1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 仕事辞めたい
  4. 美容師を辞めたい。誰もが転職を成功させられる4つの方法とは?

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

仕事辞めたい

美容師を辞めたい。誰もが転職を成功させられる4つの方法とは?

美容師を辞めたいけれど本当に今辞めてもいい?

昔から人気の職業である美容師。とはいえ、大変な仕事とも言われています。

どんな点が大変なのでしょうか?
美容師を辞めたいと思う理由は何ですか?

美容師を辞めた時の生活や転職先といった具体的なこともご紹介します。理美容業界にいたライターが、美容師になりたいと思っている人と、辞めたいと考えている人に転職という選択肢を選ぶために「優しく後ろから押してあげる」アドバイスをお伝えします。

美容師は大変な仕事と言われる理由

ここでは、理美容業界出身のライターの視点から、美容師が大変な8つの理由をまとめてみました。

チェックポイント

  • 一日中立ちっぱなしだから
  • 話し上手でないといけないから
  • 多くの技術を身につけ、磨いていく必要があるから
  • シャンプーにより手が荒れるから
  • アシスタント時代は過酷だから
  • スタイリストになっても給料は安いから
  • 店長になったり自分の店を持つことが困難だから
  • 人間関係の問題を抱えることが多いから

美容師は体力勝負の仕事

きつい仕事はたくさんありますが、その中でも美容師は体力の消耗が激しい職業です。私も4年ほど働きましたが、立ち仕事のため、いつも疲れていました。好きではありましたし、体力にも自信がありましたが、「きつい」という言葉を出さないよう努力する日々でした。

ランチが取れない」という日はたくさんあり、一日一食の日も。一般企業の1日8時間労働ではなく、朝早くて夜遅い生活がほぼ毎日だったため、「いつまで働けるのだろうか」と悩んでいたほどです。

予約がたくさんあるとお客さんがたくさん来店されるので嬉しいのですが、身体的には厳しかったです。立ちっぱなしのため、足はむくみますし腰痛に悩まされることも。売り上げを伸ばすために、お客さんがたくさんいるのは良いですが、体は消耗してしまいます。

接客業なのでトークスキルが必要

コミニュケーション能力が求められる美容師。家を建てる大工さんのように「技術があれば良い」というわけではありません。技術が高いのはもちろんのこと、話すのが苦手であったとしても、お客さんが「あなたと話ができたよかった」と思える接客が必要です。

お客さんによっては、多くのことを語らない人もいます。それでも客の好みは何か、何が悩みかを聞き取らなければなりません。感じ取る必要があるのです。

「この人と話をするのは面倒だなあ」と感じる人も来店されます。噂話やネガティブな事しか話さない人もいます。うまく会話を流しながら、「また来店したいな」と思えるトークスキルが求められます。

クリエイティブな仕事が好きだという人でも、コミュニケーション能力がない人の場合、美容師は「大変」と感じることでしょう。私自身は人と話すのが好きだったので問題になりませんでしたが、同僚の中には苦手だった子がいて、苦労していたのを思い出します。

カットやパーマ・カラー、ヘアメイクなど多くの技術を磨かないといけない

美容に関することが昔から好きな人なら、新しい技術をたくさん身に付けることに、ストレスを感じないでしょう。それでも、人間には限界がありますね。多くの技術を身につけたり、磨いたりしないといけませんが、現実的には時間も体力も練習のために残っていないことも。

多くの技術を磨くために、学び続けることが美容師には求められます。小さな店であれば外部の勉強会への出席が求められます。これが原因で費用がかさむこともあるでしょう。美容師として働くことが「趣味」と言えるほど全力で取り組める場合は良いですが、家族の責任などがあると、新たな技術を「身に付ける・磨く」ことは辛く感じるでしょう。

1日の営業で体力が消耗しているにもかかわらず、新たな技術を習得するとなると、「無理だ」と口にしてしまうのは当然です。ライバルたちに負けないためにも技術の習得に励まないといけないので、「美容師は大変な仕事だ」と言われる理由となります。

