キャンセルにならぬよう、必ず連絡のやり取りは怠らないようにしましょう。

ランキング

記事一覧