1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 既卒の就活をチャンスに変える方法を体験談付きで総まとめ

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

仕事の悩み

既卒の就活をチャンスに変える方法を体験談付きで総まとめ

既卒の就活を成功させる方法とは?

近年、大学や専門学校を卒業して2~3年ほどなのにも関わらず、職歴のない人のことを「既卒」と言うようになりました。このような言葉ができた背景には、就活市場において新卒や経験者とは区別しなくてはいけない大きな違いがあるからです。

既卒の大きな特徴といえば、就活がかなり難しいと言われる点です。既卒で就活している人の中には、その難しさを実感している人もいるかもしれません。しかし、既卒でもしっかり対策すれば、ちゃんと就職のチャンスが回ってきます。ここでは、あなたの就活を成功させる方法や体験者たちの声をご紹介します。

既卒の就活が厳しいと言われるのはなぜ?

既卒の就活が難しいのを肌で感じている人もいれば、経験者の話しを聞いて何となく理解している人もいるでしょう。実際、何の対策もせず個人で求人を探している場合、既卒者がスムーズに就職先を見つけるのはかなり難しいものです。

ただ、難しいからといって諦めてしまっては先に進みません。まずは原因を知り解決策を見つけましょう。既卒の就活が難しい理由をご紹介します。

企業が求める人材にマッチングしにくい

企業がまず採用したがるのは、ポテンシャルに期待できる新卒者です。次いで、中途採用をするなら即戦力になる経験者というのが一般的です。既卒は、そのどちらにもマッチングしないことが採用の難しさにつながっています。

既卒で就活するなら、市場の現実は把握しておかなくてはいけません。その上で、あなたが企業にアピールするポイントを明確にして、面接でも負けない「何か」を持っておく必要があります。

能力が低いと判断されてしまう

企業が、既卒者に対して抱く単純な感想として「なぜ新卒で就職しなかったのか」「就職できなかったのか」というものがあります。通常、卒業前に就活をして就職先を決めるのが一般的なので、それをしなかった、又はできなかった理由を能力が低いからだと判断されるケースも多いものです。

既卒になった理由に能力が関係ないことも多いのですが、既卒ということがその人の能力を判断するひとつの目安になっているのも現実です。

新卒者と行動量や熱量が違う

既卒者の就職率が低いのは、企業側に原因があるだけではありません。新卒の場合、卒業というタイムリミットに向けて、高い熱量でより多く行動する人が多いものです。

しかし、一度そのリミットを過ぎてしまうと、焦りがなくなり熱量は徐々に下がってしまいます。そうなると行動量も減ってしまい、就活に注ぐ時間や労力も自然と減っていきます。実際、新卒と既卒では求人に応募する件数に差があること分かっています。

既卒の就活を始める時期は?

既卒でこれから就活を始める場合、最適な時期などはあるのでしょうか?もし、あなたがこれから就活を始めようと思っているなら、ここで紹介する最適な時期を就活スケジュールの参考にしてください。

就活は、ただ闇雲に努力すれば良いというものではありません。しっかり計画や戦略を立てて効率よく進めなくては、体力や精神力を消耗するばかりです。

今すぐ初めてOK

すぐにでも働きたいと思っているなら、思い立った今から就活を始めましょう。企業の採用条件によっては1歳でも若い方が有利になることもあるので、あなたが就職したい業界のことを調べ、年齢が採用に影響するのか調べてみましょう。

就活は始めたらすぐに決まるものではないので、早めに動いて損はありません。応募があまりない時期なら、就活を有利に進めるための下調べや資格取得に動き出しましょう。

体調や精神状態を万全にしてから

体調や精神状態に不安があるなら、まずはその不安を改善することに集中しましょう。就活は、体力的にも精神的にも辛い時期を過ごすことが多いので、焦って始めると症状を悪化させることがあります。特に、うつ病などがあれば無理をしないでおきましょう。

無理をして体調や精神状態が悪化すると、結果的に就活が長引いたり就職できても続かなかったりすることがあるので、長い目で見て判断してください。どうしても焦ってしまう場合は、情報収取や資格取得に時間を使いましょう。

求人が増える時期に合わせる

求人が増えるのは、4月の新年度に向けての求人が2~4月で、下半期の区切りに向けては8~10月が多くなるのが一般的です。この時期は採用ニーズが高まっているので、就活をするのに良い時期です。

但し、この時期はライバルが多くなるので、それをどう捉えるかはあなた次第です。住んでいる地域や就職したい業界によっても、ベストなタイミングは変わるので調査をしっかり行いましょう。

既卒の就活を成功させるポイントは?