2017年の統計を見ると、247,578店舗と年々美容室の数が増えていて、ますます稼げなくなったり、経営が厳しくなったりしていることがわかります。

参考:厚生労働省

パーマやカラー剤、シャンプーなどで手荒れする

美容師はお客さんを楽しませ、美しくする素晴らしい職業ですが、体がダメージを受けることがあります。その一つに手荒れがあります。私が働いていた時は、手荒れというレベルまではいきませんでしたが、常に乾燥していました。でも先輩は水に触れることさえ辛いレベルに達していました。

パーマやカラー剤は薬剤ですので、手袋をつけるといった方法で体を保護することができますが、時には素手で触れることもあります。アレルギー反応を起こして、手が大変荒れてしまうことも。

シャンプーといった作業も必要ですが、「1日何十人もの頭を洗う」となると手に必要な水分や油分がなくなり、荒れてしまいます。入店してまだ時間が経っていないスタッフであれば、掃除がメインで、上司に認められてもシャンプーといった仕事だけとなります。

毎日、何年もシャンプーだけをしていると当然「手荒れ」します。体力の消耗ゆえに、手が荒れることもあります。大抵長時間労働の美容師は、体力が落ちています。体の抵抗力が落ちている時にシャンプーをすれば、さらに手はダメージを受けます。手袋でシャンプーができれば良いのですが、大抵お客さんは気持ちよくありません。

あなたがシャンプーを受ける側の場合、できれば素手で触れてもらったほうが気分が良いですよね。

アシスタント時代は給料も低く、労働時間も長く過酷

給料が低い」「労働時間が長い」ということにも触れておきましょう。ブラック企業もびっくりの労働時間です。開店が10時だとしても、朝の8時ぐらいにはお店に行って開店準備や練習をします。夜は7時か8時に終わった後、ミーティングがあり、その後練習といったこともあります。

その後、自分のために時間を使おうと思っても、疲れていてほとんど何もできないでしょう。お金を使って遊びに行こうと思っても、給料が低いために何もできません。家賃を支払い、食費にお金を取り分けると、何も残らないこともざらにあります。

私がアシスタントとして入店した店は、週5日か6日で朝から晩まで働き、手取りは「10〜12万円」でした。今考えるとかなり少なかったですね。現在、給料の面で少しは良くなっていますが、未だに給料が安すぎることには、変わりがありません。他の職業でアルバイトをした方が稼げる状態です。

美容学校に通い、多くの時間と体力そして資金を使ったにもかかわらず、アシスタント時代は望む仕事ができないので、辛抱が必要です。

スタイリストになってからも給料が大幅に上がるわけではない

「給料が上がらない」ことで困っている会社員はたくさんいます。これは、美容師も同じです。アシスタントの場合、給料が低いことは先ほど触れましたが、「スタイリスト」になれば大幅に増えるのでしょうか?実際には、大して給料は上がりません

僕の友人はアシスタントの時に「月収13万円」でしたが、スタイリストになると「月収18万円」になりました。この給料を「高いか・低いか」どう思いますか?入店したお店により、アシスタントからスタイリストになると給料がどれほど上がるか異なりますが、大抵の場合、大幅に上がるわけではありません。

店長になれたり、独立して自分の店を持てるのは一握りだけ

あなたが頑張って、早ければ5年、もしくは10年ほどをして店長になれたとします。目標が達成できただけでも、拍手すべきことです。なぜなら、店長になったり自分のお店を持てたりするのは一握りの人だけなのです。

まず「店長になる」という点から考えると、誰よりも信頼されて、技術もあるスタッフでなければなりません。ライバルがたくさんいる中で、店長という立場を勝ち取るには相当の努力が必要です。

他にも「自分の店を、好きなところに出す」というのが1つの大きな目標でしょう。しかし現実を直視すると、簡単なことではありません。まず問題があります。自分の店を持つには、多額の費用がかかります。まずお店を作るか、購入する必要があります。美容施設にするために改築をしたり、新しい資材の購入をしたりします。

