1. HOME
  2. 仕事の悩み
  3. 測量士を辞めたい!辞めた方がいい場合やおすすめの転職先とは?

お仕事のことで何かお困りですか?

LINEでキャリアアドバイザーに無料相談してみませんか?仕事の悩みから転職相談まで幅広く対応可能です。

仕事の悩み

測量士を辞めたい!辞めた方がいい場合やおすすめの転職先とは?

測量士を辞めたいと思ったらどうすればいい?

測量士として働いている方で、測量士を辞めたいと思っている人もいるでしょう。では、なぜ測量士を辞めたいと思うのでしょうか。また、測量士を辞めた後の転職先についても気になりますよね。

そこで、ここでは測量士を辞めたくなる理由、測量士を辞めた方がいい場合と辞めない方がいい場合、おすすめの転職先についてご紹介します。

測量士を辞めたくなる理由とは?

測量士の仕事は、現場に行って土地の面積や道路の幅などを計測する仕事です。そして、距離を測定したデータを図面に示すという仕事もあります。

では、測量士として働いている方が辞めたくなる理由には何があるのでしょうか。そこで、ここでは測量士を辞めたくなる理由についてご紹介します。

測量士を辞めたいと思っている人はもちろん、測量士を目指している方もぜひ参考にしてみてください。

仕事量が多くノルマがきつい

測量士は仕事量が多くきついと感じるため辞めたいと思うことがあります。また、測量士は毎日違った現場で仕事をすることがあり、現場が遠い場合は行くだけで時間がかかるでしょう。

また、その日の内に終わらせないといけないノルマがあるので、かなり焦りながら仕事をすることが多いです。

また、測量現場から帰ってきた後も、データの整理という仕事もしなくてはいけないので、残業をしなくてはいけないことも多いでしょう。

長時間労働で給料が安い

測量士は長時間労働になることが多いです。例えば遠い現場に朝7時に集合しなくてはいけない場合は、朝5時頃に起きなくてはいけないこともあります。

そして、現場で測量を終えてから事務所に帰ってデータの整理をすると、仕事が終わるのは夜9時頃になることもあるでしょう。

また、測量士はサービス残業をすることもあり、30代になっても年収が300万円程度のことが多いです。

ケガをするリスクがあり体力を使う

測量士の仕事は主に野外で行われます。しかも、山や草木が茂ったような、ケガをするリスクのある場所で作業することもあるのです。

崖のあるところなど、危険な場所で作業をしたり、蛇に噛まれたり蜂に刺されたりする恐れもあり、毎日危険と隣り合わせになります。

そして、夏は熱中症の危険や、冬は寒さに耐えながら仕事をするので体力的にもきつい部分が大きいでしょう。

覚えることが多く数字にも強くないといけない

測量士はハードな環境で仕事をするため肉体的にかなり疲れる仕事です。その上に、覚えることが多く数字にも強くないといけません

つまり、肉体的にも頭脳的にもハードな仕事と言えるでしょう。ストレスもかかる仕事なので、体調を崩してしまったり、ストレス発散のためお酒を飲みすぎてお酒に溺れてしまう人も少なくありません。

ハードな仕事なので、今後も続けていくことに不安を感じる人も多いです。

職場の平均年齢が高くパワハラもある

測量士の職場の平均年齢は高めです。年齢の高い人たちは自分たちが若い頃にされたように、理不尽な体育会系のノリでパワハラをすることがあり、職場の雰囲気が悪いというケースもあります