既卒になったら人生終わったなどと言う人もいますが、実はいくつかのポイントを押さえておけば、正社員として就職することは十分可能です。実際に、既卒でも希望していた企業や業界に就職している人たちはたくさんいます。

あなたがこれから就活をするなら、事前に成功させるポイントを知っておくとスムーズに就活できるので、ぜひチェックしてください。

既卒のアピールポイントを理解しておく

既卒の場合、就職経験がないので他の企業の色に染まっていないことはアピールポイントになります。面接の際、素直さや向上心をしっかり見せることで、第二新卒や経験者に差をつけることができるでしょう。

また、ハングリーさや就職にかける意気込みの強さも、他の立場の人たちに差をつける材料にすることができます。面接で切実な思いを伝えることができれば、大きなアピールになります。

ポジティブな志望理由を準備する

既卒というと、企業側もネガティブなイメージを持つことが多いですし、本人も負い目を感じているケースが少なくありません。しかし、能力に差があるわけではないので、できる限りポジティブな志望理由を準備しておきましょう。

企業は、既卒の人に対して「仕事に消極的なのではないか」「ヤル気がないのではないか」と勘繰ります。それを払しょくするような、具体的でポジティブな理由を準備しておいてください。

ネガティブな質問の対策をする

既卒者が面接で困るのが、次のような質問です。

チェックポイント

  • なぜ新卒で就職しなかったのですか
  • 卒業してから今まで何をしていたのですか
  • 就職できなかった理由は何だとおもいますか

こうした、一見意地悪に思えるような質問に上手く答えることができれば、キャリアを挽回するほどのアピールができます。事前にこれらの質問にスラスラと答えられるよう、準備をしておきましょう。紙に書き出し、何度も練習して慣れておくと安心です。

エージェントを頼る

卒業して数年経っていると、就活市場の動向などに疎くなってしまいますし、焦りや不安から自分を客観視できなくなることもあります。そんなとき、無料で就活をサポートしてくれるのがエージェントです。エージェントを利用すると、次のようなサービスが受けられます。

チェックポイント

  • 履歴書の添削をしてくれる
  • 就活の相談にのってくれる
  • 面接の指導をしてくれる
  • 相談者に最適な求人を紹介してくれる

これらのサポートがあれば、あなたの就活も効率的に進めることができます。

自分を安売りしない

既卒というのを負い目に感じている人の中には、自分のことを必要以上に安売する人がいます。就活市場を冷静に見て判断しているのならいいのですが、負い目があって自分の希望とはかけ離れた企業に応募するのは得策とは言えません。

就活は、あなたの人生の中では1つの通過点でしかありません。仕事を始めてからが本番なので、不要な妥協をすると結果的に就活に失敗することになります。

視野を広げこだわりを減らす

既卒は新卒や経験者と比べて、就活に不利になることがあるのは事実です。なかなか書類選考を通らないときは、妥協ではなく視野を広げてみましょう。

今まで考えていなかった業界で働いている人に話しを聞いたり、少しでも興味がある業界のことを調べたりしてみましょう。就活が上手く行かないのは、こだわりの強さや視野の狭さが原因かもしれません。思い当たるなら、少し今までと違った視点を持ってみてください。

既卒の就活に使える転職エージェントは?

既卒が、厳しい就活をスムーズに進めるためには、就職・転職エージェントを頼るのをおすすめします。就活からしばらく離れていると、業界の動向や事情が変化していることがあります。また、自分を客観視する必要がある既卒者は、第三者の冷静なアドバイスが必要です。

ここで、おすすめのエージェントとそれぞれのメリット、口コミをご紹介するので参考にしてみてください。また、ご紹介しているエージェントはすべて登録は無料です。

ウズキャリ既卒

チェックポイント

  • サポートが手厚く親切
  • 紹介された人の離職率が高い
  • 内定率86%

会社員

サポートの手厚さが凄い

★★★★★★★★★★3.5

とにかくサポートのすごさに驚きました。口コミなどで知ってはいましたが、私の履歴書を見ながらの面談、面接の練習などはとても参考になりました。求人の少なさに少し不満があったので、大満足とまではいきませんが相談して良かったと思っています。

無職

気弱な僕でも安心して相談できた

★★★★★★★★★★4.2

他の転職サイトで強引な面談をされて辟易していましたが、ウズキャリ既卒では初めての面談のときから気遣いが感じられて安心できました。僕は気弱で嫌と言えない性格ですが、こちらの表情を察してアドバイスしてくれたので、信頼できました。