「多額の借金をして、開店をする」ことから、費用面を考えても、かなりハードルが高いでしょう。自分の店を持てたとしても、「成功する」ということが確証されているわけではありません。どんなに技術があっても、お客さんがあなたの店に来なければなりません。

美容室に雇われていた時には必要でなかった「マネージメント能力」が問われるわけです。

私の友人は、実家が美容室であったため、新たなお店を設ける必要はありませんでしたが、日本自体の人口減少ゆえに営業が困難を極めていました。「店長になること」と「独立すること」、「お店を成功させること」は狭き門と言えるでしょう。

参考:厚生労働省

女性が多い業界のため、人間関係に悩む人も多い

女性の多い業界というのは、メリットもデメリットもあります。デメリットの1つに「人間関係」があります。多くの場合、女性は噂話が好きですね。自分に関するネガティブなことを話題にされると、いじめにあったり、仲間外れになったりすることでしょう。

素晴らしい上司に恵まれれば良いですが、そうでない場合、先輩からの良い評判を得られなければ、昇進も給料アップもあり得ません。女性上司であれば、なおのこと困難でしょう。嫌いな先輩の下で働くと、ストレスで精神的にダウンしてしまうことも。

店がどんなに素晴らしくても、他のスタッフと仲良くやっていけないなら、毎日が苦痛になります。幸い、私の働いた店は優しい先輩たちが多く、罵声を浴びることはありませんでしたが、女性スタッフの中には人間関係で悩む人がたくさんいます。

美容師を辞めたいと思った時、美容師を辞めたくなる理由

ここでは、美容師を辞めたいと思う理由としてよく聞かれるものを6つ挙げました。まったくこのとおりではなくとも、部分的にでも共感できるところがあるのではないでしょうか。

チェックポイント

  • 職場の人間関係がストレス
  • パワハラが絶えない
  • 頑張ってもスタイリストになれない
  • 休みが少なく、給料が低い
  • 練習が多く、自分の時間が取れない
  • 妊娠中は体力的に厳しい

職場の人間関係がストレスに感じてしまう

1つ目に「職場の人間関係」があります。あなたがどんなに美容業が好きでも、同僚と上司、店長に認められなければ、仕事が回ってきません。いつも先輩たちの反応を伺わなければならず、それがストレスに感じてしまうのです。

美容関係の仕事がどんなに好きでも、それを発揮すべき店内がストレスになると、「辞めたいな」と思ってしまうことでしょう。人間関係で美容師を辞めてしまうというのは本当に残念なことですが、多くの人がつまずく原因が職場の人間関係です。

驚くことに「座禅に参加した」という方もいます。これを強制されるのはストレスになりますね。

上司や店長からのパワハラがある

パワハラは、どんな職業にも存在します。残念ながら美容師内にもあります。先にも少し触れましたが、上司や店長から好かれなければ、思うように仕事をさせてもらえません。私たちが雇われの身なら、彼らの言うことを聞かなければ、失職の可能性も出てきます。

上司や店長もストレスを感じている場合、パワハラといった形で私たちが標的となります。先輩たちに憎まれると、「他のスタッフにはお客さんをつけてもらえて、自分だけにはもらえない」といった差別も生じます。

アシスタントのままでなかなかスタイリストになれない

「美容師を辞めたい」と思う、もう一つの理由は「なかなかスタイリストになれない」ことです。アシスタントのままでは、お客様に初めから最後まで接客することができません。椅子まで案内して、ケープをかけてあげることと、最後にお金の清算を承るだけです。

当然、ヘアカットやパーマネント、カラーリングといったことはできません。美容師の醍醐味と言える部分を、アシスタントはさせてもらえません。とはいえ、時には「スタイリスト」になれないという歯がゆい状態を耐えないといけないことも。