そんな職場に就いても、若い人たちはすぐに辞めてしまう人が多いでしょう。若い人たちが辞めていき、さらに職場の高齢化に拍車をかけているのです。

デスクワークも長時間必要になる

測量士は、外で測量をするだけが仕事ではなく、観測された測量データを事務所に帰ってからまとめるという仕事もあります。

扱っているデータ量は膨大で、かつ複雑なことがあるのでデスクワークは長時間必要になることが多いでしょう。

また、アナログな紙の資料を管理して、測量データと照らし合わせるといった地道で根気のいる作業もあります。

そのため、デスクワークが苦手な人には辛い仕事となるでしょう。

計測技術に伴ってデータの整合性を取らなくてはいけない

測量士が扱う測量技術は日々進歩しています。そのため、数年前に計測されたものと、現在計測するデータ形式とが異なる場合もあるのです。

そのため、古いデータを最新のソフトでも使えるように変換する必要がある場合もあるでしょう。しかし、数年のデータの整合性をとることはとても大変な作業となります。

また、データの処理や管理やパソコンで行なっているので、パソコンに関する専門性も必要となるでしょう。

測量士としての需要が減ってきている

10年ほど前に公共事業の見直しがされたことをきっかけに、測量会社の多くが潰れてしまったことがありました。

そこから、測量士の需要は減っている傾向にあり、測量士の数も減ってきています。また、測量会社を経営している人たちが高齢になっているため仕事自体が少なくなっている会社も多いです。

このように、測量士を取り巻く環境が厳しくなっているので、転職を考えている人も多いでしょう。

測量士を辞めたほうがいい場合とは?

測量士を辞めたいと思っている方は、「本当に辞めてしまって後悔しないか」「測量士以外の仕事に就いても辛いと感じるのではないか」と不安に思っている方も多いのではないでしょうか。

では、どのような場合に測量士を辞めるべきなのでしょうか。そこで、ここでは測量士を辞めた方がいい場合についてご紹介します。

測量士を辞めたいと思っている方は、辞めた後に後悔しないか改めて考えてみると良いでしょう。

体力に限界を感じている場合

測量の仕事は大抵野外で行われます。中には、人里離れた山奥で作業をすることもあるので、昼食をとる場所や休憩場所を見つけるだけでも苦労することもあるでしょう。

そして、測量は日差しの強い真夏にも、寒さが厳しい真冬にも行われます。野外で行う作業は、想像以上に体力を消耗するので年齢を重ねていくうちに、今後も仕事を続けていくことに不安を感じている人も多いです。

パソコンを使ったデスクワークが苦手な場合

測量士は、測量をした後は事務所に戻って測量したデータを処理したり、管理したりする作業も必要となります。

そのため、測量士は野外での作業以外にも長時間のデスクワークをすることがあるので、パソコンを使ったデスクワークが苦手な場合は続けていくことが難しいかもしれません。

また、パソコンのスキルもある程度必要となるので、パソコンを使うことが苦手な人も仕事を続けることは厳しいと感じることがあるでしょう。

測量士の仕事にやりがいを感じられない場合

測量士の仕事をしている方で辞めたいと思っている人は、測量の仕事にやりがいを感じられない人が多いのではないでしょうか。

もし、自分の仕事を改めて見直してみて、やりがいを感じられない場合は無理に測量の仕事をする必要はないでしょう。

例えば、工場勤務は毎日同じ職場に通勤するので、朝早くに起きて移動する必要もありません。転職は若い方が有利なので、早いうちに転職を決めた方が良いでしょう。

給料が安くて将来性がないと感じる場合

大手企業に勤める測量士の場合は、比較的収入も高い場合が多いでしょう。しかし、中小企業の場合は30代での年収400万円にいかない人も多いです。

測量士は給料が安く、昇給もあまり見込めない傾向があるので、将来性がないと感じる人も多いでしょう。給料が上がる見込みがなく、将来に不安を感じてる場合は転職を検討してみた方が良いかもしれません。

測量士を辞めないほうがいい場合とは?

測量士として働いているけれど辞めたいと感じている人は、「このまま続けるべきかもしれない」と迷っている方も多いのではないでしょうか。

では、測量士を辞めたいと思っていても、辞めない方がいい場合はあるのでしょうか。そこで、ここでは測量士を辞めない方がいい場合についてご紹介します。

測量士を辞めるべきか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

野外調査することで得られる爽快感が好きな場合

測量士の測量は、山奥や街中など様々な場所で行われます。外で行う作業は体力を消耗しやすいですが、一日のノルマを終えた時の爽快感は、デスクワークだけでは味わえないものでしょう。

そのため、体力に自信がある人で、野外での仕事を終えた時の爽快感が好きという人は測量士に向いていると言えるかもしれません。また、作業を効率良く回すことができた後には達成感も感じることができるでしょう。