ウズキャリ既卒は、とにかく1人にかけるサポートが充実しています。紹介される企業も、離職率の低い優良企業ばかりなのも嬉しいポイントです。

但し、求人の数が少ない点や、サポートが手厚い分拘束時間が長い点などがデメリットなので、あなたの状況や希望に合わせて利用を検討してみましょう。履歴書の作成方法や面接に自信がない人は、とりあえず面談に行ってみるだけでもプラスになりますよ。

就職Shop

チェックポイント

  • 大手リクルートキャリア運営で安心感がある
  • 求人の数が多い
  • 書類選考なしで面接ができる

会社員

内定通知書が届きました

★★★★★★★★★★4.0

就職Shopを利利用して内定をもらいました。他のエージェントに比べて、私が興味のある職種の求人が多かったので、利用して本当に良かったです。

会社員

地方は求人数が少なくて厳しいかも

★★★★★★★★★★3.0

面談に行きましたが、紹介された求人が数件で結局どこにも応募しませんでした。とても親切で安心感はありましたが、地方だからか求人数が少ないのが残念でした。

20代の利用者が中心の就職Shopは、現在フリーターをしている人や高卒の人でもスムーズに就活できます。大手リクルートキャリアが運営しているということで、求人数はかなり多いのも既卒には嬉しいですね。

デメリットとしては、拠点が限られているので地方に住んでいる人は利用が難しい点です。基本的に面談のみの対応で、ネットや電話では求人を知ることができません。関東や大阪周辺にお住まいなら、ぜひ利用してみましょう。

DYM就職

チェックポイント

  • 書類選考なしで面接できる
  • 20代既卒やフリーターの正社員採用率が高い
  • 面接の練習や服装のアドバイスなどサポートが手厚い

会社員

内定率90%以上は本当

★★★★★★★★★★4.0

内定率が96%などという前評判は聞いていましたが、自分は卒業してからバイトしかしていなかったので、どうせ無理だろうと半ば諦めていました。でも、担当者の方が熱心にアドバイスしてくれて、当初希望していた業界ではありませんでしたが、無事就職できました。

会社員

スピードが速すぎた

★★★★★★★★★★4.0

登録から面接までのスピードが早くて、正社員の経験がない私が大丈夫なのかと途中でかなり心配になりました。担当者さんにもそれを伝えましたが、大丈夫とのことでしたので信じて面接を受けました。すぐには決まりませんでしたが、数回の面接で就職できました。

DYM就職は、東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・広島・仙台の7箇所に拠点を構えるエージェントで、とにかく既卒やフリーター、ニートの就活に強いという口コミが多数あります。

内定率は96%でありながら、有名一部上場企業の求人もあるので、フリーターから大手に就職というのも夢ではありません。特に、地方で就活に限界を感じているなら、ぜひサポートを受けて効率的な就活をしましょう。

ハタラクティブ

チェックポイント

  • 未経験者でも応募可能な求人が多い
  • 学歴やキャリアに自信がなくてもOK
  • サポートが手厚い

会社員

職歴がなくてもOKでした

★★★★★★★★★★4.5

大学を卒業してからアルバイトをしていたので、他の某エージェントでは求人は少ないと言われました。しかし、ハタラクティブでは20代なら求人はたくさんあると言われ、実際に多いの企業を紹介していただきました。

会社員

高望みはできない

★★★★★★★★★★3.5

社会人経験のない私でしたが、多くの案件を紹介してもらえました。ただ、大手企業はなかったので高望みはできないなと感じました。未経験なので当然かもしれませんが、現実を見せられたという気がして少しショックでした。

ハタラクティブの大きな特徴は、学歴やキャリアに自信がなくても安心して相談できる点です。他のエージェントではほとんど求人を紹介されなくても、多くの求人を紹介してもらえたという口コミはたくさんあります。

注意しておきたいのは、大手企業の求人などは期待できないので、どうしても自分に合ったエージェントが見つからないときは、ハタラクティブを利用してみましょう。

ジェイック

チェックポイント

  • 営業職の求人に強い
  • 担当が熱心に就活をサポートしてくれる
  • 書類選考がない

会社員

新しい可能性を見つけられた

★★★★★★★★★★4.0

研修が厳しいという口コミは見ていましたが、本当に辛かったです。ただ、自分の中に営業職という選択肢がなかったのですが、説明や研修で少し自信がつき、営業職にポジティブな印象を持つようになりました。結果的に知人の紹介で就職しましたが、ジェイックのおかげで選択肢になかった営業職をしています。