何年も何年も我慢してきたにもかかわらず、スタイリストになれないと、美容師をやっている意味がわからなくなりますね。当然、上司や店長に認められるレベルに到達すれば、スタイリストになれるわけですが、それまでかなりの時間がかかると、「何年もアシスタントのままなら退職したい」と思うことでしょう。

時には、自分が他のスタッフより早く入店し、先輩にもかかわらず、新しく入った子たちの方が先にスタイリストになることもあります。これでは、自信を失いますよね。

休みが少ない

好きで入った美容界。「休みが少ない」ことは知っていましたが、想像以上に休みがないことに驚きですね。土日は当然お客さんが来店されるので、スタッフたちは平日休みが多くなります。冠婚葬祭といった特別な時に休みを取ることさえも難しいでしょう。当然彼氏や彼女と予定を合わすことは不可能です。

週に1日しか休みがない場合、自分の休息にしか使えず、友達と遊びに行く選択肢はありません。少ない休みは、役所での作業や買い物といった「しなければいけない用事」で、消えてしまうことも多いです。「休みが少ない」という理由により、結婚も断念することもあります。休みが少ないので、異性との出会いが少ないからです。

これでは、美容師を辞めたいという人がたくさん出てくるのもわかりますね。

給料が低い

給料が安い職業の1つに「美容師」がありますが、これが「辞めたい」大きな理由となります。「頑張れば給料が上がる」と思っていたとしても、思うように増えないと「続ける意味があるのか」と感じてしまいます。正社員でなくても、他の業種のアルバイトの方が、自分の手取りよりも多い、といったことも少なくありません。

都会といった大きな街に住むと、家賃が10万円近いこともあります。ただでさえ、収入が少ないのに、どうやって生活していけばよいのか、途方にくれますね。

親から仕送りがあるゆえに、やっていける子もいます。でも、みんなが受けられるわけではないでしょう。頑張ってスタイリストになっても、月の給料が数万円アップしただけの場合、「私はずっと美容師を続けられるのだろうか」と不安になり、「早いうちに辞めようかな」と思ってしまうこともあります。

技術を上達させるため夜中まで練習が続く

技術職であるゆえに、勉強は欠かせません。でも、いつトレーニングしたらよいのでしょうか?早朝か夜中、休日にしなければなりません。この練習による技術の上達は、人それぞれです。みんなが同じように練習すれば、同じ時期に身に付くというものではありません。

手が器用な人もいれば、そうでない人もいます。ちなみに私は、大変不器用でした。みんながサクサクとこなせるにもかかわらず、自分が全く手が動かないのです。スピードを求めようとするとクオリティーを保てなくなり、またやり直しになります。

他の人と比べる必要はありませんが、「自分には美容師が向いていない」と感じて辞めようと思う人も少なくありません。

アシスタントからプレイヤーになるまで時間がかかる

お店により異なりますが、プレイヤーになるまで大変時間がかかります。早い人であれば1年や2年という期間でプレイヤーになることができますが、厳しい店であったり、本人が不器用だったりすると、「プレイヤーになるのはいつのだろうか」と不安になる位、長くかかります。

お店の基準にもよりますが、上司や店長に認められる技術と人間性がなければいけません。「私はプレーヤーになれるのだろうか」と不安になり、美容師の職を離れる決定をした人を、何人も見てきました。

立ち仕事で体力勝負のため妊娠中は特に大変

立ち仕事の職業はたくさんありますが、その中でも美容師は女性にとって大変です。とりわけ妊娠時期には、特に問題となります。好きな人ができ、結婚して妊娠すると、その時期に美容師を辞めるという決定をする人はたくさんいます。

続けるとしても、困難が付きまといます。美容師特有の腰痛だけでなく、お腹の張りや体の不調と戦う必要があります。パーマやカラーに薬剤を使いますが、その臭いゆえに気分が悪くなることも。体力の限界を感じると共に、おなかの中の子供を守るといった理由で、辞める決定をする人が多いです。

美容師を辞めた後の生活や転職先はどうなる?