最新鋭の計量機器に触れることが好きな場合

測量に使われる機器は、日々進歩しています。そのため、いつも最新鋭の軽量機器を使うことができるでしょう。

計測されるデータが精密な分、扱うソフトも高性能である必要があります。そして、それを操作する測量士にも高い能力が必要となるでしょう。

常に新しい知識を身につけることは大変ですが、最新の技術に触れることはワクワクするはずです。

社会に貢献しているという実感を持っている場合

測量士の仕事は、人々の生活に直接貢献しているという実感を持ちやすいです。例えば、ダムや橋などの大型の建造物は、人々の生活に欠かせないものですよね。

この建造物を建設するときは、必ず測量士の技術が必要となるのです。どのような仕事でも社会的な必要性がありますが、測量の仕事の重要度とニーズは高いものでしょう。

自分の仕事が人の役に立っていると実感できるなら、仕事を続けた方が良いかもしれません。

測量士を辞めるなら次におすすめする転職先は?

測量士を辞めたいと思っている方は、辞めた後の仕事について考えている人も多いでしょう。では、測量士を辞めた後のおすすめする転職先はあるのでしょうか。

測量士の長時間労働がきついと思っている人や、体力に限界を感じているため辞めたいと思っている人は、定時で帰ることができる工場などの仕事や、デスクワークで体力を使わない一般事務などの仕事がおすすめです。

選択肢が豊富で残業のない製造業

測量士から転職をする場合は、製造業がおすすめです。製造業は出勤時間が大幅に早まったり、サービス残業をすることはほとんどありません

工場での勤務は、交代制勤務のところが多いです。そのため、残業をしていると次に交代する人に迷惑がかかってしまいます。

また、工場の仕事は製造だけではなく事務や総務のような仕事など、選択肢は多くあるでしょう。

無茶なスケジュールを組まないメーカー法人営業

メーカー法人営業は残業や休日出勤が少なく、無理なノルマを組むこともありません。そのため、測量士として働いている人で、長時間労働に悩んでいる人にはおすすめの仕事です。

メーカーは、自社製品を製造して卸す仕事なので、納品数や納期をある程度自社で決めることができます。

そのため、無茶なスケジュールを組んだり、無茶な生産数を計画することもありません。

現場仕事のないWEB広告会社

測量士は主に野外での作業が多いため、体力的にきついと感じている人はWEB関係の仕事がおすすめです。

例えば、WEB広告会社はデスクワークなので体力的にきついと感じることは少なくなるでしょう。測量士として働いている人は、ある程度パソコンのスキルを持っている人が多いので転職で有利になります。

専門的なスキルは転職してから身につける会社も多いので、現時点でスキルが無くても転職できる可能性はあるでしょう。

体力の必要ない一般事務

測量士の仕事は体力勝負の仕事です。そのため、自分の体力に自信のない人は、このまま測量士として働き続けることを不安に思っている人もいるでしょう。

そこで、長く働き続けることのできる一般事務の仕事に転職するのもおすすめです。

体力を使う仕事は、年齢を重ねるうちにきつくなってくる場合が多いので、体力が厳しいと感じる人は転職も考えて、長く続けられる仕事を探してみると良いです。

新たに資格を取得してスキルアップできる土地家屋調査士

測量士になるには、国家資格である測量士の資格を取得する必要があります。そして、測量士として働く人はさらにスキルアップをするために、新たに資格を取得する人も多いです。

代表的な資格は、土地家屋調査士です。土地家屋調査士の資格を取得すれば、不動産の現在の状況を明らかにする表題登記をすることができるようになります。

測量士からスキルアップをして転職することを検討してみることもおすすめです。

メリットとデメリットを考えて希望の叶う道を選ぼう

ここでは、測量士を辞めたくなる理由、測量士を辞めた方がいい場合と辞めない方がいい場合、おすすめの転職先についてご紹介しました。

測量士は、体力を使う仕事であり、長時間労働になることが多いので「辛い」と感じることも多いでしょう。

一方で、大自然の中で仕事ができたり、最新のIT技術に触れたりすることができるというメリットもあります。メリットとデメリットを把握してから、転職を考えると良いでしょう。

ランキング

記事一覧