会社員

事前に調べておくと良かった

★★★★★★★★★★3.0

友達が進めてくれたのでジェイックに登録しましたが、とにかく営業になるための就活という感じで、他の可能性を感じられませんでした。事前に友達から聞いてはいましたが、営業じゃない職種もあると思っていたので残念でした。

約2週間の研修期間を設けているのが特徴的なジェイックは、未経験者でどうしても正社員として就職したいと思っている人にはお勧めのエージェントです。特に営業職の求人が多いので、営業の仕事に興味がある人にはピッタリです。

逆に、営業はしたくない、自信がないという人にとっては時間を無駄にしてしまうので、他のエージェントを頼る方がいいでしょう。どんな仕事をしたいのか見えていない人は、一度面談だけでもしてみると、新しい可能性が見えてくることもあります。

転職エージェントで就活が成功した体験談

転職エージェントを利用して、実際に就活が成功した人たちは、どんなことに気をつけどんな流れで就職に至ったのでしょうか?実際に経験した人の声は、どんな情報より大切ですが、既卒で就活をさせた人と出会うのは難しいはずです。

これから転職エージェントを利用しようと考えている人はもちろん、あまりエージェントには興味がないという人も、ぜひチェックしてください。モチベーションアップにもなりますし、今後を考えるヒントになるかもしれません。

それぞれの特徴を知ることは大切

会社員

1つに絞ると失敗する

★★★★★★★★★★4.1

エージェントに登録するなら、1つに絞らない方がいいと思います。登録するまでは、どこも同じだと思っていましたが、実際利用してみるとそれぞれのエージェントに特徴や強みがありました。2つのエージェントではなかなか就職先が見つかりませんでしたが、3つ目のエージェントでスムーズに決まりました。

転職・就職エージェントは数多く存在しますが、サービスの内容や登録している企業はさまざまで、それぞれに特徴があります。また、担当者との相性もあるので利用者のヤル気にも差が出ます。

1つのエージェントで上手く行かなかったとしても、そこで就活を諦めず違うエージェントを頼ってみてください。また、利用する前にそれぞれのエージェントの特徴をしっかり把握しておくことも大切です。

夢を追ったままではいけないと気付かされた

会社員

第三者に言われて現実が見えた

★★★★★★★★★★4.0

卒業してからプロのミュージシャンになるのが夢で、就活もせずバンドばかりしていました。卒業から2年経って、友達がエージェントに登録したのを知り、試しに自分も登録してみました。担当者から、夢を諦めず就職するのもいいのではないかとアドバイスされ、仕事をしていないことが不安だった自分は、就職を決め無事内定をもらいました。

夢を追って既卒になった人にとって、どこかのタイミングで夢をとるか就職するかの決断を迫られる時がやってきます。家族や友達に言われると辛いことでも、第三者から助言されるとすんなり受け入れられるということは、誰しもが経験しているはずです。

転職エージェントは、そうした役割も担ってくれるので、あなたが誰にも相談できないような悩みを抱えていれば、ぜひ登録してみましょう。

聞かれたくない質問への対策が重要

会社員

嫌な質問から逃げない

★★★★★★★★★★4.0

就活を始めた当初は、嫌な質問をされてもうまく返せず、それが原因なのか数社受けて内定はもらえませんでした。手詰まり感があり転職エージェントに登録したら、ヒアリングの後面接のアドバイスと一緒に上手い返答の仕方などを教えてもらいました。それで自信がついたのがよかったのか、登録後2社面接をして1社から内定をもらいました。

既卒の場合、「どうして就職しなかったのか」「就職できなかった原因は何か」といった、できれば聞かれたくない質問というのがあります。こうした質問は避けて通りたくなりますが、企業側にとっては一番知りたい情報です。

そこで、しっかり返答できるよう転職エージェントがサポートしてくれるので、面接スキルに自信がなければ登録をおすすめします。

既卒での就活を成功させよう

既卒は、就活が不利になるイメージがありますが、自分自身の価値やアピールポイント、現状を冷静に見る目とそれを面接で伝える準備ができていれば、必ずしも不利になるという訳ではありません。

個人で就活するのが難しい場合は、あなたに合ったエージェントを探して、ガッツリサポートしてもらいましょう。きっと、スムーズに就活が進みますよ。

ランキング

記事一覧