美容師を辞めた後の生活や転職先は、年齢や性別、この先のビジョンや興味の方向性によって、さまざまな可能性が考えられます。ここでは、よくある現実的なパターンを5つ紹介します。

チェックポイント

  • 転職先は男女で異なり、男性は安定職、女性は美容関係へ
  • ブライダル関係もおすすめ
  • 接客が嫌な人は事務関係の職業を選ぶ
  • 美容メーカーの営業は美容師経験が役立つ
  • インストラクターの選択肢もある

美容師を辞めた後の転職先は男女で異なる

では美容師を辞めた後、多くの人はどんな生活を送ることが多いですか?興味深いことに、転職先は男性と女性で大きく異なります。男性は、安定した収入を得られる職業選択する場合が多いです。「家族を養う」という大きな責任を担うことの多い男性は、美容とは関係のない他の職業も積極的に探します。

美容室で働くのではなく、美容メーカーで会社員として働くこともあります。美容師や他の美容関係の仕事となると、自分自身が魅力的でおしゃれでないといけなかったり、キレイと他の人から認められたりする必要があります。しかし、年齢が上がるほど、外見の衰えが顕著になります。店長であれば別ですが、雇われ身の場合、美容室で働き続けることは難しいことでしょう。

女性の場合は美容関係が人気

男性は安定収入の得られる仕事に転職することが多いですが、女性の場合は「美容関係」が人気です。例えば、どんな仕事が転職先として人気でしょうか?ネイル関係やまつげエクステンション、エステサロンといった転職です。

美容師の場合、常に立ち仕事であったり、手が荒れたりといった問題がつきものですが、他の美容関係の仕事なら多少楽な場合があります。好きな美容関係の仕事を「他の分野で役立てる」といった選択をすることが、女性は多いです。

ブライダル関係の仕事を選ぶ人もいる

ブライダル関係も、職業として素晴らしいですね。結婚式の場合、お金の使い方は人それぞれですが、多くの人はあまりケチらずお金を使うことが多い。とりわけ「女性は華やかに装いたい」と思うので、特別な日のための援助という形で美容師としての経験を生かすブライダル関係の仕事は満足感をもたらします。

プロフェッショナルの仕事が必要なので、学び続けて経験値を高めていかなければなりません。アシスタントとして、場数を踏んでいくことが求められます。休みは美容師と同じで平日のことが多いですが、店舗での仕事とは異なる充実感があるので、転職先として人気な理由です。

接客に疲れた人は事務関係の職業を選ぶ

美容師の職と「接客」は隣り合わせです。人形を扱うだけでは、1円にもなりません。とはいえ、接客に疲弊する人はたくさんいます。コミュニケーションを取るのが苦手な人の場合、接客は疲れる理由となります。「もう接客に疲れた」「無理」と思う人は、接客が不要な仕事に就くことも多いです。

事務関係の職業であれば、淡々と仕事をこなせばOKなので、接客が不要のため、ストレスからかなり解放されることでしょう。

美容メーカーの営業に転職する

美容師としての経験を生かして、美容メーカーの営業に転職するのも良い選択です。お店で働いてきた経験が大きな知識となり、それを営業に利用できるのです。心から「この商品は良いですよ」と勧められます。

お店を周る仕事なので、営業に成功すれば給料がたくさん上がるので、お店で働くよりこっちの方が向いているという人もいます。

美容師向けの講習のインストラクターを目指す人も

インストラクターの仕事も存在します。お店で働くのではなく、美容師向けに講師として仕事をするのです。人に認められる技術があるなら、それを教えることにより、生活の糧を得ることができるのです。お店に縛られることがないので魅力的な仕事ですが、大変人気であることも事実です。

さらに、インストラクターの募集数自体が少ないので、実際にインストラクターになるのは困難となるでしょう。自分の名前が多くの人に知られていて、技術もみんなが認めるほど高ければ、フリーのインストラクターとして働けます。

男性の場合は他職種の営業や公務員も人気

男性の場合、けじめがつくゆえに他職種を選ぶ人もいます。私もその1人で、ライターとして働いています。他にもカフェで働くこともしました。とはいえ、安定収入が得られる仕事を選ぶ傾向にある男性は、「公務員」という選択をする人が多いです。早いうちに美容師を辞め、新たな仕事のための勉強をして転職するのです。

美容師の転職を成功させるポイントは?

美容師から転職するには、「今の自分の力」を過信しないことが大切です。もっと世間に必要とされるような自分になるためにスキルアップをしたり、自分だけでは心配だと思ったらプロに頼ったりすることも必要です。

チェックポイント

  • 転職エージェントを活用する
  • 美容関係の検定や資格を取る
  • 今のうちに接客スキルを磨く
  • パソコンのスキルは何にでも役立つ

転職エージェントを活用して他業種も視野に入れてみる

美容師の転職を成功させるポイントは「転職エージェントを使うこと」です。昔にはなかったサービスですが、今は転職エージェントを利用することにより、自分にぴったりの仕事を得ることができます。素晴らしいことですね。

美容師を続けることもできれば、他の業種も視野に入れることも可能。美容師を続ける場合であっても、欲しい給料や休みの希望を転職エージェントに伝えれば、新たな働き場所を見つけることができます。

転職エージェントは、たくさんの人を転職成功へと導いているため、たくさんのデータを持っています。自分を客観的に分析してくれ、自分の希望、そして能力に合った仕事を見つけるために大きな助けを与えてくれます。使わないという選択肢にありませんね。

美容関係の検定や資格を取得しスキルをつける

2つ目に美容師の転職を成功させる秘訣は、「新たなスキルを身に付ける」ことです。美容関係の検定や資格は、たくさんあります。幅がとても広いです。興味のあること、今後役立ちそうなスキルを身につければ、転職するにあたって有利になれますね。

新たなことを学び、熟練していくことが大きなステップアップにつながるわけです。美容の新しい技術を身につけることとともに、経営に関して学ぶのも良いですね。検定や資格を得ることにより、自分の市場価値を上げていきましょう。

営業や販売職などは接客スキルが活かせる

あなたが美容師を続けるにせよ、やめるにせよ、接客スキルは転職する際の大きなメリットとなります。今はパソコンだけで働く仕事も増えていますが、まだお客さんと1対1で話をして、サービスを提供する仕事はたくさんあります。

例えば営業や販売職といったものです。今のうちに接客スキルを上げておけば、転職する際の不安を減らし、希望の転職先へ行くためのプラスとなります。接客スキルは万能です。

事務職や公務員になりたいのなら、パソコンのスキルを学ぶ

あなたが男性で「安定した収入を得たい」と思っているのであれば、事務職や公務員といった選択をするでしょう。その場合、パソコンのスキルは必須です。「パソコンが使えません」といったマイナスポイントをなくしていきましょう。

パソコンが嫌いという状態の場合、事務職などは難しいです。事務職や公務員といった仕事だけでなく、パソコンのスキルがあれば、私のようにライターの仕事ができます。また、プログラミングやウェブデザインといった職も視野に入ります。

先に触れた「接客スキル」だけでなく、「パソコンのスキル」も転職ができないという悩みを解消する、大きな武器となります。

まとめ

「美容師が辛い」「辞めたい」と思う人は、あなただけではありません。美容師になったはいいけど、続けるか悩んでいる人はたくさんいるのです。この状態を抜け出すために、「転職」という選択肢も視野に入れましょう。あなたが精神的身体的につぶれてしまう前に行動するのが良いですね。

自分は美容師に「向いていない」「続けられない」と思っているのであれば、この仕事を手放すことも考えましょう。実は美容師とは全く関係のない仕事の方が、あなたに向いていることもありますし、美容師としての経験が役に立つ職業が良いこともあります。

転職であなたの新たな一面を発見できたり、ぴったりの職種で働けたりするので、ぜひ一歩前に進んでみましょう。

ランキング

記事一覧